「37歳で医者になった僕」 最終話
終わってみれば、最終回らしい最終回…。
結局、登場するお医者さんには根っからの悪い人がいなくて良かった。(´▽`) ホッ
「青臭い」ドンドン来い!です(笑)

佐伯教授が倒れ、教授代行になった森下先生が天下を取ったような展開(ダジャレじゃないよ:笑)にハラハラ。(^_^;)
この勢いでホスピス送りにして…という思惑はあったようですが、そこは祐太たちが「何としてでも治したい」という信念のもと、同じ末期の膵癌だった木島さんが受けた治療薬が登場です。
まさかこんなところで繋がってくるとは、不意打ちでしたよ。
しかも2年後…
ちゃんと効果が出て、治ってる!ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ
あの“手紙”も素直に読まず、一旦破り捨てて…というエピが佐伯教授らしくて流石でした。
パソコンに向かって患者さんを診ないお医者さんに、「ちゃんと私を見て、診察したまえ」という台詞も良かったですしね。
言ってることは患者さんの立場なんだけど、言葉が上から目線なところが…(* ̄m ̄) ププッ
祐太とは最後まで心から認め合う仲にはなれなかったようですが、その辺もまたリアルな感じでした。
でも雪解け…みたいな。

そして、急変したすずですが…。
あのまますぐに亡くなってしまうのではなく、意識は戻らなかったけど、祐太ともちゃんとゆっくりお別れが出来た…というのはジーンときました。
しかも「泣けるでしょ?」みたいな押し付け感もなく…。
うたた寝してしまった祐太に、すずの手が動いて語りかけてたところで、もしかして意識を取り戻して奇跡が起こるの?ってドキドキしたけど、そこは静かな最期を迎えたという感じでしょうかね。
2年後にお墓参りしてる瑞希のシーンで、祐太の近況も含めて全てを理解できた…という演出が心憎かったです。

「ををー!」と感心したのは、祐太とすずが一緒に観るはずだったDVD「ミラクルドクター治子」の使い方。
祐太が一旦返却した後に瑞希が再び借りてくれたこととか、悪魔に魂を売ったかのような森下先生に対して、遠回しに“初心”を思い出させるところとか。
確かに女医の先生って、料理ベタなイメージですもんね。(* ̄m ̄) ププッ
大きなお弁当箱(タッパ?笑)には、一生懸命作った“跡”が見られる個性的な中身…。
研修仲間の皆さんは、確実に祐太に影響されましたよね~。
ドラマではあまり感じなかったけど(笑)(^_^;)

色んなものがスッキリして、穏やかで、心温まる最終回でした。






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


手術シーンが無い医療モノって、意外と貴重だったかも…(^.^)


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

「37歳で医者になった僕」 第9話
うわっ、やっぱり佐伯教授は病気だったのか…。
しかも予想していた糖尿病ではなく、もっと深刻な末期のガン。
「勝ち負けで言えば、私はもう負けてる…」って、そう意味だったの?(・_・、)

そしてそれを知った森下先生は、そ知らぬ顔で学部長就任にお祝いの言葉を…。
ここだけ見ると相当悪キャラに思えるけど、志しは祐太と同じ…みたいな発言をしていたし、形は違えど今の大学病院の体質を変えたいという気持ちはあるのかも知れないですね。
しかし、それも人としてどうなの??と問いたい。(^_^;)

一方、伊達さんの死で揺れに揺れていた下田ですが、結局は戻ってきたらしい。
医療過誤問題は裁判が長引く上に、立証されることは殆ど難しい。
お金の問題ではないけど、きっと亡くなった旦那さんも争うことは望んではいないだろう…ということなのかな。
代わりに下田に何通かの手紙を託していましたが、自分が過去に書いた手紙を佐伯教授が読む日が来るのかな~と思うと、何ともいえない気持ちになったりします。
死を目の前にしないと、人間って心を入れ替えられない?
それもまた寂しい…。
私は腹黒いけど(笑)

そして・・・
すずはやっぱり亡くなってしまうんでしょうか?
かなり酷い状態だという前フリがあったので、少々の覚悟はしてたけど、やっと声が出せた後の急変って~Y(>_<、)Y
瑞希が偶然居合わせたので、何とか一命を取り留めて欲しいところだけど…。
しかしあの「お弁当」の話をしてるシーンは泣けましたわ。
すずは瑞希の気持ちを知り、遠回しの意地悪のつもりで、でもそれが本当に美味しくて…。
そんな女性の心情を、「普通ですよ」と言ってあげた優しい瑞希ですよ。(・_・、)
祐太がどうしようもないので(笑)、こんなところで反応してしまいます。
どこが「研修医純情物語」なのか?と問いたい!!ヾ(*°▽°)ノあはは



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


すずが出せた言葉が「寝癖」…。
その前に瑞希が何度も「寝癖」と言ってたのは前フリだったのね。(ToT)


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

「37歳で医者になった僕」 第9話
伊達さん…やっぱり亡くなってしまったのか。(・_・、)
納得のいかない奥さんは、弁護士をつけて病院側の説明を受けたのですが、誤診や医療ミスはそう簡単に認める訳が無いですよね。(^-^;A
新見先生も自分の将来をダメにしたくない…と、あくまで貫き通すつもりのようだし、担当医の下田にいたっては同席さえ許してもらえない。
伊達さんが唯一心を許し、「死にたくない…」と弱音を吐いた姿を目の当たりにしていただけに、病院側の対応との葛藤に相当苦しんだ様子。
ギリギリに現れた下田は「退職願」を出してましたが、やり方に耐え切れなくなったってこと?
それとも病院側と戦う決心をしたのか?

そして学部長選挙で相手の不倫ネタを持ち出し、優位に立った佐伯教授。
しかしなぜか浮かない顔なんですよね…。
大好物の甘い物も、食べずに捨ててしまっていたようですし…。
伊達さんの件で実は心を痛めているのか、それとも別の理由が?
あれだけ毎日のように甘い物ばかり食べていたので、とうとう糖尿の?(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

そんな中、一気に悪キャラ大躍進の森下先生。
祐太とすずのことを佐伯教授に話し、口止めをさせようと画策したようだし、自分は佐伯教授の後継者になるから邪魔しないで欲しいとな??
(゚∇゚ ;)エッ!? 何でこんなことになってしまっているの…?
もしかしたら俗にいう「出世欲」ではなく、今の病院の体制や悪習を変える為には、まず自分がトップに立ってから…という“志”があるのかな~という気もしないでもないですが。
でないと、私自身が人間不信になってしまいそう(笑)

・・・と、担当医でもないのに、病院に泊り込んでまで関わっていた祐太ですが。
すずの状態は刻々と悪くなっているようです。(^_^;)
彼が一番大切にしなければならないこと…
瑞希に怒りをぶつけられてたけど、祐太の態度を見ていると、やっぱりな~んか腑に落ちないわ~。
お医者さんとしてはそれで良いのかも知れないけど、違和感を感じずにはいられません。
ただ一緒に住むことだけが“普通の幸せ”ではないってことを、早く気づいて欲しいもんです。
ていうか、その前にもう遅過ぎるのかも知れないけど。(・_・、)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


何が一番辛いかって、レトルトカレーを温めているときに、祐太の部屋からすずの作ったカレーのイイ匂いが漂ってくる…っていう。(^▽^;)アハハ


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

「37歳で医者になった僕」 第8話 
( ・。・)? ん?あれ?
森下先生ったら、キャラのイメージがすっかり変わってる?
ていうか、今まで気づかなかっただけなのかな…(^_^;)
意外なところで、彼の「裏の顔」のようなものが描かれていたので、戸惑ってます(笑)
いや、そう思わせておいて実は~を願いたいです!

今回は佐伯の恩師・伊達(竜雷太さん)が入院してきたことで一騒動。
所謂「モンスターペイシェント」で、検査拒否は当たり前、わがまま放題な上に口も悪いのなんの…。
担当の下田が手を焼いております。(^-^;A
・・・と途中まで顔をしかめながら観ていたら、実は良い人だったんですよね。
「佐伯君、佐伯君…」と言ってたのは、実は気になってのこと…。
心を開いた後は、今までのわがままが嘘のように…とホッとしていたら、以前のレントゲンで誤診があり、肺炎だと思っていたが肺真菌症という病気だったらしい。
判断が遅れたせいで、深刻な状態になってました。
それを見つけたのが新見先生。
今まで悪いところばかりが描かれていて、すっかりヒールキャラに思い込んでいた新見先生ですが、ここにきて何だか普通に思えてきたから不思議(笑)
それに伊達さんによると、佐伯教授も昔は祐太のように熱血漢あふれるキャラだった…というから、人は見かけによらないものです。
何処がどうなったら、今のような状態になってしまったのか…。
ちょっと興味津々です。

そして伊達さんは急変…。
新見先生が一生懸命心臓マッサージをしてたけど、このまま亡くなってしまう?それとも?
・・・というところで、ぶつ切り。
(゜-゜)ウーン 気になってしょうがないです。

そういえば、“普通”の幸せを掴んだすずと祐太。
「有り合わせです」とか、何だか本当に微笑ましくて…。
そんな一方で、すずの病状は刻々と悪化している様子。
偶然居合わせた瑞希は気づいてくれてたけど、肝心の祐太の方は相変わらずそれどころでは無さそうな。(^_^;)
一番身近にいる割には、鈍感というか、身内気分も程ほどにしないと…。




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


人間って、一筋縄ではいかないものですね。
裏の顔、表の顔…たぶんどっちも「その人」ですな。(^▽^;)アハハ



お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

「37歳で医者になった僕」 第7話
『受け入れる』…
なかなかに重い言葉です。
7年間病気と闘ってきたすずには、こういう心境になるまで色々な葛藤があったんでしょうね。
最初は治りたい…と思い、祐太も治したい…と思った。
そんな関係性から、いつも二人の間には“病気”があって、すずは窮屈に思えてきた。
そうこうしているうちに医者を目指す祐太は忙しくなり、久しぶりに会っても普通の会話もできない。
もっと“人”として向き合いたい…。
こんな状態から抜け出したい一心で別れを切り出してみたものの…って感じだったのかな。
たぶん、これも『受け入れよう』という一つの意思。
てっきり林田のことが気になりだしているのかな…と思ったけど、彼に出会ったことで心境に大きな変化ができたってことですね。

そんなすずを、祐太も『受け入れる』のかな~と思っていたら、まさかのプロポーズです!
あまりにも不意打ちだったので、TV前で思わず涙してしまいましたやん。(・_・、)
あれはちょっと感動的でした。
しかしそんな二人の幸せな様子を、複雑な心境で見ていた瑞希…。
遠くからだったけど、手話で分かってしまったってことですよね。
切ないな~。(ノ_<。)うぅ

林田には恋人がいて、祐太が研修中の病院で入院中…。(ラップじゃないよ~:笑)
両親からは快く思われていない…ってことで、お見舞いも躊躇していた林田でしたが、すずや祐太の言葉で、自分で“境界線”を引いていたことに気づかされる。
時間はかかるかも知れないけど、これからも二人の気持ちが同じ方向を向いていたら、いつかは理解されるといいな…と思わせるエピでした。

一方、患者さんとは一定の距離を保つように指示する佐伯教授。
中島先生の厳しい(?)監視もそっちのけで、研修医たちは自分たちの信念を貫くようになってました。
色んなところで祐太の影響力が大きくなっている訳ですが、そのうちガツン!と頭を打たれそうでヒヤヒヤします。(^_^;)
今度入院してきた患者さんが、その「不安の種」…というところでしょうかね。
竜雷太さん、きっと一筋縄ではいかないだろうな~(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


予告では幸せそうな祐太とすずの様子が伺えましたが、病気の方は悪くなっているのかな…。


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク