「Mother」 最終話
毎回、観終った後は暫く放心状態だったドラマでしたが、最後はほんわか温かい気持ちが心地良い最終回でした。
奈緒の逮捕…という形で継美とは突然引き離されたままだったので、きちんと納得のお別れも堪能出来たし、その12年後まで用意されていて、何から何まで、隅から隅まで本当に大満足させてもらいましたわ。

奈緒と話している途中でプツンと切れた電話…。
実は施設の職員さんに見つかって、慌てて「天気予報を聞いてた」と機転を利かせた継美にビックリ!
こういうところが、彼女の凄いところ。
で、継美のことだから東京まで一人で来ちゃうじゃ?でも、お金は無いし…とか考えてたら、木更津の克子おばちゃんから届いた荷物の中にお金が入ってるんですもん。
おばちゃん、ナイス!(笑)
突然の再会に戸惑いつつも、道中で継美があちこち怪我をした様子を真っ先に心配する奈緒は、紛れもなく“母親”でした。
靴は奈緒が買ってあげた、あの赤い靴…。
もう足が大きくなって窮屈なはずなのに、それをわざわざ履いてくる子供心に一気に涙腺が緩みましたとも!

あと2、3日の命…。
葉菜を病院から連れて帰っていた奈緒は、3人で束の間の楽しいひと時を過ごすことに…。
ご飯を食べながら、ダジャレに点数をつける継美。
今回はちゃんと奈緒も参加して、本当に楽しそうでした。
葉菜の具合の悪さは、子どもの継美にも分かるほどだったようですが…。(・_・、)
そして再会を喜ぶ鈴原家の皆さん。
6人の女子が、みんなでワイワイあんみつを食べるシーンも良かったですよね。
ラムネの中のビー玉…。
疲れてぐっすり眠る継美の横で、葉菜はそのまま眠るように旅立っていきました。

丁度、入れ替わるかのように生まれた芽衣の赤ちゃん。
こうやって、人はずっと生と死を繰り返してきたのだな…とあらためて感じました。
手術も無事に終えたようだし、婚約者だった圭吾からも再び指輪をもらっていたところを見ると、こちらの方はハッピーエンド?
そして後のことは籐子に託し、継美を室蘭まで送って行くことにした奈緒。
そんなにあっさり?とも一瞬思いましたが、後悔することなく、葉菜とは最期のお別れがきちんと出来ていたからこその行動だったんですよね。

生前の葉菜が、店先で毎日のように眺めていたというインコを買っていた奈緒。
そのインコたちも、葉菜が編んでくれたバッグも継美が大好きな水色…。
継美の背の高さには大きな鳥かごと、地面にスレスレのバッグを両手に、しっかりとした足取りで戻って行った姿が今も目に焼きついています。
こちらもきちんとお別れができたからこそ…です。
30年の時を経て、再会できた自分と葉菜とのことを思い巡らせ、一生懸命言い聞かせる奈緒。

「お母さんはやめたりしない。離れてても、ずっと継美のお母さん…。
そしたらまた、いつか会える日が来る。」

そして二十歳になった継美へ宛てて書いていた奈緒の手紙。
その手紙の通りに、12年後…。
少しかかとの高い靴を履いた若い女性と、喫茶店で向かい合う奈緒らしき女性。
クリームソーダの横で手を取り合う二人の様子が最後の最後に見られて嬉しくなりました。
その表情は見えなくとも、再会を喜び、微笑み会う二人の顔が頭の中に浮かびましたもん。

ところで・・・
多田さんはただの常連客だけでなく、実は葉菜を取り調べた人物だったようですね。
葉菜は一貫して「カッとなって、マッチで自宅に火をつけた。」と供述していたようですが、お酒を飲んでは毎日のように暴力を振るう父親から母を守るため、幼少の奈緒が火をつけた…というのがどうやら真実らしい。
それに藤吉は気づいた様子でしたが、葉菜はあくまでも否定。
「“母性”は、男の人の幻想です…」
理屈だけでは決して言い表せない、その言葉の意味の深さ。
その後、藤吉は「聖母」というタイトルで書き綴っていたレポートをゴミ箱に捨てていました。
タイトルはちょっと安っぽい気がしましたけどね。(^_^;)

半年間、アチコチを転々と逃げ回ったことも奈緒は全く覚えていなかったようですが、葉菜に髪の毛を切ってもらった瞬間、子どもの頃に見た葉菜の顔を思い出したようです。
もう、それだけで葉菜の“思い”が報われた気がしました。

あ~、とうとう終わってしまったんですね~。
怜南の母親のその後は…?とか、ちょっと心残りはありますが、最後まで本当に楽しませてもらいました。
ありがとうございました!




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

『好きなものノート』に、「うっかりさん」を書いた継美…。
ちらっと一瞬だけでしたが、1コマ1コマが本当に無駄の無いシーンばかりでした。


春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Mother」 第10話
ドラマの最後の着地点が全く読めないだけに、これからどうなるのかな~?と気になりつつ、それが毎回全部すっ飛んでしまうほどの号泣シーンの連続。(・_・、)
今回は奈緒に執行猶予がつき、「すぐにあなたの顔が浮かんだ…」と入院中の葉菜のもとへ駆けつけた籐子が、二人で喜びを分かち合うシーン。
(主治医の柚川先生が偶然いてくれて助かりましたが:笑)
娘を思う二人の母親の素直な気持ちが伝わり、その様子が本当に嬉しそうで、観ているこちらも嬉し泣きしてしまうほどでしたもん。

「奈緒さんの罪は、道木怜南に母性を抱いたことです」
この藤吉の言葉には違和感があったのですが、検察官も奈緒が「継美」と名前を付けたことや、「お母さん」と呼ばせていたこと、母親として普通の生活をさせたかったこと…など母親としての心情を引き出していたところを見ると、それがやっぱり“罪”ということなんでしょうね。
しかし怜南への虐待の事実を掴んでいた警察は、真人と仁美に逮捕状を請求。
やって来た警察官に「私を死刑にして下さい!」と怜南の水色のマフラーを握り締めながら訴えてましたけど、もしかしてまた警察を欺くため?とか、ちょっと穿った見方をしてしまいましたわ。(^_^;)
心の底から悔いてくれた…と思っていいんでしょうか?(笑)

そして鈴原家に帰ってきた奈緒。
今回のことで籐子は社長を退任、果歩は就職の内定が取り消しになったけど、「誰のせいでもない」と決して他人のせいにしない強い心に感動しました。
心無い取材で自宅に押し寄せた報道陣の様子には相変わらず辟易しましたが、「何かあったんですか?」と庭の窓からひょっこり顔を出した果歩の恋人・耕平には、一瞬で心和みましたわ~(笑)
それまで緊張で心が張り詰めていた籐子たちも、さすがに爆笑でしたもんね。

籐子に葉菜の病状を聞かされた奈緒は、最初会うことを怖がっていたみたいですが、「会いに行って来なさい。お母さんと一緒にいてあげなさい。そして看取ってあげなさい。」と背中を押されて決心がついたようです。
現れた奈緒に、普通に何気ない会話を交わして帰そうとした葉菜でしたが、奈緒の強い決意に打たれ、母親としてやっと素直に心を開いてくれて良かった。
「ずっと、ずっとこうしたかった…」
そんな母娘の様子に涙腺が緩まずにはいられなかった訳ですが、最後の最後にヤラレましたわ~。(ノ_<。)うっ

奈緒の携帯の着信履歴にあった、たくさんの「非通知」は継美からの電話でした。
「お母さん、オバケっているのかな?」
その後も施設で出会った友達の話、めっちゃ巨大な冷蔵庫の話、食べ物の話、飼っているうさぎの話…。
うわ~、何かめっちゃ自然…。
・・・と思いながら観てたら、「いつ迎えに来てくれるの?会いたい…。」の涙声に…ヾ(@† ▽ †@)ノうわーん
その前に藤吉から、怜南が施設で無邪気に暮らしている様子を見せられて、「もう継美のことは忘れなきゃ…」と奈緒が無理して自分に言い聞かせていたところを見せられていただけに、この意外な展開にビックリ仰天!
“その日”を信じて、毎晩着替えや靴をカバンに詰めて、奈緒を待ってたなんて。
もう涙が後から後から大洪水で、えらいことになってしまいましたわ~。Y(>_<、)Y

しかし最後の「もう1回、誘拐して…」という言葉には、一気に現実に引き戻されたというか、怜南にとって奈緒は“母親”ではないと、あらためて思い知らされたような気がしてしまったのですけど…。
これはちょっと深読みし過ぎかな~?(^▽^;)アハハ
頭の良い怜南は、奈緒とまた普通に暮らせるのは無理だと悟っているのか…?
そして葉菜は…。
どんな最終回になるのか、予告では全く分からなかったので、もうドキドキですわ。






ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



「だるまさんがころんだ」は、関西では「坊(ぼん)さんが屁をこいた」。
子供の頃、普通にやってましたが、今思うとかなりシュールやな(笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Mother」 第9話
(´ヘ`;) ハァー
今回は観終った後の脱力感に加えて、体の水分全部出し切ったんちゃう?と思えるほど泣きましたわ~。(ノ_<。)うっ
芦田愛菜ちゃんの「おかぁさぁーん!おかぁさぁーん!」が暫く耳から離れませんでしたもん。
とりあえず、予告で観た奈緒の絶叫は、継美が亡くなってしまう…という最悪の結果じゃなくてホッとしましたわ。

戸籍を手に入れるため、伊豆へ向かった奈緒たち。
この間の遊園地といい、伊豆の砂浜で束の間の幸せを満喫する3人に心が和みます。
はたから見れば、楽しそうな家族旅行に見えましたが、翌日は違法な戸籍取得の為に罪を犯す…という緊張感も少し漂ってましたかね。(^_^;)
何も知らず、無邪気にはしゃぐ継美に目を細める奈緒と葉菜。
しかし、葉菜の白血病を主治医から聞かされていた奈緒の心境は複雑だったけど、「自分の命より大切なものが他にできた。こんなに幸せなこと、ある?」と微笑みながら答える葉菜には、何の迷いはありませんでした。

ところが・・・
室蘭から刑事が二人、鈴原家に事情を聞きにやって来たことで、奈緒が追われていると分かり…。
未成年者の誘拐は「親告罪」ということで、藤吉が慌てて室蘭へ説得に向かうも、すでに告訴状は出された後でした。
「あの女が嫌いだから…」
(´ヘ`;) ハァ 仁美は、どこまでも自己中心的な人間に成り下がってしまってます。
それでも奈緒を離縁せず、最後まで支える覚悟を決めた鈴原家の皆さんには頭が下がりますわ。
「世間の誰が何と言おうと、お母さん、あなたを誇りに思ってる…」
この籐子の言葉は、一番涙腺が緩んだかも…。(・_・、)
「世間の目を見るのが母親じゃない。子どもの目を見るのが母親じゃん…。」
お腹の子を一人で育てる覚悟を決めた芽衣の言葉とリンクしてて、思わず大きく頷きましたもん。

翌日、朝から振り込むために銀行へ向かった奈緒でしたが、ATMのメンテナンスとやらで開店が30分の遅れるとの張り紙。
気づけば警察はすぐそこまで来てるし、見つかる前に早く振り込まなければ戸籍が…と、ハラハラドキドキさせられましたが、後で考えてみれば結果的には良かったかも。
結局、奈緒は警察に捕まってしまったけど、後々偽造戸籍がバレれば罪はもっと重くなるだろうし、もしかするとこれは詐欺だったかも知れないですしね。
この際、浮いたお金で葉菜には治療を専念してもらうとか?

しかし、葉菜や継美との最後の別れのシーンは身を引き裂かれる思いで観てました。
奈緒の手を握り締めた葉菜に向かって、「こんなに小さかったかな?」と呟いた奈緒に「あなたが大きくなったのよ…」と答える葉菜に1泣き。
駆けつけた継美にも、「覚えていて、お母さんの手。ずっと握ってるからね。」と何度も何度も握り締める奈緒の姿にも涙腺が緩んだのなんの~Y(>_<、)Y 2泣き、3泣き、4泣き…
この間、ずっと黙って見ていた警察とか、連行するのに手錠もかけない?とか、色々と余計なツッコミが少しだけ頭を過ぎったものの、そんなことは関係ない!(笑)
「おかぁさぁーん!」と何度も泣き叫ぶ継美の姿で終わって、ドラマの余韻から抜けるのが大変でしたわ。(^▽^;)アハハ

予告では継美は施設に入ってるようでしたけど、仁美が引き取る…ってことでもないみたいですね。
それとも、仁美も虐待の罪に問われることになってしまったのでしょうか。
結局、鈴原家も加害者の家族ということで引き取れないようなことを藤吉が言ってたし、奈緒の罪が軽くなったとしても加害者本人だともっと難しいのかな。(^_^;)
そして葉菜はどうなってしまうのか?
う~~~!また一週間が長い~!!!




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


戸籍を手に入れるためのお金…。
さすがに保険は無理だったけど、葉菜が営んでいた理髪店は、常連客の多田さんの奥さんが生前にやってたお店だったんですね。
登記の名義はもう葉菜になってるとかで、どこまでいい人ですのん!
ありがとう!(ドラマだけど:笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Mother」 第8話
「仁美ちゃんは何たって、頑張り屋さんだもの…」という木更津のおばさんの言葉。
(゜-゜)ウーン 何か半信半疑やな~と思ってたら、今回は物語をさかのぼって、仁美と怜南の過去をたっぷり…。

生まれて数ヶ月の怜南をあやしながら、たまたま流れていた子ども虐待のニュースを観て、「子どもにこんなことをするなんて、人間じゃない…」と言っていた仁美。
その横には優しそうな夫の姿がありましたが、2年後の仏壇には彼の遺影が…。
でもその後のシーンを見るに、夫らしき男性は生きてましたよね?
しかも仲の良さそうな家族の姿が…ってことは、離婚したのか?それとも元々不倫関係だったのか?
相変わらず、ドラマは視聴者に想像させるような手法なので、そこんところはハッキリ分からず。(^_^;)
しかし母子家庭でも人並み以上に…と、仁美が怜南を一生懸命育てていたのは十分伝わりましたよ。
ところが、おばさんが木更津へ引っ越してしまった辺りから、その“決意”がガラガラと崩れ始めてしまったようですね。
まずは働き続けるための保育園探しの苦労に始まり、子どもがいるから…という理由で友達と遊びに行けない。
とにかく子ども中心の生活が仁美をどんどん追い詰め、反抗期になった娘を持て余す…。
そんな時、他のママから「しつけ」の為にと教えてもらった、「デコピン」。
初めての「デコピン」は心が痛んだ。
その後はまるで罪悪感を埋めるかのように、愛情たっぷりに怜南をぎゅぅーっと抱きしめる。
そんな日々を送っている頃、ふらっと入ったお店で綾野と知り合う。
娘よりも、彼と過ごしている時間が唯一の心の拠り所となってしまった自分にまだ罪悪感はあったものの、誘われた旅行には怜南を連れていけない…。
自分のいない間に、どうやら綾野が怜南を虐待しているようだ…と気づいても、強く言えない。
こうして葛藤し続ける毎日を送るうちに、罪悪感も段々と薄れてしまったのですかね~(^_^;)
怜南の「好きなものノート」は、この頃から?

怜南を女手一つで一生懸命育てながらも、仁美の葛藤に苦しむ姿を散々見せつけられた後だったので、怜南が「母親を捨てる」という選択をした瞬間、何とも言えない気持になってしまいました。
しかし奈緒が言ったように、怜南はあのままゴミ袋に入れられて放っておかれたら、確実に死んでいた訳で…。
といっても、奈緒も子育てで一番大変な時期を実際には経験が無い訳なので、仁美にしたらあんな風に言われて「だから何?」って気持ちだったかも知れないですね。
で、結局娘からの決別宣言にはショックが大きかったらしく、藤吉にお金を借りて室蘭へと帰って行ったようです。

しかし今回は何といっても、田中裕子さんの嗚咽を彷彿させた芦田愛菜ちゃんの泣きの演技。
「もう笑わなくていいんだよ…」の奈緒の言葉に、7歳の女の子のが一人で一生懸命頑張ってきたことが凝縮されていて、その緊張の糸がプツンと切れた瞬間。(ノ_<。)うっ
仁美が勢いで、歩道橋から飛び降り自殺をしようとした時の、母をぎゅっと掴んだシーンも印象的でしたが、あれはちょっと子役ちゃんの“域”を超えてましたよ。

仁美も室蘭へ帰ったし、暫くは平穏な日々を送れるのか…と思いきや、警察に虐待を疑われた仁美が「怜南は生きてます!誘拐されたんです!」と言ってしまってました。(^_^;)
「本当のお母さんの温もりの中で育つことが、あの子の幸せなら、私はあの子をお返しします…」
と、その時は自分は進んで罰を受ける…と覚悟していた奈緒ですが、今の状態では何の解決にもならないですよね。
やっぱり仁美は自分が一番可愛いのか…。
予告では3人が伊豆へ行くようなことを言ってたので、たぶん「戸籍」関係の話になると思いますが、このまますんなりとはいかないかな~(^-^;A
CMの予告で観た、奈緒の「継美~!」の絶叫も気になるぅ~。





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


仁美はまたコンビニの制服を着たまま、室蘭へ帰った?
電車?飛行機?
どっちにしても、他の乗客の皆さんは不思議に思ったでしょうね。(^▽^;)アハハ



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Mother」 第7話
あ~、今回も泣いたりクスッとさせてもらったり、ハラハラドキドキな展開も相変わらずで、あっという間の1時間でしたわ。(〃´o`)=3 ハァー

とりあえず、仁美の真意を聞き出そうと泊めることにした藤吉。
しかし彼女の憔悴しきった様子はすぐに消え、「欲しい人が居るならあげてもいいかなって…」と言い出したかと思えば、「沖縄で一からやり直したい…」とか、何かあっけらかんとしてる。
パンも美味しそうに平らげてましたしね~(^_^;)
自分のことは棚に上げて、でも言葉の端々に娘を思う気持ちがチラチラと見え隠れしてるところも気になるんですよ。
いや、娘を思う気持ち…というよりは、実の母親としてのプライドみたいな感じもしないでもなく。
ところが藤吉の部屋で奈緒と娘の怜南が仲良く手を繋ぐ写真を見た途端、それが嫉妬へと変化したようでしたわ。
写真の背景に写っていた文字で小学校を探し出し、とうとう娘・怜南の居所が分かった…。

一方、葉菜の家で世話になることになった奈緒と継美。
奈緒は仕方なくという感じでしたけど、うっかりさんが大好きな継美は本当に嬉しそうでした。
一人暮らしの寂しかった部屋が、一転して賑やかな食卓に…。
この幸せを一秒たりとも無駄にしたくない…そんな葉菜の気持ちが手に取るように伝わりましたわ。
食事中のしりとりになかなか参加しない奈緒を尻目に、楽しそうな葉菜と継美の様子。
しかし葉菜の渋い言葉のチョイスに、思わず笑ってしまう奈緒。
継美は相変わらずの鋭い観察力でうっかりさんの誕生日を知り、布団をプレゼントしたいと言う。
3人で出かけた遊園地で、継美から手作りのペンダントを渡され、観覧車に乗り…そんな小さな幸せを噛み締めるように楽しんでいる葉菜が印象的でした。

そんな中、お店から誰かに電話を掛けている様子の葉菜。
「はい、死亡届は出されてます…」
この台詞では???の嵐だったのですが、後にこれが違法に「戸籍」を取得するために問い合わせていたと分かりました。
怪しげな雑居ビルの一室で、これまた怪しげな合言葉。
チラッと見えた男の腕には、趣味の悪そ~うな金色の腕時計がキラリ…。(^_^;)
葉菜は主治医の柚川に、生命保険について上手く取り計らってもらえるよう頼んでましたけど、これでお金を払うつもりなんでしょうかね。(^-^;A

そして、葉菜が奈緒を捨てた理由…。
やっぱり刑務所にいたようですね。
刑期は15年で、実際は13年で出所ということは、やはり殺人でしょうか。
それが“誰か”は明らかにはされなかったけど、何となく想像は出来るような…。
「葉菜と近づきたい」と思い始めていた奈緒は、この事実を受け止めることが出来たんでしょうか。
守ることと、逃げることは違う…。
この言葉の意味をあらためて考えてみる。
でもこれ以上の罪を重ねることの選択は、果たしてどんな結果をもたらすのか…。

と、迷っているところに、まさかの仁美の行動でしたわ~。(^▽^;)アハハ
店に現れた仁美が、まるでけん制するような遠回しの言葉の端々で全てを悟った葉菜は誤魔化そうとするも、二階へ上がろうとしてますやん。
そこへ誰かが仁美の手を掴み…って、それは帰ってきた奈緒でした。
仁美に突き飛ばされた葉菜の傍に凶器になりそうな物が置いてあったので、別の意味でハラハラしましたけども。(^-^;A
仁美の声を聞いて、固まる継美。
う~、またまた一週間が長い~。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

平行して、仁美が話していた木更津へと向かった藤吉。
小さい頃の継美(怜南)を知るおばさんは、当時の仁美がどれだけ大切に育てていたかを語ってました。
今の彼女からは想像できないんですけど、こうなってしまったのには何か訳がありそうな…。
まだ物語の着地点が全く見えないだけに、このエピがどんな風に繋がっていくのか気になりますわ。



ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


ところで・・・
籐子はまだ養子の離縁届を出していなかったみたいですね。
これを知ったとき、もう秒殺で号泣でした(笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク