「嘘の戦争」 第2話
2話目にして、あっという間に父親が殺された真相の確信にまで…
最初は大学生たちが暴行目的で襲った一人の女性を死なせてしまった事件のもみ消しを二科が頼まれたことが発端で、その時に立ち合った解剖医の助手だった浩一の父親が疑問を持ったことから、殺される羽目になったようですね。
疑問を持っただけでなく、真実を明らかにしようとしたことが原因。
そこへ家族が帰って来たことから、一家心中に見せかけた・・・とは相当酷い話。
しかし前回の五十嵐だけでなく、もう一人いた実行犯の男、今回新たな標的になった弁護士の六反田、大学生の親たち、解剖に立ち合った他の医師たち…
復讐する浩一の標的になる人物はまだまだ増えそうですやん。
で、最後に二科…という形になるんでしょうかね。

しかし当時目撃証言をしたという新聞配達員だった六反田が二科の恩恵を受けて顧問弁護士になっていたり、証拠を掴むために弁護士事務所へ侵入するためのカードキーを易々と手に入れたり、二科がベラベラ真実を語っているテープもまんまと手に入れて、相変わらず「そんなドラマみたいな!ww」なツッコミどころは満載です。
とはいえ、そのお蔭でスッキリも出来てるんですけどね。笑
もう楓はすっかり浩一に騙されてて、このままでいくと結婚もあり?
大活躍中のハルカは浩一のことが好き…というところで、その辺りでハラハラさせられる展開になりそうな予感。
浩一が弁護士事務所でテープを捜している時に、六反田が戻ってくるシーンは心臓に悪かったですわ。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「A LIFE~愛しき人」 第1話
木村さんの医師役は記憶に無いけど、もしかして初めて?
今までのようにまた、米倉さん並みの「失敗しないので!」的な感じなのかな~と思いきや、そうでもなく。
でも最終的には…持って行くんですよね。笑

初回は登場人物紹介も交えての内容だったけど、上手く絡めてましたよね。
主人公・沖田(木村拓哉さん)は、院長の心臓手術の為にシアトルから呼び戻されたところからドラマが始まり…。
そして彼をシアトルの病院へ推薦したのが檀上記念病院の事務長で幼馴染の壮大(浅野忠信さん)で、沖田の元カノ・深冬(竹内結子さん)とは檀上家の養子となって結婚している。
どうやら沖田に嫉妬して?
…って感じでしょうかね。
養子になったとはいえ院長とは何かと対立してるみたいだし、沖田が日本へ呼び戻されたことで更にイライラ。
愛人で顧問弁護士・榊原役の菜々緒さんがハマり過ぎ。笑
しかもこのままでは終わりそうにない雰囲気を漂わせてたので、ちょっと楽しみ~ww

で、院長の1度目の手術は不測の事態で失敗に終わったものの、2度目はキチンとキメてきましたな。
オペナースの柴田は機転もきくし頭が良さそうだし、沖田とは良いコンビになりそう。
手術も無事に終わったし、壮大は沖田をとっととシアトルへ戻らせるつもりが、今度は深冬の脳腫瘍が見つかったらしい。
何度も前フリがあったから予想はしてたけど、それを家族だから手術はできないという理由で、専門医でもない沖田に執刀させるって?
しかもまた腫瘍のできてる部分はかなり難しい手術になるようで…
うわ~。
壮大の無茶振り加減にビックリですよ…(^_^;)
でも何だかんだと言い包められて、断れない沖田は執刀するんでしょうね。
シアトルでは色々と経験を積んできたようだし、専門外でも何のその・・・。
それがどのタイミングになるのか気になるところだけど、一刻を争うのはお察しの通り。
他にも沖田と同じ心臓外科医・羽村(及川光博さん)や、井川(松山ケンイチさん)のキャラもなかなか面白そうだったので、視聴続行決定です。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「嘘の戦争」 第1話
あっという間の2時間でした!
テンポも良かったし、草彅君演じる詐欺師・一ノ瀬(旧姓:千葉陽一)キャラにグイグイ惹き込まれた感じ。

まずはストーリーから…
幼い頃に家族を殺された過去がある陽一。
目撃した一部始終を訴えたものの、周りに誰にも信じてもらえず、作られた嘘の証言に従ってしまう。
そこから大嫌いな「嘘」を逆手に取って、詐欺師として生きてきた訳ですな。
犯人の手掛かりに記憶があるのは、腕にあった複雑な痣…
それを偶然滞在先のタイで目撃してしまったことから、復讐劇が始まる。
帰国した後、その五十嵐という男の買春を押さえた証拠から復讐を始めるも、どうやら黒幕がいたようで~
・・・という初回。

そんなドラマみたいに上手くいく?笑
の連続ではあったけど、千葉陽一から名前を変えた一ノ瀬に、詐欺師ならではの展開と手口でまんまと騙される皆さん。
おまけに結構体を張ってましたもんね。
最後は一番の黒幕らしき男、ニシナコーポレーションの会長・二科興三(市村正親さん)に近づく過程があまりにもトントン拍子だったけど、ナイフを振りかざして襲おうとした五十嵐から庇って自ら刺されるという。(;´∀`)
一歩間違えば命も落としかねないやり方だったけど、ツカミはOKです。
長男・晃(安田顕さん)、長女・楓(山本美月さん)はチョロかったけど、ただ次男の隆(藤木直人さん)だけはまだ半信半疑だった感じかな。

そして一ノ瀬には百田(マギーさん)やカズキ(菊池風磨さん)、ハルカ(水原希子さん)という仲間がいて、中でもハルカの働きが一番スゴイ。
タイでは一ノ瀬のフォロー役、アメリカではペーパー会社の社員になりすまして、日本では元カノ・弁護士…と、めちゃくちゃ活躍してますやん!
まだ明かされていない、彼女の過去が気になる~!
あと、一ノ瀬がずっとお世話になっている児童養護施設の三瓶(大杉漣さん)の存在。
最後の最後にまさかの展開になることだけは避けて欲しいですけどね~(;´∀`)
・・・という訳で、このドラマなかなか楽しみです。
10時からは「カルテット」もあるので『一日一ドラマ』の自分の中の掟は破られてしまいますが。笑

最後になりましたが、ドラマレビューは今年も緩~くよろしくお願いします。
冬ドラマ情報は『りんりんの部屋』にて、こっそり更新しています。(^▽^;)
良ければドラマ視聴のご参考にどうぞ…

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「逃げるは恥だが役に立つ」 最終話
ラス前の平匡さんのプロポーズが、まさかのあんなことになって…
でもこれも予定の範疇。笑
そんなに簡単にいってたら、ドラマにならないので~。(* ̄m ̄)ププッ
その後のセリフにも、二人らしさが良く出てました。

まずは雇用主と従業員…という形からの再構築、『303会議』。
こんなところで『真田丸』が入れられて、最後の最後までオイシイです。笑
平匡さんの再就職先を見越して家事の分担…ということになったものの、現実はなかなか難しい。
うんうん。ここが一番のカギですよww
共働きのご夫婦の殆どが経験されてる、益々のイライラポイントです。笑
最後にはみくりも心を閉ざしてしまうことに…
でもここで平匡さんは過去の自分を思い出すんですよね~。
そしてみくりの頑張りを…

お風呂場の扉を挟んでのシーン。
ここでまず、平匡さんの優しさに涙腺が緩み…
最後は「小賢しい」の呪いから解き放たれるみくり。
人目を気にしてなんかいられない、思わずのハグには大号泣でしたわ~
まさか最終回でこんなに泣くとは…ってぐらいの。笑
その流れからの「フレンドパーク」では、また笑わせて頂きました!

そしてサプライズもたくさん。
イベントになるといつもお子さんが熱を出して、みくりになかなか会えなかった日野さんご一家。
奥さんがまさかの乙葉さん♪ヾ(o´∀`o)ノ
百合ちゃんの部下の男の子はゲイで、沼田さんが連絡を取り合ってた「YURI」は実は彼だったこと。
「生きて会えるから、良いじゃないですか!」と言ってた部下の男の子の台詞の意味が、やっと解りました!
私は別の意味に取ってて、あの時は自分に重ねて違う意味でウルウルしてたのに。笑
で、百合ちゃんと風見鶏さんの年の差カップルも何だかんだとヤキモキさせられたけど、無事にハッピーエンド…
最後の最後まで、隅々まで、ホントに幸せな気分にさせてもらったドラマでした。
終わってしまうのは寂しいですが、またいつかSPか何かの形で戻って来てくれることを願ってますよ。

さて、今年のドラマレビューはこれで最後になりました。
このところは、殆ど週一のまとめて更新で申し訳なかったですが、
お付き合い頂いて、ありがとうございました。
来年も体力の続く限り頑張ります。笑
あ、その前に1月からのドラマ情報を更新しなくちゃですね~(;´∀`)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「IQ246~華麗なる事件簿」 最終話
前回の予告では「IQ246 VS IQ300」、沙羅駆とマリア・Tの戦い…みたいな雰囲気でしたが、あまり頭脳的な要素は感じられず。(;´∀`)アハハ
どちらかというと心理戦という感じだったかな。
毒の入ったカプセルのロシアンルーレット的な展開も、種明かししてくれたら面白かったのに…
あ、IQが高い人には中身も触っただけで分かるんだ~って訳はないでしょ。(^_^;)
結局、自ら死を選んだマリア・Tを阻止した…ってことで、彼女を飼い犬状態で手元に置き続けることになったようですが。
首輪だけに。笑←
二人が実は相思相愛だったみたいな後付けもありましけどね~。

さて、沙羅駆を庇って撃たれてしまった和藤。
普通だったら亡くなってしまうところを、生命力の強い彼女は『カルビ』の為に死ななかったってことですねww
一連の流れがちょっとコントみたいでクスッとさせてもらったけど…
どこの病院もマリア・Tの報復を恐れて受けつけてもらえず、最終的には観察医のアシスタントのお兄さんに命を救ってもらったらしい。
意外と凄い人だったのね。(←コラッ!)
不死鳥のように蘇った和藤は念願のカルビも食べられたようですし、回を追う毎にふっくらされていった太鳳ちゃんにも楽しませて頂きましたよ。笑

最初は織田さんの沙羅駆キャラに違和感ありましたが、それも段々と解消されて…
やっぱり慣れるもんですね~。笑
先日、某バラエティー番組で山本高広さんが早速モノマネされてて大爆笑でした。(* ̄m ̄)ププッ
最後はおディーン様の華麗なるアクションシーンも堪能できましたし、賢正キャラもハマってましたわ♪
他の登場人物の皆さんも、キャラ設定がしっかりされてるドラマだったので面白かったかも。
事件の内容は置いといて。笑 ←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク