「曲げられない女」 最終話
う~、とうとう終わってしまったんですね。(・_・、)
何なら、まだまだ永遠に続いてくれても…(笑)
しかし最後に一番ビックリしたのは、正登キャラ。
途中、「何じゃ?この男はっ!(怒)」とTV前で思わず罵倒しかけそうになったのに、最終回では「ドラマの中で、一番好きキャラに昇格させてあげても良くってよ」的に、ダダーン!と好感度UPしましたがな~(笑)
どんだけ上から目線ですのん。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
やはり塚本君が演じたお陰ですよね。(←ゲンキン)

口述試験当日、会場で陣痛が起きてしまった早紀。
思い余って「そんな子どもは、私には必要ありません!」なんて言ってしまったものの、すぐに我に返ってくれて良かったですわ。
で、一瞬は諦めかけたものの、陣痛がピタッと止まって試験は無事に受けられたらしい。
その後、病院へ運ばれるシーンは非常に急いでいたので、お約束の早回し(笑)ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ

母のようにたくさんの人の心に光を灯す人間になって欲しい、私と同じようにかけがえのない友達に出会って欲しい…という思いを込めて、『灯』(とも)と名づけられた女の子。
藍田と璃子の感動と優しいまなざしに包まれて、母子共に幸せそうでしたわ。
試験が終わったらプロポーズすると決めていた藍田ですが、そこへ本当の父親・正登が現れて、思わず「婚姻届」を引っ込めてしまったじゃないですか。(^▽^;)
それに正登の早紀や灯に対する“思い”には感動というか、藍田はやはり完敗でしたかね~。
「お前はすごくラッキーなんだぞ。荻原早紀の娘に生まれたんだから…。何かあったら、いつでも助けに来るから。全力で灯のこと守る…」の正登の言葉に、涙腺緩みましたもん。(ノ_<。)うっ
その後、藍田は再びプロポーズを試みるも、合格発表の日を勘違いした中島先生が現れて、またしても言い出せなくなってしまう羽目に…。
結婚ってやっぱり“ご縁”?と思ってしまった(笑)(^_^;)

そして璃子は、家を出て介護福祉士の資格を取るために一人で頑張ることに…。
しかし、義母の介護の為に家には毎日通うようだし、二度と会えないという訳でもないのに、二人の子どもたちの号泣姿にはちょっと引いてしまいましたわ~(^_^;)
璃子を引き留めた夫の言葉にも、彼女とヨリを戻したいという気持ちはこれっぽっちも含まれて無さそうでしたしね。
ただ、これで本当の他人になってしまうのね…と、しみじみと涙を堪えている義母の様子にはウルッときましたけども。

そんなこんなで、発表当日…。
やったー!「33」があった♪     …夢か~(^-^;A
えぇっ!?  不合格?        …また夢?
そして今度こそ・・・・・・・(一旦、CMで~す:笑)
中島先生の事務所で報告を待つ面々でしたが、正登によると今はHPでも確認できるらしい。
いや、それでも本人の口から…とか言いながら、パソコンの前に集まってしまう皆さん(笑)
そこへ早紀が戻ってきたのですが、結果は残念ながら不合格でした。
最初から今年が最後と決めていたせいか、意外にさっぱりとした表情でしたよね。
ところが一人になってみると、やはり悔しさのあまりみるみる涙が溢れてしまう…(・_・、)
そんな早紀の気持ちを感じ取ったのか、家にやって来た藍田は目の前で「婚姻届」を破り捨てます。
「今のお前とは、こっちからお断りだ!
今まで通りの、バカでフンコロガシみたいな荻原早紀が好きなんだ!」
横にいた璃子も、何かを言おうとした途端・・・・こちらも陣痛が始まったようです!

しかし璃子は陣痛に苦しみながら、早紀に司法試験を受け続けさせるために「嘘」をついて、“シャッター”を開けさせるんですよね。
これがまたいつも以上に大声で怒鳴る上に、めちゃくちゃ長い!(笑)
病院であんだけ叫んでも大丈夫なのかい?って、観てる方が心配してしまったぐらいですもん。(^▽^;)アハハ
「人生なんて、答えが分からないから楽しいじゃない!
自分の力で何とかできるから、面白いんじゃないのっ!
周りの目は気にしないで、自分の思いはいつか伝わると信じて不安と闘ってきたの。だから後悔してない!」
その言葉を聞いて、不敵な笑みを浮かべた璃子。
「それだけ偉そうなこと言っといて、自分は諦めます!ってのは通用しないよね?」
あ~、まんまと引っかかった早紀。(’-’*) フフ

そして無事に生まれた男のは「光」(ひかる)と名づけられ、早紀の母親の字をもらい、ファンだった光GENJIにもかけているらしい。
そうそう、その時代ですよね~(笑)
そこへいつものようにひょこり現れた正登でしたが、実は善隆と璃子の子どもたちを連れて来てくれてました。
またしても、正登の好感度UPですやん♪

そして数年後…。
灯は早紀に瓜二つな女の子に成長。
子役の子は姿かたちがそっくりでしたけど、もしかして最初の一瞬は菅野さんの顔を合成?
で、慌しく支度する早紀のスーツ姿に、必死で「バッジ」を探してしまいましたやん~(笑)σ(^_^;)
どうやら翌年にちゃんと合格できていたらしく、今は中島先生と共に法律事務所を…。
正登もちゃんと弁護士として働き、早紀と灯とは良い関係を築いている様子。
しかしビックリしたのは、璃子と藍田がくっついてたことですよ~。
しかも璃子のお腹の中には…って、さすがにリアル妊婦さんだから、無理やりな設定は仕方がないか(笑)
でも我に返って考えてみると、合計4人?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

いや最後の最後まで、本当に楽しませていただきました!(^.^)



ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

お金持ちのイケメンと結婚して、幸せになったはずの横谷さん。
ところが旦那さんに内緒で多額の借金を作って、離婚を言い渡された…と相談に来てました。
そうそう、人生って先が分からないから面白いんですもん。(^_^;)
あっ!私も今まで一人で「爆笑」使ってました(笑)
ゴメン!ゴメン!(≧∇≦)ノ彡バンバン!


冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「曲げられない女」 第8話
今回は途中から泣けて泣けて、それはもう大変でした。
鼻水も大サービス!
何か、久しぶりに出ましたわ(笑)

「子どもも司法試験も諦めない」
そう決心した早紀は、理解してもらえなかった璃子と藍田とは決別してしまう羽目に…。
後悔しても時すでに遅し。
夢の中に“もう一人の自分”が現れて、ワインやチーズで誘惑しまくりです。(^_^;)
「たった一言、言うだけでいいんだから~」
でも「ごめんなさい」と謝るのではなく、ヒントは…「生まれてから一回も言ったことがありません~!」という言葉らしい(笑)

そんな時、無理がたたって風邪をひいてしまった早紀。
メガネも壊れてしまい、貯金箱のお金を…というところで、それは滞納中の家賃に消えてしまいました。
紙袋一杯の重い専門書を古本屋さんに売っても、2100円。
とうとう風邪をこじらせて倒れてしまった早紀は、お母さんから譲り受けた大切なペンダントも手放すことになってしまい…(・_・、)
お金は底をついてしまったわ、独りぼっちだわ…で、心細い気持ちを抱えながら伏せっているところへ、「大丈夫か?誕生日だろ?」と正登がバラの花束を抱えてやって来ましたやん。
「最初から俺と結婚していればこんなことにはならなかったのに。
お前が心を入れ替えてくれるなら、結婚してやっても構わない。
子供の為にも両親がいたほうが良いに決まってるし…」
う~、どこまでも上から目線で自分中心な男なんだ~(^_^;)
「息子が暴れて困っている」と駆け込んできた母親(酒井麻吏さん)をそのまま突き帰そう…としたけど、早紀は顔に怪我を負っている母親の様子を見て仲裁に入ることに。

「俺なんて、生きてる意味ががない!死んでやる!」
自棄になって叫ぶ大学生・今田(市川知宏さん)に、早紀のシャッターが開きましたよ。
「独りぼっちっていうのはねぇ~、あんたが思ってるほどそんなに甘いもんじゃないんだよー!
あんたには心配してくれる人がいる!
私は両親も死んだし、たった二人しかいなかった友達にももう二度と会えないんだっ!バカヤロぉーー!!」
「生きる意味なんてありません。私たちに必要なのは、生きる意志です!」
このシーンは、号泣しながら何度も巻き戻して観てしまいました(笑)

「何調子こいて喋ってんだよ、ばばぁ!」
「ばばぁではありません!荻原早紀です!」
・・・といつものように正確に言ってるところで(笑)、話は意外な方向へ~。
実はこの大学生、早紀の父親・義紀が自分の命を投げ出してまで助けたベビーカーの赤ちゃんだったらしい。
うわ~。
そういえばお母さん、「新潟へ帰ろう…」とか言ってましたな~。
世間、狭っ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
普通ならツッコミどころですけど、全然気になりませんわ(笑)

「人は誰かに助けてもらって生きている。生かされている…。」
そう気づいた早紀が部屋に戻ろうとしたところで、一部始終を聞いていた璃子と藍田とバッタリ!
そりゃビックリもするし、ホッとして気も抜けるってもんですわ~(^▽^;)アハハ
藍田は匿名を名乗る人物から「人を楽しませる仕事とは?」という分厚いレポートが届き、璃子は「娘さんが大変だから、電話をしてやって欲しい」とお母さんに頼んでくれてたと知り、早紀のところへやって来てたんですよね。
もちろん璃子にも、作成途中の分厚~いレポートがありました。(^^ゞ
そんな早紀がやっと気づいたという、二人にかけた大切な言葉は・・・
「助けてください」
ををー!そうきましたか~!
でもそれは璃子も藍田も、同じ気持ちだったのですよね。
あっという間に仲直りした3人は、藍田が作ってくれた誕生日のご馳走とケーキを食べ、「BEAT IT」を真顔で踊る訳ですな~(笑)
そして一番のサプライズは、早紀が泣く泣く手放したペンダントを、たまたま早紀に送り返された私物を売りに行って見つけた璃子が買い戻してくれていたこと!
これには、もう頭が下がりましたわ~。

父親に無理やりさせられたお見合い話は断ったのか?、料理人として修行することにした藍田。
璃子は意地悪な義母や、愛人とは全く別れる気配の無い夫に離婚届を差し出した…というところで、お姑さん倒れてました?
なのに、ブチっとシーンがぶち切れてあっという間に10月。(/_;)/アレー どうなるの~?
で、口述試験日と分娩予定日が同じ『10月23日』ということは、こりゃまた一波乱起こりそうな予感。
ていうか、そこへ結婚式場から逃げてきた正登の姿が?
(  ° ▽ ° ;) エッ
あの日、正登は「横谷さんとデートなので…」と言い残してあっさり帰ってたくせに、ここまできて今更我に返ってどうする?(^_^;)

最終回は15分拡大なんですね。
3/17って書いてあったけど、思わずカレンダーで確認しましたやん~(笑)
紛らわしい~(^▽^;)アハハ




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


何だ!あの藍田が作ったオシャレな“アボカド“サラダは~!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
わが家ではワサビしょう油でそのまま食べるか、せいぜいサイコロ状に切ったマグロのお刺身と和えるぐらいしか食べたことがありません!(きっぱり)

そして、あのピンポンダッシュ!
懐かしい~(笑)


冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「曲げられない女」 第7話
早紀の妊娠は、やっぱり本当だったようですね。
母が亡くなった後に…と成り行きの一部始終を女医さんに説明してる早紀に爆笑でしたわ(笑)
しかし、事が事だけに笑ってばかりもいられず…(^_^;)

このまま司法試験を諦めるか、夢を実現させるために子どもを諦めるか…
迷ったときは文章にしてレポート風にまとめるのが早紀の中の『決まり』らしいのですが、あの分厚さ(10cm近くはありましたな)は相当悩んだ証拠という訳です。
ちょうどその頃、中島法律事務所に不倫の末に子供を産んだものの、認知してもらえない…という相談者がやって来て、現実の厳しさを思い知る早紀。
璃子も3人目を妊娠していて、女一人で子どもを育てるのはどれだけ大変かと切々と訴える。
しかも父親である正登には告げず、一人で選択しようとしている早紀を見るに見かねて、勝手に知らせてしまう訳です。(^_^;)
結果は正登の3度目のプロポーズ。

早紀は、現状の自分には子どもを諦めるしかない…と決心していて、今まさに藍田に承諾書のサインを頼んでいたところで、それを知って激昂する正登。
一人で決意した早紀に激怒するのはまだ許せるとして、夢を否定するのはどうかと思いましたわ。(^-^;A
もしこのまま正登と結婚しても、たぶん事あるごとに否定されてしまいそう。
藍田の言う通り、「自分の立場でしか物を考えない男」ということなんでしょうね。
やはりプロポーズが受け入れられることは無く、そのままケンカ別れ…。

翌日、病院で認知してもらえなかった相談者の母親に偶然会い、その流れで不倫相手の元上司の会社に乗り込んで、警察沙汰になってしまった早紀。
でもこの出来事がきっかけで、早紀は「司法試験も子どもも諦めない」…という選択肢を選ぶことになった訳です。
川で溺れた子どもと夫、どちらを助けるか?
早紀は二人とも助けて、自分がボートから降りて泳ぐ…という道を選んだということですわ。
ところが、璃子にも藍田にも賛同してもらえなかった。
おまけに早紀を説得しようと、璃子が「日記」を読んだと口を滑らせてしまったことで、今回は逆に“心のシャッター”がしまってしまったみたいです。(^▽^;)アハハ

「これは私の人生なの!あなたたちには関係ない!
どうしても私のことを理解してくれないなら、そんな友達は私には必要ありません!」(きっぱり)

(^_^;)ウーン 何もかも理解してくれるというのが「友達」ではない。
それじゃ、正登の言う「馴れ合い」ですやん。
いろんな考え方があって当たり前だし、それを相手に押し付けるんじゃなくて、意見として反論してくれる。
そういう存在が本当の「友達」だということに、早く気づいて欲しいですわ。

とうとう璃子は長部家へ土下座して戻り、藍田は元カレの子どもを産むのを傍で見るのは辛いから…と離れていってしまいました。
しかし3人目の子どもがお腹の中にいるとはいっても、そう簡単には受け入れてもらえないでしょうね。
何たって、あのクソババァですもん(笑)
藍田も「争いごとが一番嫌い」と言っておきながら、街ですれ違いざまに肩がぶつかったお兄ちゃんたちと大立ち回り。
すっかり自暴自棄になっております。(^-^;A

「私はバカだ。32になって
 やっと出来たたった2人の友を
 失ってしまった…」

とはいえ、予告では3人仲良く踊っていたようなので、早くも仲直りしてるっぽいですね。(´▽`) ホッ
早紀に「弁護士の夢も子どもも諦めない」…と宣言された正登は、とうとう横谷さんにプロポーズしてましたが、“目”が思いっきり死んでました(笑)
なのに、今度は4度目のプロポーズ?
うーん ワカラン!
で、今度こそ指輪は捨ててしまったので、次回はバラの花束で~?(≧∇≦)ノ彡バンバン!







ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

リアル妊婦な永作さんに、「最近、何かお腹が出てると思ってたら…」って、そんな台詞あり?
まさか、谷原さんのアドリブ?(笑)


冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「曲げられない女」 第6話
勉強中に倒れてしまった早紀でしたが、とりあえず過労ということで一安心。
…と思ってたのに、最後の最後にどんでん返しがありましたやん~(^▽^;)アハハ

子どもたちを内緒で連れ出してしまったことをきっかけに、璃子は長部家から離婚を言い渡されることになってしまったのですが、代理人弁護士はやっぱり正登ですか~。
世間、狭っ!(笑)
「子どもの親権を渡す気は一切無し。
多少の金額は払うから、早く離婚届に判を押して欲しい。」
これを璃子本人ではなく、早紀に伝えに来た意味がイマイチ解らないのですが、もしかして会う口実にしたかったのか?
早紀にプロポーズを断られたときの言動といい、振られてすぐに秘書の横谷さんと付き合ったり、弁護士は諦めて司法書士を勧めたり…どうも正登はドラマの中で、完全に“ヒール”扱いになっている予感。(^▽^;)アハハ

璃子は一念発起して就職活動を始め、馴染みだった高級ブティックやレストランに頼み込むも、事情を知ると手のひらを返したように断られ続ける羽目に。
結局は、向こうも商売だから上手に言ってただけなんですよね。(^_^;)
ずっと専業主婦だった璃子は思うような仕事が見つからず、途方にくれる。
そこへ長部家から、救援物資が届きましたよ~(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
長部家には必要の無い彼女の私物を送ってきたようなのですが、中にはブランド物のバッグや洋服…ということで、それをお金に換えて暫くは生活できそう。
高級チーズも、買えちゃうぞ♪
ところが、このところ体調が悪くて食欲が無いと、早紀は全く食いつきません。(^-^;A

そんな時、何となく元気の無い藍田。
聞けば最近通り魔事件で逮捕された男が実はストーカーで、被害女性は警察に何度も相談に訪れていたにもかかわらず、残念なことに事件は防げなかったらしい。
市民よりも、組織や体制を気にする警察の雰囲気に疑問を感じ始めていたようなのですが、謝罪会見ではまさかの辞職発言でしたわ。
璃子といい、藍田といい、後先考えずに今の安定した生活を捨てるのね~。
いや、たぶん彼らは早紀に影響されたのかも知れません。
彼女に出会ってなかったら、璃子も不幸な結婚生活を我慢し続けていただろうし、藍田もお飾り署長を辞めなかったでしょうしね。
でもふと我に返って後悔するところが、何とも愛おしいキャラです(笑)

そして今回の早紀の“シャッター”も良かった!
自分はキリギリスではなく、弱虫だ…と弱音を吐く藍田に向かって、「本当に戦わなければいけない相手は、そういう弱い自分自身。今まで私もずっと逃げてた。いいじゃない少々失敗したって!“失敗”は失って敗れるって書くけど、何も失わないし、負けてもいないんだからっ!」
で、“失敗”のくだりはてっきり教師だったお母さんの言葉か何かと思って聞いてたら、どうやら夏木マリさんの言葉らしい(笑)
さらに藍田と友達になりたかった理由が続きます。
「あなたは頭ごなしに私の生き方を否定しなかった。誰とでも分け隔てなく向き合える、優しくて強くて、愛を一杯注げる強い人なの!自分を卑下したり恥ずかしいと思うことは、あなたにはもう必要ありません!」(キッパリ!)

う~、早紀の開いた“シャッター”は何だかスッキリしますね~♪
署長をあっさり辞職した藍田にも、納得ですわ。
璃子もまずは時給800円のコンビニバイトから仕事を始めることにしたようですし、全てが前向きに・・・
というところで、早紀にまさかの妊娠発覚です!
ただの人間ドックシーンじゃなかったんですね。(^_^;)
しかも璃子まで3人目?
これはちょっと、意外な展開になってきましたわ~。
予告では「俺の子どもなんだぞ!、産めよ!お前の夢なんて大したことじゃないだろっ!」
と、またしても思いっきりヒールな正登の姿が…(笑)
一週間が待ち遠しいですわ~。





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


ワンちゃんのアトムが、朝加さんに見えて仕方がありません(笑)


冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「曲げられない女」 第5話
「好きだよ…」と、べろんべろんに酔っ払ってる藍田から告白された早紀ですが、そこへ家出してきた璃子と鉢合わせ。
告白が玄関先だったのが、失敗でしたね(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

自らを“嘘つきのエキスパート”と呼ぶ璃子は、本当のことを隠して早紀の家に居座ってましたが、心配になった早紀は璃子の家に行って事実を確かめることに…。
そこには璃子が居なくなっても、何事もなく普通に暮らしている家族…ということで、すぐに状況を把握した早紀でした。(^_^;)
そんなある日、璃子は嘘をついて子どもたちを連れ出してきてしまったのですよね。
これがまた生意気な子どもたちで、どれだけクソババァ(笑)にわがままに育てられてるのかが一目瞭然。
そんな子どもたちに何も言えず、一生懸命接している璃子…ってのが、なぜか愛おしいというか。
後で判ったのですが、15年ぶりに早紀に出会った日。
実は夫の浮気を初めて知り、頭の中が真っ白になって街をフラフラと歩いていたらしい。
「友達でもないのに!」
心配する早紀につい言ってしまった璃子でしたが、あの日が運命の出会いってやつだったんでしょうかね。

結局、警察という立場上、捜索願を出していた夫と姑を連れて来た藍田。
頑なに子供は返さないと言う璃子でしたが、下の子が喘息で苦しんでるときもずっと「ママ…」とうわ言を言ってたことや、お姉ちゃんの落書き…を早紀から聞いて、この子達の母親は自分しかいないという自信みたいなものがついたからなのか?
子どもたちを引き渡すことに…。
それに早紀のビンタも効いたんじゃないでしょうかね。
「蓮見のこと友達と思ってる!
物凄いパワーを持ってるんだよ…。
今までも私のこと助けてくれたし。
子どもはアクセサリーじゃありません!
あなたの人生に、嘘や誤魔化しはもう必要ありません!」
義母と夫から離婚届を突きつけられたものの、子どもたちから一緒にいたいと思ってもらえるように頑張る…と新たな決心をしたようです。
その後、笑顔で子どもたちを見送る顔が、みるみる泣き顔になって…。
そっと手を握ってくれた、早紀の優しさが心に沁みましたわ。(・_・、)
それにいつも早紀の家にあるもので料理を作ってくれる光ちゃん、最高♪(^.^)
早紀をきっかけに、藍田と璃子にも友情が芽生えたようだし、“友達”って頑張って作るもんじゃないってことをあらためて実感した気がしますわ。
で、早紀から一緒に食事を…と誘われた正登ですが、「秘書課の横谷さんと付き合ってる。たぶん結婚すると思う。」ですか。(^_^;)
相変わらず空気を読まないというか、このタイミングで言うことでしょうかね。
それとも、早紀に嫉妬させてモトサヤに戻ろう…みたいな考え?
どちらにしても、もう無理そうですけどね~。(^-^;A

そして再び告白した藍田ですが、早紀からは「ありがとう。でも友達じゃダメかな?」と言われてしまうことに…。
といってもバッサリ断ったわけじゃないし、本当に嫌いな人なら“友達”なんて言わないですよ。
日記にも「断ったことは、心が痛む…」って書いてましたしね。
この二人、上手くいって欲しいですわ~。

で、最後に倒れてしまった早紀ですが、どうやら過労のようです。
確かにこのところ色んなことがあり過ぎだったのに、勉強も頑張ってましたしね~(^-^;A
あっ!それはそうと願書は無事に出したんでしたっけ?(笑)








ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

藍田の携帯バイブのモノマネ…
結構、上手かったですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そして永作さんのお腹はさすがにちょっと目立ってきましたが、衣装で上手くカバーされてますわ。(^.^)



冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク