「リバウンド」 最終話
最後は信子と太一でハッピーエンド…は分かっていたけど、まさかの研作とんかつ屋さん。(^_^;)
あまりにも、無理やりでした(笑)

どんだけ回り道な上に、周りを巻き込んで大騒動の巻…でしたね(笑)
一時は、信子研作、太一瞳が結婚しそうな勢いだっただけに、二人が可哀想でしたわ。(^_^;)
結局、ずっと頭の片隅で期待していた、若村麻由美さんの太っちょ姿は最後まで見ることもなく~。
実は太一も太っちょだった…な序盤が面白かっただけに、最後のグダグダ尻すぼみは勿体なかったですね。
あれだけ危険を冒してまでダイエットを煽っていたクリニックの先生が、太っちょな彼女が出来た途端に好みが変わったらしいというオチは想定内(笑)

「こっこれっ、誰??」
…と、半海一晃さんのわざと細さを強調するようなピッタリ黒い衣装に、食いつきの良かった我が家の家族(笑)

そして考えに考え抜いた“10番目のケーキ”は、“アンジュ”と“トントン亭”のコラボ、「とんかつケーキ」に決定!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
いや、どう見ても美味しそうには見えませんでしたけども…(笑)
そういえば「とんかつパフェ」ってのも、ありましたよね。
ちなみに→Wiki
ここからヒントを得たのかな~?

最初は「曲げられない女」と同じスタッフさんの制作だと期待し過ぎてたのが、アレだったんでしょうか。(^_^;)
あまりにも予想通りの終わり方だったので、少々不発でした。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


「とんかつケーキ」
カロリーを考えただけで、卒倒です(笑)


最終回を迎える春のドラマ・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマも続々情報が入ってます!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドライフ」 最終話
(゜-゜)ウーン 残念ながら、やはり最後までハマらなかった…。
離婚に直面しながらも、白血病になってしまったわっくんを献身的に看病したり、今までの自分を見つめ直したりして、その辺までの大地は良かったのですけど、骨髄移植が成功して、それと入れ替わるようにガンが発覚した辺りからが…(^_^;)
病気に病気を重ねてくるっていうところが、心理的に無理だったかも。

ここは無理にそういう展開にしないで、父子の絆をもっと深めるような説得力のあるエピで繋げてくれた方が、もう少し納得できたような気がするんですよね。
いや、これは原作があるから無理か~(^▽^;)アハハ
両親の離婚で、仕事ばかりで家庭を顧みなかった父親の方について行った…と、取っ掛りがあまりにも理解不能で唐突過ぎたので、そっちに戸惑ってしまったというか。
…はい、完全に母親目線です(笑)

そのままあれよあれよとドラマが進んでいって、結局置いてけぼり状態。σ(^_^;)
雪村先生のキャラも勿体なかったですね~。
もっと華織と深い仲だったのかと思いきや、どうも普通の師弟関係…いや、単なる相談相手?

ホスピスで最期を迎える決心をした大地のもとへ、七海や円山先生が入れ替わり立ち代り…。
華織やわっくんには知らせないでおくはずが、結局バレちゃいましたしね。
確かにあのままお別れ…じゃ、あまりにもあれだったので、そこは良かったですが。
救いだったのは、大地の最期がドラマでは描かれなかったところでしょうかね。
結局、華織とは元に戻ることは無かったけど、ホスピスでの再会に、遠くから微笑みながら頷いた場面は、ちょっとグッときたかも…。
それぐらいかな~(笑) コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


せっかくの、反町さんだったのに~(笑)(^_^;)


最終回を迎える春のドラマ・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマも続々情報が入ってます!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「幸せになろうよ」 最終話
最終回は可もなく不可もなく…。 コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
純平と春菜、えらい回り道したな~って印象ですが、実質2週間ぐらい?(笑)

矢代からプロポーズされた春菜でしたが、結局断ったようですね。
で、純平からも気持ちをぶつけられたものの、なぜか素直になれない春菜。
純平への気持ちに整理をつけるために、仕事を辞めて母・早苗の会社で働き、家を出ることにしたけど、やっぱり仕事に身が入らないらしい。
そんな娘の為に、一役買ったのが父・匠悟です。

てっきり美津枝とそういう方向へ行くだけのキャラだと思いきや、二人が知り合う設定にしたのは“ワケ”があったようですね。
じゃないと、純平の前から姿を消した、春菜の居場所を知らせるキャラがいないですもん(笑)
で、元妻の会社が何処にあるのか分からないということで、弟・優次の学校へ向かう純平。
何も下校中の生徒さんの自転車を無理やり奪い取ってまで、会社に向かわなくても…と、思わずツッコミましたが、普通にタクシーや電車を乗り継いでみたいなシーンだと、感動も薄れたかも知れません(笑)
そして会社まで、優次と二人で仲良くサイクリング♪(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

会社前で自転車を止めてましたが、鍵もかけて無さそうだったし、優次が2台とも乗って帰るには、相当な技術がいると思われ…(^▽^;)アハハ

そして意外にセキュリティーがグダグダな会社で、すんなり中へ入れた純平。
お仕事中の皆さん前で、大胆にも公開プロポーズを見せつけちゃった訳ですが、久しぶりにドラマらしいドラマ過ぎて、観てる方が恥ずかしかったです。(^_^;)
さすがにチューは無かったですけどね(笑)
これが往年のトレンディードラマだったら、チュー&グルグルお姫様抱っこ…みたいな展開になってた気がします(笑)

結婚式当日も、仕事熱心な純平。
相談所を辞めて就職活動はしたけど、結局はやさしい社長のお陰でまた戻れたようです。
小松原さんは、例のお姉さんと結婚できた模様。

で、今の結婚式って誓いのキス…じゃなくて、署名なの??
…って、頭の中は「???」の嵐だった訳ですが、あれは二人が知り合うきっかけになった、父親の形見の“ペン”を効果的に使うためだったみたいですね。
なるほど~。納得…(笑)

終わり良ければ全て良し…
めでたし、めでたし♪

いや、矢代はちょっと可哀想でした…(^_^;)
私で良ければ(笑)  ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


最終回の視聴率は、ギリギリ2ケタ…。
途中ドロドロで、盛り返したと思ったんですけどね~(^-^;A


最終回を迎える春のドラマ・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマも続々情報が入ってます!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 幸せになろうよ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 最終話
最終回は色んなモヤモヤが解決してスッキリ…。
仁のタイムスリップを、ホワイトボードで詳しく説明してくれた野口先生(山本耕史さん)には感謝(笑)
続編も作れそうな終わり方でしたが、余韻を残すぐらいがまたちょうど良かったですよね。(^.^)

上野で始まってしまった旧幕府軍「彰義隊」と新政府軍の戦い。
仁は医者として、どちらも分け隔て無く怪我人を助ける…という行動に出た訳ですが、戦いに参加していたのが恭太郎。
勝先生のフランスへの留学話も断って、徳川の為に…というよりは、龍馬を死なせてしまったことへの懺悔から、半ば気持ちが摩り替わっていたような感じでしたわ。
で、栄の懇願も振り切って連れ戻しに向かった咲ですが、そこで流れ弾に遭ってしまう羽目に…。
結果的には恭太郎を連れ戻すことは出来たものの、その怪我が緑膿菌とやらで大変なことに。
しかもペニシリンは効かない菌らしく、「ホスミシン」という現代の薬がない以上、安静にして免疫力を高めて様子を見るしか方法が無い。

そしてメスも握れないくらい、どんどん悪化していく仁の脳腫瘍。
時々聞こえる“龍馬の声”は幻覚なのか?それとも現実なのか?
…というところでしたが、江戸時代へタイムスリップするきっかけになった時の様子が頭を過ぎった仁は、あの時見た包帯男が落とした薬が「ホスミシン」だったのを思い出すのですよね。
そして“龍馬の声”に導かれ、辿り着いたのが錦糸堀…現在の錦糸町らしい。
タイムスリップの出口と入口が違うっていうところもミソ。
一縷の望みを残し、仁は現代へと戻って行ったのでした…。

目を覚ますと、あの包帯男と自分が同じ場面になっていて、慌てて薬やバッグ、例の腫瘍を持って非常を階段へと向かい、そこで現代の「仁」ともみ合いになり…と、これで江戸へ戻るはずが、残ったのは江戸からタイムスリップしてきた方の仁。
しかも再び目を覚ました仁は、手術をしたのは自分ではなく、同僚の杉田先生(戸次重幸さん)で、腫瘍も普通の形で良性だったことを聞かされる。
入院しているはずの未来(みき)の病室へ行ってみると、彼女の姿は無く…。
しかし「東洋内科」が出来ていたり、医療費は保険で自己負担が0円…と、何やら歴史も変わっていたようですね。

その後の咲を調べるために、図書館へ向かった仁は「ペニシリン」誕生の歴史はそのままだったものの、江戸時代の日本では土着的に開発され、生産されていた…と付け加えられている文献を見つけてました。
で、日本独自の和洋折衷医療を作り上げたのが、当時医学界の反逆者呼ばわりされていた「仁友堂」。
うわ~、歴史に残るなんてスゴイ!!
懐かしい仁友堂の皆さんが、写真つきで解説されてる♪
でも、そこに咲と自分の名前は無く…。

とりあえず、橘家のお屋敷があった場所へ向かった仁は、そこで「橘医院」の看板が掲げられている家を発見。
思わず感慨深げに立ち止まっていると、一人の女性に声を掛けられる。
それが未来(みき)でした。
医学史に興味を持ち、予備校で講師をしているという彼女は「橘咲」のことを知りたがっている仁を家に招きいれ、咲は当時の産婆さんのような形で活躍しながら生涯独身を通し、亡くなった友人の娘さんを養女にして育てた…と、その後を語ってくれました。
その時見せてくれた中にあったのが、家族の名前と共に「安寿」と裏に書かれた写真。
うわ~、何かスッキリ(笑)
これであの時の“薬”が、無事に彼女を救った訳ですもんね。
薬のビンを拾った兄の恭太郎は、坂本龍馬とも交流があったらしく、彼の“保険制度”に感銘を受けて、その実現に走り回ったそうな。
龍馬の遺志を受け継いでいてくれたことを知り、喜ぶ仁。
そして帰り際に「あなたを待っていたような気がします」と渡されたのが、咲からの手紙。
そのきっかけが“揚げ出し豆腐”だったというところが、また何とも嬉しかったですわ。

○○先生…
という書き出しで始まった手紙には、薄れ行く記憶をきちんと書き留めておかなくては…という気持ちがひしひしと伝わり、「橘咲は、先生をお慕い申しておりました」という一文に涙を流す仁。
私もです、咲さん…。
残念ながら二人が添い遂げることは出来なかったですが、時空を超えた愛に涙しました。
緑膿菌による高熱をおして、健気に振る舞う咲を抱きしめた時のシーンが、思わず頭を過ぎりましたわ。
今思い出しても、胸キュン(笑)

で、脳腫瘍で運ばれた患者さんというのが、橘未来。
執刀医は仁…というところで終わっていましたが、どうやら原作とは違うらしいですね。
ちょっと読んでみたい気もしますが、これはこれで大満足の最終回でした。
やっぱり長さを全く感じさせない、あっという間の2時間。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



まさにドラマの歴史に残る、秀逸な作品でした。
視聴率も、えらいことになってるみたい。→スポニチ


最終回を迎える春のドラマ・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマも続々情報が入ってます!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「生まれる。」 最終話
今までの出来事は一体何だったの?というぐらい、見事に全てがハッピーエンド…という最終回でした。

まずは無事に生まれた“結人”君。
名前の由来は、家族の絆を結び付けてくれた存在…という感じでしょうかね。
そして彼の臍帯血のお陰で、移植に成功した浩二。
一時は髄膜炎も起こしてるんじゃ…ってほど、再び危険な状態だったにもかかわらず、あっという間に元気になって良かった(笑)
美子も、前回から急に強くなってましたしね。

で、太一の実の父親は自首して罪を償うことにしたらしい。
刑務所では急に親子らしい会話が展開されたりして、めちゃ違和感だったんですけど。(^_^;)
でも顔はまだまだ悪キャラが抜けなかったので、許す(笑)

最後のインタビューは愛子…ということで、無事に愛美の「生まれる。」は本になって店頭に並べられ、様子を伺っていた本屋で買って行ったのが真帆というオチ。(^▽^;)アハハ
シングルマザー(?)で色々大変そうなのに、そんな様子は微塵も見せない真帆に尊敬です(笑)

終わってみれば、落ち着くところに落ち着いた…って感じ。
逆に言えば、ドラマらしいドラマだったかも知れませんね。(^.^)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


そして、ベッタベタ…。

家族で褒めあう?ムリムリ(笑)



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 第10話
ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ 木元が戻ってきましたよ♪
アンダルシアから(笑)…って、チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

連続で起こった爆破事件は、爆死した二人の男性が勤務していた会社が、過去に「黒い月」に関連があった…ということで、そっちの方面で調べが進んでいたものの、結局は全く関係なかったようですね。
で、片桐が交際中だった楓(木南晴夏さん)ですが、前回の終わり、部屋から出てきたのは父親だったらしい。(´▽`) ホッ
しかしホッとしたのも束の間、花形が監視カメラの映像から照合したレンタカーの持ち主が、どうやら楓の父親だった…ということで、一気に雲行きが怪しくなってきましたよ~(^_^;)
偶然だろう、偶然であって欲しい…と願ったけど、結局は事件に関与していたみたいですね。
実は殺された会社員は銀行からの出向で、同時期に同じ支店で働いていたらしく、融資部門のやり手で、貸し渋りや貸し剥がしに楓の父親も遭っていたみたい。
結局、首謀者は別の男だったようですが、病気の彼に代わって殺人をほう助した…ってことで、逮捕されてしまってました。

楓も片桐が刑事だと知って、父親をかばい…。
あ~、せっかく彼女が出来たと喜んでましたのに~(^▽^;)アハハ
また振り出しに戻ってしまいました。
しかし、このドラマはあまりにも“偶然”が多過ぎます(笑)

で、「黒い月」の高倉ですが、殺されてしまったってこと??
ということは、もう反町さんの出番は無いのか~(^_^;)ザンネン

そしてなぜか、次々と逮捕されてしまう対策室のメンバー。
片桐は覚せい剤取締法違反、岩井の部屋には血まみれの男の遺体が転がっていたし、絵里子は業務上横領の疑い?
これは、何者か、それとも何かの組織が陥れているとしか思えません。

それより、花形が田所に撃たれてましたやん!(/_;)/アレー
そこへ現れた森岡ってことは、彼女が連絡を取っていたのは森岡??
「よくやった…」って何??
まさか、花形がこんなに呆気なく死んじゃうってことはないですよね?(泣)
田所はただの勘違いキャラじゃなかったってことは分かりましたが、裏切り者と見せかけて実は…みたいな展開になって欲しいですよ。(切実)






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



ピーピー、やっぱり悪キャラだったのかー。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リバウンド」 第9話
父・睦巳が心筋梗塞で倒れたと知らせを聞いて病院へ向かった信子でしたが、とりあえず手術は成功したものの、すっかり気力を失くして「お店を閉める…」と言い出したらしい。
そんな父親の姿を見て、このまま編集者を続けるのか?それともお店を継ぐのか?…で、揺れ動く信子。
一人で作った「とんかつ」は見るからに不味そうで(ゴメンゴメン)、油がベチャーって感じでしたもんね。
揚げ物って、意外と難しいのよ~(笑)(^_^;)

そんな信子のところへ、会社を辞めてお店を継いでもいい…とやって来た研作でしたが、何か上から目線(笑)
信子の事は好きなんでしょうけど、所々に見え隠れする“本音”がイチイチ気にかかるんですよね。
で、結局プロポーズは断った信子でしたが、最後はがっつり会社を辞めて、押しかけてきてましたよ~(^▽^;)アハハ
思い込みが激しくて、一途に暴走する研作らしい(笑)
信子どうする??ってところですね。

一方、瞳にプロポーズした太一でしたが、これがまた何とも本心じゃないのがバレバレ…(^_^;)
瞳のことは人として好きなだけで、結局は「瞳を幸せにして欲しい」という信子の思いを受け止めた結果…みたいな雰囲気ですもん。
もちろん、そんなことは顔に出さないけど、信子と“ケーキ”の話になるとイキイキしてるってところが、やっぱりそう感じてしまいます。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


で、信子ったら、やっぱり太るのか(笑)



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドライフ」 第10話
わっくんの前で倒れてしまったことで、病気を隠せるのはもう限界だと感じた大地…というところでしょうか?

結局、入院することにしたようですが、本当のことをわっくんどころか、華織にまで告げずに、仕事に復帰するから…という訳の分からない理由で今更預けられても、戸惑うだけですもん。
このまま何も知らされずに、亡くなったことだけを聞かされても、残された方は気持ちの整理もつかない上に、もっと傷つくだけだと思いますけどね。(^_^;)

七海に説得されて、とりあえずわっくんには会ったものの、あんな突き放し方じゃ可哀想過ぎますって…。
フェイドアウトにも、程がある~(^▽^;)アハハ
心配かけたくないとか、負担をかけたくないとか、最期の別れも辛い気持ちは分かりますが、結局は自分のことしか考えてないと思われても仕方が無いかも。
せめて、華織にだけには伝えて欲しいところ。
じゃないと、わっくんと二人、気持ちの持って行きようがないですもん。

最期は「グッドライフだった…」と言えるような、終わり方だといいですけどね~。




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



あ~、もう殆ど流し見状態です…(^-^;A



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「幸せになろうよ」 第10話
純平ったら、勝手に一人で完結して、無理してる感がアリアリ…(^_^;)
春菜からの電話にも出ない、彼女が相談所へ来ても取り合わないって、それだけでもう気持ちバレバレですもん。
矢代にまで「幸せにしてあげて下さい」とか、わざわざ言って、結局自分を追い詰めることに…。

一方、まりかはチャンスとばかりに矢代をけしかけたり、偶然を装って春菜をけん制したり…そんな頑張り屋さんな彼女が好き(笑)
小松原さんと共に、応援したくなるキャラですよね。
たぶん純平とは何も起こらないと思うので(笑)、この際上野と一緒になればイイかも…。
意外と似合ってるんじゃないかな~。(^.^)
そして小松原さんは、新しい恋の予感♪
良かった、良かった…。

そして最後は、矢代からのプロポーズ。
まりかに背中を押されて、自分の本当の気持ちに正直になろうとした純平ですが、果たして間に合うのか?
いや、間に合うんでしょう(笑)

「君と一緒なら、幸せになれる…」という矢代と、
「彼女を幸せにしたい…」という純平。
この言葉から、選ぶべき相手は自ずと見えてきますよね。






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


最終回はハッピーエンドしかあり得ません!!
慎吾ちゃんも好きだけど、顔は藤木さんの方が好み(笑)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 幸せになろうよ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第10話
龍馬さん、やっぱり亡くなってしまいましたか…(・_・、)
でも仁と同じく、先に覚悟が出来ていたというか、意識の無い中でしたが、未来がどんな世の中になっているか伝えたり、龍馬さんとこんな話がしたかった…という話も出来たからこその、心残り無き納得の最期だったかも知れませんね。
意識が戻ったのは一瞬だけでしたが、未来も覗くことができたみたいだし、龍馬の安らかな表情が全てを物語ってたかも…。
印象に残ったのは、仁が夜の明かりに触れて「一人で生きていけるなんて、文明が作った幻想だなぁ…」とか、離れた人への唯一のコンタクト手段である手紙に対して、「人生は、ホント一期一会だな…」と感じていたり、「ここの人たちは笑った人が多くて、笑うのが上手です…」としみじみ語ったところでしょうかね。
それと龍馬が死ぬ間際まで気にしていたこと…。
「先生のように優しゅうて、ばか正直な人間が、笑うて生きていける国を…作れたのかのぅ?」
世の中をより良くするために、何人もの命が失われることになってしまったけど、彼らの遺志を決して無駄にしない…と、今は胸を張って言える世の中なのかどうかは定かではありませんが、志は今も生き続けていると信じたいです。

それにしても…
今回も手術シーンはリアル過ぎて、凝視できませんでしたわ。(^_^;)
頭蓋骨を何箇所もゴリゴリ、ゴリゴリ…。
外して、パカッ!
脳ミソボーン…\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
今思い出しても、力が抜けます(笑)

そして東が龍馬を斬ったのは、兄の仇討ちではもちろんなく、龍馬の志をと恭太郎を守るため…といった方がしっくりきますよね。
あのまま徳川側の恭太郎たちが暗殺に成功していたら、大政奉還がどうなっていたか。(^_^;)
江戸まで迫ってきていた西郷さん率いる薩摩軍でしたが、勝先生の説得で、江戸は火の海にならずに済みました。
「あいつと俺は一緒…」
ここにも龍馬の遺志は、ちゃんと生きてましたね。

一方、仁が京へ行っている間に、三隅の策略で「仁友堂」が偽ペニシリン騒動で有らぬ罪をきせられて危機に陥っていた訳ですが、多紀先生、松本先生、そして勝海舟が動いてくれて事なきを得ました。
吉原・鈴屋の主人が三隅の存在を知らせてくれたことで、これで和宮様の件もスッキリさせてくれるかも。
しかし山田が奉行所で自分の代わりに拷問にかけられたことを知り、心を痛める仁。
自分さえいなければ、仁友堂の皆さんは医学所や医学館で普通に出世して、こんな目に遭うこともなかったし、咲も幸せになっていたかも知れない…と思ってしまったんですよね。
そこで辿り着いた答えが、「仁友堂」を閉めること。
自分には頭の中に癌があるから、これ以上迷惑はかけられない…と。

しかし、そんなことであっさり解散するような皆さんではありません。
「病人を置いて出て行くなんて、緒方先生に顔向けが出来ません。」と言う山田。
「仁友堂」の窮地の中、仁のために人工呼吸器に改良を加えていた者や、「疫病神でも、鬼でも、変な夢を見ていても、出会えたことを後悔したことなど、一瞬たりともございません!」と言い切る佐分利。
「先生、私どもに持てる全てを教えて下さいませ!国の為 道の為に…」と言ってくれた咲。
もうここの人たちとは、固い信頼関係で結ばれているんですよね~。
このシーン、涙腺が緩みっ放しでしたわ。(ノ_<。)うっ

そこから仁は働く、働く。
脳腫瘍はもはや手の施しようが無いと悟り、「生あるうちに、持てる全てを伝えよう…」と。
その技術は未来へと繋がっているはずだと信じ。
そうこうしているうちに、仁はとうとう激しい痛みで倒れてしまいました。
咲も覚悟していましたが、このままタイムスリップして、戻ることになるんでしょうかね。
最終回は2時間SP。
また、あっという間の2時間になりそうです(寂)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


あの胎児の形をした脳腫瘍は、龍馬?
目を見開くたび、そこだけがちょっと違和感(笑)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「生まれる。」 第9話
浩二は無事に急変は乗り越えていたようですが、一時はかなり危ない状態だったのに、やっぱり一般病棟にしか見えない病室…(笑)(^_^;)
ま、いいですけどね。
何もかも、リアルにしなくてはいけないってことはないですし…。
とはいえ、どうしても気になる(笑)

そして愛子と太一がお墓参りに行った先は、太一の実の母親のところだったんですね。
そこからは人が変わったように、太一はパン屋さんを手伝ったり、急に長男らしくなってました(笑)
あの父親・中野が治療代をせびりにまた近寄ってきても、生まれてきたことを感謝…みたいな、さらっと大人発言でかわした太一。
で、あっという間にその言葉で改心した様子。
あんなに粘着体質だったのに?(笑)
さすが最終回前マジック♪

マジックといえば、美子も急にハートが強くなってビックリ!(笑)
今までの不登校が何だったのか…(^▽^;)アハハ
広げた大風呂敷が、次々と簡単に回収されていく様子に拍子抜けです。

しかし浩二の白血病は、骨髄や臍帯血移植をしたとしても成功率は30%らしい。
陣痛が始まった愛子は、とうとう出産が始まるようですが、何だか母体もちょっと危険な状態だったような?
ハラハラは最終回へ続く…







ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


真帆ったら、もう赤ちゃん産んでますやん。(^_^;)
えらい、ザックリでした(笑)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 case09
あらら…
木元の出番は最初と最後だけで、まだ引っ張るんですか~(笑)(^_^;)
その前に朝田先生(by医龍)で、もう一つ♪

閑静な住宅街で起こった、夫婦の惨殺事件。
でも豪華な夕食だった割には、ガレージに置かれていた粗食とテープ跡が不自然だったんですよね。
で、5歳の娘さんが行方不明…と言ってたので、てっきり子どもの虐待を知った何者かが、その子のために復讐したのかと思いきや(ん?「LADY」で観たぞ:笑)、実は犯人とは単に知り合いだったみたいですね。
その男・真崎(坂口憲二さん)は30年前に起きた一家惨殺事件で一人助かった少年だったらしく、夫の方は実行犯とされる3人の男の一人だったらしい。
一撃で致命傷を与える殺しの手口と使われたナイフから、あっという間に真崎が割り出され、しかも公園で絵里子にぶつかる…って、どんだけ世間は狭いんだ?(笑)

女の子は無事に保護され、彼女の世話役に任命された岩井には笑わせてもらいました♪
ロリコンに目覚めたのかと思ったけど、“母性”だったらしい。(’-’*) フフ
タンクトップにエプロンとか、意外にキャラ弁が上手かったり…と、ケンコバさんおいしいキャラでしたやん(笑)
“ココアのおじちゃん”には負けちゃいましたけどね。(^^ゞ
坂口さん、殆ど朝田キャラでしたが(笑)、カッコ良かったですわ。

そして実行犯とされた3人は一撃だったのが、最後の塩田という男には、彼が本当に関わっていたのかどうかを確かめてから…ってことで、先に絵里子たちが間に合ってしまいました。
女の子が止めたといった方が正しい?
さすがに子どもの前では殺人を犯す訳には行かなかったみたいですしね。
塩田は警察できっちり裁いてもらいましょう。(^_^;)

で、今度こそ木元の出番ですね♪
ピーピーも映ってたし、次こそは大きい事件の予感(笑)
しかし気になるのは、田所が電話を掛けていた相手ですよ。
このまま面白勘違いキャラで終わるのかと思ってたけど、何か一捻りありそうですね。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


片桐の恋は成就すると思われてたのに、部屋の中から出てきたのは男性でした。
とんだ小悪魔ちゃんだったのか?(^▽^;)アハハ


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リバウンド」 第8話
“全方位外交”をやめて、自分を変えようと決心した信子でしたが…
それがまた良いやら、悪いやら。
端から見てると、そっちの方が無理してて、痛々しいようにしか見えなかったんですけど…(^▽^;)
太一にも研作にも「もう、付き合う気は無い!」と宣言。

一方、編集長は自分の意志を貫き通すために、結局「エデン」を辞めてしまったようですね。
若村さんにハマリ役の、男らしい編集長キャラ(笑)
大きな雑誌に限界を感じて、今度は小さくても自分の好きなように雑誌を作りたい…と一念発起。
信子に頼まれて太一が考えた、ケーキ嫌いな人でも食べられる「アップルパイ」も本当に美味しそうでした。
そして横で一緒になってケーキ作りを手伝っている、信子の幸せそうな様子も微笑ましい…。

ところが「瞳に告白された。どうしたらいい?」って、太一ったらそれを信子に聞くかな。(^_^;)
で、結局信子は身を引く…ということなんでしょうかね。
今まで太一が作り続けてきたケーキの種類を、他のお店で買って帰って食べてた信子の様子が辛いの何の…。
あれ、絶対美味しく無さそうでしたもん。Y(>_<、)Y
瞳は益々太一に惹かれてるようだし、このタイミングでお父さんが心筋梗塞で倒れたというのは、信子にとって大きな転機になりそうな予感。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


で、また信子は結局太ってしまうんですか?
忙しいわ~(笑)(^-^;A


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドライフ」 第9話
大地のすい臓がんは他の臓器にも転移していて、余命は1ヶ月も無いかも知れない…。
結局、円山先生に相談しただけで、特に治療や痛みを和らげるような方法はとらなかったんでしょうかね。(^_^;)
入院するのが一番だけど、大地はわっくんとの残された時間を大事にしたいらしい。

…ということを知ってか知らずか、わっくんにせがまれて向かったのが大地の生まれ故郷。
彼にとって父親の自殺とか、辛い思い出ばかりだったものの、ふと立ち寄った写真館で、父親からの愛情を計り知ることが出来て良かったかも知れないですね。
何も知らないままじゃ、あまりにも悲し過ぎる…。

しかしわっくんの前で大地が倒れた時には、もうダメかと思いましたわ。(・_・、)
とりあえず意識は戻ったものの、こんな状態じゃ…ってことで、華織にわっくんを預かって欲しいと連絡したようですね。
しかし華織は仕事で2年間、フランスへ行くか行くまいかと揺れている状態。

ところで何が一番ビックリしたかって、お父さんが苦しそうに痛みを堪えてるのを、一生懸命介抱してたのはいいですが、わっくんったら疲れて眠ってしまうって…(^▽^;)アハハ
これはいくらなんでも、ツッコミを入れずにはいられませんでした。(^_^;)






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


いくらわっくんの白血病が落ち着いたからって、華織にいきなりフランス行きの仕事を紹介する
雪村の神経もどうかと思いましたわ。(^▽^;)アハハ



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「幸せになろうよ」 第9話
矢代は大怪我は負ったものの、命に別状は無かった。(´▽`) ホッ
春菜は純平には何も言わずに、矢代のお見舞いへ通っていた…ってところが、また後々引っかかってくるんですよね。
彼女は気を遣ってのことだと思うけど、黙って行かれてるのを後で知ることの方がダメージ大きいのに。
結局、正直に話してくれたものの、純平にとってはそりゃいい気はしないですよね。
ていうか、病室でがっつり抱き合ってるところを見てしまいましたからね~。(^_^;)
春菜は同情からなのかも知れないけど、矢代の方は完全に気持ちが戻ってると思われ…。

そして春菜と付き合うため、会社に辞職願を出した純平は働く働く!(笑)
ちょっと強引にやり過ぎやん~と言われようが、サクサク仕事をこなしている訳ですね。
全てが春菜の為というところが、また痛々しくもあり…。
おまけに矢代のお見舞いに行った純平は、退院後の仕事のことまでケアしようとするもんだから、彼のお節介ぶりにも程がありますわ。
匠悟の時で懲りてなかったのか(笑)(^_^;)

矢代のことがあろうと、二人の仲は絶対大丈夫…と、久しぶりに二人で食事をすることになったところで、お約束で事件が起こる訳です。
矢代は病室から抜け出し、かつて家族で幸せに暮らしていた団地の屋上へふらふら~。
春菜が思い出して駆けつけてくれたから良かったものの、あのまま飛び降りてたら、それこそ「幸せ」にはなれませんやん。(^▽^;)アハハ

今の矢代には春菜が必要だと感じた純平は、結局別れを告げてしまう。
「自分はアドバイザーでしかなかった…」には、座布団1枚あげたいところですが(笑)、その発言もどうかと思いますよ。(^_^;)
相手のことを思いやっているようで、やっぱり純平は自分中心に物事を考えてるだけみたいに見えるんですよね。
春菜の気持ちをちゃんと聞いてみた?
一番アドバイスしなければならないのは、純平自身だと思います(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


そんな中、美津枝と匠悟は着々と愛を育み?
(゜-゜)ウーン 何だかもう、興味なし(笑)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 幸せになろうよ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第9話
刻々と迫る、あの日…。
仁はまた激しい頭痛に襲われ、何のことだかはっきりとは聞けなかったものの、勘の良い咲はその様子で龍馬の暗殺を悟ったようですね。
そして“歴史の修正力”を信じて、帝王切開中の野風の急変を救った佐分利を連れ、「救いたい患者さんがいる」と京へと向かった訳ですが、今や色んな意味で“時の人”となってしまった龍馬を捜すのは容易ではありませんでした。
途中で、偶然会った恭太郎でしたが、これが偶然ではなかったんですよね~(^_^;)
どうやら上役から、龍馬と通じている仁たちを尾行しろと命令されていたようです。
しかも龍馬暗殺に失敗したら、咲と栄の命の保証はない…って、完全に人質状態ですやん(泣)

やっとのことで当日ギリギリに護衛している東を見かけて、無事に龍馬に会えたとはいえ、ちょこちょこ横道に反れてはいるものの、所々は微妙に史実通りに進んでるのが心配…。
中岡慎太郎が突然訪ねてきたりして、このまま“あの日”へと突入するのかと思いきや、結局軍鶏鍋は食べることなく、外を出たところで斬られてました。(/_;)/アレー
仁はすぐにでも京を発とうと提案するも、何も知らない龍馬は暢気なものです。
軍鶏鍋を食べながら、日付が変わるまでドキドキの仁。

「先生はわしの道標じゃった…」
話を切り出した龍馬は仁に出会って、自分が正しいと思ったことをやろう…と思うようになったと告白。
コロリ治療での出来事は、彼の運命を大きく変えたと言っても過言ではなさそうです。
長州の戦いでも、「暴力は暴力を生むだけです!」という仁の必死の言葉が頭を何度も過ぎったそうな…。
龍馬は国にかかわる事をやめ、他にやりたいことがあるらしい。
「海“縁”隊」って、また…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そっと着物に忍ばせていたピストルを置いた訳ですが、これが後々大事なところで運命の分かれ目となってしまうんですよね~(^-^;A
“歴史の修正力”の恐ろしいところです。

そして再び仁が龍馬に話そうとしたところで、また激しい頭痛が襲い…。
心配した龍馬が咲を呼びに行き、自身は水を取りに行ったところで、外が騒がしいことに気づく訳です。
東と恭太郎が激しく戦っている様子を見て、ピストルを取り出そうとするも、置いてきてしまってるんですもんね。(^_^;)
恭太郎が自分を狙っているのは、咲と栄を人質に取られてしまっているからで、全うした後は自害するつもりだと悟った龍馬の悲しい表情ったら…。

そこへ何とか駆けつけた仁と咲でしたが、目の前で東が目を瞑って振り回した刀が、龍馬の額に当たり…。
これって、恭太郎を助けるため?
それとも偶然…?
仁の目に龍馬の血が飛び散り、何も見えない状態のようですが、予告では手術をしていた…ってことで、何とか助かって欲しい。
また激しい頭痛と戦いながらという感じになりそうなので、佐分利に活躍して欲しいところです。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


最終章は、最終回ではなく(笑)

三隅もペニシリン絡みで、何やら怪しい…(^_^;)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「生まれる。」 第8話
太一は益々悪の道へ…(^_^;)
孤独死した老人の息子に成りすまして、勝手に相続するなんていう計画に、危うく片棒を担がせられるところでしたが、銀行の前でまたタイミング良く愛美に会うんですもん。
ドラマや~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
それに銀行の中であんなおかしな様子を見せられて、私がもし銀行の窓口のお姉ちゃんだったら、書類が全て揃ってたとしても、絶対別室に通してから警察呼びます(笑)
たぶん、普通でも窓口対応では出来ないと思いますよ。(^-^;A

そして最終的に太一を悪の道から救ったのが、やはり白血病で闘病中の浩二。
今にも浩二の命の火が消えそうな…というところで、病室に駆けつけた太一からの~復活。
…ってことでいいんでしょうかね?
予告ではお墓参りの様子が映ってましたが、あれはお父さんだと願いたいところです。
しかし今までのドラマで描かれてきた白血病の患者さんって、もっと物々しい病室で、家族の入室も全身割ぽう着みたいな服を着せられて、マスクやら完全防備で、外からの菌を持ち込まないスタイルのイメージなんですが、どう見ても対応が普通の患者さんと変わらないような。(^▽^;)アハハ
先週だったか、頭の辺りにだけ軽~いビニールみたいなので囲ってたような気がするのですが、今の医学は進歩してるんでしょうか?
それに肺炎の急変で危ない状態なのに、太一が喋ってるのをお医者さんたちは横でじっと待ってたんかいっ!
…と、一応ツッコミを入れておきます(笑)

とりあえず、美子の方も愛美が浩二の白血病を告白したことで、事態は変わったみたいですね。
身重の愛子にとっては、また厳しい試練となってしまいましたが…。

最後は赤ちゃんが生まれて、全てがクリア~な展開を予想していただけに、その前のまさかの浩二でした。(^^ゞ




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


留美も急にイイ人になってしまったぞ~(笑)
これも浩二効果?ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 case08
これは「もっとヤバイ事件」の前に、ちょっと挟んでみました…みたいな事件ってことでいいんでしょうかね。
だって、期待してた木元登場は来週やん~(笑)(^_^;)

絵里子のお見合い相手が谷原さんだったので、犯人見っけ♪(笑)
と、いち早く喜んだものの、彼の解剖医恩師役で竹中直人さんが出てきたことで頭は混乱。(^-^;A
事件は5年前に「エンジェルキラー」と名乗る人物が犯した3件の連続殺人に手口が似ているらしい。
しかし手口は同じでも、遺体を縛ったロープの結び目が5年前より右がやや弱くなっていることから、右手に怪我を負ってるか、脳梗塞などで右手が不自由になっている人物が浮上。
そこへ条件がピッタリな吉野(竹中直人さん)がクローズアップされる訳ですね。
しかも現場付近で、右足を引き摺る男が目撃されていたらしい。

でも、こんなピッタリの条件は逆におかしい。
吉野が勤める大学を訪ねた絵里子は、アリバイも証明されず、彼が何かを隠している様子に違和感を感じたようでしたが、他にもちゃんと見てるところは見ていた訳ですよ。
それに犯人が遺体の額に残している“拇印”の指紋は、吉野とは一致しなかったみたいですしね。
で、その“拇印”に着目した絵里子は、過去の3件と今回は押し方が違うと気づき、指が曲がらなかったのは死後硬直が起きているからだ…ということで、指を切り落とされた遺体で発見されていた金子という男が3件の犯人で、残りは模倣犯の仕業だと直感する。

しかし肝心の“指”が見つからないことで、自らが囮となって罠にはまるフリをしたって訳ですね。
その頃からすでに石川(谷原章介さん)が犯人だと薄々気づいていたようですわ。
“美しい遺体”に魅せられた石川は、犯人の証拠となる物を現場から持ち帰り、自らの手で犯人を突き止めたらしい。
でも金子は精神を病んでいて犯行は無理だということで、代わりに自分が事件を起こしたって?(^_^;)
変なボックスの中で息絶えたように見せかけ、実は対策室の面々が細工を手伝ってくれていてホッとしましたわ。
田所が野立と一緒にチークを選んでいたのは、一酸化炭素中毒で亡くなった様に見せかけるために使用するためだったのか~♪
といっても、石川が先に花びらやら並べに行ったりしなかったら、この計画も危ないところでしたやん。(^▽^;)アハハ
ま、終わりよければ全てヨシってことで(笑)

そして今度こそ、木元が登場ってことは、やっとピーピーが絡んだ事件に突入なんでしょうかね~。
あまりにも放ったらかされ過ぎて、忘れるところでしたよ(笑)






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


田所がDV夫とあっさり離婚できたことはスルー(笑)
そして片桐の話を勝手に告白だと勘違いキャラになってる!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ヤマムーこと、ヌックンのカツラネタは、もはや「テッパン」になりつつあります♪


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リバウンド」 第7話
明るくて、みんなにいい顔してしまう…というのは、信子が子供の頃から太っていたことで身についてしまった性格なんでしょうけど、それが裏目に出てしまったって感じでしょうかね。
“全方位外交”
…上手いネーミングですやん(笑)
そういえば、わがまま編集長にうんざりする社員の皆さんの前でも、一人肩を持つような発言をして反感をかってしまってましたね。
その前に、指示されてたこともきちんとできない社員の皆さんもどうかと思いますけども。(^_^;)

「いつも周囲に気を遣って、取り繕って、一体あんたはどうしたいワケ?」
太一と別れ、瞳との友情を取ったつもりが、両方とも失ってしまう羽目になってしまうとは…(^-^;A
瞳の方を取ったのは、たぶん素っ気無い彼女の母親に会ってしまったことも影響してるような気がしますが、長年の友情がこんな形であっさり壊れてしまうのも可哀想。

しかし太一の方は新作のロールケーキを見ても、信子のことが好きだということはヒシヒシと伝わるんですが、このままだと瞳に傾きそうな予感。
瞳も信子の彼…というたがが外れたことと、信子に似てポジティブな太一の性格に惹かれそうな気がするんですよね~。
いっそのこと、信子は研作、太一は瞳…の方が最終的にはしっくりくるんじゃ?(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


前のテレビ電話のシーンにも大笑いさせてもらいましたが、今回の「一人会議」も面白かった♪
こういう遊び心のあるドラマ、好きです(笑)



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドライフ」 第8話
骨髄移植が成功して、無事に退院も出来て、どんどん元気になっていくわっくんとは対照的に、大地の方は日々すい臓ガンが進行して悪化している様子。(・_・、)

久しぶりに学校へ登校することになったわっくんですが、いきなりイジメっ子の洗礼を受けてましたね~(^_^;)
大事にしていた折り紙の動物園はぐしゃぐしゃにされて、発表では声が小さいとからかわれ…。
そんな時、痛みがさらに酷くなる一方の大地は、自分のもしものときの為にの意味も込めていたのか、息子には強くなって欲しい…と色々とアドバイス。
「お前は病気と戦って乗り越えることが出来た凄い奴なんだ。」
そんな言葉に背中を押されたわっくんは、勇気を出して頑張ってました。
いじめられてベソをかくから、相手は調子に乗ってイジメがひどくなるんですもんね。
これから、もっと大きな現実を乗り越えなければならない日がやってくる訳ですから…。

一方、入院してガンの進行を遅らせるだけの治療に専念するより、最期まで息子の傍にいたい…と願う大地。
しかし痛みが激しく、生活に支障が出てくるようなレベルにまでなってしまっていることで、円山に相談することにしたようですね。
これからは痛みを和らげるような方法を取ることになるんでしょうか。
大地の性格からいくと誰にも言わずに、絶対弱音をはかない…って感じだったけど、さすがにこれは無理だと悟ってしまったようです。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「幸せになろうよ」 第8話
タイトルとは正反対に、矢代家は何だかドロドロしてきましたよ~(^_^;)

仕事から帰ったら、奥さんの愛人が家に上がりこんで仲良さそうにしてるんですもん。
しかも全然悪びれた様子も無く…〃⌒ー⌒〃ゞ テヘッ(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
どうせこの家も…って、奥さんの実家がお金持ちだと、事あるごとに何かと言われそうなセリフ。
トドメは春菜への電話。
今はもう関係ないと言っても耳を貸さず、ドンドン土足で上がりこんでくる態度。(^-^;A
なのに、興信所を使って矢代が春菜と会ってるところや、結婚相談所に入会していたことを調べさせ、結局は矢代と別れたいってこと?
兄らしき男性も父親も、あのモデルの男と聖子の仲は周知のことだったらしく、矢代がぶちまけても何の反撃にもならなかったですもんね。
逆に、矢代の方が弁護士生命を絶たれてしまいそうな勢い。
階段からわざと落ちたのか、それとも単なる事故だったのかはまだ分かりませんが、とりあえず予告では元気にしてたのでホッとしました。
もしものことがあったら、タイトルとは程遠い展開になってしまうところ。(^▽^;)アハハ

一方、突然現れた純平の元カノ・みゆきですが、旦那さんとはきちんと向き合って話さないまま、純平に甘えるだけ甘えて、その後は自分で勝手に決着つけて元へ戻ったってところですかね。
あれは一体、何だったんだ!?(笑)
彼女のお陰で、純平と春菜の関係が危うくなるところでしたやん。
…といっても、最後は丸く収まるはずなんですが(笑)

しかし春菜と先にお付き合いしていた小松原さんが、めちゃくちゃ頼もしい♪(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


そして匠悟の再就職は前途多難。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 幸せになろうよ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「JIN-仁-完結編」 第8話
どこから書けばよいのやら、相変わらずどのシーンも見応え十分なので、長くなりそうなところをガマンガマン(笑)

まずは野風の出産から…
大事をとり、前もって仁友堂へやって来た野風でしたが、「おや?」という顔をしたので、てっきり陣痛が始まったのかと思いきや、お腹の赤ちゃんがごろんと大きく動いたのを感じたらしい。
もうすぐ生まれるって時に、逆子になってしまった。(^_^;)
手でマッサージ的なことをやったり、お灸をしたり…今も逆子体操が増えたぐらいで、さすがに自然現象は医術の力ではどうしようもないんでしょうかね。
逆子状態のまま陣痛が始まり、手が先に出てきた時はビックリ!
このままじゃ母体も赤ちゃんも危ない…ってことで、麻酔を使って母体を優先しようとした仁でしたが、野風にはバレバレだったようです。
結局、野風の希望通り、麻酔なしの帝王切開を試みることになった訳ですが、もう見てるだけで辛いの何の~(^▽^;)アハハ
赤ちゃんに辿り着くまでに一体何枚皮があるんだ?!ってほど、切りに切って(あ~今思い出しただけでも全身の力が抜ける:汗)、やっと赤ちゃんを取り出せたものの、今度は産声を上げない!!
しかしそこは肝の据わった咲の機転で、無事に息をした赤ちゃん。(´▽`) ホッ
でも今度は野風の方が急変ですやん。
子宮からの出血が激しく、激しい痛みだったせいなのか意識も無い。
彼女を助けようとすると、またもや襲ってくるあの激しい頭痛。
それに耐えて歴史の修正力と戦い、生きるよう何度も叫びながら、仁の必死の心肺蘇生で戻ってきてくれましたよ…(泣)
「歴史は変えられるんだ…」

自分のことを嫉妬で真っ黒だと言った咲が、取り上げた安寿ちゃんを抱きしめながら、愛おしそうに話すシーンには涙腺が緩みましたわ。
「あなたは私の恋敵をお作りになる方なのですよ…。
あなたにひとつだけお願いがあります。どうか、南方仁という傷つくことの多いあの方に、誰よりも幸せな未来を与えて差し上げて下さい…」
もう、咲の仁を想う気持ちの深さに、ただただ脱帽でした。
一番の泣き所でしたね。(・_・、)

その頃、日本の歴史も大きく動いていました。
「大政奉還」の成立に喜ぶ龍馬に迫る、暗殺の陰…。
東が龍馬の首に刀をあてて言ってた「もう良いですよね。兄上…」の言葉が気になる!
あのやぶ医者・三隅も仁の前では再会を喜ぶような様子を見せてたけど、立ち去った後には「もうじき、全てを失いますよ」不敵な笑みを浮かべてたし、仁の回りも物騒になってきましたよ。(^_^;)
隙あらば、仁を再び陥れようと企んでいそうですよね。

一方、仁友堂から龍馬の手紙を盗んでいた恭太郎。
とうとう知られてしまうのかと緊張感が走りましたが、実は証拠の手紙や写真を燃やして、もう龍馬と仁は関係ない…と報告してくれていたようです。
ところが仁が京にいる龍馬に、暗殺の危機を知らせようと「土の龍 道に果てつる 寒き京 ご注意を」としたためた手紙が、飛脚の手から上に渡ってました。
わ~、恭太郎の立場も危うくなってきましたよ。
それなら、初めから恭太郎を見張りにする必要も無かったですやん(笑)コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

そして歴史の修正力に何度も押し潰されていた仁でしたが、すでにペニシリンは出回ってるし、田中久重による新しい電灯が発明されたし、何より驚いたのは「船中八策」に“保険制度”が一つ増えて九策になってましたよ~。
来年の日本史の教科書は、大変だ!(笑)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


呪いシート…怖っ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
正しくは「ノイロシート」でした♪(^.^)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

「生まれる。」 第7話
愛子の涙ながらの必死の説得も、もう太一の心には届くことは無く、とうとう実の父のところへと行ってしまいました…(^_^;)
ま~、これが絵に描いたような悪の道(笑)
ただの水道水をペットボトルに詰めて老人たちに1万円で売りつける詐欺行為。
電話でのセールスに、ロクなもんがないんですから。(^-^;A
あの様子だと、もっとあくどい詐欺をさせられて、益々深みに嵌って行く予感…。
ていうか、あの父親・中野は借金苦で首が回らなくて、泣く泣く太一に泣きついたというよりは、詐欺仲間を増やすために自ら利用したとしか思えません。(^_^;)

一方、養子縁組の話が続く本編。
近藤先生曰く、不妊治療を長く続けている女性の陥りやすいのは、妊娠が現実になったことで達成感を感じ、無事に子どもが生まれても育児放棄をしたりするケースがあるのだとか。
留美は私なら子どもを絶対に幸せにする自信がある…みたいな事を言ってましたが、思い詰めているとしか思えないあの言動は確かに気になりますよね。
児童養護施設では、孤児院のイメージが根強く残っているらしく、実は両親のいない子どもは1割程度だとか。
残りは親の病気やその他事情で預けられた子どもたちで、子どもを手放したくない人が多いらしく、赤ちゃんのあっせん事件がきっかけで新しい法律が制定されたものの、養子縁組が成立するケースは稀だそうですわ。

そして引き続き、引きこもり中の美子。
愛子は理由も聞かないまま(?)食事に短い手紙や花を添えて、心を解きほぐそうと一生懸命頑張っているようですが、理由が理由だけになかなか難しいでしょうね。

もっと心配なのが、浩二の白血病。
愛子には映画監督の夢を実現させるために暫く海外へ行く…なんて嘘をついていましたが、家族にも誰にも内緒でこっそり入院のつもりが、愛美にがっつり見つかってました。(^▽^;)
ドナーも無事に見つかりそうだったのが、結局暗礁に乗り上げ、再び愛子からの骨髄を移植するか、臍帯血移植の選択を迫られるも、やはり妊婦さんには無理ですもんね。
お母さんを苦しめたくないから話すな…って言ったって、もしものことがあった時に、知らせなかったらもっと苦しむんじゃないか?と愛美は事実を話す決心を固めたようです。
予告では相当危ない状態の様子だったのでめちゃくちゃ心配ですが、白血病の再発だけでも、高年齢出産を控えている愛子にとってもかなりショックな現実ですよね。
(゜-゜)ウーン どうしたものか…



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ

国木の子宮筋腫の手術は、無事に成功。
長澤社長との過去話…誰が興味あるねん!(笑)(by ヤナギブソン)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「BOSS」 case7
正直、翌日のライブのことで頭がいっぱいで(笑)殆どドラマの方には集中できなかった訳ですが…
今回も割とシリアスバージョンだったみたいですね。
冒頭では「ふれあいフェスタ」という警視庁内のイベントが開かれ、また玉ちゃんのピーポ君姿が見られて興奮しましたが(笑)
予告で警察署内の人間がバタバタと倒れてたシーンがあったけど、あれは仮定だったってことでよかったですか?
ヤマムーと岩井は別で被害に遭ってたみたいだけど、中身はカプサイシン(?)で重症になることもなく、何とか現場に復帰。

そして取調室に立てこもった男(田中圭さん)。
「僕は誰だ?」みたいなことを言うただの愉快犯だと思ってたら、どうやら対策室のメンバーの事情を知っている人間で、彼のトラップに面白いほど次々引っかかってしまったのですが、「バーン!」と圭君が大声で叫ぶ度に、ビクッとしましたやん~(^▽^;)アハハ
で、元警察官の小暮という男だということが分かった訳ですが、自分の方が優秀な成績で卒業したのに、配属先でのイジメが原因で精神を病み、結果万引きで懲戒免職になった。
なのに、自分より下だった花形は対策室のメンバーに抜擢された…と嫉妬?
しかし花形本人は同期が800人もいるため、最初は誰だか思い出せなかったらしい。
そういえば絵里子も沼田という元科捜研の女に変なストーカーされてたし、対策室は他の警察関係者から、意外と一目置かれてるのか?…と新発見(笑)(^_^;)
「ふれあいフェスタ」に、よほど参加したかったのね~(違)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

本当の目的は花形を苦しめることだったらしく、警視庁内を爆発させると脅していたものの、小暮が爆弾を仕掛けた先は実は花形の母親が勤める弁当屋さん。
\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
…と焦ったのも一瞬で、先に読んでいた絵里子の機転で、お母さんは警視庁で保護されていて無事でピンピンしてました。(´▽`) ホッ
あ~、意外にハラハラドキドキの展開でしたね。

そして今度こそ本当に「かなりヤバイ」事件みたいですね。
絵里子と野立のサインが物語ってました。
あれは「スクイズバント」…ではなく(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


いよいよ、木元復活でしょうか?(^.^)



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : BOSS
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リバウンド」 第6話
6話にして、やっと気づきました!
研作→「検索クン」(≧∇≦)ノ彡バンバン!
すぐにネットに繋いであれこれやってたのって、そういうことだったのかー!
信子も“ぶー子”だし、太一にも“太”という字が使われてたり…は先に知ってましたが、他にも実は名前にキャラの由来が込められてたんですね。
じゃ、瞳は何だろう??(笑)

しかし研作のアプローチが凄いの何の~。
信子も本当は太一のことが好きなのに、ケンカ別れで自暴自棄になったのか、勢いでホテルへ…
そこへタイミング良く?(笑)お母さんが上京してきたと連絡が入り、結局帰ってしまうことになった訳ですが、シャワーを浴びながら空回り演技の勝地君がツボでしたわ。
今まであのお顔立ちのせいか、お堅い真面目なキャラが多かった印象なので、ちょっと新鮮です。(^.^)

信子は理想だった両親のケンカを目の当たりにして、あらためて自分のことも見つめなおすことが出来たようですね。
失恋でまた痩せられたことだし、こんな意地を張ってる場合じゃない…ってことで、太一の店へ仲直りの為に向かったものの、そこで太一の肩を借りて泣いている瞳の姿を見てしまってました。
実は彼女、家庭に恵まれていないらしく、「生きているだけマシだ」という太一の言葉で勇気を出して帰ってみるものの、やっぱり母親の態度は迷惑そう。(^_^;)
おまけに誕生日だということも忘れている…じゃ、泣きたくもなりますわ。

そんな事情を知らない信子が、この後どうするか?
ってところですが、やっぱりまた意地を張っちゃうのかな~(^▽^;)アハハ
太一ったら、何気に瞳に優しくしてしまうもんだから…
これは信子の親友だからなのか、それとも落ち込んでいる人を見ると放っておけない性格なのか…。
そういえばケーキ屋へ通って来てる女の子にも、優しいですもんね。
じゃ、後者の方か~。

今回の新作ケーキは、フルーツたっぷりで真ん中にはムース?
値段はいくらなのかな~?…って、ついつい気になってしまいました(笑)






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「グッドライフ」 第7話
韓国でわっくんのドナーが見つかって、骨髄移植も無事に成功…
というところで、今度は大地がすい臓がんですか~(^_^;)
しかも末期だそうで、余命は半年らしい…
喜んだのも、何だか束の間でしたね。(・_・、)

李医師が大地に話した「カシコギ」という魚の話。
これがこれからのドラマの行方を予感させるエピなんでしょうかね。
だとしたら、最後は悲しい結末になりそう…
せっかく病気が治って元気になれるかも知れないってところだったのに、まるで入れ替わるかのように大地がこんなことになってしまうなんて。
病院の検査結果をあんなところに捨てたらアカンやろ~とか、それを偶然見つけて拾う七海…とか、そういうツッコミは無しで(笑)

そういえば、一つ嬉しかったことが…
今までお母さんが病室まで会いに来てくれても終始仏頂面だったわっくんでしたが、それでもめげないでベッドの横で華織が絵本を読んでくれた時は、少し嬉しそうな笑顔が見られましたよね。
顔は向こうを向いてたから華織には見えなかったと思うけど、そんなわっくんの様子に涙腺が緩みました。
ホッとした…という方がしっくりくるかな~。
辛い展開が続く中、何となく和んだ1シーンでした。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク