FC2ブログ
「刑事ゆがみ」 最終話
最後まで切ない事件…というところはブレず。
おまけに最終回はハラハラドキドキの連続でした。
弓神のゆる~いシーンはもう見られないのかな?と寂しい気持ちになってたら、最後の最後にアレですもんね。
ありがとう。笑←

さて、ヒズミが弓神を指差して「人殺し…」という衝撃的な終わり方だった前回。
その後どうなることかと思いきや、再びヒズミが横島に拉致られるわ、羽生まで捕まる始末。
そして小説の通りに「サンタが空を飛ぶ」を実行しようとする横島。
で、何とか助け出そうとした弓神まで運ばれてくる…
一体これをどう収拾つけるの?って感じでしたが、誰も命を落とすことなく助かって良かった。
結局、ヒズミの父親は横島のゴーストライターで、母親を強姦した末に生まれた子供だったらしい。
その事実を知り、父親が妻と娘を殺そうとした…というのが真相だったようですね。
自分に手をかけようとした父親をヒズミが咄嗟にバットで殴り殺してしまい、現場に駆け付けたのが弓神。
それまでにも夫から暴力をふるわれていたことを相談されていた。
そしてヒズミをかばう為に、横島を犯人にして隠蔽することにして、強姦とゴーストライターをバラされたくなかった横島がそれに乗っかった訳か…。
しかしそんな日陰の生活も長く続けることが辛くなり、今回の強硬手段に出た…。
まぁ、最後はヒズミが自分の娘だったことを知り、横島がそのまま立ち去る…という何ともスッキリしない幕引き。
オダジョーさんの猟奇的なお姿は、なかなか満喫させて頂きましたけども。

一応、ヒズミは当時の年齢から罪に問われることは無く、弓神の偽造も時効が成立。
羽生が苦渋の表情で手錠をかけようとした時間を返して!ww
おまけに弓神は警官として戻ってきてましたもんね。
いや~、もう期待通りに浅野さんのゆるゆるが復活で♪笑
子役だった神木君が刑事役…という月日の流れを感じながら、最後まで楽しませて頂きましたよ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第9話
今回は資産家殺人事件…。
現場に残された走り書きのような恨みが綴られた言葉や、家政婦の証言は全く役に立たなかったけど、現場の状況から「ロイコ事件」の作者・横島が書いた別の小説に酷似してると気づいた菅能から事件の糸口が見つかる。
そこから辿って行くうちに、羽生が目撃した弓神の不審な行動へと繋がって行った訳ですが…。
自殺したとされていた横島が実は生きていて弓神と会っていた。
遺体は資産家の息子で、その家族は弓神も知らない仲ではなく…
最初から羽生に事件を任せたり、タクシーのドライブレコーダーを勝手に改ざんしたり、どうも彼の行動が不可解。
結局、ロイコ事件の報告書も偽造していたようですしね。

一方、ヒズミは「ロイコの部屋」の管理人と接触して、その後意識不明の状態で見つかる。
会っていた男は横島だったようですが、殺そうと思えば出来たはずなのに、それも気になるところ。
それに目を覚ましたヒズミが弓神を見て、「人殺し」だと指を指してましたし…。
益々深まる謎。
ロイコ事件で唯一生き残った女の子を、事件に関わった弓神が面倒を見てるだけだと思ってたけど、実は別の意味があったとか?
しかしそんな簡単な訳がないですよねww
きっと何かちゃんとした理由があるはず。

しかし何でこのタイミングで…ですよね。汗
「いいとも」風の予告も面白かったし、ドラマの方も佳境に入ってきたところなのに。
何があったのかは分かりませんが、そんなところで息子さんの足を引っ張ってる場合じゃないですよ…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第8話
このドラマって、結構いつも切ない事件が多いような気がしますよね…
今回は仕事人間だった老人の犯行。
小林さん演じる老人がどう見ても人の良さそうなキャラだったから、まさか…でした。
長年勤めた会社を退職して、ただの普通の生活になってしまったら、そのギャップに苦しむ気持ちも分かりますけど、それで人を殺めてしまうのは本末転倒。
そんな時に自分を必要としてくれる人間が、詐欺グループの犯人だった…というタイミングで出会ってしまったのが不幸でしたわ。
あの女性が過去に弓神に絡んでなければ、前科のある窃盗犯が誤ってただの転落事故死にしかならなかったと思うと怖い。
羽生も違法捜査ギリギリのところまで頑張って、最後まで諦めずに調べてくれて良かった。
意外とナイスコンビな二人…
弓神は適当に見えて実は人情味溢れる刑事さんだし、羽生も彼に関わってイイ感じに成長してきてますしね。

そしていよいよ、「ロイコ事件」の真相にも迫るようで…。
ヒズミにもまた試練が待ち構えていそうですが、そこを乗り越えないと…って感じですかね。
オダジョー君がどんな悪い奴なのか、ちょっと楽しみだったり。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第7話
今回はまた切ない話でしたわ…
いつも冷静なキャラだった理香にしては、珍しく私情を挟んだ事件。
服毒自殺に見えた同級生・絵里子が、実は殺されていただけでなく、結構寂しい生活を送ってたようですしね。
自分を偽るために代行業に依頼していた事実。
それを弓神から教えられた裏アカから知ってしまった訳ですが、あまりにも哀し過ぎました。
死にたいほど思い詰められていた彼女が、理香に再会して思い留まってた矢先だったことも…。

稲森さんとりょうさんは「ロンバケ」以来の共演だったみたいですが、お二人とも今では更にステキな女優さんになられてて、月日は着々と流れてますな~(^▽^;)

そして相変わらず、ストーカー・弓神に弱みを握られる羽生。
そんなお店へ行くのはいい加減に止めるとか、そろそろ学習しないと。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第6話
普通に殺人未遂事件だと思ってたら、関わっていたのが11歳の女の子だったとは…
法を犯してなかったら、罪にはならない。
だから貝取は被害者なのに、最初から挑発的な態度を取ってた訳か。汗
警察に不信感があるというよりは、何か別の意味を含んでいるような物言いでしたもんね。
証言も何故か曖昧だったし。
そこは弓神も違和感を持っていたようで…

しかし貝取という男は、どこまでも腐ってましたわ。
法律で裁けないなら、ネットに動画で晒してしまおう…とか?
その為にわざとおびき寄せるなんて、酷過ぎる…。
まぁ、その代わりに脱税の証拠を暴露されてましたけどね。
とりあえず動画は止められたみたいだし、弓神の指示&ヒズミが大活躍でした。
今回のオダジョー君は回想シーンでちらり…のみ。

とはいえ…
父親の復讐の為に一度目はまだ仕方がなかったとしても、二度目はさすがに…
あれは貝取の罠だったとはいえ、感情の赴くまま、下手したら本当に殺人を犯してしまうところだったんですもんね。
最低な男だったからグレーな雰囲気だったけど、復讐には別の方法もあったでしょうし、そこのところはキチンと更生して欲しいところ。
子役ちゃんも大変ですね。←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク