「ホタルノヒカリ2」 最終夜
最終回は“五段活用”か?…ってぐらいに、色んな種類の『笑い』で最後まで楽しませてもらいましたわ♪
縁側でビールを「ぷはー♪」なシーンはいつも本当に美味しそうだったので、それが見れなくなるのはちと寂しい…(笑)

しかし、そもそもぶちょおが台湾へ行くのは3ヶ月だけだし、「仕事を辞めて、ついて来てくれ」ってのも何かちょっと大袈裟かな~?という印象だったので、蛍が「自分を信じて、強くなって、いつかぶちょおの縁側になりたい…」と“待つ”という選択をしたことでホッとしましたわ。
「離れ離れになったら、きっとダメになる…」
そう言い残してニューヨークへと発った瀬乃ですが、台湾について行ったところで、ステキ主婦の蛍がいつまで続くのか?って感じですもん(笑)
初めてのパーティーでは、艶やかな着物姿で英語もペラペ~ラなステキ主婦・蛍が見れたものの、家に帰ったら死んでましたもん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
蛍を待ち伏せして「一緒に来て欲しい」の瀬乃の言葉は、一瞬プロポーズかと勘違いしてしまう程の真剣さでしたが、最後に自分の気持ちにキチンと蹴りをつけるために、ぶちょおと二人で来て欲しい…ということだったんですね。
末永く幸せに暮らせよ~なんて、なかなか言えるものじゃありません。
そして蛍をギュッと抱きしめた時のドキドキ感(笑)
瀬乃っちたら、最後まで本当にイイ男だった!
「“オレの女”が迷惑かけて…」なんて、ぶちょおの口からは絶対言わない言葉を言わせた訳ですからね~。
瀬乃はぶちょおにとってかなり強力なライバルだっただけに、ちょっと惜しい…(笑)

一方、二ツ木と山田姐さんは晴れて結婚することに…。
またこの二人の披露パーティーのシーンは、ほのぼのしててステキでしたわ~。
指輪じゃなくて、「3歩先を行く君が、道に迷わないように」と名前と住所が刻んであるペンダント…ってところも、二ツ木さんらしいというか。(^.^)
この二人も結構ドラマのスパイスになっていて、蛍とぶちょおとは違った意味での気になるカップルだっただけに、もう会えなくなるのかと思うと寂しいですわ。

そしてあっという間に3ヶ月どころか、もう一年後…(笑)
ウエディングドレスを着て、ピョンピョン飛び跳ねてる蛍の可愛いことったら~♪
「目が腐るほどキレイだ!」は、ぶちょおの最高の褒め言葉(笑)
やっぱり、かなりの「ドS」と確信しました!
それでも全く動じない…というか、寧ろ大喜びの蛍って~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
お日柄の良い日に出すはずだった婚姻届に、にゃんこの“○んこ”が付いたオチにも、最後の最後までパンツの柄を気にしてる蛍にも大笑いさせてもらって、大満足の最終回でした。
「ガッテン承知の助!」やら、蛍の言葉の端々が時々時代劇風だったのも好きでしたわ~♪






勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



庭に植えたプチトマトに「友達のトマちゃん」と名づけたり、「まめまめクッション」をゲットする為にちまちまと応募券を集めているぶちょお=藤木さんの姿を想像するだけでも、萌え~な最終回でした(笑)



夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ホタルノヒカリ 2
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ホタルノヒカリ2」 第10話
ぶちょおに転職話か~。
元部下の豪徳寺さんに会ってたのは、そういうことだったのね。
でも転職となると、3ヶ月間は台湾に行ったきりになるらしい…。
で、今やラブラブのお二人に3ヶ月もの離れ離れ生活は寂しいようで、「“高野蛍”になって、一緒についてきて欲しい」とな?
( ・。・)? アレ? 何か、ぶちょおらしくない~!
転職は蛍に相談無く、また独りで勝手に決めた…ってのはいつものことです(笑)
しかしついこの間、専業主婦には向かないから、このままやりがいのある仕事を続けたいと決心した蛍を、ぶちょおが受け入れてくれた…みたいなエピがあったはずなのに。
いや、つい最近に3年も離れてて、さすがに悟ったんでしょうかね。
それとも強敵ライバル・瀬乃の存在が、ぶちょおにそう言わせたのか?(^_^;)

今回は息子の結婚話を聞きつけて、ふらっと現れたぶちょおの父・盆太郎(石坂浩二さん)キャラが良かった~♪
息子が選んだのは“大人の女性”だと決め付けて、蛍は片想いだと思い込んでるし(笑)
ぶちょおと盆太郎の性格はまるで正反対でしたけど、ぶちょおが蛍に惹かれた理由が分かったような気がしますわ。
盆太郎と蛍も、意気投合してましたもんね。
川魚の食中毒騒動は可哀想だったけど、3人のごろごろ~♪は見応えありましたわ(笑)
しかし縁側に3人が並ぶと、藤木さんの膝から下の足の長さが目立つ目立つ!ε=ε=(*~▽~)キャー

一方、今回はずっと不機嫌モードだった瀬乃。
先週までの“イイ男”な萌キャラは何処へやら、蛍の行動に「あんたらしくない」って一々突っ掛かってましたもん。(^-^;A
これも“愛するが故”なんでしょうかね~。
ニューヨーク行きは決まったようなので、そっちの焦りもあるんでしょうか?

あ~、次回はいよいよ最終回。
予告でぶちょおに“野獣”が旅行から帰ってきた~♪と思いきや、相手は二ツ木さんやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
この際、ぶちょおの後任になったっぽい山田姐さんの計らいで、蛍は台湾に3ヶ月出張…みたいな展開だったら丸く収まるのに~(笑)







勇気を出して、ポチッと押してみそ~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



やっぱり、壁は“塗り”がイイよねぇ~(笑)




夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ホタルノヒカリ 2
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ホタルノヒカリ2」 第9話
ぶちょおが家を出て行ってしまう…というシチュエーションで、しんみり終わってしまった前回…。
しかしもう、あっという間に挽回ですやん♪
旅に出た“野獣”はまだ帰ってこなかったけど(笑)、不意打ちの“ちゅー”の上に「君はオレの女だ!」やら「ずっと君の縁側になろう」やら、トドメの「ただいま!蛍…」のぶちょおの殺し文句の数々でズキュ~ン♪
予告では、“ちゅー”の虜になった蛍が、やたら滅多らと隙を狙ってるようなシーンがあって、お腹を抱えて大笑いでしたわ(笑)
はるかちゃん、何をやってもめちゃくちゃキュートです!(^.^)

107万円の婚約指輪を紛失してしまった蛍が必死に捜すも見つからず、そうこうしているうちに気持ちが反れて思い出に浸ったり、「こんな小さいものが107万円もするのか、ケッ!」「一体、ビールが何本買えるか?」…とぶちょおに行動をすっかり見透かされてしまってるのもステキ(笑)
それでも心の広~いぶちょおは、「見つかるまで絶対に帰らない!何年でも何十年でも待ってやる!」なんて可愛く拗ねながらも、結局は戻ってくるんですもんね。(’-’*) フフ
瀬乃からの「もっと知ってもいいですか?」の宣戦布告も、大人なぶちょおは許してしまうし…。
で、蛍のことを何とか嫌いになろうと努力すればするほど、実は彼女のぶちょおへの一途な姿が一番好きだ…と思い知らされてしまう瀬乃。
初めて大きな仕事を任された桜木の気分転換のために企画した「魚はふはふ」の場で、瀬乃から危うく“ちゅー”を迫られた蛍ですが、あんなアチョーな断り方もあるんですな~(笑)
でも別れ際の「今度は二人で…」の瀬乃の言葉が、ぶちょおの不意打ち“ちゅー”に火をつけたってのも、無きにしも非ず。

そして、蛍からぶちょおの老後を託された千夏ですが…
新聞に載っていた「老人の孤独死」の記事で、あんな風に不安が思わぬ方向に発展してしまう蛍に苦笑ですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
全くもって蛍の行動は予想だにしない展開だったので、こちらもビックリですわ。
しかし、困った千夏が蛍からの手紙をぶちょおに渡したことで、自分への蛍の本当の気持ちを知ることができたのかも知れません。
何だかんだいっても、瀬乃と千夏には良い“仕事”してもらってますよね~(笑)

で、やっぱり見つからない婚約指輪。
達人・千夏からのアドバイスで、洗濯機の中やらジャージのポケットやら確認するも、出てくるのは小さなごみとか、何時のモノだか分からないするめ(笑)(^_^;)
最終的に、戻って来たぶちょおが口にした「だから言っただろう。出したものは元に戻せって…」の言葉でハッ。
まさかの元の箱の中とは~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
絶対に相手に染まらない…と思い込んでいた蛍が、知らず知らずのうちにぶちょおの影響を受けてるんですもん。
何かしみじみ、じんわりと温かい気持ちにさせてもらったのは言うまでもありません。

一方、謎の二泊三日でギクシャクしていた二ツ木と山田姐さんですが…。
実はずっと良くしてもらっていた元妻のおばあちゃんに、結婚のご報告に行っていたことが分かり一件落着。
何かその流れで伊勢神宮まで行ってたらしい。
山田姐さんも専業主婦を諦め、今まで通りに仕事を続ける…と自分らしく生きると決めたことで、何だかすっかり元通りのラブラブですやん♪
良かった、良かった…(^.^)






ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


「おやつ」はやっぱり、一人分ずつ袋に入れないとねっ!(笑)
そういえば、ぶちょおが元部下・豪徳寺(丸山智己さん)と会ってたのも気になる…。




夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ホタルノヒカリ 2
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ホタルノヒカリ2」 第8話
今回は、ぶちょお「ぽつーん」の巻だった訳ですが・・・
二人の気持ちが結婚へと固まったはいいですが、衣装合わせでブッチされ、婚約指輪選びでもブッチされ、挙句の果てに瀬乃と一晩過ごした…と分かってしまっては、「距離を置こう」という気持ちにもなってしまうってもんです。
一晩過ごした…というよりは、蛍のことは信じているけど、小夏を巻き込んでバレバレの嘘をついたという状況にガッカリしたのかな~(^_^;)
不器用で、一つのことにかかりっきりになると他の事はすっかり忘れてしまう…という蛍の性格は、ぶちょおが一番良く理解してくれているはずなのに。
ぶちょおの携帯が「アホ宮」から「ホタル」に昇格やん♪
…って、喜んでたのも束の間。
寂しく残されていた婚約指輪と、添えられていた「ホタルへ    誠一より」のメッセージカードを見て涙ぐむ蛍に、思わず貰い泣きでしたわ。(・_・、)
まさかこのままお別れってことにはならないだろうとは思いつつ、何だかしんみりした最後になっちゃいましたね。

しかし、蛍の姉・アゲハ(堀内敬子さん)は妹とは全く逆の性格でしたな(笑)(^_^;)
何だか名前通りに明るくハキハキ&テキパキだし、残高47円の謎も彼女が貯金をしてくれていたからこそだったんですもんね。
ぶちょおがバツイチだと知っても、「蛍が選んだ人だから~」と全く動じない家族。
ただ、「両親にきちんとご挨拶を…」と言うぶちょおに、「蛍の性格は分かってるから、大丈夫!」と何度も断るのはちょっと気になりましたわ。
いや、もしかして出演者の経費節約のためですか?(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
最後には両親とも顔合わせを楽しみにしてる…という留守電がアゲハから入ってて、益々しんみりしちゃいましたけどね。(・_・、)

山田姐さんから、「部長という社会的立場を考えて、最低限のことはやっておくべき」とアドバイスされた蛍は、「面倒くしゃい」を封印して頑張ろうと決意したはずなのに、こういう時に限って仕事の方が忙しくなるもんなんですよね。(^-^;A
予算の関係で小夏が一番気に入っていた店の“縁側”の変更を余儀なくされ、工務店探しに奔走。
一日中走り回って仕方なく諦めかけたところに、瀬乃が工務店を探してきてくれて…。
アナログ人間な蛍とは対照的に、ハイテクを駆使した(笑)瀬乃。
で、その瀬乃ですが、契約が切れたら友人に誘われているニューヨークで、2,3年は適当にしたいらしい。
『適当』に激しく共感する蛍(笑)
「恋はいつか冷める…」の言葉通り、蛍への想いがいつか冷める日を待つことにした瀬乃ですが、それも何だか揺れてる感じですよね~。

そしてぶちょおの“野獣”が旅から戻って来る日は来るのか??(笑)
予告では“野獣”ほどではないものの、何かは戻ってきている様子だったので、少し安心はしてますけども…(^.^)
しかしくっ付いたり離れたり…と、今回は忙しい~(^_^;)





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



で、二ツ木さんは2泊3日で何処へ行ってましたん?
山田姐さんに問い詰められて、ちょっとバツが悪そうでしたけども…(^▽^;)アハハ




夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ホタルノヒカリ 2
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ホタルノヒカリ2」 第7話
蛍からのプロポーズで、今度こそ落ち着くのかと思いきや…
やっぱり若い男から告白されると、ドキドキしますよねぇ~(笑)
前のマコト君と違って(コラコラ)、今回の瀬乃キャラは顔だけじゃなくて人間としても魅力的だし、男気はあるし、蛍とも何かと気が合うし…で、ぶちょお危うし!って感じですもん。
おまけに、ぶちょおにも何かしら小夏が絡んできてイライラモードが炸裂ですわ。(^_^;)
お味噌汁のダシは煮干から、おはぎも普通に手作りできるような女性が、着付けが出来ないって?
あれは、絶対ウソやん~(笑)(^▽^;)
狭い試着室の中で、意味深な過去話なんかされて、ぶちょおもドキドキ…って、ヾ(°∇°*) オイオイ

しかし昨今のパワースポットブームというのは、どうなんでしょ?(^_^;)
ま、気持ちは分からなくもないですが、「そこへ行くだけで、何の努力もなしに?」の蛍のセリフに大きく頷きましたわ。
しかも出かけたメンバーの願い事ったら~。
元気やパワーをもらったり…はまだしも、あれじゃ完全に私利私欲に走ってますぞ。(^-^;A
とりあえず、ぶちょおの作ってくれた「おむすびころりん」で気を取り直して~(笑)

で、オカマ占い師・サマンサも単なる詐欺師だったみたいですね。
「孤独の星」やら「破滅の予兆」やら、不安を煽るような言葉ばかり並べるから、怪しいと思ったんですよ。
それに蛍に売りつけたのも、変なスカーフだったし(笑)
あれで3万円は酷い!
あの時、蛍が紙袋さえ取り間違えなければ騙されなかったのに…(^_^;)

ていうか、「友達だから…」って自然に手を繋ぐ瀬乃にドッキドキですやん♪
さてどうしたものかと思って観ていたら、まさかの『E.T.』ですわ。
あんなんじゃ、歩き難いわっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
蛍の方は大真面目だったのが、また大笑い…。

しかし最後に行きつくところは『縁側』なんですよね~。
ぶちょおのせいでもなく、瀬乃さんのせいでも、小夏さんのせいでもなく、ニャンコでもなく…ってところは思わずクスッとしましたけど。(^.^)
「結婚に向けて頑張り続けるということは、自分の気持ちに揺るぎないってことだから…」
線香花火を買ってくれていたぶちょおと、やっと仲直りです。ヽ(´ー`)ノ ふぅ~







ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



パワースポットへ出かける前に体を清める…って、ぶちょおったら蛍にどんだけ水掛けてますのん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
やっぱりそっち系か?(笑)





夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋






テーマ : ホタルノヒカリ 2
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク