「砂の塔~知り過ぎた隣人」 最終話 (追記アリ)
えぇーーーーっ!?(◎_◎;)
最終的に犯人は航平で、きっかけは認知症の母親が最初の誘拐に携わっていたことを知ったこと?
そしてエスカレートしたのは自身も実は虐待を受けていて、それを同じような境遇の子供たちに重ねてしまった…
いやいや、まさかの最終回に後出しジャンケン状態ww
今まで全くそんな素振りも展開もなく、強引にまとめたとしか思えませんで。(;´∀`)
黒フードの男と格闘してたように見えたのは、私だけ??笑
どうもモヤモヤが残る~。
(追記)
後で、黒フードの男は模倣犯の阿相だった…と友人に聞きました。
私が少し目を離した隙に?ww

そして弓子も、ただのミスリードに使われただけ。
和樹を取り戻すために、あんなに執念深く高野家に関わっていた割には最後は実母だと名乗ることも無くあっさり諦めてるし…。
高級タワーマンション、監視カメラの数々、結局無駄な労力とお金使っただけですやん。笑 ←
高野家の強い絆に、負けてしまった…ってことですか?
ちょっと救いだったのは、和樹は弓子が実母だと察した風だったことでしょうかね。
ご苦労様でした。

結局、ママ友のいざこざも中途半端なまま、健一が片棒を担がされた人身売買の件も有耶無耶。
阿相の息子君の誘拐はハーメルンとは全くの別物で、妻にお金を出させるための狂言だったことはまだ許せたものの、何だかあれこれ伏線で大風呂敷を広げた割には、どれもスッキリ出来なかったですわ。(;´∀`)
弓子の過去を荒又刑事の口から語らせた辺りから、何となく嫌~な予感はしてましたけども。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「砂の塔~知り過ぎた隣人」 第9話
新聞の番組覧には「犯人、現る!誘拐事件に衝撃結末… 今夜明かされる隣人の過去の全て」と長々と書かれていたので、ハラハラしながら観ていたら…
意外にも、ちょっと感動的なお話でしたやん。
初回から意味深に映されていた弓子の血まみれ浴室シーンは、ストーカー男から自分の身を守った結果だったらしく…
ハーメルン事件とは全くの別物。
和樹君を手放したのは、過剰防衛で罪を償うことになり、殺人犯の息子にしたくないという気持ちから。
最初の彼女のイメージからは思いっきりかけ離れた感じになってビックリですよ。
それが刑事さんの口から語られるとはね~。笑
でも自分の目的達成の為なら、どんな手段を使ってでも…と、健一の言葉で無理やり付け加えられてましたけどね。(;´∀`)
和樹君を言葉巧みに連れ出した強引さは、そこへ繋がる訳ですな。←
しかしそんな大事件があった割には、あっさり亜紀と再婚してしまった健一にもかなりの違和感なんですけども。(^_^;)

そして実の母親は誰かと告げないまま、和樹君を荷物を取りに行くという名目で一旦家へ帰す弓子。
そんなことをしても必ず自分のところへ戻ってくるという、絶対の自信があったからなんでしょうかね~。
亜紀たちは弓子の挑発的な態度に気づきながらも、和樹君の心に訴えるという手段で…
キャンプという突拍子もない提案だったけど、それが功を奏したみたいですね。
うん、確かに家族として過ごしてきた日々の積み重ねは、「実母」という存在だけでそう簡単に揺るぐものではなく。
いつものお兄ちゃんに戻ってくれて、ホッとしましたよ。
そらちゃんも航平にこっそり連絡を入れてくれてたり、「イイお仕事」してましたやん♪

そんな展開の中…
サプライズで家に戻って来ようとしていた和樹君が、偶然見かけたハーメルン事件の犯人を確信して、亜紀に電話をしているところで犯人に見つかってしまうという。(;´∀`)
あのフード男の他にもう一人共犯者がいるような感じに臭わせてましたが…
確かに犯人は現れてたけど、詳細は最終回へ続く。
健一が片棒を担がされた裏のお仕事エピは、取って付けたように無理やり収束されておりましたww
ドロドロしていたママ友話は、このままトーンダウンなんでしょうかね。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「砂の塔~知り過ぎた隣人」 第8話
脚本にテコ入れが入ったのかな…
などと、ドラマ好きにはついそんなことを考えてしまう展開が続いている訳ですがww

和樹の母・亜紀へ対する不信感は意外にも根深く…
弓子の言動に揺れまくりですがな。(^_^;)
本当の母親ではないことが分かっても、亜紀は一向に気づく気配はないし、話してくれることもなく…
というのは分かるけど、父親もいますやんww
両親に対して抱く不信感なら普通に自然だけど、健一にはそんな感情は無さそうなところが変ですよね。
ま、ドラマだから仕方ないけど。←

そして思い出したように(笑)ママ友のいざこざに巻き込まれて、怪我で入院した亜紀。
お金の無心に来て娘を困らせていたはずの母親が、急に娘想いのキャラ変で戸惑いますわww
ドサクサに紛れて、高野家に入りこもうとしている弓子も何だかな~ですが、今までのハーメルン事件からどんどん遠ざかっている気がするのは私だけ?
最後に黄色のカーネーションを入れ込んできたのも、無理やり感満載でしたしね。

それより何より、とりあえず今は和樹君にちゃんと向き合わないと…
約束した点灯式に健一とそらちゃんが現れて、ホッとしてる場合じゃないですよ~(;´∀`)
その前にスマホに入れたスケジュールが鳴らなかったら、危うく航平と一緒に逃避行する気満々でしたやんか。笑
とりあえず次回は過去が明らかになるらしいので、そちらを待つとします。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「砂の塔~知り過ぎた隣人」 第7話
あら、弓子と健一の過去に付き合っていたどころか、元夫婦だったのか…
急に出てきた、健一のバツイチ話。笑
で、そらちゃんとの年の差が不自然だな~と思っていたけど、和樹は健一の連れ子で母親は弓子。
なるほど、そういうことだったんですね。
やっと繋がりましたわww
しかし和樹を置いて出て行った割には、何でまた弓子は急に…ってことですよ。
出て行った理由は、あの血だらけの浴槽の謎が関係してるのかなって予想はできますが、それからの空白の時間ですわ。
でも和樹が前の学校でいじめられたことも知ってたようだし、ずっと離れていた訳では無く、陰で見守ってたってことですか?
それなら何もこのタイミングではなく、こんなに拗れるま前に何とか出来ていたら…といったらドラマじゃ無くなるか。笑

今回「産みの母」VS「育ての母」の場面があったけど、何となくどっちもどっちだと思いましたけども。(;´∀`)
弓子も自分都合だし、亜紀にも共感できない部分は多々…。
確かに日々の生活の中で、いつでも子供に全力で向き合うのは大変だとは思うけど、子供が出す黄色信号にはちゃんと反応しないと…。
今まで万引きを強いられて云々…という件から、もう縁を切る…という言葉をそのまま鵜呑みにしてる場合じゃないですって~(^_^;)
毎週のようにそらちゃん、捜してたしww ←
まぁ、仲の良い親子だからこそ、心配をかけまいとして…という荒又の考え方も一理あるかも知れないですけどね。

そしてまだ謎が残されたハーメルン事件。
被害者は幼女だけでなく、今回は小学6年生…
こちらの方はどうやって収拾つけるんだろ。
健一が片棒を担がされた阿相からの怪しい仕事とか、結構伏線多いですよ~ww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「砂の塔~知り過ぎた隣人」 第6話
急にストーリー展開が進んだ感じ。
あんなにダラダラ続けていたタワーマンションママ友事件簿が影を潜めて、亜紀VS弓子にシフトチェンジ。笑
過去に健一と弓子が付き合っていた・・・だけでなく、あの初回でチラッと映っていた血まみれの浴槽と関係があるようで。
紅葉狩りで行方不明になったそらちゃんが無事に見つかり、雨降って地固まる的に夫婦の絆が深まったと見せかけておいて、健一の言動を実は弓子が裏で操っていたのが怖過ぎ。
二人には何やら、ただならぬ過去があるですよね。
それが荒又の言っていた「殺人容疑」と関係があるのでしょうか?

そして全ては亜紀を陥れるため…。
昼はフラワーアレンジメント&尾行&盗撮。
夜は銀座のママ…
ずっと気になってたけど、弓子は一体いつ寝ているのやら。(^_^;)
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...笑

ハーメルン事件の4番目の被害者だった少女が発見されたことで、何か急展開はあるのかな?
弓子とは切り離して考えた方が良さそうな気もするけど、となると誰が?ってところですよね。
やっぱり和樹と何か関係がある?
いや、これもミスリードかな~(;´∀`)アハハ
和樹は前の学校の悪い仲間に特に虐められたり脅されてた訳でもなく、あの盗品の数々は自らって感じでした。
何か、息子君の闇が一番深い気がする…

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク