「おひとりさま」 最終話
校長の家の前での告白だったために、バッチリ見られてしまった訳ですが~
「認められない!」は教師同士だからではなくて、真一がまだまだお子ちゃまだから…という意味だったようですね。
真一って結構しっかりしてる時もあれば、度々言動に「あれ?」と思わせることもあって、確かにキャラがコロコロ変わって不安定でしたけども(笑)
で、どちらか一方が教師を辞めれば解決する…と考えた真一は、あっさり辞める決意を。
あ~、やっぱりお子ちゃまですわ。(^-^;A

そこへ、今度は君香が「神坂先生とお付き合いしたいので、クビにして頂いても結構です!」と職員室で堂々と告白。
さすが“クリオネ女”はやることが大胆ですわ~(笑)
ところがその流れで真一は「僕が付き合ってるのは里美さんです!」と断り、こちらも堂々と宣言してしまいましたよ~。
といっても「里美?誰?」と、皆さんは秋山先生の下の名前まではピンとこなかったらしい(笑)
しかし君香といい、真一といい場の空気を読まないというか、めちゃお子ちゃまですやん。(^_^;)
意外と同じような性格の二人だったのね(笑)

この事態に教頭たちは校長の責任問題だと詰め寄る訳ですが、そんなやり取りを聞いて、里美は「自分たちが別れます!」と言い出しました。
真一が校長の息子だということはもちろんですが、教師としてやっと馴染んできた彼にここで辞めさせる訳にはいかない…と思ったようです。
でも里美の真意が解らない真一は、プンプン!ですわな(笑)

しかし、ここは周りも黙ってません。
冴子も「自分の目指していた秋山先生じゃない…」とバッサリ言ってくれたし、君香も「一度は私のように恥ずかしいこともしてみれば?」と助言。
さすが、説得力がありますわ(笑)
博之も、腐る真一に「年齢差はどうしようもできないんだから、お前が大人になれ」とナイスなアドバイス♪
この博之キャラ、このままじゃ可哀想やん…と心配してたら、最後は君香とイイ雰囲気になってたのでホッとしましたわ。
お子ちゃまな君香には、実はピッタリかも(笑)

で、最終的には真一を選んだ里美が、終業式の生徒の前で「辞めちゃう宣言」をした訳ですが、これがまた大人な生徒たち(笑)のお陰で丸く収まりましたよ!
PTAの会長の娘の生徒、後援会長の娘・君香。
めちゃ都合良すぎるわ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ま~そこがこのドラマの持ち味なので、最後までブレずに良かった(笑)

しかーし!
何を思ったか、里美と付き合うために“一人前の男”を意識した真一は、教師として西表島へ。
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
この単純さには、もう笑うしかありませんて(笑)
しかもクリスマスも待たずに行ってしまった…ということで、“おひとりさま”を満喫する里美。
そうそう!彼女は一人が好きなんですよ。
決して誰も必要じゃない…ではなく。
養護教諭のちひろのキャラって、結構いつも核心をついてて好きでしたわ。

最後は、真一が戻ってくるというサプライズ♪
早とちりにも程がある~ヾ(*°▽°)ノあはは
真一が背伸びしてキス…って、逆やないか~(笑)


ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

そういえば、里美のキャラって“歴女”やったやん!
・・・と思い出させてくれた君香との戦国居酒屋でのお食事シーン(笑)
取ってつけたみたいで、笑わせてもらいましたよ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : おひとりさま
ジャンル : テレビ・ラジオ

「おひとりさま」 第9話
元カレの省吾(袴田吉彦さん)とお見合い相手の二階堂(中村俊介さん)。
二人から同時にプロポーズ…って、里美のモテ期到来ですやん~♪
「漁火」での鉢合わせは、別に二股を掛けていた訳ではないとはいえ、本当ならかなりの修羅場!
しかし、サラッと軽くスルー。
ドロドロ路線のドラマではないので、里美は助かりましたな(笑)

そしてこの状況になって、やっと真一への気持ちが本物だと気づかされた里美。
“クリオネ女”君香が真一を両親に会わせるつもりだと知って、いくら後援会の娘と校長の息子だと自分に言い聞かせてみても、やはり心穏やかではありません。
省吾と二階堂を呼び出した里美は、きちんとお断りすることに…。
やっぱり5年前の指輪の使い回しじゃね~(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

で、そのまま君香の家へと急いだ里美ですが、「片想いの人がいる…」と真一は玄関先で帰ったらしい。
それでも君香はまだ諦めない…って、どこまで粘着体質ですのん(笑)
さすが、狙った獲物は逃さないという感じでしょうかね。
でも松下さんがそんな台詞を言っても、爽やか爽やか~(’-’*) フフ

そして校長宅へ住むことになった真一のもとへと向かった里美ですが、告白シーンは色んな意味で上から(笑)
しかし当の真一は無言?
と思いきや、感動して涙ぐんでたりして可愛いですやん♪
そのまま二人はイイ雰囲気に…というところで、「私が許しません!」と様子を見ていた校長からダメ出しですわ。
\( ><)シ ギャー いつから見てましたん?
告白が校長の家の前というシチュエーションは、失敗しましたね~(^_^;)

ということで、最終回はどうなるのか何気に気になりますやん(笑)
教師同士の恋愛はご法度ということで、誰が辞めるやら辞めないやら…
先生って、大変。(^-^;A





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

しかし二階堂さんを振ったのは、勿体なかったな~(笑)

テーマ : おひとりさま
ジャンル : テレビ・ラジオ

「おひとりさま」 第8話
真一からの突然の告白で、里美どうする??
とりあえずドキドキしながら観てましたが(笑)、結局有耶無耶に誤魔化してしまったようですね。
さすがに10歳年下&校長の息子という壁は高かったか~(^_^;)
「好きになったかもしれない」も、ちょっと微妙でしたけども(笑)

そんな時、君香から強引にドライブに誘われる真一。
“クリオネ女”な君香は、わざと車のキーを失くしたやら、果実酒を飲んでしまったやら…
と、あの手この手で真一引き止め作戦を決行(笑)
まんまと罠にはまってしまった真一ですが、“草食男子”な彼は何事も無く一夜を明かしたらしい。
里美は久しぶりの“おひとりさま”を満喫したようですが、真一のことが気になって仕方がない様子。
何だかんだ言いながらプリンを2個買ったり、夜中まで連絡を待ったり…と落ち着かない一夜を過ごしてました。
一方、そんなこととは知らない真一は、里美は自分のことを何とも思っていないと思い込み、連絡も入れずに…。(´ヘ`;)ハァ
帰って来ても、里美の素っ気無い態度に、置手紙を置いてとうとう家を出てしまってました。
同居を続けると里美に迷惑を掛けてしまう…と思ってのことだったようですが、真一がこぼしたコーヒーの染みを見る度、楽しかった同居生活が走馬灯のように思い出されて落ち込む里美。
自分の置かれてる立場や状況を気にして素直になれないのが、何とも切ない感じでしたね。(・_・、)

そしてお約束の、周りに同居がバレそう~になる展開ですが、1度目は校長が、2度目は君香が機転を利かせてくれたお陰で無事に免れたようですわ。
お礼を言う真一に、「二人の秘密が出来た」と強引にキスする君香。
どんだけ、積極的ですのん~ヾ(*°▽°)ノあはは
そんな二人の様子を目撃してしまった里美が、バーでクダを巻いてるところへ現れたのが、元カレの省吾(袴田吉彦さん)ですわ~。
袴田さんにこういうキャラを演らせたら、右に出るものはいません(笑)
二階堂さんも再登場するみたいだし、次回は里美モテモテの巻~♪になりそうですやん。
羨ましすぎる!(≧∇≦)ノ彡バンバン!





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


マンションの外で「キャー」と叫んで里美と真一をベランダへ誘き寄せ、二人が一緒にいる決定的瞬間写メを撮ってたみなみですが、あんな悲鳴を聞いて他の住人は出てこなかったんでしょうか?(笑)

テーマ : おひとりさま
ジャンル : テレビ・ラジオ

「おひとりさま」 第7話
今回は里美の母・文代(高林由紀子さん)がいきなり上京してきて、すったもんだ~の回だった訳ですが、真一との同居を知っても意外と大丈夫だったようですね。
確かに、真一は見るからに草食系だし、「家を借りられるようになるまで、住まわせてるだけの同居人」と言われれば、「そうですね」みたいな(笑)
それと、真一のキャラって、おばさま達にはウケがいいかも♪(^.^)
母親の顔も知らずに育った真一にとっても、何だか自分のお母さんみたいな感覚になってしまったというか、一緒に買い物へ出かけたり…と、本当の親子のような雰囲気。
里美はイライラをつい文代にぶつけてしまってましたが、三者懇談のことで頭がいっぱいだったこともあるけど、自分の母親を取られてしまったような寂しさも少しあったんじゃ?
暫く3人の不思議な同居生活を送った後、里美と真一はもしかしたらお似合いなのかも…と感じる文代。

そんな時、校長から打ち明けられた事実。
真一は予想通り、やっぱり息子でしたか…。
で、校長は学園を継ぐのが嫌で家を出て結婚したものの、病床の父親からの願いとあっては、断りきれなかったらしい。
しかし自分の息子にも同じ思いはさせたくない…とまだ幼い真一を置いて出たようだけど、この選択は今となってはどうだったんでしょうかね。
真一の方は、そんな母親に振り回されてる気がしないでもない。(^_^;)
校長は何かと里美とは趣味も気も合ってたみたいだし、この辺の告白の流れは自然でしたが、聞かされた里美の方は複雑ですわ~(^-^;A
真一のことが好きかも?みたいなことになってるところですし…。
そうとも知らず、里美の様子が気になった真一がカラオケに誘って、まさかの展開です!(笑)
母親に対する思いを聞かされて、それでも強がって見せる真一の姿に涙し、思わず抱きついてしまう里美。
カラオケの店員が入ってこなかったら、あの後どうなってたことやら?(笑)
・・・・と、思いながら観てたら、歌舞伎を観終わった後に真一からまさかの告白ですわ~。
“草食系”の真一の心の動きがイマイチ判らなかっただけに、これはビックリ!
しかし予告ではとうとう二人の同居がバレてしまうみたいだったし、ベタな展開ながら、次週はちょっとドキドキさせてくれそうです。(^.^)




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

真一ったら、カラオケで本気で唄い過ぎ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : おひとりさま
ジャンル : テレビ・ラジオ

「おひとりさま」 第6話
お見合いした二階堂の一言で、真一を意識してしまうようになった里美。
しかし予告で「もうガマンできないんですっ!」みたいな真一の台詞がありましたけど、これもどうせ“ひっかけ”やろ~?と思いながら観てると、案の定お腹を壊しただけでした。
相当、根性が曲がってます(笑)σ(^_^;)
でも、真一が何を食べてお腹を下したかは気になる!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そんな時、期末テストの問題を作成するよう言われた真一。
しかしテストは不備だらけで、里美から叱られてしまう始末。
といっても、初めてなんだから仕方が無いですやん~(^_^;)
その心の隙間にスッと入ってくるのが、「クリオネ女」こと君香な訳ですわ(笑)
二人はいろんな面で意気投合♪
そんな様子を見て、里美もあせりますやん。
しかも真一が君香とデートの約束をしてる?
結局、それは博之に頼まれた真一が約束を取りつけていたのですが、てっきり真一が現れると思っていた君香はガッカリ。(^-^;A
真一にとって、君香は全く恋愛対象では無さそうですが、今のところ里美も同じ状態ですよね。
いや、同居してる…ってことで、とりあえず一歩リードかな?(笑)

それにしても、冴子に元カレがいたとはビックリ!
東大出身で順調な人生を送る…はずが、会社が倒産したことですっかり自信を無くし、その後は何をやっても上手くいかず自暴自棄に。
冴子はそんな彼に嫌気がさして振ったようですが、学校内に無断で入り込んだりしてちょっとしたストーカーですやん。(^_^;)
東大を目指していた優等生の圭子(草刈麻有さん)が、そんな彼を見てやる気を失くしそうになったところで、里美の説得が功を奏した訳ですな。
ついでにストーカー男も改心して、一石二鳥です(笑)
「好きな人が出来ちゃった♪」は、全校生徒に聞かれてしまってましたけども~ヾ(*°▽°)ノあはは

ベタベタな展開ながら、結構楽しんで観てます♪(^.^)




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

徹平くんの身長が気になるところ(笑)
ありさちゃんといい、松下奈緒さんといい、女性陣が高いから余計に目立ちますやん~(^^ゞ

テーマ : おひとりさま
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク