「うぬぼれ刑事」 最終話~赤い彗星
どひゃー、最終回が一番面白かったかも…(笑)
「I am I」でウダウダ喋ってる“うぬぼれ5”のゆるさ加減も好きでしたが、今回は一度逮捕された里恵を奪還するために大活躍&5人のダンスシーンで大興奮でしたわ~♪
トドメはゴローちゃんのサックス!
フレームインのタイミングが絶妙で、お腹を抱えて大笑いでしたってば~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

3年前に起こった「ひばり銀行現金強奪事件」の実行犯二人が出所して、彼らの告白から主犯格の“神”を追うことになったうぬぼれ達。
ところが玲子ママに誘われて行った大衆演劇で、うぬぼれが描いた“神”の似顔絵そっくりの花形スター・桜市太郎(中村七之助さん)を偶然見つける訳です。
その後、サダメの潜入捜査であっさり捕まって拍子抜けでしたけど、実は里恵とは姉弟の関係だったのにはビックリ!!(^_^;)
しかも、里恵は当時そのひばり銀行で働いていて、全て彼女が犯行を計画して実行させたらしい。
やはりうぬぼれと里恵の出会いのきっかけは、“犯罪”だった訳ですな。
最初は警察の動きを探る為だったのが、そのうち本当にうぬぼれを愛してしまうことになり、それが辛くて別れを切り出した…というのが真相だったようですが、市太郎の自白から“絶対に好きにならない男”だと選ばれたのが冴木だったと分かったときの動揺っぷりがまた面白過ぎ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

やがて里恵は捕まってしまった訳ですが、教会でまさかの結婚式ですやん~(笑)
刑事さん二人も同席してますけど…ヾ(*°▽°)ノあはは
さすがに今までと同じように「逮捕or結婚」という選択肢ではなく、うぬぼれの涙の逮捕&獄中結婚の選択には貰い泣きでしたわ。(・_・、)
ドラマで一番の感動シーンでしたもん。
その前に葉造が言ってた、「おまえに逮捕された犯人は幸せだ…。愛があるから、きっと救われる…。」という言葉があったからこそ、うぬぼれも“逮捕”という決心がついたんですもんね。

その後、うぬぼれの“センサー”は壊れたのかと思いきや、本庁へ異動した冴木の代わりにやって来た高峰(酒井若菜さん)に反応してましたよ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
3日に一度の生足で、うぬぼれを惹きつけているらしい…。
エンドロールで若菜ちゃんの名前を見つけた時に、「えっ?!もしかして見逃した??」と焦った時間を返して~(笑)

ところで、消えた“3、4億円”ですが、連行される里恵が「会津磐梯山より愛してる!」とうぬぼれに言った時は、「???」の嵐だったのが、最後にそれが隠し場所だったと分かった時の感動ったら~♪
意味不明のセリフが、後で繋がる…ってのは快感ですね(笑)
最後の最後まで楽しませて頂いて、クドカンさん!本当にありがとうございました!(^.^)






勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



やっぱりイイですわ~♪
アバウトな「3、4億円」…(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そしてうぬぼれの本名は「小暮己」らしい。
だから葉造さんが、うぬぼれのことを「おのれ…」と呼んでた訳ね~(笑)



夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋













テーマ : うぬぼれ刑事
ジャンル : テレビ・ラジオ

「うぬぼれ刑事」 第10話~姉妹坂
石田ゆり子さんって、若~い!
そら娘さんと姉妹に間違えられても、仕方が無いわな~。
女子高生姿もギリギリいけてましたし…(笑)
いや、長瀬君の学生服姿もまだまだ大丈夫♪
しかし子どもへの依存症が、殺人という悲劇を生み出してしまった今回。
無言で何のセリフも無かった夫の、エコバックから出したカップラーメンについた砂を払う仕草でピン!ときたうぬぼれはさすがっすねっ!(カニ蔵さん風に読んでね:笑)
もう一つは、携帯の変換までバカだった…というサダメのお陰で、殺された女子高生のメール「今日は止めよう」が、実は「今日早めよう」だったことに気づかされたのも、クドカンさんらしい。(^.^)
バカ変換 上等!(笑)

それにしても・・・
一週間家を留守にしたかと思えば、ふらっと帰ってきた『妖怪赤ジェラシー』こと里恵が、葉造さん曰く、やっぱり“クロ”ですか。(^-^;A
だからうぬぼれは、彼女のことをずっと忘れられない訳ですね。
しかもこれだけ恋焦がれ続けてるってことは、かなりの真っ黒黒黒状態かも…。
里恵が帰って来て、理由も聞かずに手放しで喜んでた冴木ですが、もしかして彼女は警察への探りを入れるために冴木と結婚したとか?
もしそうだとすると、ちょっと可哀想…。(^▽^;)アハハ

そういえば、「寝つけなくて…」と終結してしまったうぬぼれ5の皆さん。
それぞれ思い思いのパジャマや、うぬぼれのシャツINの着方に大笑いさせてもらったのはもちろん、なぜにみんな手に同じアイス?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
「エスキモー パルム」に見えたけど…。
そして「ゲイゲイゲイ~♪」とノリノリの三津五郎さん…(笑)
「うぬぼれ刑事」の意を決して、ゲイと噂される監督にニセ告白したものの、あえなく撃沈のサダメっち。(^_^;)
しかもドラマスタッフみんなの前でお断りされて、俳優生命も絶たれた…と思いきや、熱烈なファンが現れてくれて思い直してくれたようですね。(´▽`) ホッ
パラララ~ン♪パラララ~ン♪の長瀬君とのダンスは、最高でした!
さすがジャニーズ♪
キレがありましたな。キレが…(笑)

で、最後に出てきた、うぬぼれが描いた犯人の似顔絵は、七之助さんそっくり!(笑)
「弥次さん 喜多さん」コンビが、こんなところで見られるとはっ!
犯人だと分かってても、何か嬉しいですわ~♪"o(*´∇`*)o"ワクワク






勇気を出して、ポチッと押してみそ~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



今回、うぬぼれが惚れてしまった犯人・明日香の「鎖骨」と、ニクイ「ひざ小僧」。
柿の種で顔…がキュートでした!(≧∇≦)ノ彡バンバン!



夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : うぬぼれ刑事
ジャンル : テレビ・ラジオ

「うぬぼれ刑事」 第9話
ゲストの光浦靖子さんがちょっと地味だったので(失礼:笑)、うぬぼれの母・千鶴子役の竹下景子さんのインパクトは凄かった~(笑)
いきなり警察署に現れたかと思えば、否応が無しに畑で取れたトマトや赤ベコを配ったり…と、まるで台風か嵐のようなキャラはゲゲの母・いかるとめちゃカブってますやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

警視庁総務部長・藤沢(本田博太郎さん)の娘で、図書館で働いているという知世(光浦靖子さん)とお見合いをすることになったうぬぼれ。
写真を見る限り、地味~な女性にときめくはずが無い…と思ってたのに、彼女がメガネをかけた途端に萌え~(笑)
おまけに気配りは出来るし、知性的だしで、すっかり目がハートです。
ところが知世の父親と葉造は退職金のことで揉めたらしく、それまで和やかに進んでいたお見合いの席は、一気に不穏な空気が流れることになってしまってました。(^_^;)
で、その退職金ですが、葉造は警察内の暴露本を書いたせいでもらえなかった…ということになってたようですが、実はちゃんと受け取ってたんですよね。
突然の夫婦ゲンカ勃発でしたけど、葉造はそのお金を叩いて千鶴子の為に歩行者用の信号機をつけた…と後に真実が分かって、ちょっとホロリでしたわ。
といっても、そこで思いっきり葉造の声が流れていたにもかかわらず、肝心の千鶴子は全く気づいてなかった…というオチにも涙(笑)

そんな時、連続放火事件が発生。
現場には番号が書かれたダーツの矢が残され、うぬぼれは知世が勤務する図書館の本が焼け焦げて残っているのを偶然発見する訳です。
この本の返却を理由に知世と会える~♪と喜んだうぬぼれですが、次の現場でも同じようにまた本が発見された上に、彼女のメガネのフレームが少し焼け溶けていたことに気づくんですよね。
火種に使われたダーツの矢は、ちょうどその辺りで構える→知世が犯人だと繋がった訳ですが、てっきりイケメン消防士・宇野(猪野学さん)が目当てだと思いきや、まさかの栗橋教授でしたわ。(^▽^;)アハハ
知世は栗橋教授の教え子で、ほのかな恋心を抱いて一生懸命アプローチしていたにもかかわらず、地味過ぎて彼の記憶の片隅にも全く残ってなかったのが切な過ぎ。(ノ_<。)うっ
知世は、栗橋教授が書いた本を延滞した人々の家を狙ってたらしい。
自分とは関係ないと知り、あっさり帰る宇野には大笑いでしたけども…(笑)
そして、うぬぼれのプロポーズもお約束であっさり断られ、娘を犯罪者にしたくない父親の願いも届かず、千鶴子の「あんたを家の嫁にするの刑に処す!」の言葉も振り切って、逮捕されることを選んだ知世…。

一方、パートで働き出した里恵ですが、冴木に隠れてこそこそ電話をしたり、何やら謎の行動が多くなってきましたよ。
その前に、結婚式にも彼女の両親は出席しなかったらしく、家族構成、年齢も冴木は知らないらしい。
…って、婚姻届はどうやって出したん?(笑)(^-^;A
富士宮焼きそばの試食販売をする里恵に、「僕はまだ君を愛しているから!」(消防車の音でかき消されてしまったけど)と告白したうぬぼれ…ってことは、もしかしてこの後何かの事件に関わってるって展開になるんでしょうかね。(/_;)/アレー
何となく空気を読んだ冴木が薬味を買いに出た間に、里恵はとうとう家を出て行ってしまってましたわ。
彼女が向かった先は?
冴木の手の動きで一瞬リストカットに見えたバイオリンと、何か関係ある?(笑) ナイナイ! (≧∇≦)/☆(.. )






ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



葉造と千鶴子のニセ熱烈恋愛物語の再現ドラマも笑えましたが、うぬぼれ役のサダメが、前回の話のワンシーンを演じてるところがチラッと映るのも楽しみ♪
外からは見えない、狭いトランクの中での演技…お疲れ様でした!(≧∇≦)ノ彡バンバン!




夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : うぬぼれ刑事
ジャンル : テレビ・ラジオ

「うぬぼれ刑事」 第8話~大物感
うわっ!
うぬぼれのお母さんって生きてたんですね(笑)(^_^;)
で、母・千鶴子役は竹下景子さん…って、ゲゲのお母さん役といい、このところの竹下さんは強烈なお母さんキャラが多いな~。
元祖クイズの女王だったのに(古っ:笑)

今回はいつもとは違って、父・葉造さんの一目惚れ。
相手は女流作家・九十九千里(三田佳子さん)だった訳ですが、辻褄が合わないやらファンサイトに批判が殺到しているからといって、自分の小説「E坂の貴婦人」の整合性を訴えるために殺人まで犯してしまうとは…。
しかも殺された馬場さん(吉田メタルさん)が、実は彼女の熱烈なファンだった…と後で分かるという皮肉。(^-^;A
いや、あの暑苦しいテンションは確かにうざかったですけども(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
そういえば犯行に使われた“保冷材”ですが、あんなに大きいのってあるんですか?
「流星の絆」で使われた“ポストイット”といい今回の“保冷材”といい、クドカンさんの目の付け所がちょっとツボですわ~(^.^)

しかし恋をした葉造さんの可愛いこと可愛いこと…。
まるで少年でしたやん。(’-’*) フフ
そしていつもとは立場が逆転したうぬぼれが、九十九は『クロ』だと断言したとはいえ、その後に二人で激しい争奪戦が繰り広げられるとは(笑)
西田さんと長瀬君の親子ダンスも、なかなかイイ感じでしたよね。
で、BGMからのダンスは、もしかしてお約束になるの?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも結局、九十九は逮捕されることに…って、当たり前だけど(笑)

そういえば・・・
葉造が「一番きれいなあんたを…」と、まるでシングルの宣伝のように(笑)ポロリしてしまったばっかりに、冴木の知るところとなってしまいましたやん。(^_^;)
その勢いで飛び降りてしまって一瞬焦りましたが、とりあえず命の別状はなくて良かった。(´▽`) ホッ
翌日は引いてしまうぐらいめちゃくちゃ元気で、痛々しい冴木。
いつかは…と覚悟していた里恵も、ひょんなことからバレてしまってビックリですわ。

そして次週、うぬぼれのお見合い相手は~って、光浦さん?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
色んな意味で楽しみ~♪





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


吉田メタルさんって、どこかで聞いたような…
と、調べてみたら、岩崎ひろみさんの旦那さんですやん~♪(^.^)ウンウン
今回はヅラ?(笑)



夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : うぬぼれ刑事
ジャンル : テレビ・ラジオ

「うぬぼれ刑事」 第7話~マラカスの詩
「出て来いや!福原」って、高田かっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
整形して全国を転々と逃げ回った犯人…といえば、つい思い出してしまうような似た名前でしたけど、彼女が使っていた偽名の「板倉里奈」“似”が「楽になりたい」に繋がるところは流石でしたわ。

しかし今回のキョンキョンは期待通り、面白かった~♪
まさかの脚気検査(地上波ではここまで:笑)や、数々のコスプレ、そして長瀬君との長~いダンスシーン。
BGMの流れでそのまんまダンス…って、あり得ませんもん(笑)
その前の『匂い』で犯人を捜し回るうぬぼれに、「君は警察犬かっ!」と思わずツッコミを入れたのは言うまでもありません(笑)
彼女がうぬぼれたちが通ういつものバーに、ふらっと現れたのは偶然なのか?それともわざとなのか?
・・・の前に、30時間以上も飲み続けてる皆さんが凄すぎる(笑)
どんだけお酒に強いねん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

で、マラカスを見るとつい唄いたくなってしまう犯人・福原直美(小泉今日子さん)でしたが、あのマラカスの数にはビックリ!
そういえば下着泥棒が捕まった時って、あんな風にずら~っと並べるよな…とか、つい連想してしまったり(笑)(^_^;)
そのどれにも同じ指紋がついていたのに、うぬぼれが確認しようと慌ててバーに行ったら、ママがそのマラカスを思いっきり洗ってるって~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しかも筆談じゃなくて、今回はストレスが溜まるからと普通に喋ってましたやん(笑)
確かに泡のついた手じゃ、筆談し難いもんね。(^_^;)

そして「捕まりたい犯人、捕まって欲しくない遺族、捕まえたくなさそうな町田部長」という設定には興味津々。
結局、『香り』と『眉間』で彼女が犯人だと判ったうぬぼれですが、世間が想像した三角関係のもつれでも何でもなく、実は円満な三角関係で、末期ガンだった旦那さんの遺志を尊重した奥さんが、福原に頼んだ末の殺人だったようですね。
殺人事件の時効が撤廃された…という最近の時事ネタを、さり気なく使ってくるところも流石でしたわ。
で、警察の動きを逐一報告していた町田部長は、どうなったのか気になる。(^-^;A

次回はうぬぼれの父・葉造が一目惚れ?
だから三田佳子さんだったのか…(笑) オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )
またまた楽しみ~♪




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



婚姻届の束…って、うぬぼれったらどんだけ結婚願望ありますのん~(笑)
いや、犯人逮捕か?(’-’*) フフ




夏ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : うぬぼれ刑事
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク