「空飛ぶ広報室」 最終話
お話は震災の2年後から始まっていました…。
ブルーインパルスが松島へ帰還するきっかけで、阿久津から取材の打診を受けたリカ。
空井とは連絡さえ取っていない状態で、かなり迷ったみたいだけど、元広報室の皆さんが背中を押してくれて嬉しかったですよ。(゜-゜)(。_。) ウンウン
そして震災の時にはリカや広報室の皆さんがそれぞれの立場で、どんな気持ちで…が、少しずつ見えて涙が止まらなかった。
同じ被災者なのに…というリカの言葉に共感したり、それでも被災者の方々の“日常”を取り戻すために自分を犠牲にして、気持ちをOFFにして救援活動に励んで下さった皆さん。
本当に頭が下がります。
その陰で、OBの方々が隊員の皆さんの関係者の安否確認の為にアチコチ走り回って下さったようですね。
何から何まで、色んなことを知れた最終回でした。

そして大満足のハッピーエンド♪
松島で被災して、そこで色んなことを目の当たりにして、リカへの想いを断ち切る決意した空井。
そんな空井の気持ちを受け止めて、封印してきたリカ。
・・・というところで、鷺坂さんの登場ですね!
いやぁー、最後の最後まで良いお仕事をして下さいましたわ~(^.^)
大切な人を失った彼だからこそ、二人の想いを無駄にしたくなかった…という感じかな。
既成事実の“メール”には、二人の写メが添付されていました。笑
ブルーインパルスにも、ありがとう!

結婚しても結局は離れ離れに暮らしているようですが、空は繋がってる…
うん、最後は清清しい気持ちいっぱいで終わることが出来ました。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「空飛ぶ広報室」 第10話
そうか…
3月11日は、どうしても描いておかなければならないことですもんね。
途中までブルーインパルスのカッコ良さに心奪われ、リカの気配りに大人になったな~と感動しつつ、定年退職する鷺坂さんとの別れ…と、今回は色んなエピが詰め込まれていて、ラス前に向けて気持ちは盛り上がっていたのですが~。

お蔵入りになると思っていた密着取材のフィルムが、キリーのお陰(?)で空自が一躍脚光を浴びることになり、日の目を見ることになった~!
…と、電話でいち早く空井に報告。
今すぐにでも喜びを分かち合いたい!
でも、その日の空井は松島基地へ行っていました。
この辺のシーンまでは、「来ないで下さい!」という相変わらずの空井の前後逆の話し方でほっこりしてたのに…。
「僕は居ないので、明日来て下さい!」

しかし、この“明日”が、いつもの明日じゃなかったんですよね…。
私も少し人生観が変わった出来事でした。
そして今も、復興への道のりはまだまだ長そうです…。

被災した空井、報道に携わるであろうリカ、そして自衛隊や広報室の皆さん…。
それぞれが、各々の立場で震災と向き合う姿を見届ける最終回になるのかな。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「空飛ぶ広報室」 第9話
先週から引っ張った新聞記事…。
記事は広報室の意図としては少々不本意な内容だったようですね。
人それぞれ、同じ言葉を聞いても色んな捉え方もあるし、考え方もあるし、なかなか難しい問題です。
皆が同じ方向を向くのも、それはそれで怖いことですし…。
「ねつ造」と決め付けられたことだけは譲れなかったけど、それも番組内での一個人の意見として、局側としてはそれをあえて訂正や謝罪をするということまでには至らなかったようで…。
広報室の皆さんと共に一生懸命制作したリカとしては、それを何とか認めてもらおうと色々と頑張ったようだけど、どうも逆効果だったようです。
結局、今の担当も外されてしまうことに…。

確かにリカの頑張りは、少し偏った意見になってしまってた感もあったかもしれないですね。(^_^;)
報道する立場としては、常に中立であるべきなのは重々承知だったはず。
阿久津も最近のリカの成長は認めてくれていたところなのに…。
「頭を冷やして来い!」というところかな。
で、てっきり鷺坂は抗議の申し出を思いきや、リカを心配してくれてるなんてさすが…(・_・、)

一方、空井も良き理解者のリカに何とか連絡を取ろうとしていたものの、結局かなわず。
やっと会えた時にはもう、リカが反省モードに入っていた後で何とも切なかったですわ。
でもその前のリカの頑張りをカメラマンのおじさんが撮っていてくれてて、空井に渡してフォローしてくれて、ちょっと熱いものがこみ上げてしまいましたよ。
彼もリカとずっと一緒に追いかけてくれてたんですもんね。
何か彼女の周りは良い人ばかりで、ちょっと羨ましいな~。

さて、来週はちょっとスカッとさせてもらえそうだといいな。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「空飛ぶ広報室」 第8話
前回、出来上がったPVがボツになり、新たに作ることになった訳ですが…。
今回のはドキュメンタリー風のPVに仕上がってて、また感動的で良かったですね。
「入隊の理由」の路線になったときは、どうなることかと心配しましたが。笑
でも、理由は何にしろ「場が作る…」という考え方は共感できるかも。
何でも最初は“きっかけ”で、そこからちゃんと結果がついてくれば良いだけの事…。
藤枝もリカに影響されたのか、頑張ってはみたものの空回り…って感じで少し可哀想でしたが、これからの彼の活躍を期待したいところですね。
そりゃ、最初から何もかも上手くいくってことはなかなかありませんから~。

で、空井と同じ浜松基地で基礎課程を受けていたという女性整備員・芳川秋恵(南明奈さん)というライバル登場で、ちょっと揺れた今週…。
まぁ、特に展開はライバルという訳でもなかったですが(笑)、当時はお互いに少し好意を持っていた様子。
・・・・を、最後の『2秒間』で払拭されましたやん~。
空井さん、まさかあんなところで??(〃∇〃)キャー(笑)
その後、リカがサッと手を握ったところが彼女らしくて良かったじゃないですか~。

PVも無事に仕上がったし、さぁこれから…というところで、あの新聞には何が書かれてる??
みんな驚いてたけど、あれは嬉しい方じゃない様子ですよね。(^_^;)
何か批判しているか、それともPV撮影に携わった人間のことで?
分かりやすい思わせぶりな終わり方だったので、めちゃくちゃ気になりますやん!笑


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「空飛ぶ広報室」 第7話
鷺坂さんの奥さんが亡くなられたのは、阪神大震災の日だったんですね…。
しかし援助活動の待機中で死に立ち会えず、やっと会えたのは5日後。
自衛隊の皆さんには頭が下がります。
自分の家族より、優先しなくてはならないお仕事…。
他にもそんな立場の職種の方々がおられますが、私たちがこうして安心して生活できているのも…って、普段は全く意識していないことなので、あらためて感じるきっかけになったかな。

リカは鷺坂への取材がこれで本当に良かったかどうか、ただ過去の傷をえぐって苦しめただけではないか?
…と考えてしまったようだけど、これが結果的に世間に流せなくても、違う形で伝えることが出来るかも知れないという阿久津の言葉にジーンとしましたわ。
最初はガミガミ怒ってばかりで嫌なキャラだな~と思ってたけど、“信念”はちゃんとあるし、きっちりと叱咤激励してくれる存在が身近にいてくれるのは有難いですね。
リカもどんどん成長してる姿が、手に取るように感じられます。

そんな中、TV局のクルーが取材中に出くわしたヘリの救助現場。
最初は何処が救助しているのか見当もつかなかったようですが、リカの的確な情報のお陰で無事に正しい報道が出来たようです。
自衛隊の皆さんが報われた…というか、広報室の皆さんの地道な活動が実を結んだと実感できた出来事でした。
情報提供した人間がリカだとすぐに分かって、空井も嬉しそうでしたしね~。
・・・の勢いで、リカを飲みに誘うことに。(’-’*) フフ
おまけに藤枝とのことは誤解だったと分かって、何だか一気に加速しそうですよ~。
槇も柚木に告白してたし、あちらこちらで忙しい展開になる?
まさかの恋バナ!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク