「Q10」 最終話
うわ~、とうとう終わってしまいましたやん。(ノ_<。)うっ
でも最後まで心温まるエピソード満載で、優しい気持ちにさせてもらいました。
一時間だけだけど(笑)

月子に言われるままにキュートのリセットボタンを押してしまった平太は、まるで抜け殻のような日々を過ごしていた。
「たとえ本物でなくてもいいから、もう一度だけでもいいから、
遠くからでもいいから…会いたい。」
平太の切実な思いに、胸が痛みます。
しかし、実は栗子先生が月子の言動から先読みして、リセットボタンを入れ替えていたんですよね。
シャーペンの消しゴムで(笑)
キュートには押されたフリをして、隙を見て逃げて来い…と伝えていた。
未来へ帰ったはずの月子が、キュートを捜しに来ていたことで作戦は成功したと分かりましたが、「Q10を連れて帰らないと、世界が大きく歪んでしまう…」と、彼女は再び力づくで平太にリセットボタンを押させようとしていた。
そんな月子に「2010年にはまだあるのよ、奇跡…」と、平太には心に訴えるよう諭す栗子先生。

その頃平太はクリスマスで賑わう街を彷徨いながら、「キュートに会わせてくれたら…」と、何となくサンタさんに頼んでいると、初めて雪を見て興奮しているキュートが、目の前に居るじゃありませんかっ!
「この先、一生何も要りません…」
人目もはばからず、思わずキュートを抱きしめる平太。
もう、この辺から涙腺が決壊ですがな~(笑)(・_・、)

キュートは中尾君の家に匿われていたらしい。
暫くじっとしているはずが、キュートの方がどうしても福引をやりたいと言い出して、仕方なくサンタ&トナカイコスプレで出かけていたらしいけど、完全に自分の趣味に走ってるやん~(^▽^;)アハハ
そして中尾君の前でもお構い無しに、ずっとキュートの手を握ってニコニコしている平太の様子に、観てる方も自然と笑顔がほころんでしまいましたわ(笑)

そして久しぶりに久保君の病室に足を運んだ平太は、そこで彼が一時危険な状態だったと知る。
ドアの外で「毎日来ても、自分の表情から病状が悪いと知られてしまうのが怖くて、中に入れない…」と悩んでいる民子でしたが、「愛が足りない」んじゃなくて、それは逆やで~と言ってあげたかったですわ。
その後、サンタ人形が光った奇跡の勢いで、民子は無事に久保君に会うことができましたよ。
一時は急変してICU、そこから一般病棟に戻ってもがっちり酸素マスクを付けてた久保君でしたが、日に日に快方へ向かってる様子もちゃんと描かれてましたもんね。
来年、再来年、たとえその次でも、二人で一緒にあの校門の坂道を上っていけますように…。
二人のエピは好きだったんですけど、最初の回の方で、キュートから久保君宛ての電話番号を預かって、ちょっと妬いてる平太…という二人の関係も“青春”って感じで結構お気に入りでした。(^.^)

一方、月子から「リセットボタンを押さないと、二つの文明が滅び、一つの言語が消滅する」と言われた平太。
そして560万人が死ぬ…。
目に見えないことや、自分に直接関係ないことは、人は考えないし信じない…。
彼女の言葉に動揺する平太は栗子先生に相談するのですが、「本来無かったものがあるっていうのは、バランスが崩れるんじゃないかしら…」と、さり気なく後押ししてくれているようでしたね。
今回の“リセット”は平太がじっくり考えて自分で出した答え…ということで、喪失感も少しは小さかったはず。
それにキュートの口の中から出てきた、「88歳の平太からの手紙」のくだりも素敵でした。
「Q10を愛したように、世界を愛せよ」
うわ~、それって世界平和やん。
お父さんがお母さんを想う気持ち…も、広い意味で世界平和。
意地悪だった上司でさえも、今の彼女の人格を形成させてくれた…なんて、なかなか思えません(笑)(^_^;)

そして何よりジーンときたのは、校長先生と藤丘君のエピでしょうかね。
彼から「頼りになる大人」と言われた校長先生の嬉しそうな笑顔と、その帰り道に懐に温かいパン、家に娘と孫、俺を信じてくれている教え子もいる…と、幸せをしみじみと感じるシーンは感動的でしたわ。
柄本父さんも、二人の息子のお陰で、荒んだ心が少しは癒されたようでしたしね。
来年こそは、家族揃ってクリスマスを過ごせますように…。

で、キュートが平太の未来の奥さんの若い頃と同じ姿…というのは何となく想像してましたが、あのピアニカの出会いはちょっと強引でした?(’-’*) フフ
「一年で記憶が無くなる材質」なら、一年後でも十分良かったような…。
想像の産物の“Q10”の存在を、彼女はずっと信じ続けてくれたらしい。
あれ?“Q10”が先なん?
いやいや…\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)

「平太。また明日…」
そう言ってリセットされたキュート。
誰もが明日は必ず来ると、何の疑いもなく信じてるけど、最近そうじゃないと思い知らされるような出来事が身近であって、このところ少し動揺したりしてました。(^-^;A
まだまだ修行が足りんな。自分…(笑)




勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



いやー、レビューがすっかり長くなってしまいました。(^_^;)
それだけハマってしまったドラマ…ということで、ご勘弁下さいませ(笑)
健君も期待通りで凄く良かったし、何よりQ10役の前田あっちゃんのロボットぶりもとにかく楽しめました。
最後まで変なイイ奴キャラだった細田君にも感謝♪(笑)
いつも心に沁みる木皿さんの脚本…。
またいつか会える日が、今から楽しみです。
スタッフの皆さん、キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第8話
何が驚いたって、藤丘の働くパン屋さんに現れた父親…って、本物やん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
柄本さんってば、月曜日は死刑囚として服役中なのに、よく出て来れたもんだ(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
しかし今まで殆ど家に帰って来なかったくせに、突然母親の入院費で30万ぐらい必要というのは、ちょっと怪し過ぎる。(^_^;)
角替さん元気そうですもん…じゃなくて(笑)
まだ働き出したばかりで前借りも言い出せず、誰にも相談出来ない藤丘が、無造作に置いてある手さげ金庫の中のお金をチラチラ見ていたのが気になるところ。(^-^;A

さて、本題に入りますが~
Q10と月子は、やはり未来からやって来てたんですね。
2080年、将来平太の結婚した奥さんが治せない重い病に罹り、自分と出会う前の10代の平太に会いたい…という依頼を受けて送り込まれたロボットだったらしい。
で、「富士野月子」は最初Q10に付けるはずの名前で、月子を名乗っている彼女は管理人R31。
予定は少し狂ってしまったものの、平太の映像は送り続けることは出来ていたのでそのまま任務を続行していたようですが、とうとう亡くなってしまったので任務終了…ということになった。
彼女の最期の言葉は、「平太、また会おうね。」だった。
・・・って、そんなこと聞かされてもねぇ~(^_^;)
そんなの「ハイそうですか」って、平太がを簡単に“リセット”受け入れられるはずも無く…。

ところが月子は“力づく”で平太のリセットを強行させるため、そこにあった地球の球をポン!と投げた。
自分はルービックキューブ(…って、「医龍」とかぶってるやん!:笑)をクルクル。
…と、そこへ現れたのが栗子先生。
先に中尾君からタイムマシーンらしき地球の球を見せられていたので、それが危ないものだとすぐに察知。
平太から奪い取ったものの、そのまま彼女は時空をアチコチ彷徨う羽目に…。
「死ぬほど考えるの!それが後悔しないたった一つのやり方よ!」
とか言われても、リセットボタンを押さないと、時空を飛び続けている栗子先生がどうなってしまうか分からない…なんて聞かされたら、月子の言いなりになるしかないですもん。
キュートが回収されて、茫然と立ち尽くす平太…(・_・、)

「戻るべきところへ戻ったのか…」
「あまり自分を責めるなよ…」
「あの状況なら、誰だって仕方が無い…」
大人たちは後悔しきりの平太を慰めるも、すっかり抜け殻状態ですやん。
何であの時、何も出来ないと諦めてしまったのか。
こんなに後悔するなら、何だって出来たはずなのに…
なぜ考えるのを止めてしまったのだろう。
栗子先生の言葉が、ずっと耳から離れない。

キュートのリセットボタンを押してしまったと平太から聞かされ、中尾君もパニック状態。
「ルナ フルスロットル乙」の連載も中途半端に突然終わってしまった上に、この二重のショックは計り知れない。
ところが実は一筋の光が残されてました!
栗子先生が時空を飛び回って中尾君の部屋に現れた時、「中尾君、力を貸して!キュートを取り戻すのー!」と叫んで消えてしまったのを目の当たりにした彼は、キュートを取り戻そうと栗子先生のところへと駆け込んでました。
…にしても、あの箒片手にプロテクターの格好ではちょっと無理がありますな~(笑)
そこがまた、細田君演じる中尾君の可愛いところなんだけど。(’-’*) フフ
しかし、では二人はどうやってキュートを取り戻そうというのか?
もしかすると月子から渡されたタイムマシーン的な地球の球が、何かカギを握っているのかな?

そしてもう一つ気になるのが、しげの家にキュートを訪ねて来た「月子」という女の子。
「もう居ないのよ…」と告げると残念そうに帰って行ったと言ってましたが、あの管理人R31である月子なら一度来ているはずだし、初めて見た女の子…みたいなニュアンスで話してたのが引っかかりますわ。
で、仮に平太が歩道橋の上で見かけたキュートにそっくりな女の子だとしたら、「あの子に似てたわよ~」ってなるはずなんですよね。(゜-゜)ウーン
そのついでに、あの歩道橋の女の子は誰?幻?
それとも未来の平太の奥さん?
「また会おうね…」の約束を守るためにやって来たのか、それとも…

自分が居なくなった後の平太を心配していたり、「キュートの帰る家は深井平太です」とわざわざ言ったり、先に帰る平太を見えなくなるまで見送ったり、最後に平太宛に残していたDVD…と、キュートの行動にはロボットの感情を越えた何かがあるような気がしてなりません。
う~、考え出すとキリが無い(笑)(^_^;)

で、心配なのが久保君の病状…。
彼が書き残した「誰か助けて」の文字を見ても、何もできない現実に立ち尽くす民子。
現実といえば、影山と恵美子の方も何だか不穏な雰囲気が漂ってましたやん。
彼女はもうすでに気持ちの整理が済み、影山君への想いを断ち切って未来へ向いているように見えるけど、影山の方はカナダへ行く意味に迷い始めている様子。
未来のことなんて誰にも分からないから、人は今の状況の中でしか考えられないんですもんね。
なかなか奥が深いわ…。


勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



小川先生の言う「地獄絵図」に思わず吹き出しましたって~!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
食べさしてぇ~(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第7話
また予告が無いやん~(^_^;)
…と、気になって色々と調べてみたら、脚本家・木皿さんがかなりの遅筆らしい。
ドキドキハラハラさせるための、出し惜しみ作戦かと思い込んでました(笑)

しかしまた、今回も何度切ない思いにさせられたことか…。
月子が学校へ登校するようになり、「Q10撤収」の一抹の不安を覚えた平太は、「不安のかけらも無いところ」へとキュートを連れて逃げようと決意する訳ですが、今の彼にはどこか知らない誰にも見つからない場所に隠すことが精一杯。
「いつか必ず迎えに行く。自分の力で匿えるようになったら…。必ず、約束する。」という平太に、「約束はしません」というキュートの返事に??になってたら~
「いつ如何なる時も、キュートは平太を信じます」の言葉にジーン…。
うんうん、平太を信じているから約束なんか要らないよね。(・_・、)
「めでたし めでたし」にはならないかも知れないけど、今の自分に出来ることをやろう。
平太がそんな決心をしているとは誰も想像していなかったものの、お父さんだけは何かを感じ取った模様。
何かの時に…と平太に差し出した一冊の本の87ページ(七転び八起きらしい)に挟まれていた1万円札!
懐かしの聖徳太子ってことは、相当前から準備していたってことですよね。
しかも「何か」は自分の為に使うんじゃなくて、息子に…っていうところが泣けましたもん。
栗子先生のところに泊まるというキュートに、しげはお重を持たせてましたが、あれって先生一人じゃ食べきれない量だし、彼女も何か察していたのかな?と後で気づきましたわ。
キュートは平太に言われた通り「大事なもの」を持って来た訳ですが、しげの言葉をそのまま受けて“アルバム”。しかも小川家の…(^-^;A
キュートの生命線である充電器が無いのは痛い。
ロボットなんだから、その辺のところはちゃんと言っておくべきだった…と反省しても、すでに遅し。(^_^;)
こういう平太のうっかりも、キュートと人間のように接しているからこそだと思ったけど、充電が切れて動けなくなった彼女を、今は使われていない漁船にこっそり隠していく様子を見ていると、やっぱり“ロボット”なんだな…とあらためてしみじみ思ったり。
仕方なく一人で暗い山道をトボトボと歩いていたけど、携帯も忘れてきたし、薬も無いしで急に心細くなった平太は「誰かいませんかーー?」と叫んでその場に座り込んでしまう。
そこへゆっくりと近づいてくる、一つの明かり…。
「どこに行きたいのか、今解った。俺は帰りたいんだ。懐かしいキュートへ帰って行きたいんだ。
キュートおかえり… そして、ただいま…。」

今回のテーマは繰り返される人間の生と死…という感じだったでしょうかね。
校長先生の最初の奥さんはすでに亡くなっていて、デキ婚の娘さんをなかなか受け入れることが出来なかったけど、生まれてくる子どもが奥さんの生まれ変わりだと占い師に予言された後は、すっかりデレデレのおじいちゃん。(^.^)
カナダ行きが決まって別れることになった影山と恵美子は、最後に嘘でもいいからと「幸せな姿」を映像に残そうとする…。
幸せな結婚生活、出産…そこに生まれた新しい命。
そしておばあちゃんの死…。
(しげさん、ノリノリでおばあちゃんになりきってましたやん~:笑)
そうやって、受け継がれて続いていく命。
久保君が直面したのは、入院中に知り合った男性の死。
結婚もせず、子供もいなかったけど、自分が作った橋に思いを馳せる生前の様子。
彼の命は受け継がれなかったけど、そんな人生もあっていい。
身近な人の死を目の前にして、急に怖くなった久保君の手を、そっと握った民子のシーンが印象的でした。
そんなシーンを見ながら、平太とキュートにも受け継がれるものは無い…と思うと、無性に切なくなりましたわ。

一方、月子は平太とキュートがいる場所にやって来てました。
といっても、ずっと後をつけてた様子でもなかったので、GPSか何かで判った?
誰かからの電話に「明日からQ10の撤収準備を始めます」と答えてキュートに充電器をつけた後の、「任務は終りだって。帰るよ。さようなら…2010年」の月子のセリフ。
(  ° ▽ ° ;) エッ もしかして彼女は未来から来た人とか?
そういえば栗子先生が月子に「肌塗ってる?」と聞いたり、ニオイをクンクン嗅いでたりと、アレ?って思うようなシーンがありましたよね。
学校は“お正月の福袋”みたいなところ…や、藤丘君が初めて焼いたパンを「明日のニオイがする」…という栗子先生の表現には、なるほど~♪でしたけど。(^.^)

最後はやっぱり撤収されちゃうんでしょうかね。(・_・、)
充電切れのキュートに声を掛ける月子の表情がすごく優しそうに見えたので、“敵”じゃないことは確か。
物語がどんな風に落ち着くのか全く予想はつきませんが、希望が持てる終わり方がいいですわ~。
何なら、ドラマが永遠に続いてくれてもいいですけど(笑)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



栗子先生の誕生日プレゼントに、何か言葉を…と言われて、「好きです」のつもりが、「ヘンシン リセット」の方の紙を渡してしまった小川先生。
「俺の人生、『今のなし』の連続だよな~」の一言。
(゜-゜)(。_。) ウンウン 私も妙に共感しましたわ(笑)

「オルガンカバ」は、ぜひ読んでみたい!




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第6話
(*/∇\*) キャー 何ですか?
平太とキュートの、あの可愛いキスシーンは~!!
「はにかむ」という表情が出来ないキュートが、口を尖らせて困ったタコみたい仕上がってたのを見て、何となく予想はしてましたけども(笑)
「俺が望むのは、キュートがこの先、泣いたりしないことかな…」
という平太の言葉を受けて、涙のタンクを取り出したキュート。
これからロボットの一生、250年間泣かないらしい。
「泣きたくなったら、平太を思い出して笑います…」
なんて言われた日にゃー、やっぱりチューしかないですよね。(’-’*) フフ
しかし、何か二人の別れを予感させるような展開が続いて、何度も胸の奥がキューと締め付けられるような感覚に襲われたのは言うまでもありません。(・_・、)

そして、中尾君がいつものイイ奴キャラに戻っててホッとした(笑)
前回は「欲しい欲しい病」に罹ってたから仕方が無かったという訳ですな。
そんな彼が、いちごポッキーを万引きしてしまったという藤丘君の弟・勇人に自分を重ね合わせ、周りが見えなくなるほど最悪な欲望で平太を追い込んでしまったと反省。
故障したエレベーターの中での藤丘兄弟のやり取りにも、ジーンとしましたわ。
「この先いいことなんてないから、このまま死んじゃってもいい…」と人生を諦めるような言葉をこぼした弟に、藤丘君は弟が生まれた日の喜びを話して元気付ける。
結局もう学校へは通わず、昼間も働くという決心をしたようですが、そのエピが「好きなことを自分で選んできただけ…」と栗子先生に話したしげの言葉にも繋がってるんですよね。
道が違ってしまうことは、決して不幸じゃない…。
そういえば、自分の人生も振り返ってみれば全部自分で選んだ道だ…。しみじみ…。

しかし堺正章さんの「さらば恋人」を、学校を去ることになった藤丘君のためにクラスのみんなが歌う…というシーンでの、周りの大人の過剰な反応にちょっとイライラ。
別に叫んだり大声で歌ってた訳じゃないし、フルコーラスぐらい許したれよ~とか思いましたけど(笑)(^_^;)
でもその後の校長先生の言葉もまた、良かった。
近所の人の通報で駆けつけた警察官に平謝りの校長先生の姿に、しゅんとする生徒たち。
そんな彼らに「常識破んなきゃ、伝わらないこともあるんだから…」と慰めていた姿に感動でした。
クラスメイトたちの思いは、藤丘君に十分に伝わったはず。
ぽっかり空いた“穴”は忘れ去られること無く、そこにいた存在はずっと生き続ける…。

一方、相変わらず不意に現れる謎の月子。
彼女が平太に渡した、Q10のおでこにかざせば「望みが叶う」という1枚のカードも不思議でした。
急に普通の人間の女の子らしくなったかと思えば、ガンガン平太に迫ってますやん。(^▽^;)アハハ
ということは、一人の女の子としてキュートと付き合いたい…と思ってるってこと?
しかしかなりの電力を消費するとかで、あっという間に充電切れ。
その後、どっさりカードを渡してましたけど、結局平太はそれから一枚も使わないという選択をしたようです。
「無理しちゃって…」
「無理するのも、いいんじゃないか?」
平太と月子のやり取りは、ちょっと緊迫感が漂ってました。
キュートの“はにかんだ顔”を知らなかった月子は、「Q10は私たちのものなんだからね!」と、まさかの負けず嫌い発言。
何?私たち??(  ° ▽ ° ;) エッ
平太を試しているようなところも感じられるし、おまけに自分のことを誰かに話したらQ10を撤収するやら脅すようなことも言ってたし…。
で、予告も無いって、どういうこと~?(泣)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



久保君が恋に落ちる瞬間、見た!(笑)
平太から「久保の為に、長生きして欲しい…。一日でも長くいて欲しい…」と伝えられた民子は、その想いに戸惑いながらも、久保君の為に神社で“大吉・長寿”が出るまで何回もおみくじを引く。
何かそういう一つ一つのエピに、心が温かくなります。




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第5話
前回まであんなにイイ奴だった中尾君が、まさかの豹変。(^_^;)
今になって、細田君をキャスティングした意味が分かりましたもん(笑)
キュートがロボットだと確信した途端に中尾君は“欲しい欲しい病”に罹り、平太が小さく折りたたんでいた“恨み”や“嫉妬”の扉を開かせてしまうことに…。
月子が言っていた「力って持った途端、自分の思い通りにしたくなる。誰かが力を持って思い通りにするってことは、今ある世界が壊れること…」という言葉は、ちょっと考えさせられましたわ。
その“力”から、根も葉もないことをネットで誹謗中傷され、苦しんでいる民子…へも、上手く繋がってました。
匿名で書き込めるネットなら、自分の世界が劇的に壊れることもない。
だから平気で人を傷つけたりできるのかな…。
人は「不公平」を感じることで、“恨み”や“嫉妬”が芽生えてしまう。

しかしここにきて、月子の存在そのものが普通の人間なのか?それとも何かの“SPEC”を持った人間(笑)なのか?分からなくなってきましたわ。
今思えば、いつも物凄い良いタイミングで現れてるし、今回は「もしかして今、あなた時間止めました?」どころか「時間戻しましたよね?」的なシーンもありましたもん。
「私はあんたより大きな力を持ってる…」と中尾君に言ってた言葉も気になる。
それと、前回キュートのコンセントらしきものに細工してたところがチラッと映ってましたけど、別にまだ何の変化も無いですよね?
充電は1回で17時間もつ…と、中尾君にキュートの取り扱いの引継ぎをする時に平太が言ってたし、あれから1回以上は充電しているはずなので、単なるメンテナンスだったんでしょうかね。
これもまだまだ気になりますわ。

そして欲しい“モノ”を手に入れるために、屋上から飛び降りるフリをして脅す中尾君を止めようとする平太…は、まさかの「医龍」とかぶってしまう?と心配しましたが、こちらの方はキュートが下で平太を受け止めてくれたことでセーフ。
しかし「平太を上に戻します…」には、観てる方もハラハラドキドキ(笑)
「冗談です」とキュートが言った時、無表情じゃなくてニコッと笑ってたような気がするのですが、これは気のせい?それともまた学習したんでしょうか?
どんどん人間らしくなっていくキュートに、このまま一緒に…と平太が思ってしまうのは自然な流れですもんね。
でもこのまま年をとらないキュートと、いつまでも高校生じゃない平太がずっと一緒にいられる時間は、もうそんなに残されていないのかも…。

で、キュートは人間を見た目だけでなく、“心臓の音”が一人一人違うことでも識別しているらしい。
“心臓の音”だけで、民子が見失いかけた自分を取り戻したり、家族が平太の「生きてる証」をしみじみ感じたり、小川先生が高校教師としての自分に実感できたり…と、次々繋がっていく様子はただただ感動でした。
そして久保君の病室へと足が向いた平太。
“自分の場所”について不安な心の内を話す平太に、引き留めるでもなく、突き放すでもなく、「自分で決めろよ」と背中をそっと押してくれるいつもの久保君にホッとしました。
あの鉄塔さえ、愛おしく見えてくるのはなぜ??(’-’*) フフ








勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



「獅子のごとく」で獣臭(笑)になった校長先生から逃げていたチロちゃん。
無事に戻ってきて、良かった~ヽ(´ー`)ノ ふぅ~

栗子先生の「何でも貧乏にしてしまうシール」もウケましたが、「落ち込んだ様子に見せるシール」には大笑い。
“ガーン”は一家に一つは欲しいところ(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク