「フラジャイル」 最終話
新薬の開発には膨大なお金がかかる上に、治験や、それが認証されるまでには長い年月も必要…。
だからといって、副作用を隠蔽したりするのは許されませんよね。
今回の薬だけでなく、他にもやってたとか…汗
意地悪顔だった(←しつこい:笑)火箱も、ちゃんと良心があって良かった。
ていうか、彼女は新薬の効果を信じて治験を進めていた訳だから罪は無いかww
ごめんね。
一番悪いのは、高島兄でした。笑
ザッキー先生の幼馴染だった患者さんは結果的に亡くなってしまったけど、火箱の新薬に対する熱意にも応えようとしてたことは頭が下がる思い。
治験を受ける患者さんのお蔭で新しい薬が認められて、それで救われる人もたくさんいる訳ですもんね…。
そして岸の演説でまさかの暴露をされて、高島兄はぎゃふん…。
火箱もお疲れ様でした。

さて、一旦病理を離れていた森井も戻ってきてめでたしめでたし♪
うん、お医者さんの他にも縁の下の力持ち的なお仕事も絶対大切。
見事な連係が重大な役目を果たすことも多々ありますもん。

桜の花も綺麗だった~。
エンディングの歌詞に重ねてくるところも憎い♪
何か久しぶりにスッキリしたドラマを観たような。笑
登場人物それぞれのキャラもピッタリハマってたので、スペシャルでも観てみたい気がします。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第9話
そっか、火箱は新薬の治験に漕ぎつけたかったのか(今更)。
ちょっとながら観になっているせいか、新薬を使ってもらうことに躍起になってるとばかり。←
で、彼女が手段を択ばずな理由も、亡くなったお姉さんのことが絡んでいるようで、ちょっと見えてきましたよね。
意地悪顔だけじゃなかった。オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ
高島兄は副作用を完全に隠蔽しようと目論んでいるようですけど、どう頑張ってもすぐにバレるのは明らか。
確かにガン細胞自体には効果があるのかも知れないけど、健康なものまで攻撃してしまう…というのは、今の課題。
それが完全に解決されている夢の新薬への道のりはまだ長いのか、それとも?
実際、患者さんにとっては藁をも縋るような気持ちですもんね。
それが自分の身近な人となると、ザッキーも冷静にはいられない訳で…

しかし岸があっさり承諾したことにはビックリでしたわ。
火箱から渡された資料をちゃんと熟読してからとばかり思ってたけど、矛盾に後で気づくって…汗
あの最後の表情はそういうことですよね?
主治医さんの存在がすっかり無視されてることにも驚きですけどww

森井の抜けた穴も大きく、病理医室はてんてこ舞い。
今まで一人でもちゃんと回っていたのは、彼のお蔭だったんですよね。
新しい臨床検査技師のお兄ちゃんは何も悪くない!
このままだと存続も危うくなってきそうな展開で、あっちもこっちも気になるところ…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第8話
もう8話ですか~。
早いな…。
今回は病理の診断ミスかと思わせておいて、結局は検体ラベルの貼り間違いという初歩的なミス。
人間がすることだから少々の失敗は仕方がない…なんて言われても、患者さんにとってはたまったもんじゃありません。
絶対許せないとは言わないけど、出来れば無いに越したことはありませんよね。
病理の存在を否定する副院長がいて、謝罪会見の場でさえ薄気味悪い笑みを浮かべてたから、てっきりわざとやらせてたのかと思ってしまったのは不覚でした。笑
中丸さん、いつも悪キャラでご苦労様です。(^_^;)
それとアミノ製薬の火箱役の松井玲奈ちゃんが、どう見ても意地悪顔で苦手。笑
森井のミスを疑われるようなタイミングで登場したり、色々とそそのかしたり…?
病理のチームワークを乱すように持って行ったみたいな結果になって、益々苦手になりましたわ。
結局は自社の開発した新薬を売り出したいだけですやん。
北大路さんは騙されないで!笑

焼きそばパンにそろそろ飽きてきたな~と思っていたら、今回はフェイントでオムソバ。(*≧▽≦)ノシ))
岸は焼きそばが好きなのね。
なるほど~ww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第7話
今回は岸の指導医だった放射線診断医・高柴役で志賀さんが登場。
また頭部に目が釘づけだった訳ですが(こらっ!)、この状態を長年保っておられることに感動ですよ。←
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...
彼も岸と同じように担当医に意見するようなタイプだったけど、方法が全然違ってました。
攻撃的な岸とは正反対に、あくまでソフト。
こっちの方がイイ。笑
しかし相変わらず自分の誤診を認めない先生が多くて困りますわ~(^_^;)
ガンが転移していないのにも関わらず抗がん剤の投与とか、検査による体の負担より重いですやん。
今回は完全に検査不足。

今は昔と違って、MRIやらCTやらの普及で放射線の診断医さんの負担は大変なことを知り…
細かいところまで診断ができるようになったけど、その分チェックする枚数が増えてるなんてことは、全然気づいてませんでしたわ。
これからはもう少し有り難く思うことにします。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第6話
少々強引な話だったけど、セカンドオピニオンについて少し考えさせられる内容だったかな…。
確かに最初に診てもらったお医者さんの診断に納得がいかなかったからといって、素人がまた別の病院へ行くという判断もなかなか難しいし、気づいたら言いなりになってしまってることもありますしね。
医療的な専門知識があれば良いけど、一般の人たちはそうもいかないし…。
でも診療相談外来なら、少しはハードル低そうな。
ザッキー先生はちょっと不安だけど、中熊先生なら信頼できそう~笑
でも今回の篠井さん演じる医師はどう見ても『信頼』というより、『圧力』に近かったですよ。汗
赤ちゃんの容体は安定してきてたのに、最後には人工心肺のようなものまで勧めてきてましたしね。
たぶん医療機器メーカーから、賄賂をもらってるみたいな?
強引にザッキー先生が病院から連れ出して、検査し直す…なんてことは、もしリアルであったら大問題になりそうですけどww
結局、そんな大袈裟な病気ではなく、栄養失調だった訳ですが~。

で、何であんなに診察や治療の一部始終やら綿密にノートに書き留めてる母親が?
・・・と思いきや、実は赤ちゃんはお姉さんの子供で、育児放棄の異変に気づいて病院へ運んできてくれたらしい。
色々と手続きが面倒だったのか、自分は母親ということにして頑張ってた…という告白まで引き出したザッキー先生お疲れ様でした~って感じかなww
確かに患者さんや家族に一々あんな風に関わってたら、大変そう…。
しかも病理の仕事、そっちのけでしたやん。(;´∀`)アハハ
今回は岸キャラ全開で、ザッキー先生を焚きつける術なんかお手のモノで面白かった~♪

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク