「絶対彼氏」 第3話
月20万円で70年のローン…うぅっ。気が遠くなりそう(笑)(^-^;A
でも前回、ナイトには大働きの実績(笑)があるので、20万よりもっと稼げるんじゃ?
そしてナイトが選んだ仕事は、梨衣子の会社の清掃バイト…って、そんな都合よく見つかったのか~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しかしもっと稼げるバイトを選ばないと(笑)
それにガラス窓に「りいこ 」とスプレーで書いたのには大ウケだったんですけど、あんな風に一日中梨衣子に絡んでたら、仕事にならないですやん~(^-^;A
そこで梨衣子がふじ子の店で掛け持ちで働けるように頼み込んでたのが、てっきりナイトのことだと思ってたんですが、実は梨衣子自身のことだったとは…。
何か、めちゃ偉いですやん!!(笑)
で、そこへやって来たナイトも働きたいと言い出して、ふじ子から「孝太君と一緒にビールケースを運んで…」と頼まれて、孝太君ごと運んでたのには大爆笑~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そんなとき、創志が梨衣子の作ったシュークリームを、「ASAMOTO」で新商品として売り出したいと考えていたのですが、正志には「見た目が地味すぎる」と全く取りあってもらえず。(^_^;)
そりゃフルーツをふんだんに使ってるケーキの方が派手で美味しそうだけど、それだけじゃないのに…。
とりあえず、創始者のおじいちゃんの代から働く銀座店の店長・三浦(石田太郎さん)に頼んでショーケースには並べてもらえたものの、それがまた正志に見つかって三浦店長は解雇の危機に。(^-^;A
企画室の温泉旅行真っ最中の梨衣子も、シュークリームを作った手前、慌てて創志のいる会社へと駆けつけたのですが、何とか解雇を撤回して欲しいと言われてシュークリームを口にした正志が、ちょっと反応してたのは良かった♪
表情は険しかったけど、これはちょっと脈アリ…と見ましたよ。

そして梨衣子の乗るバスに強引に荷物としてついて来たナイトですが(良い子は真似しないでね:笑)、梨衣子はトラブルで会社に戻るし、一人「ポツーン」状態だったんですよね。
そこで狙っていたのが、美加ですよ。(^_^;)
彼女がまた梨衣子の前だと親友ぶって、いないところでは二重人格のかなり嫌~なキャラ。
ナイトの「梨衣子一筋」な態度がしゃくに障ってたらしく、彼女のいない間に「接着剤が…」とかなんとか言って上手く騙して、キスしちゃってましたよ。
しかもその「キス」って、どうやらロボットのナイトを初期化してしまうらしい。
美加に向かって、「はじめまして、彼女」…?(/_;)/アレー
今までナイトの可愛い嫉妬に、ちょっと鬱陶しいと感じていた梨衣子ですが、それとこれとは話は別(笑)
もしかして創志とこのままイイ雰囲気になるのかな~?と思わせておいて、やっぱり新たな事件発生!じゃないと、ドラマも盛り上がりませんしね。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
次回はナイトを取り戻すために梨衣子が奮闘するの巻…になりそうですが、この際美加にナイトを譲ってローンも返済してもらうってのは、どうでしょう?(笑)
てか、その前にナイトがロボットだと美加にバレて、めでたく梨衣子の元へ返却ってことになる?



最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : 絶対彼氏
ジャンル : テレビ・ラジオ

「猟奇的な彼女」 第2話
初回からながら観…というケチはついてしまったものの(笑)、2話目は無事にじっくり座ってみることが出来ました。
で、周りの皆さんは酷評されてるみたいなんですけど、私は結構面白かったですわ。(^^ゞ
凛子がやたら自分勝手で、それに三朗が巻き込まれて散々→イライラ(笑)…という展開は続いていますが、今回は谷原さんの勘違いキャラ・健作で救われた気がします。
さすが14クール連続ドラマ出演記録更新中の貫禄!(’-’*) フフ

“運命の人”=南に会えた三朗ですが、とにかく凛子が勝手に部屋に入りすぎ。(^▽^;)アハハ
せっかく南が料理を作りに来てくれる…って時に、ストーカーに追われてるだの、迎えに来てくれだのと連日連夜三朗は引っ張り回されて仕方なくドタキャン。
南もそんな三朗の態度に、「嫌われてるんじゃ?」と不安になるんですよね。
でもあんなに誠心誠意謝ってる三朗の様子で、ちゃんと気づけよっ!って話なのですが、そこまで深く好きな訳でもなく、何となく「初恋」の余韻に浸ってるだけ…という感じもしますわ。(辛口:笑)
で、落ち込んでる南に良いタイミングで夏目が絡んできて、きっとこの二人が上手くいくんでしょう~。

恋愛体質の健作が凛子を見て一目惚れ。
三朗に南を譲ると言って(コラコラ)、強引に遊園地ダブルデートへとこぎつけたのですが、全然その気のない凛子にとってはただ煩わしいだけ。(^-^;A
凛子が観覧車に乗るのを頑なに拒否してたのも、過去にそこで別れを切り出された…という理由なんだろうなと想像はついたものの、話が遠まわし過ぎて凛子にはそれが別れ話だと気づかなかったらしい。
しかも「君なら、一人で生きていける…」女の子にとっては、結構ショックな一言だったみたいですね。
・・・と、三朗に女の子らしい一面を見せたかと思えば、やっと南の手料理が食べられる♪と喜ぶ三朗の気持ちも気づかず、三人で一緒にカニ食べるって?(^_^;)
そらカニには負けますけども(笑)、そこは三朗と二人っきりにさせてあげないと爆発するってもんです。

ところが五月たちが怪しい男を見た!と飛び込んできて事態は一変。
遊園地に忘れ物をとりに行く…と言った凛子の後を追った三朗は、普通に遊園地から出てきた凛子に拍子抜け。
ストーカーだと思っていた男も、芸能プロダクションのスカウトマンだった…ってことで一件落着。
実は南が大切にしてきた、三朗との思い出の「笛」を捜しに行ってくれてたみたいですね。
そこであの来場1億人突破のお祝いフロートシーンに繋がるわけか~(笑)
番宣CMで三朗と凛子が、どうして冠をかぶって手を振ってるのか疑問だったのが、訳が分かってスッキリ!
最近こういう番宣、多いな~(^▽^;)アハハ
そして三朗と凛子の仲直りのオチが、お詫びの印にと凛子が水槽の中の病気の魚を鍋に入れて、それを食べた三朗が救急車で運ばれる…って、ちょっとヘビーじゃないですか~?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
こういうところが、ちょっと凛子キャラに共感できない一因なんでしょうかね(笑)

しかしストーカー騒動はまだ終わっていなかったようで、怪しい男がまだいたってことで次回へ続く。
次の“オチ”が気になるところです(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

そういえば、「ガリレオ」のパロディーがありましたよね。
BGMもそのままに、机のものを押しのけて三朗が難しい計算を…じゃなくて、普通に文字を書いてるだけ(笑)
しかもその後、ちゃんと消してたところがツボでした。(^^ゞ




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : 猟奇的な彼女
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第3話
今回は名門女子高の教師・船橋(菊池均也さん)が、ハサミで殺害された事件。
現場には指紋もなく計画的犯行に見られていましたが、なぜか引き千切られたカーテンに血がついていて、床に血痕の一部が直角に途切れている…ということで、食いついたお坊ちゃま刑事・宇田川。
しかも船橋の手が両方とも「まことちゃん」のような状態で、これはダイイングメッセージでは?と引っかかるものの、相変わらず太宰からは軽くスルー。(^▽^;)アハハ
しかし「グワシ!」は懐かしかったですわ~♪

そして宇田川はまたさくらの手を借りることになったのですが、今回は女子高生のコスプレですか~(笑)
そのさくらが校内に潜入して、女子高生たちから情報を得ようとするのですが、正体がバレそうになった時の、「ちょっと大人の17歳、転校生さくらです!」やら「「盗んだバイクで走り出す、さくらです!」で大爆笑ですよ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
で、容疑に上がったのが、恋人との噂があった生徒・清原三和(星井七瀬さん)、芸能活動をして船橋から咎められていた生徒・サンディ・耀子・黒部(中別府葵さん)、船橋と確執があった教頭・三条郁夫(森下哲夫さん)だったのですが、3人とも名前に“三”があるという共通点が。
殺された船橋の手も“3”本の指を立てていた…ということで、何か繋がってきましたわ。
しかも三人とも動機らしき理由があって、益々怪しい。
ところがこのドラマは、毎回宇田川が一目惚れして「持ってかれたー」女性が犯人という“お約束”なので(笑)、犯人は被害者の同僚・君津奈々(星野真里さん)でした。
どうやら船橋の手はダイイングメッセージだったのではなく、片方はハンドサインの「I love you」で、もう片方は手話で数字の「7」ってことで、彼女に対する愛のメッセージだった訳ですよ。

留学を決めた船橋と付き合っていた奈々は、てっきりプロポーズされるもんだと思っていたのが、「3年間待っていてほしい」との話。
おまけに生徒の三和と恋人の噂が立ち、疑心暗鬼に。
思いつめた彼女がハサミを手に自殺をほのめかして、それを止めようとした船橋ともみ合いになり、誤って刺してしまった…というのが事件の全容だったようです。
そこで自分も後を追って…と考えたようですが、船橋のハンドサインを見て、合唱コンクールで自分の作った曲で出場する…という彼の夢を叶えてからと思いとどまったらしい。
そして宇田川はお約束の大失恋(笑)

ドラマでの「お約束」がしっかりパターン化されてきたので、小ネタが楽しめるようになってきました♪
今回はしほりちゃんのコスプレが少なかったですが、女子高生のシーンで大爆笑させてもらったので大満足でした~!(^o^)


最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Around40」 第3話
前回の終わり、恵太朗の「付き合ってもらえませんか?」は、ごみの整理でしたか。(^_^;)
で、お返しで聡子の「付き合って…」は、お蕎麦でした(笑)
そんなオチだとは思ってましたけども。
あ~、でもTVの藤木さんにこんな台詞を言われて、ちょっとドキドキした自分が哀しい(笑)

今回は突然声の出なくなった男の子・俊(武井証君)に対して、保護者と一緒に診察を…と言う聡子と、病院の方針を無視してどんどん接触する恵太朗…という対比があったのですが、この場合どちらも間違ってないってところが難しいですね。
俊君のケースは原因が母親で、恵太朗が親身になって接してくれていたから、大きな事故は防げた…ってことなんでしょうけど、いつもこういう結果になるとは思えませんし。(^-^;A
でも患者さんの身になって、しっかり診てくれている…という点は、聡子も評価して認めていたようだし、彼を辞めさせようとした病院側に、残れるよう頭を下げてくれてました。
ま、ドラマだから、あまり深くは考えないでおこう(笑)

そしてその恵太朗の“親身さ”は、相談室に訪れた瑞恵をガラッと変えたようです。
妻として母親として一生懸命やって来た瑞恵にとって、最近の夫と息子の態度に虚しさを感じていた。
ずっと専業主婦だったせいで、社会参加できないでいる。…って、これは彼女の偏見だけど。(^^ゞ
そんな時、何でも優しく受け止めてくれる恵太朗に“擬似恋愛”をしてしまったらしく、前回まで単なるおばちゃんに見えていた松下さん(コラコラ)が、髪形やお化粧を変えて、すっかり変身した姿に感動ですよ。
まさに「恋する女はキレイさー♪」って感じで(笑)
で、瑞恵が最近イキイキしてきた原因が恵太朗だったと知って、聡子はそれは心理士として当たり前のことだからと諭すのですが、瑞恵の方は聡子が嫉妬していると感じたようです。(^^ゞ
今のところ聡子が恵太朗に恋心を抱いているような気配は無いみたいですけど、自分でも知らず知らずのうちに…ってことかも知れないですね。
でも瑞恵がどんどん恵太朗に惹かれて、自分を見失うようなことにならないか?も、ちょっと心配。
身近にライバルがいると、余計に燃えますから~(笑)

ところで仕事も結婚も、今度は子供も…と、自分をモデルに売り込もうと何事も貪欲にまっしぐらだった奈央ですが、どうも子供のでき難い体質だと分かったらしく…。
たぶん落ち込んでいたのは、子供ができ難い体質のことでは無さそうな。(^-^;A
旦那さんといい、どうもこの夫婦は長く続きそうにありませんわ。
そこでマーくんの登場ってことになるんでしょう。(’-’*) フフ
鴨の料理、美味しそうでした♪

そして最後の最後に、やっと加藤雅也さん登場~♪
予想通り聡子の元カレのようですが、ちょっと訳あり?
「私が一番良く解ってる」という彼女の思い込みが、どうも暴走しそうな予感。(^^ゞ




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : Around40
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ラスト・フレンズ」 第3話
前回、宗佑に暴力を振るわれてるところに出くわした瑠可が、とっさに「私の美知留に…」とかばったところで終わっていたので、その後どうなるのかかなりドキドキだったのですが、結局「ふざけてただけ…」という宗佑の言い分がいとも簡単に通ってしまって拍子抜け。
おまけに美知留も口裏を合わせる始末。(^-^;A
後からタケルや瑠可の父親が駆けつけて“男手”もあったし、宗佑のDVから逃れられるイイチャンスだったのに~。
これを機に、宗佑の“束縛”は益々エスカレート。
「男の髪は切るな」から始まって、今度は仕事で遅くなったからといって美知留をドアの外に締め出し、挙句の果てに「君を待っている間に、3本もタバコを吸った」と腕に根性焼きの痕まで。(^_^;)
そんなん知るか~!って怒れる美知留なら良かったんでしょうけど(それもまた仕返しが怖いか:汗)、彼女には“束縛”=“愛されてる”という思い込みがあったみたいですね。
親から愛されずに育って、愛された実感が無い美知留にとって、自分だけを見ていてくれる(これは錯覚だけど)宗佑に愛を感じてしまった訳か~(^-^;A
美知留を一途に思ってきた瑠可にとっても、何とも哀しいことです。
一度は瑠可と距離を置こうと決心した美知留でしたが、宗佑の数々のDVでつい「会いたい」と瑠可に電話をしてしまったんですよね。
そしてでタケルの運転するトラックで、夜の海へと出かけた三人。
事情を察して二人にしてくれたタケルの気遣いも知らずに、ヘタレ扱い(笑)されてるのは可哀想でしたけど、美知留にとってはイイ気分転換にはなったみたいですわ。
でも美知留が夜中に抜け出したことを、宗佑が知らないはずが無い。(^_^;)
宗佑の“呪縛”にかかった美知留は、店で男性のお客さんは担当しないと言い出したり、店を定時で帰してもらえるよう店長に頼んで、担当どころか仕事まで干されそうですやん。

そんなある日。
美知留は眠れず、ふと卒業アルバムを見ていたら、瑠可のところが名前のバッテンだけでなく、顔まで黒く塗りつぶされてるじゃありませんか…(^_^;)
その様子を後ろのドアの隙間から黙って見ている宗佑が見えて、\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
で、やっぱり口論になり、「そいつは君を男の目で見ているんだ!」と勘の鋭い宗佑はもう気づいているようですが、否定している美知留が言った「私は宗佑の奴隷じゃない!私の瑠可のことを悪く言わないで!」の“私の瑠可”という言葉が彼を逆上させてしまったようです。
錦戸君とまさみちゃんということで、さすがに殴る蹴るのDVシーンは映らなかったけど、瑠可のところに助けを求めてきた美知留の顔面の傷は、暴力の激しさを物語ってましたよね。Y(>_<、)Y
あ~、また一週間が長い(笑)

ところで今回タケルに電話をかけてきていた女性(伊藤裕子さん)が、何者かも気になるところ。
クッキーを送りつけてきたみたいだけど、「子供の頃から好きだったでしょ?」という意味深な言葉やら、「結婚して夫も子供もいるんだから…」というタケルの言葉でヒントを汲み取ろうとしたけど、私の平凡な頭(笑)では無理でした。(^▽^;)アハハ

緊張感の連続の中、唯一ホッとできるシェアハウスでのシーンですが、エリと友彦がそんなことになってしまうとはビックリ!
お酒の力って怖い(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ



最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「パズル」 第2話
予告CMで「100万円と、うぅーっとっ!」としか聞こえなかった石原さとみちゃんの台詞。(^_^;)
ドラマを観て、それが「牛一頭」だと分かってスッキリしましたわ(笑)

今回は500年前に落ち武者が財宝を近くに隠したらしいと噂がたち、そこの村人たちが在りかを聞き出すために落ち武者3人を拷問にかけて殺した…ということで、それから100年に1度祟りがあり、“生贄”をささげないと3人の村人に死の天罰が下る…という、何とも恐ろしいお話。
ちょうど今年が100年目にあたり、村人がパニック寸前になっているということで、神社の神主さん(黒部進さん)が祟りの謎を解き明かした者には「100万円と牛一頭」を提供すると聞きつけたゆうこが、また真一たちをそそのかす訳ですね。(^▽^;)アハハ
そこをお約束で美沙子が嗅ぎつけて、強引に同行する…というパターン。
他に集まったのが大学生の玉田(城咲仁さん)、物理学者の大沢(大鶴義丹さん)…ということで、この二人は殺されるんだろうな~とすぐに分かりましたよ(笑)
しかし岩の下敷き、逆さ吊り、火あぶり…どれも嫌ですわ~(^_^;)
で、とっとと研修旅行に行ってしまった神主さんではなく(笑)、巫女の貴美子(若村麻由美さん)がどうせ犯人だろうと推測したものの、美沙子を襲った落ち武者が2人だったので、ちょっと謎だったんですよね。
ホント、真一たちが剣道部で助かりましたよ。
そして怖いお面をとると、貴美子と占い師の天野(池津祥子さん)。
これ以上犠牲者を出さないためにと、二人は祠の中に閉じ込められる訳ですが、重い大岩を動かせたのは大きな車輪を使ってのトリックだろうと聞かされた美沙子たちは、それが大沢を逆さ吊りにするための作業だとは知らずに、まんまと実験してましたわ。(^_^;)
でも異常に張り巡らされた数の滑車と石の灯篭までもが破損していることに美沙子が気づき、無事に謎を解くことができました。
それを知った貴美子と天野に、美沙子たちは危うく火あぶりにされそうになってましたけど、あの撒いた水らしき液体は、すぐに灯油か何かだと私でも察しましたよ(笑)
最近ちょっとした「事件」(笑)があって経験済みなんですけど、窓を閉め切ってても外から灯油の臭いが部屋に充満したぐらいですから、普通は相当臭うはずなんですけどね~(^^ゞ
ま、\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)
しかし大岩が張りボテだと気づいた真一たちが、中からぽたぽたと水が落ちてるからといって、火を消すために美沙子の上に落とそうだなんて、一歩間違えたら玉田のように下敷きになるところでしたわ。
「先生!ちょっと痛かったらゴメン!」程度じゃ、済みませんってば(笑)
そして貴美子と天野が捕まった訳ですが、動機は過去に玉田と仲間に友人が襲われ、偶然通りかかった大沢に助けを求めたけど逃げられて助けられず、結局友人はその後自殺。
で、「祟り」を使って復讐…ということだったんですが、二人とも「100万円と牛一頭」でまんまと集まってくれたから良かったものの(笑)
そして話はここで終わりではなく、美沙子が神主さんから預かっていた地図に「×」があぶりだされたことから、“財宝”の在りかが分かったと大喜びで掘ってみたところ、そこには年代もののぬか漬け?(^-^;A
ちゃっかり持って帰った美沙子からもらった、同僚の大道先生は美味しかったと喜んで食べてたけど、普通は腐ってますわね。(^▽^;)アハハ
「100万円と牛一頭」は嘘だったみたいだし、何だかんだと騙され続けてる美沙子。
でも前回の壷といい、転んでもただでは起きない、ちゃっかり者の美沙子キャラはバッチグぅーです(笑)



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第3話
つい先日、我が家の給湯器も壊れて新しく替えてもらったところなので、色んな意味で共感してしまいましたわ(笑)
で、龍彦がシャワーを使っている間に急に壊れてしまった給湯器。
慌てて出てきた彼はシャンプーの途中だったみたいだけど、あの後どうやって流したのか気になったのは私だけ?(^^ゞ
修理には2,3日かかるということで、仕事終わりに慌てて近くの銭湯へ走ったかえでと龍彦でしたが、困ったことにすでに廃業。
これも時代ですわね~(^-^;A
そこへ偶然通りかかった(ドラマなので:笑)のが正午だったのですが、かえでに声をかけたつもりが、まさか龍彦まで一緒にいるとは思わなかったんですよね(笑)

そして始まった3人の奇妙な共同生活…。
というか、チャッピーも一緒なので3人と1匹?(’-’*) フフ
給湯器の修理が終わるまでの2,3日とはいえ、出掛けに「いってらっしゃい」と言ってもらえたり、普段なら誰もいない真っ暗な部屋に帰ってくるところが「おかえりなさい」と出迎えてくれる、しかもかえでがということで、何となく嬉しそうな正午。
龍彦と同じベッドで寝付けず、ベランダでため息をついていたら、かえでがワインを持って来てくれたりして、「たとえば僕と…」とつい言ってしまう気持ちも解る(笑)
ところがかえで本人は、その時まさかそんな意味だとは全く思ってなく、翌日律子と話した何気ない会話で気づいちゃった…ってことは今までアウトオブ眼中だった正午を、これから意識し始めるという展開になるんでしょうか?
でも正午はさすが年を重ねてるだけあって、いつも頷けるような言葉をかけてくれますよね。
20代の頃には夢と希望を抱いていたことが、年月が経ち夢が必ずしも現実にはならない…と悟ったと嘆くかえでに、「今の自分と比較して落ち込むのはやめなさい」と言ってくれたり。
「一緒に…」とは言ってしまったけど(笑)、かえでの言葉に一喜一憂する姿は可愛いし、妙にガツガツしてないところが正午の良さですね。
そしていつもポジティブシンキングな龍彦も、仲間の書いた小説が新人賞をもらったと聞いて、さすがに落ち込んじゃったみたい。
実はこういう男こそが、ナイーブだったりするんですよね。
何となく家に帰れなくて、ブラブラ…ってことは、正午とかえで二人っきり?
ををー!これは正午にとって、願ってもないチャーンス!(笑)

それにしてもまた砂羽さんの「おっさん」メイクが凄かった!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
何だかんだ言っても、かえでと律子が車内で話してる会話のシーンが一番好きかも。
で、いつの間に監督さんとそんなことになってた?(^▽^;)アハハ
かえでも律子も、「結局最後まで、結果を出せない男」を選んでしまう運命なんですかね~(笑)ヾ(°∇°*) コラコラ


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット」 第2話
2話目も、もこみち君の“ロボットぶり”で楽しませてもらいましたわ~♪
鍛えなくていいのに無駄に筋トレしてたり、ロボットは汗をかかないから霧吹きでシュッ…という細かい演出に、何度も爆笑しました。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
おまけに常にもこみち君が裸なので、ビーチクやら気になるじゃありませんか~(笑)

お試し期間の6日目が迫り、ナイトが勝手に一週間分の食材を一日で全部使って料理したり、勝手に会社に迎えに来たり…と暴走しても、もう返却するのだからガマンガマンと自分に言い聞かせていた梨衣子。
素朴な質問なんですけど、ナイトが二人分作った料理はロボットの彼も食べるの?(^^ゞ
一方、次のモニター候補を探すように白鷺から促されていた並切ですが、もう少し梨衣子に使わせて様子を見たいと思っていたようですね。
で、思いついたのが修理費作戦(笑)
さすがに1億円も出して理想の恋人ロボットを買い取ろうとまでは考えない…ということで、修理費100万円を出せば返却が出来ると条件を出したのですが、梨衣子がその作戦にまんまとハマったじゃないですか~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ところが100万円といっても、貯金は60万そこそこ。(でも意外と持ってる:笑)
期限までにあと40万…とはいえ、そんなに簡単に稼げるものではありません。(^_^;)
ということで「女子」の梨衣子は、お水の道に走る訳です。
ドラマなので(笑)、彼女が勤めるキャバクラへ偶然やって来た創志。
出されたフルーツにナイフの錆がついてるという考えられない事態に、裏方を覗いてみたら梨衣子がいるじゃありませんかっ!
オーナーは錆々のナイフをそのまま使っていい…と言うものの、さすがにそれは許せないとお皿の裏を使って研ぐんですよね。
若いのに、偉いわ~。
その様子を見ていた創志は、また彼女のギャップに益々興味津々ですやん(笑)
酔い潰れた梨衣子を送り届ける帰りに「40万…」という寝言聞いた彼は、翌日黙って貸してあげようとするのですが、かといって素直に「そうですか」と受け取れない梨衣子。
てっきり頼まれた“シュークリーム”のためだと思ってたけど、実は彼女の作ったものが亡くなった創志のおじいちゃんのつくった味とそっくりだったことを知り、心打たれた梨衣子は試しにつくってみることに。
創志はそのシュークリームには人一倍思い入れがあるようで、今まであまり会社のことには興味がなさそうだったのが、梨衣子の味に出会ったことでイキイキしてました。
絵も上手だったし、きっと創志は経営者というより職人肌なのかも…。

ところで、創志から梨衣子がお金に困っていそうだと聞かされたナイトも、ガンガン働いてましたね~。
さすがロボットだけに全然疲れないし、重い鉄骨も楽々持ち運んで重宝されてましたよ(笑)
殆ど仕事を掛け持ち状態で働き続けていたナイトでしたが、梨衣子がそれを知って駆けつけた時には充電が切れてました。(^-^;A
で、充電中にちょっとでも仕事を手伝おうと、梨衣子が箱の上にカバンを置いてたんですけど、その箱がすぐに動いたんですよ。
ということは、中身は空っぽ?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そりゃ2,3個いっぺんに持てますわな~(笑)
あっという間に35万も稼いだナイト。
この調子で彼に働いてもらえば、1億円もすぐに稼げるんでは?Ψ('-'*) フッ
梨衣子が金万福さん(お久しぶり:笑)のお店で皿洗いしても、せいぜい2000円を余分にくれるだけですもんね~。

そしてとうとう返却の日…。
梨衣子は創志に頼まれたシュークリームを会社のキッチンで作っている間に、ナイトをそのまま並切に引き取ってもらうつもりでいたのが、この数日間の出来事が走馬灯のように思い出されていたのですよね。
しかも返却後のナイトは「記憶を全て消去」だの「処分」だの言われたら、ちょっと寂しくなったのかも…。
忘れていたブレスレットを届けようと並切の車を追いかけた梨衣子は、つい「買います!」と叫んでましたやん。(’-’*) フフ

ところで、影で不穏な動きをしているのが美加。(^_^;)
彼女はその前の石関の時も、かなり嫌~な感じでしたもんね。
ナイトが梨衣子の彼氏だと知るや否や、彼女の留守中に家にやって来たり、予告ではナイトにキスしてませんでした?
といっても、「梨衣子一筋」のナイトはそう簡単にいきませんよ。何たってロボットだし(笑)




ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : 絶対彼氏
ジャンル : テレビ・ラジオ

「猟奇的な彼女」 1回戦
私事の諸事情で、いきなり初回からながら観になってしまったので、スマスマのコントの延長のような草なぎ君演じる三朗が、ひょんなことから田中麗奈さん演じる凛子と出会って、なぜか彼女に散々振り回されている印象しかなく…(笑)
映画を観られた方々は、どうなんでしょうね~。
2時間そこそこの物語を連ドラで…ということなので、シンプルな話をわざわざ長くしなければならなかったり、余計な登場人物が増えたりってこともあるんでしょうか?(^^ゞ

主人公・眞崎三朗(草なぎ剛さん)は江戸橋大学の海洋生物学科講師。
普通のキャラ…という設定のようですが、どうも根っからのお人好しのようで、恋人が出来ても「何か足りない」と浮気されて逃げられるというパターンらしい。(^_^;)
そんな時、ひょんなことから出会ったのが凛子(田中麗奈さん)。
どうも恋人に振られたらしく、酔っ払ってべろんべろんのところを三朗が介抱した…って、ラブホテルは誤解されても仕方がないでしょう~(^▽^;)アハハ
その前にゲー(笑)もあったみたいだし、三朗はまさに踏んだり蹴ったりですやん。
無事に疑いは晴れたものの、今度は凛子が質屋に入れたテディベアをどうしても取り戻したいと言い出して、三朗が「わらしべ長者」のように次々出される“条件”をクリアさせて何とかゲット。
三朗に無理難題を押し付けたり、しかも暴力的…ということで、まさに“猟奇的な彼女”のようですが、意外にも憎めないところがある…というキャラを強調して、視聴者を惹きつける作戦みたいですね(笑)
で、すぐに二人は恋人同士になる設定だと思い込んでたのですが、三朗には南(松下奈緒さん)という“運命の人”がいて、凛子にも忘れられない恋人の存在がいるということで、この二人がどうやって付き合うことになるのかも気になるところ。
とりあえず最後の方で、凛子が三朗の隣に引っ越してきたようなので、これからまたドタバタ(笑)が展開されるんでしょうね。
まずは2話から、しっかり観ます(笑)

そういえば、連ドラ連続出演記録更新中(ホンマか?)の谷原章介さん、ここにいらっしゃったんですね(笑)

ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : 猟奇的な彼女
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第2話
初回より宇田川の“お坊ちゃま”ぶりが強調されてたみたいで、面白かったですわ♪
で、ゲストの犯人らしき女性に一目惚れして、「持って行かれる♪」のはお約束なんですね。
こういうワンパターンも好き(笑)
修行をしていた推理作家の先生が前回あんなことになって、益々ジリ貧(に見えないけど:笑)のさくらが、手柄を立てたい宇田川の思惑とピッタリ合って、桜の推理で見事に犯人に辿り着く…というのも面白いんですけど、何といってもさくらの華麗なるフリーター遍歴が楽しみ~♪
時給も気になるけど(笑)

今回はレストラン厨房で、経営者の大屋正和(坂田雅彦さん)が刺殺された事件で、遺体の周りにはマカロニが散乱していて財布が無くなっていた…ということで物盗りの犯行に見られていたのが、宇田川は物盗りの犯行に見せかけるため、マカロニがわざと撒かれていたと推理。
いつも取っ掛かりはいいのに、“お坊ちゃま”なので詰めが甘いんですわ(笑)
そこをさくらが上手くフォローする…なかなか良いコンビ♪(^_^)

そして容疑者として浮上したのが、前日に「ASEDAKU」というおかまバー(笑)で大屋と借金の返済を巡ってトラブルになっていた栗原勝也(松田賢二さん)という男だったのですが、松田さんといえば「仮面ライダー響鬼」の師匠・斬鬼さんじゃあーりませんかっ!ε=ε=(*~▽~)キャー
テレ朝さんのドラマって、時々ライダー出身者が出演されるので嬉しい♪

レストランのオーナー・大屋と共同経営していたはずの父親が騙された上に、疑惑の死。
彼の娘である尚美(新山千春さん)が犯人で、父親のお店と味を守るために…と、栗原を利用して彼女が仇討ちを企てたということだったみたいですね。
非通知の電話に悩まされていると言う尚美が、栗原の携帯を使ってるのがバレバレだったし、自殺をほのめかした(本当はすでに殺されていた)栗原の家を捜索したときも、「私が二階を…」というのも不自然でしたもんね。
で、犯人の尚美に一目惚れした宇田川の、「あなた、犯人じゃないですよね?」がお約束の台詞ということでタイトルになった訳か~。
さくらが毎回犯人に間違われる…という展開を予想してたので、これは大ハズレ(笑)

ドラマの牛丼屋さんといえば某お店(笑)が定番ですが、今回は「吉野家」さんが出てきてビックリ!
ニューハーフのショーになぜかさくらが出てきたり、メイドさんになってたり、一体彼女は幾つのバイトをしてるんだろう?
「殺人なき推理小説」も、あってもいいんじゃないですか?(’-’*) フフ
というか、彼女の関わった殺人事件をネタ元に、それを小説にすれば良さそうなものなのに…。
最終回までには気づく?(笑)


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)






テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Around40」 第2話
勢いで結婚相談所に入会した聡子でしたが、お見合いパーティーに参加しても、次々紹介される相手にも「この人の子供を産みたい!」と思える人はいなかったようで。(^-^;A
「あと1年早ければ…」という相談所の片桐はいりさん言葉が、重くのしかかってましたね。
最終的にお見合いした男性にも、聡子が精神科医と知るや否や、お見合いそっちのけで相談されてましたし。(^-^;A
しかし聡子はあれだけの美女なんですから、年齢はさておき(こらこら)世の殿方が放っておかない訳ですよ。
今回は奈央の結婚式で聡子を見初めたという、バツイチ一で子供無し、周りでも評判の良い弁護士・大島(寺脇康文さん)が聡子に猛アタック。
「肩幅OK!」(笑)で好印象の大島に、聡子も満更でもなさそうだったし、大人のお付き合いという感じでなかなかイイ雰囲気でした。
「不思議なピーチパイ」も、つい鼻歌で口ずさむってもんです(笑)
ところが「結婚を前提にお付き合いを…」という段で、結婚観の多少はまだしも、女性に対しての考え方にかなりのズレがあり、「仕事だけをしていても幸せになれない…」というのは、まさに仕事だけを一生懸命やってきた聡子には全否定された気がしたんでしょうね。
ということで、フレンチのお店なのに奈央の「お醤油!」のフォローも空しく、「ごめんなさい!」の聡子なのでした。(^^ゞザンネン

ところで“エコな男”恵太朗。
楽しいお食事会では注文の量に一々口出ししたり、残り物はタッパで持ち帰る…という行動に、同僚の皆さんから相当引かれてしまった様子。(^_^;)
でも関西のおばちゃんは、結構当たり前ですよ(笑)
勿体ないですもん~。
で、そんな“KYな男”でもある恵太朗は、臨床心理士という立場で、聡子の許可無くある患者さんの背中を押してしまったのですよね。
きっかけは恵太朗でも最終的には自分で決断した訳だし、自信満々だったようですが、結局患者さんは引きこもりになってしまったようで…。
傷みたいに治り具合が見た目で判らない精神的な病って、判断がなかなか難しいですね。
何かと「○番目の姉は、どうのこうの…」と聡子の行動と結び付けていた恵太朗も、さすがに今回は反省したみたいですわ。
恵太朗が聡子へお詫びに…と渡したのが“MY箸”で、「なんだ、お箸かっ!」の小さなツッコミはウケましたが、彼が来ると聞いて同僚が誰もお食事会に現れなかったってのはビックリですけども。
で、恵太朗は「末っ子長男、姉3人」の訳ですな(笑)

恵太朗のキャラにイライラする~~!と世間の皆さんからのブーイングも多いみたいですが、天邪鬼の私は結構好きですよ(笑)
彼も大人な聡子に出会って、少しずつ変わっていくことでしょう。
“エコ”も“KY”も時と場合によりますから(笑)
予告では加藤雅也さんらしき、髭面の男性がチラッと映ってましたけど、彼が過去に結婚を意識した聡子の元カレなんでしょうかね。
彼の出現で、また一波乱ありそうです。

しかし奈央の貪欲さは凄いですわ~。
編集長になれなくて結婚しただけじゃなく、企画をバンバン出して、今度は自分を巻き込んでまで…。
年下のライバルに「結婚で、大逆転した」って言われて、喜んでるってのも何か違和感。(^-^;A
スマートで物分かりの良さそうに見えてる旦那さんも、その割には突然取材をキャンセルしたりして、何か裏がありそうな気がしますわ。
この夫婦は、きっと長くなさそう。(^▽^;)

そして瑞穂の家族…。
彼女が家族のためにと日々頑張っても、肝心の旦那さんは勝手に外食したり、息子にいたってはお母さんが一生懸命作ってくれたお弁当も食べずにパンを食べただとぉー???
女の幸せは結婚…の訳ないですもんね。(^_^;)
さすがに聡子には相談できず、思い余って市町村のカウンセラーに相談してしまう気持ちは解りますわ。
でもその相手が恵太朗って~。
しかも目がちょっとハートマークになってませんでした?(笑)
私も絶対一目惚れしますけども~ε=ε=(*~▽~)キャー


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)

テーマ : Around40
ジャンル : テレビ・ラジオ

「パズル」 第1話
番宣CMのイメージでは「トリック」と「ごくせん」を足して2で割ったような…と思ってたんですけど、剣道部トリオがエリート男子校の生徒たちということで、別にヤンキーではなかったみたい。
見た目で判断してゴメンゴメン!(笑)
柄が悪いのは、石原さとみちゃんだけ?(^▽^;)アハハ

文武両道のエリート男子校・近松大学付属辯秀高等学校に、英語の教師として赴任した鮎川美沙子(石原さとみさん)。
二十歳そこそこの見た目に関わらず、実は受験指導の実績があり、10年のベテラン教師らしい。
それがなぜかブリブリで、最初は一人で職員室にも行けない…というキャラだったのに、生徒の前でいきなり豹変(笑)
「私語は厳禁、質問は厳禁、付け届けは現金で」という三段オチもお約束で、英語もロクに喋れない上に生徒から賄賂をもらって成績をつける…というとんでもない教師らしい。(^_^;)

そんな時、生徒の一人・真一(山本裕輔君)が女子高生のゆう子(岩田さゆりさん)から、「暗号を解いて、親戚の青柳家に伝わる家宝を見つけ出して欲しい」と頼まれ、友人の明(木村了君)と善雄(永山絢斗君)と共にカードに書かれた英文を解こうとするのですが無理。
で、お金に目がない(笑)美沙子がそれを嗅ぎつけて、無理やり青柳家に同行する訳です(笑)
英訳の中に何か隠されていると思いきや、ローマ字読みでOKとは、英語が苦手な美沙子にピッタリ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

青柳家のシーンは、井出らっきょさんが“佐清”チックで、設定が名家といいまさに「犬神家の一族」(笑)
長男・龍太郎(西郷輝彦さん)、次男・龍二郎(神保悟志さん)、長女・時恵(荻野目慶子さん)という豪華ラインナップが、青柳家の“家宝”を巡って争う中、そのに居合わせたのが遠縁のゆう子だったようですね。
美沙子は英文の謎をあっさり解き、「洋子」という女性の存在を知って屋根裏に進入するも、切り込み隊長の善雄が何者かに襲われた上に、そこで時恵の死体が発見されて容疑者に。(^-^;A
ま、これはすぐに容疑が晴れて、結局長男の龍太郎が犯人だったのですが、最後に命懸けで探し出したもうひとつの暗号の方は難し過ぎて美沙子に解けなかったのがミソ(笑)
ここで秀才3人組があっさり数字の謎を解いたってことで、頭が良くてよかったですわ~♪
残念ながら“家宝”の金の壷は3年前、借金の形に売られていた…というオチでしたけど。(^^ゞ

キャラ設定がしっかりされていて、これも結構好きなドラマかも…。
石原さとみちゃんの他に、もう一人ぐらい「ぶっ飛びキャラ」が登場してくれると一層面白いのですけど、それは毎回の豪華なゲストさんに期待しておきますわ(笑)


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)





テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ラスト・フレンズ」 第2話
毎回、美知留のモノローグから入るんでしょうかね?
“あの死”が気になるところですが、今回はタケルと瑠可のモノローグも入ってたので、やっぱり宗佑なんでしょうか。

美知留は同棲中の宗佑に無断で外泊してしまったものの、翌日彼が美容院の前まで迎えに来てくれて、怒りもせずにギューと抱きしめてくれた…と、これだけだと普通に優しい彼氏やな~と勘違いしてしまいそうになりますけど、実は「監視」という名の束縛。(^_^;)
家に戻ると、前日の大暴れ(こらこら)で壊れた美知留のお気に入りのランプが、ちゃんと買い直されていて何事も無かったかのようですわ。
いつもの優しい宗佑に戻っていて、ホッとした美知留は彼のために料理を…というところで、手伝ってくれた宗佑が包丁でちょっと怪我を…。
部屋に絆創膏を取りに行って、そこで自分の卒業アルバムを見つけた美知留。
うわ~。宗佑ったら、留守中に自分の職権を上手く利用して美知留の家に上がりこんで、勝手に持ってきたみたい。
しかも「瑠可」の名前のところに、バツ印って。(^-^;A
これでまず、「ドン引き1」(笑)
そこにタイミング悪くかかってきた瑠可の電話に、宗佑の手前「あまりかけてこないで…」と言ってしまった美知留でした。
そんな時、瑠可がモトクロスのレースに参加することになり、彼女を気持ちを汲んでタケルが美知留の勤める美容院にチケットを持って誘いに来てくれたのですが、そこをまた宗佑が見てる~!(^▽^;)アハハ
意地悪な先輩の分かりやすいいじめ(笑)を軽くかわし、タケルの専門用語(私にはさっぱり:笑)入りのオーダーにもしっかり対応して髪をカット…という、ちょっと和みのシーンだっただけに、宗佑の存在は恐怖でしたわ。
それにしても瑛太君の髪って、前々から思ってたんですけど、見るからにゴワゴワで硬そう~!
パーマかな?と思ったこともあったけど、そうでもなさそうな…。
\(^-^\) (/^-^)/…って、ソレハコッチニ オイトイテ(笑)
で、タケルとのやり取りを見ていた宗佑は、家に帰って自分の髪を切るよう美知留に頼むのですが、そのハサミを自分の耳に無理やり向ける訳ですよ。Y(>_<、)Y
「もう男性の髪は切らない」…と、美知留に言わせるために。
はい、「ドン引き2」(笑)

当日応援に行けないという美知留がタケルに託したお守りをつけて、レースに臨む瑠可でしたが、見たらすぐ帰ると宗佑に約束して、美知留が駆けつけてくれるんですよね。
で、彼女の姿を見つけた瑠可は、張り切り過ぎて残念ながら転倒。
幸い怪我は大したことは無かったものの、美知留は病院に付き添ってしまい、結果的に宗佑との約束を破ることになってしまった。
ところがその宗佑が病院にお見舞いに来て…くれた訳じゃないですよね。あれは…(^-^;A
挨拶をしたタケルに思いっきり無視で、瑠可に近づいた宗佑は何かを感じ取った?
と、ここでちょっと気になったのですけど、瑠可の父親と弟は登場してたけど、いつも母親がいないんですよね。
タケルの店でも、父親との関係は良好そうだったけど。
もしかして、ここに瑠可の性同一性障害の理由が隠れていそうな気もするのですが…。
で、病院から帰ったと思っていた美知留と宗佑。
トイレに行こうとした瑠可が、「約束を破った!」と暴力を振るう宗佑を目撃してしまう訳です。
家に帰ってからやれば良かったものの(笑)…って、チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
そこで咄嗟に「私の美知留に触らないで!」と彼女をかばってしまった瑠可。
予告でも美知留が同じような発言をしていたし、宗佑のDVはエスカレートしてしまいそうな予感ですわ。(^_^;)

今回、エリの先輩でシェアハウスに加わった友彦。
どうやら奥さんが家に男を連れ込んでて、帰るに帰れない…という展開になっているようですが、何かオチがありそう(笑)
腹立つから、家からテレビを持ち出して来た…って、小っちゃい男ですやん。(^▽^;)アハハ
でもエリとのシーンは、唯一緊迫感が無くて助かります。(^^ゞ


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第2話
年下の女性に恋をする…という点でつい比べてしまう「ハタチの恋人」との違いは、やっぱり主人公が恋愛にガツガツしてなくて、上手い具合に枯れてる(笑)ところがイイのかも。
と思いつつ、今回は矢代が勘違いして買ってきた変な薬(笑)を、正午がこっそり1錠飲んでたのにはビックリ仰天でしたが~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

かえでが自分のことを「恋愛対象に見るのは無理」だと龍彦と話してるところを聞いてしまった正午でしたが、翌日お食事のお礼にと彼女が食事に誘ってくれたことで持ち直しました(笑)
ところがドラマなので、偶然龍彦とお知り合いになってしまう訳ですね~ヾ(@^▽^@)ノわはは
龍彦の人懐っこいキャラというところがまた、かえでが腐れ縁みたいな関係をズルズルと続けてしまっている要因になってるような気がしますわ。
かなりの甘え上手(笑)
で、居酒屋でかえでに龍彦との関係を相談されて心にもなくつい応援してしまったり、ライバルの龍彦にもアドバイスしちゃったり…という正午のキャラがまた( ^ー゜)b グッ(笑)
この辺が年齢を重ねた「初老」ということで。(^^ゞ

とりあえず龍彦は魚のフライが大好物…(笑)( ..)φメモメモ

しかし何が笑ったって、美しい女優さんのお二人に、再現ドラマとはいえ「シワ」の老けメイクをバンバンさせた…ってところでしょうかね~。
夏川さんと砂羽さんが「ほうれい線」やら「目じりの小じわ」やら、黒ペンでどんどん描き加えていって、しかもそれが段々エスカレートしてたのに大爆笑でした!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
スザンヌさんも“大根”なところが、上手くキャラにハマってます。

・・・と、まぁレビューにはなかなか書きにくいドラマですが、実はわりとお気に入りです(笑)



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

「絶対彼氏」 第1話
「もこみち君はロボットか~」ぐらいのイメージしかなかったドラマですが、観てみたらこれがまた「オモローイ!」(世界のナベアツさん風に読んでね:笑)(≧∇≦)ノ彡バンバン!
やっぱりマンガが原作のドラマだけあって、内容が奇想天外ですわ~♪

主人公・梨衣子(相武紗季さん)は製菓会社「ASAMOTO」で働く派遣社員。
憧れの先輩・石関(姜暢雄さん)に告白するはずがあっさり振られたところに、突然現れたスーツ姿の男…というのが、クロノスヘヴン社の営業社員・並切(佐々木蔵之介さん)。
その会社は恋人型ロボットを販売する予定らしく、今なら無料お試し期間で5日間…?
私なら何が何でも飛びつきますけども(笑)
並切に言われるがままアンケートに答えて、契約書にサインした梨衣子の家に、数日後届いた大きな荷物。
これが“ゼロワン”と呼ばれる恋人型ロボットでした。
またもこみち君が体型といい無表情といい(笑)“ロボット”っぽくて、ハマってましたね。(^_^)
シーンの所々に体の中の機械の部分が映ってたので、益々そうにしか見えません(笑)
それに「キスで起動」ってのも、乙女心をくすぐりますやん~♪
で、その“ゼロワン”ですが、梨衣子の理想通りの恋人にプログラミングされているので、まさに彼女にしか気持ちが向いていない(笑)
なぜか石関からデートに誘われることになった梨衣子でしたが、そこに現れた“ゼロワン”。
彼女にとっては願っても無いチャンスだったので、“ゼロワン”はもう邪魔者扱いで返却…(^▽^;)アハハ
そんな時、「ASAMOTO」の新作ケーキ発表会が行われることになったのですが、当日に石関のミスでケーキが届かないというトラブル発生。
咄嗟にかばってしまった梨衣子でしたが、道路が渋滞中で時間に間に合いそうに無く、こりゃ困った~というところで反応した“ゼロワン”。
渋滞につかまってるトラックからケーキを受け取って、走る走る!
最短距離だからって、途中にビルからビルへ、工事現場で機材にぶつかっても…は、さすがにダメでしたね。(^_^;)
足に怪我(?)を負い、故障しながらも何とか梨衣子にケーキを届けた“ゼロワン”は、一時停止不能状態に。
彼のお陰で何とかイベントは成功して、めでたしめでたし…って、あんだけ乱暴に扱われたケーキが、BOXの中だったとはいえ全然崩れてないって、あり?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ま、ドラマなので(笑)
そして石関からも感謝されて念願の初デートになるはずが、渡した手作りシュークリームをネタに、裏で梨衣子の悪口言うてますやん。(^-^;A
で、彼女のことがちょっと気になっている御曹司で室長の創志(水嶋ヒロさん)が、それを聞いて殴りかかろう~としたところに、故障が直って颯爽と現れた“ゼロワン”が「バコーン!」(≧∇≦)ノ彡バンバン!
出力20%でも、かなり痛かったでしょうね~(笑)

そんなこんなで窮地を救ってくれたり、優しい言葉をかけてくれたからと、梨衣子に“ナイト”と名づけられたロボット。
ことあるごとに「Hしよっ♪」と明るく言ってくれるのはいいけど、色んな想像してしまいますやん~(*/∇\*) (笑)

で、創志は残された梨衣子の手作りシュークリームを食べて、微笑んでましたね。
もしかすると、この先梨衣子のお菓子作りの腕が認められることになるかも…。
それにしてもクリームを頬張るヒロ君もまた、カッコイイ♪
仮面ライダーカブトの天道君といい、今回も食べ物を愛するキャラつながりってことで、一人喜んでおりました(笑)σ(^_^)

ナイトはロボットということで、最終的に人間の梨衣子は創志と…という終わり方になるのかな~。
もこみち君とヒロ君、私だったら選べません(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


参加中です。(^^ゞ

テーマ : 絶対彼氏
ジャンル : テレビ・ラジオ

「キミ犯人じゃないよね?」 第1話
思ったよりコンパクトにまとまってましたが(笑)、私は好きなドラマですわ♪
でもこれは起こった事件の推理を楽しむ…というよりは、貫地谷しほりちゃんのコスプレと、キャナメ君の一風変わった刑事役を楽しむ方がイイかも。(’-’*) フフ

主人公・さくら(貫地谷しほりさん)は推理作家志望のフリーター…といっても、才能は全然無いらしく、今のところは作家の「ユリ&ミキ」の雑用係といったところ。
そんなある日、ユリ(久保田磨希さん)が鍵のかかった書斎で首を吊って死亡しているのを見つけたさくら。
駆けつけた警察は部屋に鍵もかかっていたし、直前に編集者の門倉(吉田晋一さん)に「書けないわ。もう終わりね」と留守電にメッセージが残されていたことで自殺だと断定したようですが、“坊ちゃん刑事”の宇田川(要潤さん)とさくらは他殺だと…。
宇田川が目をつけたのはたデッキに残されていたDVDの「42(YAKUDOSHI)が上巻だったこと。
そしてさくらはドアの前に落ちていた「ダンベル」と「ゴルフクラブ」で、密室トリックをあっという間に解いちゃったじゃありませんかっ!(笑)
さくらは宇田川に見込まれ“バイト料”をもらって一緒に犯人探しをすることになったのですが、その理由ってのが「坊ちゃんで危ない仕事につかせてもらえず、今まで活躍できていないから、手柄を取りたい…」って。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そんな時、門倉が殺されるという第2の殺人が…。
怪しい人物、「ささやき刑事」の俳優・藤村寛平(升毅さん)にはアリバイがあり、ライバル作家・橋口アヤ(宍戸美和公さん)は左利きだったものの、腱鞘炎で殺人は無理。
どう考えても怪しいミキ(黒谷友香さん)でしたが、彼女に一目惚れした宇田川が全然疑ってない…ってところが、ミソでしたね(笑)
それもカップ麺の蓋に張り付いたチャーシューでピン!ときたさくらが、またしても呆気なく密室トリックを解いた…ってことで、事件の方はどうでもいいみたい。(^^ゞ
ユリの「書けないわ…」は万年筆のことで(紛らわしい:笑)、コンビ解消を言い渡されたミキが犯した殺人だった…ということで、めでたく事件は解決。
いきなりさくらの周りで犯人が見つかったので、次にどんなシチュエーションで「キミ犯人じゃないよね?」と宇田川に言われるのか、ちょっと楽しみ(笑)

さくらの両親が何で亡くなったのか?、彼女がどうしてあんなに記憶力がイイのか?…という伏線があったので、これからどんな風に明かされていくのかも楽しみです。



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


←参加中です。押してくださると励みになります(^^ゞ

テーマ : キミ犯人じゃないよね?
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Around40」 第1話
何か“アラフォー”と略するそうですけど、実は私も思いっきりこの世代ですわ。(^_^;)
世間がイメージする「不惑の年」とは、どうも程遠いですけども(笑)

主人公・聡子(天海祐希さん)は精神科医で39歳独身。
面倒見のよいアネゴ肌で、仕事でもプライベートでも頼りにされているキャラ…ということで、何となく天海さんのキャラとかぶってます?(笑)
たまたま金曜日は休みで「はなまるカフェ」を観たのですが、天海さんは「8時だよ!全員集合」の大ファンだったそうで、次のゲスト・志村けんさんと一緒に“ひげダンス”を踊ったりして、相当盛り上がっておられましたよ♪
で、今の聡子は一人で高級旅館に泊まって、「全員集合」のビデオを観る…というのが至福の時みたいですね。
何だか「結婚できない男」の“一人焼肉”を思い出してしまったのは、私だけ?(笑)
40歳ともなると、周りでも殆ど結婚して子供がいて…みたいな女性が多い中、同窓会に出かければ「結婚や子供を諦めた」とか勝手に決め付けられてる訳ですな。(^-^;A
しかし結婚だけが“幸せ”ということでもなく(笑)、“幸せ”の感じ方は人それぞれ…。
結婚のタイミングはちょっと逃してしまったものの、聡子もそう考える女性の一人のようです。
そして彼女の高校時代からの親友で専業主婦の瑞恵(松下由樹さん)や、洋食屋「グランポン」を営んでいる通称「マーくん」という貞夫(筒井道隆さん)という同級生、後輩で雑誌編集者の奈央(大塚寧々さん)を絡めて物語は進んでいくようですが、途中までチラチラとしか登場しなかった「謎の男」恵太朗役の藤木直人さん。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
「エコに拘る男」ってのは解ったのですけど(笑)、いきなり彼女にフラれるわ、聡子にぶつかられるわで、宅配業のような風貌だったので、どうやって聡子と繋がってくるのかと思っていたら…
聡子の勤める病院に新しくやってきた臨床心理士だったのですね。ε=ε=(*~▽~)キャー
彼女にフラれるところを見られた恵太朗と、電車に乗り遅れたことで自分の人生を重ねてしまって号泣したところを見られた聡子…こりゃ、面白くなりそうだ(爆)

そんな独身生活を謳歌していた聡子ですが、「結婚しない宣言」をしていたはずの奈央が仕事に行き詰まって結婚を決めたことから、ちょっと焦りが出てきたかも。
いきなり結婚相談所に駆け込んじゃってましたけど、そこの社員(片桐はいりさん)に変なグラフ(笑)を見せられて益々大焦りでございます。(^^ゞ
でもあんな形で結婚してしまった奈央…きっと、そのうち後悔してすぐに離婚!みたいな展開になりそうな予感。
そして私に一番近いキャラのはずの瑞恵(笑)ですが、専業主婦だからといって社会参加できていない…とか、私も何か始めなきゃ…みたいな焦りは別に無かったですけども。(^_^;)
何となく、そろそろ働こうかな~って感じで(笑)
それに「ミルクティー」より「レモンティー」派なので、主婦の定番「ロイヤルミルクティー」も頼んだことが無いですってば。
・・・ということで、松下さんの体型には親近感が沸きますけど、瑞恵のキャラに感情移入は出来ません!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

しかしマーくん役の筒井道隆さん。
聡子たちが何となく集ってしまう同級生の洋食屋さんのマスター…なんて、贅沢な使われ方ですよね。(’-’*) フフ



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


参加中です。(^^ゞ

テーマ : Around40
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ラスト・フレンズ」 第1話
チラッと内容は知っていたのですが、ここまでショッキングだとは思いませんでしたわ。(^_^;)
登場人物がみんな何かしら“闇”のようなものを抱えていて、唯一エリだけはまだ判らないけど、そのうち出てくるんでしょうかね。

主人公・美知留(長澤まさみさん)は美容院でアシスタントをしていて、一見頑張り屋さんで天真爛漫なキャラに見えたのですけど、実は過去に父親の借金で夜逃げ同然の生活。
今は東京に戻ったものの、一緒に暮らしている母親・千夏(倍賞美津子さん)には新しい男がいて、どうも娘のお金を当てにしてあまり働いてなさそうな…。(^-^;A
そんな時、恋人の宗佑(錦戸亮さん)から同棲を提案されて、飛びつかない訳がありません。
彼は区役所の児童福祉課に勤務していて、虐待を受けている子供たちを保護するような仕事だし、一見優しそうだし、恋人としても将来のだんな様としても、申し分の無いキャラだと思ってた訳ですよ。
ところが一緒に暮らし始めた翌朝、美知留の携帯を勝手にチェックしてる姿を見たら、そらドン引きですわ~(^_^;)
おまけにメールの「瑠可」という名前を見て、「男だろ!」と誤解して暴力を振るうなんて…。
美知留は誤解を解こうと、慌てて電話をかけるも留守電。
高校のアルバムを取りに家に帰ったものの、すぐには見つからず、そうこうしている内に「遅い!男と会ってるんだろう!」と激怒の宗佑ですわ。(^-^;A
慌てて戻ってくると、今度は「アルバムを持ってきてない!」と宗佑が殴る蹴る!
いつも笑顔のイメージだったまさみちゃんが、恐怖に慄く表情があまりにも上手過ぎ…。
痛々しくて画面を観るのもためらうほどのシーンだったけど、彼女のキャラだからまだドラマを観続けられる気がするんですよね。
マジで不幸で幸薄そ~うな女優さんだったら、辛くて観れないかも(笑)

そしてその誤解の発端になった瑠可(上野樹里さん)ですが、バイクショップでアルバイトをしながらモトクロスに励んでいる…という美知留の同級生。
二人は美知留親子の夜逃げ以来、久しぶりの再会となったようですが、彼女を偶然街で見かけたら、買ったカップも投げ捨てて後を追ったり、何か事情がありそうな留守電を聞いてコンビニで買ったモノもそのままで駆けつける…と、ちょっと特異そうなキャラ。
最後の最後で、涙を浮かべながら眠る美知留にキスしてたってことは、もしかしてそういうこと?
うわ~。ビックリ!
ベリーショートの樹里ちゃんには、もう「のだめ」の影はありません(笑)ヾ(°∇°*) コラコラ
瑠可が住む家にはもう一人ルームシェアをしているCAの友人・エリ(水川あさみさん)がいて、彼女の知り合いでヘアメイクアーチストのタケル(瑛太さん)も瑠可のことが気になりつつ事情はありそうだし、何かタイトルバックで印象的に使われていた“赤い糸”みたいに、みんな色々と複雑に絡み合いそうですね~。(^▽^;)
また宇多田ヒカルちゃんの切ない主題歌が、ピッタリハマってましたわ。

そして冒頭の美知留の言葉…。
まさみちゃんのお腹が大きいだけでもかなりのインパクトだったのに、瑠可へ宛てた手紙(結局捨ててしまったけど)から察するに誰かが死ぬみたい?
やっぱり瑠可?
素人予想(笑)としては、暴力がエスカレートする宗佑から美知留を守って、瑠可が…みたいな展開を考えてしまったのですけど、あまりにもベタ過ぎるか。(^-^;A
とにかくこれからの展開を色々と想像せずにはいられない、第1話でありました。



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


←参加中です。ポチッと押してくれたら大喜び(^^ゞ

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「無理な恋愛」 第1話
「全然大丈夫」だと思っていた堺さん、やっぱりドアップになると老けちゃいましたね~。
ドラマの中で公園の池にハマってずぶ濡れ…というシーンでは、かなり可哀想な感じに仕上がってしまってましたわ。(^▽^;)アハハ
いや、あれはあれでOKなのか?(笑)

主人公・立木正午(堺正章さん)はかつて、GS時代に“チャッピー”という愛称で一世を風靡していたのですが、今はレコード会社の役員待遇プロデューサー。
部下・菊原(坂口憲二さん)は正午に仕事を一から教えてもらった…とはいうものの、正午も今の音楽が解らなくなってきたという理由で、専ら仕事の方は菊原に任せっ放し。
その目をかけていた菊原にも「立木さんのようにはなりたくない」と退職願まで出されてしまい、60歳の還暦を迎えて「独居老人」呼ばわりされるし、自分の年齢を実感させられるようなことばかりなんですよね。
正午には離婚歴があって子供もいたようですが、元妻・光代(夏木マリさん)に偶然再会して、彼女から年下の夫・圭介(尾美としのりさん)と再婚している…と聞かされて、ショックで風邪ひいてましたやん。(^_^;)
ところがこれがかえで(夏川結衣さん)と知り合うきっかけになったんですから、結果オーライ?(笑)
かえでの飼っている犬“チャッピー”が突然走り出して、名前を大声で呼んだら、その名前に反応して正午は池にポチャーン!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
どうやって家に連れ帰ったかどうかは定かではありませんが、「初老」(笑)とはいえ初対面の男性をご丁寧に服まで着替えさせて、合鍵まで渡して仕事に出かける…ってのは、ちょっとほどがありますわ。(^^ゞ
美人のかえでに優しくされて、すっかり舞い上がってる正午(笑)
翌日にはお礼にと高級レストランにお食事に誘って、正午が“チャッピー”だと知ったかえでから「お母さんが大ファンで…」というショックな台詞を聞かされても、わざわざ薔薇を届けるってもんです(笑)

そのかえでは売れない女優で、主な仕事が「再現ドラマ」のようですが、仲間の律子役の鈴木砂羽さんといい、何だかイイ感じのキャラですよね~♪
「再現ドラマ」って、お気に入りの俳優さんがいたりして私は結構好きなんですが、ドラマでは毎回夏川さんと砂羽さんのコスプレも楽しみ(笑)
で、かえでも仕事といい恋愛といい微妙なお年頃で、バイト先の居酒屋の男の子にコクられると思いきや、「お母さんみたいな…」やもん。(^▽^;)アハハ
彼女には売れない小説家・龍彦(徳井義実さん)という腐れ縁状態の男性がいるようですが、このチュートリアルの徳井君が意外に演技が上手でビックリ!
しかしいくらダメ男でもこんな男前なら、かえでの気持ちも解らなくもない(笑)

正午は薔薇を届けに行った帰りに、偶然かえでと龍彦が居酒屋で「(正午は)恋愛の対象にはならない…」と話しているのを聞いてしまい、ショボボーンと薔薇を回収して帰ってしまったのでした。(^_^;)

初回を観た限り、ドラマはテンポも良いし期待できそう…。
何となく「ハタチの恋人」を思い出してしまったのですけど、正午の「初老」(笑)の悲哀も良く出てて、夏川さんのキャラといい面白くなりそうですわ♪


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


←参加中です。(^^ゞ


テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

管理人勝手に期待度~08’春クールドラマ編…その3
せっかく、暖かくなったと思ってたのに~(~_~;)


ちょっと「間」が開いてしまいましたが、今日から4月期のドラマがそろそろ本格的に始まるってことで、焦って書き上げます(笑)


・金10 「Around40~注文の多いオンナたち~」 期待度:★★★
主演は天海姐さんだし、好みの藤木君(笑)だし、これは観るしかないでしょう♪
藤木君が「イケメンだけどエコにこだわるちょっと変わった男性」というキャラだそうで、これまたハマりそうな予感…。
それに主題歌が竹内まりやさんってことで、私たち年代には思いっきりツボですやん!
TBSさん、狙ってるな~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

・金ナイト 「キミ犯人じゃないよね?」 期待度:★★★
うわ~、どうしよう~。金曜日はドラマレビューが3本…って。(^▽^;)アハハ
どれか途中でリタイアしそうな気もしますが、今のところどれも外せないんですよね。
で、このドラマ、朝ドラでハマった貫地谷しほりちゃんとキャナメ君ということで、またツボりそうです(笑)
しほりちゃんのコスプレも楽しみだし、何気にライダー出身の萩野崇さんも出てるし密かに期待してますよ。
「美肌泉隊SPAレンジャー」より、活躍して欲しい(笑)

・土8 「ROOKIES-ルーキーズ-」 期待度:★★
ん?何か「ごくせん」「パズル」そしてこのドラマといい、今回“ヤンキー系”の学生が出るドラマ、多くないですか?(笑)
どのヤンキー兄ちゃんが一番カッコいいか…\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ
ドラマは「視聴者参加型」になっているそうで、公式サイトでは色んな企画が目白押しになってました。
レビュー予定はありませんが、とりあえず1話は観てみます。

・土9 「ごくせん」 期待度:★★★
期待してる割にはレビュー予定は無し…という何とも不思議な現象なんですが(笑)、金曜日に3本も予定を入れてしまったので、泣く泣く割愛ですわ。(^_^;)
今回も話題になりそうなイケメン男子がわんさか。(←こういうフレーズも今はあまり聞かなくなりましたね:笑)
仲間ちゃんの「おまえらっ!」とか、髪を振り乱しての乱闘シーンもまた楽しみ~♪
猿渡先生役の生瀬さんや、おじいちゃんに大江戸一家の皆さんも健在で、今度は校医役に孝太郎君?ε=ε=(*~▽~)キャー
癒されよう~っと(笑)

・日9 「猟奇的な彼女」 期待度:★★★
これは有名な韓国映画のリメイク版…ということで、内容もご存知の方が多そうですね。
でも私は新鮮な気持ちで(笑)
草なぎ君イメージ的に“M男”クンっぽいので、何か殴られ役が似合いそう~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
田中麗奈ちゃんといえば、どうも“猫娘”に見えてしまってしょうがないのですが(笑)、ドラマの中で「大豆ですから!」とか言ってくれると益々萌えます!ヾ(@^▽^@)ノわはは


・・・ということで、また勝手に書き殴ってしまいましたが(笑)、春ドラマが待ち遠しいですね。


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


←参加中です。(^^ゞ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

管理人勝手に期待度~08’春クールドラマ編・・・その2
つづきです。(^^ゞ

・水10 「ホカベン」 期待度:★★
昨日「アテンションプリーズSP」を観たところなので、上戸彩ちゃんってCAだったのに(笑)…という感じですが、今度は弁護士さん役。
元気いっぱいのキャラになるんでしょうかね?(勝手に想像)
そして「ホカベン」と聞いて、「ドカベン」を思い出したのは、私だけじゃないはず(笑)

・木8  「バッテリー」 期待度:★★
もうドラマの方はお先に始まってるみたいですが、この時間帯はドラマを観る習慣が無いので、すっかり忘れてましたわ。(^▽^;)アハハ
原作はベストセラーになった小説らしいですが、中学生少年が主人公…ってことで、ちょっと食指が向かなかったというのが正直なところですが…。(^^ゞ
でもきっと観たらハマるんでしょうね~。
野球好きだし(笑)

・木10 「ラスト・フレンズ」 期待度:★★★
長澤まさみちゃん、上野樹里ちゃん、瑛太くんに錦戸くん…というキャスティングは、観るしかないでしょう~(笑)
でもちょっとヘビーな内容だそうで、このギャップは期待してしまいますやん~♪
主題歌は宇多田さんだし、フジさん気合入ってますな!Ψ('-'*) フフ

・金9  「パズル」 期待度:★★
番宣CMでチラッと観ただけですが、「トリック」と「ごくせん」を足して2で割ったような感じですか?(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
よく考えてみたら、どっちも仲間由紀恵さんですやん~。
・・・あっ、話が反れてしまいました。(^_^;)
でもスタッフさんのお名前を見てみると、予想は何となく遠からず近からず(笑)
それにしても山本裕典君、よくでてますね~。


・・・と、今日はここまで。
小出しに行きますよ~(笑)(^.^)


ドラマ情報はこちらから→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


こっそり(笑)、参加してます→

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

管理人勝手に期待度~08’春クールドラマ編・・・その1
そろそろ桜も満開…という今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか?

ご好評につき(嘘:笑)ドラマ開始直前、恒例の書き殴り企画が、またまたやってまいりました!(^o^)丿

・月9 「CHANGE」  期待度:★★★
久々の木村君主演ドラマというだけでも世間は期待大なのに、5月12日スタート…ということで、また話題を独り占めですやん(笑)
で、内容の方は小学校教師の木村君が、あれよあれよという間に総理大臣になってしまうという、奇想天外なお話だそうで、わりと気楽に観れるかな~という印象。
某知事さんも誕生したことだし、近い将来「イケメン総理大臣 就任」みたいなニュースが聞けるかもしれませんね(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
深津絵里さんも好きだし、他の主演者の皆さんといい、かなり期待してます♪
チラッと恋愛とか絡んだりするんですか?
こちらの方はあまり期待してないけど、「HERO」の松たか子さんとの関係のような微妙~な展開を予想してます(笑)

・火9 「絶対彼氏」  期待度:★★
速水もこみち君がロボット役??
あ~、なんかアリかも!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
やっぱりあごに“線”とか入ってるんでしょうかね?(笑)…って、それは腹話術の人形やろっ! (≧∇≦)/☆(.. )
ヒロインの相武紗季ちゃんを巡って、水嶋ヒロ君と三角関係になるという展開だそうで、ひたすら羨ましいですわ(笑)
英語がベラベラの水嶋君…ドラマでも聞けると嬉しい♪

・火10 「無理な恋愛」 期待度:★★
前作主演の小日向さんといい、今回の堺正章さんといい、またこの枠は渋いキャスティングですね~(笑)
でも脚本が「ちゅらさん」の岡田惠和さんということで、キャラの濃いドラマになりそうな予感。
夏川結衣さんが出られるってことで、ドラマが「結婚できない男」みたいなイメージなんでけど、堺さんが60歳といってもカッコ良過ぎですやん。
「無理な…」じゃなくて、「全然大丈夫な恋愛」というタイトルでもOK(笑)
しかも主人公・立木は、かつてグループサウンズのボーカルとして一斉を風靡した…というキャラだそうで、何かそのまんまやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
これも気軽に観れそうなドラマになりそうですね。

・火10 「おせん」 期待度:★★
主人公・おせん演じる蒼井優ちゃんって、どこか雰囲気のある女優さんですよね。
姉御肌で食いしん坊、天然の若女将…というキャラだそうですが、「食いしん坊」が私とかぶってますやん!(笑)
火曜日はドラマが3本なので、レビューは泣く泣く割愛しますが第1話は観てみます。
それにしても内君、良かったね~(^.^)


本日はここまで・・・


ドラマ情報などは、こちらでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


参加してます♪→

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク