「風のガーデン」 最終話~ナツユキカズラ
最初から結末は分かっているので、そこに至るまでの過程というか、主人公・貞美を取りまく周りの人々がどんな風に主人公・貞美の「死」というものを受け入れるか…という目で観てしまいました。

冒頭から、ルイの結婚式は美しかった…。
内々だったため、出席者は少なかったものの、ガーデンに咲く花々がみんなで祝福しているかのようでしたもんね。
茶番だと分かっていながら、感極まって思わず号泣する貞美。
妙子にしたためた手紙には「優しさごっこ」と表現されていたけど、こんな自分が家族に囲まれて、みんなが自分のために一生懸命やってくれている。
「僕は死に掛けた病人でなく、まさに幸せな花嫁の父でした。」
家族の大切さ、ありがたさ…それを身にしみて実感した瞬間だったはず。
きっと途中からは、嘘の結婚式だということを、みんな忘れてしまうぐらいだったんでしょうね。
そんな中、大役を任された大緊張の修が可愛かった。(’-’*) フフ

そして、子供の頃から慣れ親しんだ実家へ戻ってきた貞美。
キャンピングカーから持って来た花はすっかり枯れていたけど、実は岳が天国のおばあちゃんと父さんに渡して欲しい…と託されていたものだったみたいですね。
実は嘘の結婚式だと知っていた…とルイに告白した貞美はカギを差し出し、キャンピングカーを修に贈りたいと告げました。
彼は養蜂家だから…って、なるほど~。あの車がこんな風に使われるなんて。
それを聞かされた修は戸惑い、一度は断りながらも、ドキドキしてる自分が情けない…これがまた彼らしいというか、微笑ましいシーンでしたね。

そんな時、貞美の手紙を読み、富良野へやって来た妙子。
自分は看護師だから、何かお手伝いしたい…という彼女の申し出を、やんわりと丁寧に断った貞三でしたが、やはり最期は家族で看取りたいという思いが強かったようですね。
それに長い間バラバラだった家族が、一緒に病気と闘うことでやっと一つになっている。
それは貞三の最後の親心、そしてルイもまた空白の時間を取り返すかのような、献身的に看病する様子が伝えられました。

痛みを抑えるための麻薬で、日中は殆ど眠っている状態の貞美が、時々目を覚ましてはルイを笑わせようと冗談を言う。
病気と闘っている過酷な日々の中の、ほんの穏やかなひと時…。
いつ目を覚ましても、家族が傍にいる。
今は病院で最期を迎える人々が多い中、こんな最期を迎えられる貞美を羨ましく思いましたわ。
「自分は子どもたちに何もしてやれなかった」と悔やむ貞美に、病気と闘う姿を見せて勇気を教えてやれ…と言ってくれた貞三。
そして貞美は静かに、天国へと旅立って行きました。

そういえば「ナツユキカズラ」の花言葉は?
・・・と思っていたら、貞美は旅立つ前にちゃんと旭川の岳のところへ聞きに行ってましたね。
「今年の冬に降るはずの雪」
結局、今年の雪を見ずに逝ってしまった貞美ですが、部屋中に飾られていたナツユキカズラに、そんな意味が込められていたことを知り、しみじみさせられたシーンでした。

そして三ヵ月後…。
エリカの店にふらっとやって来た貞三。
二人が話す嘘の結婚式の思い出話や、生前葬の話をニコニコしながら聞く貞三の姿から、自分たちの納得のいくような送り方が出来た様子が伺えました。
エリカに頭を洗ってもらっている貞三…というシーンは、ドラマということを忘れてしまうほど自然で、緒形さんのこんな素敵な笑顔はもう見れないんだな~と思わず泣けてきてしまいました。(・_・、)

そんな中、チャペルコンサートで札幌を訪れていた茜に、父に頼まれたと「カンパニュラ」の押し花を渡し、貞美の死を告げたルイ。
「カンパニュラの恋」を唄う茜の歌声は、天国へ届いたかな…。

そして何といっても、最後のシーンが圧巻でした。
貞美がキャンピングカーで過ごしていた場所に、それを囲むようにして一面に咲いていたエゾエンゴサク。
死ぬ間際「あちらから君に…、君たちに何かサインを送るよ」と貞美が言ってたのは、このことだったのかな…。(・_・、)

   緒形拳さんありがとうございました
   心よりご冥福をお祈り致します

最後にこのテロップが流れ、また少し寂しい気持ちにさせられてしまいましたが、このドラマで「死」を受け入れることについて、それぞれの立場で色々と考えさせられた、心に残る作品になりました。
最近、やたらと花に目が行きます(笑)
緒形拳さん、本当にありがとうございました。





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

「風のガーデン」 第10話~ユーフォルビア
今回は貞美を何度も迎えにやってくる、二神が怖かったですわ~(^_^;)
夢なのか?現実なのか?
どっちにしても、貞美の病状は日に日に悪化しているようです。

貞三とルイは相談して、貞美のことを“大天使ガブリエル”と思い込んでいる岳を、そのまますぐに旭川の上原ファームに預けようと決心。
確かに岳が2度も父親の死を受け入れるのは、酷かも知れません。
そして岳が今使っている部屋で、貞美の在宅治療のために迎え入れる準備は着々と進み…。
その部屋は元々は貞美が使っていたもの…ということで、最期は家で迎えさせてあげたいという貞三の気遣いでもありました。

そんな時、「ルイとバージンロードを歩きたい」という貞美の最後の願いを叶える為に、エリカはルイの“偽装結婚”を提案するわけですが、最初は笑い飛ばしていたルイも、どうせすぐに茶番だとバレてしまうに違いないと断った貞三も、結局は決行することにしたようです。
貞美の残された時間のためには、どんな手段を使ってでも願いを叶えてやりたいという心境に変わったのかも知れません。
エリカの突然の申し出に最初は面白半分にからかっていた修でしたが、事情を聞いて、真面目に引き受けてくれることになりました。

その後、ルイの結婚を貞美に報告した貞三。
結婚式は9月3日の大安。
場所はガーデンで、ルイと一緒に花に囲まれたバージンロードを歩いて欲しい…という内容でしたが、勘のいい貞美にはすぐに茶番だと判ってしまったようですわ。(^-^;A
それでも家族やみんなが、自分の為にそこまでやってくれる…。
そんな愛をひしひしと感じた貞美は、黙って信じたふりをすることにしたようです。

そして岳には“大天使ガブリエル”として、さり気なく別れてやって欲しいと貞三に頼まれた貞美。
いつものようにガーデンにひょっこり現われた貞美でしたが、岳は急に上原ファームへ行かされることになった…とプンプン怒っている様子。
その上、ガブさんから天国へ帰ることになった…と告げられたものだから、パニックを起こしてしまいました。
そんな岳を必死に追いかけ、一生懸命抱きしめて宥めていた貞美。
きっと最初で最後の親子の触れ合い…二人のシーンに号泣ですわ。(・_・、)
岳は“ガブさん”を本当の父親だとは知らないとはいえ、何となく落ち着くような表情をしていたのが印象的でした。
生前の冴子が好きだったという「ユーフォルビア・アムジラッサ」の花言葉が“乙女の祈り”というところから、岳のピアノ演奏が流れ、迎えに来たさゆりの車に乗せられて去って行く…。
そこへ“ガブリエル”が現われて、精一杯のおどけた表情で見送る貞美の様子が、余計に涙を誘ったシーンでした。

茜の唄う「カンパニュラの恋」を、エリカの店で偶然聴いた貞美。
彼女は今、大活躍しているらしい。
でも、たぶん貞美とは二度と会うこともないんでしょうね…。

水木に持続的硬膜外ブロックの処置をしてもらった貞美は、最後の覚悟を決めたようです。
そしてルイの結婚式…というところで、次回はとうとう最終回なんですね。(ToT)
予告では貞美が旅立つ最期のシーンがあり、緒形さんの姿と重ねずにはいられませんでした。
最終回は15分拡大だそうです。




今回の花言葉は・・・・・

 ・「エキナセア・マグナス」…アキバの侍女でございます、ご主人様!
 ・「サクシセラ・フロステッドパールズ」…死んだおばあちゃんの形見の針山
 ・「モナルダ・レッド」…明るすぎると、周りが辛い
 ・「アガスタチ・アニサタ」…アタイのこと、御趣味にあいません?
 ・「ヘメロカリス・ファイナルタッチ」…天使ミカエルの誘惑
 ・「キミキフーガ・ブラックネグリジェ」…ネグリジェだけ見て!顔は見ないで!ネグリジェと匂いで私を感じて!」
 ・「バーベナ・ボナリエンシス」…夏の終りのコンペイトウ






ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

「風のガーデン」 第9話~ラムズイヤー
貞美のキャンピングカーで病気を知ってしまった貞三は、札幌の水木のクリニックへ…。
覚悟はしていたものの、実際自分の息子が余命数ヶ月、化学療法の効果も殆どなく、今は麻薬で痛みを誤魔化している状態…と聞かされた時のショックは計り知れません。
その事実を一人で抱えきれなくなって、義姉・春江(草笛光子さん)のところへ足が向いたのかも知れませんね。
自分の貞美に対する今までの仕打ちを、きっぱりと嗜めてくれる人物。
すでに心は決まっていても、「家に呼び戻してあげなさい」と後押しして欲しかったはず。

その頃、貞美はガーデンで花の講義と、貞三の作った花言葉を岳から聞いていた。
そこでふと耳に止まったのが「カンパニュラ・ウエディング・ベル」、花言葉は「孫娘を嫁に出す日」。
岳はすぐに察して、ガブさんの為に何本か切ってくれました。
もう一種類はサブタイトルにもなっている「ラムズイヤー」。
これは「羊の耳」という意味らしいですが、貞三が作った花言葉は「生まれたばかりの孫の耳たぶ」。
キャンピングカーに戻った貞美が、岳に切ってもらったカンパニュラとラムズイヤーを愛おしそうに眺めていたシーンがあって、思わず涙腺が緩みました。
しかし母親・冴子の花言葉はあっても、貞美の花言葉はなく…。

ある日、エゾエンゴサクの球根を掘っていた貞美のところへ修がやって来て、「ルイを俺に下さい!」と唐突な申し出が…。
とりあえず「モノではありません」はお約束。(^^ゞ
ド緊張のなせるワザなのか?(笑)、「順序としてまず、“製作者”であるお父さんに…」は笑ってしまいましたわ。(’-’*) フフ
貞美の表情にもつい笑みがこぼれる、何とも微笑ましいシーンでした。
しかしこれを知って、大激怒したのは猛。
ボッコボコに息子・修を殴って、貞三のところへ謝りに行ってました。
「これ以上、医者の仕事を増やすのはやめなさい!」と止める貞三の台詞には思わずクスっと笑ってしまったけど、元ボクサーのお父さん(違)に殴られて相当痛そうでしたわ~(^_^;)
でもエンドロールにはその後のシーンがちゃんと入れてあって、ホッとしました(笑)

その夜、富良野に台風が接近…。
診療所が停電して、ロウソクの明かりの中、貞三はルイに貞美の病状を伝えました。
上原のおばあちゃんに会って、全てを話してきたこと。
今までの自分の態度を詫び、これからどう接していこうかと相談。
突然の貞三の告白に動揺したルイは、頭の中が真っ白という感じでしたね。
とりあえず当分の間はルイは知らないことに、岳にはそのまま“ガブリエル天使”だと通す。
部屋にいるものだと思っていた岳は、台風が接近する中、ルイの言いつけ通りガーデンで花の補強を
し続けていたらしく、もしかするとこのまま父親の存在も知らないまま…と、何とも切ないシーンでした。

そして、貞美の病気を知ってしまった智美とエリカ。
自分たちが計画した「生前葬」をルイに責められ、後悔していましたが、でもあれがきっかけで貞美も同級生たちの友情に感動して、気持ちも前向きになっていたような気がするので、結果オーライでしたよね。
そのお詫びに…という訳ではなかったですが、身の回りの世話をさせて欲しいと申し出たエリカ。
今でもまだ好きなままかも知れないという言葉も、照れてたけど貞美は嬉しかったはず。
そんな二人のところへ、普通にやって来た貞三。
しかも満面の優しい笑顔…。
最初は目も合わせられなかったようですが、あの笑顔に貞美も救われたはず。
そこから穏やかに貞三の話は続きます。
病気を全て知ってしまったこと。
ルイたちから引き離してしまったことを詫びる貞三に、今までの自分を許して欲しいと頭を下げる貞美。
家へ帰ってこないか?治療の役に立てるかも知れない…という貞三の申し出に、心から感謝する貞美でしたが、即答はまだ避けたようですね。

「君が今一番したいことは何なんだろう」
「生きている間にやっておきたいことは、ないかね?」
この台詞は、思わず緒形さんに重ねてしまいました。(・_・、)
最後の最後まで役者として生き抜いた緒形さん。
この時の台詞を、どんな気持ちで演じられていたのか…。
緒形さんの右肩にずっととまっていた“トンボ”が、まるでその様子を見守っているかのようでした。

貞美は「ルイとバージンロードを腕を組んで歩いてみたかった…」と話していましたが、その夜もルイのことを思い、車の前にエゾエンゴサクの球根をずっと植え続けてました。
「来年の春、楽しみに待ってろよ」
父の思いを知り、胸がいっぱいになるルイなのでした。



今回の花言葉は・・・・・

 ・「タリクトラム・デラバイイー」…看護師さんのチラリズム
 ・「ハクロニシキ」…死ぬ人が漏らす 最後の溜息
 ・「ポリゴナム・アンプレキシコール」…あのね、残り物に福って、あれ嘘よ。 
                        そうそう、残り物はやっぱり残り物。
 ・「ベロニカ・ブルーリーゼン」…逝ってしまった 冴子の記憶
 ・「セファラリア・ギガンティア」…かなり目標ラインを下げないと、結局一生独身で終る
 ・「クロコスミア」…モテることと遊ばれることは 一寸ちがう
 ・「ユーパトリウム」…どうしてあたいの美しさを、みんな認めようとしないんだ
 ・「ラムズイヤー」…生まれたばかりの 孫の耳たぶ



ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

「風のガーデン」 第8話~フロックス
岳は朝早くからガーデンへ行き、“ガブリエル”を捜すものの、姿はなく…。
ルイの言いつけ通り、「エゾエンゴサク」の球根を掘っているところへ、ひょっこり現われたガブさん(笑)
怒っていないと確認して、ホッとする岳。
このときの二人の会話が楽しかったですね。
暫く姿を現さなかったのは、三沢のおじいちゃんを天国へ送っていたから…とか、船で渡る「三途の川」の話を、町のコンビニの「サンズ」から名づけた…という話に、思わずクスクス。
岳に球根の掘り方を教えてもらい、一緒になって探す貞美はまた至福の時という表情でした。

そこへ掛かってきた一本の電話。
神様からの電話を不審がる岳に、「ヘブンコール」だと咄嗟の嘘をつく貞美。
貞美の“嘘”はどんどんエスカレートしてますやん(笑)
実は水木から交通事故の緊急手術で、麻酔医を探している…という用件だったのですが、その依頼を引き受ける貞美。
さすが医大で麻酔科・准教授をしていただけあって、立ち会った医師や看護師たちが感心するほどの見事な施術。
オペが終わった後、院長たちからせめて緊急のときだけでも…と熱望されるも、体調不良を理由に断っていたようです。

そして帰り道…。
酷く疲労した貞美は睡魔に勝てず、信号待ちでもついウトウト…。
もしかしてオペに立ち会うために、いつもより痛み止めを多く飲んだとか?
あの睡魔はちょっと異常でしたもんね。
やっとのことで車を脇に寄せ、その場でしばし仮眠。
その頃、ルイはさゆりにこれまでの貞美について話をしていました。
キャンピングカーで暮していること、富良野へ来ていることはおじいちゃんに話すなと言われていること…。
ルイに相談され、貞美の元を訪れた二人は、診察室のようなキャンピングカーで患者さんを診察している…という貞美の話をそのまま信じてました。
絶縁状態の貞美と貞三の仲を取り持つ…と話し合っているところへ、やって来たのが修。
全く、彼はタイミングがイイやら、悪いやら(笑)
最初の「ルイのフィアンセだっ!」の威勢の良さは何処へやら、貞美がルイの父親と判るや否や、「失礼します!」と慌てて走り去って行った修…逃げ足も速い(笑)

そんな時、エリカに歓迎会だと誘われて連れられた先はお寺で、そこでは貞美の『生前葬』が行われていました。
神妙な面持ちの同級生たちとは裏腹に、弔辞の中身は貞美の学生時代の暴露大会(笑)
貞美の病気のことは誰も知らないとはいえ、笑えないな~と最初は思ってしまったけど、何とも微笑ましい光景でしたね。
号泣する貞美も何だか嬉しそうで、自分を温かく迎えてくれた同級生たちに、逆に元気を貰えたかも知れません。

そしてオペに立ち会った看護師から貞美の話を聞き、富良野へ帰ってきていると知った貞三。
あんな形で絶縁状態なのに…という心配は取り越し苦労でした。
実は「富良野へ二度と来るな」と貞美に言ったことを、貞三は後悔していたのですよね。
「おじいちゃんも息子に会いたい」
ルイに素直に謝っていたのは拍子抜けだったけど、これも月日が経ったというか、自分の老いも感じるようになったお年頃になったせい?
「君らの父さんより先に死にます…」と話していたことが、後で貞美の病気を知るという伏線になっていて、驚きと悲しみが一層増した気がします。
貞三がキャンピングカーで見たのは、点滴で眠っている貞美の姿。
無造作に置かれていた麻薬パッチとエコー写真で、察しがついてしまったようですわ。(・_・、)
何も言わず、その場を去って行った貞三。
車のドアが開いていたこと、「弔辞」が車の外に落ちていて雨に打たれていたこと…
貞美の痛みがまた尋常でなかったことが伺えて、辛かったですわ。

予告では優しい笑顔の貞三との再会。
あのシーンを観ただけで、思わず涙腺が緩んでしまいました。(・_・、)



今回の花言葉・・・・・

 ・「フロックス(パニキュラータ)・ノラレイ」…妖精たちの新盆の迎え火





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

「風のガーデン」 第7話~サポナリア
“ガブリエル”と名乗る父親を見るなり、いきなり飛び出して行ったルイ。
岳は“ガブリエル”を怒らせてしまった…と思い込んでいましたが、貞美の方は「調子に乗りすぎた」と反省。
岳との「幸せな時間」はあっという間に終わってしまいましたが、今回は貞美にとって予想外な嬉しい出来事が…。
ルイは父親と二度と会いたくない…と思っていたのが、岳から“ガブリエル”と交わした会話を聞いて、気持ちが変わったようです。

そしてガンが更に進行していることが分かり、一旦東京へ戻った貞美。
病院を正式に辞め、妙子に必要な薬を富良野へ送ってもらうよう頼み、自分が死んだら親父たちに渡して欲しいと手紙を託していました。
内容は「あとの始末のこと」と言っていましたが、これは最終回に明かされるんでしょうかね。
その時のことを思うと、少し胸が痛みます。
そんな覚悟を決めて、身辺整理をしに戻ってきた貞美でしたが、妙子に岳と一緒に弾いたチェロの話をする表情は本当に幸せそうでした。

そんなある日…。
ルイは修に頼んで人の通った道を調べてもらい、貞美のキャンピングカーに辿り着きました。
生憎の留守でしたが、お礼にバーへ一緒に行くことになり、ルイを外で待たせて、マスターと“賭け”を。
最初から勝ちは分かっていたので、どーん!と1万円…って、ちょっと卑怯やな(笑)(^^ゞ
で、自分の華麗な経歴(笑)を一生懸命語る修。(^▽^;)アハハ
ルイは父親の姿を思い出し、修の話は上の空でしたが、そんな彼女にいきなりのプロポーズですよ。
舞い上がってるにも、程があるっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そんな二人の楽しそうなやり取りを聞きながら、恨めしげにグラスを磨いているマスターが( ^ー゜)b グ-です(笑)

そして富良野に戻った貞美のところへ、ふらっと現われたルイ。
二人が6年間の空白を埋めるには、時間は殆ど要らなかったようです。
ルイが今までの拒絶反応とは違って、普通に接してくれたことで、貞美もリラックスして話せた…という感じでしたわ。
それでも富良野へ戻ってきていることは、貞三にはまだ内緒ということで…。

ところが三沢のおじいちゃんが亡くなり、帰ろうとしたところで車のエンジンがかからない。
そこへ葬儀の準備にやって来た貞美の同級生たちの会話を偶然聞いてしまい、息子が富良野へ帰ってきていることを知ってしまうのですよね。
前回、車の調子が悪いという前フリがあったので、この流れは全く不自然に感じませんでした。
こういう細やかな演出は、強引な展開が満載の某ドラマとは大違い(笑)

予告では、貞三がとうとう貞美の病気を知ってしまうことになりそう…。
キャンピングカーの中にまで入ってたってことは、ルイが教えたんでしょうかね?
貞美はぐっすり眠っていたようにも見えましたが、実はもっと具合が悪くなってたのも知れません。

今回一番印象に残ったのは、三沢のおじいちゃんを家族みんなで見送るシーン。
あんな風に家族に看取られて、本人は殆ど意識は無かったみたいですが、きっと幸せに旅立って行けたんだろうな…と思わせてくれたシーンでした。
ここでもやはり緒形さんと重ねて見てしまう部分があって、少し複雑な気持ちでもありましたが、体調のお悪い中、一つ一つのシーンを大切に演じられた姿勢に頭が下がる思いです。


最後に、花言葉・・・・

 ・「バーベナ・ハスタタ・ピンクスピアーズ」…どうせあたいは田舎者、街の女にゃなれないの

 ・「ダイアンサス・ナッピー」…しのぶ恋ほど ばれやすい





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク