「無理な恋愛」 最終話
うわ~、最後はそうきたかっ!って感じの終わり方でしたわ(笑)

かえでの前から姿を消した正午から1通の手紙が届くのですが、そこには今までの感謝やお詫びやらが書かれていて、姿を消した理由が「ずっとかえでに恋をしていられるから…」という気遣いが、やっぱり正午らしかったですね。(^_^)

で、正午は海辺の町をぶらぶらしていて、何と元部下・菊原(坂口憲二さん)と偶然再会するわけです。ドラマだから(笑)
仕事をしないのは3日で飽きたと言う正午と、自分探しの旅に出ていた菊原も同じ気持ちだったらしく、二人でインディーズレーベルを立ち上げるんですよね。
その名前が「チャッピーズ」って、またお茶目♪(^.^)
二人は新人アーチストを発掘すべく、オーディションを開催するのですが、集まってきた面々の酷いことったら~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
やっぱり現実はそんなに甘くは無さそう。(^^ゞ

そんな二人のところへやって来たのが祥子と矢代。
てっきり仲間に加わるのかと思いきや、「ZUKAN」がじわじわと赤丸急上昇で売れてきて、そのご報告がてら、また会社に戻ってくるようにお願いに来ただけ?
正午はきっぱり復帰を断った…ということで、あっさり帰ってしまいました。(^▽^;)アハハ
とりあえず「ZUKAN」が売れてくれて、良かった良かった(笑)

そんなこんなで、あっという間に1年が経ち…。
律子は水田とデキ婚して、もう臨月。w(°o°)w おおっ!!
正午がいなくなって元気のなかったかえでですが、武蔵野映画祭の助演女優賞に選ばれてました。
予告で龍彦がプロポーズしてたのですが、あれはあくまで彼の想像シーンだったみたいですね。
すっかり騙された!(笑)
でもドサクサに紛れてプロポーズしようと思っていた龍彦ですが、かえでが受賞のスピーチで「理想の自分と今の自分を比べて落ち込むのはやめろ」という大好きな人の言葉を信じてやってきたと答えたことで、諦める決心がついたようですわ。
ここで「あいつは人の気持ちが痛いほどよく分かる…」と言っていた正午の言葉が効いてくる訳ですよね。
「自分は他の女と付き合うけど、脚本家として成功したら作品に出て欲しい」と、龍彦は精一杯の強がりと共に、正午の居場所を教えてくれたのでした。

そしてかえでは正午のもとへ…。
「立木さんがいないと寂しいから、一緒にいて欲しい」はまだ許せるとして、「生きている間だけでいいから」には思わず爆笑!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも正午の「まだまだ長いよ~」という返事も良かったですね。
しかしまさかこの二人が~(笑) コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
終わってみれば全然「無理な恋愛」でも何でもなく~ヾ(@゜▽゜@)ノ あはは~

ところで毎回楽しみだった夏川さんと砂羽さんのコスプレ(笑)
最後はアニメのキャラか何か?
もう見納めだと思うと、ちょっと寂しいですわ~。
番組タイトル「いい加減にしろ!」は、「勘弁してください」に変わるみたいですが、内容は一緒って…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
意外なハッピーエンド(笑)でしたが、正午の言葉に元気をもらったり、気軽に観れて素敵なドラマでした。(^.^)




ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます~♪(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第10話
ZUKANの売り上げが伸び悩み、その責任をとらされて一線を退くように宣告された正午が会社を辞めて身辺整理…という展開は観ていて辛いものがありましたわ。(・_・、)
しかし社員の人も、何もあんな風に言わなくても…(^-^;A
で、辞めると決心したものの、「後の事を何も準備してなかった」「ずっと仕事は続くものだと思っていた」…とケンちゃんに愚痴をこぼす正午の姿はすっかり老け込んでしまってました。
それに急に朝子や圭介を交えて光代たちを食事に誘ったりして、光代じゃなくても死ぬんじゃないか?って心配しますやん。(^_^;)

一方、正午に触発されて頑張りだしたかえでと龍彦。
かえではオーディションや営業に忙しい日々を送っていましたが、ヒロインではなかったものの、彼女に影響を与えるその叔母という結構重要な役どころをゲット♪
龍彦も水田の脚本を手直ししているうちに、その脚本で賞をとって映画を…という欲も出てきたようで、何だかやる気満々。
まずはパソコンということで、日雇いでバイトして、中古ながら立派なものを購入してましたよね。
正午とは正反対に、イキイキしている二人。

そんな二人の姿を見て、本当のことを言えない正午。
団塊の世代がカッコいいと思っている「やせ我慢」だと祥子は言ってましたけど、「やせ我慢」というよりは「哀愁」が漂ってましたよ。(^-^;A

そんな正午がかえでを遊園地デートに誘ったのですが、やっぱり最後の思い出として…なんでしょうかね。
こうなってくると、益々本当の身辺整理。(^▽^;)アハハ
デートは楽しそうだったけど、あの高級マンションを引き払って出て行く姿に、ちょっと涙しましたわ。(・_・、)

次回はいよいよ最終回。
どんな結末が待っているのか全然予想がつきませんが、正午にはハッピーエンドで何とか終わらせてあげたいですわ~。
ZUKANもじわじわ売れて、TOP10に仲間入り…を期待してます!






最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです。いつもありがとうございます~♪(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第9話
今回はかえでの父・幹二(前田吟さん)が上京してきて、偶然バーで正午と知り合い(世間狭っ:笑)、正午の恋する相手がどうやら自分の娘らしい…と知って一悶着あるかとと思いきや、案外あっさりスルーでしたね。(^^ゞ
その前にも水田と龍彦の四人で、かえでと律子が出演したドラマを観て盛り上がってるのを外で聞いた幹二は、「男が来てるのか?」とそのまま声もかけずに帰ったりして、娘も36歳ともなると、そんなに干渉しないもんなんでしょうかね?
いや、理解があるのか(笑)
それに「女優として成功する夢に向かって、100%力を出しきっているのか?」と、かえでを奮い立たせたりして、自身も定年後に新しい事業を始めようとしてるようだし、何だか前向きで良いキャラでしたわ♪(^.^)

幹二に言われて考え込んでいたかえでは、正午がイキイキと頑張っている姿を見て、全力を出し切ってみようと決意しました。
事務所の社長に頼み込んで、オーディションを受けまくったり営業活動に勤しむのですが、反対に律子はいずれは女優を引退して、自分が堅実に稼いで水田を支えようと決心したり…と、やっぱり将来のことを思って揺れ動くお年頃なんですよね。(^-^;A
二人がいつもの「てんてこ舞」で、励ましあいながら泣いてるシーンが印象的でした。
やっぱり、この二人の関係はイイですわ~うんうん(^_^)

そんな時、水田が書いた“面白くない脚本”(笑)を、ひょんなことから龍彦が手直しすることになってましたが、もしかしてこれが成功するとか?
「おっちゃんとオレ、どっちがかえでを幸せに出来るんだろうか?」と不安になっていた龍彦ですが、こちらも正午に励まされて、水田からも必要とされている喜びを感じていたようです。

一方、かえでや龍彦に良い影響を与えて続けていた正午ですが、自分の勘を信じて欲しい、万が一の時は責任を取ると言っていた「ZUKAN」のCDの売れ行きはかなり厳しい状況らしい…。
他の社員たちからも、「立木さんの感は、もう古い…」と早々に撤退を決められ、窮地に立たされてしまってました。(^_^;)
何とか、後でじわじわと売れ出す…という展開になって欲しいところ。

で、この「ZUKAN」って、ドラマの中だけのバンドと思いきや、実際にもメジャーデビューしたみたいですね。
「ハイジ」を視聴者プレゼント…ってことは売れてないのか?(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
ドラマでは売れ行きが悪いなんて可哀想な展開になっていますが、本物のCDの方は昨日発売されたらしいので、とりあえずCDショップへ偵察に行ってきます(笑)
…って、買ったれや! (≧∇≦)/☆(.. )





最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです。いつもありがとうございます~♪(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第8話
誕生会に行けなかったお詫びを口実に、かえでをデートのお食事に誘った正午でしたが、渋々受けた人間ドックで大腸にポリープが見つかってしまうんですよね。
検査入院…ということで、デートは急な出張という理由にして、泣く泣くキャンセル。(^-^;A
そのあまりにも丁重な平謝りの正午に、ちょっと不思議がるかえで(笑)

一方、前回本屋さんのバイトをクビになってしまった龍彦でしたが、すぐにコンビニのバイトを見つけて働き出してました。
おまけに家事もこなして、「Hは無し」の言いつけもちゃんと守ってますやん。
でもチャッピーの散歩では、公園で若いお姉ちゃんたちと知り合って楽しそうでしたけども。(^^ゞ
そんな龍彦を不気味に思うかえででしたが、どうやら正午をライバル視した彼が母性本能に訴えている訳だな…(by 律子)(笑)

そんなある日、ボーっとかえでのことを考えていた龍彦が、公園の遊具から落ちて腰を強打する怪我を…。
幸い大事には至らなかったものの、暫く入院することになったのですが、ドラマなので(笑)検査入院中の正午と同じ病院になる訳です~。
幾度となく正午と龍彦が病院内でニアミスしたりするもんだから、ヒヤヒヤしながら観てたんですが、お見舞いに来ていたかえでと、正午がとうとう会ってしまいましたよ。(^▽^;)アハハ

病室で「若く見られたくて入院のことを隠していた」と嘘をついたことを謝る正午。
でもかえでは「そんなことで嫌いになりません。色んな経験をしてきて60歳になった立木さんだから素敵なんです」ときっぱり言い切ってくれました。
この言葉で、地獄から天国に上った気分の正午だったでしょうね。(^_^)
で、嘘をついたペナルティーということで、退院後に正午の一番よく良くお店に連れて行って欲しいということになったのでした。
ま、それは予想通りケンちゃんのお店でしたけど、いつまでもカッコいい二人に、かえでもあらためて再認識してた様子でしたよね。

今回は朝子が正午の娘だと知った文平の、あたふたする様子が面白かったですわ♪
正午の病室で今パパと元パパに詰め寄られてるし~(笑)
それに朝子と一緒に食事してたお店の名前が「日本列豚」って…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
かえでがバイトしてる居酒屋「てんてこ舞」といい、お店のネーミングでも爆笑させてもらってます。
あと、龍彦が病院で同室になった子供の言い草で大爆笑!
1番の「夢」はジャニーズ事務所に入ることで、2番目はモデルか俳優?
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
もう~、これはお約束だと分かってても、思いっきりツボにハマりましたわ(笑)
それと水田の律子へのプロポーズ。
映画監督になったら…? う~、絶対に無理そう。(^▽^;)アハハ

正午と龍彦を両天秤にかけてる風のモテ期中(笑)のかえでですが、ここにきて正午にも分がありそうな展開になってきて、彼女がどんな選択をするのか楽しみですね。




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


ランキングに参加中です。いつもありがとうございます~♪(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第7話
うわ~。
今回は正午のまさかの告白シーン。
「初めて会ったときから好きでした」だけでなく、「死ぬまで好きでいられる自信がある」「死ぬまで君の味方だから」とか、「君に恋してもらえるような男になろうと思う」とか、かえでにとっても本当に嬉しい言葉のオンパレード。
嬉しいというよりも、感動したしー(笑)の方がピッタリだったかな?
正午も緊張のあまり、強く握った握りこぶしが固まっちゃってて~。可愛いですやん♪

そしてかえでは「今がモテ期」というテンションのまま、部屋の前で眠りこけていた龍彦をぶっちして、律子を誘ってカラオケで「ケンカをやめて」を熱唱。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
うんうん、解る解る(笑)
そんなかえでに、一緒に付き合ってくれる律子。
こういう女友達って、そうそうはいませんよ~。(^_^)

ところが龍彦は正午の告白を聞いても、一向に気にして無さそうな様子。
でもトランプで負けたほうがかえでを諦める…なんて正午から勝負を持ちかけられて、最後の最後で誤魔化してしまってましたよね。
龍彦にしても、いまひとつかえでとの「確信」が無いだけに、そこんとこ弱いかも(笑)
で、龍彦はかえでの言われる通りに、焦って定職に就いたのでした。

そんな時、かえでの誕生日。
こんなイベントを逃す手は無いですよ(笑)
それにここでも二人の性格が物凄く出てましたわ。
龍彦はかえでの誕生日会に出るために休みを取ろうとして断られたから…とバイトを辞め、お金が足りなかったから…とイヤリングを片方だけ買ってプレゼント。
一方、正午は誕生日会には仕事が重なって出席できなかったけど、以前かえでが好きだと言っていたバラの花束を店に届ける…う~ん、スマート♪
さすが“大人の男性”という感じですよね。
かえでからお礼メールを受け取った正午は、「ハート、三つです~!!」って、まるで「チューボーですよ」の巨匠ですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

この二人の男性を比べてみて、かえではどちらを選ぶかって話なんですが、スマートな正午もイイんですけど、やっぱり不器用な龍彦を選んでしまう気がするんですよね。
しっかりした女性ほど、ダメ男を放っておけない…これ鉄板の法則です(笑)




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます~。よろしくお願いします♪(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク