「流れ星」 第7話
私がドナーになる…
そう決心して戻ってきてくれた美奈子ですが、やはりもう遅過ぎたようです。
いつの間に、健吾は梨沙のことを?(^_^;)
相変わらず分かりにくい男ですが、梨沙が姿を消して自分の気持ちに気づいたって感じでしょうかね。
健吾の家からは、とりあえず水族館の前を通らないと出て行けないらしい…と一応ツッコミを入れておきましょうかね(笑)

修一が病院に臓器売買をほのめかす様なFAXを送ってきたことを、神谷から聞いた梨沙ですが、家に戻ってみると和子からもお金をせしめていたことにも気づく訳です。(^-^;A
そのお金を返しに行くと、彼女を捜し回っていた健吾と鉢合わせ…。
もう一度戻ってくるよう説得され、梨沙もマリアの命を救いたい…と、あらためてその想いを強くするのですが、そこにはきっと健吾への気持ちも入ってるんですよね。(・_・、)
オペの前日に、「私のお腹を覚えておいて…」と健吾の前で見せた梨沙。
劇的な進展は無かったけど、眠れないという梨沙に朝まで付き合ってたし、静かに二人の愛は深まりつつあるのかな…と思いきや、そういえばその前に「契約」を口に出していたんですよね。
あ~ぁ、健吾ったら気持ちとは裏腹に…(^_^;)
梨沙は健吾への想いを抱えながら、オペが終わったらやっぱり去ってしまうのでしょうか。

一方、涼太の死に直面したマリアは命の有り難味を感じつつ、病状は少しずつ悪化している様子。
やっとやん(笑) コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
健吾も正直に話してくれて、梨沙の想いを信じてみよう…と、やっと臓器移植を決心したようです。
再び病院へ修一からの横やりFAXが届いたものの、神谷が守ってくれました。
彼もまた、健吾や梨沙を信じてみよう…と決心してくれたってことですよね。

そして始まったオペ…。
これでやっと落ち着くのかと思いきや、もずく頭兄が綺麗なお姉ちゃんと会ってましたよ。
どうやら記者っぽい感じだったので、健吾たちからお金を強請れないと分かって、今度はネタを売る気か?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
どこまで必死やねん~(^_^;)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



吾郎ちゃんの頭が、日に日にクルクルになってるような気がするのは私だけ?(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : 流れ星
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第7話
また予告が無いやん~(^_^;)
…と、気になって色々と調べてみたら、脚本家・木皿さんがかなりの遅筆らしい。
ドキドキハラハラさせるための、出し惜しみ作戦かと思い込んでました(笑)

しかしまた、今回も何度切ない思いにさせられたことか…。
月子が学校へ登校するようになり、「Q10撤収」の一抹の不安を覚えた平太は、「不安のかけらも無いところ」へとキュートを連れて逃げようと決意する訳ですが、今の彼にはどこか知らない誰にも見つからない場所に隠すことが精一杯。
「いつか必ず迎えに行く。自分の力で匿えるようになったら…。必ず、約束する。」という平太に、「約束はしません」というキュートの返事に??になってたら~
「いつ如何なる時も、キュートは平太を信じます」の言葉にジーン…。
うんうん、平太を信じているから約束なんか要らないよね。(・_・、)
「めでたし めでたし」にはならないかも知れないけど、今の自分に出来ることをやろう。
平太がそんな決心をしているとは誰も想像していなかったものの、お父さんだけは何かを感じ取った模様。
何かの時に…と平太に差し出した一冊の本の87ページ(七転び八起きらしい)に挟まれていた1万円札!
懐かしの聖徳太子ってことは、相当前から準備していたってことですよね。
しかも「何か」は自分の為に使うんじゃなくて、息子に…っていうところが泣けましたもん。
栗子先生のところに泊まるというキュートに、しげはお重を持たせてましたが、あれって先生一人じゃ食べきれない量だし、彼女も何か察していたのかな?と後で気づきましたわ。
キュートは平太に言われた通り「大事なもの」を持って来た訳ですが、しげの言葉をそのまま受けて“アルバム”。しかも小川家の…(^-^;A
キュートの生命線である充電器が無いのは痛い。
ロボットなんだから、その辺のところはちゃんと言っておくべきだった…と反省しても、すでに遅し。(^_^;)
こういう平太のうっかりも、キュートと人間のように接しているからこそだと思ったけど、充電が切れて動けなくなった彼女を、今は使われていない漁船にこっそり隠していく様子を見ていると、やっぱり“ロボット”なんだな…とあらためてしみじみ思ったり。
仕方なく一人で暗い山道をトボトボと歩いていたけど、携帯も忘れてきたし、薬も無いしで急に心細くなった平太は「誰かいませんかーー?」と叫んでその場に座り込んでしまう。
そこへゆっくりと近づいてくる、一つの明かり…。
「どこに行きたいのか、今解った。俺は帰りたいんだ。懐かしいキュートへ帰って行きたいんだ。
キュートおかえり… そして、ただいま…。」

今回のテーマは繰り返される人間の生と死…という感じだったでしょうかね。
校長先生の最初の奥さんはすでに亡くなっていて、デキ婚の娘さんをなかなか受け入れることが出来なかったけど、生まれてくる子どもが奥さんの生まれ変わりだと占い師に予言された後は、すっかりデレデレのおじいちゃん。(^.^)
カナダ行きが決まって別れることになった影山と恵美子は、最後に嘘でもいいからと「幸せな姿」を映像に残そうとする…。
幸せな結婚生活、出産…そこに生まれた新しい命。
そしておばあちゃんの死…。
(しげさん、ノリノリでおばあちゃんになりきってましたやん~:笑)
そうやって、受け継がれて続いていく命。
久保君が直面したのは、入院中に知り合った男性の死。
結婚もせず、子供もいなかったけど、自分が作った橋に思いを馳せる生前の様子。
彼の命は受け継がれなかったけど、そんな人生もあっていい。
身近な人の死を目の前にして、急に怖くなった久保君の手を、そっと握った民子のシーンが印象的でした。
そんなシーンを見ながら、平太とキュートにも受け継がれるものは無い…と思うと、無性に切なくなりましたわ。

一方、月子は平太とキュートがいる場所にやって来てました。
といっても、ずっと後をつけてた様子でもなかったので、GPSか何かで判った?
誰かからの電話に「明日からQ10の撤収準備を始めます」と答えてキュートに充電器をつけた後の、「任務は終りだって。帰るよ。さようなら…2010年」の月子のセリフ。
(  ° ▽ ° ;) エッ もしかして彼女は未来から来た人とか?
そういえば栗子先生が月子に「肌塗ってる?」と聞いたり、ニオイをクンクン嗅いでたりと、アレ?って思うようなシーンがありましたよね。
学校は“お正月の福袋”みたいなところ…や、藤丘君が初めて焼いたパンを「明日のニオイがする」…という栗子先生の表現には、なるほど~♪でしたけど。(^.^)

最後はやっぱり撤収されちゃうんでしょうかね。(・_・、)
充電切れのキュートに声を掛ける月子の表情がすごく優しそうに見えたので、“敵”じゃないことは確か。
物語がどんな風に落ち着くのか全く予想はつきませんが、希望が持てる終わり方がいいですわ~。
何なら、ドラマが永遠に続いてくれてもいいですけど(笑)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



栗子先生の誕生日プレゼントに、何か言葉を…と言われて、「好きです」のつもりが、「ヘンシン リセット」の方の紙を渡してしまった小川先生。
「俺の人生、『今のなし』の連続だよな~」の一言。
(゜-゜)(。_。) ウンウン 私も妙に共感しましたわ(笑)

「オルガンカバ」は、ぜひ読んでみたい!




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票実施中!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ 庚の回
しかし次から次へと、濃いキャラが出てきますね~(笑)
今回は相手の心を瞬時に読み取ってしまうという能力を持ったサトリ(真野恵里菜さん)が突然ミショウに現れる訳ですが、“新宿のシンデレラ”は12時を過ぎると強力な睡魔に教われるそうな。
どうやら“SPEC”を使うためにかなりの体力を失うらしく、一日に何度も眠くなり、その際は能力が弱まる…という特徴のお陰で、冷泉の奪還にも成功した訳ですが~。
撃たれたはずの津田が、直後に生きてましたよ。
(  ° ▽ ° ;) エッ
もしかして彼も何か“SPEC”を持ってるとか?
それとも最初から撃たれたフリをしていたのか?またまた謎が増えましたやん。
いや、まだ桔平さんが見られるのは嬉しいけど(笑)

そして新たな“SPEC”疑惑といえば、見舞いに行った病室からの去り際に、美鈴の頭をサラッと撫でていた地居。
彼女が当麻から読み取ったという少年を描いた一枚の絵も持ち去ったってことは、もしかして記憶自体を消したってこと?
うわ~、気になりますやん。
ただの元婚約者じゃなかったのは、何か嬉しいサプライズ♪
描かれていた「猫と一緒に遊んでた男の子」って、たぶん一ですよね?
ということは、当麻は一を前々から知っていたってことなのかな?
また、今回も「?」だらけ(笑)(^_^;)

で、サトリと冷泉を確保した当麻と瀬文ですが、野々村への報告はサトリのみ…。
しかし野々村もそれは分かってる風でしたよね。
奥さんとは離婚できず、雅ちゃんとは結婚できない上に、彼女はもうすでに猪俣と付き合ってる…とサトリに宣言された散々な野々村だけど、時々カッコイイ(笑)
「見逃してくれたら…」という交換条件に、冷泉は瀬文には「病気を治すSPECの持ち主」、当麻には一の居場所をそれぞれ予言した訳ですが…。
このまま逃げたところで、冷泉はまた確保されてしまうような気がするのは私だけ?
津田も生きてますしね。
しかし彼を買ったという人物も気になるところ…。
レモンが山ほど買える、大金持ちということは分かってますけど(笑)

しかし、当麻の前に現れた一はジャージ姿の普通の少年。
お母さんも特に怪しい様子はなかったし、当麻が後ろ手に持ってた拳銃とのギャップに戸惑いますわ。
瀬文が会いに行った「病気を治す…」という人物は姿が映らなかったけど、もしかして今までの登場人物の中にいるとか?
あ~、また一週間が長い~(笑)(^_^;)







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



真野恵里菜さんって、ハロプロなんですね。
やっぱ、可愛いわ~♪(^.^)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍~Team Medical Dragon3」 第7話
屋上から落ちて大怪我したのに、3週間でオペに復帰?
朝田は、もはや人間ではなく…(笑)
いや、それを判断した加藤ちゃんたちにもビックリ!(^_^;)

記憶障害は一時的なもので、徹君の涙のお陰で無事に思い出した朝田。コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
「オレが必ず治す」と固く約束したシーンは感動的でしたが、必死に自力でリハビリするも、朝田はどうやら手のしびれが残っているようですわ。
予告では徹君が急変してたみたいだし、こんな状態で一体どうなることやら…。
っていうか、あんな大手術したはずの朝田なのに、自分勝手にリハビリをして、また心臓の弁とか裂けたらどうしますのん~。
やっぱり、人間じゃない(笑)

今回は朝田不在のまま、転院してきた妊婦の理恵(星野真里さん)。
お腹の赤ちゃんが出産と同時に脈拍が落ちてしまう…という病気に罹っているらしく、出産後の2分間が勝負らしい。
時間との戦いなので何度もシュミレーションをしてオペに備えるものの、焦れば焦るほど上手くいかないのが常です。(^_^;)
で、また理恵の旦那さん・修一(吉田栄作さん)というのが加藤ちゃんの元婚約者って、世間狭っ!(笑)
お約束で、朝田の回復を待つ前に緊急オペとなる訳ですが、チームの頑張りで無事に終わろうとした頃に、また別の疾患が発覚。
朝田が足を引き摺って駆けつけてたから、まさかあんな状態で執刀するのかと少し心配になったけど、さすがにそこまではなかったみたいですね。(´▽`) ホッ
そんなことなら、最初からあの部屋で待機しておいて指示すればよかったのに…と、TV前の殆どの皆さんがツッコミを入れたことでしょう(笑)
今回も蔵之介さんの滑舌の良い病状説明に感心しながら、殆ど頭に残ってないところが残念。σ(^_^;)

ちょっと気になるのは、2kg痩せたらしい黒木。(←荒瀬情報)
彼ももしかして何か病気?
まさか心臓じゃないでしょうね~?ヾ(*°▽°)ノあはは





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




何が一番ウケたって、野口のマトリョーシカ!!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
あれを作ったスタッフさん、凄過ぎるぅ~(笑)
しかし中国へ行ったはずが、ロシアに滞在してるってこと?
さすが、のぐっちゃん。やりますな~。



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 医龍3
ジャンル : テレビ・ラジオ

「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」 第6話
明珍の後任として課長補佐に昇格した角松ですが、今までの勢いは何処へやら?(^_^;)
部下を守りたい…という上司としての心意気は分かりますが、彼の良さがすっかり失われてしまいましたやん。
クルクルパーマは相変わらずだけど(笑)

今回は東京国立大学のマドンナ教授・響ゆかり(鈴木砂羽さん)が、国からの科学研究費をプールしていた訳ですが、“響ファイブ”の面々も最初から怪しかった上に、金田と間違えて角松に怪我をさせるわ、銀行ぐるみで不正に加担してるのもバレバレ。(^-^;A
学生に深々と頭を下げたら、アカンやろ(笑)
毎回分かりやすい不正の“シッポ”を掴むまでの過程で楽しませて欲しいところですが、これも何か中途半端なんですよね~。
過去貧乏性だからって、本棚の後ろにお金を隠してた…というエピも、何か浅い(笑)(^_^;)
芯子はせっかく元詐欺師なんだから(?)、この辺のところをもう少し生かして潜入捜査するとか、他の調査官たちと普通に調査するのは勿体ない!
もたいさんと年増園シーンが無かったら、とっくにリタイアしてたかも。

とりあえず、工藤が芯子に告白したことでちょっと面白くなってきたのと、左遷された明珍の復活を願って、もう暫く様子見です。(^^ゞ







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




「わたしくろうもしたわ」…(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 黄金の豚
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フリーター、家を買う。」 第6話
ん?( ・。・)?
何だか、ちょっと騙された気分(笑)
子どもたちに頼られることも無くなり、寂しくて…と、誠一は浮気じゃなかったみたいな空気になってましたけど、あのお姉ちゃんは勉強を見てもらってただけでなく、お金まで援助してもらってたってことですよね?
そのお陰で夜のバイトを辞められて、勉強に専念できた…
までは、ギリギリ許しましょう(笑)
しかし確か、靴とかバッグとか買いなさい…みたいなお金まで受け取ってたじゃないですか?(^_^;)
それに家まで行ってたってことは、それ以上のこともあるかも~?って、誠一絶対下心ありましたって~(笑)
ま、そういう関係じゃなかったってことで、今回は大目に見てあげますが(何様やねん:笑)、お金は出世払いでちゃんと返してね~。ヾ(*°▽°)ノあはは

そして西本のおばちゃん…。
あの怪しい営業マンからすると、30万円の印鑑では済まないですよね。(^-^;A
お隣の寿美子を10年間もいじめ続けたバチがあたった…といえばそれまでですが~。
たぶん後でそれを知った弁護士の息子が頑張って、最終的には親子関係が雪解けムードになるという展開なんでしょうかね。
一度ぐらいは痛い目に遭わないと(笑)

今回は恋愛エピが二つ。
真奈美はとうとう山賀さんに気持ちをぶつけてしまった訳ですが、予想通りに結局フラれてしまうことに…。
しかしこれでスッパリと気持ちの整理も出来たし、後はこのまま誠治に?
・・・という訳にはいかなさそうです。
哲平は、やっとあかりに気持ちが通じた…と喜んでいたら、まさかの事故。
過去に作業員が現場で大怪我をしたというトラウマを抱えている真奈美は、また苦しい境地に立たされることになってしまうようです。

果たして、誠治はいつになったら家を買えるんでしょうか?(^▽^;)アハハ






勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




あの時間に焼き芋は痛い(笑)




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : フリーター、家を買う。
ジャンル : テレビ・ラジオ

「流れ星」 第6話
マリアは梨沙からの移植は受けないと選択。
それを聞いた梨沙は、健吾や和子の強い思いを伝えるために事実を伝えたようですが、マリアにとっては益々頑なに拒否することになってしまう。
おまけに金銭の授受があった…とマリアが神谷にも伝えてしまったことで、結局振り出しに戻ってしまいましたやん。(^_^;)
困った梨沙は美奈子のところへ行き、移植手術が終わったら離婚してヨリを戻す…とマリアに話して欲しいと頼んでましたが、美奈子は今度こそ自分がドナーになる決心を固めた様子。
う~、何だか話がややこしくなってきましたが、予告では健吾が梨沙を必要だと言ってたみたいなんですよね。
自分たちの為に犠牲になる美奈子を思いやってなのか?それとも梨沙の「マリアを助けたい…」という気持ちに対してなのか?
健吾は心の内が分かりにくいキャラなので、余計にややこしい(笑)(^▽^;)
梨沙の気持ちは、まだ今回も伝わっていないようですし…。

一方、梨沙の留守を狙って岡田家にやって来たもずく頭兄。
兄として妹の体にキズをつけたくない…なんて、もっともらしい事を言ってたようですが、所詮お金が目的ですやん。(^-^;A
和子の心理に上手くつけ込んで、お金をせしめてましたよ。
しかしこれで終わる訳がないんですよね~。
怪文書のようなものを送ってたのもきっと彼の仕業でしょうし、となると岡田家だけでなく、神谷や病院まで巻き込んでもっと大金を手に入れようとエスカレートしそうな予感がしますわ。(^_^;)

そして、あっという間に病状が悪化して亡くなってしまった涼太。
彼の死を目の当たりにして、マリアも少しは自分の状況に危機感を持ち始める?
生前の涼太が健吾に託した携帯には、辛そうな体をおして一生懸命落語を話している動画が遺されていました。
それを見たマリアは号泣…Y(>_<、)Y
どんな手段を使ってでも、生きて欲しい…
そんな涼太の思いを、彼女はどう受け止めたのか気になるところです。




勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



サブタイトルの「愛と死」は、そういうことか…。(^_^;)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 流れ星
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第6話
(*/∇\*) キャー 何ですか?
平太とキュートの、あの可愛いキスシーンは~!!
「はにかむ」という表情が出来ないキュートが、口を尖らせて困ったタコみたい仕上がってたのを見て、何となく予想はしてましたけども(笑)
「俺が望むのは、キュートがこの先、泣いたりしないことかな…」
という平太の言葉を受けて、涙のタンクを取り出したキュート。
これからロボットの一生、250年間泣かないらしい。
「泣きたくなったら、平太を思い出して笑います…」
なんて言われた日にゃー、やっぱりチューしかないですよね。(’-’*) フフ
しかし、何か二人の別れを予感させるような展開が続いて、何度も胸の奥がキューと締め付けられるような感覚に襲われたのは言うまでもありません。(・_・、)

そして、中尾君がいつものイイ奴キャラに戻っててホッとした(笑)
前回は「欲しい欲しい病」に罹ってたから仕方が無かったという訳ですな。
そんな彼が、いちごポッキーを万引きしてしまったという藤丘君の弟・勇人に自分を重ね合わせ、周りが見えなくなるほど最悪な欲望で平太を追い込んでしまったと反省。
故障したエレベーターの中での藤丘兄弟のやり取りにも、ジーンとしましたわ。
「この先いいことなんてないから、このまま死んじゃってもいい…」と人生を諦めるような言葉をこぼした弟に、藤丘君は弟が生まれた日の喜びを話して元気付ける。
結局もう学校へは通わず、昼間も働くという決心をしたようですが、そのエピが「好きなことを自分で選んできただけ…」と栗子先生に話したしげの言葉にも繋がってるんですよね。
道が違ってしまうことは、決して不幸じゃない…。
そういえば、自分の人生も振り返ってみれば全部自分で選んだ道だ…。しみじみ…。

しかし堺正章さんの「さらば恋人」を、学校を去ることになった藤丘君のためにクラスのみんなが歌う…というシーンでの、周りの大人の過剰な反応にちょっとイライラ。
別に叫んだり大声で歌ってた訳じゃないし、フルコーラスぐらい許したれよ~とか思いましたけど(笑)(^_^;)
でもその後の校長先生の言葉もまた、良かった。
近所の人の通報で駆けつけた警察官に平謝りの校長先生の姿に、しゅんとする生徒たち。
そんな彼らに「常識破んなきゃ、伝わらないこともあるんだから…」と慰めていた姿に感動でした。
クラスメイトたちの思いは、藤丘君に十分に伝わったはず。
ぽっかり空いた“穴”は忘れ去られること無く、そこにいた存在はずっと生き続ける…。

一方、相変わらず不意に現れる謎の月子。
彼女が平太に渡した、Q10のおでこにかざせば「望みが叶う」という1枚のカードも不思議でした。
急に普通の人間の女の子らしくなったかと思えば、ガンガン平太に迫ってますやん。(^▽^;)アハハ
ということは、一人の女の子としてキュートと付き合いたい…と思ってるってこと?
しかしかなりの電力を消費するとかで、あっという間に充電切れ。
その後、どっさりカードを渡してましたけど、結局平太はそれから一枚も使わないという選択をしたようです。
「無理しちゃって…」
「無理するのも、いいんじゃないか?」
平太と月子のやり取りは、ちょっと緊迫感が漂ってました。
キュートの“はにかんだ顔”を知らなかった月子は、「Q10は私たちのものなんだからね!」と、まさかの負けず嫌い発言。
何?私たち??(  ° ▽ ° ;) エッ
平太を試しているようなところも感じられるし、おまけに自分のことを誰かに話したらQ10を撤収するやら脅すようなことも言ってたし…。
で、予告も無いって、どういうこと~?(泣)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



久保君が恋に落ちる瞬間、見た!(笑)
平太から「久保の為に、長生きして欲しい…。一日でも長くいて欲しい…」と伝えられた民子は、その想いに戸惑いながらも、久保君の為に神社で“大吉・長寿”が出るまで何回もおみくじを引く。
何かそういう一つ一つのエピに、心が温かくなります。




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 己の回
う~、すっかり騙された。(^_^;)
「病を処方するSPEC」の持ち主は、てっきり白い口ひげの怪しい男・宮崎だと思い込んでましたけど、あれは海野のミスリードだった訳ですね。
あんな特徴のある男が現場にいたら、そらそっちに目が行くってもんです。
瀬文もまんまと騙され、宮崎の居所を探し回って結局振り出しに戻り…。
しかし処方の方法が、おでこでごっつんこ…でしょ?
ということは、5人の公安も海野に“ごっつんこ”されたってこと?(笑)(/_;)/アレー

そして出張先の南アフリカで火災に遭い焼死した…ということになってしまった里中ですが、妻の小百合は不自然に整頓された夫の書籍が気になった様子。
そこに着目した当麻たちは、その書籍が何者かの手によって全て入れ替えられた物だと確信。
遺品の中に証拠やメッセージを残されては困るって訳ですな。
で、なぜか1冊だけ図書館から借りた本があった…という小百合の証言から、慌てて探しに行った当麻たちは、その本に小さなチップが隠されていたのを発見した。
その当麻と瀬文たちの一部始終をずっと監視していたかのような老人2人は、もしかして公安の人間?
あれはかなり不気味でしたわ~(^-^;A

で、調べてみると、そこには里中が公安の機密情報から入手した「SPEC」を持つ人間のデータが…。
予知能力、念動力、超聴覚を持つ、時間を止める能力を持つ…などの欄には名前が書かれてあるのに、「病を治す」欄は不明。
しかし「病を処方する」には、謎の「0」が書かれている。
普通の「0」じゃなくて、中に斜めの線が一本入ってるというところがミソ?
同じく、植物状態の兄の為に「病を治す能力」を持つ人間を探しているという美鈴を地居がミショウに連れて来てました。
あっ!それなら私、知ってますよ!タッキーやん♪(笑) チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

そのデータを一瞬にして読み取った美鈴が、海野のもとへ…。
どうやら海野は難病を処方して、実験的にオペを繰り返していたらしい。
当麻たちも「病を処方するSPEC」を持つ人間が海野だと分かって駆けつけた訳ですが、里中の娘・梨花ちゃんの手術の執刀医が海野だったことで彼に全てを委ねるしか手立ては無く…。
結局、手術後にトンずらされてしまってました。(^▽^;)アハハ
でもその後、海野は数人の男たちに囲まれてたようですが、連れ去られてしまったんでしょうかね?
あのまま闇に葬られてしまうのか?それとも冷泉のように監視下に置かれるのか?
まさかあれで出番が終わり…ってことはないでしょう(笑)
「お前らにも…」の捨て台詞が気になるところ。

そして気になるといえば、普通の中学生(高校生?)姿で登場した一。
猫に餌をやったり、「ヤベっ!母さんに叱られる…」と慌てて帰る様子やらはホントに普通の少年に見えたけど、その後にサッと姿を消したところで、我に返りましたわ。(^▽^;)アハハ
しかし、ということは一は普通の生活を送ってるってことですよね?
いや~、彼がどういう生活を送ってるのかも気になりますわ~。




勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



当麻が作った「餃子入りカレーうどん」…。
しょっぱくて酸っぱくて甘ったるい…って、どういうことやねん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

堺雅人さんの「JOKER」は、まだ忘れてませんぞ!(笑)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍~Team Medical Dragon3」 第6話
今回もツッコミどころが満載でしたわ~(笑)
いかにも徹君が落ちたように見せかけていた前回の映像ですが、何か新しく撮り直して入れ替えました?…ってぐらい違ってましたもん。(^_^;)
それにギリギリ間に合ったのかなと思ってたけど、結構話してたみたいですしね。
ま、\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)

それより一番ビックリしたのが、屋上から落ちた割には骨折も無く、頭もかすり傷程度だったこと…。
頭に血がドバー!だったので、てっきり頭を打ってえらいことになってると思い込んでましたけど、結局は心臓の弁のあたりが裂けたり断裂したり…と、そっち方面の怪我でした。
そういえば荒瀬も心臓だったし、チームドラゴンの皆さんはやたらと心臓ばかりが~(^_^;)ゴニョゴニョ
患者は朝田だし、そんな大きなオペを一人でやることになって怖気づいた伊集院でしたが、藤吉先生が叱咤激励してくれたお陰で何とか気を持ち直してくれて助かりました。
しかし思ったより酷い裂け方で手が止まったり、途中で鬼頭からオペの中止を申し入れられて立ち尽くしたり…という彼の様子に、TV前で何度叫んだことか~(笑)σ(^▽^;)
君がそんなぼんやりしている間に、取り返しがつかないことになったらどうするねん!
とりあえず加藤と荒瀬がオペに間に合い、うるさい外野状態の鬼頭から守ってくれたり、執刀医としての伊集院の判断と腕を信じてくれたことから、無事にオペは成功したようです。
伊集院はあらためてチームの大切さを実感。
黒木軍団から、再び戻ることにしたようです。

そしてやっと意識を取り戻した朝田が、最初に話した言葉は・・・
「オペって?…誰?」
(  ° ▽ ° ;) エッ もしかして記憶喪失? 
なぬ?オペさん?
・・・とか一瞬思ってしまいましたが、予告では脅威の回復力で徹君に普通に話しかけてたし、ここも記憶喪失に見せかけて~というシーンかも知れないですね。
もう、騙されません!(笑)

ところで今回やっと明らかになった黒木の過去。
彼もかつて心臓外科医のチームに属していて、そこで行なわれたロス手術に教授が執刀医として行なったものの結局失敗。
教授はその失敗を助手の黒木のせいにして責任を逃れ、黒木は医局を追放された。
おまけにその患者さんというのが、黒木の婚約者だった…と、一度に二重の苦しみを味わった訳ですな。
だから「チーム」や「ロス手術」を目の仇にしていたのか~。
“チームドラゴン”に戻ると言った伊集院に、「どん底に落ちた時に、本性を表す」と言ってた黒木の言葉が繋がりましたわ。
カテーテルは外科医への復讐…とも言ってましたよね。

そして、ぷっつり出番が無くなった野口ですが~
“しょうこ”と名づけたアロアナちゃんが残ってるってことは、すぐに戻ってくる予定?
パワーアップして復活♪かな?(笑)








勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



エレベーターの中で並んだ黒木と荒瀬…
お医者さんが銀髪と金髪って、ある意味凄い病院ですやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 医龍3
ジャンル : テレビ・ラジオ

「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」 第5話
今回も悪キャラが分かりやすいのなんの~(笑)(^_^;)
芯子たちが小学校の不自然な耐震工事費を調べようとしたら、そこに引っかかってきたのがいかにも怪しい教育管理委員会の会長・錦(日野陽仁さん)。
ラジオ体操に代わる新しい体操“のびのび体操”に絡んで、不正が出てくる出てくる(笑)
ゆるキャラブームだから着ぐるみはギリギリでアリにしても、中にお姉ちゃんを入れて差し出したらアカンでしょう~(^-^;A
他にも特定の企業に色んなグッズを作らせて、その利益を見込んでの接待三昧ですわ。
高級クラブでの接待だったので、捜査をしていた角松たちの懐は寒くなる一方。
こういうのって、経費じゃ落ちなさそうですね…(^_^;)

で、アチコチで尻尾を出した錦ですが、いくら古くからの知り合いだからって最終的には校長先生(矢崎滋さん)まで彼になびいてしまったのはなんだかな~。
夏休みにラジオ体操に参加できなかったマルオ(濱田龍臣くん)が、景品のノートの為に雨の日も風の日も毎日頑張る姿を応援していた校長と同一人物とは思えません(笑)
公益法人の理事長の席を約束されて、錦の言いなりになってましたやん。(^-^;A
そういえばこのマルオ君ってどこかで見たことあるな~と思ってたら、「龍馬伝」で幼少の龍馬を演じた男の子でしたね。
相変わらず、可愛い♪

すったもんだあった挙句、マリリンが錦を知っていたり、色んな偶然が重なって、今回もトントン拍子に話が進んだな~という印象しかないんですけど…(^▽^;)アハハ
まぁ、こういうドラマだから分かりやすい方が視聴者も安心ということなんでしょうかね。

そんな展開の中…
茶々から芯子の身辺調査を命じられていた明珍ですが、彼女が元詐欺師で仮釈放中だと分かったものの、報告書には「問題なし」と提出したようです。
栄転も決まったし、その場では何事もなかったように見えましたが、どうやら事実上の左遷?
あんなに嬉しそうにしてたのに…。
このところ芯子たちのチームワークが良くなってきたし、特別調査課の活躍も続いていただけに、明珍という後ろ盾が無くなってしまうのは痛いですね。
新しい課長補佐は、上の命令には決して背かないような人物が選ばれるのかな~(^_^;)
でも明珍には、ここで終わって欲しくないですわ。







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ





どうせ潰しても、ゾンビのように甦ってくる公益法人…
あれ?どこかで聞いたぞ~(笑)(^_^;)




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 黄金の豚
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フリーター、家を買う。」 第5話
頼んでもいないラーメンが、10杯か…。
ゴミは誠治が職場で捨てさせてもらうことになったので、これで暫くは嫌がらせからは逃れられる…とホッとしたのも束の間、敵なかなかやりますな~(^_^;)
でも、亜矢子が「タダにしてもらって、美味しく頂きました♪」とバシっ!と言ってくれたことで、ちょっとスッキリしましたわ(笑)
西本のおばちゃん「ぎゃふん!」だったけど、これでまたエスカレートするかも?とか少しドキドキ。(^-^;A
予告では棒読み弁護士息子(コラコラ)が、母親に向かって酷いことを言ってたみたいですしね。
しかしストレスの捌け口にされちゃ、たまったもんじゃありません。

一方、寿美子のうつ病が受け入れられず、ずっと逃げていた誠一。
このままじゃいけないと自覚したのか、誠治のバイトと就活で忙しい様子を見て思い直したのか、珍しく協力的な態度を見せてましたのに…。
(  ° ▽ ° ;) エッ
ナンボなんでも、薬にアルコールはアカンやろっ!
夫婦の「思い出のワイン」は分かりますが、知らなかったとはいえ、これはちょっと痛かった。
案の定、寿美子は暫く入院することに…。(^-^;A
でもまぁ、寿美子の前ではケンカはしないと、父子がやたらとピリピリしていたので、これで少しは腹を割って話が出来るやろ。
…と歩み寄ったのも束の間、誠治は父親が見知らぬお姉ちゃんと待ち合わせている現場を目撃。
これがまた、最近の家族には見せてないような満面の優しい笑みを浮かべた誠一って~(^▽^;)アハハ
誠治、がっくし…。
まだ浮気と決まった訳じゃないけど、誠一のことだから上手く話せ無さそうだし、また売り言葉に買い言葉で大ケンカになってしまうんでしょうね。(^_^;)
気持ちが一歩近づいたと思ったら、また全力疾走で離れてしまうのか~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

そして今回は棒読み弁護士の悪キャラっぷりが爆発!
あかりちゃんをデートに誘ってその気にさせといて、高い崖から突き落とすようなあの仕打ち。
哲平がいなかったら、あかりちゃんがどうなってたことか…。
確かに“弁護士”とか“世界が違う”とか、彼女の言動には( ・。・)? アレ?って感じだったですけどね。
そんな中、とにかく健康で無事に生まれて欲しい…と誕生した真田の赤ちゃん。
居酒屋でギクシャクしかけていた皆さん、感動のご対面です。
最初はそんなささやかな願いが、子どもが成長するにしたがっていつの間にやら~ってことですな。
もう~、欲張りなんだから~(笑)(^_^;)






勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




俗に言う、バーターってことですか。
大人ってヤツは~(笑)(^-^;A



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : フリーター、家を買う。
ジャンル : テレビ・ラジオ

「流れ星」 第5話
なるほど、やっぱりそういうことだったのか…。
マリアは父親の愛人の子で、それを許せない健吾は父親を家から追い出したものの、その後3人は火事に遭ってマリアだけが生き残った。
そして健吾は父親を追い出した罪滅ぼしの為に引き取ることになった。

自分の病気の為に、健吾は美奈子と別れて梨沙と結婚した…と知ったマリアは、その現実が受け入れられなくて病院を抜け出した訳ですが~。
相変わらず元気そう…(^_^;)(笑)
マリアのことが心配で勝手について来た涼太の方が、たぶん病気の進行が進んでるんでしょうけど、顔色が悪く見るからに体調が悪くても彼女は全く分からないって、どうなんでしょう?(^▽^;)アハハ
だからこそ、妹を思う健吾の気持ちに気づけない…というのもあるかも知れないですけどね。
ホントに具合が悪くて、今にも死にそうだったら、そんなことも言ってられないですもん。

で、そんなマリアが向かったのは“オレンジの海”。
そもそも、山梨に海なんてあるの?…って話ですが、実は幼い頃に和子と訪れていた思い出の湖だったらしい。
ところが和子にとっては、実子の健吾と同じように愛さなければ…と一生懸命頑張ったものの受け入れられず、マリアと無理心中しようとさえ思いつめて行き着いた場所。
そんな和子の心情を、子どものマリアは気づいていたかどうかは分かりませんが…。
まだ梨沙からの移植手術を受け入れた訳じゃないけど、お互いに本音でぶつかったことで家族の絆が深まった…というところでしょうかね。
その場に居た梨沙は蚊帳の外という立場でしたが、“オレンジの海”に気づいたきっかけは彼女だったことはお忘れなく(笑)

その頃…。
ナースを上手く丸め込んだもずく頭兄ちゃんは、彼女から色々と情報を聞き出し、岡田家に忍び込んでいました。
和子ったら、慌てて駆けつけたもんだから窓のカギを掛けるのをうっかり忘れてしまったんでしょうかね~(^-^;A
通帳から写真から勝手に物色して、健吾たちを強請る計画でも立てるつもり?
健吾は梨沙をまだドナーとしか思っていないようですが、梨沙の方はどんどん惹かれていそうな雰囲気だけに、またちょっと切ない展開が続きそうです。








勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



健吾の父親はクリスチャンだったのか…。
お寺じゃ、雰囲気が出ないですもんね(笑)(^_^;)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 流れ星
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第5話
前回まであんなにイイ奴だった中尾君が、まさかの豹変。(^_^;)
今になって、細田君をキャスティングした意味が分かりましたもん(笑)
キュートがロボットだと確信した途端に中尾君は“欲しい欲しい病”に罹り、平太が小さく折りたたんでいた“恨み”や“嫉妬”の扉を開かせてしまうことに…。
月子が言っていた「力って持った途端、自分の思い通りにしたくなる。誰かが力を持って思い通りにするってことは、今ある世界が壊れること…」という言葉は、ちょっと考えさせられましたわ。
その“力”から、根も葉もないことをネットで誹謗中傷され、苦しんでいる民子…へも、上手く繋がってました。
匿名で書き込めるネットなら、自分の世界が劇的に壊れることもない。
だから平気で人を傷つけたりできるのかな…。
人は「不公平」を感じることで、“恨み”や“嫉妬”が芽生えてしまう。

しかしここにきて、月子の存在そのものが普通の人間なのか?それとも何かの“SPEC”を持った人間(笑)なのか?分からなくなってきましたわ。
今思えば、いつも物凄い良いタイミングで現れてるし、今回は「もしかして今、あなた時間止めました?」どころか「時間戻しましたよね?」的なシーンもありましたもん。
「私はあんたより大きな力を持ってる…」と中尾君に言ってた言葉も気になる。
それと、前回キュートのコンセントらしきものに細工してたところがチラッと映ってましたけど、別にまだ何の変化も無いですよね?
充電は1回で17時間もつ…と、中尾君にキュートの取り扱いの引継ぎをする時に平太が言ってたし、あれから1回以上は充電しているはずなので、単なるメンテナンスだったんでしょうかね。
これもまだまだ気になりますわ。

そして欲しい“モノ”を手に入れるために、屋上から飛び降りるフリをして脅す中尾君を止めようとする平太…は、まさかの「医龍」とかぶってしまう?と心配しましたが、こちらの方はキュートが下で平太を受け止めてくれたことでセーフ。
しかし「平太を上に戻します…」には、観てる方もハラハラドキドキ(笑)
「冗談です」とキュートが言った時、無表情じゃなくてニコッと笑ってたような気がするのですが、これは気のせい?それともまた学習したんでしょうか?
どんどん人間らしくなっていくキュートに、このまま一緒に…と平太が思ってしまうのは自然な流れですもんね。
でもこのまま年をとらないキュートと、いつまでも高校生じゃない平太がずっと一緒にいられる時間は、もうそんなに残されていないのかも…。

で、キュートは人間を見た目だけでなく、“心臓の音”が一人一人違うことでも識別しているらしい。
“心臓の音”だけで、民子が見失いかけた自分を取り戻したり、家族が平太の「生きてる証」をしみじみ感じたり、小川先生が高校教師としての自分に実感できたり…と、次々繋がっていく様子はただただ感動でした。
そして久保君の病室へと足が向いた平太。
“自分の場所”について不安な心の内を話す平太に、引き留めるでもなく、突き放すでもなく、「自分で決めろよ」と背中をそっと押してくれるいつもの久保君にホッとしました。
あの鉄塔さえ、愛おしく見えてくるのはなぜ??(’-’*) フフ








勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



「獅子のごとく」で獣臭(笑)になった校長先生から逃げていたチロちゃん。
無事に戻ってきて、良かった~ヽ(´ー`)ノ ふぅ~

栗子先生の「何でも貧乏にしてしまうシール」もウケましたが、「落ち込んだ様子に見せるシール」には大笑い。
“ガーン”は一家に一つは欲しいところ(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!お好きなドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SPEC~警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」 戌の回
ホント、長い2週間でしたわ~(笑)(^_^;)

久子は何者かに連れ去られ、その場に倒れていた瀬文と当麻…。
「あたしたち、気をつけないと消されるかも…」と、当麻が危機感を募らせるのも無理もありません。

そんな時、瀬文はSIT時代の先輩・里中(大森南朋さん)から呼び出されたのですが、これが単なる懐かしい再会と思いきや、まさかの展開へと繋がるんですよね。(^-^;A
どうも瀬文がトイレに立った間に彼のパスワードを盗み出し、ハッキングして機密情報を探っていたらしい。
公安に疑いをかけられ、瀬文は危うく連れて行かれそうになったものの、いつもヘラヘラキャラだった野々村がビシッ!と言ってくれましたやん!
久しぶりに見た、カッコイイゴリさん♪(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
・・・と思えば、その後のシーンで雅ちゃんに甘~い生クリームを無理やり食べさせられてヒーヒー言うてるし…(^▽^;)アハハ

そして同じ頃、優秀な潜入捜査官5人が次々病死する…という事態が発覚するのですが、しかし解剖の結果もあくまで病死。
立ち会った医師も別に不審な点もないし、病死した5人の共通点があるといえば、最近同じ日に健康診断を受けていたということぐらい。
・・・ということから「病を処方できる“SPEC”を持った人間がいる」というところに辿り着きました。
里中の奥さんが見たという、白い口ひげの怪しい男。(^_^;)
その後、実は里中の娘も処方されていた。
娘の病名は「ジェニファー氏病」という、心臓に脂が溜まるという難病。
先の5人は里中へ脅しをかけるために、利用されたらしい。

里中は娘をある意味“人質”にされ、何者かから公安に軟禁状態にある冷泉を奪還するよう命令されていたようなのですが、瀬文と当麻が気づいて駆けつけ、先に公安の津田が冷泉を別の場所に連れ出していたために失敗。
瀬文が命令した人物の名前を聞き出そうとしたところで、里中は殺されてしまった。
しかも里中は公安の現役潜入捜査官だったために、彼は出張先の南アフリカでの事故死…として扱われ、家族にも真実は告げられないなんて。
おまけに、娘さんの病気は何も解決していない。
心を痛めた瀬文に、私情を挟まないよう自分にも言い聞かせていた当麻でしたが、さすがにそういう訳にもいかないですよね~。(^-^;A

ところで、当麻の左腕の謎ですが…
過去に一を逮捕した際、自分の腕と手錠で繋いだら、彼はその腕を切って一瞬のうちに失踪してしまったようです。
彼は時間を止められるだけでなく、爆破から何もかも自由自在なのか?
その前の当麻と地居の幸せでラブラブな様子が映し出されていただけに、かなり切なかったですわ。(・_・、)
当麻も以前は普通にオシャレしてるし、プロポーズされて本当に嬉しそうでしたのに…。
地面に残された左手の薬指には、地居から送られた婚約指輪が…Y(>_<、)Yウゥ





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



近いうちに、晩ご飯「親子丼」にしようっと…(笑)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍~Team Medical Dragon3」 第5話
(  ° ▽ ° ;) エッ
屋上から落ちたのは、朝田先生??
…って、いきなりこんな“飛び道具”アリですか?
担架で怪我人を運ぶ時に、一緒にルービックキューブは乗せんやろ~(笑)
手術室で慌しく動き回る医師やナース、そして患者さんを遠くに映して、ルービックキューブを手前に…
絶対、あの男の子だと思いますやん!
あんな映し方、ちょっと卑怯ですわ~(^_^;)
ていうか、人が屋上から落ちたら普通は即死でしょうに…。
いやいや、これはドラマなので~\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)

重度の拡張型心筋症で入院してきた徹君(今井裕貴君)ですが、別に症状もあるらしく、彼を救えるのは今のところ移植手術しか道はない…という状態。
そんな状況を分かっている徹君は頑なになりながらも、朝田に弱音を吐いていたようですが、「本人が闘おうとする意思がなければ助からない。医師ができるのは立ち上がろうとする患者に手を差し伸べるだけだ…」と朝田は相変わらずのぶっきらぼうキャラで励ましてました。
で、この言葉で前向きになって元気が出た徹君でしたが~。
加藤ちゃんと野口の、まさかの廊下での立ち話ですやん。
いくらバチバチに火花が散ってるとはいえ、普通はあんなところで患者さんの話はしないでしょうに~(^_^;)
しかも野口は「助からない」と完全に言い切ってましたもん。
それを聞いてしまった徹君は再び絶望して、そのまま屋上へ…。

同じ頃、朝田は出向先の常陽大へ向かう途中だったようですが、屋上にいる徹君に気づいたんでしょうね。
どんだけ全力疾走やねん?というスピードで駆け上がったのか(笑)、それとも高速エレベーターを駆使したのか、無事に間に合ったものの、徹君を助けようとしてバランスを失って自分が落ちてしまった…というのが、真実のようです。
頭はがっつり怪我してたし、心臓もかなりヤバイらしい…
というところで、“メディカルツーリズム”の第一弾でやってきた、中国の偉いさんの大動脈瘤でカテーテルデビューを果たした伊集院が朝田を救うことになりそう。
加藤ちゃんも荒瀬もまだ手術中のようですが、終わり次第駆けつける…という流れになるんでしょうね。
しかし脳をやられてるとなると、腕やらの神経の方は大丈夫なんでしょうかね。(^_^;)
この先、細かい作業が出来なくなるとなると外科医にとっては致命傷。
ましてや朝田は「心臓」というかなりデリケートな臓器を扱うだけに、めちゃ心配ですわ。
いや、これはドラマですが(笑)

そういえば・・・
アメリカから黒木を連れて来て、やりたい放題だった野口ですが~。
何と“メディカルツーリズム”の太いパイプ作りの為に、中国の病院へ異動ですって~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
鬼頭院長、なかなかやりますやん♪
しかし野口が「ハイそうですか」と大人しく従う訳もないので、逆襲も何か楽しみ(笑)






怖くない、怖くない!勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




“アロワナちゃん”も中国へ?(/_;)/アレー






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 医龍3
ジャンル : テレビ・ラジオ

「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」 第4話
今回はある地方の河川の護岸工事に伴う不正を暴く…の巻き。
もう漆原村長を演じる半海一晃さんの分かりやすいぐらい怪しいこと、怪しいこと~(笑)
芯子じゃなくても誰が見ても一目瞭然なんだけど、決定的な証拠が掴めなくて、観てる方はイライラ…(^_^;)
やっぱり、あらかじめ指定されている調査箇所には何の不正も見つからない…ってことで、立ち入り禁止区域にまで踏み込んで調べてみたら、案の定でした。
「立ち入り禁止」といっても、これもかなり怪しかったですけどね(笑)
もう吉本新喜劇並みの分かりやすさですもん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そして最初はあからさまな接待は拒否していたものの、角松たちの調査の時間稼ぎの為に工藤が漆原村長と…?
と心配してたら、将棋ですやん~。
可愛いもんです(笑)

不正の方は相手が地方ということで、上からの余計な横槍もなく、すぐに証拠も掴むことができて分かりやすかったですけど、その村が角松の故郷という設定で、こちらの方も楽しめました!
角松の母・ふな子(大川栄子さん)は、以前に息子から芯子を写真で婚約者だと紹介されていて、芯子がその話に上手く合わせてあげてたのもドキドキして面白かったですわ(笑)
結局、途中で本当のことを話してたようですが…。
で、あれだけ「ネギ、ネギ」言われたら、めちゃ食べたくなりましたよ~(^.^)

そして芯子の初給料は、手取りで12万円そこそこって?
何か、思ったよりも安い…(^▽^;)アハハ
で、工藤に借りてた1万円を返して、お母さんへのチョコパンを買って、残りは全てお母さんへ…。
いや~、ちょっとジーンとしたエピでした。

それより…。
茶々が芯子の身辺を調べるよう、明珍に命じてましたよね。
明珍が資料を見て驚いてたところをみると、元詐欺師だということはすでにバレてる?
こちらの方もややこしくなってきましたやん。(^_^;)








怖くない、怖くない!勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ






「スーパー堤防」は大丈夫でしょうね?(笑)(^_^;)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 黄金の豚
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フリーター、家を買う。」 第4話
あぁ、最後のシーンは今思い出しても泣けてくる…。
お母さんの為に一人で抱えて頑張って、頑張って…なのに大事なところで“邪魔”が入ってとうとう心が折れてしまった誠治。
そんな傷心の彼が酔っ払った勢いとはいえ、つい苦しい心の内を吐露してしまった。
「もし本当におふくろががいなくなったら… たぶんホッとすると思う…」
それでも家に帰って母親の姿を見たら…
「ハンドクリーム、塗ろうか…」のセリフシーンが何度も繰り返しあったことで、最後の最後にヤラレましたやん。(・_・、)

で、お隣のおばちゃんからのイジメの発端ですが…。
やっぱり誠一でしたか。(^_^;)
どうせ、あの調子で自慢でもしたんでしょうね~。
他の皆さんが住宅ローンを必死に返して生活している中、社宅とはいえ家賃5万円で自分たちと同じような暮らしをしていたら…
原因が判っても、まだ他人のせいにして怒鳴り散らす誠一にビシッ!と言ってくれた亜矢子。
院長夫人というだけで周りから嫉妬されて、日々苦労している彼女だからこその言葉でしたわ。
世の中「みんな一緒」の訳がないのにね~。
なのに勝手に嫉妬されて、ホント困ったもんです。(^-^;A
で、誠一は誠治からの言葉にも反論できなくて、とうとう平手打ちか。
いや、でもお父さんがいなかったら、たぶん君も生まれてなかったよ…(^▽^;)アハハ

ここにきて急に登場した、お隣のおばちゃんの弁護士の息子。
どうも母子関係は良好では無さそうですが、彼の言動が一々鼻につくわ。(^_^;)
そんな和彦(横尾渉さん)にご近所トラブルを相談する誠治ですが、幸子だと丸分かりですやん!(笑)
結構大胆やな~と思ったけど、ゴミ出し以外にこの先何かトラブルが起こったときの為にも、何も知らせないよりは…と思ったのかも知れませんね。
でも、これがどう転ぶのかも心配ですが…。
そして和彦とデートをすることになったと喜ぶあかりに、ずっと一途に想う哲平は気が気じゃない様子ですが、どうせ続かないから大丈夫(笑) コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

しかし、ここからですよ。
誠治の抱えてる辛さを周りの皆さんが知ったことで、これから色々と助言したり、力になったりしてくれるでしょうしね。
いや、まずは誠一の根本的な人間教育からか?(笑)(^-^;A








勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




作業着&スーツ姿のニノに萌え~(笑) コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : フリーター、家を買う。
ジャンル : テレビ・ラジオ

「流れ星」 第4話
物語の方は分かりやすい展開になっておりますが…
意外と面白くなってきましたやん♪
最初は“契約結婚”から純愛に発展??って思ったけど、健吾は優しいし男気もあるし、無駄にイケメンだし(笑)、そんな彼に少しずつ惹かれていく梨沙の心の変化も彩ちゃんが上手く演じていて、切ない気持ちをひしひしと感じる回でしたわ。

マリアの話から、健吾と結婚した梨沙は元々の婚約者・美奈子では無かった…と気づいてしまった神谷。
といっても世間では電撃結婚もあるし、略奪愛もあるしで、別に珍しいことじゃないと周りから言われて言い聞かせたものの、心には引っかかるものは残りますわね。(^_^;)
とりあえず梨沙ともう一度面談を行なうも、助けるためにドナーになりたい…と言われて、それ以上は何もいえません。
それに健吾と梨沙の結婚を疑うということは、結果的にマリアを助けられないことになる訳で、複雑な気持ちになるのも仕方がありませんわ。
おまけに偶然とはいえ、お互いの素性を知らないまま、マリアと梨沙は親交を深めてました。
病室で居合わせたものの、何の心積もりも無いもんだから、お互いについ他人のふりを…。
とりあえず、病状が悪化したマリアを動揺させないように…という理由にはしたようですが。(^-^;A

一方、健吾の周りを嗅ぎ回るもずくのような頭のお兄ちゃん(笑)
借金取りに返済を迫られて、余計に焦りますわな~。
いかにも怪しい修一に、川本やナースが機転を利かせてはぐらかせてホッとしたのも束の間、結局健吾の家にまで押しかけてますやん。(^▽^;)アハハ
そこは梨沙がすぐに連れ出したけど、追いかけてきた健吾が「梨沙は僕の妻です!」とビシッと言ってくれました。(*/∇\*) キャ
ま、こんなことで諦めるような修一じゃないでしょうけどね。
そして修一と梨沙には、普通の兄妹では無さそうな伏線もあり…。

そんなこんなで一時退院を許可されたマリアが家に帰ってきたのですが、家に居る梨沙を見てビックリ!
もうこれ以上は隠せない…と、健吾はマリアに肝臓移植が必要だということと、梨沙がドナーになる云々を話した訳ですが、そんなの簡単に受け入れられませんよね。
自分の病気が悪化してるだけでもショックなのに、健吾が美奈子と別れた原因も薄々気づいたのかも知れないし…。
最終的には「手術を受ける」と笑顔で言ってたけど、病院に戻ったはずのマリアは姿を消してました。
これはちょっと、色々と複雑に絡み合ってきましたよ~(^_^;)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



吾郎ちゃんは、もずく頭か~(笑)
そういえば最近、かなりクリンクリンになってきたような…?(≧∇≦)ノ彡バンバン!






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 流れ星
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第4話
今回も何度涙がちょちょ切れたことか…(ノ_<。)うっ
特に校長先生のカレーから繋がる、過去のあんぱん話はアカン!
離婚の危機にある藤丘の両親は殆ど家にも帰って来ない状態のようですが、まずは家を片付けて、グラスをピッカピカに磨いて、汚れた服は洗濯してきちんとたたんで、笑顔で「おかえりなさい」、そして温かい食べ物を出す…と校長先生。
それって普通のことのように思えるけど、とりあえずやれることからやる。
実はそれが一番大事…か。
そういえば、夏頃に飼ってる金魚が病気でかなり弱ってて、どんな方法でもなかなか元気にならなくて、とりあえずやれることはやってあげよう…って、毎日のように水に取り替えてあげていたら、少しずつ元気を取り戻して今はお陰さまで元気いっぱい♪
ま、「やれること」の次元は全く違いますけどね(笑)
それだけ頑張ったという意味で…(^_^;)
また、その校長先生の話が伏線になって、最後の方で『永遠』は無い…と月子に言われて、キュートのもとへと走り出した平太のシーン。
「“物質”は宇宙の4%」の話は本当なのかよく分かりませんが、彼女をロボットとしてじゃなく“心から大切なもの”として思わず抱きしめた平太の姿にも泣けた。
その前の、キュートの涙を止めるためのただの「設定」なのに、必死で頑張ったけど照れくさくてダメだった…っていうエピも効いてます。

冒頭シーンの『次』の執拗な攻撃は、一体何を意味するのか??と思いながら観てたら、高3の平太にとってはそれが進路だったんですね。
確かに今日中に…なんて言われても、これからの人生をそんな簡単に決められるもんじゃない。
しかしロボットのキュートでさえ、「努力する」という目標を立てていて、益々焦る平太。
最後まで残っていた影山は恵美子に合わせたレベルの高い大学を第一志望へ、そんなの決められない…と一旦帰った民子は、その後久保君の入院先の病院で一生懸命働くナースの皆さんの姿を見て、ロックを目指す覚悟が出来た様子。
それを聞かされた小川先生が頭を抱えながらも、音楽関係に携わる知り合いの友人に連絡を取ろうとしてくれた姿にも感動しましたもん。
ここにきて小川先生の存在も、なかなかイイ感じ。
「人はなれるものになるんじゃなくて、なりたいものになる…」(by中尾)
拷問されても変えない(なぜに拷問?笑)という中尾の言葉に心揺さぶられ、それをサラッと民子にアドバイス。
中原中也さんの詩の流れ(国語教師の本領発揮♪)から、栗子先生ともずくの炭酸割りを飲みながら…のシーンは、結構二人の仲が進展したと思ってたのに、結局「ゴムの木」に負けちゃうなんてね~(^_^;)
といってもその後、実は「小川先生じゃないと…」と栗子先生に気づかせるところは流石。

それにしても…
またしてもキュートの“努力”がツボですわ(笑)
時代劇も大笑いだったけど、今回は落語。
べらんめえ口調のキュートから「若旦那」と呼ばれても普通の平太とか、「お天道様と米粒」の話とか。
その「お天道様」も月子の言葉に繋がってましたもんね~。
落語にちなんだそっくりの場所で、平太が心を入れ替えた…というくだりも良かったわ。
そしていつも大人なイメージだった久保君が、ちょっと羽目を外しそうになったものの、民子の言葉で軌道修正。
「あんなに一生懸命の人のたちの前で、“どうせ”って言える?裏切ったり出来る?」
“どうせ”という言葉は、野暮ってぇーもんですぜ(笑)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



相変わらず、中尾君はイイ仕事してますね~。
「涙を流すロボット」も、君なら作れる!

そしてパパさんが働くことになった「愛獣」は、普通のスナックでした(笑)

そういえば、小川先生の家で月子がキュートのプラグに何か細工してた模様。
何のために??
そっちの方が心配だぁ~!(^_^;)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍~Team Medical Dragon3」 第4話
最初の登場から野口側なので悪キャラだと思っていた黒木ですが、今回で少し見方が変わりましたわ。
今は朝田たち“チーム・ドラゴン”を目の仇にしているような雰囲気ですけど、藤吉が小出しに(何でやねん:笑)話す黒木の過去から、彼が苦労と挫折を味わったことが垣間見れますもん。
たぶん、その辺の黒木の心情を野口が上手く利用してるような気がします。
荒瀬も「黒木は“自分の中の闇”と格闘している…」と感じているようですしね。
過去の悔しさがあったからこそ、「大動脈弁留置術」を日本で初めて成功させてしまうようなカテーテルの腕を磨くきっかけになったと思いますわ。

いつも執刀医の朝田ばかりが脚光を浴びて、自分は日陰の身で補助的立場でしなかない…と思い込んでいる伊集院ですが、今まで心臓外科でのチームの大事さを彼が一番良く解ってると思っていただけに残念ですわ~(^-^;A
明真が無事にIMAを取得できたのも、伊集院がERに急患で運ばれてきた患者・横田(本田博太郎さん)をただの肩の痛みだと片付けずに、心臓疾患だと気づいたお陰と言っても過言ではないのに、加藤ちゃんたら褒め方が足らないんですもん(笑)(^_^;)
そんな伊集院の心の隙間に、サッと黒木が入り込んじゃったじゃないですか~。
・・・といっても、また戻ってくるんでしょうけどね(笑)
その後黒木も加わって、最高のチームになる…みたいな展開を期待!(^.^)

今回はIMAの為に必死になってる鬼頭の嫌なところばかりが目立って、野口はすっかり霞みましたわ(笑)
おまけに患者さんのそっちのけ感もそろそろ辛くなってきたので、何とか路線を変えて欲しいですわ~。
相変わらず、藤吉演じる佐々木蔵之介さんの滑舌の良さには惚れ惚れしますが。(’-’*) フフ









勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




ERに運ばれてきた横田は、てっきり「IMA」審査のために送り込まれた人間だと思い込んで観てたので、本当に心臓を押さえて倒れた時にはビックリ!(笑)






最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 医龍3
ジャンル : テレビ・ラジオ

「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」 第3話
今回は「独立行政法人 国立高度メディカルセンター」の不正を暴く…。
どうやら天下りの温床らしく、院長より事務局長の方が偉い上に、経営のことはもちろん、人事やその他もやりたい放題。
財政省事務次官という人物が救急車で急患として運ばれてきたといっても、何かピンピン!してるし。(^_^;)
おまけに1回300万円もかかる高度治療費も税金で上手く賄い、病室は特別な個室が用意される…という待遇の良さ。
アンタたちの方が、一般庶民よりお金持ってるのんとちゃいますのん?(^▽^;)アハハ
で、院長は「白い巨塔」で毅然としたキャラだった品川徹さんなので、てっきり何か逆襲みたいなシーンがあるのかと思いきや、事務局長・国枝(神保悟志さん)には逆らえないとかで、ちょっと消化不良でしたね~(^-^;A

そして国枝にいい様に扱き使われていたのが、“レジ打ち”ことレジデント(研修医)の皆さん。
書類上は6時間勤務なのに、24時間は当たり前、休日も夜間も関係無しに呼び出されては治療にあたる…という過酷な勤務が続き、医療事故まで起こってしまう。
もちろん給料は6時間勤務分しかもらえない。
しかし、彼らも国枝に逆らえば病院を辞めさせられて、他の病院でも働けなくなるということで、結局言いなりになるしかないんですよね。(^_^;)
そんなレジ打ち君たちのささやかな楽しみは、同じような境遇で働く仲間たちの掲示板。
そこにやたらと“カップラーメン”の話題が書かれてあるのは??
・・・ということにいち早く気づいたのが、Wパーの一人・工藤ですやん。
「お湯を入れた」のは勤務についた時間で、「食べた」のは終わった時間。
うん、分かりやすい(笑)

今回は芯子の活躍というよりも、工藤の貢献度が大きかったですよね。
彼があそこまで頑張らなかったら、医療現場の皆さんは結局泣き寝入り状態のままでした。(^-^;A
なのに、決定的な証拠になる手帳を芯子が手に入れた…ってことだけで、まるで自分が手柄を取ったような態度!
どうも横取り感は否めません(笑)

そして芯子の過去や、彼女が詐欺師になった理由が少し明らかになった訳ですが…。
あまり同情や共感は出来なかったな~(^_^;)







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



芯子がやたらとあだ名をつけて呼ぶ…って、日9の松雪さんとかぶってますやん~(笑)




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 黄金の豚
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フリーター、家を買う。」 第3話
ずっと中途半端だった誠治が、一つのこと(仕事)をやり遂げて自信がついたのか、すっかり変わってきましたやん♪
それにいち早く気づいたのは、ハローワークの北山。
誠治の変化に、少し嬉しそうだったのが印象的。
それに毎日の仕事のお陰で体つきも見る見る逞しくなりつつあるようだし、現場の皆さんとも打ち解けてきて、真奈美からもちょっと認められてきた様子。

そんな時…。
ゴミを出すことに、必要以上に神経質になっている寿美子に違和感を感じた誠治。
きちんと分別を確認してから出したはずなのに、見知らぬビンが入って返却されている…?
ここで、やっと幸子の仕業だと気づいたようです。
しかも亜矢子に心当たりを聞いてみると、どうやら10年以上も続いているらしい(泣)
医師に相談したら、まずは環境を変えること…とアドバイスされた流れで、「家を買う」へ繋がる訳ですね。
しかし引越しを誠一に相談するも、頭ごなしに拒否。
おまけに「うつ病は心が弱いからだ!」と全く理解しようとしない上に、オレが稼いだ金だ!と一円も出すつもりはないみたい。
とはいえ謎のお姉ちゃんには、がっつり渡してましたやん。(^_^;)
いや、だからお金が無いのか?
まだどんな関係なのかは謎のままですが、もし彼女の存在が家族に知れることになっても、きっと逆ギレするんでしょうね。(^-^;A

いつも亜矢子の嫁姑トラブルエピが浮いてるな~と感じてましたが、今回は“将来の夢”はヒーローになりたいという作文を書いた友也(橋本智哉君)の流れから、誠治が子供の頃にどんな夢を描いていたのか繋がってたのは良かったですわ。
“けいりしゅにん”として頑張っていた父のことを思い出すきっかけにはなったみたいだけど、今の状態がこれですからね~(^▽^;)アハハ
しかし誠治ったら、まだ小1の甥っ子に夢の無い話ばっかりして…大人ってイヤね(笑)

母・寿美子の為に「家を買う」という目標が出来た誠治。
とにかく頑張れ~!と応援したいところですが、まだまだ道のりは長そうです。(^_^;)
「現場の事故」に過剰に反応した、真奈美の過去も気になるところ…。










勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




どこまでも優しいニノ(といっても誠治だけど:笑)に、めちゃ萌え~ですわ♪
取り乱した寿美子の手を握る姿に…(ノ_<。)うぅ
あんな息子がいたら~と、ついつい妄想してしまいます(笑)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : フリーター、家を買う。
ジャンル : テレビ・ラジオ

「流れ星」 第3話
婚姻届も出したし、後はドナーになるだけ…。
とはいえ、倫理上色んな制約があるから大変ですやん。(^_^;)
まずは軽い面接に備えて、神谷から聞かれそうな質問に答える準備。
「指輪も要るわよね…」
和子を演じる原田美枝子さんの話し方って穏やかだからまだいいけど、あまりにも淡々と進み過ぎて…って“契約”だから当たり前なんだけど、何だかな~。
お金の為だとはいえ、梨沙も相当の精神力があると見た!
まぁ、あのワル兄ちゃんにずっと耐え続けてきたから根性はあるのは分かってるけど…(^-^;A
それに健吾も別に性格が悪い訳じゃないし、一応姑?の和子も優しいし…ってことで、梨沙も少しずつ心を開きつつあるようですね。
病院での面接の日にきちんと髪の毛を染め直して、普通の服装で現れてたのも良かった。
そして体の方の検査も、無事にドナーとして適合した…ということで、第一段階はクリアです。

ところが…
マリアから聞いていた健吾の婚約者が梨沙ではなく、美奈子という女性だったと神谷が気づいてしまったようなので、話がややこしくなるのも時間の問題。(^▽^;)アハハ
てっきり美奈子辺りからバレるのかと思い込んでましたが、あまり登場は無さそう(笑)
やっと具合が悪くなってきた感じのマリア(コラコラ)ですが、自分と同じ病気の涼太が肝臓の移植が必要だとお姉ちゃんから聞かされたもんだから、一気に不安になりましたやん。
お姉ちゃんも、あんなに軽々しく話していいもんだか何だか…(^_^;)

一方、梨沙の行方を捜すために躍起になっている修一。
ゴミ箱の中から水族館の半券を見つけてピン!ときたのもすごいけど、これまたご丁寧に水族館でもスタッフの紹介が写真付きで貼ってあったりして、すぐに健吾の存在に気づいたようですやん。(^▽^;)アハハ
いや~、“金づる”の為なら執念ですな~。
妹の“契約結婚”のことを知ったら、絶対そこにつけ込むに決まってますもん。
お約束で(笑)嫌な予感。






勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ




涼太のお姉ちゃんの妊婦さんのお腹が、「中にブツ入れてます!」にしか見えませんでした(笑)(^_^;)




最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 流れ星
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Q10」 第3話
相変わらず胸の奥がくすぐられるというか、ちょっとしたセリフが耳に残るドラマですわ。
「今はもう好きでも何でもないのに、見かけるたびに息が苦しくなる…」
(゜-゜)(。_。) ウンウン 分かる(笑)
過去との係わり方とか、前を向いて歩き出す一歩。
元カノとの文化祭の苦い思い出に、「取り返しのつかないような、あの虚しい感じ…」だとずっと背を向けていた平太でしたが、何かすっかり変わりましたもん。
もう一度付き合うことは、取り返すことじゃない…って、あの時、彼女の手を咄嗟に払い除けてしまった自分と同じように振り払わせて、“次に行ける”ようにミスコンの舞台へと送り出す姿に、ウルッとしましたわ。
「行って、全部取り返そう」という言葉も良かった。
「お前のせいで甲子園に行けなかった」とグランドで昔話をしていた小川親子のシーンで、「あの時は恥ずかしくて生きていけないと思ったけど、案外生きていけたね~」と、しげがしみじみ話す様子もステキでしたしね~。

そして、“イイ仕事”をしているのが中尾君。
平太が心臓の手術跡の傷を見られるのが嫌で、大事な受験祈願の踊りに参加しないと知り、キュートと共に怪我の特殊メイクまでしてくれたり…。
予想外にエエ奴やん(笑)
どうやらキュートが人間じゃないと一番に気づくのも彼のようなんですけど、この流れから推測するに、たぶん悪い方向へは行かない気がしますわ。
細田よしひこさんってだけで、ついつい心配してしまうけど…(笑)
しかしカッターナイフが腕にざっくり刺さっても、ビクともしないキュートはちょっと怖かった。(^_^;)
「お金を捨ててください」と、ヤバイ仕事に首を突っ込みそうになった藤丘君の為に、一生懸命募金を呼びかける姿は感動的でしたが、頑張り過ぎてアチコチショートしたり、喋り方が変になってたのは大丈夫なんでしょうか?
結局、喋り方は最後まで直って無かったですよ。(^-^;A
これは何かの伏線のような気がして、少々心配。
で、藤丘君をヤバイ仕事に誘っていた、残念な赤西仁君風(笑)の西先輩は、あっという間に心を入れ替えてくれて助かりましたわ。
学校には彼のトロフィーやら盾やらがたくさん飾ってあったってことは、きっと過去の栄光と今の自分のギャップに苦しみもがいていた…ってことなんでしょうね。
彼も前を向いて歩いてくれることを信じて…。

一方、文化祭に参加できない久保君のために、朝まで一緒に病室で過ごそう…と約束をしていた平太でしたが、あまりにも“奇跡”があり過ぎて、結局は行けなかったようです。
そんな平太に頼まれて送り込まれた栗子も、“イイ仕事”してましたやん。
「終わるのが苦手だから、何かを始めるのも苦手だ」と言う久保君に、「人間は100%死ぬのを分かって生きてるんだから~」とサラッと言ってのける栗子。
ゲームの中なら何度でも生き返られるのに(笑)
しかし予告ではちょっと辛そうな場面があったような気がするので、また心配ですわ。

そして、とうとう動き出した月子。
でも学校へは来たものの、「エネルギーにやられちゃうから…。」やら「すげームンムンしてるから、無理…」とか、誰もいない教室へ行くだけという感じでしたね。
やたらと平太が気になる様子で、キュートが雷に打たれたと思い込んで号泣した彼を「気持ち悪いと思ったけど、何か感動した…」と、誰かに電話を掛けてましたぞ。
うわ~、相手が気になるぅー!!
しかし健君と麻由子ちゃんが並ぶと、同じ高校生には見えませんな~(笑)







勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



平太を演じる健君の迫真の号泣場面では、つい「以蔵」を思い出してしまいましたよ。(ノ_<。)うぅっ
そして校長先生のワンちゃんが無事でよかった…(笑)(´▽`) ホッ


んで、ロボットのキュートは自分の見た映像が映し出せるんですね。
巻き戻しも自由自在(笑)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋







テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク