「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 最終話
ヾ(*°▽°)ノあはは…
寺内さんと佐々木を殺した犯人は、そのまんま鴨志田議員の秘書でしたやん。(^_^;)
佐々木が殺された現場で速水が花房師長の姿を見かけ、花房師長は傍に落ちていた「薬」で速水の犯行…と、お互いが勘違いしてしまったために、要らぬ庇い合いをしてしまってました。
そして怪しく見守っていた(笑)ナース栗山は、白鳥たちに花房師長の行動をチクって、単に後味が悪かっただけって~(^▽^;)アハハ

一方、心不全を起こして危篤状態にまで陥ってしまった速水。
このままだと、心臓はもって2,3日…。
ところが脳に転移した悪性リンパ腫のせいだと思い込んでいたのが、免疫力低下が引き起こしていたのう胞だと分かり、意外なところで症状は良くなったようですね。
悪性リンパ腫も、化学療法で完治できる見込みがある…みたいな展開になって、あっという間に普通に歩けるまでに回復。
賄賂で受け取ったお金も自分の為ではなく、殆ど救命のために使っていたのでお咎め無し。
但し、1ヶ月に1300円ほどのお金を飴の購入に当てていた…ということで東都医大の提携病院で2年間の勤務
を強いられることになったのですが、そこは悪性リンパ腫の治療に得意な先生がいるそうですやん~。
院長、なかなか粋な計らい♪(^.^)

で、速水が“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれるもう一つの理由は、デパート火災当時、まだ経験の浅かった速水が立ち往生していたところ、藤原さんに叱咤激励され、殆ど血の気が引いていた顔の為に、花房師長が差し出した“ルージュ”を塗ったことから…って。
真っ赤な口紅を塗った西島さん、結構なお宝映像でしたよ~(’-’*) フフ

しかし秘書に殺人までさせた鴨志田議員が、逮捕されることもなく…というのは、ちょっとモヤモヤしましたわ。(^_^;)
とりあえず、白鳥とグッチーが建設予定地はPCBに汚染されていると暴露したことで、その浄化の為に資財を投げ打つと約束させて一件落着ってことなんでしょうけど…(゜-゜)ウーン
ま、彼が逮捕されてしまったら、病院建設は暗礁に乗り上げ、汚染された土地はそのままの状態で放って置かれる可能性大なので、こんなオチしか無かったかもしれないですね。

最終回は、白鳥の大活躍でそれなりに楽しませてもらったし、速水先生は無事だったし…で終わってみれば、めでたしめでたしでした(笑)(^_^)







ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




今回は、唯一のほのぼのシーンだった「グッチーの家族」の影がこれっぽっちもなくて、ちょっと寂しかったわ~(^-^;A
いや、救命が全然忙しそうじゃなかったから、そんなに癒しポイントも必要なかったですね(笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第11話
東都医大の救命に搬送された佐々木と速水。
しかし何者かに刺された佐々木は、亡くなってしまいました。(^-^;A

直前まで佐々木と一緒にいた速水は、当然ながら警察に疑われることになるのですが、肝心なところは記憶喪失で思い出せないらしい。
そして相変わらず不可解なのが、速水の病気。
首のしこりも気になるところですが、CTでは脳にも異常が見られる…みたいなことを言ってましたよね?
時々痙攣を起こして意識を失うなど、まだまだ油断の出来ない状態が続いているにもかかわらず、こっそり抜け出して現場に行って思い出そうとしたようですが…。
事件当日、発作で倒れた速水が見たのは「佐々木さん…」と呼んでいた花房師長。
入院中の速水の部屋でも何か言いたそうだったけど、まさか彼女が佐々木を殺したってことじゃないですよね?
だって、殺しておきながら名前を呼ぶのも変ですし…。
駆けつけた白鳥たちに「死んだ佐々木に声を掛けていた…」と一度は言ったのに、後で「オレが殺した」は変。(^_^;)
その矛盾に、白鳥が気づかない訳がないですわ(笑)

で、佐々木は寺内のオピオイドの投与速度を速めただけで、他に致命傷となった窒息死をさせた人間がいる…ということで、ことごとく花房師長が疑われるような行動をとってるんですが、こっちはどうなんでしょうかね。
案外、速水を庇おうとして、何か勘違いした彼女が暴走してしまったとか?
どちらにしても、かなり怪しい感じなので、花房師長は結局何もありませんでした…って訳にはいかないような気も。

一方、怪我を負って搬送されてきた彩子ママ(麻生祐未さん)。
ところが彼女には15年前のデパート火災で娘さんが東都医大に運ばれたものの、結局亡くなってしまった…という過去があり、治療を激しく拒絶する訳です。(^_^;)
しかし和泉があの時に速水に助けられた少女で、今は医師になったと知り、あっという間に思い直したようですね。
根はイイ人ですやん。(’-’*) フフ
ていうか、彩子ママが何かの下敷きになって怪我を負った経緯が気になるんですけど…。
もしかしたら彼女は何かを知っていて、殺されかけた…みたいな展開は全く無し??(^▽^;)アハハ
ま、いいや(笑)

最終的に、結局鴨志田側の人間が犯人だった…みたいな展開も、無きにしも非ず(笑)








ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



救えなかった患者のことは、忘れられない…。
今回はそんな速水先生に(T_T) ウルウル
しかも、佐々木も速水も「M.A.H」を心から良い病院にしようと頑張っていたのに…(・_・、)




春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第10話
医療ミスに見せかけ、何者かに殺されてしまった寺内(でんでんさん)。
しかし、そのやり方から医療関係者が怪しい…と睨んだ白鳥でしたが、グッチーも納得しつつ、救命チーム一人一人のアリバイをきちんと検証して、身の潔白を証明しようとしたようですね。
長谷川は特にちゃんとしたアリバイは無かったものの、その後転職の為に他の病院関係者と会っていたことが判ってシロ。
しかし打ち合わせ中だったという花房師長と速水は、他に証明する者がいないということで保留…のはずが、長谷川が丁度犯行時刻辺りに、廊下を足早に歩く花房師長を見たと言う。
もしかして、彼女が??
・・・・・と思わせておいて、あっという間にメディカルアソートの佐々木が犯行を告白。
この事件でもう少し引っ張ると思っていたので、何か呆気なかったですわ~(^_^;)

実は寺内の家の周辺はメディカルアソート社と鴨志田が進めている病院建設の予定地になっていて、それで多額のお金が手に入った。
しかし「PCB」に汚染されている土地と判っていて、計画は続行される。
それが孫という存在を知って気持ちが変わった寺内が、白鳥たちに告白しようとしたのを阻止する目的で殺されてしまったようです。
でも、佐々木は投与速度を速めたとしか言ってなかったような気がするので、致命的になった窒息死に関わる人間が別にいるかも知れません。
警察も出張後に行方不明になった佐々木を重要参考人として追っていた訳ですが、一足先に佐々木と密会していた速水…というところで、佐々木が刺された??
しかしこれも速水が刺す場面は映ってなかったので、第三者がいる可能性も。
おまけに佐々木と共に、速水も救命に運ばれてましたしね~(^-^;A
発作のような症状も頻度が多くなってたみたいだったし、何の病気かは謎ですが、速水は相当悪くなっている様子。
一命は取り留めるようですが、次回の「記憶喪失」というサブタイトルが気になりますわ。






ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



寺内の殺人事件の担当になった刑事がまた、白鳥が家庭教師をやってた頃の教え子って~?
どんだけ世間は狭いですのん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも今回の職権乱用は、お陰でちょっと助かりそう(笑)




春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第9話
心肺停止の状態で見つかった寺内。
懸命な処置をするも、結局は亡くなってしまったようです。(^_^;)
で、調べてみると投与されていたオピオイドの速度の設定は「2.5」のはずが「25.0」になっていて、医療ミスの疑い。
投与設定したのは和泉で、後は誰も触っていない…ってことで、危うく彼女のせいにされそうになりましたけど、寄ってたかって一人の責任にするのはどうかと思いましたわ。(^-^;A
他に看護師さんもいたはずですしね。
栗山ナースが何度も怪しく映ってたから、彼女がグルになってるのかと勘繰りましたよ(笑)

生前の寺山が、グッチーと白鳥に言おうとしていたこと…。
これさえ分かれば~。
きっと何かあると睨んで、鴨志田の秘書にカマをかけてみた白鳥。
そしたら案の定、秘書は寺内の娘に近づき「東城医大は信用できない!」と言ってきて遺体を引き取ろうとした訳ですが…。

詳しい死因の特定の為に、グッチーが寺内の娘を説得。
そこで再び「AI」が使われたのですが、何も見つからない…と誰もが諦めた矢先、速水は頸部を調べるよう指示。
すると外部からは分からなかったものの、痕がつかないよう巧妙に首を絞められた窒息死だったことが判明。
実は今回救命に運ばれた患者さんがヒントになった…というオチでした。

危うく和泉の「医療ミス」に落ち着いてしまいそうでしたが、やっぱり殺人でしたやん。(^_^;)
うわ~、一体誰が??
しかも白鳥の前で、一瞬ふらついた速水。
何度か検査結果のような書類が映ってたような気がするのですが、これは彼の?
めちゃ気になりますわ~。






ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


来週はいよいよ院長登場?
藤原さんの美味しいコーヒーも、そろそろ飲みたいわ~(^.^)




春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第8話
速水に対する怪文書が発端で、行われた倫理委員会。
しかし速水は収賄をあっさり認め、他にも自分と同じような人間は大勢いるはずだ…とバッサリ!(笑)
それにこの収賄事件が公になると、病院としても益々立場が悪くなるだろうと自ら辞職願を提出。
小爆弾は落とされたものの、これで事務長の思惑通りに終わるかと思いきや、佐藤は辞職をさせずに罷免を要求。
今まで速水に救命を散々引っ掻き回された挙句、病院を辞めても次の就職が決まってるなんて、腹の虫が治まらないって訳です。(^_^;)
ま~気持ちは分かりますが…。

で、速水が「メディカル・アソート」からの収賄で得たお金は、全て救命での高額な治療を賄う為に使われていたらしく、別に私腹を肥やしていた訳でも、チュッパチャプスを買ってた訳でもなく…(笑)
これは花房師長がきちんと証拠を残していたお陰で、そこを責められる恐れは無さそうですね。
それに収賄を受けることになったきっかけも、成り行きといえば成り行きのような感じでしたし…。

一方、モンスターペイシェントと思われていた患者・寺内(でんでんさん)は、末期のガンでした。
どうやら鴨志田とメディカル・アソートについても知っているらしく、秘書とも何かの契約のようなものを交わしていたのが気になっていたのですが、白鳥とグッチーに話そうとしたところで、病棟を移ることになり、その話は後で…のはずが、亡くなってしまいましたよ~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
鎮痛剤の投与のスピードが~みたいなことになってましたけど、これは何者かが故意に?
それとも医療ミス?
でも医療ミスにしては、あまりにもタイミングが良すぎるのが気になりますわ。

本題に入って、やっと面白くなってきました!
今まで我慢して見続けてきて良かった~(笑) コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



怪文書の主は、速水だったというオチ。
和泉の行動もしっかりカメラで監視されてるんですもん。(^▽^;)アハハ



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク