「美しい隣人」 最終話
うーん、何か色んなことが謎のまま、もやもや~と終わってしまいましたわ~(^_^;)
このドラマらしいといえば、らしいけど(笑)

沙希が隣に引っ越してくるまで何の面識も無く、「絶対に傷つけてません!」と言い切っていた絵里子ですが、結局あそこまで暴走させたのは、駿君が助かって思わず呟いてしまった「良かった…」の一言だったらしい。
「彼女は非常に繊細で、傷つきやすい人間なんです。でも普通の人のように泣いたり落ち込んだりするのではなく、彼女は攻撃に転ずるんです。」
筧から理由を聞かされても、何かイマイチ説得力は無く。(^▽^;)アハハ
もっと「ドッカーン!」な理由を期待していただけに、完全に肩透かしですわ。
視聴者はドSな仲間さんを最後にまた見られて、嬉しかったですが~(笑)

肩透かしといえば、最初からずっと意味深なキャラを保ち続けていた理生が、結局単純に沙希のことが好きだった…で終わらせたことにビックリ!!(笑)
何の捻りもなかったですやん。(^_^;)
セリフも極端に少なく、いつも目や表情の演技だけで難しい役どころだったとは思いますが、最後ぐらいは活躍してくれると思ってたのに~。

とはいえ・・・
「沙希vs絵里子」は楽しめました。
一番ドキドキしたのは、理生と自転車に乗る練習をしていた駿君を、まるでわが子のように傍で見守っていた沙希を見つけた絵里子が、逃げる彼女を必死に追いかけるシーンでしたわ。
しかし絵里子の必死の形相に対して、余裕の笑みを浮かべる沙希…が、ドラマにありがちな、タクシーがタイミング良く現れて結局逃げ切ってしまう。
彼女の消息を何としてでも掴みたい絵里子は、興信所を使って捜すことにしたのですが、後に報告された経歴はまるで絵里子と同じで、ちょっと驚きました。
しかし「ビックリ報告」を聞かされても、それがどうのこうのという訳でもなく(笑)

ひょんなことから沙希の職場が分かり、絵里子はカバンにナイフを忍ばせて向かったものの、さすがに住宅展示場で修羅場ってる場合じゃないと我に返った様子。
二人の対峙は、夜の12時へと持ち越された訳ですが、引越ししたはずのマイヤー家になぜかポツーンと残されているロッキングチェア(笑)
殺す殺さないのすったもんだの挙句、沙希を刺せば結局駿君や慎二を失うことになり、彼女の思惑通りになる…と気づいた絵里子は、何もしないという選択を。
「あなたが愛しているのは、あなた自身よ!」
絵里子に痛いところをつかれた沙希(笑)は、捨てられたナイフを自分の首に当て、2階の窓から身を投げるのでした。

結局、沙希は死んだのか生きているのか有耶無耶なままでしたが、彼女から電話がかかってきた夢を見た絵里子のセリフの中に「あの世から…」という台詞があったので、やっぱり死んでしまったんでしょうかね。
駿君の進学の為にあの家を出て、再び平穏な生活を送っているかのように見えた矢野家に、死んでしまってもまだ、なかなか消えない沙希の影。
「勝つ女」は絵里子のような気もするし、沙希のような気もするし…(゜-゜)ウーン
そんな曖昧さが、このドラマらしい最終回でした(笑)



ランキングに参加中です。よろしくお願いします!
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


もしかして、勝ったのは結局駿君?
沙希には好きなだけオモチャを買ってもらえたし、ばあばにも買ってもらってたし(笑)


最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

「美しい隣人」 第9話
最終回を前に、どんな盛り上がりがあるのやらとか期待しましたが、それほど進展は無かったですよね。
とりあえず、矢野夫妻が沙希の過去を知ったというだけで、彼女が駿君と同じ年の息子を亡くしたことは前々から分かっていたので、何の驚きも無く…(^_^;)
一番驚いたのは、雨の中、長野から猛スピードで車をぶっ飛ばして駆けつけた絵里子…かな(笑)

先に着いていた慎二が、また沙希のペースに巻き込まれそうになってましたけど、同情して彼女を抱き寄せていたところを絵里子に見られて「いや、そうじゃないんだ。」の意味が分からん(笑)
しかも犯罪だ!と言っておきながら、慎二は警察に通報する様子でもなく、余計なことを聞かれたくないからだと絵里子に勘繰られても仕方が無いですわ。
勝手に家の中を変えられ激昂する絵里子に、「だって、捨てたじゃない!」とまた彼女を逆なでするようなことをサラッと言ってのける沙希。
しかし沙希って、よくよく考えてみればそれが何となく的を射てたり、その人の深層心理をついているような言葉を言ってたりするから、周りのみんなも簡単に騙されてしまってたような気がしてきました。
現に、あれだけ仲の良かった真由美だって、幼稚園である事無い事矢野家のすったもんだ話を広めたり、姑の章子も「大変だったわね…」と絵里子を気遣ってるようなフリして、遠回しに息子を擁護するようなことしか言って無かったですもん。(^_^;)
ただ、慎二のことを「忘れかけてた…」とか、駿君のこともどこかで面倒臭い、煩いと思ってたはず…というのは、ちょっと意味合いが違うかも。
家族だからこそ、時にはそういうイラっとする日があったり、愛おしく思える日があるってもんです。
沙希が絵里子のそんな心の隙をついてきたといえば、それまでですが~(^-^;A

結局、慎二は沙希とのトラブルが亜美によって会社にバレ、アメリカ行きは白紙へ。
社内であれだけ大声出して取り乱したら、もう出世も無さそう…(^_^;)
すっかりヤケクソ気味の慎二は、君の言う通りにする、離婚でも何でも…と言ったものの、「別に悪いことをした訳じゃない!」と絵里子は同じ場所で何事も無かったように暮す宣言。
一見、彼女の固い決心は頼もしく思えたけど、これがまた晴れた日もあれば雨の日もあるのと同じで、平穏な暮らしを装いながらも、沙希の影に怯える日々。
沙希の本当の苗字が「筧」だと知って、彼女が息子さんを亡くしていたことだけは本当だと判り、後で考えてみると、何も知らなかったとはいえ、沙希に対して傷つけるような言動をしていたと思い知る。
そんな絵里子の様子に、針のムシロ状態の慎二。
確かに何事も無かったようにとは言ったけど、何の反省もしない態度じゃイライラしますもん。
そんな二人の間がギクシャクしない訳がありません。(^-^;A
あ~、もしかしてこれも沙希の作戦なんでしょうか?

その頃、隣家を越していった沙希は住宅展示場のようなところでインテリアコーディネーターとして働いていたようですが、彼女の言動は少々ヤバかったような…。
せっかく新しい恋も芽生えそうな展開だったのに、いきなり変なことを言い出して、お兄さんドン引き(笑)
ロッキングチェアーも、今時なかなか見かけないですけどね~(^_^;)
昔実家にあった気がするけど、あれって結構場所とるし(笑)
再び絵里子への復讐を復活させるために、体力つけてる…という感じかな。

しかし今のままの理由のままじゃ、執拗な復讐に対してイマイチ説得力が弱い気がするので、最終回にはドドーン!と新しい“真実”が出てくるんじゃないか?
・・・と、期待してます!(笑)



ランキングに参加中です。よろしくお願いします!
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


本当のママは沙希だと信じ続けていた駿君。
それじゃ、あんまりやわ~(^▽^;)アハハ



最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

「美しい隣人」 第8話
朝の新聞でサブタイトルの「5歳の完全犯罪」を見てから、ドキドキした1日を返して~(笑)
沙希が思い余って、とうとう駿君に手を掛けてしまうのか?!と思いきや、あの会話の様子からするに、絵里子ではなく自分の方が本当の母親だと思い込ませる…という意味での“犯罪”ということでしょうか?(^_^;)
何だか、簡単ですな~(笑)
隙を見て、駿君をオモチャで上手く誘い出した後、二人が歩く道の横に池なのか、川なのか、水があるらしき場所があったからハラハラしましたもん。
ていうか一番のダメダメは、ご近所さんとの井戸端会議に夢中になり、駿君を見失ってしまった兄嫁ですやん。(^▽^;)アハハ

衝撃告白を果たした沙希は、ショックで頭が真っ白になっている状態の絵里子を残し、言いたいことを言ってとっとと帰宅。
我に返った絵里子が慌てて沙希の家へ駆けつけたものの、ドアを開ける訳が無いですわ。
そんな絵里子の通り乱した様子を偶然見かけた真由美の夫・和史は、家に帰って興奮状態でご報告です(笑)
絵里子たちの隣人トラブルを勝手に想像して、盛り上がる二人は、どっちもどっち。(^_^;)

そして慎二に連絡を取ろうにも、会社では亜美が繋いでくれず…。
彼女の存在が、絵里子の不安に一層拍車をかけてるってところが不幸ですよね。(^_^;)
着信に気づいた慎二から連絡が入ったものの、「沙希さんだったのね…」が精一杯の絵里子ですわ。
慎二の脳内が手に取るように分かるほどのパニック状態でしたが、人ってあまりにもショックが激しいと頭がフリーズするようです。(^-^;A
すぐに慌てて沙希へ電話するも、絵里子にチクったのが彼女だと判り、さらにフリーズ(笑)
「だって邪魔なんだもん♪」は、愛人だったら一度は言いたいセリフです(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

こんな夫婦の一大事に、関西人とは思えないハングマンな常務(笑)から急な接待を命じられた慎二でしたが、その席でアメリカ行きを打診され、思わぬ展開に心の中ではガッツポーズだったに違いありません。
駿君を連れて実家へ戻った絵里子を追いかけ、壊れた沙希から逃れるためにはアメリカへ行って家族三人で穏やかに暮らそう…と提案する慎二。
しかし絵里子にしてみれば、いくら沙希の罠だったとはいえ、自分の浮気は棚に上げ、まるで被害者ぶっている慎二の様子には辟易したのかも。
一度壊れた夫婦の信頼関係を修復するのには、かなりの時間を要するってもんです。
そういえば、絵里子の兄も慎二を擁護するような発言をしていたし、お母さんも何も言わないし…で、絵里子の孤独感は一層酷くなったはず。

そこへ…
相田夫婦からはショボイ情報しか得られず、次に慎二の母・美津子を上手く使って絵里子の実家の場所を聞き出した沙希が、長野へとやって来た訳ですな~(^_^;)
「病んでる」と思われてる割には、相変わらず頭の回転は速いし、人を自由自在に動かす知恵は天下一品!
沙希の言うことに、何でみんながまんまと騙されてしまうのか、そっちの方が気になる今日この頃です(笑)




ランキングに参加中です。ぽちっ!とね。
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


駿君が心配…(^_^;)
理生君、早く活躍しなさい!(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

「美しい隣人」 第7話
お隣の沙希さんが「エリコ」だと知った慎二は、もう心ここに有らず状態(笑)(^_^;)
今の状況を受け入れることがなかなか出来なくて、頭の中はグルグルと高速回転してそうな雰囲気でした。
しかし絵里子はそんな挙動不審な夫の様子を知る由も無く、姑と沙希の仲睦まじい会話が気になって気になって~。
とうとう慎二は居たたまれなくなり、止めたはずの煙草を理由にその場から逃げ出したものの、追ってきた絵里子にもしどろもどろ…。(^▽^;)アハハ
この時もまさか沙希が原因だとは思いもしない訳で、舅と姑を車で送って行ってしまうのでした。

そしてこんなチャンスを沙希が逃さない訳がありません!(笑)
すかさず電話が掛かり、今からそっちへ行く…と言う彼女を制止して、慌ててお隣のマイヤー家へ向かった慎二ですが、すっかり沙希の“ワナ”にかかってます。(^_^;)
最初から仕組んだことと言っておきながら、たまたま隣に引越して来たとアピールしつつ、どこを切っても幸せが溢れている絵里子になりたかった…と、都合の良いように正当化しとります(笑)
てっきり、全部種明かしをすると思ってたけど、そうじゃなかったみたいですね。
沙希の計画に気づいた雅彦から「もしも、あの人を恨んでいるなら…」と言われてしまった時に、「だったらお隣の子を殺してるじゃない!」とピシャリと返してたところを想像するに、本当は駿君を殺すつもりだったけど、子どもと接するうちに段々と情がわいてきて、隼人君が生き返ったかのように錯覚してるんじゃ?とも思えてきましたわ。
途中から、自分が「絵里子」になりきろうと計画変更か?
だから姑に取り入ったり、駿君の気を惹こうと必死になってた…ということなら、頷けます。
このところの沙希を見ていると、絵里子への「復讐」も度を通り越してるような気がしますもん。
いやいや、それがドSな沙希ちゃんなら、別に普通のことなのかも知れませんが(笑)

一方、浮気を問い質しても完全否定&逃げ腰の慎二でしたが、絵里子からピンクの“クシ”の話を持ち出されて、とうとう認めてしまいましたやん~(^▽^;)アハハ
余計感じ悪っ!(笑)
最近の出来事でボロ雑巾となっている絵里子に、追い討ちをかけるような浮気話…。
家事も何も手につかなく、心身喪失状態の絵里子が家で横になっているところに現れました!
ドSの沙希ちゃん(笑)

慎二の浮気相手は自分だと衝撃の告白をしたかと思うと、トドメは「わざわざ言いに来た理由が分かった。その顔を見たかったからだわ!」と不敵な笑みを残して帰って行きました。
ε=ε=(*~▽~)キャー
もう沙希のドSっぷりには、脱帽です!(笑)
離婚を迫る雅彦には、慰謝料のつもりでかき集めて持って来た180万円を巻き上げるだけで、離婚は保留。
絵里子に全てをバラすと脅されても、ビクともしません。
それどころか、逆に雅彦の方が言い負かされてますやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
予告では沙希が矢野家に入り込んでたようですし、一体ドラマがどんな終わり方になるのか、全く想像できませんわ。ワクワク ((o('∇'o)(o'∇')o)) ワクワク(笑)




ランキングに参加中です。ぽちっ!とね。
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


季節の設定が真夏から秋になってきたようで、やっと違和感無く観られます(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

「美しい隣人」 第6話
今回は息子の隼人君を亡くした頃の沙希の様子が延々と映し出されていたわけですが、雅彦に対する筋金入りのS女っぷりがステキでしたわ~♪(笑)
土下座しようが、前向きに生きようが生きまいが、とにかく全てが気に入らないらしい。
雅彦が子どもを置いて仕事に行ってしまった後に、事故にあった…ということなので、責められても仕方が無いかも知れませんけどね。(^_^;)
ある日、全てを引き払って家を出た沙希は、ネットカフェで絵里子の情報を探していた?
隼人君の服の山に埋もれて、小さなベストを抱きしめる沙希の姿には涙を誘ったけど、その悲しみが絵里子への復讐という形に歪んでしまったのかな~。
今の彼女にとって、復讐が生きる糧になってしまってるのかも…。

そして周りの大人たちはまんまと自分に引き込めた沙希ですが、木登りやイジメっ子騒動で駿君の心も独り占めできたと思っていたところ、一番好きなのは「ママ」ときた。
沙希、ガックシ…(笑)(^-^;A
やっぱり、いくらなんでも母親とは一緒に過ごしてきた年月が違いますもん。
やはりこのミステリアスで怪しい雰囲気がアカンと悟ったのか(違)、絵里子を見習って白いふわふわのエプロンに、髪の毛も可愛くして前髪も上げてみようかな~みたいな(笑)
子どもを手懐けるにはオモチャが一番…ということで、大好きなキャラをこっそり買って、「あの部屋に置いておくね~」と遠回しに誘ってみる。

このところの出来事で憔悴している絵里子には追い討ちをかけるように、美津子の退院日に、幼稚園から黙って駿君を連れ帰った沙希。
さすがにこれには絵里子も抗議してましたけど、信じていたはずの隣人にまで…と孤独感を思わせる作戦だったんでしょうかね。
駿君を連れて大阪へ行った絵里子は、慎二が東京へ戻ってくると知りホッとしたのも束の間、洗面所の棚に女性モノのクシを見つけて再び不安に駆られてしまう訳ですな~(^_^;)
加奈に相談するも、「信じる人が強いのよ…」と暫く静観するようアドバイスされてました。

そんなこんなで、美津子の快気祝いの日がやってくる。
何も知らない慎二に、もう視聴者の方がドキドキですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
入ってきた沙希の顔の位置に、丁度棚があって見えん!(笑)
あれ?あの服?
えっ?あの声?もしや?
・・・もう、慎二の心の声が聞こえるかのような演出に、思わず爆笑でした(笑)
地獄を味わう中でも、平静を装う慎二の表情から目が離せません!
で、やっぱり「つづく」…か~(^▽^;)アハハ

しかし予告では、沙希があっという間に正体を明かしていたようですし、雅彦の反撃も始まるようで、物語の方はかなり動きそうです。




ランキングに参加中です。ぽちっ!とね。
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


理生君には、ハイ、ぶどう♪(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク