「Woman」 第9話
(゚∇゚ ;)エッ!? あの最後のシーンって、何?
話しながら栞の後ろを追ってたはずなのに、健太郎は川へ落ちてた?
急な病で倒れたのか、それとも栞がそんな危険な場所へわざと行ったのか…
あまりの衝撃の凄さに、暫くテレビの前から動けませんでした。
しかも予告もあまり頭に入らず。(^▽^;)アハハ
健太郎は救急車で運ばれてた気がするけど、傍に栞の姿が無かったような…
しかも慌てて焦ってるような様子だった訳でもなく。

「償い」、か…。
頭の中が混乱してて、上手く整理できないのだけど。
健太郎は事実を知って一生懸命娘を説得しようとしたけど、結局栞はもう完全に閉じてしまってるってことなのか。
今までずっと一人で背負ってきたことで、十分「償い」は終わったとでも思ってる?
いや、彼女にはそんな罪の意識さえ無いんでしょうね。
何てったって、自分がこうなったのは全部母親のせいだと思ってるから。
全く救いようが無いけど、紗千の骨髄が適合しなかったってことは、やっぱり栞しかいないか。
坂元さんが、どんな展開でハードルを越えさせてくれるのかが気になる。

しかし今回は何といっても、小春と紗千の台所でのシーンですね。
実の親子だというのに、余所余所しい二人の距離感…。
それでも娘を思う紗千の気持ちがヒシヒシと伝わってきて、小春も葛藤しながらも、母に頼るしかない状況…からの「お母さん」の言葉への心の動きが圧巻でした。
エアあや取りにも涙腺が緩みましたよ。
小春にとっては、自分を置いていった紗千を許す、許さないの問題だけじゃなくて、信のこともあるし、もっと色んな思いがたくさん入り混じってぐちゃぐちゃに複雑な状況なんですもんね。
たぶん病気になってなければ、こんな風に紗千と向き合うことも無かったし。
それに望海と陸の二人の子供がいることも大きかったはず。
お風呂から上がって、「お母さーん!」と呼んでる声。
「お母さん」という言葉一つだけで、他の台詞はもう何も要りません。

望海は小春の病気を知ってしまいました…。
どうか、お星様になりませんように…かな。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スターマン~この星の恋~」 第8話
星男と重田さんが“宇宙人”だと判明しても、そんなに驚くことも無く普通に受け入れてる皆さんww
そっか、もうこの路線でとことん行くのか…笑

重田さんと40年連れ添ったパイセン古女房さんに、ご指導を請う佐和子。
何があっても「国際結婚」だと思えば、結果オーライ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そして大好物の“納豆”は、重田さん曰く「我々の体質に合う」らしい…。
辿り着いた場所が日本で良かった!(* ̄m ̄) ププッ

そういえば、周りに怪しまれないように“星”を「島」、“宇宙船”を「船」に置き換えて話す星男と重田さんのシーンもクスクスさせてもらいましたわ。
残念ながら「船」は湖の底に沈んでいて、使い物にはならないらしい。
「重機で引き揚げましょうか?」の、ナイスタイミングな佐竹にも爆笑!笑
「家族を持った責任」…ということで、重田さんは「島」へは帰らないと決意しているようですね。
でも星男の方は佐和子や宇野ファミリーと離れたくない思いはあるものの、まだ何となく気持ちは揺れ動いている様子。

そんな中、佐和子の頭痛は相変わらず続いているらしい。
心配した星男はむやみに使うことを止められている“パワー”を、佐和子の為に使っていたようですよね。
佐和子も古女房さんに諸注意を受けてたし、わざわざクローズアップさせるということは、やっぱりこのまま使い続けてしまう展開になるんでしょうかね。(^_^;)
とりあえずもう、俊たちが作ってるあの「てるてる坊主」が可愛いかったのなんのー!(〃∇〃)

で、何がビックリしたって、祥子まで“宇宙人”だったってことですやん!
ただの興味アリだけじゃなかったのかー。
本人には全く自覚は無かったようだけど、それを聞かされたときの嬉しさったら~。笑
おまけに節が「yamazon」で買った“装置”で、どんどんお店に集まってくる“宇宙人”らしきお客さんたち。
…って、何でみんながみんな同じ地域に??
やはり富士山パワーでしょうか…?(* ̄m ̄) ププッ

そしてあの店員さんといい配達員さんといい、もしかして同一人物のお姉さん?
どんだけ掛け持ち…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SUMMER NUDE」 第8話
今までの10年間は何だったの??
…っていうぐらい、波奈江のあっさり加減。笑
ていうか、もうドラマ的には“捨キャラ”のような扱いになっとります。(^_^;)
光に触発されて就活を始めてみたものの、全戦全敗。
もう少し自分の趣味や得意な分野から職種を絞って責めてみれば?…と、勢津子さんのアドバイスで辿り着いた先は介護福祉士ですか~(^▽^;)アハハ
光も東京で頑張っとります。

さて、波奈江亡き後… ←コラッ!
まるで遠距離恋愛中のカップルのような朝日と夏希。
お互いに写メ付きメールを送り合って、仲良さ気です。
しかも料理人の夏希が、仕事中に!!ヾ(*°▽°)ノあはは
そんな手で料理されたら、ヤダー!笑

今回突然ふらりとやって来たヤーマダ!こと、朝日の専門学校時代の同級生・山田(大東駿介さん)。
彼は東京で写真家として成功していて、めちゃくちゃノリ乗ってます。
でもそんな自分の原点は、朝日が送ってくれた「どこでもドア」風の写真だった…ということで、叱咤激励にやって来たようですね。
そんなヤーマダ!に刺激を受け、朝日も東京へ行く決心を…
って、世の中そんなに甘くないぞ。(^_^;)
てっきり「どーせ、海外修行でもするんちゃうん?」という目で途中まで観ていたので、普通に東京へ行くという選択にビックリです。笑

あ!分かった!
最終回は、みんな東京で集結…の巻ですね。(≧∇≦)ノ彡バンバン!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第6話
待ちに待った第二部が始まりましたよ~♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ
東京勤務になって1年後…ということで登場人物がちょこちょこ代わったけど、全然パワーダウンしてません!
しかも国税局だったラブリンが金融庁へ異動になってて再登板とか、嬉しすぎます。笑

さて、今回は大和田へのあだ討ち「倍返し」展開になると思っていたのですが、これは単純な問題だけじゃ無さそう。
まずは頭取直々のご指名で、老舗ホテルの再建&金融庁検査への対応を命ぜられた半沢。
伊勢島ホテルの羽根専務(倍賞美津子さん)とやらが独断でやった采配が失敗して、120億円もの運営損失が出たらしい。
しかも事前に内部告発でリークされていたにもかかわらず…という案件ですね。
(´ヘ`;) ハァ どいつもこいつも…。
銀行の合併が、こんなところで歪みが出てるとか信じられません。

そしてお約束で、すぐに尻尾を出す「うっかりダメダメ課長代理」とか、半沢がグイグイ追い詰める姿が面白いのなんの~。笑
でも金庫室のシーンは「もうアカン!見つかるやーん!」ってハラハラしましたが、ダメダメ課長代理も切羽詰ったらなかなか機転が利くじゃないですか!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
無事に『証拠』も見つけることが出来たし、あとは使うタイミングですね。
内部告発してた社員さんは「これはまだまだ入口」だと言ってたし、たぶん後々“ラスボス”の大和田へと繋がって行くのかな~?というドキドキワクワク感♪
タミヤ電機に出向中の近藤がクローズアップされてたってことは、またここも繋がるんでしょうかね。
出向先からも銀行からも足蹴にされてたのはかなり切ないシーンでしたが、半沢のお陰で昔の自分を取り戻すことが出来て良かったですわ。
あんなに苛められてても金庫室の鍵のパスワードを覚えてるとか、これがまた感動的でした。
でも演じてる滝藤さんがガリガリで、また弱そう~なキャラに見えてしまうので、まだ油断はできませんが…(^_^;)

で、伊勢島ホテルの社長が鶴瓶師匠の息子さんww
すれ違い「親子共演」でしたが、何か新しく担当になった半沢に対してあまりにも協力的で用意周到過ぎるので、逆に胡散臭く感じてしまうのは気のせい?笑
第一部でいうところの、「竹下」のような役どころなんでしょうか?

それにしても…
いくら二重ロックが掛かってるからといって、大事な金庫のパスワードを机の下に貼っておくとか、物騒過ぎますって~。ヾ(*°▽°)ノあはは


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Oh,My Dad!!」 第7話
あっという間に、光太の親権が紗世子へ決まり…。
離れ離れで暮らす前に思い出作り&ひとりでできるもん。笑
何も知らない光太は「何で?」状態でしたが、久しぶりのお出かけの方は嬉しそうでしたね。
横でジオラマを前に目を輝かせている父親を見て…って、どっちが親やねん!(* ̄m ̄) ププッ

光太が何でも自分で出来るようにわざと仕向けてる?と思いきや、“その日”の寂しさから元一が遠ざけていた訳ですが、光太は何か殆ど癇癪シーン…ヾ(*°▽°)ノあはは
あんなにしっかりしてそうに見えて、そこはアカンのか?
…と思わずツッコミを入れそうになりましたが。笑
でも最後には立派な『ジオラマ』を作ってあげてたりね。
ええ子や~。
どう考えても、元一の方が子供にしか見えない…(^_^;)

そして元一は無事に仕事に就けるんでしょうかね~。
…って、もはや「ながら観」になってしまってるので、殆ど興味は無いのですけども…(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Woman」 第8話
「娘に、また捨てられちゃった…」
この紗千の台詞で、ずっとモヤモヤしてた色んな違和感がやっと繋がりましたわ。
やはり小春を置いて家を出たのは「娘に捨てられた」と思い込んでいたから。
栞を異常に溺愛していたのも、そんな思いを二度としたくなかったから…。
しかし紗千が栞に依存すればするほど、栞の方は窮屈に感じていたのかも。

同級生の女の子は、栞がクラスで一番優しくて良い子で、人の気持ちが分かる子だった…と言ってたけど、その頃はまだ、紗千の期待に応えようと必死に頑張ってたんじゃないかな~と。
人の気持ちが分かる…とは、そういうこと。
なので、今回栞が家を出て紗千の“呪縛”から解放されたことでの、「牛丼屋さん発言」だったとしたら納得できる。
健太郎はそんな母娘の様子をずっと見てきて、二人に程よい距離を作ってあげたいと、栞が出て行くことを許したのかも…。
あんな能天気に見えて、たぶんもっと広い視野で物事を見られる人…だと認識しています。
最初は思いっきり疑ってたけど。笑

それでも栞と小春の修羅場は、ホントにハラハラしましたけどね。(^_^;)
健太郎があの状況を見ていたのかは分かりませんが、もし見てたとしたら栞や小春を相当信頼してる?
いや、下手すれば別の流血騒ぎになってたかも知れませんけども…(^▽^;)アハハ 
ドラマで良かった。笑
紗千に修羅場を目撃させずに、家路に着く時間を引き伸ばすための行動だったのか?
それとも単に偶然が重なっただけなのか?
その辺は少し判り難かったですけどね。

小春は信の亡くなった真実を知り、家には居られない…と思ったものの、お祭りを楽しみにしている子供たちの為に割り切ったんですよね。
「怖いぐらい楽しかった」
「人生で、一番楽しかった」
そんな二人の感想を聞いて、母親冥利に尽きたんじゃないでしょうかね。
しかし、植杉家に居候させてもらうことになった理由を話すタイミング…
あれは完全に悪かった。(^_^;)
紗千は自分には何も告げずに出て行った栞のことで頭が一杯で、その場では小春の病気のことなんか全く頭に入ってなかったみたいだし。

それでも、翌日ふと冷静になった時「再生不良性貧血」の病名を思い出し、懸命に働く娘の様子を見届けた後に主治医の澤村先生のもとへ…。
BGMに信が好きだったという「BELIEVE」が、ただ流れているだけのシーン。
変な説明台詞や、澤村先生と紗千のやり取り台詞が無い分、視聴者に色々と想像させる効果があったし、その曲を無邪気に聞いてる望海と陸の様子が余計に涙を誘いました。

…ということで、やはり「ドナー」の展開になる予感。
紗千なのか、栞なのか…。
もし栞だったとしたら、また更なる高いハードルを超えなくちゃですけどね~(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スターマン~この星の恋~」 第7話
復活した星男は、重田さんを迎えに来た訳じゃなかったようですね。
とりあえず、二人は宇宙語(…の言い方も変だけど:笑)で話し合う姿がもう可笑しくて可笑しくて~!
で、生まれ故郷の星の話を難しい計算式やなんかで説明する星男でしたが、みんな難解過ぎてもう殆ど寝てる…(* ̄m ̄) ププッ
まぁ、そんな話を聞かされたところで「ふーん」状態ですけどね。笑

星男は佐和子に出会えて良かった…と、何だかラブラブモード。
…のはずが、隕石云々の時には、「星」から自分を迎えに来たと思い込んで、佐和子のことよりそっちを選びかけたことから暗雲が立ち込めましたよ~。
一瞬の気の迷いとはいえ、佐和子にとってはやはりショックですよね。(^_^;)
でも重田さんは40年間、ずっとそんな状態だったってこと?
奥さん、あんな恐妻家に見えて、実はずっと耐えてきたのかな…と思うと、ちょっと感動したかも。
でも、もうちょっと優しく接してあげて!笑
お惣菜も大事だけども…ヾ(*°▽°)ノあはは
いや、今は若い女性の祥子が纏わりついてるから、重田さんもちょっと楽しいとか?
無表情だから、全く分からず~笑

そして気になるのは、佐和子の偏頭痛。
死んだものまで生き返らせることが出来る星男のことだから、この『力』が何らか絡んできそう。
良い方なのか、悪い方なのか、今のところは不明…。

しかし何が爆笑したかって、「宇宙人が出てきた時点で、チャンネル替えるわ~」みたいな佐和子の台詞ですよ。
もうドラマの撮影は終わってるらしいので、まるで低視聴率を予感した台詞だったのか、それとも急遽作ったシーンだったのか?
それも気になって、気になって~笑
でも爆笑した後に、ちょっと切なくなりましたぜ…(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SUMMER NUDE」 第7話
長い夏休みやな~笑
…って、ちゃうちゃう!
朝日はちゃんと写真撮ってますし…。
しかし「夏&海」は、仕事に見えないのがネックですな。(^_^;)

そして、ここにも大久保さん♪ww
最近何か、アチコチで引っ張りダコですね。
今回は結婚詐欺に遭った食堂のお姉さん。
朝日が素敵なお見合い写真を撮り直して、そこきっかけで東京へ行った夏希と連絡を取る…という。
もしかして、大久保さんが恋のキューピットになる?笑
で、料理人としてもプライドをズタズタに傷つけられた夏希が、朝日の声を聞いて…という展開ですね。
しかし夏希の作った渾身のまかない「焼きそば」で、あの様子からすると、中村俊介さんに認められた感じかな。
いきなり飲みに誘ってたけど、朝日と取り合うとか、まさかそっちの方向へ行かないですよね?(^_^;)

さて、なぜかぶっ込んで来た光の旅立ち…。
「いつでも帰って来ていいんだぞ!」送別会は羨ましかったけど、本題からは外れてしまっていたようなww
とりあえず今回のことがきっかけで、波奈江の気持ちがちょっとだけ揺れ動いてたから、これはこれで良かったのか。
うん、そう思うことにしよう…笑


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Oh,My Dad!!」 第6話
そこそこバイトもして、インターンシップ・プログラムに採用されて、光太との生活も少し軌道に乗ってきた…と思ったら、家出していた紗世子が連絡を取ってくるお約束のパターンですね。(^_^;)
しかも離婚話が上手く進まず、離婚調停ときた。
元一は彼女を気を遣って「大丈夫」を連発したつもりでも、当事者の方はそうじゃないんですよね。
「私が居なくても、何ら生活に支障がなかった…」というのは、きっとかなりのショックを受けたと思いますよ。

数日間?数週間?
子供との生活がどんなに大変なのか、元一は身にしみて感じたはずでも、紗世子の方はずっと何年もそんな生活を送ってきたんですもんね。
しかも夫は自分のことで精一杯で、紗世子のことには全く無関心。
いや、たぶん無関心というより考える余裕が無かったのだと思いますが、確かにあの態度では愛情が冷めるのも仕方がない気がしますわ。
不器用といえばそれまでだけど、とにかく脳内が全て自分中心で、紗世子を思いやる気持ちは全く見えません。
それに結婚はある程度の生活力も大事ですからね。
夢ばかり追われても、そのうち限界がきてしまう。
程々の難しさ。笑

「自転車」のくだりでも、ずっと光太を見てきた紗世子なら、すぐに気づいたはず。
目の前の生活で頭がいっぱいいっぱいの元一には、欲しがっている様子さえ全く気づけなかった。
色んな場面で思い知らされる度、やはり自分は父親失格なのかな…と思い始めてる様子。
美月の家で一緒に住んでいるという事実は、そういうことだを思われても仕方が無いですしね。
さて、ここからどう持ち直すか?ですね。

親子3人で元通りの暮らしを望む元一と、光太と二人で新たな道へ進みたい紗世子。
二人の気持ちはいつまでたっても平行線ですわ。
特に女の人は、一度「嫌」になるとスパッと切りますからね~。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Woman」 第7話
そうか、信さんもかなり壮絶な子供時代を過ごしていたのか…。
シングルマザーの母親が子育てを放棄したせいで、数年間一人で暮らしていたとか。
そういえば、そんな俳優さんがいたな…。(^_^;)
で、久しぶりに訪れたその地で、お世話になった郵便局員さんに会い、そこから母親と会う…となった訳ですが、イメージするダメっぷりそのままの母親でしたわ。
とにかく息子に対する言葉は無いばかりか、反対に憎まれ口ばかり…。
信が持って来た花瓶には目もくれず、地デジが映るテレビ…って。
財布の中身を出させて、サッと1万円だけを手にした姿には~ヾ(*°▽°)ノあはは
それでも時々見え隠れする『母親』の顔…。
あのオレンジ色のマフラーは、そのときのものだったんですね。
信の手紙を読み、涙する小春。
小春だって、結構ツライ幼少期を送ってきたはずなのに…。
似たような境遇を持つ二人だからこそ、お互いが知らず知らずのうちに惹かれ合ったのかも知れない。

まだ子供の望海たちには所々理解できないところはあるものの、小春は父からの手紙を読ませてました。
そしてこの出来事が、まさか後々の修羅場を招くことになろうとは…。
信の最期を辿る旅では「幸せ」が実感できて、子供たちの為にも自分はもっと頑張ろうと思った矢先だったのに。

しかし栞の真意が全く分からん…。
「仲良くなりたい」と言っておきながら、あんなところで告白する?
全部話して、楽になりたかった?
それとも小春が更に苦しむ姿を見たかった?
こんなことになったのは、全部自分を育てた紗千のせいだと認めさせたかった?
考えれば、考えるほど頭が痛くなります。
こういうキャラをふみ嬢が絶妙に演じてくれるので、何か嬉しいww

それよりコップの破片で切った、小春の足の傷が気になる…。
母親の取り乱す様子を目の当たりにした望海のことも心配。
何も知らずに、子供たちが喜びそうなケーキを選んでいた紗千が帰ってきたら…。
あ~、不安が膨らむばかりです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スターマン~この星の恋~」 第6話
なぬ?
宇宙人は生死も自由自在なの??
ていうか、あの様子からすると「王子様」が死んだ星男の体を借りてる…みたいな?
重田さんは40年前に地球にやって来て、そのまま定住した宇宙人なんでしょうかね。
とにかく全容が明らかにならないうちは、憶測のレビューが続きます。笑

整理すると…

・動物を生き返らせることが出来る。

・人間離れした(宇宙人だから当たり前か)運動能力。

…の2つ。


さて、重田さんとの衝撃のキスから数日後…。笑
てっきり祥子は重田さんのことが好きになってしまったのかと思いきや、「私を迎えに来てくれた!」って喜んでいたところをみるとそういう類の感情では無さそう。
重田さんの奥さんは、かなりヤキモチ妬いてましたけども。(* ̄m ̄) ププッ
「ただのおっさん…」と、やたらと言い聞かせてたのが笑えましたわ。
でも夫の正体を知りつつ、40年間も連れ添って…という奥さんの心情を思うと妬くのも仕方が無いか。
大量に作ってしまったコロッケは、重田家の食卓には持って帰れなかった模様。笑

星男はこれからどうなるんでしょうかね。
「達也」もなかなか憎めないキャラになっていたので、このままサヨナラ~は寂しいですわ。
男同士の野球の早朝練習とか、子供たちとも仲良くなった矢先でしたしね。
「達也」としては、やっぱり亡くなってしまった…ということなのかな。(・_・、)

そしてこのドラマは、どんなところに落ち着くのか予想は全く不可能です。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SUMMER NUDE」 第6話
恋愛は相思相愛はもちろんのこと、タイミングも大事ってことですね。(^_^;)
10年待って、せっかく朝日が振り向いてくれたのに諦めるって??
波奈江の気持ちが分からん…。
いや、香澄の登場で「またか…」って感じで色んなものに疲れてしまったのかな~。
10年、長いですもんね。
それと、香澄の代わりに思えてしまってアカンのね。
勿体ないけど。笑
また絶妙なタイミングで光が電話してくれるんですわ。ヾ(*°▽°)ノあはは

で、3年ぶりに戻ってきた香澄ですが…。
朝日の前に付き合ってた男性とヨリを戻してたらしく、近々結婚するって?
友人に看板の話を聞いて、きちんとけじめをつけるために朝日に会いに来た…みたいな報告だったけど、それならそれで「看板」を外す云々より、町を離れる理由をちゃんと言ってから行け!ってもんですよ。(^_^;)
TV前で暴れはしなかったけど、「???」の嵐でした。笑
「オレの3年を返してくれ!」と言いたいところ。

そして東京へ帰って行った夏希ですが、朝日との夏の思い出が走馬灯のように…。
波奈江も諦めたようだし、これはもう決まりでしょ!(^▽^;)アハハ
でもこの数ヶ月の間に、香澄→波奈江→夏希…って、朝日ったらどんだけ欲張りさん~(笑)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第5話
いやぁ~!面白かった!
倍返し&10倍返しはスッキリしたわ~ヽ(‘ ▽‘ )ノ
途中「ちょっと、やり過ぎちゃう…??」って、浅野支店長が可哀想に思えてしまったけど、元はといえば自分が蒔いた種だからあれは仕方が無いですよね。
結果的には最悪な事態は免れた訳だし、半沢の出向先予定だったマニラが彼に回ってきてしまったけど、あの奥さんなら大丈夫!って太鼓判押したくなるぐらいでしたもん。
「主人の仕事には全くノータッチ…」と言いながら、実はちゃんと分かっていて、内助の功を発揮されてました。
とにかく、銀行員の奥さんは大変なんですね。(^▽^;)

しかし、何がビックリしたかって未樹ですよ!
てっきり国税の黒崎に寝返ったと思わせておいて、掴ませたのは合わせて数百万円の貯金通帳。
本命の外資系銀行の方の通帳は、ちゃんと半沢へ送ってたんですもんね。
いやはや、御見それいたしました!
未樹のお陰で12億円の隠し口座を差押えることができて、5億円をきっちり回収…。
そこからは、本当にトントン拍子でした♪

そして今回も泣かせてくれたのは、半沢の部下たち…。
上司の一世一代の大仕事を察して、それぞれが缶コーヒーで陰ながら応援とか絶妙過ぎますわ。
3個並んだ缶コーヒーで、涙腺が緩んだのは言うまでもありません。
そんな部下たちの気持ちに応えて、ちゃんと希望通りの部署へ栄転させてあげるとか、半沢の懐の深さ!
ドラマだと分かってても、嬉しかった。笑

さて、自ら営業二部への異動を勝ち取った半沢。
ここからが正念場ですね。
実は父親を自殺へ追い込んだ張本人が、若かりし頃の大和田だった…とか、もぉー!ワクワクしますやん!
こりゃ「第二部」も期待できそう~♪って喜んでたら、来週はお休みだけど。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Oh,My Dad!!」 第5話
成り行きで美月の家でお世話になることになった元一たちですが…
いやいやいや、遠慮無さ過ぎやろ~(^_^;)
冷蔵庫のものを勝手に食べるわ、敷物を汚すわ、借りた部屋は汚いわ…
もうちょっと、お世話になってる自覚がないと~。
おまけに光太の大事にしていた“コップ”が無くなって、美月が母親から貰った大切なお皿がトバッチリで割られてしまう始末。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
これには元一も父親らしく怒ってましたが、親としての成長は微妙。(^_^;)

それでも大人な美月は怒らない上に、最終的に彼女の部屋で見つかった“コップ”でゴメンネ…って。
結局は光太が勝手に部屋に入り込んで、落していったのに~。
もう、いい人過ぎますって…(^▽^;)アハハ

古川さんもいい人…。
ボヤ騒ぎまで起こされたのに、そんなに怒ってなくて~。
まだ荷物を置かせてくれるとか、優しい言葉をかけてくれるとか…(・_・、)
いや~、六平さんのお顔立ちだから、余計に“優しさ”倍増なんですけどね。笑

そんな中、インターンシップ・プログラムに採用された元一。
ま、大体は予想できてたことですが。笑
きっと最終的には成功するんでしょうね。
じゃないと、ドラマにならないですし…(* ̄m ̄) ププッ

そして音信不通だった紗世子から連絡があって…。
こりゃ、今はバイト程度にしか収入の無い元一にとってかなり分が悪そうです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Woman」 第6話
子供たちの為に、『生』への覚悟を決めた小春…。
自分に何かあった時、子供たちには安全な場所へ置いておきたい。
手段を選ばずウソをついてまで、紗千のところでお世話になることにした…と、小春は心の中では思ってるだろうけど、それはやはり紗千を“母”だと意識しているからこそなんですよね。
栞を守る為に、紗千は何度も頑なに断ったものの、結局は栞がすんなり…。
しかし、ふみ嬢がいつも不気味な表情なので、彼女が何を考えているのか全く不明。
後先考えて無さそうに見えて、実は何か考えがある?
それとも自分の罪を悔い、自分を戒めるため?
…などと、ついつい勘繰ってしまいます。笑

夜中にこっそり薬を飲んでいた小春と鉢合わせしたシーンは、床に落ちたチョコを二人が拾って食べたりして、ちょっと姉妹として心が通い合ったような(大袈裟?)感じがして気持ちはふんわりしたけど…。
小春の本当の病気に最初に気が付くのは、もしかすると栞のような気がしてきましたわ。
紗千の方は小春の今回の言動に半信半疑だし、目の前で倒れたのも貧血だと信じてたような。
いや、この状況では重病を疑うことはまだ無いでしょうけどね。

そして…
紗千はずっと離れて暮らしている間も、たぶん片時も小春のことは忘れていなかったと確信できたかも。
前回のクーラーといい、今回も倒れて休んでいる小春の為に当たり前のようにお粥を作ってくれて、寝顔に思わず手を差し述べていましたしね。
結局、小春が目を覚まして触れることは叶わなかったけど…(・_・、)
その拍子で紗千はお粥を入れた土鍋を倒してしまったけど、そんなことは気にせず逆に嬉しそうに食べていた小春。
それがあまりにも自然でね~。
涙ボロボロ流しながら、見入ってしまいましたわ~(^▽^;)アハハ
でも二人の間には、やっぱり目に見えない高い壁というか境界線のようなものがあって…。
小春が信の話をし始めた時には、「梨」のことでただただ謝るしかなかった…。
それは栞を守るため…というか、そんな意味合いもあったかも知れないけど、本当にただただ謝るしかない状況だったんですよね。
せっかくの良いタイミングだったのに、残念ながら「母子」になれるきっかけにはならず…。
益々病気のことは言い出し難くなった気がするけど、そのうち隠し切れなくなってくるんだろうな。

で、来週は信が忘れていったマフラーが見つかったことから、信の過去を辿る度?
生前の手紙を預かってる…という人物に、思わずツッコミ入れそうになったけど、まだ小春が動けるうちに発覚してよかったですよ。
ドラマなので…って言ったら、元も子もない。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スターマン~この星の恋~」 第5話
もう國村さんと架純ちゃんのキスシーンが衝撃的過ぎて、ストーリーが全部吹っ飛びましたやん。笑
あ~、おっちゃんと可哀想に…(^▽^;)アハハ
ていうか、何か目がとろ~んとしちゃって、展開的には重田さんに恋するってこと?
うわっ、星男と佐和子より、こっちの方が気になるわっ!(* ̄m ̄) ププッ

で、記憶を取り戻した星男…。
「達也」は相当強暴な男のように見えたけど、実は粋がってるだけでそうでもないらしい。笑
それでも時々出てくる「星男」なんだけど、結局「達也」って。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
あの緊張と緩和で大爆笑でしたよ~。
そして最初はビビッてた佐和子たちでしたが、「達也」の性格が分かってからというもの、すっかりチキン野郎扱いです。笑
そして「達也」の方も一度はあの薬で死んだから…と、今更戻る気は無いらしく、今のまま佐和子の家でお世話になるようですね。
でも体の方の違和感には薄々気づいているようで、予告では何やら大変なことに?
あ~、どうなるんでしょう…。

一方、重田さんは星男が“仲間”だと確信したみたいだけど、これからどうするかってところですね。
後をつけてきた祥子には、思わず首だけ振り向いて正体がバレちゃったし…。
あの衝撃のキスは、口封じのためってことでOK?
コチラの方の展開は面白くなってきましたよ~♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ
國村さんの首…夢に出てきそう。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SUMMER NUDE」 第5話
あ~、とことん波奈江が可哀想…(^_^;)
あの展開だったら、もう朝日が告白するだけやん状態だったのに、まさかまさかのタイミングで香澄が帰ってくるという。
朝日と波奈江の姿を目撃して…というお約束のシチュエーションを想像していたので、てっきり夏希だと思ってたのに。
「あれ?浴衣じゃない??」と、脳内は少しの間パニックでした。笑
まさか朝日が勝手に見えた「残像」とかじゃないですよね??(^▽^;)アハハ

もしホンモノの香澄なら、彼女が出て行った理由が知りたいところですね。
あまりにも酷かったら、TV前で暴れるかも…。
いや、もうすでに暴れる準備は出来ています!笑

そして朝日への気持ちに気づいた夏希…というところですが、この展開だと“助っ人外国人”としてはまだまだ残れそうな気もしますよ。
波奈江と同じスタートラインに立った以上は、これから一緒に戦えそうです。
そうとは知らない波奈江は、夏希の為に浴衣を作ってあげたり、メッセージ花火で朝日たちと一緒に感謝の気持ちを伝えたり…と、すっかり信頼しきっておりますが…。

しかし山P…じゃなかった、朝日はモテモテですやん!
そして千葉君カップルのシーンだけは、いつも違和感なんですけど~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・笑



テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「半沢直樹」 第4話
もう今年の「流行語大賞」決定やん!
…と確信するほど、巷で噂の「倍返しだ!」に「10倍返しだ!」ですが~
うーん、まだ全然返せてないわ~。(^_^;)
このまま返せるのか不安になってきたけど、それじゃドラマじゃないですもん。笑
ドドーン!!とお願いしますよ!

さて、浅野支店長と東田の親しげな様子を写真に収めた半沢たちですが、あらら…、二人は同級生ですと?
写真を公表しても、「同級生同士、仲良く会ってました」ってシラをきられるのは目に見えております。(^▽^;)
で、浅野の揺さぶりをかけるために、半沢が送った謎の女性『花』のメール…
って、自分の奥さんの名前ですやん。大丈夫か?ヾ(*°▽°)ノあはは
今は狼狽しきって『花』が何者かも考えられない状態のようですが、冷静になった時が心配…。
その心理状態を利用して、東田からの見返りのお金を振り込ませていた通帳を、部下のナイスアシストで見事にゲトった半沢。
しかし振込み人が「未樹」の名前だったことから、まだ決定的な証拠にはならないらしい。

そこで未樹を取り込む作戦へと変更したものの、したたかな彼女を崩すのはなかなか難しい…。
彼女には本命の男がいた証拠を掴んだところで、そう簡単には落ちません。
…ってところで、花の言動がヒントになる訳ですね。
同級生だった件といい、花ちゃんは陰の立役者ですがな。(=´m`)
最初はヤンキー奥さんにしか見えないとか言ってて、ごめん!笑

しかし、その前に国税の黒崎の横やりが入ってたんですよね~(^_^;)
未樹がどんな悪事を行なっていたのかは知りませんが、それに目を瞑ってやる…と言われたら、やっぱり寝返りますって!
どう考えても、銀行にお金を借りて全うに商売する女性には見えなかったですし~(^▽^;)アハハ
やっとのことで、外資系の銀行に隠し財産があるらしい…ってところまでは掴んだのに、弁護士には介入されるわ、未樹には裏切られるわで、「10倍返し」への道のりはまだまだ先になりそうです。
…なんて、もう半沢の出向先も決まったみたいだし、そんな暢気なことを言ってられませんよ。
頼みの綱は、同じ銀行出身の大和田でしょうかね。
銀行の合併後も色々と対立はあるみたいだし、この辺りからどうにかならないかしら??

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Oh,My Dad!!」 第4話
今回ばかりは、擁護できないわ~(^_^;)
いくら親子離れて暮らせない…といっても、勝手に不法居住してるわ、ボヤ騒ぎもあり~の、やっぱり小さい男の子を一人で育てるのには限界があるってもんです。
何といっても元一には未だに定職がなく、蓄えも全くゼロですしね…。
それが紗世子が出て行くまで、お金に困ってることも気づいてなかったというところにも、今更ながら驚き!
「はかせ!はかせ!」って息子君に言われて、喜んでる場合じゃないです。(^▽^;)アハハ
いやー、六平さんが良い人で良かったよ~。
でも甘えてばかりもいられません。

そんなこんなで、児童相談所から再三のご指導が…。
さすがにボヤ騒ぎは重大過ぎて、下手したら光太の命とか、工場全焼とか、近隣の皆さんにご迷惑をかけるようなことにまで発展していたかも知れないですしね。
というところで、暫く預かってもらう…のも、やっぱりアカンか。(^_^;)
ここで美月の出番ですね。笑

どんな流れで美月の家に転がり込むのかな~?(前提:笑)と思ってましたが、あれは完全に普通の人なら「じゃぁ、私の家に…」と思わず言ってしまいますよ。ヾ(*°▽°)ノあはは
でも図々しい深海親子←のことだから、またいろんな問題が起こりそうですけど。笑
美月が当面のお金を貸してあげる…という展開は無かったのかな~?とも思うけど、それじゃ話が広がらんね。(^-^;A

分かりやすい展開で安心して見られるけど、これ織田さんだから許せるキャラなんでしょうね。
他の俳優さんだったら、イライラし過ぎてTV前で暴れてるかも…(* ̄m ̄) ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Woman」 第5話
やっぱり小春は白血病ですか…。
しかも5人に一人の確率で?
小さい子供二人を残して死ねない気持ちも痛いほど分かるし、病気を認めたくない気持ちも分かる。
夢なら覚めて欲しいもん…。
そんな手に取るように気持ちが分かる展開が続く中、もう病気の方は段々と小春の体を蝕んでいる様子。
子供たちの前でとうとう倒れてしまったけど、それでも必死で誤魔化そうとする姿に涙しました。

藍子も、また違う母の姿なんですよね…。
子供のことは気にはしてるけど、それ以上に夫への愛情が冷めてしまっている感じ。
良祐は優しそうに見えて、何かが違う…。
「俺がしてやってる感」が態度に表れてるというか、悪い人じゃないと思うんだけど、「汚いコップで水を飲んでいるような…」という藍子の表現がまさしくそれなんでしょうね~。
良祐の考え方を変えない以上、修復は難しそう…。

そしてもう一人の母、紗千…。
小春の家へ贈ったエアコンは、栞からの告白を聞く前でしたもんね。
結局、家の構造上設置することは叶わなかったけど、それでもそんな気持ちが嬉しい小春たちが、頂き物の「バームクーヘン」が重なって、お裾分けに向かった訳ですが~。
栞の為に、もう小春たちと関わることを完全に拒否した…ってことか。(・_・、)
やっぱりそうなるのも、仕方が無いですね。
でもこの先、小春の病気を知ったら態度を変えざるを得ない…というか、そんな究極の選択のようなことも覚悟しないといけないってことになるのかな。

唯一の救いは、澤村先生…。
医者の立場を超えてまで親身になってくれそうだし、何より今の小春にとっては「生」への一番の理解者。
彼がいてくれて、良かった。
これからは澤村先生の言うことを良く聞いて、子供たちの為にも頑張って欲しい。
あのナースの皆さんの態度が酷すぎたけど…。

やっぱり最終的には「骨髄移植」…という話になりそうですね。
ということは、ここで紗千か栞が?
ツライ展開が続く中、冒頭の小春と信がプール掃除ではしゃぐシーンがとても印象的でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク