「JIN-仁-完結編」 最終話
最終回は色んなモヤモヤが解決してスッキリ…。
仁のタイムスリップを、ホワイトボードで詳しく説明してくれた野口先生(山本耕史さん)には感謝(笑)
続編も作れそうな終わり方でしたが、余韻を残すぐらいがまたちょうど良かったですよね。(^.^)

上野で始まってしまった旧幕府軍「彰義隊」と新政府軍の戦い。
仁は医者として、どちらも分け隔て無く怪我人を助ける…という行動に出た訳ですが、戦いに参加していたのが恭太郎。
勝先生のフランスへの留学話も断って、徳川の為に…というよりは、龍馬を死なせてしまったことへの懺悔から、半ば気持ちが摩り替わっていたような感じでしたわ。
で、栄の懇願も振り切って連れ戻しに向かった咲ですが、そこで流れ弾に遭ってしまう羽目に…。
結果的には恭太郎を連れ戻すことは出来たものの、その怪我が緑膿菌とやらで大変なことに。
しかもペニシリンは効かない菌らしく、「ホスミシン」という現代の薬がない以上、安静にして免疫力を高めて様子を見るしか方法が無い。

そしてメスも握れないくらい、どんどん悪化していく仁の脳腫瘍。
時々聞こえる“龍馬の声”は幻覚なのか?それとも現実なのか?
…というところでしたが、江戸時代へタイムスリップするきっかけになった時の様子が頭を過ぎった仁は、あの時見た包帯男が落とした薬が「ホスミシン」だったのを思い出すのですよね。
そして“龍馬の声”に導かれ、辿り着いたのが錦糸堀…現在の錦糸町らしい。
タイムスリップの出口と入口が違うっていうところもミソ。
一縷の望みを残し、仁は現代へと戻って行ったのでした…。

目を覚ますと、あの包帯男と自分が同じ場面になっていて、慌てて薬やバッグ、例の腫瘍を持って非常を階段へと向かい、そこで現代の「仁」ともみ合いになり…と、これで江戸へ戻るはずが、残ったのは江戸からタイムスリップしてきた方の仁。
しかも再び目を覚ました仁は、手術をしたのは自分ではなく、同僚の杉田先生(戸次重幸さん)で、腫瘍も普通の形で良性だったことを聞かされる。
入院しているはずの未来(みき)の病室へ行ってみると、彼女の姿は無く…。
しかし「東洋内科」が出来ていたり、医療費は保険で自己負担が0円…と、何やら歴史も変わっていたようですね。

その後の咲を調べるために、図書館へ向かった仁は「ペニシリン」誕生の歴史はそのままだったものの、江戸時代の日本では土着的に開発され、生産されていた…と付け加えられている文献を見つけてました。
で、日本独自の和洋折衷医療を作り上げたのが、当時医学界の反逆者呼ばわりされていた「仁友堂」。
うわ~、歴史に残るなんてスゴイ!!
懐かしい仁友堂の皆さんが、写真つきで解説されてる♪
でも、そこに咲と自分の名前は無く…。

とりあえず、橘家のお屋敷があった場所へ向かった仁は、そこで「橘医院」の看板が掲げられている家を発見。
思わず感慨深げに立ち止まっていると、一人の女性に声を掛けられる。
それが未来(みき)でした。
医学史に興味を持ち、予備校で講師をしているという彼女は「橘咲」のことを知りたがっている仁を家に招きいれ、咲は当時の産婆さんのような形で活躍しながら生涯独身を通し、亡くなった友人の娘さんを養女にして育てた…と、その後を語ってくれました。
その時見せてくれた中にあったのが、家族の名前と共に「安寿」と裏に書かれた写真。
うわ~、何かスッキリ(笑)
これであの時の“薬”が、無事に彼女を救った訳ですもんね。
薬のビンを拾った兄の恭太郎は、坂本龍馬とも交流があったらしく、彼の“保険制度”に感銘を受けて、その実現に走り回ったそうな。
龍馬の遺志を受け継いでいてくれたことを知り、喜ぶ仁。
そして帰り際に「あなたを待っていたような気がします」と渡されたのが、咲からの手紙。
そのきっかけが“揚げ出し豆腐”だったというところが、また何とも嬉しかったですわ。

○○先生…
という書き出しで始まった手紙には、薄れ行く記憶をきちんと書き留めておかなくては…という気持ちがひしひしと伝わり、「橘咲は、先生をお慕い申しておりました」という一文に涙を流す仁。
私もです、咲さん…。
残念ながら二人が添い遂げることは出来なかったですが、時空を超えた愛に涙しました。
緑膿菌による高熱をおして、健気に振る舞う咲を抱きしめた時のシーンが、思わず頭を過ぎりましたわ。
今思い出しても、胸キュン(笑)

で、脳腫瘍で運ばれた患者さんというのが、橘未来。
執刀医は仁…というところで終わっていましたが、どうやら原作とは違うらしいですね。
ちょっと読んでみたい気もしますが、これはこれで大満足の最終回でした。
やっぱり長さを全く感じさせない、あっという間の2時間。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



まさにドラマの歴史に残る、秀逸な作品でした。
視聴率も、えらいことになってるみたい。→スポニチ


最終回を迎える春のドラマ・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマも続々情報が入ってます!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第10話
龍馬さん、やっぱり亡くなってしまいましたか…(・_・、)
でも仁と同じく、先に覚悟が出来ていたというか、意識の無い中でしたが、未来がどんな世の中になっているか伝えたり、龍馬さんとこんな話がしたかった…という話も出来たからこその、心残り無き納得の最期だったかも知れませんね。
意識が戻ったのは一瞬だけでしたが、未来も覗くことができたみたいだし、龍馬の安らかな表情が全てを物語ってたかも…。
印象に残ったのは、仁が夜の明かりに触れて「一人で生きていけるなんて、文明が作った幻想だなぁ…」とか、離れた人への唯一のコンタクト手段である手紙に対して、「人生は、ホント一期一会だな…」と感じていたり、「ここの人たちは笑った人が多くて、笑うのが上手です…」としみじみ語ったところでしょうかね。
それと龍馬が死ぬ間際まで気にしていたこと…。
「先生のように優しゅうて、ばか正直な人間が、笑うて生きていける国を…作れたのかのぅ?」
世の中をより良くするために、何人もの命が失われることになってしまったけど、彼らの遺志を決して無駄にしない…と、今は胸を張って言える世の中なのかどうかは定かではありませんが、志は今も生き続けていると信じたいです。

それにしても…
今回も手術シーンはリアル過ぎて、凝視できませんでしたわ。(^_^;)
頭蓋骨を何箇所もゴリゴリ、ゴリゴリ…。
外して、パカッ!
脳ミソボーン…\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
今思い出しても、力が抜けます(笑)

そして東が龍馬を斬ったのは、兄の仇討ちではもちろんなく、龍馬の志をと恭太郎を守るため…といった方がしっくりきますよね。
あのまま徳川側の恭太郎たちが暗殺に成功していたら、大政奉還がどうなっていたか。(^_^;)
江戸まで迫ってきていた西郷さん率いる薩摩軍でしたが、勝先生の説得で、江戸は火の海にならずに済みました。
「あいつと俺は一緒…」
ここにも龍馬の遺志は、ちゃんと生きてましたね。

一方、仁が京へ行っている間に、三隅の策略で「仁友堂」が偽ペニシリン騒動で有らぬ罪をきせられて危機に陥っていた訳ですが、多紀先生、松本先生、そして勝海舟が動いてくれて事なきを得ました。
吉原・鈴屋の主人が三隅の存在を知らせてくれたことで、これで和宮様の件もスッキリさせてくれるかも。
しかし山田が奉行所で自分の代わりに拷問にかけられたことを知り、心を痛める仁。
自分さえいなければ、仁友堂の皆さんは医学所や医学館で普通に出世して、こんな目に遭うこともなかったし、咲も幸せになっていたかも知れない…と思ってしまったんですよね。
そこで辿り着いた答えが、「仁友堂」を閉めること。
自分には頭の中に癌があるから、これ以上迷惑はかけられない…と。

しかし、そんなことであっさり解散するような皆さんではありません。
「病人を置いて出て行くなんて、緒方先生に顔向けが出来ません。」と言う山田。
「仁友堂」の窮地の中、仁のために人工呼吸器に改良を加えていた者や、「疫病神でも、鬼でも、変な夢を見ていても、出会えたことを後悔したことなど、一瞬たりともございません!」と言い切る佐分利。
「先生、私どもに持てる全てを教えて下さいませ!国の為 道の為に…」と言ってくれた咲。
もうここの人たちとは、固い信頼関係で結ばれているんですよね~。
このシーン、涙腺が緩みっ放しでしたわ。(ノ_<。)うっ

そこから仁は働く、働く。
脳腫瘍はもはや手の施しようが無いと悟り、「生あるうちに、持てる全てを伝えよう…」と。
その技術は未来へと繋がっているはずだと信じ。
そうこうしているうちに、仁はとうとう激しい痛みで倒れてしまいました。
咲も覚悟していましたが、このままタイムスリップして、戻ることになるんでしょうかね。
最終回は2時間SP。
また、あっという間の2時間になりそうです(寂)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


あの胎児の形をした脳腫瘍は、龍馬?
目を見開くたび、そこだけがちょっと違和感(笑)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第9話
刻々と迫る、あの日…。
仁はまた激しい頭痛に襲われ、何のことだかはっきりとは聞けなかったものの、勘の良い咲はその様子で龍馬の暗殺を悟ったようですね。
そして“歴史の修正力”を信じて、帝王切開中の野風の急変を救った佐分利を連れ、「救いたい患者さんがいる」と京へと向かった訳ですが、今や色んな意味で“時の人”となってしまった龍馬を捜すのは容易ではありませんでした。
途中で、偶然会った恭太郎でしたが、これが偶然ではなかったんですよね~(^_^;)
どうやら上役から、龍馬と通じている仁たちを尾行しろと命令されていたようです。
しかも龍馬暗殺に失敗したら、咲と栄の命の保証はない…って、完全に人質状態ですやん(泣)

やっとのことで当日ギリギリに護衛している東を見かけて、無事に龍馬に会えたとはいえ、ちょこちょこ横道に反れてはいるものの、所々は微妙に史実通りに進んでるのが心配…。
中岡慎太郎が突然訪ねてきたりして、このまま“あの日”へと突入するのかと思いきや、結局軍鶏鍋は食べることなく、外を出たところで斬られてました。(/_;)/アレー
仁はすぐにでも京を発とうと提案するも、何も知らない龍馬は暢気なものです。
軍鶏鍋を食べながら、日付が変わるまでドキドキの仁。

「先生はわしの道標じゃった…」
話を切り出した龍馬は仁に出会って、自分が正しいと思ったことをやろう…と思うようになったと告白。
コロリ治療での出来事は、彼の運命を大きく変えたと言っても過言ではなさそうです。
長州の戦いでも、「暴力は暴力を生むだけです!」という仁の必死の言葉が頭を何度も過ぎったそうな…。
龍馬は国にかかわる事をやめ、他にやりたいことがあるらしい。
「海“縁”隊」って、また…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そっと着物に忍ばせていたピストルを置いた訳ですが、これが後々大事なところで運命の分かれ目となってしまうんですよね~(^-^;A
“歴史の修正力”の恐ろしいところです。

そして再び仁が龍馬に話そうとしたところで、また激しい頭痛が襲い…。
心配した龍馬が咲を呼びに行き、自身は水を取りに行ったところで、外が騒がしいことに気づく訳です。
東と恭太郎が激しく戦っている様子を見て、ピストルを取り出そうとするも、置いてきてしまってるんですもんね。(^_^;)
恭太郎が自分を狙っているのは、咲と栄を人質に取られてしまっているからで、全うした後は自害するつもりだと悟った龍馬の悲しい表情ったら…。

そこへ何とか駆けつけた仁と咲でしたが、目の前で東が目を瞑って振り回した刀が、龍馬の額に当たり…。
これって、恭太郎を助けるため?
それとも偶然…?
仁の目に龍馬の血が飛び散り、何も見えない状態のようですが、予告では手術をしていた…ってことで、何とか助かって欲しい。
また激しい頭痛と戦いながらという感じになりそうなので、佐分利に活躍して欲しいところです。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


最終章は、最終回ではなく(笑)

三隅もペニシリン絡みで、何やら怪しい…(^_^;)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第8話
どこから書けばよいのやら、相変わらずどのシーンも見応え十分なので、長くなりそうなところをガマンガマン(笑)

まずは野風の出産から…
大事をとり、前もって仁友堂へやって来た野風でしたが、「おや?」という顔をしたので、てっきり陣痛が始まったのかと思いきや、お腹の赤ちゃんがごろんと大きく動いたのを感じたらしい。
もうすぐ生まれるって時に、逆子になってしまった。(^_^;)
手でマッサージ的なことをやったり、お灸をしたり…今も逆子体操が増えたぐらいで、さすがに自然現象は医術の力ではどうしようもないんでしょうかね。
逆子状態のまま陣痛が始まり、手が先に出てきた時はビックリ!
このままじゃ母体も赤ちゃんも危ない…ってことで、麻酔を使って母体を優先しようとした仁でしたが、野風にはバレバレだったようです。
結局、野風の希望通り、麻酔なしの帝王切開を試みることになった訳ですが、もう見てるだけで辛いの何の~(^▽^;)アハハ
赤ちゃんに辿り着くまでに一体何枚皮があるんだ?!ってほど、切りに切って(あ~今思い出しただけでも全身の力が抜ける:汗)、やっと赤ちゃんを取り出せたものの、今度は産声を上げない!!
しかしそこは肝の据わった咲の機転で、無事に息をした赤ちゃん。(´▽`) ホッ
でも今度は野風の方が急変ですやん。
子宮からの出血が激しく、激しい痛みだったせいなのか意識も無い。
彼女を助けようとすると、またもや襲ってくるあの激しい頭痛。
それに耐えて歴史の修正力と戦い、生きるよう何度も叫びながら、仁の必死の心肺蘇生で戻ってきてくれましたよ…(泣)
「歴史は変えられるんだ…」

自分のことを嫉妬で真っ黒だと言った咲が、取り上げた安寿ちゃんを抱きしめながら、愛おしそうに話すシーンには涙腺が緩みましたわ。
「あなたは私の恋敵をお作りになる方なのですよ…。
あなたにひとつだけお願いがあります。どうか、南方仁という傷つくことの多いあの方に、誰よりも幸せな未来を与えて差し上げて下さい…」
もう、咲の仁を想う気持ちの深さに、ただただ脱帽でした。
一番の泣き所でしたね。(・_・、)

その頃、日本の歴史も大きく動いていました。
「大政奉還」の成立に喜ぶ龍馬に迫る、暗殺の陰…。
東が龍馬の首に刀をあてて言ってた「もう良いですよね。兄上…」の言葉が気になる!
あのやぶ医者・三隅も仁の前では再会を喜ぶような様子を見せてたけど、立ち去った後には「もうじき、全てを失いますよ」不敵な笑みを浮かべてたし、仁の回りも物騒になってきましたよ。(^_^;)
隙あらば、仁を再び陥れようと企んでいそうですよね。

一方、仁友堂から龍馬の手紙を盗んでいた恭太郎。
とうとう知られてしまうのかと緊張感が走りましたが、実は証拠の手紙や写真を燃やして、もう龍馬と仁は関係ない…と報告してくれていたようです。
ところが仁が京にいる龍馬に、暗殺の危機を知らせようと「土の龍 道に果てつる 寒き京 ご注意を」としたためた手紙が、飛脚の手から上に渡ってました。
わ~、恭太郎の立場も危うくなってきましたよ。
それなら、初めから恭太郎を見張りにする必要も無かったですやん(笑)コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

そして歴史の修正力に何度も押し潰されていた仁でしたが、すでにペニシリンは出回ってるし、田中久重による新しい電灯が発明されたし、何より驚いたのは「船中八策」に“保険制度”が一つ増えて九策になってましたよ~。
来年の日本史の教科書は、大変だ!(笑)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


呪いシート…怖っ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
正しくは「ノイロシート」でした♪(^.^)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第7話
あっという間に7話ですか…。寂しすぎる~(^_^;)
…と、数週間後の未来への感傷に浸る前に(笑)

野風からの手紙は、ルロンさんとの結婚を告げる内容でした。
当時、外国人との結婚は幕府のお許しがないと出来なかったそうですが、無事に了承されたとのこと。
招待された仁と咲は横浜へと向かった訳ですが、会食シーンでは完全に咲の気持ちに感情移入してしまいましたわ(笑)
何でもお見通しの野風の言動に嫉妬したり(笑)、言いたくても言えない恋心にモヤモヤしたり…。
でも仁先生を振ったのは咲なんですよね~(’-’*) フフ
無理した勢いでシャンパンやら赤ワインをがぶ飲みした咲は、大トラ状態で眠りの途につくのでした(笑)

そして野風は診て欲しい患者がいる…と、仁先生を奥の部屋へ案内。
彼女がはらりと着物を脱いだ時はドキドキしましたが(笑)、実は乳癌の再発はリンパ節へも転移していて、空咳から察するにたぶん肺にまで…。
お腹の中に子どもを宿していると告白した野風が子どもに癌が転移しないか心配し、仁先生から転移性の乳癌の生存率は2年で5割と言われて泣いていたけど、それは「2年も生きられる…」という嬉し涙の意味だったようですね。
生まれた子どもを抱けて、笑顔が見れて、声も聞けて、手を繋いで歩ける…。
そんな当たり前の日常を少しでも長く送れるように願いたいところですが、出産は母体に大きなリスクが伴うらしい。
それでも命を繋げたい…というのは、この子の子孫が仁と将来結ばれるであろうということをたぶん分かっているから。
野風の固い決意を無駄にしないためにも、何とか無事に出産させてあげたいと言う咲。
でも今の麻酔の技術だと「帝王切開」はかなり難しく、救えなかったお初ちゃんのことが頭を過ぎる仁先生。
さてさて、野風にも歴史の修正力が働いてしまうんでしょうかね~(泣)
予告でチラッと映ってましたが、何とか跳ね飛ばして欲しいものです。

同じ頃、長崎にいる龍馬から写真と共に送られてきた手紙。
その写真の裏には暗号のような文章が書かれてあったのですが、“長芋”が「長州」と「薩摩(芋)」には座布団1枚!(笑)
しかしその後の“すくう”が「巣食う」ではなく「救う」だったとは~。
戦をしないで、日本を立て直す術がないかと、知恵を絞っている最中らしい。
しかしその手紙の本当の意味を理解する前に恭太郎が盗み出し、上に報告してましたやん。(^_^;)
ありゃ、完全に誤解されますな。
何やら、嫌~な予感。(・_・、)

勝先生に相談した仁は、近いうちに大政奉還が迫っているだろうと聞かされます。
慶応3年は西暦でいうと…1867年。
仁は「坂本龍馬と同じ…」って未来が言ってた夢を見てたようですが、この夢の意味を後に知ることが出来るんでしょうかね。
私、知りませんでした。(^-^;A
歴史の疎さはたぶん仁先生並み、いやそれ以下です(笑)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



あの時見た大怪我の男は、たぶん自分。
そして時々起こる激しい頭痛は、胎児の形をした腫瘍…。
仁の謎解きパズルのピースが、一つ一つ埋まってきた?




春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク