「それでも、生きてゆく」 最終話
最終回は「なるほど~。そうきたかっ~!」と、わりと納得の終わり方でした。
綺麗にまとめ過ぎなかったところが、逆に共感できた気がします。
何か、最後にあれよあれよと急にみんな“イイ人”になってしまうドラマが多いですからね…。

物語の方は殆どが洋貴と双葉の恋の行方…のような印象でしたが、結局二人は付き合うことなく、終始双葉が「加害者」の妹という立場を貫き通した姿に涙しました。
そんな彼女の“決心”を変えようと、形振り構わず必死に頑張る洋貴…。
しかし、双葉の固い決心は変わることなく。
それでも所々見せる洋貴への想いがひしひしと伝わりましたし、15年間ずっと出来なかった“普通のデート”を楽しんだ後、最後の別れのシーンで洋貴に抱きしめられ「本当言うと、ずっとこうして欲しかったです…」と告白するところは、胸がぎゅーっと締め付けられる思いで見守りましたもん。

双葉は延命治療を拒否した五郎を説得し、草間ファームに住み込み、真岐の娘・悠里ちゃんの母親代わりとして生きる人生を選んだ。
例え終わりは無くても、そうすることが自分の“償い”だと信じて…。
物語の最後の方で、双葉と洋貴が手紙のやり取りをしているようなシーンがあって、あれからもお互いに絆を深め合っているのかな?
…と思いきや、実はあの手紙は出されないまま、木の枝に結んでいたというオチ。
それでも、二人の気持ちはきっと通い合ってるんだろうな…と“希望”を思わせるところは良かった。

一方、まだ“心”を無くしたままの文哉。
そんな息子の為に、刑務所の近くに住まいを構え、毎日のように面会へ通う父・駿輔。
「お前をそんな風にしてしまったのは、お父さんのせいだ…」
もっと恨め、もっと憎め…という必死の叫びはそんな簡単に通じることは無かったけど、それでも「お母さんの顔が思い出せないんだ…」という、文哉の“心”を僅かながらも引き出せたことは救いでした。
その後は父親の面会を拒絶していた文哉でしたが、洋貴には油断してたんでしょうかね。
洋貴から見せられた写真には、赤ちゃんを愛おしそうに抱く母親の姿が…。
結局、最後まで文哉が“心”を完全に取り戻す姿には出会えませんでしたが、こちらの方も“希望”は見えました。

隆美と響子の関係も良かったですね。
加害者家族、被害者家族…という垣根は絶対に越えられないけど、そういう関係だからこそ、相手の苦しい気持ちも辛い思いも想像できるのかも。
「謝罪も、罰も、後悔も要りません…」
亜季のお墓参りに来た隆美たちを、受け入れる響子。
それでも隆美は文哉の実の母親ではなく、育ての親という立場なので、少し「加害者の母」の感じ方は違うのかも知れません。
少し残念だったのは、灯里のその後が描かれなかったこと…。
たぶんそこまでやってしまうと、ドラマが時間内に納まらなかったんでしょうけどね。

物語はもやもやを残したままでしたが、色んなところで“希望”が見えたお陰で、何となくスッキリ感。
絶対あり得ないシチュエーションに最初は戸惑いましたが、もしかしてこれも“アリ”かな?
…と、思わせてしまったところは凄い。
何より、絶妙なキャスティングで最後まで魅せてくれました。
視聴率は振るわなかったようですが、それでも確実に“歴史に残るドラマ”だったと思います。






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


実は瑛太君の首筋から鎖骨にかけての3つのホクロが気になって、気になって…。
ちょうど「正三角形」みたいになってて、なぜか3Dっぽく浮き上がって見えたというか(笑)
そんな最終回でもありました。(^▽^;)アハハ



夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「夏ドラマランキング投票」もうすぐ締め切りです!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

「それでも、生きてゆく」 第10話
今までのドラマの展開は“動”のイメージでしたが、今回は語り合うシーンが多かったし“静”なのかな…?と思いきや、最後の最後に双葉のまさかのドロップキック!
いや、警察署に向かう文哉の後ろから彼女が走って行った時点で、「そこ、キックや!!」とTV前で自然に叫んでいたので、実はスッキリしたというか…。
その後は、洋貴はもちろんのこと、騒ぎを聞いて駆けつけた警察官まで振り切るという双葉の腕っ節の良さに、ただただ感動しました(違)

しかし、事件の日…。
文哉が金槌を持っていたのは、三日月湖で自殺するためだったんですね。
そこで亜季ちゃんに偶然出会ってしまった。
「生まれて来なければ、良かったのに…」の言葉が、自分に向けられたように感じてしまった。
文哉の母親は彼の記憶から察するに、育児ノイローゼになっていた様子。
あんたたちを産まなければ、自分はもっと自由に生きていたのに…。
夫・駿輔が子育てや家事に全く非協力的だったことも、何となく想像できますもん。
だから文哉の母親は、“死”という選択肢を自ら選んでしまった…。

双葉は文哉が母親の故郷・因島へ向かったと確信したものの、母親の実家がなかなか特定できない。
そこへ駆けつけたのが、洋貴。
必死に電話ボックスで抵抗する双葉があまりにも滑稽で、ちょっとクスっとさせてもらいましたが、とにかく間に合って良かった。
物騒な刃物も、無事に取り上げることが出来ましたしね。

結局、文哉は自らプールに身を投げた訳ですが、寸でのところで洋貴たちが間に合って、助けてしまう結果に…。
あれだけ憎んでいた相手なのに、やはりあんな状況だと無意識に行動を起こしてしまうのも無理は無いかも。
兄が死ねば、丸く収まると考えてた双葉も、必死に文哉の名前を呼んでましたし…。
それに簡単に死を選んでしまうより、一生罪を償うという意味で生きてくれた方が…と思いますもんね。
そこまで咄嗟に思ったのかどうかは、分かりませんが…
しかし、その後の洋貴の全身全霊の言葉が心に響くどころか、文哉の口から出たのは「ご飯まだかな。お腹空いてるんだよ…」
洋貴と双葉、唖然…。
というか、視聴者も唖然…。
やはり心の無い文哉には、何を言っても無駄なんでしょうかね。
あの脱力感は、最近に無い出来事でしたわ。
そして、ただ笑うしかない洋貴…。

今回は被害者の母親・響子と加害者の母親・隆美のシーンも見応えありました。
とにかく画面上は“静”な展開でしたが、二人の腹を割っての告白に見入ってしまいましたもん。
でも正直に話せたことで、二人の間には何かが芽生えたはず。
同士…とまでは言えないけど、違う意味で15年間の苦悩を戦ってきた仲の二人には、他人が計り知れないものがありそうです。
隆美は文哉が実の子どもじゃないということで、何処か冷めた部分というか、他人事に似た感覚もあるかも知れないですね。
しかし灯里は、学校に行けなさそうで辛い…。

もう一つ辛いといえば、五郎。
このまま延命措置を続けていても、娘・真岐の意識が戻ることはたぶん無い。
それどころか、もうすぐ自発呼吸も出来なくなって、医療費の負担も大きくなる…ということで、延命措置を拒否する書類にサインすることに。
一度は破り捨てたものを…っていうのが、哀し過ぎます。
居合わせた駿輔にも、最後まで見届けるよう強い口調で話す五郎の姿が涙を誘いました。

あ~、文哉が“心”を取り戻さない限り、最後まで救われない気がして仕方が無いです…。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


風間君が、見る見る痩せていく…(^_^;)


夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「夏ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

「それでも、生きてゆく」 第9話
今回は洋貴と文哉の決死の格闘シーンに息をのみました。
お互いにただ唸ってるだけのシーンは、ちょっと野犬同士のケンカに見えたり見えなかったり…。
でも本当に全身全霊の力を振り絞ってる時って、やはり言葉なんか要らないですよね。
瑛太さんも風間君も、マジで怪我したんじゃ?と、心配してしまったほどです…。

結局、響子の子どもを亡くした母親の心の叫びも、文哉には全く響かず…。
「誰でも良かった」の一言は、やっぱりか…という落胆の気持ちで一杯になり。
ようやく駆けつけた由佳も事態が上手く飲み込めず、目の前の壮絶な光景に頭が真っ白という感じだったでしょうかね。
響子に言われて、慌てて洋貴に電話を掛けるのがやっと…。
その隙を見て、文哉は逃げてしまいました。

で、彼が次に何処へ逃げ込んだかというと…
家族が暮している家。
やはり事件から15年も離れていたとはいえ、何処に住んでるかちゃんと把握してたようです。
ふらっと帰ってきた文哉に驚く隆美でしたが、昔のように「おかえり」と迎えるのが精一杯に見えました。
しかし、文哉ったら…。
自分のせいで家族がこんな生活を強いられている現実には全く目を向けず、とにかく文句や愚痴ばかり。
一体、彼の思考回路はどうなっているのか?
…と、一瞬イラッときましたが、やはり病気のせいなんでしょうかね。
全てを自分中心に脳内変換してて、被害妄想も甚だしい。
残念ながら、文哉には“心”が無いのか…?
それでも隆美と灯里に対する接し方と、駿輔と双葉に対する接し方は明らかに違って見えました。
前者の二人にはやはりよそよそしく、後者の二人には甘えや依存が強く感じられました。
実の母親は駿輔のせいで自殺した…と思い込んでいるようですが、これもまだ事実かどうかはハッキリ判らず。
そして駿輔には「捨てられた」と感じている。
今の駿輔しか知らないので何ともいえませんが、過去には家族と向き合わずにいた様子が何となく伝わってきます。
しかし今はもう覚悟が出来ていて、家族で最後の食事でお味噌汁の味をしみじみと噛みしめる姿に涙しました。

一方、真岐はまだ意識不明の状態。
父親の五郎のインタビューをテレビで観た双葉は、娘の悠里ちゃんの持つぬいぐるみがほつれていることに気づき、わざわざ病院にまで行って縫ってあげていましたが、これは彼女らしい視点だったなと感じましたわ。
ママが1週間もご飯を食べていない…と心配する悠里ちゃんを励ましながらも、兄・文哉の罪の重さをヒシヒシと実感したかも知れません。
五郎も文哉に対する怒りで殺してしまいたい…と思いながらも、悠里ちゃんの為に自分まで犯罪者になってしまってはいけないと思い止まっている。

そしてそれは洋貴も然り…。
何度も物騒な刃物を忍ばせてたけど、双葉の為に思い止まった。
人を好きになると、その人から心をもらえる…。
復讐よりも大事なものがある。

しかしそんな二人の気持ちとは裏腹に、双葉には“覚悟”が生まれてしまったようです。
「ふかみ」の車に残した冷凍ミカンに描かれてあった絵文字に少し心和みましたが、まさかこれが洋貴とのお別れになるとは思いも寄らず…。
ダッシュボードに忍ばせてあった刃物が無くなっていたこと。
因島までの片道だけのレンタカー。
洋貴と初めて会った思い出のタンドリーチキン(結局、販売は終了してましたが)。
処々を想像するに、文哉を止められるのは自分しかいないと思ってしまったんでしょうかね。
う~、洋貴には何とか間に合って欲しい…。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「夏ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

「それでも、生きてゆく」 第8話
(゜-゜)ウーン
文哉の「病気だから…」発言を聞いて、ちょっとがっかりしてしまいましたわ。
そっちで片付けられてしまうと、もう何も言えませんもん。
こうなってしまったのは、双葉のせいだとか言ってみたり、彼にはもう“反省”や“罪を償う”という意識以前の問題で、こんな男に殺されてしまった亜季ちゃんが不憫すぎます…。
しかし、またしても大竹さんの演技には圧倒されっ放し…。
二人で取っ組み合いになってるシーンは、また息をするのを忘れて見入ってしまうほどでした。

五郎が駿輔を連れて草間ファームに戻ると、変わり果てた真岐が部屋に横たわっていました。
慌てて病院へ運んだものの、思いの他怪我が酷くて手術は長引いた上に、何とか一命は取り留めたとはいえ、まだこん睡状態。
担当医から「このまま意識が戻らないかも知れない…」と、辛い宣告を受けてしまう。
それでも事態が受け止められない五郎は、真岐のパジャマやシャンプーの心配をしたり…と、その様子が余計に辛かったですわ。
その後も気丈に振る舞う五郎は、洋貴たちや駿輔の食べ物まで買ってきたり…。
その頃、駿輔もまた文哉のことでショックを受け、行く当ても無くふらふらと道路の真ん中を…って、捜しに行った洋貴に何とか助けられたけど、ようこそ車に轢かれなかったことですよ。

一方、連絡を受けた響子は、来ていた双葉に事情を話し…。
双葉は響子に促されて辛うじてお風呂へは入ったものの、いても立ってもいられなくなって、病院に駆けつけてたけど、それがまた五郎の気持ちを逆なでしたというか…。
自分の娘が生きるか死ぬかって時に、加害者家族の元気な双葉の姿…っていのは、さすがに今まで抑えていた怒りにスイッチが入ってしまった様子。
そんな五郎の怒りを、ただただ受け止めるしか出来ない駿輔。
洋貴、耕平、双葉、駿輔、五郎…って、こんな形で勢揃いしてしまうようなシチュエーションは普通はまず無いやろっ!とツッコミを入れるのを忘れてしまうほどの、父親・小野さんの演技でした。

で、逃げ回っていた文哉は何を思ったか「ふかみ」に現れましたやん。
しかも、偶然にも耕平の妻・由佳と同じバスに乗り合わせていて、「ふかみ」を案内する形で…
すぐに“文哉”だと判った響子でしたが、由佳の前ではとりあえず冷静に振舞い、文哉とは気づいていないフリをしながら竿を選ばせたりしていたものの、糸切りハサミを不自然に隠したのを見られてしまったことをきっかけに、“タガ”が外れてしまってましたよね。
その前の、気持ちを落ち着かせようと部屋に一旦引っ込んだ時の、携帯を握り締めていたはずの手の震えがわなわな止まらなくて、電話も出来ない状態…というシーンも圧巻でした。
もう、そこからは大竹さんの独壇場!
いつものおっとりした喋りの大竹さんは何処へやら、娘を殺された母親の怒りが、文哉の心無い言動によって何倍にも膨れ上がっていく様子が手に取るように伝わり、その迫力の凄さといったら…。
しかし、風間君も負けてませんでしたよね。
もうコイツには何を言っても無駄だ!って思いながらも、観てる方も怒りが次から次へと湧いてきてしまうほどの名演技でしたもん。
近くにあった椅子を思わず振りかざした響子でしたが、予告では普通に歩いてたので、殆どダメージにはならなかったのが虚しい。(^_^;)
ていうか、あれだけの修羅場で大声張り上げているはずなのに、全く様子を見に来て無さそうな由佳にもびっくりでしたけどね。

ちょうどその頃、車で双葉を送る洋貴。
彼女の「死にたい…」発言に激しく感情をぶつけてましたが、言葉だけ聞いていると“告白”に聞こえてしまったのは私だけ??
あの事件さえなければ、本当に普通のカップルになれたかも…。
いや、あの事件があったからこそ、二人が知り合うきっかけになったんですけどね。
そう思うと、何だか複雑ですわ。
隆美の言う“普通”についても、考えれば考えるほど、頭が混乱してしまいます。








ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


紗歩が生きてましたよ~。
金槌で殴られても…って、どんだけ石頭なんだ!!
さすが安藤サクラさん(違)



夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「夏ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

「それでも、生きてゆく」 第7話
「生まれてこなければ、良かったのに…」
この言葉はどうやら、文哉にとっての“衝動”にスイッチが入ってしまうらしい。
実母は突然の事故で亡くなったみたいだけど、これにもし彼が関わっていたら…というのは考え過ぎ?
それぐらいの“理由”が無いと、亜季ちゃんの事件に説得力が欠けるような気もしますが…。

やっとのことで捜し出した文哉の担当看護師・東雪恵(酒井若菜さん)に逃げられつつも、無事に追いついた洋貴。
そして彼女の口から語られた意外な過去…。
二人が知り合ったのは9年前で、文哉が医療少年院を退院する1年前だったらしい。
すでに治療はほぼ終了していたらしく、罪を悔い改め、社会生活を送れる…と院内で判断されていたようですが、本人は全くその実感が無かった。
退院の許可が下りても、何となく他人事のような文哉の表情が印象的でしたわ。

医療少年院で親交を深めていた二人は、退院後は当たり前のように一緒に暮し始める。
…といっても、どちらかといえば積極的なのは雪恵の方で、文哉は彼女に押されてという感じでしたよね。
いつも無表情な文哉が気になったけど、それなりのことはあったらしく、雪恵が妊娠したことで大きく事態は動き出しました。
階段にわざと置かれたビニール袋と、文哉が書き残していた日記。
文哉から「ビールが飲みたい」と言われ、買出しに行った雪恵は階段から転がり落ちて、お腹の子供は流産。
よくよく考えてみれば、文哉は先にコンビニに寄ってたんだから、ビールが飲みたいなら買えた訳ですやん。
なので、これはやはり計画的…。
日記にもそれを匂わせるような文章が記されていました。
で、彼にとっては雪恵は特別な存在でも何でもなく、人間は水槽の中にいる可哀想な金魚…としか映っていなかったらしい。
平穏に見えた生活の中でも、文哉は何度も殺人への衝動が沸き起こり、小さな女の子や若い女性の後をつけたこともあったようですわ。
そして流産と日記を読んだことがきっかけとなり、雪恵は文哉の前から姿を消した…。

(゜-゜)ウーン 「医療少年院」といっても、罪を犯した少年たちの社会復帰の方に重心を置いているのか?
そこへ至ることになった根本的な理由みたいなものの解明はなされるみたいだけど、そこに一歩踏み込んで…という印象は何となく感じないですね。
文哉のように表面的には社会生活が送れるかも知れないけど、心の奥深くにある“芯”は全く変わっていなかった。
彼は14歳の時のまま…。
雪恵の言葉が物語っています。

「ふかみ」では、今の文哉に会い「反省」が全く見えなかった…と感じ、あらためて謝罪をした双葉と、そんな彼女を許し温かく見守る響子の穏やかな会話の様子が描かれていた訳ですが、その裏ではまたざわざわといろんな“コト”が動き出してましたよ。
まずは、文哉が働いている果樹園を探し出し、オーナーの五郎に会っていた駿輔。
「会って、息子を引き取りたい」
そんな彼の覚悟に応えようとしていた頃、娘の真岐がエライことに?
文哉が“少年A”だと知った真岐は、ちょっと目を離した隙に娘の悠里の姿が見えなくなったことでパニックに陥り、無事に帰ってきたものの手には包丁…。
駿輔を連れて戻ってきた五郎がその惨状を見て叫んでましたが、一体どんなことになっているのやら…(汗)

そして一人で遊んでいる悠里に声を掛けた紗歩ですが、てっきり文哉の仕業に見せかけて誘拐とか、どうしてもダークな方向を想像してしまいましたが、何と一緒に仲良くバドミントンしてました。
ていうか、あんなことがあってもまだ草間ファームで働いていたことにビックリしましたよ。
しかも全く悪びれた様子も無く、給料の話をさらっとしてしまうところが紗歩らしい。
金槌を手にやって来た文哉に一撃を食らっていましたが、まさか亡くなったりみたいな展開は無いですよね?
悠里を見た文哉は、何とか無事に“衝動”へは発展しなかったようですが、右手から金槌がなかなか離れず、自分の意志とは関係なく勝手に…みたいな感じになっていたのは気になるところ。

そしてまた、雪恵から文哉の居場所を聞き出した洋貴が、耕平とともに草間ファームへと向かっていました。
「兄ちゃんを殺人者にしたくない…」
つい先日、自分を全否定されたような仕打ちを受けても、全く腐ってなかった耕平に感謝です。
しかし、洋貴の方はこっそり包丁を忍ばせてたり…。
うわ~、また一週間が長い。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


物語がどんな方向へ落ち着くのか、全く予想できません!(^_^;)


夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「夏ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク