FC2ブログ
「大恋愛~僕を忘れる君と」 第6話
二人の新婚生活が始まって、新章への突入…となった訳ですが。
幸せな時間は、そんなに長くは続かないってことですか。泣
真司に子供を作りたいと言われて、全く頭に無かった尚ですが、もしかしたら少しでも改善できるかも知れない…と一縷の望みを託して新薬の治験を申し出ることに。
そんな前向きな気持ちになれたのも、今の症状が安定していたからこそなんですよね。
真司も仕事より尚を優先してくれて協力的だったし、この状況なら…

ところが、ここで新たな男・公平が登場ですよ。
可愛い顔してフレンドリー、保育士という職業柄か子供好きで人当たりも良い…
尚と同じ病気というで、これからも何か協力できることがあれば…と親切に近づいてきた男。
どうやら自分の病気の事で離婚したらしく、二人の幸せそうな姿を見て嫉妬したってこと?
まだ真相は分からないけど、講演会で倒れた尚を見てニヤリ顔だったし、病室で意識朦朧とする尚にキスまで…汗
真司に見られても、全く悪びれた様子もなかったですしね。
こりゃ、なかなかタチが悪そう…
編集者の女性に危機感を感じていたら、徹平君のまさかまさかのキャラでしたわ。

症状が進行して、どんな風に二人で乗り越えていくのか見守るつもりでいたのに、こんな展開が待っていたとは~

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第5話
予告では真司がベストセラーの作家先生になることも、二人が結婚することも分ってたけど、それまでのシーンで既に涙腺が決壊しまくりで…
あんな別れ方で尚のことは全然心配にならなかったのかな?とも思ったけど、彼女には自分より井原と居る方が…と思って身を引いたのなら、まだ納得できましたわ。
ちょっと身勝手な気もするけど、彼女の事を思えばこそだったんですもんね。
しかし9か月後…
症状が進んだというより、殆どうつ状態だった尚。
その痛々しい姿に、井原も真司の誤解を解いて何とかしてあげたいと思ってくれた訳で。
真司の小説が世に出て話題になって、井原の母親がたまたま読んでた…という偶然も重なって、辿り着くことが出来ました。

そしてあの居酒屋で井原の後に突然尚が現れて、泣き顔の真司…
ムロさんの演技に、こちらまでもらい泣きですよ。
二人がボロボロ泣くシーン然り、お母さんが喜ぶ姿…もう涙腺が決壊しない訳がない!
その後はあれよあれよという間に、結婚。
でもこれからの事を思うと、手放しで喜べないんですよね…
井原とはもう大丈夫だと思うけど、次は大先生の担当が二人の間に入って来る?などと、ちょっと心配になったり。
それよりも何よりも、この先の尚の症状が…
せっかくの幸せシーンだったのに、色々と切ない気持ちでいっぱいでしたよ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第4話
リアルタイムでは観れなかったので、夜中に録画を観てたら号泣…
その後眠れなくなったの、どうしてくれます?笑

端から見れば尚の症状は思ったより進行してるように思えるけど、井原からするとそうでもないらしい。
それは医師としての見解なのか、元婚約者としての言葉なのか…ってところなんですけど。
お風呂にお湯を溜めていたことも、やかんに火をかけたことも忘れてるというのは、もう日常生活に支障をきたしてるとしか思えないですけどね。汗
確かに、普通でもうっかりはあるかも知れないけど、そのこと自体を忘れてるのは心配。
尚の休診を不審に思うクレーマーっぽい患者さんが、偶然病院で見かけて…
あとは予想通り。
でも自分が病院を替えるだけでは終わらず、ネットに書きこんだり噂を流したり…はさすがにやり過ぎかな。汗
尚はもう診察をしてた訳ではないですしね。
最後にはとうとう厚生労働省の調査まで入ることに…

しかしそんな尚の窮地を救ってくれたのは、井原でした。
わざわざ同日に合わせて出向いてくれて、診断書だけでなく証言までしてくれて…
となってくると、尚の傍に居るべき相手は井原だと真司が思ってしまうのも仕方のないこと。
自分を好きだと言ってくれたのも、病気のせいだと考えてしまう…悪循環です。
一旦は自分の名前を間違って呼んだ尚を気遣ったものの、結局ケンカの延長で言ってしまいましたやん。
井原への嫉妬も多少はあったのだとは思うけど、さすがに尚にはどうすることも出来ず…。

思わず家を飛び出した尚が、居合わせた井原に告白されて…というところで、改めて真司への愛に気づいて戻ったのに、彼の口からは別れの言葉が。
そんな展開に「えーーっ!?」ってなったけど、予告では結婚式を挙げていたような??
しかも書いてた小説が売れて、大先生になっていた風。
ムロさんのナレーションは小説の一部なのかな…と思ってたけど、それは最終回辺りで明かされるものだとばかり思い込んでたので、ちょっとビックリ。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第3話
思ったより尚の病状が進行してる…
もう、ついうっかりのレベルでは無くなってきてますもんね。
患者さんの名前どころか、さっき診察に来てたことも忘れてる。
生活環境の大きな変化が進行を速めてるとか?
家賃20万円のマンション…
尚の事を思って、小説を書いてることにして仕事をどんどん入れる真司でしたが、結局倒れてしまう羽目に。
無理して体を壊すことを考えたら、この際元の家に戻ってお母さんと同居…も視野に入れた方がイイかも。
真司の名前を間違ってしまう…という衝撃の最後のシーンでは平静を装って聞き流してたけど、こんな状態が続くのなら彼の精神状態も心配ですしね。汗
悪気がないだけに、辛抱する…しかない選択肢。

とはいえ…
二人のシーンは楽しい~♪
戸田さん、相変わらずキュートです。
端々に見えるお金持ちオーラも、全然嫌味が無い。笑
ムロさんの変な二枚目ぶりもなかなか慣れなかったけど(笑)、ホクロボタンシーンのところなんか、滅茶苦茶楽しそうでしたしね~。
あれ、もしかしてアドリブから??
…ってぐらい、ホントに自然でした。笑
最初は合理的な結婚を望んでいた井原も、そりゃ尚には惚れるってもんです。
1日3回のお見合いは、ちょっと投げやり過ぎますやろww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第1、2話
ムロさんの恋愛モノ…ということで、迎えた初回。
思ったより、意外と大丈夫でした。←
焼き鳥好きの引越し屋さんだと思いきや、実は作家さんだった訳ですね。
それも尚がずっと好きだった本…。
惹かれたのはそのことを知る前だったけど、あんなに本能の赴くままグイグイは流石にビックリww
病気のせいなのか、それともお見合いで合理的に決めた結婚に違和感を感じ始めていたタイミングだったのかは謎ですが…
井原の方は尚のことを本当に好きになっているようだったけど、2話で観たお姑さんの性格…
あれはちょっと結婚したら苦労しそう。
うん、そこは破談になって助かったかも…

なんて言ってる場合じゃないんですよね~汗
色んな自覚症状もあり、井原が診察して、尚が若年性アルツハイマーの前段階だと分かった訳ですから。
嘘をついて真司に別れを告げたシーンは切なかったかな。
真司も何かを感じつつ、そこはあまり突き止めず…
天涯孤独で、今まで色んな事を我慢したり諦めてきた人生だったのかな…と、彼が背負ってきたものが少し見えた気がしました。

あまりにも偶然が重なったり、そんな都合良く?とか、ツッコミどころは満載ですが、戸田さんのキュートで自然な演技とムロさん…ということで、視聴決定ですわ。
今のところ、あまりムロさんの良さは生かされて無さそうな気もしますがww
病気が絡んでるドラマは苦手だし、もう少し深刻な展開になるのかな…と思ったけど、今のところは大丈夫かな。
真司なら、尚にどんなことがあっても、この先もずっと支えてくれそうですしね。
これからどんどん辛い展開になりそうですが、キャスティングで救われるかも。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク