「スマイル」 第7話
間一髪のところで、花は林の魔の手から逃げることができたのですが、ボッコボコにされたタクシー運転手の安否が気遣われるところです。
林ったら、どこまで非情ですのん。(^_^;)
で、辛うじて花を助け出したビトは、さすがに遊園地には行かなかったものの、そのままラブラブデート…っていう展開も何だかな~(^-^;A
このドラマって、わりと大事件が起こってるのに、なぜか当の本人たちはそんなに気にしてない上に、すぐに立ち直ってるところはちょっと違和感ありありなんですけど…。
もしかして、そこが「スマイル」たる所以なんでしょうか?(笑)

そしてイライラしたのは、「立ち直りたい…」という林の言葉をそのまま鵜呑みにして、ビトが一人で付き添って行ったところ。
財布を落とした?
それなら、何で弁護士の伊東に頼まない?
いくら人がイイからって、その辺でおかしい…と思わないと。(^_^;)
案の定、ビトは交番のお巡りさん襲撃に巻き込まれて、林の共犯どころか本人が指名手配されてますやん。
ていうか、落し物の書類にビトの名前があったからって、そのまま犯人だと断定する警察の方も警察ですけどね~(^▽^;)アハハ

拳銃を奪った林はビトを使って、自分を殺そうとした甲斐を襲わせようと計画。
自分ではやらない訳ですな。(^_^;)
ところがビトを助けようと、花が一人でアパートに乗り込んだもんだから、話が余計にややこしくなってしまいましたわ。
そこは心配している伊東たちに、真っ先に連絡しないと…。
飛んで火にいる何とかの花ちゃん、非情な林にボッコボコにされて気を失ってしまいましたよ。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
で、「甲斐を殺らないと、花がどうなっても知らんぞ…」とか脅迫されて、拳銃を渡されていたビトは追い詰められ、銃口は林に向けられます。
ところが「どうせ殺せないだろう」と高をくくっていた林は、あっさりビトに撃たれてしまいました。
しかも心臓を一発…ってことで、そのまま絶命です。

思えば、林も寂しい人生を送っていたのかも知れませんね。
父親は警察庁の偉いさん。
権力のある父親のお陰で、過去の事件は偏見刑事の古瀬を使ってビトに罪を擦り付けられたけど、結局別の傷害事件を起こして刑務所行き…。
出所しても友人もいなければ、息子の責任をとって辞任を追い込まれた父親からも縁を切られている。
母親の影が全くないのが気になるところですが、甲斐の手下たちに殺されそうになった後、電話をしていた女性が誰なのかも判らずじまいでしたね。
元カノかな~?とも思いましたけど、もしかしてあれが母親?
最期は自業自得という気もしましたが…(~_~;)

2015年、ビトが拘置所にいる理由は判りましたが、来週はその前に一仕事(笑)
花と約束していた富士山を見てから自首…まるで、旅館に立てこもりみたいな展開になってました。
また、あの古瀬刑事の出番ってところでしたね。
伊東も元カノ・香苗から離婚の相談をされて、もしかしてモトサヤに…?の妄想は、彼女に年下のイケメン彼氏がいたということで、残念な結果でした。ヾ(*°▽°)ノあはは




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
みどりさんって、ホントお料理上手~!
町村フーズの売り物が「おはぎ」だけじゃ、勿体ない(笑)

テーマ : スマイル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第7話
今回はフリーカメラマン・安田(日野誠二さん)を、溺死事故に見せかけた殺人事件。
普通に酔っ払って、そのままお風呂に入って…というシチュエーションに見えましたけど、グラスの位置とか、泥酔状態でも律儀に脱衣所で服を脱いでることなどに不自然さを思えた絵里子。
いや、たぶんそんな人もいると思いますけど(笑)ドラマヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
しかし対策室の面々は色んな角度から事件を解明して、本領を発揮です。
真美が安田が撮影した大量のポジフィルムをデータベース化して調べてみると、10年前の6月だけが極端に少ない…ってことで、「女子高生ストーカー殺人」に突き当たる訳です。
うーん、ちょっと強引でしたけど、許したろっ!(笑)

で、結局はスクープを撮るために、当時ディレクターだった東郷英憲(小市慢太郎さん)とキャスターの高峰仁美(富田靖子さん)が共謀して、女子高生を見殺しにした…ということだったのですが、仁美は自分の保身の為に東郷まで殺してしまうとは恐ろしい…。
どんなキャスターやねん。(^_^;)

東郷は任意で取調べ中に、急死。
対策室は捜査から外されてしまうのですが、絵里子は単独で事件を調べていました。
今回はちょっといつものチームワークが少なくて寂しかったですが、最後は決めてくれましたね♪
安田の胃の中からは青酸カリが見つかり、わずかな成分でカプセルと、そのカプセルが溶け出すのを遅らせるための物質が見つかり…。
防犯カメラには東郷と会っている仁美らしき人物が映っていて、高度な分析技術(笑)でバレてしまいました。
決定的だったのは、お風呂場の排水溝から見つかった安田の爪の中に、僅かに仁美の皮膚片が残っていたことと、腕の怪我。
マニキュアのトップコートと、もう一つ白い粉(名前ド忘れ:笑)とはまた、仁美はエライその方面に精通してたのね~というツッコミは\(・_\)・・・ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)
事件は無事に解決して、めでたしめでたし。

それより・・・
とうとう浩に絵里子が刑事だとバレてしまいましたよ。
そりゃあんなに堂々とテレビ出演したら、アカンでしょうに~(^▽^;)アハハ
来週は浩がどんな反応をするのか、ハラハラドキドキ…。
しかし、小出しに出すなぁ~(笑)




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
玉山君、「甘えび」の次は「豚足」が嫌いって?
その『毛』繋がりで、毛の処理が甘い女の子は苦手…って、またぶっちゃけましたな。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そういうところが、好きなんですけども~(u_u*)ポッ(笑)
来週の片桐メインの回が楽しみ♪

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「白い春」 第7話
今回もまだまだ切ない展開が続きますわ。(・_・、)

春男の仕事は初日の器材洗浄から、パンをオーブンから出すまでに…って、あの鉄板そうやな~と思って観ていたら、いきなりジュッって。(^_^;)
でも落としたパンを必死に拾う3人の図が、またイイ感じ♪
強面な春男(笑)が猛スピードでパンを袋詰めしていたり、几帳面に店先をほうきで掃いたり、物凄い形相で盛り塩を置いたり…一つ一つの仕草や、ちょっとしたことでも微笑ましく感じてしまいます。
それに「イチゴ」が大活躍♪
さちが逆上がりのお礼に…と大きい方をこっそり持ってきてくれて、それを嬉しそうに食べる春男。
家に帰ると栞たちも食べていたのですが、あんな幸せなイチゴを食べた後はちょっとお断りしたくもなりますよね。
そして寝入った春男の顔に乗せた、栞の反撃には爆笑!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そんなある日、恵一が配達中に事故に遭ったと連絡が…。
幸い怪我は大したことがなかったようですが、病院に駆けつけた康史と佳奈子。
そこへ熱を出したさちが学校から早退して帰ってきた。
額に手を当てようとしてハッと我に返ったり、二階で寝ているさちの様子が気になって階下でうろうろ…康史の言葉を守って一線を引いていた春男ですが、この時ばかりはガマンが限界に達して一歩足を踏み入れてしまったようですね。
さちに薬を飲ませて(店のお姉ちゃんは寝かせただけか:汗)、卵のおかゆ(おじや?)を作って食べさせていましたが、台所はまるで泥棒に遭ったかのように大変なことになってましたわ。(^▽^;)アハハ
さちとの触れ合いに愛おしさや嬉しさを噛み締める反面、部屋からはさちが康史たちに大切に育てられてきた様子がひしひしと伝わってきて、同時に寂しさを味わうことに…。

「二階へは二度と入らないでくれ…」
帰宅した康史に頼まれ、素直に受け入れた春男でしたが、さちの好き嫌いを許していることや、友達とパーティーをやりたがっていることを知らないと、一言チクリ。
さちからも「おじさんも子どもの頃に卵が嫌いだった…」と聞かされ、胸が痛い康史。
春男に言われ、さちが苦手な卵を克服したご褒美に…とパーティーを開くことになったのですが、そこでも一騒動。
ゲームに春男を呼ぼうってことになったものの、春男は康史との約束を守る訳です。
落胆しているさちのために、康史が再び誘いに来るのですが、内心複雑な春男はハイ喜んで~っていう感じでもないんですよね。
それでも大人の対応として、ここは参加することに…。
とはいえ、子どもたちそっちのけでWiiを握る二人の強面おっさんの対戦シーンは爆笑ですわ~(笑)
しかも阿部ちゃんソックリのキャラまで作ってたのが笑えます。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
大接戦の末、春男の勝利となってちょっと落ち込んでいた康史でしたが、実はさちが誕生日だったお父さんの為に手作りのプレゼントをこっそり用意してくれてたんですよね。
この時の春男の眼差しは、康史が羨ましい…という気持ちと、さちが優しい子どもに育ち、立派に成長していることの喜びの入り混じった涙のように見えましたけど。(・_・、)

そして春男の言った何気ない一言に、激しく反発した佳奈子。
「みんなお姉ちゃんが好きなのよ!」
ずっと姉妹で比べられ続けたから?…と思いきや、そうでも無さそうな。
18歳で家出した真理子の理由も知りたいところですが、そういえば両親の影がありませんわ。
お姉ちゃんの心配ばかりして…の割には、必死で捜してた様子はないし。
こちらも色々と複雑な事情を抱えているようですが、きっかけは姉だったとしても、たぶん佳奈子は今康史が好きなんでしょうね。
いつか彼女の想いが報われる日がくるといいですが…。

一方、さちに会える嬉しさで毎日楽しそうに働いている春男に、ちょっと寂しさを感じていた栞。
微妙にむかついたらしく、店でわざと親子発言をしたり…と、危なっかしい。
でも予告で心配していたブログ書き込みも、“重大発言”が「おじさん、ごめん」に変わってホッとしましたわ。
それにワッフルの移動販売を始めたりして、一生懸命前向きに頑張っている。
…と、思ったのも束の間、ヤクザにイチャモンをつけられ10万円を請求される羽目に。(^_^;)
予告では何か危ない目に遭ってたみたいだったけど、ここで春男が登場…ってことになると、またまた心配ですやん。。・°°・(>_<)・°°・。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
しかし料理本のタイトルが、「ザ・家庭料理」って~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : 白い春
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ぼくの妹」 第6話
どうやら颯は、ダメ男を好きになってしまうタイプのようで…。
それに人間って「あいつは絶対ダメだ!」と周りから反対されればされるほど、燃え上がってしまうっちゅーもんなんですよね。(^-^;A

櫻井老人の緊急手術は無事に成功。
ヤミ金融の借金取りに追われる息子・九鬼の為に、花畑を売却して彼の借金に充てて欲しいと頼まれたものの、なかなか希望価格では買い手がつかない。
600万円で買ったって言ってましたけど、今はせいぜい200万~300万程度。
畑地って、そんなもんなんですかね。(^_^;)
その話を聞いた春奈が早速花畑に向い、敷地を計測したりしてましたけど、お嬢様の割には結構世間をよくご存知で…。
彼女、不動産屋にもなれますやん(笑)
理事長から頼まれた子どもの診察を条件にお金を工面してもらう件は、子どもがわがまま過ぎて話になりません。
あれは大人が甘やかしたせいでしょう。(^▽^;)アハハ

一方、益々九鬼に惹かれていく颯。
瀬川はもう、完全に『便利屋』と化しています(笑)
ダメ男といっても、九鬼の借金の場合は里子の兄の入院費の為だったし、櫻井老人の入院中にきちんと仕事こなそうとしてたところを見ると、責任感もあってしっかりしたところも持ち合わせているようです。
借金取りの男たちに見つかってボッコボコにされて顔は、正直イケてませんでしたけど(笑)
でもただの“思い込み男”から、“芯のある男”へと見方が変わって、カッコよく思えてきたから不思議~(’-’*) フフ

颯の九鬼への想いを知り、何とか説得しようとした盟でしたが、そう簡単には曲げられそうもありません。
最後のやり取りは、やっと兄妹らしいシーンだったかも…。

しかし櫻井老人の容体が急変した…ということで、来週はちょっと辛い展開になりそうですね。
九鬼は実の父親だと聞かされ、全てを許すことができるのか…。
う~、色んな意味で気になります。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
大盛のメンチカツとチキン、あれは二人で食べられる量じゃなかったですわ(笑)

テーマ : ぼくの妹
ジャンル : テレビ・ラジオ

「MR.BRAIN」 第1話
まず「めちゃ、気合入ってるな~」が第一印象(笑)
とにかく出演者の皆さんが多彩で、どこの部署なのか覚えるまで時間がかかりそうですが、お馴染みの俳優さんや有名な方々ばかりなので、インパクトは大ですね♪

主人公・九十九龍介(木村拓哉さん)は、科学警察研究所 (通称・科警研) の脳科学者。
元ホストという変わった経歴の持ち主のようですが、そのホスト時代に事故に遭い、それがきっかけで損傷した一部の脳を補うために右脳が驚異的に発達したらしい。
そんなアホな~って感じですが、これはドラマなので~(笑)
他にもBGMやドラマのセットが、某テーマパークのアトラクションっぽかったりするところは好きかも。(’-’*) フフ
九十九の助手・由里和音は綾瀬はるかさんのハマリ役で、お約束の天然ボケキャラが好感が持てます(笑)
九十九が昔憧れていたらしいという、アグネス・ラムさんにも近からず遠からず?(笑)

そしてまずは、五反田で一台の車が爆発するという事件。
そこへ次々とブレーキをかけ損ねた車がぶつかる…
往年の「西部警察」を髣髴させるような、石原プロもビックリの演出に、お金も相当かかっていると思われ…ヾ(*°▽°)ノあはは
科警研出勤の初日、九十九は不審な時限爆弾を見つけて確認しているところで、巡回中の刑事・船田 (ユースケ・サンタマリアさん)に犯人と間違われて、すったもんだがあった訳ですが、近くにあった暴力団カジノバーのお金をドサクサに紛れて船田が盗んでいた…ということで、九十九のお陰で一件落着♪
船田は爆弾から一般市民を守るでもなく、九十九を見つけてニヤけたのも運のツキでした(笑)
ツカミはOK!

そうこうしているうちに、産業開発庁の役人が連続して殺害されるという事件が起こる。
2人とも建設業界の談合の撤廃に尽力してきた人物で、恨みを抱く者たちによる政治的テロか?それとも…と、緊張感が一気に高まりました。
現場には被害者の血で描かれた、十字架のようなマークが残されていて…。
壁に大きく描かれた方に目が行くところですが、実は小さく描かれていた方に意味があったようですね。
最初は、暴力団と繋がりがあるという噂がある組織対策4課の武井 (市川海老蔵さん)が怪しいと思わせておいて、実は土木開発局長の土井(高嶋政伸さん)が真犯人。
fMRIを使った実験は面白かったですが、実用化はまだまだ無理?(^-^;A
見覚えのない場所には反応を示さない…ということで、土井にはアリバイ工作のために使った場所を見せて反応を見るとは恐れ入りました(笑)
「妻が不安がっている」と言って秘書を向かわせたのに、奥さんが「は?」みたいな意外な様子だったのがちょっと引っかかってたので、二人が殺されたときはやっぱり…と思ってしまいましたわ。
でも武井もまだまだ何かありそうなので、今後に期待します。
痩せて益々目が鋭くなったエビ様、ちょっと怖いですけど(笑)

他にも、捜査一課で“刑事の勘”が武器の(笑)丹原(香川照之さん)とか、若手でちょっと憎めない刑事「リンダ」こと林田(水嶋ヒロさん)とか、九十九にやたらと対抗心を燃やしている生物学担当の難波(トータス松本さん)のキャラも面白くなりそうですわ~。
(番宣の関西担当はトータスさんだったらしく、あちこちでお見かけしました♪)
初回は画像解析担当・船木(平泉成さん)が活躍されていましたが、化学担当・夏目(田中裕二さん)、音声分析担当・神田(設楽統さん)、生物学担当・大内(山崎樹範さん)、行動科学担当・浪越(井坂俊哉さん)、交通化学担当・岩渕(林泰文さん)…と、まだまだ事件の幅が広がりそうですやん(笑)

ドラマではあまりお見かけしない大地真央さんが法科学部長を演じていたり、所長・瀬田役が小林克也さんってところがまた、興味津々です♪
木下優樹菜ちゃん演じる掃除のおねえさんは、九十九を「9+9」とか、そのまんま“素”でOKのキャラでした(笑)




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
最後にチラッと、不気味に映っていたガックンが次回のゲスト?
怖すぎ~{{(>_<)}} ブルブル...

テーマ : MR.BRAIN
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スマイル」 第6話
「毒入りお赤飯」の汚名を着せられたまま自殺した、宗助…。
どうやら1億円の保険金を掛けていたらしいのですが、自殺でももらえましたっけ?(^_^;)
最近は変わったの?
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)

今回は宗助の名誉挽回に走る…の巻。
美奈子の偽証言には、やはり林が絡んでいたらしく、潔白を裏付けるため、ビトと花が訪ねてみると、暫く実家へ帰った美奈子の部屋で優雅にお風呂に浸かっている林…(/_;)/アレー
花のビンタぐらいじゃ、彼が改心するわけないですよね~(^_^;)
逆に闘志が燃えまくり?

美奈子に事情を聞くと、結婚詐欺師に騙され、お腹には子供までいるし…ってことで、お金に困ってのことだったらしい。
良心の呵責を感じていた美奈子は、宗助の為にももう一度証言すると決意。
他にも帝国食品の悪事について証言してくれるという人物まで現れ、さらにビトの頑張りで、態度を急変させていた帝国食品の社員・佐原(高橋洋さん)が、証拠書類が隠されているという場所を教えてくれました。
連日あれだけ詰め掛けていたマスコミも姿を消し、その中の一人は謝罪に。
・・・・ということで町村フーズは危機を脱したのですが、社長が自殺した場所で、仕事とはいえ再び食品を扱うってのはちょっといただけないかも。
宗助も場所を選ばないと…ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

ホッとしたのも束の間、今度は林ですよ。(^_^;)
ビトと花の初デートの日、朝から先に美容院に出かけていた彼女の後をつけて…って、何時間待った?
しかも美容院で髪の毛をセットしてもらっている間も、外で待ち続けていたってことですよね。
どんだけ辛抱強いねん!君はハチ公かっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

待ち合わせの場所に現れた林(後をつけてたから当たり前なんだけど:笑)は、花ちゃんを無理やりタクシーに連れ込もうとしたところで、つづく…。
ビトは間に合うんでしょうか。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
でも予告では花は普通に明るかったし、2015年でも元気でいるようなので、まずは一安心ですね。



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
小栗旬君…どんだけ怖いねん~{{(>_<)}} ブルブル...
ていうか、来週殺されるの??? 

テーマ : スマイル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第6話
ゲストの志田未来ちゃん、天海姐さん…ををー!「女王の教室」ですやん♪
先生から刑事に華麗に転職した阿久津真矢先生を、和美ちゃんが反撃?(笑)
チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

今回は私立女子高の体育教師・増岡剛(松田悟志さん)が殺された事件。
室内には凶器など一切の遺留品がなく、証拠隠滅を図るため死体に漂白剤が撒かれていて、冷蔵庫に飲みかけのペットボトルの水があるにもかかわらず、なぜか傍に別のペットボトルが落ちていた。
ここに疑問を感じた絵里子。
後に、ペットボトルの水に混じるはずのない“トリハロメタン”が微量に含まれていて、水道水をお湯にして遺体を温め、死亡推定時刻を遅らせた…という事実が判りました。
・・・・ということで、犯人は頭がキレて几帳面な人物だと推理。

で、この増岡という教師はかなりのプレイボーイだったらしく、女子生徒に次々手を出していたらしい。
さすが仮面ライダーナイト(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
犯行のあった時間に唯一ちゃんとしたアリバイがなく、増岡と過去に付き合っていたらしい石原由貴(志田未来ちゃん)を任意で取り調べることに…。
しかし未来ちゃん、饒舌で賢そう~な演技が上手いこと~♪
岩井はあっという間に言い包められ、山村は(なぜか蝶々がひらひら~♪)逆に心配される始末。
野立は思いっきりのオヤジギャグで、ハイおしまい!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

結局、由貴は親友の坂井沙織(水沢奈子ちゃん)をかばっていたのですが、とどめを刺したのは由貴だったみたいですね。(^_^;)
その理由が、日記に他の女の子の事は色々と書かれていたのに、自分のことには全く触れられていなかった…って、プレイボーイが日記を書いていたことにビックリ!
君はジ○ームス三木さんか!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

最後まで見つからなかった日記は由貴が持っていて、絵里子の上手い誘導で、増岡の同僚で交際していた教師・二宮奈津子(西山繭子さん)が通っていると信じ込ませて、スポーツジムのロッカーに入れさせることに成功。
しかしロッカーの中にすっぽり入ってた戸田恵梨香ちゃんって、どんだけ痩せてますの~(笑)
由貴は警察の目を自分や奈津子に向けさせたまでは良かったですが、最後の詰めはお子ちゃまだった訳ですな。
またしても、阿久津先生の勝ち~♪(笑)

ドラマの最後のお約束、恋人・浩とのシーンですが、今回は彼の話もどこか上の空な絵里子。
考えていたのは浩の弟がもうすぐ出所してくることだったのか、それとも犯人が未成年だったことに落ち込んでいたのか…。



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
「シワ、最高ー!(^o^)丿」
…に、後ろでさり気なく拳を挙げていた片桐に爆笑です♪(笑)

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「白い春」 第6話
今回から「運命の絆 第二章」ということで、冒頭は今までのダイジェスト。
いろんな名場面が映し出される度、映像を見ただけで涙、涙…。
まるで「パブロフの犬」状態でした(笑)

さちが自分の娘だと知り、春男は正社員の仕事を見つけて、きちんとした人生を送りたい…と考えたものの、思うように仕事は見つからず。
男40歳、元ヤクザで前科あり…。
確かに、木工の仕事を9年間一箇所で続けたといっても、それが刑務所の中じゃ、ハローワークのおっちゃんも思わず黙ってしまいますわね。(^_^;)
栞がネットで色々と探してくれたものの、どれもこれも無理な条件ばかり。
でもとりあえずバイトから正社員もありなんじゃ?と、派遣で紹介されたのが工事現場の警備員。
しかも偶然「むらかみベーカリー」のすぐ近く…ってところが、いかにもドラマなんですが(笑)、文句を言いに来た康史の何気ない一言一言が、今の春男にはズシーンと重くのしかかるというか。
考えてみると、このやり取りがあったからこそ、後でハローワークに無理やり交渉した面接の中で云々…という流れが納得できたのかも。
売り言葉に買い言葉…もしかして、二人は似たもの同士?(’-’*) フフ

毎日パンを200個という新しい仕事の話が来て、求人募集をかけたものの、面接に来るのは使えない人たちばかりだった。
…ということで、「親子だと名乗らない」ことを条件に雇われることになった春男。
朝3:30起きもなんのその、きびきびと身支度を済ませる姿は、長い刑務所暮らしを髣髴させるようなシーンで思わずクスリ(笑)
仕事でも洗うよう言われた器材をピカピカに仕上げた春男に、「ををー!」と一瞬感心してしまった自分にハッと我に帰る康史が( ^ー゜)b グッ(笑)
そりゃ、さちが春男を見てあんなにピョンピョン跳ねて喜んでる姿を見たら、頑張れるってもんです。

「立派な親子だと見せる」と意気込んでいた康史でしたが、今まで授業参観やら運動会やら、仕事の都合で行けないこともあったらしい。
でも春男を雇ったお陰で何とか都合がついた…というのが、さちの苦手な逆上がりの体育の授業。
学校帰りに、さちが公園でこっそり練習している姿を見かけた春男。
ここからが切なさモード全開のシーン、てんこ盛りです。(・_・、)

授業参観に来てくれる父親の為に、一生懸命逆上がりを練習するさち。
1度目は思わず触れてしまったけど、「汚れた手」の康史の言葉を思い出し、いつものカバンで押してあげる春男の姿で泣き笑いの涙腺決壊ですわ。
その前の低い鉄棒で逆上がりする演技も、良かったですしね~。
春男を演じる阿部ちゃんの、何もかもがツボにハマります。
で、「逆上がり」を頑張ったのは父親に見せたいから、でも練習してたことは春男との秘密…。
この辺の微妙なところを、お互いが知ったときにどう思うかってところですね。
さちが父親に話せないことでも、春男には…みたいなエピもこれから出てきそうな気配。
う~、春男も康史も両方好きなキャラだけに、二人とも幸せになって欲しいです。

そしてさちと会えるようになり、嬉しそうに働く春男を見て、初めは微笑ましく思っていたものの、段々と複雑な心境になっている栞。
勢い余って暴走しそうな予告がありましたが、あんな書き込みを一体何人の人が閲覧してるのか?
いや、世間は狭いしなー(笑)

ところで・・・
最後のシュールなストラッププレゼントで、ズッコケましたやん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
もう一度録画したのを見直してみると、栞のカバンにしっかり付いてました♪(笑)
あっ!私はピンクを希望♪



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
何気ないカバンが、効果的な小道具に…。
このドラマ、侮れません!

テーマ : 白い春
ジャンル : テレビ・ラジオ

「婚カツ!」 第5話
う~、どうしましょう~。
すっかりながら観になってしまってるので、「陶芸合コン」と、真琴の子どもたちと一緒に絶叫系マシンに乗ってる“素”の中居君(笑)ぐらいしか覚えてません。(^▽^;)アハハ
あ、あと茂のプロポーズに煮え切らない態度をとる春乃が、「好きな人がいるの?」と優子たちからの質問4連発とか…。
そういえば商店街の視察がてら「とんくに」へやって来た伊藤が、出来上がったとんかつの衣を全部剥がして塩をかけて食べてた…とか、断片的に(笑)


この辺で、さっさとリタイアさせて頂きます~_(._.)_スンマセン
土8の視聴が増えそうですし(笑)




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
ジェットコースター系は好きですが、揺れるだけのバイキングは苦手~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

テーマ : 婚カツ!
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ぼくの妹」 第5話
警察に出向いた盟は、事件についてこってり事情を聞かれて閉口していたようですが、春奈から難しい緊急手術を任されて自信を取り戻した様子。
患者さんが彼女の古い友人…ということで、益々株が上がった感じでしたね。
口調は相変わらず上から目線だけど、目はハートでした。(^.^)
父親も盟の“一流”としての腕を買っているようだし、将来は安泰?(笑)
って、肝心の盟は全くその気は無さそうですが~。

一方、九鬼に連絡を取っていた颯。
呼び出された先は下水道工事会社の倉庫のようなところで、どうやらそこで時々寝泊りしているらしい。
アンテナに引っかかったスカーフを取ろうとして、誤って転落した…と事実を伝えたものの、里子を亡くした哀しみがそう簡単になくなる訳がありません。
・・・とそこへ、ヤミ金の取立屋たちが現れて、二人は慌てて隠れる羽目に。
そこで九鬼から生い立ち、里子や彼女の兄との関係を聞かされた颯は、根はイイ人なのかも…と思い始めたみたい。
盟にはバッサリ否定されてましたけど(笑)

颯と九鬼が話してるところへやって来た櫻井老人。
「憎むべき相手が違う…」と説得してる最中で倒れ、盟の病院へ運ばれて重度の腸閉塞を患っていることが明らかに。
今思えば、腸の調子が悪かったのも、そのせいだったのかも知れません。
すぐにでも手術を要するという中、櫻井と名乗っていた彼が、本当は九鬼の実の父親だという衝撃的な新事実が…。
過去は過去として、今はすっかり人間不信に陥ってしまっている息子のことが気がかりな様子。
何かキーパーソンになる人物だと思っていたけど、こんな真実が隠されているとは思いも寄りませんでしたわ。

で、九鬼が目撃証言を取り下げる代わりに…と颯に交換条件を出していたのが、借金の900万円の肩代わり。(^_^;)
櫻井老人を助けることが出来たらチャラにしてやるとか、九鬼が盟にまた訳のワカランことを言い出してましたが、そういう言い方が彼らしいといえば彼らしい。
視聴率は散々のようですけど、それぞれのキャラが際立ってきて、これからの展開は益々気になってきましたよ。



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
警察はダメダメですな(笑)
颯のTシャツの文字「It’s girl」って~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : ぼくの妹
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スマイル」 第5話
最後に宗助が何か決意の“目”をしていたように見えたので、町村フーズを廃業するのかな…ぐらいの予想はありましたが、結局あんなことになってしまうとは。(・_・、)
死んでも何の解決にはならないのに…。

ビトと再会した林の様子を見て、関係を断ち切るように諭した一馬。
彼のビトへの執着ぶりは、どう見てもかなり異様ですわ。(^_^;)
しかし食中毒問題が起こり、マスコミからの攻撃で窮地に陥った町村フーズですが、むしろ結束力は固まった感じ…。
そしてビトを嫌悪している古瀬刑事ですが、北川検察官の方は一馬を敵対しているものの、前科者や外国人に対する偏見は特にない様子。
この辺のところが、カギになりそう?

そんな時、元従業員の証言として週刊誌に記事が載り、取引先は態度を急変させ、信頼関係を築いていたと思っていた銀行までもが融資を断った上に、これまでの借金返済も迫り、追い詰められた宗助。
元従業員・美奈子(村上知子さん)の証言には、どうやら林が裏から手を回していたようで…(^-^;A
みんなが落ち込む中、ビトの誕生日のお祝いに…と花たちを集めて楽しそうに食事していた宗助は、本当に頼れる社長&お父さんという感じで、自殺を決意していたなんて微塵も見せていなかったのが辛いです。

そして帝国食品の一人の社員が、内部告発するために一馬の弁護士事務所を訪ねてきていたのに、宗助の自殺を伝えるみどりからの電話で、それどころじゃなくなっちゃいました。
予告では、結局告発を躊躇していたような?
これもタイミングというものなんでしょうかね…。
林もビトへの手を緩めず、今度は花を狙う?
何だか観てるのが段々と辛くなってきたのですが、「スマイル」というタイトルだけに、みんなが笑顔になれるような展開を期待しますわ。

あまりにも衝撃的な最後だったので、一馬の元カノらしき香苗(羽田美智子さん)のエピが思いっきり飛んでしまいましたやん。(^▽^;)アハハ



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
2015年、まだワカランぞ~(笑)

テーマ : スマイル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第5話
真美が何者かに拉致監禁されて、危機一髪…のつづき。
やっとのことで郊外の病院跡地を探し当て、絵里子たちが駆けつけたものの、部屋はもぬけの殻。

コンタクトをとってきた犯人(山田孝之さん)は、逆探知が使えないIP電話を使ったり、ネゴシエーターの極意を知り尽くしていたり…と、捜査は難航していました。
送られてくる映像の中から、真美の居場所を何とか特定しようと試みたけど、窓の外の景色だけでは全く見当がつかず、犯人のめぼしもつかないまま時間だけが刻々と過ぎる。
そんな時、段々と精神力が衰えながら、真美の心の支えになっていたのが、絵里子が渡していた「お守り」と、「私たちはチームだから!」の言葉。

そしてやっと判った犯人。
どうやらリンチ殺人で殺された江川君は、イジメられていた田島(山田孝之さん)をかばって…のことだったらしい。
そんな彼らが数年で出所、その後江川君の命日にパーティーまでやっていたことを知り、田島は復讐に走ったようですわ。
リンチ殺人の現場を目撃した田島は警察に通報したけど、匿名だったために相手にされなかった。
「また逃げるの?」という絵里子の挑発的な言葉に、「同じ方法で殺した…」と田島がついこぼした言葉を逃さなかった絵里子は、真美の居場所が「生物化学研究所」だと推理したようですわ。
しかしネットの書き込み情報や、ガールスカウトだった真美のモールス信号が無ければ、危ないところだった…っていうか、これがドラマで良かった(笑)(^_^;)
あんなアバウトな情報じゃ、普通は見つからないでしょうに。ヾ(*°▽°)ノあはは

青酸ガス装置のスイッチは入っていたものの、真美を無事に救出。
屋上で自殺しようとしていた田島を、いとも簡単に真美が思い止まらせたのは、ちょっとモヤモヤしましたが(笑)、帰りの車の中での絵里子とのやり取りは良かったですね。
一方的に真美を責めるのかと思いきや、上司としての自分もちゃんと反省してたし…。
こんなBOSSなら、一生ついて行きますわ~♪(^.^)
最後に野立が真美にこっそり見せてくれた、絵里子の『平助』写真。
さすがは天海姐さん!その辺の女優さんとは一味も二味も違います。
今度は動く平助さんを見てみたい!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そして・・・
浩には刑務所に入っている弟がいるようです。
彼が持っていた桜マーク入りのハガキは、そういうことだったんですね。
もうすぐ出所するみたいですが、絵里子も何となく知っているようでしたし、気になるところですわ。



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
片桐が内ポケットから真美に差し出したものは、てっきりハンカチと思ってたのに~(笑)
しかし「お守り」…なかなかやりますやん♪

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「白い春」 第5話
何だか、益々「春男の切なさ満載ストーリー」みたいな展開になりつつあるのですが、今回も最初から最後まで涙腺スイッチが全開でした。(・_・、)

プレハブ小屋へ帰った春男は、さちがくれた写真を探したものの、見つからず…。
先に見つけたのは栞だったのですが、なぜか彼女は隠してましたよね。
やけ食い状態だった春男が、例のごとくガンガン食べて喉を詰まらせ、思わず口にしたお茶がこぼれて…のシーンでは、カバンから出したハンカチで栞に濡れた胸元を拭いてもらいながら、くすぐったくて笑う春男に大爆笑だったのですが、それで写真を包んでいたらしく、目の前でハラハラと落ちる。
慌ててお茶のボトルで隠したけど、結局見つかってしまい、その写真の日付からさちが自分の娘だと知る春男。

康史を呼び出した春男は、今まで黙っていたことをなじりつつ何度も殴っていましたが、逆に真理子を捨てたことや、殺人を犯したこと、施設へ送られるさちを引き取って育てたのは自分だ…と康史の反撃に遭ってしまいました。
「汚れた手でさちに触れるな!」
そう言われると、何も言い返せない春男。

翌日、いつの間にかさちの通う小学校へと足が向いていた春男。
そんな春男に「今は父親だと名乗れないかも知れないけど、これからのおじさん次第でさっちゃんが受け止めてくれる日が来るかも知れない…」と励ましてくれた栞。
栞自身も大好きだった父親に置いて行かれ、母親の再婚相手にセクハラされて…と辛い過去があったらしい。
もしかして春男と自分の父親と重ね合わせているのか、それとも自分と同じように家族との縁が薄い春男に同じ思いを抱いたのか…。

栞の言葉に励まされ、春男は正社員になろうと決心するのですが、前科者を採用した前例がないと断られ、春男に怪我をさせた会社員は態度を急変させてお金を差し出す。
しかも春男が元ヤクザだと知って…ってところが、一層憂鬱にさせるのでした。
人生をやり直そうと決意しても、世間がそれを阻止するかのように…。
仕事中に幸せそうな親子連れを見かけ、自分を重ね合わせながら思わず妄想していた春男でしたが、結局は殺人を請け負わなかったとしても真理子の病気は治らなかった訳で、それがまた切な過ぎでしたわ。(・_・、)

そんな中、1話で食い逃げした定食屋に春男がお金を返しに行ってました。
店主のおじさんも声には出さずとも、きっと心の中では「世の中捨てたものじゃない」…と思ったはず。
あのニッコリ微笑んだ笑顔が、唯一の救いでしたわ。

それにしても一番涙腺が緩んだのは、さちがせっかく会いに来てくれたのに、春男は康史の言葉がずっと心の隅に残っていたのか、意識して一度も触れなかったこと。
おまけに「会わなくても、寂しくない…」なんて言いながら、目にはしっかり光るものが…。
対照的に、春男のところから帰って来て、「ごめんなさい」と素直に謝ったさちを抱きしめる康史。
さちが素直になったのも、春男のお陰だと知った時の康史の落胆ぶりが目に浮かぶよう。(^-^;A

しかし予告では、春男がベーカリーで働いてるじゃありませんかっ!
ずっと着ていた変な柄物のシャツも、紫のスッキリシャツに変わってるし♪(笑)
「あいつに“家族”を見せつけてやる!」みたいな康史の台詞があったような気がするのですが、そんなことで春男は負けないぜ!と思いたい。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
さちが描いてた「キリン」、あれは大人が描いたでしょう~(笑)
つい吐いてしまった唾を「スミマセン!」言いながら拭き取ったり、廊下に落ちてたゴミを拾ったり…
春男の実はイイ人ぶりが好きです♪

テーマ : 白い春
ジャンル : テレビ・ラジオ

「婚カツ!」 第4話
はてさて、このドラマどうしたもんでしょ?(^▽^;)
3話が9.4%、4話が9.9%と、視聴率も低迷しているらしい…。
視聴率が悪くても内容さえ良ければ~ってほどでもないし、ツッコミを入れるほどのこともナシ。(^_^;)
コメディータッチな部分も中途半端で、このままじゃ久しぶりのリタイア?

今回は「ゴルフ合コン」。
優子は皆勤賞かっ!(あっ、ツッコミ入れてる:笑)ってほどの参加なんですけど、例のごとく参加者の中からは彼女の理想とする男性には出会えず。
といっても、結局は毎回同じようなメンバーですが…ヾ(*°▽°)ノアハハ
ところが、同じ日に偶然ゴルフに来ていた伊藤は一発合格♪
さすがエリートだけある(笑)

くじ引きで負け、婚活相談窓口になった邦之でしたが、窓口で区民の相談する姿を撮影したい…と張り切る区長ですが、相談なんか誰も来てません。(^-^;A
辛うじて桜田さん目当てのおばさんたちぐらい…。
困った邦之は弟の邦康に連絡するものの、彼が連れてきた人々は“婚活”とは程遠い年齢の若者ばかり(笑)
それでも何とか区長のご機嫌は損ねずに済んだ様子。

ところが邦之の実家がとんかつ屋さんだと知った区長。
とりあえず、押しかけますわな(笑)
そこで危うく、実は邦之には婚約者がいない…とバレそうになったところで、今まで嘘をつき続けている邦之を快く思っていなかったはずの父・邦夫が、上手くフォローしてくれるわけです。
そんな父親の優しさに、邦之は正直に本当のことを話そうとしたところで、外で一部始終を見ながらハラハラしていた春乃が「自分がフィアンセだ」と咄嗟に嘘をつく。
そこへ真琴までフィアンセだと挨拶するから、話がややこしくなっちゃいました。(^-^;A
しかしそこは邦夫の瞬時の判断で、自分が真琴と再婚すると嘘を…。
親子とも同じ“邦”の名前がついてて助かりましたわ~(笑)

・・・・と、一同が和んだところで、今度は場を勘違いした茂が春乃にまさかのプロポーズ!
相変わらず“間”の悪い男ですが、彼の空回りは可愛いから許しますわ~(笑)



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
段々観るのが辛くなってきたぞ(笑)(^_^;)

テーマ : 婚カツ!
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ぼくの妹」 第4話
盟に対する九鬼の復讐は執拗に続き、今度は「屋上から、突き落とすところを見た」なんてウソ証言まで飛び出す始末。(^_^;)
警察からの呼び出しもあり、モヤモヤが晴れない盟は手術中にミス。
塚本准教授からも「休め!」宣言されて、反論も出来ない。

落ち込む盟の姿に心を痛めた颯は、春奈を訪ねて不安や心配を吐露。
てっきり颯は盟の恋人だと思い込んでいた春奈の誤解も解けて、味方が戻ってきました(笑)
良かった良かった。

ていうかその後、最後に颯の口から衝撃の事実が語られてビックリ!!
やはり当日、颯は里子と屋上で会っていて、盟からお金を借りた借りないで口論になったところで、里子のスカーフが風で飛ばされてあのアンテナに引っかかり、それを必死に取ろうとして誤って転落した…というのが真相のようです。
で、怖くなった颯はその場から立ち去り、警察にも真相を話せないまま?
そんなこと今更言われても、警察にはやっぱり兄をかばってるとしか思ってもらえないですもん。(^_^;)
盟は自分が里子と知り合ってしまったのが全ての発端だから…みたいなことを言ってましたが、もし警察が九鬼の証言を鵜呑みにして逮捕なんかされてしまった日にゃ、取り返しがつきませんわ。
あのスカーフはたぶん九鬼とか身内から贈られた大切なものだったのでしょうけど、警察はその辺のところ何も調べてないんでしょうかね。(^-^;A

相変わらず、九鬼とは平行線の盟ですが、キーパーソンになるのはやはり櫻井老人なんでしょうか。
盟の一生懸命さに心を打たれた櫻井老人は、九鬼の居場所まで教えてくれたし、彼の誤解を解こうと助言までしてくれていましたしね。
「息子にする!」みたいなことも言っていたし、何とか九鬼の心を解かしてくれたら…と思っていたら、予告では入院してるっぽいシーン?
もしかして、余命短いとか?(・_・、)ウエーン

そして警察へ出向いた盟を見届けた颯が、電話をかけた相手…って、九鬼ですやん!
あれだけ盟が九鬼の居所を必死に捜してたのに、颯に聞けば簡単に連絡できたって~(笑)
里子が亡くなった真相が判り、サスペンス色は薄くなったので、今度こそ盟と颯を中心としたほのぼの路線に~と思いきや、次回は「颯、九鬼と急接近の巻」ですか。(^▽^;)アハハ



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
何気に長澤まさみちゃんの七変化が楽しみ(笑)

テーマ : ぼくの妹
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スマイル」 第4話
花が倒れたのは、やはり「おはぎ」を口にしたことが原因だったようで、なぜかビトだけが大丈夫だったのは丈夫で元気だったかららしい…(^▽^;)アハハ
体力のない女性や子どもだけが被害に遭った割には、結構深刻な感じになってましたよ。(^_^;)
あんな状況だから仕方が無いけど、母親もかなりヒステリックになってて、最後はビトを訴える…みたいな展開に。
でもまだ原因はハッキリと特定されてないとはいえ、個人を訴えるってのも、客観的に見ると変ですけどね。(^-^;A
とりあえず、軽かった花はすぐに退院できたようです。

しかし北川検察官の、一馬に対する執拗な攻撃にはイライラ~(^_^;)
作業場が不衛生だの、殺虫剤が原因だと決めつけてるし、仕入先の帝国食品は一部上場企業で、他の業者には被害が出ていないから…と、全く取り合ってくれず。
いくら一馬にぎゃふん!と言わされたとしても、公私混同も甚だしいですわ。

そんな中、町村フーズの毒物混入疑惑を晴らすために動き出した一馬たち…。
ビトを従え、一馬は宗助と共に帝国食品へと出向いたものの、完全な門前払い。
でもこれで混入の“原因”は仕入先にある…と一馬は確信した様子。
あとはどうやって“証拠”を掴むかってことですよね。
町村夫妻には得意先への挨拶回りと謝罪、金太とブルにはいつでも営業が再開できるようにと一馬は作業場の清掃を指示。
しおりと花には、事務所で情報収集…。
ビトは一馬と行動を共にすることになりました。

今回は花が失声症となった原因が判ったのですが…。
彼女の父は新興宗教を使ったマルチ商法で逮捕され、学校ではいじめられ、母親と執拗にマスコミに追いかけられて…ということだったらしい。
で、ビトが気になっていた相模(吉沢悠さん)は区役所の福祉課の職員で、花を小学校時代から担当していたことが縁で、今も気にかけてくれていたという関係でした。
親戚の家に身を寄せていたといっても、彼女のことを快く思っていなかったのはそのせいだったのか~。
でも花はビトに手紙で想いを伝えることが出来て、これで二人の距離が一気に近づいたって感じでしょうかね。
あれだけ「好き」の理由を並べてくれたら、誰でも感動ですわ。(’-’*) フフ

そして花の抱えている過去を知り、これからは自分が彼女を守ろう…と決心したビトでしたが、そんなタイミングで林が出所してきてました。(^_^;)
どんだけ世間は狭いねん~(笑)ってぐらい、すぐにビトを見つけて不敵な笑みを浮かべてた林。
予告では花がエライことになってたようだし、町村ブーズの危機のみならず、ビトを取り巻く不幸てんこ盛りの展開はまだまだ続きそうですね。(ToT)



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
2015年のシーンは、まだまだ謎だらけ~。

テーマ : スマイル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第4話
1話完結だと思い込んでいたので、時計をチラチラ観ながらハラハラドキドキ…。
さすがにゲストが山田孝之君だと、1話で終わらせるのは勿体ない?(笑)

冒頭から「特別犯罪対策室」に課せられた、“重要任務”。
絵里子は神妙な面持ちだし、メンバーが護送車に乗って現場へ向かっている車内で、真美にお守りは渡してるわ、「あなたなら出来る!」みたいな台詞があって、どんだけ大変な任務なのかと思いきや…防犯寸劇ですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しかも今時、あんな大きなぺろぺろキャンディーを食べてる小学生を見たことがありません(笑)
ドタバタ寸劇は、お約束で真美がやる気を失い舞台から降りてしまったことから大失敗…(^▽^;)アララ

そんな時、連続して若い男性が頭部と腹部に銃弾を撃ち込まれて死亡する事件が起こる。
現場には血で書かれた「4」という数字が残されていて、絵里子は気になった様子。
被害者の身元を調べていくうちに、5年前の少年リンチ殺人の犯人であることが判り、残る二人のうち一人は無事に保護できたものの、一人は被害に…。
で、そのリンチ殺人の被害者だった少年には兄がいて、犯人らしき目星はつけたが、現在は海外在住らしい。

その後、連絡もが絶えていた真美。
どうやったらそういう流れになるのか?(笑)、真美が出勤しなければ山村がクビになるかも…みたいな展開になって、心配になった山村が真美のマンションを訪ねたことがきっかけで、彼女が自宅へ戻らずそのまま行方不明になっていることが明らかに。
今回も大活躍の山さん。ε=ε=(*~▽~)キャー

メンバーが真美の安否を心配する中、対策室に一件のメールが届くのですが、そこには彼女が手足を縛られ空の水槽に入れられて監禁されている映像が…。
どうやらリンチ殺人には警察の不手際があったらしく、真美も関わっていた?
そうこうしているうちにも、水槽にどんどん溜まっていく水…\( ><)シ ギャー
恵梨香ちゃん、どうも「デスノート」といい、監禁される役が多いような気が~(^^ゞ
しかも今回は思いっきりの水攻めで、相当ハードな体当たり演技でしたわ。

その映像の中のわずかなヒントで、監禁場所が郊外の病院跡地だと絵里子と片桐が割り出し(さすがドラマ:笑)、現場へ急行するメンバー。
ところが、探し当てた部屋にはすでに真美の姿が無く、人形のようなものに今度は「5」という数字が書かれていました。

う~、真美は無事に助かるのか?(^_^;)
そして山田孝之君の髪の毛は、どこまで伸ばすのか?(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
ハラハラドキドキの展開は次回へつづく…



ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
ストーリーも気になるけど、殆ど玉山君しか見てません(笑) σ(^.^)

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「白い春」 第4話
今回は少し真実が明らかになりました。
亡くなった真理子は高村姓のまま、さちは真理子から頼まれていた訳ではなく、出産後に病気が悪化して急死したために、康史は自分が父親になろうと決心して引き取っていた。
さちが生まれて暫くは楽しい日々を過ごせていたけど、真理子の春男への想いを察し、結局康史は最期まで想いを告げられないままだったようですね。
・・・そんな引け目があるのか、本当の父親である春男の存在が重くのしかかり、必要以上に遠ざけようと拒否反応してしまう。

またイイ感じ(笑)に勇樹が変な商品を押し付けられて、スーパーで試食販売のバイトすることになった栞。
「だるまウインナー」を気だるそうに売っていると、そこへ偶然さちが買い物に来ていました。
あれだけヒップアップ・小林店長に笑顔を注意されても無理だったのが、さちの顔を見た途端…ちゃんと自然な笑顔も出来ますやん(笑)
この“笑顔”の対比は絶妙でした♪
そしてさちに「お墓」の場所を聞いておこうか?と言ってくれた栞の電話を、思わずベンチの上に立ち上がって頼んでるし…。(’-’*) フフ

しかし栞の描いた地図は、えらいことになってましたわ~(^▽^;)アハハ
「強い風、ピュー」やら「大きな木」やら、余計な情報ばかりで春男が迷子になるのも仕方がありません(笑)
そんな挙動不審な春男の姿を見つけてしまった佳奈子は、さちと思わず物陰に隠れてしまうのですが、その一生懸命さに「悪い人じゃない」と感じたようです。
さちは思わず迷子の春男の後をつけていったはずが、後ろにいた佳奈子の目の前に、しかも草むらの中からぬぅ~っと登場する春男に爆笑です。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
結局、3人で一緒に御墓参りすることになった訳ですが、さちが貸してくれたたわしを手に、真理子のお墓を号泣しながら磨いている春男に貰い泣きですやん。
おまけにそれを二人に悟られないように、わざと頭から水をかぶったりして…(・_・、)

その頃、後からお墓参りに合流するはずだった康史は、バスの故障で立ち往生。
そのため、康史と春男は折り返し運転のバスの前で会ってしまう訳です。
「こういうことは最後にしてくれ…」
「籍も入れてなかったのに、家族か?」
う~、痛いところをつかれてしまった康史…(^_^;)

その後、佳奈子は康史を問い質して本当の父親が春男だと聞かされ、栞もさちが忘れていったスケッチブックに描かれていた絵から、春男が本当の父親なのでは?と薄々感づいていた様子。
これが次回、さちが何気なく春男に渡した“写真”の日付を先に見つけ、確信へと変わる訳ですな。

そんなこととは知らないさちは、子供心に康史と春男に仲良くしてもらいたいと願い、春男に店へ来てもらおうと「おしょくじ券」を栞に託していました。
お好きなパンと飲み物…パンはこいのぼりメロンパン?
で、運ばれてきた飲み物は~いちごジュースっぽかった♪(^.^)
そんな細かい演出に思わず微笑んでしまうドラマですが、そこへ康史が帰ってきて、結局追い出されてしまった春男。
二人は仲良くなるどころか、「おしょくじ券」も破られて、ショックを受けたさち…。
さちが春男に“写真”を渡したと知り、動揺する康史。

次回はとうとう、さちが自分の子どもだと春男も気づくんでしょうかね。
スローペースな展開も全く気にならないほど、のめり込んで観てます(笑)




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
今回も残念ながら「ポニョ」ではなく(笑)
のぞみちゃんは女優なので、お風呂のお湯はちゃんと白い入浴剤が入ってました♪(^.^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 白い春
ジャンル : テレビ・ラジオ

「婚カツ!」 第3話
このドラマは毎回、邦之の「近々結婚する」という嘘がバレそうでバレないハラハラと、世間ではどんな「婚活」が行われているのかを楽しむ…って感じなんでしょうかね。(^_^;)

「ヨガ合コン」で知り合った杏里(山口紗弥加さん)とイイ感じになったのかと思いきや、彼女の押しの強さに尻込みしたり、年上だと知って一気に冷めちゃったり…と、邦之の態度にイマイチ共感できないのが辛いですわ。
何のための婚活か?って話ですよ。
いくら「草食男子」だからといって、こんなに消極的なままじゃ、結婚相手はもちろんのこと、恋人さえ見つからないかも。(^-^;A
春乃の気持ちも、全く気づいてないみたいですしね。
どちらかというと、ハードルの高い優子に頑張ってアタックしたり、春乃の気持ちに勘違いして空回りしている茂の方が、よっぽど可愛いですわ~。(^^ゞ

今回は、成り行きで区主催のお見合いパーティーをすることになり、カップルを連れてくる…と咄嗟に約束してしまった邦之のせいで、すったもんだの巻…だった訳ですが、結局は桜田さんのお陰で何とか収まりました。
お年寄りのパワーを感じさせてもらった回(笑)でしたが、あんなにすんなりカップルが見つかるとはちょっと強引。(^▽^;)アハハ
りょうさん目当てで観てるので(笑)、真琴の出番が少なくて寂しかったですよ。
お見合いパーティーの料理?も、しょぼくて残念!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
あれじゃ、一人も来ないのも仕方ないです。

そして最後にチラッと分かったのが、商店街の区画整理を考えてるらしい伊藤。
ウーン(゜-゜) これをどう絡ませてくるんでしょうかね~。





ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
匠の絆創膏の位置がコロコロ変わるのは、注目?(笑)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 婚カツ!
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ぼくの妹」 第3話
颯は瀬川との関係を完全に断ち切るため、盟の部屋に転がり込んだようですが、お陰ですっかりペースを乱している盟。
いくら兄妹だからって、あんな格好で…と思いつつ、まさみちゃんのお宝映像やん~♪(笑)
でもまだ会ってはいないものの、瀬川には事件の関係者を調べて欲しいとメールは送っている様子。

そんなある日、「里子が転落死した事件の犯人は盟」だと塚本准教授に言ってきている人物がいる…と春奈から聞いた盟ですが、九鬼は塚本准教授が盟を嫌っている情報をどこで仕入れた?(^_^;)
おまけに、どうやって番号を調べたのか?颯を携帯電話で呼び出したりして…。
どうやら物凄い『情報屋』がバックにいると思われ(笑)ナンデヤネン! (≧∇≦)/☆(.. )

しかし、颯はお兄ちゃんを守りたい一心…というのは解るのですが、事件当日も現場にいたはずなのに、「行ってない」と嘘をついたり、勝手に九鬼に会ったりして、観ていてヒヤヒヤさせられますわ。(^-^;A
盟が夢にうなされて偶然起きて、夜中に出かけて行く颯の後をつけなければ、九鬼とあの後どうなっていたことやら…。
そういえば番宣CMで、里子が何者かに屋上から突き落とされたシーンが映っていたのですが、あれは盟の夢の中での出来事だと思って大丈夫?
めちゃ、紛らわしい(笑)

その後、九鬼に下水道へ呼び出された盟。
そこで里子が借りようとしていた300万円の真相が語られました。
九鬼と里子は、彼女の兄が同じ下水配管工の仕事をしていて知り合い、その兄が事故に見舞われて植物状態になって多額の治療費がかかり、九鬼が消費者金融から借りて工面したらしい。
借金取りに追われる九鬼のために、盟に嘘をついてお金を借りようとしていたようなのですが、確かに里子が自殺するような理由が見つからないんですよね。
九鬼が盟を疑っても仕方ないような気もしますが、だからといって盟も殺そうとする動機にも繋がらない。
どこまで引っ張るのやら、真相はまだまだ謎ですわ。


ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
盟の愛車はプリウス♪(笑)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ぼくの妹
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スマイル」 第3話
小学校での集団食中毒事件。
テレビでコメンテーターみたいな人物が「原因は卵スープに使われていた卵…」と発言してたので、ホッとしたものの、結局は町村フーズが納品した赤飯に使われていた“もち米”が疑われることになってしまったらしい。(^_^;)
担当の検察官・北川(甲本雅裕さん)は、前回の裁判で一馬にぎゃふんと言わされてたようだし、ビトを目の敵にしている古瀬刑事も駆けつけたりして、これはかなり不利な状況ですわ。
でも、まず疑わしきは“もち米”を納入した業者じゃないんですかね~。(^-^;A
他にも納入しているはずだから、そっちの方から町村フーズへの疑いが晴れる…みたいな展開を希望しますわ。

ビトと仲良しの小学生・里菜(寺本純菜ちゃん)も病院に運ばれ、彼女との約束で「おはぎ」を届けたビト。
食中毒で入院中なのに、食べ物を届けるってのもおかしな話ですが…。
同じくビトを偏見視している母親からは、二度と来ないで欲しい…とあれほど言われてたのに、何も知らなかったとはいえ、また毒物が混入された「おはぎ」を食べさせられて、母親感情としては怒り心頭ですよね。(^_^;)
で、一緒に病院へ駆けつけた花も倒れてましたけど、同じ「おはぎ」を味見していたはずのビトが大丈夫ってのは不思議ですわ~(^▽^;)アハハ
どんだけ強い胃袋やねん!って話ですよ(笑)Σ\( ̄ー ̄;)コラコラ

しかしまだ、吉沢悠さん演じる役どころが謎。
花は何かの事情で親戚の家に預けられていたようですが、あまり歓迎されていなかった様子。
その辺の事情もよく解っていて、親身になってくれている存在…?(゜-゜)ウーン
二人の様子を目撃したビトも、思わず嫉妬してしまったような雰囲気でしたしね。
なのに、ビトに対してかなり積極的な、“魔性の御女”=花(笑)
お揃いのブタのキーホルダーを“恋人”だと言ったり、赤い紐をお互いの小指に縛ったりして、またそれを全然照れてないところが魔性?(’-’*) フフ
あの積極さはどこからくるのか、不思議ですわ~。
ビトには初恋の女の子に「何か、汚い…」と言われたフォークダンスの苦い思い出があるらしく、女の子に対してはちょっと警戒心を持っているようですよね。
でも花は気になる…(笑)
フルーツ入りの「おはぎ」を試行錯誤しながら作っている二人の姿は、微笑ましくて本当に楽しそうだったので、上手くいって欲しいですわ。
でも2015年のシーンでは、「僕と出会っていなければ、彼女は…」みたいなビトの台詞があったのが気になるところ。
もしかして不幸になってしまうとか?(^-^;A
そういえば、2015年には花が登場してませんが…。

今回はビトと一馬の距離がグッと近くなる出来事がありました。
あれだけキムチや韓国料理をを嫌っているってことは、一馬は韓国の人、もしくは在日韓国人とかなんでしょうかね?
ビトの境遇が自分と重なる部分があって、遠ざけていたという感じ…。
でも外国人風のコンビニ強盗を一緒に捕まえたことで、二人の間には何かが芽生えた様子。
町村ブーズの危機にも、すぐに対応して駆けつけてくれてたので心強いです。
しかし2015年のシーンはチラチラでてくるだけで、まだまだ謎が多いですな。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
役作りした松潤君より、今は嵐のリーダー・大野君の方が日焼けしてます(笑)
しかも魚釣り焼けって~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : スマイル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第3話
今回は「Episode」という雑誌の、読書モデル連続暴行事件。
被害者はナイフで脅され、手錠と猿ぐつわをはめられ…と、かなり手荒な犯行。
そんな中、3人目の被害者・樋口ゆかり役が酒井若菜ちゃんだったので、何となく「ピン!」ときてしまいましたわ(笑)
だって一人目の犯人らしき男・三上(七枝実さん)は、不自然な遺書を残して自殺に見せかけてすぐに殺されたし、次にやたらと犯人っぽく挑発的な態度をとっていた金田(金井勇太さん)じゃ、インパクト弱すぎでしたもん~(^▽^;)アハハ
ま、一番の確信は「いいとも」のテレフォンショッキングに出演した玉山君が、「犯人の方をお迎えして…」とやたらと丁寧な言い方をしていたから?(笑)
お友達紹介した吉瀬さんに「お迎えしちゃ、ダメでしょ~」とツッコミを入れられていましたが。(’-’*) フフ

しかし金田にも決定的な証拠が無く、“任意”も拒否されて聴取できない…ということで、絵里子は被害者のゆかりを金田と間近に接触させて、犯人かどうか確認させることに。
もちろん対策室のメンバーたちには大反対されることとなるのですが、「犯人を逮捕するため」と絵里子にはお構いなし…(^_^;)
で、当日緊張感高まる中、ゆかりが犯人だと認めたところで、金田はその場にいたメンバーたち全員に取り押さえられて無事に逮捕です。

ところが「女の敵は女」とゆかりが言ってた通り、犯行は全て彼女がやらせていた…と、絵里子は最初から睨んでいたようです。
最初は、犯行当日にまるで入院を予期していたかのような所持品。
次にブランドの新作発表会の帰り道に襲われたというのに、2年前のデザインの靴を履いてたこと。
…って、私には最新だか2年前だか、全く区別はつきませんが(笑)
そして金田が逮捕される瞬間、ゆかりの行動の一部始終を観察して確信したようです。
何か若菜ちゃんって、最近悪役が多いような?(^^ゞ

でもビックリさせられたのは、山村が絵里子に指示されて、ゆかりに関する証拠品を集めていたこと…。
りんごを貰ったと言っては喜び、使った後の紙コップを貰ったとか言いながら嬉しそうに眺めてた日にゃ、「どんだけ変態やねん!」と思ってしまって、スミマセン!(笑)
実は指紋やら唾液やら、後々の鑑定に使うために集めてたみたい。
銀行口座も、三上への入金を確認するため。
それと犯行に行われた廃墟の外で、真美がゆかりが吸ったらしきタバコを見つけていた…というのも、決定的だったようですね。
ただ単に犯人が判るだけでなく、その過程も楽しめるのがこのドラマの特徴でしょうか♪

で、片桐が定時に帰っている理由は何か意味があるのか?…思っていたのですが、今回は被害者のところへお見舞いに行っていたらしい。
「ちゃんと残業、つけなさいよっ!」と、絵里子も分かっていた様子。
いや~ん。あんなイケメン刑事がお見舞いに来てくれるなら…と思わず妄想してしまったワタクシです(笑)ナンデヤネン! (≧∇≦)/☆(.. )




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ
木曜日はウハウハです(笑)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログは本家サイトでどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク