「家族狩り」 最終話
あらら…
最終回は皆さん「良い人」になってしまって~(^▽^;)アハハ
ていうか、色んなところを端折り過ぎな上に、取って付けたような片づけ方…。
やっつけ感が半端無いですww
ドラマで描かれるのは限られた時間だし、仕方がないといえばそれまでなんですが~
それにしても前半が良かっただけに、勿体ないな~(^_^;)

危うく山賀と大野に「送って差し上げ」られそうになった芳沢家…。
でももう殆ど拷問に近かったですよ。(^_^;)
父親は額を傷つけられるし、母親にも「苦しむ姿を子供に見せなさい!」って、一体何のプレイだかww
游子の体当たりも力尽き、巣藤の自分の感情中心の説得も大野に指摘されたところで、とうとう…という場面で、無事に馬見原たちが間に合ってくれました。
でもいくら犯行を制止するためだからといって、あんな胸に撃ったらアカンやろ。(-_-;)
怪我をしながらも火を放って逃げた山賀と大野は、その後樹海で命尽きたように見せかけて実は生きていた…みたいな終わり方??
結局遺体も見つからなかったし、新たな一家心中事件がニュースで流れてましたしね。
ドラマだから、何でもアリww ←

しかし何が一番モヤモヤしたかって、山賀と大野の口からちゃんとした真意を語られなかったことでしょうかね。
殆ど馬見原と游子の憶測でしたやん。
自分たちの息子の暴力を止めるために殺したことをがきっかけで、その事件の背景や理由らしきものは明かされてたけど、そこが「送って差し上げる」心情へと繋がるプロセスが全く理解できず。(^_^;)
原作ではちゃんと説得力のある描き方がされてるのかな~?と、気になってしょうがなかったです。笑
いつか機会があったら、読もう。

あと、途中から全く登場しなくなった美歩も新しいターゲットを見つけてさっさと婚約したようで~。
振り返った時に一瞬切なそうな表情をしてたけど、そんなに同情も出来ず。笑
綾女とやっと別れた(別れてなかったんかい?)馬見原は、妻の佐和子の元へと向かってたけど、娘さんから全力で拒否。
今まで長年家族を蔑ろにしてきた馬見原が、急に「家族」を言いだしても説得力ゼロでしたわ。(^▽^;)
とりあえず息子君は無事に元気になってて良かった…。
殆ど両親と音信不通状態だった巣藤は、16年ぶりに実家の福井へ帰って少し「開いて」きたらしい。
游子との『約束』が無ければ、それも無かったんでしょうかね。(^_^;)
ラーメンが食べたいが為に…(違)
羽二重餅は美味しい…笑 オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ

端からは幸せそうに見えてても、どんな『家族』にも大なり小なりいろんな問題は抱えてる訳で…。
そこを「閉じる」か「開く」かによって、生き方も変えられるってことかな。
実際にはなかなか難しいですけども…。
出来れば醜い部分は表に出したくないですもんね。
家族の事で悩んでいた游子も巣藤に出会って変われたらしいから、それはそれで…。
たぶん永遠に答えは見つからないと思うけど、心の持ちようでは前向きになれるはずですしね。

最後はちょっとアレだったけど、色んな事を考えるきっかけにはさせてくれたドラマでした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第9話
やっぱり無理心中に見せかけた一連の事件は、山賀さんの仕業だったのか。
しかもシロアリ業者の大野も『同志』らしい…。
二人は「送って差し上げる」ことで、崩壊した家族を救ってきたと言ってたけど、これは救いではないよ。(^_^;)
あの折鶴の数=人数だとすると、他にもかなりの数を「送って」きた様子。
何の迷いも無いところが、益々不気味…。

まずは前回、油井を刺した綾女。
椎村を助けるための正当防衛だった…ということで、油井の遺言(ダジャレか!)通りお咎めなし。
でも馬見原と楽しそうにしていた自分の元妻子の様子を見て、「あんな親父が欲しかった…」という台詞は、かなり違和感でしたわ~(^_^;)
今まで自分がやって来たことと、全く辻褄が合わないというか。
これ原作でもそうだったのかな~?
綾女に対しての愛情が変な方向に歪んでたことはまだ許せるとして…。
まぁ最終回の為に端折るしかなかったのかも知れないけど。(^▽^;)アハハ
端折るといえば、馬見原の奥さんと娘さんの影もパタッと無くなりましたけどww
「人は何度でもやり直せる」って、君が言うセリフじゃないぞ~。(;・∀・)

話は戻って、全てを知ってしまった游子は「儀式」を目の当たりにさせられる羽目に…。
有機野菜だの、有精卵?だの、いくら体に良いものを目の前に並べられても食欲ゼロですって~(^_^;)
大野さん、朝ドラではめちゃ人の良い編集長なのに。笑
で、居場所を突き溜めて駆け付けた巣藤でしたが、編集長…じゃなかった、大野にあっという間に捕まってしまってました。
でもとりあえず渓徳も知ってるし、馬見原と椎村も游子の行方を追ってるので何とか間に合って欲しいところ…。

それにしても「儀式」のシーンが長かったのなんの…
何度も変な汗を確認しながら、最後まで観続けて疲れ果ててしまいましたわ。
最終回はどんな結末になるのか予想がつかないけど、何とか「希望」の見える最後にして頂きたいな…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第8話
うわっ!
ここにきて、やはり真犯人は山賀疑惑。(^▽^;)
今までの展開は散々游子に誘導されてましたが、今回はシロアリ駆除の大野と山賀の家が明らかになったことで、『密室』の謎が解けつつあります。
床下からなら、とりあえずは怪しまれないですもんね。
警察もシロアリ駆除の痕跡があれば、そんなに深く調べ無さそうだし…。
彼女の次なるターゲットは芳沢家ということでしょうか。(^_^;)
游子が気づいたことで未然に防げるといいですけど、あの家族も相当悲惨ですしね~。
あんな父親だし、母親も壊れてしまって何だか救いようがないというか…。
この一家を色んな意味で救うことが、游子に課されたの使命なのかな。

その前に、游子の家に侵入したものの、まさかの父親に撃退された後に呆気なく亡くなってしまった駒田。
今まで一家心中で片づけられている事件と、遺書の雰囲気が似てますわ。
そしてそれが駒田が書いた文字だとしても、母親が生きているのに不自然な一文。
その違和感に游子が気づいたことで、色んなところから一本の線に繋がりそうです。

馬見原は家族をあんな目に遭わせたことだし、暫くは刑務所で臭い飯でも食ってもらおうかな。笑 (←古い!)
実森家の現場に残されていた、ライターの謎はまだ解けてないですしね。
彼を慕っていた椎村が油井に近づいたことでトバッチリをくらってしまったけど、予告では一命を取り留めていたようなので一安心。
油井は綾女に刺されてましたが、何か最後は「おまえに殺されて、本望!」みたいな表情だったのが切な過ぎますわ。
愛情表現さえ間違えなければ、実は良い男だったのかも知れません。(^_^;)

さて、来週はいよいよドラマも佳境に入るのか?
それともまた足踏み状態で終わるの…か。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第7話
サブタイトルに「真犯人」…とあったけど、ストーリー的にはそんなに進んでいなかったような。(^_^;)
でも游子ではないってことなんでしょうかね。
馬見原が現場で感じた“甘いニオイ”は、彼女が使ってたシャンプーだったようで、巣藤は危うくトバッチリを食らうところでしたが、そこは特に『真犯人』が発覚するところまでは繋がらず。
それと実森家の現場に残されていた特徴のあるライターは馬見原のものだったけど、あれもきっとミスリードでしょうね~笑
何であんな場所に置いてあったのかは謎だけど、考えられるとすれば馬見原のうっかり?Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

游子が現場に駆け付けた時、実森君の母親はまだ生きていたらしい。
慌てて救急車を呼ぼうとしたけど、このまま死なせて欲しいと懇願されて、結局そのまま…。
これで長年の苦しみからは解放されたのだから…と自分に何度も言い聞かせないと、一生引き摺りますよね。
游子は過去にも救えなかった家族がいたようで、そのトラウマ再びって気もしないでもないけど。
たぶん他にも何組も救ってきたとは思うけど、なかなか辛いお仕事ですね。
ツッコミどころといえば遺体を動かしたり、現場を荒らした割には警察から厳重注意程度で済んだこと?(^▽^;)アハハ

そういえば、油井に連れ出された綾女の息子。
最初は父子水入らずで故郷で暮らそう…みたいな話をしてたものの、案の定拒否され、激昂して階段から突き落としたところまでは映してたけど、その後の安否が気になるところ…。

もう一つ分からないのは、シロアリ駆除業者の男。
良い人なんだか、実は…な男なのか、まだよく分からないのが不気味です。
いくら民子の依頼だからって、夜10時にやって来るかな~(^_^;)
「お代は頂きません!」も何か裏があるんじゃ?と勘繰ってしまいますわ。笑
そんな後ろで陰に隠れて、ちょろちょろ動いている駒田…というところでしょうかね。
物語はそんなに進んだ感は無く、伏線が増えた印象でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第6話
えっ?えぇーーーっ?あれ最後の、何??(゚∇゚ ;)エッ!?
…の衝撃で終わった今回。笑
游子が遺体を動かして…で、やっぱり彼女の犯人説は消えたかな~。
そして追加された、馬見原が執拗に洗面所で手を洗うシーン…
彼も消えたかな~。
ちょっと翻弄されたけど。笑
原作とは変えるらしいので、すでに読み終わってる方々も一緒に楽しめる訳ですね。

さて、美術室で巣藤と一緒に裏DVDを楽しんでいた実森君。
美歩に振り上げた石膏像は、巣藤の言葉で思い留まってくれたようです。
あんな終わり方だったので、すっかり心を閉ざしてしまったのかと思ってたけど、巣藤に対してはまだ一縷の望みがあるように見えていたのに…。
「また明日…」は二度とやって来ませんでした。
どう考えてもあんな状態の家族を一緒に一晩過ごさせるのは、素人目に見てもかなり危険でしたよ。(^_^;)
父親は完全に家族放棄の発言だったし、母親も游子が止めなければ自殺しかねない精神状態でしたしね。
何でだろ?
…ということで、気になる山賀の言動。
何でも包み込む優しいキャラに見えて、一番怖かったりして…。(^_^;)
そして亡くなっていた実森君が穏やかな表情だったのか妙に気になるんですよね。
だから「美しい…」と感じてしまうのかな?

しかしあのシロアリ業者…。
なぜ、わざわざ晩ご飯時にやってくる?
そんなに忙しい訳でも無さそうだし、謎が謎を呼びますわ。
それに駒田に山賀が紹介したのが、ここの仕事だったってことですよね?
この繋がりが偶然なのか、それとも必然なのか…。
考えれば考えるほど、益々謎が深まるばかり…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク