FC2ブログ
結局・・・
春クールのドラマは、レビューが1本も書けないまま終わってしまいました。
初回はチェックしつつ、最後までリタイアしなかったのは、
「インハンド」と「俺のスカート、どこ行った?」ぐらいかな。
後は観たり、観なかったりww
録画を溜めてしまうと、どんどん増える一方で悪循環ですね~笑

「インハンド」の山Pは結構ハマリ役だった気がしますし、ちょっと最後の細菌テロ的なお話は何だかな~だったけど、最終の着地点は意外とそんなものなのかな…と思ったり。
二つの親子エピにはお約束で泣かされて。笑
菜々緒さんと濱田岳さんとの掛け合いも楽しかったし、あの終わり方ならスペシャルも出来そうですよね。
ナチュラルメイクの菜々緒さんが売りだったはずが、結局どんどん濃くなってた気がしますけど。笑

「俺スカ」は古田さん目当てで観始めた訳ですが、回を追うごとに原田先生にドンドン惹き込まれました。
突拍子もない設定で、普通はなかなかあんな先生には出会えないけど、言ってることは凄くシンプルで、ドラマの中の台詞にもすごく考えさせられたり…
「感謝と反省を忘れない」とか、「正義は、振りかざして相手を傷つけるものではない」とか、このところ色々とあって、何だか心に沁みました。
で、原田先生の余命はもう過ぎてる…みたいな話だったけど、1年半後の卒業式にもまだちゃんとご存命だったし、実はあれから大逆転で病気が治ったような展開だったのなら嬉しいな。
人間、夢が残ってるうちは何が何でも頑張れそう。
「死ぬまでにやりたいことノート」、ちょっと作ってみたいかも。

というところで・・・
本日『2019年 夏クールドラマ情報を』更新しました。
良ければ視聴のご参考にどうぞ。 (*‘∀‘)

こちらから→ 『りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2019年 春クールドラマ・・・
すっかりご無沙汰しています。

春ドラマ、私事でレビューを書けないままで、

すみません!

ドラマは遅れながらも録画でボチボチ観ていますので、

近いうちに更新出来れば…と思っています。





春(4月期)ドラマ情報ページは

サイトの方で更新済みですので、

良ければ視聴のご参考にどうぞ…


   ⇒   『りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「メゾン・ド・ポリス」 最終話
ラス前は皆さんバラバラになってしまって、どうなることかと心配しましたが…
まぁ、ストーリー展開の流れとしては王道ですね。笑
一人、また一人…とメゾン・ド・ポリスに皆さんが戻って来て、いよいよラスボス野間のと対峙。
流石に一筋縄ではいかなかったけど、長年培ってきた皆さんの経験とひよりの成長のお蔭で無事に…って感じでしたね。
何より、瀬川の活躍。
結局君も警察側の人間なのか~と最初は落胆したけど、ひよりが信じた通り、ちゃんと協力してくれましたしね。
竜星さん、カッコ良かった~♪
警察の警察…といっても、トップが野間の前では無力じゃ意味が有りません。

ひよりの父親の自殺の真相…
結局は高遠建設に巻き込まれての事だった訳で。
野間ったら、思いっきり関与してますやんww
そして夏目が自殺に追い込んでしまったと思われていた社員も、結局は不正を告発しようとして殺されていた。
ひっ、酷過ぎる…汗
でも遺族となった奥さんの誤解も溶けたし、全てがクリアになってスッキリ。
結局夏目は別の事で服役することになったけど、手錠をかけたひよりの表情に頼もしさを感じたし、皆さんで出所後のお迎えとかほっこりさせて頂きましたわ。

キャスティングとそれそれのキャラがピッタリマッチしてて、ホント面白かった。
このドラマ、シリーズ化も出来そうな?
また皆さんの活躍が観たいので、SPドラマでもよろしくお願いしたいところです!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドワイフ」 第9話、最終話
「裏切り者」は普通に佐々木でした。汗
でも単に壮一郎を裏切っていた訳では無く、“強い検察”を自分なりの信念を持った正義の為に…だったらしい。
全てを告白した後、壮一郎に託して命を絶ってしまいました。
この日、別のドラマでも同じ場面が続いて、ちょっとしたトラウマになりそうでしたやん。汗

無事に濡れ衣は晴れて、壮一郎は検事に復帰。
しかも検事正になったことで、いわゆる出世ですね。
一連の“悪玉”は逮捕された訳ですが、膿を出しきる…とばかりに、片っ端から過去の書類のチェックを指示。
そこで見つけたものは、多田の特定の裁判官との癒着疑惑。
うわ~、この期に及んで公私混同かしら…?
と思っていたら、実はその裏に隠された検察の『悪代官』を炙り出す為だったようです。
裁判沙汰にまでなって踏んだり蹴ったりの多田でしたが、こちらも真実を証言して無事に疑いは晴れ…
元々裁判官とは仲が良かったとはいえ、寄付なら匿名でも出来たのでは?と思ったのは私だけ??

一方、脇坂が円香と壮一郎の不適切な関係を杏子に暴露。
円香が検察の仕事を辞めた本当の理由がこれって…
杏子にとっては青天の霹靂ですよね。
折角、大切な友人ができたと思っていたら~。
杏子の拒絶する姿が辛過ぎて心配でしたが、最終回では円香が多田の大逆転の為に動いてくれていたり、やっぱり縁の下の力持ち的存在で頼れる女性。
結局、壮一郎とは離婚してしまうことになったけど、家族で外食シーンがあって関係は良好な雰囲気。
唐沢さん演じる壮一郎は最後までずっと何を考えてるのか分からなかったけど、杏子という良妻の前では本当の姿を出せなかった…という感じなんでしょうかね。
でも検事としては信頼できるし、こういう人こそが上に立って活躍して欲しいなと思わせてくれました。
こちらも無事に汚名返上。笑

最後は色々とスッキリ出来て、日曜の夜に相応しいドラマでしたね~。
杏子が事務所に残ることになって、朝飛も一時は意固地になってる風でしたが、ちゃんと立て直してたし、彼もまた良い弁護士となってくれそうな感じでしたね。
神山パパとナイスコンビなサービスカットもあり。
1話完結でテンポも良かったですし、何より孝太郎君が毎週見られて楽しい3か月でした。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「メゾン・ド・ポリス」 第9話
最終話を前に、メゾン・ド・ポリスの皆さん危機一髪!な回。
しかし、いくら瀬川が所属する部署が警察の警察という立場だったとしても、このまま出入りさせておいたのが一生の不覚ですよね。
メゾン・ド・ポリスの皆さんを、良く思ってなかったことも事実ですし…。
そこにひよりの甘さが。
会話が筒抜けになってたのも気づいてなかった?
そこは有りきで話す内容にも気を遣ってたとばかり思い込んでいたので、ビックリでしたよ。
トドメは引き出しに鍵を掛けて保管していた…という、証拠品のボイスレコーダー。
警察内だからといって、安全とは限らない訳で…
大切なデータも消されてしまって、もう後の祭り。

そして、暫く現場を離れてるとそんな感も鈍ってしまうのかな~と思えてしまうほどの、他の皆さんの行動。
あまりにも危機感が無さ過ぎて…。汗
今まで自分たちがそんな目に遭うことは想定してなかったでしょうけど、相手は『黒幕』ですからね~。
伊達さんもチェスに引っ掛けられてる場合じゃないですよww
いや、実は何か理由があって…を願いたいところ。

何とか逃げ残った夏目と、ひより…。
最終回は一発逆転でスッキリさせて頂きたいものです!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク