「キミ犯人じゃないよね?」 第6、7話
関西では放送時間が遅いので、録画では欠かさず観てるんですが、レビューは泣く泣くリタイアです~_(._.)_

いや、毎回かなりツボにハマって、さくらのコスプレやら、数々の小ネタ、7話の宇田川の誘拐話なんか、ホント大爆笑させてもらってたんですけど、これがまたレビューを書きにくいのが難点。(^▽^;)アハハ

「小金次少年の事件簿」?の8巻とか、読みたいですもん(笑)

まださくらの過去が小出しに出てくる程度で、これは最終回まで引っ張りそうなので、ドラマの方は頑張って最後まで観ますよ…(^^ゞ


「キミ犯」話で盛り上がりたい方は、こちらでコメントを残してくださいませね。(^_^)




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


ランキングに参加中です。いつもありがとうございます~♪(^_^)

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第5話
今回はさくらのバイト先のテーマパーク「ルナルナパーク」で起こった事件。
“友好(UFO)の碑”の除幕式にイベントを企画した園長・矢作(佐藤正宏さん)が行方不明になり、「この世にいないかも知れない」と言う秘書の平井(武野功雄さん)。
どうやら「ルナルナパーク」は経営難で、親会社がテコ入れのために送り込んだ副園長・流山まどか(片瀬那奈さん)と衝突していたらしい…ってことで、調べていくうちに凶器らしき鎌やら、怪しげなミステリーサークルや意味深な石灰、おまけに事件現場近くにはまどかのイヤリングが片方落ちていた。
やっぱり犯人は彼女?と思いきや、遺体は見つからず。
で、まどかに「持ってかれた~♪」宇田川の決め台詞「あなた犯人じゃないですよね?」が、実はこの時はまだ大丈夫だった訳ですよ。
というのも、時間が早かったし(笑)、矢作がフラッと現われたことで、殺人ではなかったみたい。
そして「埠頭を散策中にUFOに拉致され、金星に行っていた」と、意気揚々と矢作が話すもんだから、マニアの間で話題になって「ルナルナパーク」は大盛況~♪(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ところがその後、再び矢作が行方不明になり、さくらが別の掘り起こされた形跡を見つけ、宇田川が言われるがまま調べると、そこには矢作の遺体が…。
あ~、せっかく今回こそ大丈夫だと思ったのに~(^_^;)
結局まどかと矢作は実の親子だったという事が判り、幼い頃に父親に捨てられ、母親も苦労を重ねたまま亡くなった…ということで、復讐を遂げた殺人だったようですね。
矢作の遺体を発見して、慌てて埋め直す宇田川がツボでした(笑)

しかし佐藤さんと片瀬さんが親子?
よっぽどお母さんが美しかったとしか…(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

今回のさくらのコスプレはテーマパークの“宇宙人”だった訳ですが、頭のボヨンボヨンといい、銀色のコスチュームといい、かなりレトロな宇宙人でしたね。(≧∇≦)ノ彡バンバン!




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます~。よろしくお願いします♪(^_^)

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第4話
今回は先に事件が起こって、その犯人を宇田川が好きになるというパターンではなく、彼が偶然観に行った小劇団の看板女優・鴨川里紗(山口紗弥加さん)に「持って行かれたー♪」ことから始まる展開でしたね。
この時はまだ犯人じゃなかった…という点では、ちょっと成長した?(笑)

後日、里紗に誘われてデパートの屋上でデートしていた宇田川ですが、彼女が望遠鏡で眺めていて偶然殺人事件を目撃。
しかも殺されていたのが劇団の演出家・西城五郎(池田鉄洋さん)かも知れないってことで、慌てて現場へ駆けつけた二人+屋上でバイト中のさくらでしたが、部屋には血痕は残されているものの死体は無く…。
ところがソファーの下の、どう見ても死角の場所に凶器のナイフが落ちてるのを発見した里紗…ということで、ここはかなり不自然だったのですよね。
危うくスルーしそうなところを、ちゃんと覚えていたのがさくら。
で、事件直後に管理人さんが、「殺っちまったぜ!」と口走った目出し帽の男を見かけていたことから、犯行時間が確定されたのですが、西城の遺体が発見されたのが、なぜか車でも1時間はかかる場所の海岸。
犯人が犯行を叫びながら逃げ去る…ってのも、かなり不自然でしたが、事件の犯人として逮捕されたのが元劇団員・浜田山(大堀こういちさん)で、彼は超能力で遺体を運んだの一点張り。
どうやら日本の法律では“超能力”での犯行は裁けないらしく、事件は暗礁に乗り上げてしまいましたやん。(^-^;A
そこで小劇団「かんじんかなめ」(要潤さんだけに:笑)に手がかりを捜しに行ったさくらが、衣装が2着保管されてることに気づき、そこで西城の不自然に長かったズボン丈の謎が解けた…ってことで、少しずつ解ってきました。
それにどう考えても“超能力”で遺体を運ぶことは無理なので、宇田川が屋上の望遠鏡で見た人物は最初から西城ではなかった…ということで落ち着きました(笑)
で、殺したのはやっぱり里紗で、彼女がオーディションに受かったのを快く思わなかった西城が、昔に付き合ってた頃の写真をばら撒く…と脅し、つい刺してしまったというのが真実だったようですが、その後のからくりは劇団員の皆さんの連係プレーで事件を混乱させたみたいですね。
西城は誰からも恨まれていた…ということで、里紗をかばった劇団員の皆さんが次々「私がやりました!」と自白するシーンで、最後に宇田川まで加わって自分に手錠をかけたのは大爆笑!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ま、そんなことが通るわけも無く(笑)

しかし升毅さん演じる「ささやき刑事」が、また登場するとは思いませんでしたわ~♪
おまけに浜田山を捕まえて、ささやいてるし…(両刀使い?笑)
あ~、私もささやいて欲しい!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

今回は所々記憶がフラッシュバックさくらでしたが、子供の頃に無理やり腕をつかんだ男…ってのが、誰なのか気になるところ。
それにあれだけ記憶力のイイさくらが、所々しか覚えてないっていうのは、何か思い出したくない事件か何かってことなんでしょうね。
しかし楽しみにいていたほりちゃんのコスプレは、すっかり減ってしまいましたな~。(^▽^;)アハハ




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第3話
今回は名門女子高の教師・船橋(菊池均也さん)が、ハサミで殺害された事件。
現場には指紋もなく計画的犯行に見られていましたが、なぜか引き千切られたカーテンに血がついていて、床に血痕の一部が直角に途切れている…ということで、食いついたお坊ちゃま刑事・宇田川。
しかも船橋の手が両方とも「まことちゃん」のような状態で、これはダイイングメッセージでは?と引っかかるものの、相変わらず太宰からは軽くスルー。(^▽^;)アハハ
しかし「グワシ!」は懐かしかったですわ~♪

そして宇田川はまたさくらの手を借りることになったのですが、今回は女子高生のコスプレですか~(笑)
そのさくらが校内に潜入して、女子高生たちから情報を得ようとするのですが、正体がバレそうになった時の、「ちょっと大人の17歳、転校生さくらです!」やら「「盗んだバイクで走り出す、さくらです!」で大爆笑ですよ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
で、容疑に上がったのが、恋人との噂があった生徒・清原三和(星井七瀬さん)、芸能活動をして船橋から咎められていた生徒・サンディ・耀子・黒部(中別府葵さん)、船橋と確執があった教頭・三条郁夫(森下哲夫さん)だったのですが、3人とも名前に“三”があるという共通点が。
殺された船橋の手も“3”本の指を立てていた…ということで、何か繋がってきましたわ。
しかも三人とも動機らしき理由があって、益々怪しい。
ところがこのドラマは、毎回宇田川が一目惚れして「持ってかれたー」女性が犯人という“お約束”なので(笑)、犯人は被害者の同僚・君津奈々(星野真里さん)でした。
どうやら船橋の手はダイイングメッセージだったのではなく、片方はハンドサインの「I love you」で、もう片方は手話で数字の「7」ってことで、彼女に対する愛のメッセージだった訳ですよ。

留学を決めた船橋と付き合っていた奈々は、てっきりプロポーズされるもんだと思っていたのが、「3年間待っていてほしい」との話。
おまけに生徒の三和と恋人の噂が立ち、疑心暗鬼に。
思いつめた彼女がハサミを手に自殺をほのめかして、それを止めようとした船橋ともみ合いになり、誤って刺してしまった…というのが事件の全容だったようです。
そこで自分も後を追って…と考えたようですが、船橋のハンドサインを見て、合唱コンクールで自分の作った曲で出場する…という彼の夢を叶えてからと思いとどまったらしい。
そして宇田川はお約束の大失恋(笑)

ドラマでの「お約束」がしっかりパターン化されてきたので、小ネタが楽しめるようになってきました♪
今回はしほりちゃんのコスプレが少なかったですが、女子高生のシーンで大爆笑させてもらったので大満足でした~!(^o^)


最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第2話
初回より宇田川の“お坊ちゃま”ぶりが強調されてたみたいで、面白かったですわ♪
で、ゲストの犯人らしき女性に一目惚れして、「持って行かれる♪」のはお約束なんですね。
こういうワンパターンも好き(笑)
修行をしていた推理作家の先生が前回あんなことになって、益々ジリ貧(に見えないけど:笑)のさくらが、手柄を立てたい宇田川の思惑とピッタリ合って、桜の推理で見事に犯人に辿り着く…というのも面白いんですけど、何といってもさくらの華麗なるフリーター遍歴が楽しみ~♪
時給も気になるけど(笑)

今回はレストラン厨房で、経営者の大屋正和(坂田雅彦さん)が刺殺された事件で、遺体の周りにはマカロニが散乱していて財布が無くなっていた…ということで物盗りの犯行に見られていたのが、宇田川は物盗りの犯行に見せかけるため、マカロニがわざと撒かれていたと推理。
いつも取っ掛かりはいいのに、“お坊ちゃま”なので詰めが甘いんですわ(笑)
そこをさくらが上手くフォローする…なかなか良いコンビ♪(^_^)

そして容疑者として浮上したのが、前日に「ASEDAKU」というおかまバー(笑)で大屋と借金の返済を巡ってトラブルになっていた栗原勝也(松田賢二さん)という男だったのですが、松田さんといえば「仮面ライダー響鬼」の師匠・斬鬼さんじゃあーりませんかっ!ε=ε=(*~▽~)キャー
テレ朝さんのドラマって、時々ライダー出身者が出演されるので嬉しい♪

レストランのオーナー・大屋と共同経営していたはずの父親が騙された上に、疑惑の死。
彼の娘である尚美(新山千春さん)が犯人で、父親のお店と味を守るために…と、栗原を利用して彼女が仇討ちを企てたということだったみたいですね。
非通知の電話に悩まされていると言う尚美が、栗原の携帯を使ってるのがバレバレだったし、自殺をほのめかした(本当はすでに殺されていた)栗原の家を捜索したときも、「私が二階を…」というのも不自然でしたもんね。
で、犯人の尚美に一目惚れした宇田川の、「あなた、犯人じゃないですよね?」がお約束の台詞ということでタイトルになった訳か~。
さくらが毎回犯人に間違われる…という展開を予想してたので、これは大ハズレ(笑)

ドラマの牛丼屋さんといえば某お店(笑)が定番ですが、今回は「吉野家」さんが出てきてビックリ!
ニューハーフのショーになぜかさくらが出てきたり、メイドさんになってたり、一体彼女は幾つのバイトをしてるんだろう?
「殺人なき推理小説」も、あってもいいんじゃないですか?(’-’*) フフ
というか、彼女の関わった殺人事件をネタ元に、それを小説にすれば良さそうなものなのに…。
最終回までには気づく?(笑)


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)






テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク