「BOSS」 最終話
前回、表彰式に出席していた大山総監(津川雅彦さん)が誘拐され、テロ組織「黒い月」に繋がっていたと思われていた野立。
で、対策室も完全に犯人として野立を追っていた訳ですが、「野立さん…」とつい口走ってしまう部下たちに「野立!野立!」と絵里子が強調するのが妙に引っかかってたんですよね。
しかも、捜査の指示を仰いでいたのが相島さんやもん~(笑)
何かにつけて屋田参事官を中心にして…ってところで、もしや?と頭を過ぎった予想が大当たり♪
・・・っていうか、きっとドラマを観てた人はみんな途中から気づいていたはず(笑)

しかし「黒い月」が変電所に仕掛けていた時限爆弾を解除するシーンは、かなり緊張感ありましたよね。
今の警察には「燃料気化爆弾」を解除できるものがいない…ってことで、白羽の矢が立ったのが現在服役中の野垣(武田鉄矢さん)。
二人の駆け引きはまた見応えがありましたが、最後の最後で野垣を信じなかった絵里子。
導線を切るのは「青」か「赤」か…で、野垣の指示を振り切った判断は流石でしたわ~。
ドラマで良かった!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
無事に爆弾を解除して、頭から湯水のように溢れ流れていた山ムーの汗がツボでした(笑)

そして高倉(反町隆史さん)の運転する車に野立が乗っていたのは偶発的だったらしく、あのピースサインに見えたのは、バディー時代のサインで「かなりヤバイ…」という意味だったみたい。
笑っていたのは、笑ってしまうほどヤバイ…って?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しかし野立が総監を撃ったときは、一瞬(→o→)ゞ あちゃーと思ってしまいましたけど、総監の脈を確認したのは絵里子だったし、心臓を撃たれた割にはそんなに血が噴出していなかったのも気になってました。
種明かしは…
野立がキャバクラのお姉ちゃんにもらった名刺入れを、大山総監の胸ポケットに忍ばせておいた…ということだったらしい。
スキップで登場の津川さん、お茶目でしたわん♪
そういえば、「離婚弁護士」でも大活躍でしたもんね。(^.^)

で、その後逃げた野立を追い詰め、絵里子が撃った訳ですが、野立の死に方はちょっと大袈裟過ぎでしたわっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも屋田はまんまと騙され、倒れている野立に裏金汚職の証拠品をこっそり忍ばせて…ってところで、絵里子登場♪
そしてその現場をバッチリ撮影した真美。
倒れたフリをしていた野立が、お尻から起き上がったのも良かった(笑)
( ・。・)? アレ? アレレ?な屋田は、全てがバレて御用となりました。

一方で、釈放された組織の幹部たちを射殺してパトカーで逃亡した高倉。
トランクに仕掛けられていたのは山ムーの時限爆弾(笑)で、GPSで追っていた片桐たちにあっさりと逮捕されちゃってました。
でも絵里子に対して意味深な言葉も言ってたし、この先スペシャルや続編を予感させるような感じで楽しみが残りましたわ~♪

そしてそして、楽しみにしていた、池上と絵里子のその後ですが~。
弟の無実を証明して誤解も解けたし…ってことだけで、残念ながら特に進展は無かったですね。(^-^;A
電話で話している絵里子は仕事中とは違い、まさに女性の表情をしていて、その辺の使い分けはさすが天海姐さん♪って感じでしたけども…。
最後はなぜか海外へ発つ絵里子のシーンで終わっていたのですが、結局どこへ行ったのかも分からず、これもやっぱり続編を匂わせるような~?(’-’*) フフ
これだけの豪華メンバーを揃えるのは、なかなか大変でしょうけど、ぜひぜひ実現して欲しいです!
ケンコバさんの演技も、結構良かったですしね♪
しかし「本命…野立、愛人…片桐 アバンチュール…花形」の夢は豪華過ぎるやろ!(笑)





ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

あ~、最後の最後までホントに楽しませてもらいました♪
野垣と絵里子の「貧乳」むしろ「巨乳」対決、池上の弟との会話の中で、「弁護士 間宮貴子」の名刺が出てきて巨乳を強調したりで、大笑い!
片桐役の玉山君、最後もお饅頭を片手に…ってドラマで甘い物を食べ過ぎて?(笑)
日記にUPされてたピーポ君のかぶりモノで振り向いているお茶目な写真、携帯の待受にして代々の家宝にしますわん♪(*/∇\*) キャ

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第10話
最終回を前に、めちゃ盛り上がってきましたやん~♪

まずは、なぜか謹慎処分を受けた対策室のメンバーが、個々に生活安全課を補佐する仕事をしているシーン。
絵里子と岩井が防犯カメラを駆使して、どんな重要事件の犯人を追っているのかと思いきや、“砂消し(ゴム)”の連続万引き犯の小学生たちって…(笑)
で、真美と山ムーは下着泥棒のガサ入れ。
犯人の心理がやたらと解るらしく、プロファイリングしまくりの山ムー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そしておばちゃんたち相手に、「振り込め詐欺防止キャンペーン」中の片桐と花形…って、ピーポ君のかぶりモノがやたらと似合ってた玉山君♪キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
しかもおばちゃんたちも全員目がハートで、被害者役のおばちゃんには「全財産をあげる」やら、立ち去る花道(?)では何やらみんなが食べ物らしきモノを渡してたり…。
で、次のシーンでは、しっかりそれを食べている片桐(笑)

そんな中、街中でゴミ箱連続爆破事件が起こり、玲子が残された破片を調べてみると、爆発物のタイマーに使われた時計に絵里子の指紋が検出。
緊張する対策室…。
でも花形と真美が絵里子の取調べを担当することになったものの、花形にはダメ出しのオンパレードでしたわ。(^-^;A
実はその時計は絵里子が恋人・浩に贈ったものらしく、最近出所した弟の健吾(石垣佑磨さん)が行方不明になった…ということで、事件に関与している可能性が。
今回の事件も、同じ「過酸化ベンゾイル」を使った爆弾らしい。
真美は辛うじてダメ出しは免れたけど、そうこうしている内に大学の講義室で死傷者が出る爆発事件が起こりました。

一方、片桐は鈴木(小須田康人さん)という新聞記者から、警視庁の裏金問題について情報を得る訳です。
同じく小野田も一緒に水面下で動いていたのですが、調べていくうちに裏金がプールされている部署は対策室だと判明。
そして、その対策室を立ち上げたのが野立…。
(  ° ▽ ° ;) エッ 野立って、悪キャラ?
しかも小野田は数日後、「ある人物に会う」と言っていた場所で殺されてましたやん。(/_;)/アレー
手にしていた証拠書類らしきものは、犯人に奪われてしまったんでしょうかね。
コピーがあることを願います。

で、何やら怪しい動きをしている野立。
片桐から裏金問題について相談されると、わざと話を逸らして「野立会」に誘ったり…。
相手はエレベーターガール…に反応して、片桐ったらすっかりハマってるし(笑)(^▽^;)アハハ
それに警視総監・大山源蔵(津川雅彦さん)の感謝状授与式では、警備関係を担当していたようですが、前日大幅に警備員を削減した上に、直前に不自然なシャッターの故障。
修理業者を装った男たちは、どうやら『黒い月』という組織のメンバーで、野立はそのボス・高倉(反町隆史さん)とも繋がっている様子。
二人が画面に映ったときは、「ビーチボーイズやん♪」と思わず喜んだけど、今回はめちゃダークな雰囲気が漂ってますよ。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
そして会場の入り口付近で爆発騒ぎが起こり、ドサクサに紛れて大山総監を連れ出してましたもんね。
でもホントに野立が悪者なのか、まだ信じられないんですけど~(^_^;)
どんでん返し、無いかな~(笑)

3件目に起きた大学の爆発事件で、式典の会場の規模に近い…と真美が直感して、慌てて現場に向かう途中の絵里子の目に映ったのは、高倉と共に大山総監を車に乗せ、ピースサインをする野立?(^▽^;)アハハ
いやーん!これは何か“裏”があると信じたい!(笑)

今回絵里子と野立が、やたらと“金八先生”のモノマネしてるな~と思っていたら、最終回で武田鉄矢さん再び登場ですやん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
予告から察するに、爆弾に関する詳しい情報を得るために、警察に協力してもらう…ってことなんでしょうかね。
うわ~、最終回が楽しみですわ~♪

そして警察には「身内に前科がある者との交際は禁止」というルールがあるらしく、絵里子は浩を選んでキャリアを棒に振った…という真相がやっと明らかに。
しかし浩からは「弟を探るために、俺と付き合ってたなんて、そんなオチだったら勘弁してくれ。」なんて哀しいことを言われてしまってました。
うぅ~、こりゃちょっと辛かったですわ…(^_^;)
でも絵里子の「誰であろうと、犯人は必ず捕まえる」という台詞が気になるところです。



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

片桐、実はエレベーターガール好きだったのか~(笑)

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第9話
トラック運転手・柏原が惨殺された事件を担当することになった対策室。
犯行は衝動性がある一方で、指紋を拭き取るなど冷静さもあることから複数犯の可能性…。
この“複数犯”という言葉に暗示をかけられて、途中まで慶政大学心理学部教授・西名亘(生瀬勝久さん)とその弟・啓介が犯人だと思い込んでしまったじゃないですか~(^-^;A
映像もあるし(笑)

西名兄弟は子供の頃に父親からの虐待を受けていたらしく、亘はその経験から虐待のSOSサイトを運営していて、自身も何人もの子どもたちを救ってきた実績がある。
ところが虐待していたらしい父親が連続で同じような手口で殺されて、しかもそのサイトに直接メールで相談してきた人物の父親…ってことで、最初はその子どもたちのアリバイなどを調べたものの、全て証明され、絵里子たちは亘の身辺を調べることに。
そして相談メールには「熱湯」「離婚」「父子家庭」「閉所恐怖症」という4つのキーワードが共通していました。
途中で、サイトの管理を手伝う大学院生・増田(尾上寛之さん)の所持品から、殺害に使われたナイフが発見される…というエピもありましたが、それは監視カメラでアリバイが証明されることに。

結局、弟「啓介」は30歳になった頃、虐待から立ち直れずに父親を殺し、自らも自殺…。
ところが弟の死を受け入れられなかった亘は、自分の中に「啓介」を作り出したということらしい。
解離性の多重人格で、犯行は「啓介」になった亘、その後亘に戻って証拠隠滅を図っていたみたいですね。
途中から何となくそんなことかな~?と薄々感じてましたが、亘が逮捕された時の生瀬さんの迫真の演技は凄かった!
押さえられて叫ぶシーンは、口の中の歯が全部見えてましたもん(笑)オイオイ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
でもちょっと物悲しい事件でしたね…。

そういえば、回を重ねるごとにそれぞれのキャラクターが濃くなってきましたわ♪
山ムーは聞き込みに行った先で「育毛剤」の話で意気投合するし、岩井はやっぱり男好き(笑)
やる気空回り刑事だった花形ですが、今回の事件で少し大人になった…かな。(’-’*) フフ
真美は絵里子の十八番「プロファイリング」を奪い取るぐらい成長したみたいだし。
そして何といっても、片桐は聞き込みに行く先々で女子からのキラキラ視線(笑)
甘い物好き…ってことで、パフェのクリームがヒゲに付いてるのも可愛かった~♪(u_u*)ポッ
その反省からか、別のシーンのシュークリームは、スプーンで中身をすくってちょびちょび食べてたのは見逃しませんでしたよん(笑)

そして気になるのは絵里子と浩の関係…。
相変わらず電話しても出ないし、連絡も途絶えている様子ですが、次回はとうとうそのお話がメインになるみたい。
それに最後の最後は、野立から「対策室に謹慎処分が言い渡された」とか告げられていたし、
あ~、また一週間が長い(笑) バタo((><o))((o><))oバタ




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

片桐が食べてた、フルーツたっぷりのパフェ。
どんなお店の出前で取ったんでしょうか?(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第8話
今回はずっと楽しみにしていた片桐メインの回♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ
玉山君の日記(誰が書いてるかは知らんけど:笑)には、
「殉職? あると思いますっ!」
なんて書かれてあったから、めちゃドキドキしましたやん~(^-^;A
・・・んがっ!
どうも山ムーの方が、目立っていたような?(笑)

そして冒頭では黄色いメガホンを持った絵里子が、部下たちに射撃の練習をさせていましたが、
「つぎ行ってみよー!」って、どう見ても「8時だよ 全員集合!」(≧∇≦)ノ彡バンバン!
長さん気取りの天海姐さん、素敵っ♪

暴力団幹部の射殺事件があり、残った銃弾から犯人は龍千会幹部の谷本隆(工藤俊作さん)と断定される。
ところが絵里子たちが谷本の潜伏先に駆けつけたものの、逃走した谷本が何者かに左胸を一撃されてそのまま死亡です。(^_^;)
事件の数日前、対策室に左胸を銃弾を打ち込まれ、赤いインクで染められている不気味な人形が送られてきていたことから、犯人の殺人予告では?との見方が強まり、調べてみると殺傷能力を高めるために細工した同じ弾だったらしい。
同じ頃、片桐の携帯に犯人らしき人物から電話がかかっていたのですが、声は変えていたものの、笑い声の特徴が女性っぽいな~と。

そんな時、山ムーのフィアンセだという、「さびしんぼう」のホステス・菜々美(小西真奈美さん)が登場。
勝手に高いお酒を入れられるわ、サービス券で38000円になったフルーツ盛り(高っ!)を注文されるわで、誰が見ても騙されていそうな雰囲気(笑)
彼女が犯人だとすぐに判りましたけど、どう見ても腕利きの“スナイパー”には見えませんでしたね(笑)
結局、山ムーは警察の情報源に利用されていて、お金はぼったくられるわ、踏んだり蹴ったりでした。(^▽^;)アハハ

で、片桐は3年前、犯人の谷本だと思い込み、チンピラを誤って射殺。
その時に指揮していた上司たちは、片桐一人に責任を押し付けた…という過去があり、そのトラウマから拳銃が撃てなくなり、上司も信じなくなっていたらしい。
菜々美はチンピラの恋人だったってことで、事件に関わった警察の関係者に復讐…という犯行でした。
その過去の事件データについて、野立はさり気なく絵里子にパスワードを教えたりしてましたけど、普通に口で言えましたやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
とりあえずそのデータの中に不自然な空欄があって、参事官の屋田(相島一之さん)が絡んでいたことが判ったお陰で無事に助けられた…ってことで、ギリギリ許しますけども(笑)

そして片桐の殉職もなかったし、めでたしめでたし♪(^.^)
菜々美が一番に片桐を狙ってくれなくて、助かりました(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

しかし前回、刑事だと知られてしまった絵里子は、それから浩と連絡が取れなくなってしまったみたいでしたね。
まだまだ引っ張るこの話、めちゃめちゃ気になりますやん~(^▽^;)アハハ





ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
屋上にいた犯人…。
ビルの出入り口で待ち伏せしたら、簡単に捕まえられたのに~ってツッコミは無し?(笑)
「野立会」、私も参加したかった!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第7話
今回はフリーカメラマン・安田(日野誠二さん)を、溺死事故に見せかけた殺人事件。
普通に酔っ払って、そのままお風呂に入って…というシチュエーションに見えましたけど、グラスの位置とか、泥酔状態でも律儀に脱衣所で服を脱いでることなどに不自然さを思えた絵里子。
いや、たぶんそんな人もいると思いますけど(笑)ドラマヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
しかし対策室の面々は色んな角度から事件を解明して、本領を発揮です。
真美が安田が撮影した大量のポジフィルムをデータベース化して調べてみると、10年前の6月だけが極端に少ない…ってことで、「女子高生ストーカー殺人」に突き当たる訳です。
うーん、ちょっと強引でしたけど、許したろっ!(笑)

で、結局はスクープを撮るために、当時ディレクターだった東郷英憲(小市慢太郎さん)とキャスターの高峰仁美(富田靖子さん)が共謀して、女子高生を見殺しにした…ということだったのですが、仁美は自分の保身の為に東郷まで殺してしまうとは恐ろしい…。
どんなキャスターやねん。(^_^;)

東郷は任意で取調べ中に、急死。
対策室は捜査から外されてしまうのですが、絵里子は単独で事件を調べていました。
今回はちょっといつものチームワークが少なくて寂しかったですが、最後は決めてくれましたね♪
安田の胃の中からは青酸カリが見つかり、わずかな成分でカプセルと、そのカプセルが溶け出すのを遅らせるための物質が見つかり…。
防犯カメラには東郷と会っている仁美らしき人物が映っていて、高度な分析技術(笑)でバレてしまいました。
決定的だったのは、お風呂場の排水溝から見つかった安田の爪の中に、僅かに仁美の皮膚片が残っていたことと、腕の怪我。
マニキュアのトップコートと、もう一つ白い粉(名前ド忘れ:笑)とはまた、仁美はエライその方面に精通してたのね~というツッコミは\(・_\)・・・ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)
事件は無事に解決して、めでたしめでたし。

それより・・・
とうとう浩に絵里子が刑事だとバレてしまいましたよ。
そりゃあんなに堂々とテレビ出演したら、アカンでしょうに~(^▽^;)アハハ
来週は浩がどんな反応をするのか、ハラハラドキドキ…。
しかし、小出しに出すなぁ~(笑)




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
玉山君、「甘えび」の次は「豚足」が嫌いって?
その『毛』繋がりで、毛の処理が甘い女の子は苦手…って、またぶっちゃけましたな。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そういうところが、好きなんですけども~(u_u*)ポッ(笑)
来週の片桐メインの回が楽しみ♪

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク