「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 癸の回(最終話)
(  ° ▽ ° ;) エッ あれで終わり??
一瞬、来週も続きがあるのかと勘違いしてしまいましたやん(笑)(^_^;)
でも初っ端に「癸」が「起」に書き換えられたり、最後の方に出された「承ノ回へ祈ル捲土重来」ってのは、やっぱり続編ありきってことなんでしょうかね。
当麻情報によると(笑)、映画化は無いらしいし…。
「捲土重来」とは、物事に一度失敗した者が、非常な勢いで盛り返すことという意味だそうで、結構面白かったのに意外にも視聴率はイマイチだったらしいので、もしかしてそういう意味も含んでの言葉だったのかな~。

前回、当麻と瀬文が一を撃ったところで、いつものスローモーションとなった訳ですが、実はあの『雪』には毒が仕込まれていて、普通の人間の何倍ものスピードの時間で生きている一は誰よりもたくさんの毒を浴びてしまったらしい。
当麻は長い髪のお陰でダメージは小さかったようですが、坊主頭の瀬文は目をやられてしまい…。
そこへ現れた地居。
実は彼こそが一番の悪キャラでしたやん~!!
ていうか、地居も実は津田だった??
ロボット姿の餃子屋さんといい、最終回にしては謎が多すぎる(笑)(^_^;)

そしてやっぱり、一は当麻の弟・陽太だったようです。
耳の後ろの痔…じゃなかった(笑)痣は星ではなく“ヒトデ”だそうで(どっちでも一緒やん:笑)、いくら地居に記憶を消されたり書き換えられても、当麻はちゃんと覚えていた。
陽太は両親と共に7年前飛行機事故に遭い、その時に一人生き残ったのに「SPEC」が芽生えたために地居によって記憶を書き換えられ、姉弟なのに敵同士として戦う羽目になってしまった。
ところが、いつしか当麻の驚異的な頭脳に好意を持ち、ストーカー化した地居は彼女の記憶を書き換えて、無理やり自分の婚約者…ということにしてたようですわ。
ということは、当麻の幸せな恋人シーンの記憶は彼の仕業だった訳か。(^_^;)
で、なぜか恋愛にはライバルが必要ということで、わざと心に傷を負わせた瀬文を差し向けた。
しかし何もかも自分のシナリオ通りになるはずが、結局当麻には通用せず、美鈴によって記憶を取り戻した瀬文が駆けつけて教会で対峙することになる訳ですが、他の能力者たちも地居に協力してるもんだから、結構大変な展開になってしまってましたわ。
で、一番意表をつかれたのは当麻がギプスを外したらちゃんと左手がくっ付いてたこと!
もしかして自分で縫った??(゚∇゚ ;)エッ!?
前日のシーンでは、てっきり“凶器”になるようなものを仕込んでいるとばかり思っていたので、縫い合わせてあったのにはビックリ!
というか、その「手」は何処にあった?(/_;)/アレー
瀬文も両腕が使えなくなったところで、まさかの「動け!」で当麻は銃を撃てるようになったけど、あの様子から察するに地居は自分の撃った弾を受けていたみたいですよね。
またスローモーションのようになってたけど、一は息を引き取った後だったし、最後のエンドロールも赤文字だった…ってことで、姉の当麻にも同じSPECが芽生えたってことでいいんでしょうか?
最初の雪のシーンで「にやり」と笑ったのが、もしかしたら前兆だったのかも知れないですね。

それにしても、シロタンの変なストーカー男の演技が凄かったの何の~!
最初はいてもいなくてもいいような存在感の無いキャラだと思いながら観てましたけど(笑)、蓋を開けてみればめちゃ大活躍ですやん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

続編希望!
じゃないと、このモヤモヤは何処で発散すればいいのやら~(笑)
ま、そこが「SPEC」らしいといえば、らしいのですけどね~(^.^)




勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



佐野元春さん演じる当麻の父親が、「はやぶさ」に関わってたってのもビックリでした!(笑)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 壬の回
何か、やたら「血がドバー!!」みたいなドラマになってきましたよ~。
“だるま”の数を数えてたら、途中から分からなくなってしまいましたもん。(^▽^;)アハハ
死んだことを“だるま”で表現するところがまた、怖すぎる…。

志村の敵討ちを心に誓う瀬文の前に現れた、津田…やっぱり死んでなかったのか。
と思いきや、彼は“パブリックドメイン”という存在で、「公安零課」には何人も存在するらしい。
えらい都合のいいキャラですやん(笑)
で、零課に入るよう半ば強要された瀬文でしたが、その交換条件に、お取り潰しになったミショウに野々村と当麻をそれぞれ復帰させるよう要求。
電気や水道を止められた暗~い部屋で瀬文を待ち続けた二人は、無事に捜査を続けることが出来るようになったものの、まさかの野々村課長が瀕死状態で運ばれてくることに…。
当麻が「遺言みたい…」って言ったのが、やっぱり縁起悪かった?
どうやら一を殺そうとして、逆にやられてしまったらしい。
彼の暴走は誰にも、もうスペックホルダーたちでさえも止められない状態になってます。
自らを「キング」と名乗り、マイブームなのか?自分に歯向かう者達の顔に次々と「キリトリ線」を付けまくる一。(^_^;)

そして一の居場所情報をSPEC仲間から得た津田たちが、部屋へ飛び込んで抹殺を試みようとしたものの、結局失敗に終わってました。
あの中に、かた焼きそば…じゃなかった(笑)、東野幸治さんがいたみたいですが、口から何か出してたけど彼は何の能力を使ったんでしょうか?
あまりにも一瞬過ぎて、分かりませんでしたわ。(^-^;A
で、次の瞬間、一は突入してきたメンバーを皆殺しにして、“津田”も全員トドメを刺したらしい。
ただ一人瀬文だけは、母親をかばってくれた…ということで命拾いをしたようですが、彼も顔に変なキリトリ線を付けられて釘を刺されてましたよ。
といっても、彼はそんなことで怯むような人間じゃないですけどね。

その後、再び一と対峙することになった瀬文ですが、全く歯が立たない状態。
彼も野々村係長の二の舞に?…とドキドキしてたところへ、当麻が駆けつけましたやん~♪
瀕死の野々村と一緒に運ばれてきた凶器のナイフを美鈴の能力で読み取ってもらって、居場所を突き止めたんですよね。
しかし彼女も瀬文と同じく全く歯が立たない…と諦めかけたところで、一か八か同時に拳銃を撃った瞬間にいつものように時間が止まり…のはずが、勝ち誇った一の表情が歪みましたやん。
あれ?当麻の口元が動いてる??
うわ~!何で~?!
一は時間を止めることが出来るんじゃなくて、時間の速度が普通の人間とは違うらしい…ってところが、もしかしてヒント?

相変わらず違和感なのが、一と母親の関係。
これ以上危険な目に遭わないようにと記憶を書き換えてもらってたし、おまけにあの人は顔も変えられるの?
永井大さんもビックリやん(笑)  チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
声はわざと替えてたけど、たぶん地居なんでしょうね。
で、「僕と出会う前…」のという言葉の意味は?
それに当麻には弟がいたようなのですが、耳の後ろの痣とか、どうも一っぽいんですよね~。
しかし彼女が一を弟として意識しているような言動は皆無と言っていいほど無いし、これも記憶を書き換えられてるんでしょうかね?
だとしたら、私たちが今までドラマで観てきたことは、どれが真実でどれが作られた記憶なのか、頭の中がごちゃごちゃになって分からなくなってきましたよ~(^_^;)
いや、ドラマだから別に深く考える必要もないか(笑)

そんなこんなで、最終回がめちゃくちゃ楽しみです!!





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



野々村係長の奥さんの名前が、「雅ちゃん」でビックリ!
もしかして「ケイゾク」の時の??
どんだけ「雅ちゃん」が好きなんだ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そして父親役らしい佐野元春さん。
いやー、お久しぶり~♪(^.^)


最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 辛の回
何だかまた、一気に盛り上がってきましたよー♪(^.^)
謎が解けてスッキリ…という展開じゃないけど、もやもや~と薄いベールに包まれながらも、色々と判ってきましたやん。

まず、一の家に行った当麻はめっちゃ素で現れた彼に銃口を向けた…と思ったら、次の瞬間ビルの屋上の際々に立ってる!?
彼が母親を人質に何者かから脅されていると薄々感じていた当麻は、母親は自分が全力で守るから…と、一に自首を訴えたものの、彼の指パッチンでビルの屋上から真っ逆さま。\( ><)シ ギャー
ところが次の瞬間、今度は自分の部屋にいました。
貧血を起こして路上に倒れていたところを、通りがかりの人に助けられたらしい。
豆腐がテーブルから落ちてベチャ!みたいな映像が間に入れられていて、ヒヤヒヤしましたやん。(^_^;)
でも地居が付き添って連れ帰って来たようなんですが、彼の何か意味を含んでいるかのような目が気になりましたわ。
もしかして地居が助けてくれたの?
それとも、これ以上自分に関わらないようにと、一が当麻を脅すために落とそうと見せかけただけなのか?
これもちょっと謎。
しかし当麻の部屋ってのがまた、かなり昭和チックでしたわ~♪
何やら彼女の書道がアチコチに貼りまくってたけど、どれも“小ネタ”のオンパレード!(笑)
もっとじっくり見せて欲しかった~(^.^)

一方、冷泉から聞き出したヒーラーの元へと向かった瀬文でしたが、部屋の中に居たのはバットで素振り真っ最中の野球少年ですやん。
でも完全に何者かに操られているらしく、志村を助けたければ、公安の津田を捜し出して引き渡せ…と少年の口を借りて命令。
これは嘘情報ではないところを分からせるために、瀬文をまず別の病院へ呼び出し、そこで入院中の子どもの病気をあっという間に治してました。
…って、ヒーラーの正体がEXILEのNAOTOって?
しかも本物やん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しっかりCDの宣伝までやってるし、あまりにも唐突な展開に目がテンですわ。(^_^;)
その場に居たナース二人(この人たちも操られてました)に指示され、コインロッカーから津田の資料を手にした瀬文は、ミショウに戻ってPCで調べた後、辞表を置いて行方不明。
その後、ルポライターの渡辺という人物から津田の居場所を締め上げて聞き出した訳ですが、瀬文が立ち去った後に彼は結局何者かに抹殺された模様。
あーぁ、ボイラー室の近くになんか居るからあんな目に~って、チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

どうやら津田は「特殊能力対策特務班」を任されている公安の管理官らしい。
この情報をくれたのが、あの東大卒で今や上の方にいるらしい柴田(中谷美紀さん)?ε=ε=(*~▽~)キャー
こんなところで繋がってるとは~。
しかも野々村係長に情報の入ったSDカードを託していたらしく、特殊能力者たちと対策特務班の対立に「パンドラの箱」を開ける決心をした係長が瀬文と当麻を呼び寄せた…という経緯だったみたい。
野々村係長から真実を聞き瀬文の行方を捜す当麻でしたが、一の家に行ってみるとそこはもぬけの殻。
その頃、一と母親はすでに別の場所に引っ越してたようですが、「記憶を消す」という能力の持ち主から母親の記憶を消してもらってました。
ちなみに母親の名前は「一 二三」。代々数字に拘る家系らしい(笑)
やっぱりこんな苗字だと、仕方が無いわ~。
ていうか、一が当麻に「お前が僕の家族を殺した…」とか言ってましたよね?
ん?( ・。・)? 本当の母親じゃないの??

ところで、津田が国会議事堂の中にいるらしい…と情報を掴んだ瀬文。
冷泉を奪われる際に撃たれてましたけど、実は防弾チョッキで助かってたみたいですね。
あんな厳重な警備の中、一体どうやって?と瀬文が思案しているところへ現れたのが一ですわ。
そう、彼ならあの指パッチンで時間を止めるのは自由自在。
津田のいる部屋まで難なく入り込み、一のちょっとした悪戯からすったもんだはあったものの、あっという間に外へ連れ出して、また何者かに操られいる女に車で運び込ませてました。
連れ去られる時に銃声が聞こえたけど、まさかそんな簡単に殺しはしないでしょうね。
津田の拉致に成功した一は、そのまま姿を消し…。

慌てて志村の元へと駆けつけた瀬文は、NAOTOたちとすれ違い、そこですっかり元気になった志村を目の当たりにする。
二人の堅い信頼関係や、久しぶりの元気な兄の姿に喜ぶ美鈴…というところで、変なおっさん二人が現れてブブゼラをブー!と鳴らしたやいなや病院の外で悲鳴が聞こえ、駆けつけると志村はすでに絶命してました。(/_;)/アレー
彼らは津田を確保さえすれば、もう用なしという訳か~。
津田の居た部屋で、抹殺した能力者たちの名前を書いただるまの中に冷泉の名を見つけたと同じくらいの衝撃でしたわ。Y(>_<、)Y

さすがに一も少し心を痛めていたようですが、あの組織が特殊能力者団体?(←勝手に命名:笑)
外国の人もいたし世界的な組織なんでしょうかね。
意味深に映ってた耳の後ろの星型のアザも気になる。
うわ~、また一週間が待ち遠しい…





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



雅ちゃん、猪俣と結婚?
そういえば、お、お腹の子の父親は~?(^-^;A
ミショウのお取り潰しが決まったタイミングってのがまた、何か意味深。



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 庚の回
しかし次から次へと、濃いキャラが出てきますね~(笑)
今回は相手の心を瞬時に読み取ってしまうという能力を持ったサトリ(真野恵里菜さん)が突然ミショウに現れる訳ですが、“新宿のシンデレラ”は12時を過ぎると強力な睡魔に教われるそうな。
どうやら“SPEC”を使うためにかなりの体力を失うらしく、一日に何度も眠くなり、その際は能力が弱まる…という特徴のお陰で、冷泉の奪還にも成功した訳ですが~。
撃たれたはずの津田が、直後に生きてましたよ。
(  ° ▽ ° ;) エッ
もしかして彼も何か“SPEC”を持ってるとか?
それとも最初から撃たれたフリをしていたのか?またまた謎が増えましたやん。
いや、まだ桔平さんが見られるのは嬉しいけど(笑)

そして新たな“SPEC”疑惑といえば、見舞いに行った病室からの去り際に、美鈴の頭をサラッと撫でていた地居。
彼女が当麻から読み取ったという少年を描いた一枚の絵も持ち去ったってことは、もしかして記憶自体を消したってこと?
うわ~、気になりますやん。
ただの元婚約者じゃなかったのは、何か嬉しいサプライズ♪
描かれていた「猫と一緒に遊んでた男の子」って、たぶん一ですよね?
ということは、当麻は一を前々から知っていたってことなのかな?
また、今回も「?」だらけ(笑)(^_^;)

で、サトリと冷泉を確保した当麻と瀬文ですが、野々村への報告はサトリのみ…。
しかし野々村もそれは分かってる風でしたよね。
奥さんとは離婚できず、雅ちゃんとは結婚できない上に、彼女はもうすでに猪俣と付き合ってる…とサトリに宣言された散々な野々村だけど、時々カッコイイ(笑)
「見逃してくれたら…」という交換条件に、冷泉は瀬文には「病気を治すSPECの持ち主」、当麻には一の居場所をそれぞれ予言した訳ですが…。
このまま逃げたところで、冷泉はまた確保されてしまうような気がするのは私だけ?
津田も生きてますしね。
しかし彼を買ったという人物も気になるところ…。
レモンが山ほど買える、大金持ちということは分かってますけど(笑)

しかし、当麻の前に現れた一はジャージ姿の普通の少年。
お母さんも特に怪しい様子はなかったし、当麻が後ろ手に持ってた拳銃とのギャップに戸惑いますわ。
瀬文が会いに行った「病気を治す…」という人物は姿が映らなかったけど、もしかして今までの登場人物の中にいるとか?
あ~、また一週間が長い~(笑)(^_^;)







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



真野恵里菜さんって、ハロプロなんですね。
やっぱ、可愛いわ~♪(^.^)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 己の回
う~、すっかり騙された。(^_^;)
「病を処方するSPEC」の持ち主は、てっきり白い口ひげの怪しい男・宮崎だと思い込んでましたけど、あれは海野のミスリードだった訳ですね。
あんな特徴のある男が現場にいたら、そらそっちに目が行くってもんです。
瀬文もまんまと騙され、宮崎の居所を探し回って結局振り出しに戻り…。
しかし処方の方法が、おでこでごっつんこ…でしょ?
ということは、5人の公安も海野に“ごっつんこ”されたってこと?(笑)(/_;)/アレー

そして出張先の南アフリカで火災に遭い焼死した…ということになってしまった里中ですが、妻の小百合は不自然に整頓された夫の書籍が気になった様子。
そこに着目した当麻たちは、その書籍が何者かの手によって全て入れ替えられた物だと確信。
遺品の中に証拠やメッセージを残されては困るって訳ですな。
で、なぜか1冊だけ図書館から借りた本があった…という小百合の証言から、慌てて探しに行った当麻たちは、その本に小さなチップが隠されていたのを発見した。
その当麻と瀬文たちの一部始終をずっと監視していたかのような老人2人は、もしかして公安の人間?
あれはかなり不気味でしたわ~(^-^;A

で、調べてみると、そこには里中が公安の機密情報から入手した「SPEC」を持つ人間のデータが…。
予知能力、念動力、超聴覚を持つ、時間を止める能力を持つ…などの欄には名前が書かれてあるのに、「病を治す」欄は不明。
しかし「病を処方する」には、謎の「0」が書かれている。
普通の「0」じゃなくて、中に斜めの線が一本入ってるというところがミソ?
同じく、植物状態の兄の為に「病を治す能力」を持つ人間を探しているという美鈴を地居がミショウに連れて来てました。
あっ!それなら私、知ってますよ!タッキーやん♪(笑) チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

そのデータを一瞬にして読み取った美鈴が、海野のもとへ…。
どうやら海野は難病を処方して、実験的にオペを繰り返していたらしい。
当麻たちも「病を処方するSPEC」を持つ人間が海野だと分かって駆けつけた訳ですが、里中の娘・梨花ちゃんの手術の執刀医が海野だったことで彼に全てを委ねるしか手立ては無く…。
結局、手術後にトンずらされてしまってました。(^▽^;)アハハ
でもその後、海野は数人の男たちに囲まれてたようですが、連れ去られてしまったんでしょうかね?
あのまま闇に葬られてしまうのか?それとも冷泉のように監視下に置かれるのか?
まさかあれで出番が終わり…ってことはないでしょう(笑)
「お前らにも…」の捨て台詞が気になるところ。

そして気になるといえば、普通の中学生(高校生?)姿で登場した一。
猫に餌をやったり、「ヤベっ!母さんに叱られる…」と慌てて帰る様子やらはホントに普通の少年に見えたけど、その後にサッと姿を消したところで、我に返りましたわ。(^▽^;)アハハ
しかし、ということは一は普通の生活を送ってるってことですよね?
いや~、彼がどういう生活を送ってるのかも気になりますわ~。




勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



当麻が作った「餃子入りカレーうどん」…。
しょっぱくて酸っぱくて甘ったるい…って、どういうことやねん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

堺雅人さんの「JOKER」は、まだ忘れてませんぞ!(笑)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク