FC2ブログ
2019年 冬クールドラマ・・・
すっかり明けてしまってます。汗
今年もまた緩~い更新になりますが、宜しくお願い致します。

とりあえず、2019年 冬クールドラマ情報はUPしていますので、
良ければ、ドラマ視聴のご参考にどうぞ。
   ↓ 

りんりんの部屋


ドラマレビューはどれにしようか、まだ迷ってます。
ぼちぼち観ていますが、1話を全て観終わってから…かな。
「大恋愛~僕を忘れる君と」 最終話
家族を残して、失踪してしまった尚…。
色んな事が重なった結果だろうけど、一番の理由はこのまま病気が進行してどんどん衰えて行く自分の姿を見せたくなったってこと?
真司なら、結婚を決めた時に覚悟してたでしょうし、そんなことも全部受け止めてくれると思いましたけどね…。
もうこれ以上迷惑をかけたくない…という気持ちも強かったのかな。
すぐに見つかるのかと思ってたけど、見つかったのは結局数か月後。
5,000万円の通帳と、事情を話してとある診療所でお世話になっていました。
お医者さん役の岡本信人さんが出てきて、「雑草の人」…って一瞬なったけど。笑
尚が見つかったくだり云々には色々とツッコミどころはありましたが、そこはスルーしておきますww

尚の持ち物の中にはビデオカメラが入っていて、診療所での生活と真司への想いが残されていました。
終の棲家に選んだ場所から見える、煙突。
もうこの辺から、涙腺が緩みまして…
あの海辺も、タイトルバックで流れるシーンの場所でしたよね。
尚はもう真司のことは覚えていなかったようですが、何度も通って根気強く小説を読み聞かせるうち、一瞬だけ訪れた神様がくれた奇跡…
そこから号泣でしたわ。
ムロさん、イイ演技だったな~。
もう二度と自分を思い出すことはないとは覚悟してたでしょうけど、きっと救われたことでしょう。
何といっても、息子の恵一君が健気で可愛くて…
一番お母さんに甘えたい年頃のはずなのに、ちゃんとお父さんの言うことを守ってましたもんね。
きっとそうやってちゃんと育ってきたんだろうな~と思わせるひとコマでした。
一年後には肺炎であっという間に亡くなってしまったようですが、遺影には満面の笑みで笑う尚の顔。
彼女の一番幸せな瞬間が切り取られていて、何もあんな写真選ばなくても…な気分は吹っ飛びましたよ。笑←

あ~終わってしまった…
最後もやっぱり涙腺決壊してしまいましたわ。
徹平君のエピ、要りました?って残念に思ったけど、それでまた雨降って地固まる的な部分もありましたしね。
お母さんの結婚は余計な気もしたけど。笑
何より戸田さんとムロさんの斬新なコンビで、最後まで楽しませて頂いたドラマでした。
戸田さんは来年秋の朝ドラも決まって、期待してますよ~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「獣になれない私たち」 最終話
結局晶はまた会社に戻るのかな…と思わせておいて、とうとう辞める決断をしたんですね。
うん、あの社長は変わるはずもないし、待遇は少し良くなったところで、また罵声のような指示を毎日毎日。
自分を追い詰めて病んでしまう前に…
今まで耐えて、よく頑張ったと思いますよ。
少し救いだったのは、残った社員の皆さんがちょっと意識が変わったところでしょうかね。
波風経てずに、何があっても見て見ぬふり…から一歩進んでいたようですしね。
これがもっと早かったらな~と思っても仕方がないですけどww
たぶん晶があのまま戻っていたら、何も変わらずだったような気もしますし。

恒星も同じタイミングで腹をくくりまして…
出るところに出て全てを告発して、自分も資格を失うことになってしまってましたが、表情は清々しかった。
で、あの夜の出来事は一夜の過ち、事故…にしようとしたようですが、晶はそんな風に収めたくなくて。
寧ろ、あの事があったからお互いに一歩踏み出せたのかな~とも思いますけど。
もしかしたらこのままフェイドアウト?な心配もありましたが、5tapの2周年の日…
二人は1年前に飲み損ねたビールの工場で、乾杯をしていました。
いかにも特別感満載で、美味しそうなビール!
この時間、本当に毎週ビールが飲みたくなって仕方がなかった。笑
あんなお店がご近所にあったら、絶対常連になりたいですわ。

最後もゆる~く終わってしまいましたが、二人の中では『鐘の音』が聴こえたんだろうな~という感じでしょうかね。
でも、まずは職探しから。笑

期待してたドラマの展開とはちょっと違ったけど、妙にリアル感もあったし、何より愛すべき個性的なキャラの皆さんで楽しませてもらいました。
最初はウザイとしか思えなかった、ラーメン屋男も意外とね~。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第9話
あっという間に赤ちゃんが生まれまして~
既に数年後…。
生活スタイルも変わって、真司は益々売れっ子作家感を醸し出してましたし、あの様子から続編も売れたということですよね?
暫くは束の間でも幸せな生活が続いたんだろうな…とは思ったけど、病状は着実に進行していて。
尚はもう身の回りのこともままならない状態で、真司の担当者・水野さんが何から何まで。
別にすっかり奥さん気取りって程でもないけど、目の前であんな風にテキパキやられたら、尚が余計に落ち込んでしまうのも仕方がないかな。
家事も仕事のフォローも水野さんが全部やっていて、私なんか居ても居なくても同じ…みたいな気持ち。
どうせなら、お手伝いさんでも雇ってもらった方が何となく気も楽のような気もしますけど…
真司もそこのところ、もうちょっと気を使って頂かないと。汗

そういえば、結局井原と尚のお母さんは結婚したんですね。
そっちの展開にもビックリですよ~。
井原の気持ちがそこまでになってたのかも急展開過ぎて伝わってなかったし、何でや??の方が正直な気持ち。笑
まあ、お二人が幸せそうなら何よりですけども。←

そして自分の病気を悲観して、責任を感じた尚は家を出て行く…
そこまで追い込まれていたのか…と思うと、切な過ぎて。
子供を産むという選択をした時は、ちゃんとその辺の覚悟もしてたはずなのに、やはり実際にそうなってしまうと心が折れてしまうんでしょうかね。
いくら真司が口で何だかんだ言ってくれても、結局は…ってことですよ。

最終回はどんな形でも良いから、どうにか穏やかでハッピーエンドで終わって欲しい…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「獣になれない私たち」 第9話
まさにタイトル通り…
とうとう晶はワンマン社長に物申して、言いたいこと言って「バーン!!」と退職届を出すと思いきや~
そこは思い留まってしまったのか。汗
結局、彼女の性格が邪魔してしまったんでしょうかね。
棒読みで謝罪した後、出して出て行く…と思い込んでた観てたので、ちょっと拍子抜け。
翌日、どんな顔して出勤すれば良いのやら…とは思うけど、ある意味これがリアルかも知れないですね。
他の社員の皆さんが若干引いてるようにも見えたけど、言えなかったことを言ってもらってスッとしたでしょうし、特に彼女が一人浮いてしまうことも無さそう。
あとは、社長の出方でしょうかね。
あんな風に後先考えずに啖呵切ったことはきっと後悔してるでしょうし、晶が居なければ会社が回って行かなくなることも十分わかってるでしょうし…。

しかし朱里は意外に頑張ったな~と思いましたわ。
晶という色んな意味の『同士』と出会って、変わろうとした心意気は良かったんですけどね。
きっと引きこもり生活になる前は、バリバリ働いてたんだろうな…というのも垣間見ることができましたし。
とはいえ、あんなせっかち社長に次から次へと矢継ぎ早に追い立てられて、あり得ないミスを犯してしまうことになってしまったのは残念。
でもやってしまったことはもう取り戻せないし、その後にどう対処するか…が、社会人には問われる気がするので、そこはもうちょっと頑張って欲しかったのが本音。
どう考えても、社長が悪いんですもん。
やっぱりまた楽な引きこもりの世界へ戻ってしまうのかな…汗

一方、恒星の方も不正書類には手を貸さない…と決心したものの、相手に言い包められてしまった形。
こういうものに一度手を染めてしまったら、抜け出せないものなんでしょうかね。
反対に向こうは脅しやん~!って思いながら観てたけど、当事者としては負い目もあるし、今の仕事を失ってしまったらどうやって生活したら…とか、あの短い時間の中で頭グルグル回って、結局屈してしまうことになったんでしょうけどね。
そこへ晶が現れて、そんな二人が…は自然な流れ。
うーん…。
これは一夜の過ちになってしまうのか、それとも??
…というところですね。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク