「半沢直樹」 最終話
うわっ!最後の何??(^_^;)
その前に渡真利が散々持ち上げてたから、絶対その通りにはならない…とは思ったけど、半沢がまさかの出向って!
でもこれ、原作通りらしいんですよね。
結果的には大和田は取締役常務から常務が取れただけの降格のみで、中野渡頭取にも叩けば埃が出るってこと?(~_~;)
いや、確かに取締役会での半沢のやり過ぎ感はちょっと感じましたし、大和田の弱みを押さえておけば、他も安泰…という考え方もありですよね~。
やっぱり頭取になるだけの人は、一筋縄ではいかないってことで~。
とりあえず大和田には「100倍返し」は出来たし、半沢の“復讐”は達成した印象。
まぁ~、最後のもやもや感は否めませんが、これがリアルな現実ということで。笑

しかし黒崎と岸川の娘の結婚話にはビックリ!
黒川って、ゲイやったやん!ヾ(@°▽°@)ノあはは
花の活躍で、そこから大和田を追い込むところへ繋がった訳だから、結果オーライだったけど違和感ありありでしたわ。(^_^;)
いや、倍返しだけに「バイ」繋がり?笑
ここだけは、ちょっと納得できず。

最終回では「疎開資料」の隠し場所がバレた種明かしも分かってスッキリ!
あれには岸川→福山が絡んでいて、追加資料と称してニセ資料を使って突き止めたことが判明。
渡真利の疑いが晴れて良かった。笑
近藤の行員復帰も特に何か別の奥の手があった訳ではなく、結局は自分の保身や家族のため…ということで、人間らしい選択には納得できたかな。
半沢には剣道でケチョンケチョンにやられてたけど(笑)、彼も心情的には理解できたということで…。

さて、続編はあるんでしょうかね~。
映画化決定でも無さそうだったし、TBSさんもこれだけ人気が出る予想も無かったみたいだけど、ぜひドラマでやって下さると嬉しいです。
出向先でも“半沢直樹”ぶりは発揮できそうですね。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第9話
はぁー!今回も心臓に悪いぐらいドキドキしたー!笑
まずは伊勢島ホテル再建のために、外資の傘下に入る提案を社長に受け入れてもらうという新たな打開策。
これにはあの社長も、なかなか首を縦に振りませんでした。
会長である父親を更迭して、資産を全部吐き出させた上に結局…の踏んだり蹴ったりじゃ、さすがに二の足を踏むってもんです。(^_^;)

そして始まった金融庁検査…。
もはやダメなのかー?と諦めかけたところで、湯浅社長からギリギリのところで返答のメールが。
ギリギリて!しかもこんな大事なことをメールって!
…と、視聴者全員がツッコミ入れたはず。笑
まぁ、おかげで黒崎には「ぎゃふん!」と言わせることができたし、今回のことで頭取に責任を取らせて、自分が次期頭取に…と目論んでいた大和田もビックリです!

しかし今度は伊勢島ホテルの疎開資料の隠し場所が、黒崎にバレてしまいまして…。
えぇっ?!
あの「灯台下暗し」の場所って、半沢が詳細に話したのは渡真利やん。(^_^;)
まさか??
いや、疎開資料を隠すために動いた行員も数名居たし、その中に裏切り者がいた可能性もあるけど、ちょっとまた渡真利の疑惑も再び浮上してきたかも…。

そして場所を突き止められて、とうとう疎開資料がぁーーーー!!
TV前で心臓バクバクさせてたら、箱の中身が…ヾ(≧▽≦)ノ彡☆バンバン!!
ん?他は探さないでいいの?
…というツッコミは置いといて(笑)、無事に退散してくれて助かりましたよ。

あとは大和田を追い込むだけ…。
これには近藤が大活躍してくれて、田宮社長を説得して書類を作るところまで着々と進んでたのに、ここで大和田に報告されるとは~。ヾ(@°▽°@)ノあはは
あの大和田が黙ってる訳がなく、近藤を取り込もうとあれこれ目論む訳ですね。
いやいやいや、そんなことで彼は動かされない…
えーーーーっ!?動くのかーーー??
どっ、ど、ど、どうなってる?
いや、これには絶対何か裏があるにきまってる!
きっと大和田には他にも悪事の数々があって、いろんな方向から追いつめる"弱点"が残されてると思いたい。

いよいよ、最終回!
半沢はん!100倍返し頼みますよー!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第8話
大和田ったら、アチコチで悪事を働いてるのか…(^_^;)
ていうか、自分が直接手を下してないように見せてるから余計にタチが悪い。
尻尾は掴めそうで、でも核心にはなかなかたどり着けない感じ。
次期頭取を狙ってるみたいだけど、こんな人が頂点に立ったとしたら銀行業界も先行きが~ヾ(@°▽°@)ノあはは
ま、半沢の“100倍返し”に期待しましょうかね~。笑

まずは半沢を伊勢島ホテルの担当から外すための策略…。
再建の頼みの綱だったIT企業が破たんかも?ってことで窮地に追い込まれた訳ですが、とりあえず上司の内藤部長が黒崎に猶予を取り付けてくれました。
さすがにこんなに大きな案件となると、半沢の力だけではフォローできない部分も出てきますよね。
味方がいてくれて助かりましたわ。
しかし大和田は半沢を出向へと、着々と手を回しております。(^_^;)

そして自分の息のかかった福山(山田純大さん)を担当に捻じ込むために、金融庁検査の模擬審査を提案。
いい大人がこんなことで「あーだこーだ」やり取りしているシーンには思わず失笑だったけど、それもこれも半沢をタジタジさせることが目的ってことで、納得しておきますww
でも福山にトドメを指すのが、「あなはは会ったことがないのに…」は無かったな~。
まるで子供のケンカみたい。ヾ(@°▽°@)ノあはは
本番の金融庁検査には、もっと違う方法で頑張ってほしい。笑

一方、出向先のタミヤ電機の粉飾決算から、不正帳簿の改ざんを見つけた近藤。
調べるうちに、なぜか3000万もの金額を転貸してる謎の会社「ラフィット」の女社長の後をつけた近藤は、彼女が「大和田」の表札のある家へ入っていく姿を目撃。
えっ?もしかして大和田の奥さん?
何じゃ、それは…(^_^;)
銀行員の出向先に普通の企業というのが謎だったんだけど、そんなカラクリが隠されてたのか。
これをどうやって不正の証拠を探し出すのか、気になるところ。

で、花は殆ど休みもとっていない半沢の体を心配するも、些細なことからケンカに…。
相変わらず、銀行員の奥様方も意地悪すぎて泣ける。笑
勢いで実家へ行ったみたいだけど、そこで半沢の母親から「大和田」との事実を知らされる訳です。
これがどう絡んでくるかってところだけど、内助の功を発揮するのか、それとも実力行使に出るのか?笑

大和田のとぼけた顔を、思いっきり「ぎゃふん!」と言わせてくださいよ~。
「半沢、いよいよ出向」の予告には、騙されません。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第7話
粉飾ばっかりやないかーい!笑
…とツッコミを入れたくなるほど、ドラマに出てくる会社全部ですやん。(^_^;)
裏帳簿と表帳簿が一緒に堂々と置いてある…と、一番お粗末だったのは近藤の出向先「タミヤ電機」だけど、銀行員さんの出向先になるほどの会社だから、たぶんそれなりだと思うんですよね。
なのに、あの雑さ。笑
でもこれ、単なる粉飾じゃないような、結局銀行も絡んでるような気もするし…となると、やっぱり半沢の案件か大和田に繋がってくるんでしょうかね。
どうやって絡んでくるのか、ちょっと楽しみ…。

しかし伊勢島ホテルの120億円の損失を、どう穴埋めするかですよ。
今やもうヒステリックなオネエキャラにしか見えない黒崎(笑)が、次から次へと痛いところを突いてくる訳です。
部下が優秀でよかった。(笑)ヽ(´ー`)ノ ふぅ~
半沢がやっとのことで手に入れた疎開資料も、花の機転で間一髪のところで見つからなかったものの、持ってることはもうバレバレですからね~(^_^;)
あのダンボール、次は何処へ隠すんだろ??
とりあえず120億円は現社長の苦渋の決断で、更迭という形で会長(元社長)の資産からギリギリ賄えることになったのも束の間、ホテル再建の為の頼みの綱だったIT企業が潰れるらしい。
おまけに、それは大和田も承知のことだった?
羽根専務と何か企んでる風ですよね。(^_^;)

羽根専務は損失を負う事になった中心人物の割には何のお咎めも無く、なぜに現社長が退いて専務が後を引き継ぐ?
大和田とタッグを組んでるってことは、彼にも何らかの利益がもたらされるってことですよね。
頭取直々のご指名の割には、大和田が半沢に担当を外す宣言してるし、彼の権限が何処まであるのかワカランわ~(^▽^;)アハハ
そして半沢は屈辱の土下座…。
「コツン」言うてましたで。ヾ(*°▽°)ノあはは
でも半沢が酷い目に遭わされれば遭わされるほど、「倍返し」が効いて来るという計算!笑
ラスボス大和田相手には、「100倍返し」ぐらいしないと気が治まりませんね。

ちょっとスッキリしたのは、黒崎に送り込まれた職員たちに啖呵を切った花ちゃん。
確かにあんなに部屋を散らかしておいて、そのまま帰るとは言語道断です!
マルサあたりから、あの散らかったものは誰が片付けるのかな~?と気になってたので、そんな意味でもスッキリでした。(* ̄m ̄) ププッ


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第6話
待ちに待った第二部が始まりましたよ~♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ
東京勤務になって1年後…ということで登場人物がちょこちょこ代わったけど、全然パワーダウンしてません!
しかも国税局だったラブリンが金融庁へ異動になってて再登板とか、嬉しすぎます。笑

さて、今回は大和田へのあだ討ち「倍返し」展開になると思っていたのですが、これは単純な問題だけじゃ無さそう。
まずは頭取直々のご指名で、老舗ホテルの再建&金融庁検査への対応を命ぜられた半沢。
伊勢島ホテルの羽根専務(倍賞美津子さん)とやらが独断でやった采配が失敗して、120億円もの運営損失が出たらしい。
しかも事前に内部告発でリークされていたにもかかわらず…という案件ですね。
(´ヘ`;) ハァ どいつもこいつも…。
銀行の合併が、こんなところで歪みが出てるとか信じられません。

そしてお約束で、すぐに尻尾を出す「うっかりダメダメ課長代理」とか、半沢がグイグイ追い詰める姿が面白いのなんの~。笑
でも金庫室のシーンは「もうアカン!見つかるやーん!」ってハラハラしましたが、ダメダメ課長代理も切羽詰ったらなかなか機転が利くじゃないですか!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
無事に『証拠』も見つけることが出来たし、あとは使うタイミングですね。
内部告発してた社員さんは「これはまだまだ入口」だと言ってたし、たぶん後々“ラスボス”の大和田へと繋がって行くのかな~?というドキドキワクワク感♪
タミヤ電機に出向中の近藤がクローズアップされてたってことは、またここも繋がるんでしょうかね。
出向先からも銀行からも足蹴にされてたのはかなり切ないシーンでしたが、半沢のお陰で昔の自分を取り戻すことが出来て良かったですわ。
あんなに苛められてても金庫室の鍵のパスワードを覚えてるとか、これがまた感動的でした。
でも演じてる滝藤さんがガリガリで、また弱そう~なキャラに見えてしまうので、まだ油断はできませんが…(^_^;)

で、伊勢島ホテルの社長が鶴瓶師匠の息子さんww
すれ違い「親子共演」でしたが、何か新しく担当になった半沢に対してあまりにも協力的で用意周到過ぎるので、逆に胡散臭く感じてしまうのは気のせい?笑
第一部でいうところの、「竹下」のような役どころなんでしょうか?

それにしても…
いくら二重ロックが掛かってるからといって、大事な金庫のパスワードを机の下に貼っておくとか、物騒過ぎますって~。ヾ(*°▽°)ノあはは


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク