「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」 最終話
最終回で、やっと本当の『鬼神』の正体が判る!!…ということでドキドキ ((o('∇'o)(o'∇')o)) ドキドキ
あれだけしつこく悪に君臨していた落合(笑)が、あっさり殺されてしまっていたので、かなり興味津々ですやん。

竹虎が落合の待つビルへ駆けつけると、彼はすでに殺されていて、そこには「鬼神が復讐の裁きを下す」というメッセージが書かれた手紙と、白豚が“チーム・シバトラ”のために作ったストラップに使われていた“羽”が残されていた。
拘束中のさくらが“羽”の存在を聞かされて、意味深な反応をしてたので、もしかして?
・・・と思いきや、違~う(笑)
竹虎に落合殺しの容疑がかかり、彼を救うべく、これまた拘束中の小次郎を逃がしてましたもんね。
その後、小次郎と竹虎をミニパトに乗せた環が、「私も疑われてる一人?」などと言ってたのと、前回から急に白豚と接近してきたので、 (  ° ▽ ° ;) エッ もしかしてアッキーナ?
・・・と思いきや、これも違~う!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
竹虎や小次郎、ましてや入院中の白豚ではないと、消去法でいくと・・・・
結局、美月でしたか~(^▽^;)アハハ

“鬼神”から「今夜7時23分に鬼神が美月に死の制裁を下す」とのメールが届き、本牧高校の楠木たちが心配するも、それは美月が正体を明かし、自ら命を絶つ…という手はずになっていたようです。
どうやら最初に美月の父親を襲った“鬼神”だけが彼女の犯行で、その後の“鬼神”は模倣犯の仕業だったらしく、決着をつける意味もあったんですよね。(^-^;A
そのヒントを与えてくれたのが、1話でゲスト出演していた今田耕司さん演じる警察官・木下。
被害者はなぜか偽名を使っていて、聴取中に逃げ出したという不審人物だったのですが、似顔絵捜査官だったという華麗な経歴を持つ(笑)木下が、被害者の似顔絵をサラサラ…と。
それは美月の父親の顔でした!

ギリギリのところで駆けつけた、竹虎と小次郎。
小次郎や、繋がった携帯で白豚が自殺を止めようと説得するも、美月の意思は変わらず…。
そこでいつもの“竹虎節”炸裂か?と思いきや、今回は目に涙を浮かべながら無言で美月に近づき、抱きしめる…という作戦にでましたよ~(^^ゞ

竹虎たちと楽しい毎日を過ごしていても、自分の中の闇は消えることはなく、光を知れば知るほど辛かった…と心情を吐露した美月。
そして父親に覚せい剤を渡した人物が、落合だった…。
小次郎は以前「落合がこの世から消えない限り幸せはやってこない」と言っていたことを思い出して反省するも、それだけが直接の動機に繋がったわけでは無さそうでしたが、自分の中に闇を作った落合が許せなかった。
・・・というのが、犯行の動機のようですね。

美月が犯した罪は重いですが、色々と総合すると情状酌量の余地はあるということで、罪を償った後は竹虎たちと楽しく暮して欲しいな…と希望。(^^ゞ
さくらは一連の責任を負って箱根署への異動が決まり、新庄は憧れの“熱い刑事”へと変貌(笑)
竹虎は遼子が骨を折ってくれたお陰で、何のお咎めもなく復職。
生活安全課少年係として忙しい日々…は、見た目が中学生から高校生に昇格した?ということで、大喜びでした!
・・・って、そんなんで、いいんですか?(≧∇≦)ノ彡バンバン!




終わってみると、“鬼神”の正体や動機も何だかあっさりでしたが、最終回は色々とスッキリさせてもらったのでヨシとしましょうかね~(^▽^;)アハハ
『童顔刑事』は、徹平君にしかできませんもん(笑)
また機会があれば、原作のマンガも読んでみたいです。(^.^)




ランキングに参加中なので、ポチッと押して帰ってくださると嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(^^ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : シバトラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」 第10話
少年刑務所の服役囚・伊能(姜暢雄さん)たちと脱獄することになった竹虎。
脱獄後、落合と会う段取りになっていると聞かされた竹虎は、一緒に脱獄を決意。
外壁工事日が早まるというハプニングはあったものの、竹虎の機転で必要な“道具”もゲットして、さぁ実行…というところで、伊能は利用価値があるという理由で竹虎だけを連れて脱獄に成功。
他の3人は最初から連れて行くつもりはサラサラ無く、“オトリ”に使われたようです。(^^ゞ

ところが落合が話していた場所には、逃走に使うはずだったトラックが一台もなく、偶然見つけた100円で小次郎に連絡した竹虎。
10円じゃ、携帯電話にかけられませんからね(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
翌朝、小次郎が迎えに来てくれたものの、新庄も後をつけていたらしく、そこでさくらの更迭を知るのですよね。
小次郎が駆けつけた警察官たちをバッタバッタと片付けて阻止している間に、伊能と竹虎は落合のもとへと急いだのですが、その車中で聞かされた“計画”。

「東京タワーを占拠した上、テレビの電波をジャックして、政治家、警察、医者、教師など人格者と呼ばれる者たちがいかに国を汚しているかを暴く…」

(  ° ▽ ° ;) エッ?  どうも現実味が無いな~&ショボイな~と感じたのは私だけ?
8年前は子どもだったから?(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
その計画は実は伊能が考えたもので、少年刑務所内で知り合った落合が賛同してくれたものの、伊能の裏切りで落合は看守の小杉から1ヶ月の懲罰を受ける羽目になり、すっかり人格が変わってしまったらしい。
その前に落合が話していた「友人からの裏切り」というのは、竹虎のことなんでしょうね。
どうも彼には友達運がないような…(^_^;)
だからといって、警察官である父親を殺してもいい…ということにはなりませんが。

で、仲間から一目を置かれた落合は模範囚となって先に仮釈放され、さも自分が企てた“計画”のように振る舞っている…ということで、伊能も落合を少々疎ましく感じていたようです。

ちょっと伊能の説明台詞が多いような気もしましたが(汗)、道場の師範の息子であるという伊能と竹虎のチャンバラ(笑)は、見応えありましたわ~。
錆びているとはいえ「真剣と木刀」という差はあったものの、“マッキー”を武器に大立ち回りした竹虎ですからね~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
最後は真剣が木刀に切りつけた…というところで、竹虎のいつもの説得シーン(笑)
「更生は他人からされるのではなく、自分でするものだ」「犯罪の事実は消せないけど、罪を償うことはできる」と、懇々と説教された伊能は観念したようです。
真剣で切りつけた木刀から抜くタイミングが、音声とズレてても、気にしない気にしない(笑)オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )

違法捜査がバレ、係長の任を外されて身柄を拘束されていたさくらと連絡が取れた竹虎は、そこから逃げるよう指示されて、落合の待つ廃ビルへ向かう。

・・・・・・・と、そこには胸をナイフで刺されて息絶えていた落合の姿が!?
( °o° ) エー? “鬼神”は落合じゃないの?
他にもいる?もしかして新庄?
大穴で小次郎とか、美月?
うーん(゜-゜) ここにきて、また振り出しに戻ってしまった感じ。
落合に刺されて重体だった白豚が、意識を取り戻しそうだったのだけは唯一の救いです。

でも予告で落合はピンピンしてたけど、死んでるように見せかけていただけ?
それとも単なる回想シーン?
う~!!真相は最終回へ持ち越しか~(^▽^;)アハハ




ランキングに参加中なので、ポチッと押して帰ってくださると嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(^^ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : シバトラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」 第9話
竹虎の今度の潜入捜査は少年刑務所…。
そこは落合が8年間服役していたらしく、しかもつい最近、受刑者の若林(杉浦太雄さん)という人物に面会したという情報を得て、自ら志願した竹虎。
しかしこれがまた竹虎にとって、かなりの試練になっちゃいましたね~(^-^;A
初日から同室のみんなにリンチの手厚~い歓迎を受けてるし、おまけに看守の小杉(大河内浩さん)っていうのが、何かにつけて暴力を振るうわけですよ。
特に若林への暴力は酷く、のちに竹虎が理由を聞くと「息子をいじめた奴に、顔がどことなく似てる…」と、もう訳の分からないことになってるみたい。(^_^;)
息子さんがいじめに遭って自殺した…というところは同情しますが、だからといって張本人でもない人間をいじめる対象にするというのは問題外。
案の定、受刑者たちから反感をかっていて、落合の“計画”始動の初っ端にボッコボコにされてましたわ。

で、竹虎が潜入捜査だってことは所長しか知らないのに、その肝心の所長が大麻所持の疑いで逮捕されてるし…(^▽^;)アハハ
でもこれはたぶん落合の“計画”の一部。
「国や法に守られた腐った権力者に裁きを下すこと」というのが、本当の“計画”らしいけど、それにしては手荒いですわね。
もしかして竹虎が少年刑務所に潜入捜査していることも、知ってる?

そして伊能(姜暢雄さん)が本当のボスだと知った竹虎。
どうやら落合とは友達らしいのですけど、この二人が手を組むきっかけになった理由が気になります。
とうとうその“計画”が始まり、竹虎は促されるまま伊能たちと一緒に脱獄することになったようですが、いつ彼が警察官だとバレてしまうのかとヒヤヒヤ。(^-^;A

ところでハッキングで落合の居場所と、その“計画”の全貌を知った白豚は、一人で落合と対峙。
「計画を中止して自分たちの前から姿を消さなければ、警察にバラす」と迫ったところで、あの落合が応じるわけがありませんやん。
案の定、刺されて瀕死状態…というところで、環から連絡を受けた小次郎と美月たちが発見して病院へ運んだものの、危険な状態は続いているようです。(・_・、)
白豚は何か“証拠”を残してるのかも気になりますが、何で一人で行っちゃったんでしょうかね~。(泣)

しかし今回から登場した常盤遼子(井上和香さん)というのは、何者?
新庄が提出した、さくらの違法捜査に対する報告書を握りつぶしただけでなく、さくらに対しては落合への捜査を止めろと圧力をかけてましたけど…。(^_^;)
しかもやっと落合を任意同行することが出来たのに、“証拠”を証言してくれるはずの島津という警視正が自殺って。(/_;)/アレー
またしても落合を追い込むことに失敗したさくら。

色んな問題てんこ盛りで、次回へ続くですわ~Y(>_<、)Y




ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : シバトラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」 第8話
前回、覚せい剤入りキャンディーを調べていくうち、また落合に辿り着いた竹虎たち。
ところが手下の金井たちにリカと共に連れ去られるわ、小次郎と白豚は仲間から裏切られるわ、美月も落合に見つかるわ~と、四面楚歌状態で終わっていたのでどうなることかと思いきや…。
気を失ったリカと竹虎は、あわや樹海で生き埋め…というところで、途中で意識が戻っていた竹虎が自力で脱出。
リカも無事でした。
小次郎と白豚は、予想通り(笑) オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )
美月も落合にスタンガンを使われてあわや…というところで、警察が駆けつけてくれて助かりましたわ。
うーん(゜-゜) ちょっと強引だったかな?(笑)

自力で脱出したものの、そこは樹海。
しかも竹虎は体調を崩していて…というハラハラドキドキな展開も、さくらに命じられた新庄があっさり居場所を見つけてくれてましたよ。(^▽^;)アハハ
めでたしめでたし…。
と思っていたら、リカの母親が何者かに誘拐された?
でもこれは、リカと母親を和解させるための小次郎と美月たちの作戦。
気持ちのすれ違いで大きな溝ができていた母娘の為に、同級生の楠木たちも一緒にお芝居をしてくれていたようです。
こっちもめでたし、めでたし(笑)

しかし相変わらず落合は用意周到、“ゴースト”と呼ばれているだけあって、証拠を残さないわけですわ。
今回の覚せい剤入りのキャンディーも、製造している場所が見つかりそうになり、そこに携わった金井たちを口の聞けない状態にして、ドロン。(古っ!笑)
といっても、これだけ状況証拠も揃ってることだし、今回だけでなく他の件でも証言できそうな人がいる…というか、竹虎たちが思いっきり目撃してますやん。(^_^;)
あっ!潜入捜査がバレるからダメなのか…。

後もう少しで落合を追い詰めることが出来そう…というところで、さくらの強引な捜査に疑問を持っている新庄が動き始めているようですね。
以前、竹虎に話していた「さくらのせいで、同僚が廃人同様になってしまった…」というのも本当だったようですし、さくらに利用されている(ように見える)竹虎のことを心配してのことらしい。

そしてなぜか、竹虎の肩の傷やリカと母親の一件などの一部始終を知っている落合。
8年前に刑事を撃ったときも、それが竹虎の父親だと知って撃った…とも言ってたし、彼の“誰も信じられない世界を作ること”というのは、やっぱり竹虎のことを恨んでる?
今まで落合を信じようと頑張っていた竹虎も、とうとう堪忍袋の緒が切れた…って感じでしょうかね。






ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : シバトラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」 第7話
前回、竹虎がさくらから“最近若者の間で流行ってる飴”と渡された飴は、覚せい剤が入ってなかったようですね。(^▽^;)ホッ
でもホンモノの飴は、「サティスファクション」という普通のセレクトショップで、しかもレジ前に「ご自由にどうぞ」と置かれていて、お客さんたちが何も知らずに食べてしまう…とは、恐ろしい。(^_^;)
それが常習化されると次の段階へ…。

店長の宍戸(弓削智久さん)に紹介される“あの事務所”とは、「ニコニコ芸能プロダクション」といういかにも怪しいネーミング事務所で、“痩せるクスリ”と渡されるのが“飴”よりもっと怖い覚せい剤。
さくらに潜入捜査を命じられ、美月と共に「サティスファクション」を訪れた竹虎ですが、若者に見せようと、タンクトップに銀のネクタイ…って微妙~(笑)
何とか無事に事務所を紹介されて“痩せるクスリ”は手に入れたものの、帰り道に何者かの集団に襲われそうに。
その現場にいたのが宍戸。
実は、これには本牧高校の町田リカ(末永遥さん)も絡んでいて、彼女も覚せい剤の餌食になっていて、「ニコニコ芸能」の金井(木幡竜さん)に利用されていたようですわ。(^-^;A
で、金井も実は落合の手下…って、落合ったらどんだけ関わってますのん。
彼にそんなカリスマ性があるようには見えないんですけど、いつも普通のスーツ姿…ってのが、やっぱりリアルなのかも知れないですね。

その後宍戸が逮捕され、金井によってリカ一人に罪を被せようと企んだところで、竹虎が駆けつける訳ですが、部下の男の声色を真似て居場所を聞き出して成功するってのは、ギリギリセーフ?(笑)
しかしあの黒マジック、“マッキー”は強かった~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
無事にリカを助け出したものの、彼女が禁断症状を起こして大騒ぎ…というところで、またしてもナイフを体で受け止めてしまう竹虎。
そこへ金井がやって来て、スタンガンにやられた竹虎たちは連れ去られてしまってました。

いつもなら小次郎や白豚が助けに入る…というところですが、「ヘルタースケルター」の間にも覚せい剤が蔓延していて、逆に襲われてしまってましたよ。(^-^;A
毎回のように怪我をするドラマですが、竹虎も小次郎もすぐに治ってそうなので大丈夫かな。
予告では元気そうにしてたし…(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )




ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : シバトラ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク