「オルトロスの犬」 最終話
ラス前からはちょっと盛り上がりましたが、最後までこのドラマで何を描きたかったのか、イマイチ分からないまま終わってしまったのが残念でしたわ。(^-^;A
「人間の醜い欲望」も、ドロドロ加減が爽やか過ぎましたもん(笑)
観終わってみれば、「神の手を持つ悪魔」=竜崎は全然“悪魔”じゃなくて、「悪魔の手を持つ天使」=碧井の方が何人も殺してる割には最後は教師に戻ってたりして、君が一番腹黒いやん!と思ったのは私だけ?ヾ(*°▽°)ノあはは

龍谷村の祖先は隠れキリシタンで、神社も実は教会だったらしい。
“神の手”を持つ子どもが生まれると、次に“悪魔の手”を持つ子どもが生まれる。
それが竜崎と碧井だった…。
爆発に巻き込まれて瀕死状態の巽は、過去に“宿命”から逃げたことを詫び、竜崎の“神の手”を受ける資格はないと拒否。
目を覚ました碧井に「鬼の手は神の手を消し去る。それが使命。」、「救えるのはお前だけだ…」と言い残して、巽は息を引き取ってしまうのでした。

その後、碧井は自分が竜崎と兄弟であるという事実と経緯を両親から聞かされることになるのですが、それを利用しようと企む沢村。
国民の混乱を沈めるために竜崎を抹殺しよう…と短絡的に考えた榊大臣と沢村は手を組み、何やかんやと理由をこじつけて殺そうとするのですが、この辺は蔵之介さんの演技に随分と助けられた感じでしたよね~(^_^;)
蔵之介さんの“猟奇的”な表情は天下一品ですもん。(’-’*) フフ

竜崎はネットの動画を使い、“神の手”を希望する人々を全員を治し、使うのはこれが最後…だと宣言して、“ゲームの相手”を呼び出そうとしたようですが、それは沢村や碧井のことだったんでしょうか。
「神の手の最後」にしては、集まってきた人々の数が少なかったような気もしますが、とりあえず碧井は顔パス(笑)
『万能選手』担当の二宮(笑)は、渚に裏道を案内して途中で追ってきた警察官を阻止。
沢村はゴルゴ13もビックリの銃を構えての待機です。

すったもんだの挙句(かなり割愛:笑)、竜崎はどう乗り越えたのか?なぜか欄干からダムに落ちかけ(笑)、それを助けようとした碧井も一緒に水の中へ。
ザバーン!とめくれ上がる、錦戸君の上半身…(笑)
タッキーはもう、前回裸に革ジャン姿を披露してるので、ここは錦戸君に譲ったわけですな(違)

そこで二人は…というところで、場面は変わって碧井は教師に戻ってる!
しかもあの土手は「金八先生」やん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
結局、ダムから死体が上がらなかった…という竜崎ですが、やっぱり生きてましたよね。
まだ“神の手”や“悪魔の手”の力が残ってるかどうかあやふやなままでしたが、二人に平穏な日々を暮らせる日が来た…ということで、とりあえずハッピーエンド?
途中、無理やり入ってた竜崎と渚の恋愛ストーリーですが、最終回では完全スルー(笑)
ドラマは一体何処へ行くのやら?と心配してたので、ちょっと安心しましたよ。(^^ゞ
熊切親子はすっかり改心して、息子・勝は加奈親子に謝罪。

しかし、病院に入院中の子どもたちが自分のことより他の子たち、最後は院内学級の先生の肩こりを治してあげて…とは、竜崎にとって何とも皮肉なものでしたね。
それを見ていた榊大臣は、あっという間に改心(笑)
無所属となって一から出直し…って、やっぱり彼女は根っからの政治家なのね。(^_^;)
何だかんだとツッコミは入れましたが、最後は予想外にハッピーエンドで良かったです♪



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

公園で一人涙を流す竜崎に、そっと近寄ってきた女の子…。
その子の手には「コアラのマーチ」!
気になってしょうがなかったですわ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

やっと夏ドラマのレビューが終わりました。ヽ(´ー`)ノ ふぅ~

テーマ : オルトロスの犬
ジャンル : テレビ・ラジオ

「オルトロスの犬」 第8話
予想通り、竜崎と碧井はやっぱり兄弟でしたわ~。(^.^)
しかし父=平田満さん、母=回想シーンの女優さんで、あんなに男前な子どもが?(^-^;A
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)

竜崎から唯一治療を受けた加奈の母親は、世間から嫌がらせを受ける羽目に…。
そんな二人を救ってくれたのが神父の巽(平田満さん)という男だったのですが、どうやら病院の爆弾騒ぎを指示していたのは彼の仕業だった。
“神の手”を持つ竜崎が世間に知られることなり、『龍谷村』の悲劇の二の舞にならないように…ということだったようですが、実の息子を殺そうとするなんて恐ろしいですわ。(^-^;A
おじいちゃんも“悪魔の手”を持つ弟を殺そうとしたみたいだし、ここの親子ったら~(苦笑)
ま、それは母親が無理心中を図ったように見せかけて、子どもだけは助けた…ってことで、碧井夫妻が引き取って育ててくれていたらしい。

竜崎から、息子・涼介に真実を話すよう言われ、それを聞かされた碧井は実の父・巽がいる教会へ…。
でも巽の方は碧井が自分の息子とは知らなかったみたいですが、竜崎を道連れにするはずが、もう一人の息子が生きていると聞かされついでに…みたいな?
ダイナマイトも作れますねん的な神父さんは、どこまで暴走するのか…。
久しぶりの親子ご対面は、とんでもないことになってしまってましたよ~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

で、沢村の指示で二宮がダイナマイトの時限装置に細工していたお陰で、教会は大爆発!!
重傷を負った3人ですが、病院で竜崎は碧井に“神の手”を使ってました。
そしてそのまま運ばれて行く巽…というシーンですが、病院関係者はもう一人の重傷患者・竜崎を放っておいてどうするねん??
と思いきや、自分で治してますやん!(笑)
そういう段取りがあったのね~って、感心してる場合かっ! (≧∇≦)/☆(.. )
以前、「自分で自分は治せない…」と言っていたのに、やっぱり治せる…ってことで、それを目撃した千春。
竜崎と碧井のDNAを上手く採取したのも彼女だし、今回は色んな意味で大活躍でしたわ♪(^.^)
『新薬開発プロジェクト』に正人も入れたみたいだし、彼も骨折り損で終わらずに済んでよかった(笑)
最終回に向けて、ちょっと盛り上がってきました!(’-’*) フフ



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

教会が大爆発して、加奈やその母親。
それに教会で暮らしていた子どもたちがどうなったのか、ちょっと心配。
そういうところは、全部スルーなのがこのドラマの良いところ(笑) コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )

テーマ : オルトロスの犬
ジャンル : テレビ・ラジオ

「オルトロスの犬」 第7話
錦戸君がインフル→緊急特番→復活…の回だった訳ですが、ちょっと控えめな出番でしたかね。(^▽^;)アハハ
で、竜崎と共に南紀白浜で姿を隠していた渚ですが、娘の澪ちゃんを千春に預けていたばっかりに、沢村に筒抜けであっという間に居場所を知れてしまう羽目に…(^_^;)
折りしも、美澄総合病院に「竜崎の“神の手”を使って、入院患者を治さなければ爆破する」という爆弾騒ぎがあり、榊や沢村の思惑で竜崎たちは急遽戻ることになった訳ですが、ヘリを用意されるも車で…ってところは、ちょっとした“反抗”だったんでしょうかね。
ちょっとショボイけど(笑)

そして大半の患者さんたちは爆弾騒ぎで病院から避難したものの、数名の患者さんは竜崎に治してもらおうと立てこもってました。
その中にいたのが、加奈の父(布施博さん)。
といっても、小さい頃に別れた父親の顔を知らない加奈。
彼は患者を装って病院に入り込んでいたようですが、「治す順番を皆さんで決めてください」と言う竜崎に加奈の母親を一番最初に治すよう指示。
無事に意識を取り戻した母親が、爆弾犯は夫だと気づいたようですが、結局父親も借金をチャラにしてやるという条件で何者かに指示されていたらしい。
自分が爆弾犯だと告白した後、竜崎をナイフで襲っていましたが、これも指示されて?
この人物が誰なのか気になるところですが、竜崎の居場所を突き止めて襲わせるだけのためだったら、かなり大掛かりなことをやりましたよね~(^-^;A

ところで、二宮が沢村に『龍谷村』の秘密みたいなことをベラベラと喋らされたようなのですが、例のアニメに気を取られて殆ど覚えてません(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
最後に現れた巽(平田満さん)という男が“神の手”と“悪魔の手”の存在を知り、何か鍵を握る人物なんでしょうかね。
次々と登場人物が増えて、どうも後出しジャンケンのような気分になるのは私だけ?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

加奈の携帯ストラップに使われている「お父さん」がまたもやアップになったり、澪が食べてたお菓子が「ロッテ パイの実」だったり…と、相変わらずスポンサーさんへの気配りが凄いの何の(笑)

テーマ : オルトロスの犬
ジャンル : テレビ・ラジオ

「オルトロスの犬」 第5話
タッキー演じる竜崎は「悪魔」というよりは、自分の“神の手”に群がる人々に失望している…という感じでしょうかね。
お約束の「アンタは俺に何をしてくれる?」という言葉は、そんな人々を試していると見た!
・・・って、気づくの遅い?(笑)

次に榊が“神の手”を使うように言ってきたのが、人気歌手のレイ(平原綾香さん)。
彼女は喉のガンで余命一ヶ月…。
病気を治して、彼女を応援するファンたちを支持者にして取り込もう…と企んでいたようですが、人前ではなくあくまでも控え室で内密に。
そんなことを竜崎が聞いたら、余計に天邪鬼になるに決まってますやん(笑)
ま~病院内のホールでレイが歌うシーンは、\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ

力尽きて倒れたレイに駆け寄り、「客を残して舞台から逃げるのか…」と問いかけた竜崎。
彼女の歌いたいという気持ちを確認して、差し出したマイクを受け取ろうとしたその時、竜崎は“神の手”を使ったようです。
これは榊の命令というよりは、自分の意志で…という感じでしたよね。
その後、何事も無かったかのように歌い出すレイ。
結果的にみんなの前で治してしまったわけですが、あまりにも自然だったので、竜崎の“神の手”に気づいた人の方はいなかったかも…。

そして竜崎の“神の手”を知ってしまった正人。
「研究させて欲しい…」と願い出たはいいけど、竜崎に言われるまま渚を差し出してました。
そんなこととは知らない渚は、正人に騙されて…(^_^;)
期待通りのキャラで、( ^ー゜)b グッジョブ!でしたけど(笑)、可哀想なのは渚。
そして竜崎もまた、正人の“裏切り”に失望したはず。
しかし、まさか渚にキスするとは思いませんでしたわ。
そんな展開でしたっけ?ヾ(*°▽°)ノアハハ 色んな意味でビックリ(笑)

一方、碧井の“悪魔の手”を利用しようと企む沢村。
まずは全てを知る人物・熊切勝を…と指示する訳ですが、渚が駆けつけるも、目の前で勝に手を掛ける碧井。
海へ突き落としていましたけど、碧井の手は光ってなかったし、殺したというよりは、たぶん逃がしてたようでしたね。
こっちの方も気になるところ…。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

何だか、アニメが楽しみ♪(笑) オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )

テーマ : オルトロスの犬
ジャンル : テレビ・ラジオ

「オルトロスの犬」 第4話
勝から渚の伝言を聞き、娘・澪の病室へ現れた竜崎。
「喘息を治してやろうか?」の竜崎の言葉に、どれだけ渚の気持ちが揺れ動いたか…(^_^;)
でも結局、母親ではなく刑事として逮捕する渚。
そこへ警察の人間たちが入ってきて、竜崎を連行した訳ですが、てっきり警察へ連れて行くと思いきや、沢村の指示で向かった先は榊大臣のところ。
榊大臣の心臓病を“神の手”で治した竜崎は、無罪放免。
冤罪として扱われ、自由の身を手に入れたようです。

このときは、さすが悪魔やな…と思いながら観ていたのですが、最後の最後に、実は死刑判決を受けた殺人は元警官でホームレス・二宮が手を下していて、竜崎の“神の手”をビデオに収めようと企んでいただけだったみたいですわ。
3人を殺害した後、なぜ竜崎が“神の手”を使わなかったのか、ずっと謎だったのですが、これで解りましたよ。(゜-゜)(。_。) ウンウン
しかし死刑判決を受けても、竜崎はなぜ真実を話さなかったのか…?
また新たな疑問(笑)
もう一つは、本当の苗字は『竜崎』ではないらしい。
・・・・ということは、やっぱり碧井と兄弟ってのも、アリ?

そして沢村は碧井の“悪魔の手”を確かめるため、彼の部屋に部下を送り込み、勝が襲ったと思い込ませて『実験』に成功。
今まで顔出しバリバリで襲っていた勝が、何で急に覆面?
・・・と、かなり不自然だったのは、そういうことだったんですね。(^-^;A
殺されそうになり、つい“悪魔の手”を使ってしまった碧井は、渚に連絡を入れて自首しようとしたものの、死体はすっかり片付けられていて、争った形跡まで完全に消されていました。
これで碧井が“悪魔の手”を使ってしまったのは、合計4人。
どうやら、彼はすぐに罠にはまってしまうようですな。(^_^;)
で、沢村は殺された部下を千春のところへと極秘で運び、さらに詳しく調べさせようとしているようです。
普通なら引きそうな沢村の企みですが、千春は逆に興味津々…?(^▽^;)アハハ

しかし高畑淳子さん演じる榊大臣は、かなりの悪キャラですやん。
最近何かのTVで観た「マリバロン」(by 仮面ライダーBLACK・RX)のお化粧でも、十分いけそう(笑)
戦隊&ヒーローモノの悪役をされてたなんてビックリ!と思ってましたが、今回の悪役もそれに通じるような気もしますわ~(’-’*) フフ




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

今回は渚の家の食卓の上に、さり気なく置かれた『お父さん犬』。
もう~自由自在ですやん♪(笑)

テーマ : オルトロスの犬
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク