「トライアングル」 最終話
うーん(゜-゜) 
やっぱり先週の丸さんの「中畑のカード」発言は、そのまま犯人だった訳ですね。
しかも、犯行動機は取って付けたような…(^_^;)

25年前の犯人と対峙する…と、郷田から報告を受けた信造。
初回は意味深な怪しさムンムン、途中も自分が得た情報をなかなか教えてくれなかったり、こっそり妹の唯衣に会ったりと、かなり意地悪な信造(笑)でしたが、最後は郷田が遺体の第一発見者だったことを掴めず、自分の不甲斐なさに頭を下げてくれたので許してあげますわ。(何様?:笑)

そして、均をスタジアムに呼び出した郷田。
25年前の事件について厳しく追及する緊張感漂うシーンでしたが、郷田をフォローするよう信造に頼まれた舜は、そんな二人を気にかけつつ、実はライフル銃で二人を狙っている人物を見つける訳です。
その男こそ、犯人=丸山。
サチが撃たれた時と同じような状況を作れば、再び狙ってくると踏んだ郷田の読みがまんまと的中です。
結局均は犯人ではく、逮捕するために仕掛けた罠にまんまと引っかかった丸山は、観念して自首を…。

しかしサチの殺害は郷田を守るために咄嗟に撃ったと過失致死を主張、25年前の事件については何も知らない…と否定する訳ですが、実は秋本から「郷田と間違えられた」と聞かされていたのが、当時まだ交番のお巡りさんだった丸山。
しかも“中畑のカード”という、犯人しか知りえないことまで語った…ってことで、犯人決定(笑)
・・・と、そこへ捜査本部から郷田に研修の中断と、即刻リヨンのインターポールに戻れとの指示が入る訳です。
う~、やっぱり犯人が警察関係者だということからなんですかね。(^-^;A
でもそこは辞職の覚悟を決めた信造の力で、追及を続行できるよう取り計らってくれました。

それにしても・・・・
25年前に均の会社に勤めていた妹が、会社の金を横領した疑いをかけられて自殺。
その復讐の為に均の娘である佐智絵ちゃんを殺害した…という丸山の動機がイマイチ納得できないんですよね~(^_^;)
何か、後出しジャンケンみたいですやん(笑)
舜から銃を奪った郷田「撃てよ!」と挑発したり、「可哀想になっ」と吐き捨てる小日向さんの“悪”演技は良かったですけど…。
一瞬丸山に銃口を向けた郷田ですが、「俺の大切な人が、人殺しなんか望む訳ないだろう」と思い直し、逆に罪を償うこともなく、一生抱えて生きていかなくてはならない…という意味での「可哀想に…」のお返しです(笑)

で、新藤はある警察OBの代議士の弱みを握っていて、彼に捜査が及ぶたびにその代議士は隠蔽工作を続けていたらしい。
でも「顔にアザのある男」として何度も犯人に浮上した新藤は、結局何の罪も犯してなかった訳で、何で彼が脅してたのかもよく分からん。(^-^;A
ま~、この辺はもう新藤が死んでしまっているので、有耶無耶にしてても大丈夫ってことで(笑)
その代わりっちゃーなんですが、舜が代議士を告発してくれました。
めでたしめでたし…コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
これで郷田もやっと、自分の人生を歩み出すことが出来る…ってことで、めでたしめでたし(笑)

しかし終わってみれば、何だかこのもやもや感・・・「月9」並みでしたわ~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
どっと疲れたよーん。(^▽^;)アハハ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : トライアングル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「トライアングル」 第10話
(  ° ▽ ° ;) エッ 
サチったら、予告でてっきり助かったと思い込んでたのに、死んじゃったのか~(^_^;)
あの場ですぐに絶命しないってところが、主要キャストの扱いだったんでしょうかね(笑)
で、誰がサチを撃ったのか今回は解明されなかったのですが、亮二、均、丸山から硝煙反応は認められず、撃った銃は「レミントンM700」というスナイパーが使うようなものでした。
…ということは、ゴルゴ13とか?(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
ちなみに、ゴルゴ13は→こちら(音でます!)
サチが亡くなったことで、またしても「俺のせいだ…」と自分を責める郷田でしたが…

一方、舜は15年前の別荘の火災について調べていたのですが、そこでもやはり現場近くで目撃されていた新藤らしき男。
放火の疑いもあったものの、情報は警察の上層部によって握りつぶされ、最終的に子どもの花火の火の不始末ということになったらしい。
佐智絵ちゃん殺しの事件でも新藤が浮上すると、なぜか捜査が中断されてたようだし、新藤自身も絶対に捕まらないみたいな自信があったってことは、これは何かあるんでしょうね。
でも犯人が登場人物ではない、全然別の人間だったら、それはそれで面白くないわ~(^▽^;)アハハ

そして、実は信造もずっと独自に25年前の事件を追っていたようです。
当時、上層部の圧力で捜査を外され、その無念から密かに情報を集め続けていた…と、舜に資料を託してましたが、早く渡してくれれば良かったものの~(笑)(^_^;)
郷田も唯衣から「黒木さんのお父さんはお兄ちゃんの味方」と言われてたし、信造の犯人説はここで消えたってことでいいんでしょうか?

それより、前回何かを思い出したような、意味深な表情をしていた秋山…。
どうせただの思わせぶりやろー?と思いきや、実は子どもの頃に秋本を郷田と間違え、接触しようとした男がいたらしい。
ちょうど告白している部分はわざと切られていたのですが、その間に映っていたのがサチの絵画教室を訪れていた均だったということは、きっと彼だったんでしょうね。
いや、これももしかして“引っ掛けシーン”かも知れませんけど(笑)

・・・というところで、郷田の中で全てが繋がったらしく、均の元へ行った郷田は愛人宅で見つけた“毒物”を見せたのですが、なぜか均の反応薄っ!(笑)
郷田も「今日はこれぐらいにしといたろっ!」風に、「今度は別の手土産を持って、出直します。」てなもんです。(^▽^;)アハハ

そして均の会社を調べたところ、25年前に経営が悪化していたことや、傲慢なやり口で恨まれていたが、今は経営はそこそこ安定しているらしい。
何かの裏取引で、儲けてるとか?
で、郷田は舜から預かった資料を読み直し、何か重大な事実に気づいたようです。
「手土産の準備ができました。あなたに会いに行きます。」と郷田が電話を掛けた相手は、たぶん均。。
ここでやっぱり『均犯人説』が、益々色濃くなっていく訳です。

んがっ!
25年前の事件を再度丁寧に洗い直している途中で、丸さんが言った「中畑のカード」ってのが気になるぅーー!
今まで「プロ野球選手のカード」ぐらいにしか扱われてなかったモノが、いきなり選手の名前が出てきましたもん。
いやいや、これも引っ掛け?(笑)




あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
いい加減、思わせぶりは止めて~(笑)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : トライアングル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「トライアングル」 第9話
前回の終わり、佐智絵ちゃんの殺害現場で出会った郷田と信造…。
何で郷田の居場所が判ったのか?\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)
で、結局何か新しい真実が判った訳でも、ストーリーが大きく動いた訳でもなく…(^-^;A
志摩野殺しと25年前の事件は、信造と均が関与してるのでは?と疑う郷田に、「犯人であることの確実な証拠がない限り、真実とは言えないんだ…」と意味深な言葉を残したまま終わってしまいました。(^▽^;)アハハ

一方、父親の身辺を探っていた舜は、信造からある古い新聞記事の切り抜きを渡されるのですが…。
それは15年前に起こった、八ヶ岳の別荘が全焼したという記事。
実は郷田の両親と兄がこの火事で亡くなっていて、郷田は唯衣を負ぶって逃げ、二人だけが助かったらしい。
おまけに「真実だけを見つめろ!」と、信造は息子にも意味深な言葉しか教えてくれないもんだから。(^_^;)

そして、独自に捜査を始めた丸さん。
均の愛人宅を突き止めたとか何とか言って、捜査令状もないのに勝手に部屋を捜索してましたけど、大丈夫なんでしょうか?(^-^;A
お水の人が昼間に家にいない…ってのも気になったのですけど、もし急に家人が帰宅したら、警察じゃないサチもいたし、どう説明するつもりだったんでしょうかね。
私だったら、いくら警察でも勝手に家へ入られてたら、怒り心頭ですわ。
家の中、普段はめちゃ散らかってるし~(笑) チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
とりあえず、志摩野を毒殺したものと同じ成分の薬物が見つかったから良かったものの…って、これも何だかわざとらしくて、ちょっと違和感。

前回辺りから話の流れは、均が佐智絵は自分の子どもじゃないかも知れないと疑っていたとか、これでもかっ!これでもか!と『均犯人説』に向かってましたが、郷田と待ち合わせすることになった均が、「決着は自分でつけます」と信造に宣言してた台詞が気になるんですよね~。
“決着”ってことは、25年前の事件は郷田を疑ってるってこと?(゜-゜)ウーン
しかも丸さんから連絡もらったサチが、二人の待ち合わせ場所に駆けつけて、撃たれるってなんですのん?(^▽^;)アハハ
均は手に何かを隠してるかのような上着の持ち方だったし、郷田も内ポケットに手を入れて…と、二人とも拳銃を持っててもおかしくない状況。
なのに、サチが撃たれて二人とも驚いていたような?
となると、もしかしてギリギリで駆けつけた丸さんが撃ったとか?
わざわざ「俺の拳銃がないんだっ!」って、サチに連絡するのも変ですもんね…。
とにかく、予告ではサチは死んでなかったようなので良かった良かった。(´▽`) ホッ
また水族館に行けますね(笑)

同窓会の幹事だった綾子から、佐智絵ちゃんの手紙が残っていたことやなんかを聞かされた秋本が、また何かを思い出したような表情をしてたんですけど、これも引っ掛けかな~。(^^ゞ
もう、騙されませんぞ(笑)



あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : トライアングル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「トライアングル」 第8話
やっと、サチに事件当日のことを話し始めた郷田。
1週間、長かったですわ~(笑)

郷田少年は下校途中の土手で佐智絵を見かけ、一旦帰宅した後、再びその場所へ戻ると彼女の姿はなく、何となく下へ降りてみると…そこで倒れている佐智絵を発見。
手についていた血液は、揺り起こそうとした時に付着したらしい。
で、事態に気づき、救急車か?大人か?とパニクっていると、背後で「動くな!振り向けば殺す!」と男性の声がして、恐怖のあまりそのまま逃げ出した。
家に帰って兄に相談したところ、「犯人はすぐに警察が捕まえてくれる。もし捕まらなくても、時効まで15年間黙っていれば、危ない目に遭わなくて済む…」と諭され、その後ずっと恐怖に耐えながら過ごしてきたようです。(・_・、)
両親にも相談できず、長い間抱えて生きてきた年月を思うと辛くなってしまいましたわ。
後のシーンで秋本から、「おまえは変わったな…」と言われてましたけど、それぐらい大変な経験をしてしまったのだから、仕方が無いってもんです。
で、その秋本も均と繋がっているみたいですし、貿易関係の仕事…ということで上海で知り合ったようですが、こっちも怪しいもんですわ。(^_^;)
志摩野は犯人に口封じの為に殺されたのか?それとも郷田と間違われて殺されたのか?
まだ真相は謎に包まれたまま…。

「誰も信じられない!」
そう話す郷田に、次から次へと追い討ちを掛けるような出来事が…。
まずは25年前の事件を担当した宮部に接触を試みるのですが、実は信造と繋がっていることが判り、頼みの情報源はぷつりと途切れてしまう。
そして志摩野の殺された前後、上海へ渡航した人物を搭乗者名簿からしらみつぶしに探していたところで見つかった丸さんの名前。
当日、彼には明確なアリバイはなく…といっても、名簿から探そうと提案したのは丸さんだし、どう考えてもおかしいのは歴然としている訳ですが、疑心暗鬼状態の郷田はつい声を荒げてしまうんですわ。
「信じなきゃ真実は見えてこない。大事なものを見失わないで下さい!」という舜の言葉も、郷田の心には届かない。
呆然と街を彷徨っていると、今度は信造とこっそり会っている唯衣を見かけ…って、どんだけ~(^-^;A
でも唯衣は郷田を心配してのことだったらしく、信造とどんな会話をしたのか触れられていなかったので、これは気になるところです。
結局、丸さんは当日パチンコ店にいて、信造も会合を休んだものの別のアリバイが立証されました。

で、今一番怪しい人物…といえば、均。
彼は過去に偽造パスポート事件に関与していて、信造に世話になったことがあるらしい。
となると、丸さんの名前を利用して…ということも考えられる訳で、郷田たちが仲間割れするように仕組んでのことだったかも知れません。
それに「あの人は私とはまた違った理由で、25年前の事件から背を向けている…」という清子の言葉もまた意味深でしたもんね。

そんな中、唯一の救いだったのは佐智絵ちゃんの手紙のコピーが見つかったこと。
手紙には家に出入りしている「顔にアザのある男」に怯えているらしい記述もありましたが、毎日の学校生活は楽しく、希望に満ち溢れ、初恋の相手として郷田の名前が書いてありました。
こうなってくると、将来のある彼女の命を一瞬で奪ってしまった犯人がホント憎いですわ。
本人は罪を逃れて、今ものうのうと生きているわけですしね。(^_^;)

最後、事件現場に行った郷田の前に、突然現れた信造。
・・・って、タイミング良過ぎ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でもドラマの終わりにこういう登場の仕方をする時って、大概がそんなに対したこともなくスルーという場合が多いので騙されませんぜ(笑)



あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : トライアングル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「トライアングル」 第7話
「その男 上海に死す」というサブタイトルと、予告で志摩野が亡くなることは判ってましたが、もう堺さんの出番がないってのはやっぱり寂しいですわ。(・_・、)
いや、回想シーンではあり?…と、思い直してみる(笑)

25年前の事件を知っているらしい秋本がいる上海へ発った郷田。
秋本から上海での志摩野の評判を聞いたものの、土地開発事業での強引な手口に悪い噂が絶えないらしい。
そしてサチも志摩野が兄だと知り、郷田と一緒に上海へと来ていたのですが、妹のサチは解りますが、郷田と秋本が同席して志摩野の身の上話を聞いているシーンは何か違和感。
ま、ドラマ上その方が都合が良いので、そんなもんなんでしょうけど(笑)

で、両親は仕事の関係で上海に住んでいたものの、夫が亡くなって精神的に不安定な状態だった母親は志摩野を置き去りにし、サチを連れて日本へ帰国。
残された志摩野は不動産業を営む夫婦に引き取られたものの、事業の失敗で後に夫婦は自殺。
10歳の頃に日本へ帰国する機会があり、二人が大阪で住んでいると捜し出したものの、母はサチを捨て、志摩野を産んだことさえも忘れていたらしい。(^_^;)
その後、施設で黄色い毛布に包まれていた女の子が自分の妹だと判り、「幸」と名づけたらしい。
「今更、昔のことを知らなくていい…」というのは、清子と新藤が事件に関わっていると思い込んでのことだったようですが、均と繋がっていたところを見ると、事件についてほのめかされていたってことなんでしょうかね。
それとも、志摩野の勝手な思い込みだったのか、今となっては真相は藪の中へ…。

しかし前日に暴漢のような男に襲われていたとはいえ、志摩野が殺された部屋は本当は郷田が使うはずの部屋だった…ということで、もしかしたら犯人は郷田を狙っていたのかも知れない疑惑。
使われた「毒」は上海では売られていないとか、志摩野の所持品の中には入ってなかったとか、服毒自殺ではないということを説明するような台詞があったので、自殺とは考えにくいんですかね。
でもサチに言った「上海に会いに来てくれてありがとう」の前夜の微笑と、清子とサチへ宛てた志摩野の手紙が何となく遺書のような内容だったのも気になるところ。
それに志摩野の会社は破産手続きをとっていて、詐欺罪でも訴えられていたらしいですし…。

しかし郷田が狙われていた…という事実を裏付けるように、志摩野の死の前日、郷田の部屋番号を確認する日本からの電話がホテルにあり、発信元は成田空港近くの公衆電話だったらしいということが判明。
こういう時に、インターポールという組織があって助かった!
毒の成分やら、何から何まで瞬時に調べてくれて、時間短縮です(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

そして帰国した秋本を呼び出したのは、何と信造。
そこには均と舜もいたわけですが、秋本は事件のあった当日郷田と遊ぶ約束をしていて、現場から立ち去る彼の後姿を見たと証言。
何で今更?な感じなのですが、同じ頃、郷田もサチにずっと抱えていた秘密を告白していました。
「なぜ俺が時効を過ぎるのを待っていたか、なぜそのことを誰にも言えずに黙っていたか。君にすべてを話そう…」で、つづく?(/_;)/アレー
でも郷田は犯人を目撃してた!って感じじゃ無さそうですよね。
予告で怪しい人物に向かって郷田が叫んでるシーンがありましたが、あの頭は丸さん?
(  ° ▽ ° ;) エッ そんなのってあり?

そういえば「でもいい男だったよな。顔が俺に似てたし。」と、志摩野のことを話してた丸さん。
前々から私も、堺さんと小日向さんって目元が似てるな~と思ってたので、思わず大爆笑してしまいましたやん♪(≧∇≦)ノ彡バンバン!




押して下さると励みになります♪
あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : トライアングル
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク