FC2ブログ
「まだ結婚できない男」 第6話
えーー?!まさかのやっくん!!
決定的な証拠の『腕時計』まで一緒だったのに、デビットさんじゃなかった。笑
ちゃんと話してみたら、めっちゃ良い人でしたやん。
おまけに、おひとりさま満喫中の桑野とも気も合いそう♪
桑野を誹謗中傷し続けていた本物の「やっくん」は、意外にも地味な男でしたww
最終回まで引っ張り続けるのかな~と思いきや。

さて、今回登場したまどかのいとこ。
「まどか姉ぇ」って呼んでたから、てっきり弟だと思ってたけど…
母娘のことに口を挟むなんて、親戚にしてもちょっとお節介が過ぎるやん~ってイライラしたことは、どうかご内密に。笑
まぁ彼がやって来てくれたお蔭で、プリン事件も過去の話になったし、親子関係も少しだけど良くなった訳ですしね。
何より、桑野の皮肉屋の『お口』もお役に立ったし。笑
まどかも疎ましく思いつつ、いやもう桑野の存在自体殆ど拒否してる感じもあったけど、やはり彼は憎めない男。
何だかんだと良い影響は与えてもらってる気がしますわ。

そして何が凄かったかと言えば、桑野の「北京ダック」!!
かなり本格的。
本体だけでなく、あの包む皮から何なにから全部手作り…
あれだけ料理が出来るとか、おひとりさまが楽し過ぎる。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グランメゾン東京」 第4話
最後の最後までバタバタだったデザートも無事に決まって、ついに迎えることになったプレオープンの日。
まぁ、そんなトントン拍子に上手く進む訳ないよね~と思いながら観てたら、案の定ww
今回からいきなり加わったシェフ、最初から目つきが悪かったですもん。笑
結局、江藤が送り込んだ刺客…ってことだったけど、平古が居てくれたことで事なきを得て良かった。
ウニをテキパキと下処理する玉森君の姿に、ちょっと惚れましたやん。笑
パティシエに萌絵をスカウトした甲斐があったってもんです。
結果オーライ。笑

尾花の元カノらしい真知子も、何だかんだ料理にも満足してたし、最後のデザートに至っては大絶賛。
あのモンブラン、ホントに美味しそうでしたもんね~。
焼いて香ばしさを出すアイデアは平古だったけど、見た目には斬新さと女性らしさも出てて…
コース料理だとついついサービス的なイメージだけど、あんな素敵なデザートだったら女性のお客さんが喜びそう。
さぞかし雑誌も褒めまくりの記事…と思いきや、最後の最後に爆弾投下。汗
編集長として仕事は仕事だとちゃんと評価してくれるもんだと思い込んでたけど、意外と根に持つタイプだったのか~。
そういえばジビエ対決でも、丹後とわざと戦わせた節もありましたしね。
事実だから仕方ないけど、尾花のミスだったのか真実は分からないし、プレオープンには成功したけど、その後がどうなるのか…
予告を観た限りでは、また前途多難かな。
ピンチをチャンスに変えるグランメゾンチームの結束力、何回試されるのかww

そして気になる京野。
江藤の話は本当?
これだけ尾花たちの為に手を尽くしてくれてるのに、信じがたい。
おまけに芹田には大金を渡して、自分たちのところへ引き込もうとしてるし…
どんだけ悪キャラなんだか。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「まだ結婚できない男」 第5話
今回は少し趣向を変えて、「鎌倉篇」。
桑野が期待通りに偏屈で皮肉屋男を連発してくれるので、全然飽きません。笑
鎌倉の大仏さんの詳細も知れて、一石二鳥です!

さて、縁結びの神社を求めて鎌倉へ行ったまどか達と、和風テイストの家のコンペに参加することになって参考資料を集めていた桑名が鉢合わせ。
彼女たちは散々悪口を言っておきながら神社の混雑を知ると、知る人ぞ知るご利益のある神社を自慢していた桑野の後をこっそりとつける。
この辺でもう、またいつもの一騒動はお約束。笑
後をつけられてると知った桑野が、そんなに嫌がってる様子もなかったですね。
なぜなら自慢だから。笑

バッタリ会ったまどかの後輩さんも婚活に必死だったけど、憑き物が取れて焦りが消えたらしい。
桑野は彼女の理想の結婚相手に全部当て嵌まってたのに、会ってみると何か違うww
それと結構的を得ているというか、桑野の言葉にはいつも唸るものがありますもんね。
これで結婚に夢見る女性を一人救いました。笑
まどかには「デリカシーも愛も無い!」って、怒られてしまいましたけどね~。

最後は桑野がコンペに通って、まどかは大きな裁判の弁護団へのお誘いがあり、早紀はスペシャルドラマ。
有希江もお客さんが増えてたみたい。
あの神社の「ご利益」は、「商売繁盛」だったというオチも付いてめでたしめでたしでした。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グランメゾン東京」 第3話
江藤の関西弁が気持ち悪いな~と思ってたら、営業の為に「エセ関西弁」らしい。
え?!最初からその設定?
それともあまりにも下手過ぎて、途中から設定変更?
TV前でズッコケましたやん。笑

今回は何といっても「鹿肉」。
ジビエ料理って最近の流行りなんです?
田舎なので「猪」ぐらいしか食べたことないですが、鹿さんの(←さん付け)の方が臭みも少なくて美味しそう♪
何よりこの時間帯のお料理シーンが一番辛い。笑
最初はあまり気にしてなかったけど、フリーフードライターの久住って真知子と繋がってて、今回もその流れだったようですね。
尾花と丹後を対決させる絶好のチャンス。
とはいえ江藤が裏で手を回していて、他に鹿肉を回さないようにしたり、審査員を丸め込んだりして、殆ど出来レースのようなものでしたけどね。汗
尾花に勝ったと喜んでた後の、丹後の苦い表情…。
最初は全く相手にしてなかった伝説のジビエ漁師・峰岸も、尾花の料理と食材(生き物)に対する姿勢に惚れ込んで協力してくれることになったし、他のフレンチのお店とは一味違うお料理が出来るのかも。

そして尾花も、今回のコンクールで限定的に協力してくれることになった相沢の為に、陰で娘ちゃんにキャラ弁を作ってくれてたり…
なかなか心憎いことをしてくれてますやん♪
後でそれを知って、相沢もグランメゾン東京の「仲間」に…
あ、もしかしたら尾花の計算通りかな。笑 ←
尾花の数々の粋な行動に、彼が仲間を大切にする姿を垣間見ることが出来る。
こういう見せ方で、グッと気持ちを鷲掴みされるんですよね~。

で、今回も陰でサポートしてくれていたらしい平古。
何やら、パティシエの女の子との仲を嫉妬してそうな美優が怖過ぎ…
殆ど「家政婦は見た」状態でしたやんww
ロッカーに画鋲を仕込んでるなんて、昭和か!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「まだ結婚できない男」 第4話
個人的に何がテンション上がったって、桑野がお母さんを追いかけて誕生日プレゼントを渡した場所が知ってるところ。
ひょんなところで「愛のむきだし」を思い出して、思わず声が出ました。笑
桑野さん、大森にお住まいのようです。←

さて、「おひとりさま」を満喫中の桑野のところに転がり込んできたお母さん。
いくら家族とはいえ、自分の日々の生活を乱されるのは一番嫌なはず。
案の定、こつぶちゃんの時に使ってた機能を使って、家での行動をカメラで監視してますやんww
まさかのリモコンの置き方まで決まってるとは、流石ですわ。
まぁ結局はカメラの位置も種明かししてたし、そこも含めて桑野なんですよね~♪
お母さんにとっては息子がどんな人たちと付き合ってるのか、普段の様子も知れて意外と良かったのかも。

家の水道トラブルで、またまどかのお世話になることになった訳ですが…
まどかに会って最初は息子の嫁に…と思ったものの、結局自分の息子の性格は結婚生活には向かないと悟ったみたいww
「人として…」なところは、妙に納得してしまった。笑
確かに桑野は悪い人じゃないですもんね。
でも他人と一緒に生活できるか…?って考えたら、やっぱり無理な気がする。笑
どう頑張っても、想像できないww
お母さんとまどかは気が合いそうですけどね~。
でも実の母親とは折り合いが悪いことも少し分って、まどかのことも少し気になったり…。

今回クスッとさせられたのは、バナナの本数。
1本だったのが、後で1房になったところは細かかったですわ!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク