「クロコーチ」 第8話
三億円事件に絡んで、どうやら他の事件まで関係してた…とか、すごい展開に。(^_^;)
しかも妙に納得できてしまうところが、怖い。笑

あの三億円は警察の為に使われていたようですが、使えば減る…ってことで増やした訳ですな。
しかも株とか、そんなチンケな方法ではなく(コラコラ)、誰にも気づかれずに巧妙に仕組まれた方法…。
あの城尾という男の頭の中が凄すぎる。(;´∀`)
今では350億にも膨れ上がってるらしい…。

遠藤の死で唯一の三億円の「入口」を失ってしまい、今度は「出口」を探すことにした黒河内。
もう殆どの情報は掴んでたようですが、高宮や清家を使って徐々に核心へと迫って行った訳ですね。
そんな中、拷問のような酷い殺され方をした杉…。
高橋とコンビを組んでたようだけど、もしかして彼にそう仕向けたのかと思ってしまった…のは勘ぐり過ぎ??
最終的には、黒河内もあの受付嬢の罠にまんまと引っかかってましたもんね。(^_^;)
いや、あれはわざとそうなったと思いたいけど。

そして沢渡は釈放され…。
どうやら、高橋の行動は彼の思惑通りには進んでいない様子にも見受けられましたよね?
まずはその見せしめのために、杉は犠牲になったのか?
おまけに越後まで自殺に見せかけて殺されていたような…。
結局、沢渡から真実を聞かされていた越後もいなくなったという訳か。
まぁ、最初からそのつもりで喋ってたんでしょうけどね~(^_^;)

さて、高橋…いや「S」こと澤村と対峙することになった黒河内。
今は身動きできない状態だけど、沢渡も絡んでどんな対決になるのか楽しみですわ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「独身貴族」 episode8
結局、どんどん進んでいる玲子との結婚話ですが…
守の話し口調が穏やかだからつい騙されてしまってるけど、玲子にとってはかなりの拷問ですよ。(^_^;)笑
「お父さんに会いたい」理由が、ゆきの脚本の映画化実現のためにスポンサーとしてのお願いでしたし。
それを承知で快諾する玲子が、不憫で…。
会長とやらもお父さんも、イイ人やん。
守を子供の頃から知っているようで、娘の幸せも願いつつ、その向こうにある「何か」も感じ取ってた様子ですよね?
さすが、お金持ちはガツガツしてません。笑 ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン

それに比べて、最初のスポンサー候補になった社長の強引なことったら~。(;´∀`)アハハ
会社のキャラクターを映画の中で使うように…まではまだ許せるとして、登場人物の職業を変更させたり、次から次へと条件を付けてきてましたもん。
トドメは、どう見てもセンスの悪い変な予告編…。
ゆきの脚本は全否定されたかのようなヒドイ仕上がりに、とうとう進がキレてしまってました。
…と、これもどうやら守の想定内。
守のお蔭で無事に映画化はされるように決定したようですが、今のところはゆきも知らないようなので、これから先に彼女がこの事実を知って…という展開になるんでしょうね。
守の声が子守唄のようになって、横ですやすや眠ってる場合ではないです!笑
あの星空の下で良い雰囲気になってたし、守が告白できる絶好のチャンスだったのに~(^▽^;)

そして、まだまだ進まない進の離婚調停。
奥さんは誰なんだろ~?
ドラマの展開があまりにも分かりやすいので、せめてサプライズが欲しいところだけど…。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リーガルハイ」 第8話
今回のリーガルハイは「北の国から」風味♪ヾ(o´∀`o)ノワーイ
古美門と黛は終始「純と蛍」の格好な上に、まるで純のナレーションのような「貴和さん…」に始まり、〆は「…と思われ」。(*≧▽≦)ノシ))
古美門は途中で五郎さんにもなってましたしね。
あ~、面白かった♪
パロディー好きにはタマリマセン!笑

しかし、相変わらず蘭丸が活躍してるな~。(^_^;)笑
彼の働きが無ければ、あれだけの署名を集められなかったですよ。
でも結局、村の人々はシュッとしたお役人に踊らされ、東京から来た弁護士たちに翻弄され…って、ちょっと気の毒というか、可愛そうな雰囲気も漂わせていたような。
まぁ最終的には「家族の問題」も含まれていて、何だかんだと丸く収まった印象。

そして、どんどん黒い表情になってきた羽生…。
理想社会の実現のためには、手段を選ばず…の方向へ段々と傾いてきているようで~。
しかもその傾き方が怖い。
服部さんにも想定外?
で、いつも電話で話している相手が気になるところですが、言葉の端々からやっぱり古美門パパなんでしょうか?
そして実は服部さんの正体は「どんぐりとっちゃ」…ではないですよね。笑

さて、やっと貴和の案件…と行きたいところですが、来週はFNSの為にドラマはお休み??
「私が徳永光一郎を殺し、娘も殺そうとした。 私が犯人…」の真意は?
犯行は認めるけど、死刑は嫌なんですよね。(^_^;)
本当に彼女が殺したのか、それとも誰かを庇っているのか…。

暫し、お預けか~(;´∀`)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「安堂ロイド~A.I.knows」 第7話
ロイドが再起動不能になってしまったので、今回は木村君の動くシーンが殆ど無いのかな~とがっかりしてたら…
まさかの黎士回想シーンが来たー!!笑
しかも、にっこにこ笑顔ですやん!
受験生だった星の喫煙の為にライターあげる…って聞こえは悪いけど(笑)、あのエピソードがきっと黎士らしいんですよね。
そりゃ、学生たちに愛されるわ~(*≧▽≦)ノシ))
今まで嫌なキャラだった星が、そこからすっかり変わって嬉しかった♪
上手く口車に乗せられて、危うくロイドにトドメを刺すところだったけど、気づいたきっかけは衣服に縫い付けられていた紋章。
やっぱり味方になってくれるんですね。ヾ(o´∀`o)ノ

暴走した「大量殺人ロボット」として扱われていたけど、実はそうじゃなかった!
そうさせたのは人間たちで、“意志”を持ったARXⅡ-13が要人を次々殺していったのもちゃんと意味があった訳で…。
今まで“事実”を見させられてただけで、ずっと“理由”が分からなかったらスッキリ!

で、今回は葦母の偽物が登場…。
でもあまりにもキャラが変わり過ぎてたので、すぐに分かりましたよ。笑
しかも今まではそういう人物はすぐに殺される運命だったのに、重要なカギを握る人物の葦母は大丈夫!ヾ(~∇~;) コレコレ
ボコられて何処かに監禁されてたようだけど、誰かが鍵を開けてくれてましたよね?
ん?
あれは黎士の脳データが動かしてくれたの?
…ということは、黎士はまだ大丈夫そうで安心しました!

そして無事に復活したロイドでしたが…
あ~!やっぱり初期化されると記憶の方も全て元に戻るのか~(^_^;)
とりあえずはクライアントの命令は絶対のようだから麻陽の命は守ってくれそうだけど、先週までがイイ感じだっただけに、この振り出しへ戻る感は寂しいですな。
七瀬はもうどうでもいい…笑 オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ

そういえば、葦母と麻陽が壊れたロイドを部屋まで運んでいた時に“血”の跡のようなモノがずっと床についてたけど、世間ではそんなに大騒ぎになってなかったのが驚きでした。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「クロコーチ」 第7話
「遠 山 金 城」で、「とうやまきんしろう」=『桜吹雪会』…
ネーミングの由来は分かったけど、今回はそれだけ?笑
結局、最後の“生き証人”キャラとして突然登場した山本学さんも、自殺か他殺かわからないまま亡くなられたし…。
これで沢渡を追いつめられるのかと思いきや、逆に「あなたの思うツボですね」と黒河内の方が言われてしまう始末。
やっぱり沢渡には全て予定通りなの?
指紋の照合が一致しなかったことでこのまま釈放となると、また犠牲者が次々増えそうな予感…。(^_^;)
最終的には「高橋」も消されるってこと?

そして、3億円の行方…。
結局あの時のお金は『桜吹雪会』の管理下に置かれ、薄給の警察関係者の為の“基金”として使われているらしい。
あれからかなりの年月が経ってるけど、黒河内はまだまだ残っていると思っている。
あのお金を資金にして、何かで増やしてそうな言動も気になりました。
で、彼はそのお金をどうしたいのかしら?
今までの流れから行くと、お金は自分の為に…とつい考えてしまうけど、そこまでの悪でも無さそうなんですよね。
自分に協力して焼死させられたライターのご家族にとか?
もう殆ど『桜吹雪会』のことは分かってきたけど、あとは沢渡との対峙ですね~。
あの不気味な微笑みが歪む日が、最後には来るのでしょうか?

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「独身貴族」 第7話
ゆきと進が付き合うことになったと聞かされ、仕事に没頭する守…。
彼女を忘れるため…という理由がバレバレだったけど、倒れるまで思い詰めてたとは。
しかも最後のシーンでは、玲子にプロポーズ。
そりゃ、自分たちで新しい結婚の形を…って言葉は良かったけど、その前にゆきのことが好きだとハッキリ言ってましたもんね。
プロポーズは嬉しい反面、玲子としては複雑だろうな~。
最初はやたら占いがどうのこうのとかウザキャラだと思ってたけど、案外しっかりしてるし、料理や身の回りのことも卒なくこなしている姿を見て、彼女がただのお嬢様ではないとヒシヒシと伝わりましたわ。
それだけに、可愛そうかな…。
守の心の中に「ゆき」の存在がある以上、気持ちとしては幸せにはなれないですもんね。
もしかすると身を引くパターンなのか?

それにしても…
進はそもそもプロデューサーとして向いてるのかしら?(;´∀`)
脚本の手直しのアドバイスといっても、内容はもちろん、登場人物の名前さえ怪しかったし。(^_^;)
最後にはギリギリ帳尻が合ってたような気もするけど、殆どゆきの邪魔をしてるような印象でしたよ。
「おでん」に騙されたらアカン!笑
その前に離婚もしてない!(^▽^;)

「山下さん」って誰?って思いましたが、「山下智久さん」は山Pですね!
あまりにもフルネームで連呼するので、ちょっと噴き出していましました~(*≧▽≦)ノシ))

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リーガルハイ」 第7話
やっぱり黛をクビにしたのは、『理由』があった訳ですね。
一度外の空気を吸わせて、そこでまた彼女を成長&吸収させる…。
古美門のところで培ったスキルを活かして、更なる飛躍へ~という親心反面、自分を超えるかも…みたいな危機感もチラッと見えたりして面白くなりそうです。
で、そんな黛は古美門の本心も知る由もなく、自分が抜けた後の事務所がどうなってるか…と、ちょっと心配になって覗いてみたものの、まぁ採用試験でノリノリの古美門が楽しそうなことったら~(*≧▽≦)ノシ))
何のオーディション?かと勘違いするほど、スリーサイズはもちろん、特技披露あり~の、水着審査あり~のですやん。
新体操のリボン「クルクル~♪」には、TV前で思わず「おおー!」と声を上げましたで!笑

さて、今回は映画監督でスタジオ「小春日和」代表・宇都宮(伊東四朗さん)が、元スタッフの穂積(近藤公園さん)という男に訴えられた案件。
宇都宮の厳しいやり方に耐えられず、精神的に追い詰められて、今ではそれがトラウマとなって鉛筆さえ握られない状態らしい。
この師匠と元弟子対決は、ちょっとじーん…と感動したかな。
その厳しさは穂積の才能を見込んで、実は親心だったという方向へ話を持って行こうとした黛でしたが、古美門は宇都宮に敢えて厳しく対応させた。
確かに仕事を途中で放り出した上に、何でもかんでも“トラウマ”にされるのは、ちょっと違うというか何となく違和感もあったり。
宇都宮の言ってることは、全然ブレてなかったですもん。
逆に穂積の気持ちを奮い立たせることができたことだし、無事に良い方向へと収まって良かったかな。
今回は色々と考えさせられたかも…。
羽生も何やら少し微妙な表情を浮かべてましたよね。

一方、全裸カーテン男の方はホントにバカバカしくって大笑いでした!(ノ∇≦*)キャハハハハッ♪
「ピーピー」音声が入りまくった上に、もしかして新垣さんまで言わされました?笑
それともそこは違う言葉で?
もうここのシーンはお腹抱えて笑いましたわ~。(≧m≦)ぷぷ
しかも男のせいで男性に恐怖症になったとか、あれだけ毛嫌いしてたのに、最後には男に誘われるがままに部屋へ行ったというオチ。笑 
で、あの女の人どこかで見たことあるな~と思ってたら、「あまフェス」のフレディーマーキュリー=花巻さんこと、伊勢志摩さんだったんですね♪ヾ(o´∀`o)ノ

インコの案件は、またしても蘭丸の活躍でー。笑
古美門ったら、相変わらず卑怯な手を使いますわ。(* ̄m ̄)ププッ
でも裁判には勝ったけど、結局全く店主の言葉を覚えなかったインコは最後にあの家族の元へを返されたようで、何だかんだとこちらも収まってました。

一方、古美門の本心が全く読めなかった黛ですが…。
何と!そこを安藤がフォローしてました?
さすが大人の女性は違いますわ。笑
彼女も今までとは少しずつ心境の変化というか、古美門と黛から知らず知らずのうちに影響されているのは面白いかも。
そしてとうとう、アロマの加湿器まで完備…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「安堂ロイド~A.I.knows」 第6話
ヒャー!何ともおどろおどろしい話…(^_^;)
ブラコンだと思い込んでた妹・七瀬が、幼少のころから優秀な兄・黎士と常に比べられて、実は違う意味でコンプレックスの塊だった訳か。
子供の頃に鉄道会社のシステムにハッキングして、電車を正面衝突させたって?
しかもそこには両親が乗り合わせていて、事故で亡くなった…
でも泣いてたと思ったら爆笑してたし、もしかしたら今回の黎士の死にも関係してる?
怖いー!( ;∀;)
何やら悪キャラのかほりがしてまいりました。

一方、ロイドが嫉妬か~(≧m≦)ぷぷ
麻陽の母親にあれだけ「黎士さん、黎士さん」言われたらねぇ。
まぁ、お母さんは何も知らないから仕方がないですよ。
(あの病気宣言は、嘘だと思って大丈夫??汗)
ロイドも「キレイです。ドレスが…」と返すのが精一杯って、可愛い…(*≧▽≦)ノシ))
麻陽の前から姿を消したといっても、常に見守ってた訳ですね。
しかし刺客アンドロイドは油断も隙もないわ~(-_-;)
「家族が…」とか命乞いしたのは真っ赤な大嘘で、その後にしれっと麻陽を狙ってましたもん。
葦母と対峙してたロイドが間に合ったからよかったものの…。

あの葦母父娘のエピって、これから先の未来を予感させるのか?
ちょっと和解シーンが出たりしたら、死のフラグが立ったりしますやん。(^_^;)
でも麻陽の言いつけ(!)を守って、撃たなかった黎士…というのは、葦母の心証が良くなったってことでしょうかね。
もしかしたらサプリ亡き後、味方になってくれるとか?
星も指何本かに入る優秀なハッカーと自負する前フリもあったし、この二人が味方になってくれたら少しは状況も変わるかも知れません。
黎士の「脳データ」が存在していたものの、これが破壊されたとなるとまた不利になってきましたしね~。
クライアントは黎士だったようですが…。

で、黎士が抹殺されたのは、彼が「タイムケーブル」を閉じたことが関係しているらしい。
でも閉じなければならなかった“理由”が必ずある訳で、そこが明らかになれば…ですね。
送り込まれた「もう一人」が気になりますな。
ていうか、全ての機能が停止して初期化されたロイドはどうなる?
そっちの方が気になる!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「クロコーチ」 第6話
うぉー!
偶然胸ポケットに入っていたブツ=財布のお蔭で、命拾いするパターンでしたかっ!
どこまで悪運の強い男、黒河内!(* ̄m ̄)ププッ
しかし相手は“桜吹雪会”ですから、とことん狙われる訳ですね。
もう、公安の高橋の行動が一々怪しくて分かりやすいのなんの…。
普通、そんなに親しい人間なら黒河内が意識を取り戻すまで病室に留まったりするはずが、無事を確認してあっさり帰るとかあり得ません。(^_^;)
その後出頭したヤクザの男は、別の人物を狙っていて…と証言したようですが、撃たれた黒河内がそれは嘘だと一番わかってますって!(;´∀`)アハハ

警護と称して監視していた警官を上手くまいて、無事に抜け出せた黒河内。
何度となく狙われるたび、疑惑は確信へと変わった訳ですね。
少年Sは高橋だった…と。
自殺は偽装で、少年S本人として火葬されたのは別人。
そして公安は暴力団まで飼い慣らしている…。
黒河内に頼まれて、清家が接触した元組長のお爺さん(品川徹さん)もまたあっさり殺されてましたよ。
あの介護サービスの男も監視してる目で、めちゃ怪しかったですもん。
もう、何でもありか。(^_^;)

少年Sは、せっかく「高橋」として別の人生を歩んできたけど、ここまで知られるともう消されるとか?
沢渡も餌をまいてるとか、黒河内と同じことを言ってたのが不気味。
越後は黒河内に弱みを握られてるから、どちらかというと沢渡寄りなのかしら…。(^_^;)
沢渡には何処までも勝てないのか、それとも黒河内の一発逆転があるのか?
益々面白くなってきましたよ~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「独身貴族」 episode6
うん、展開も登場人物の行動も相変わらず分かりやすい。笑
それだけに感情移入もしやすいし、安心して観られるってことなんでしょうね。

まずは屋上で進とゆきのキスを見てしまった守。
いつものように朝食を食べ、仕事をしている…ようには見えてたけど、心穏やかではない訳です。
玲子と結婚の話を進めるとか、どう考えてもおかしいですもん。笑 ヾ(~∇~;) コレコレ
で、進はゆきの脚本を映画化する話を勝手にドンドン進めてます。
それを知った守は、もうちょっと脚本をきちんと練った方がいい…と対立する訳ですが、どっちも間違ってないような気もするけど、結局ゆきは守寄りなのかな~と。
脚本やデビューに関しての考え方は守寄りだけど、惹かれるのは進…。
女心は複雑です。

そしてとうとう進と付き合うことになったようだけど、彼が離婚協議中なのはご存じ??笑
離婚をスムーズにするために条件を全部飲むと言ったようだけど、まずそんなに簡単にはいかないでしょう。(^_^;)
今のところ、奥さんは出てきてないですよね?
さて、どんな女優さんを投入するのか、ちょっと楽しみ。(≧m≦)ぷぷ

無理を重ねた守は次回倒れてしまうようですが、やっぱり大好きだった「靴」を捨てたことが原因?(違)
捨てた…で思い出したけど、そういえば守がゆきのためにわざわざ飛行機を使ってまで用意したプレゼントはどうなったんでしょう?
須美花があれからどうしたのか、触れられないままのような。
いや、見逃したのかな~(;´∀`)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リーガルハイ」 第6話
まずは、3人の夫を持つ保奈美さんが裏山。笑 ←
重婚がどうのこうの…ってお姑さんからの相談だったけど、ご本人たちが納得されてるんだったら、もうそれでイイですやん。
という、それを言っちゃーお終いだよ!的な感想しか残らなかったけど。(;'∀')アハハ
彼らの過去の恋愛の甘酸っぱい部分を投入してみたものの、結局は保奈美奥さんの方が上だったってことですもんね。
蘭丸は相変わらず良い“お仕事”をされますけども…。笑
最終的には、日本の法律では重婚が許されていないので、他の皆さんは養子縁組という形で、めでたく「ご家族」となられた訳ですね。
めでたし、めでたし…。笑

それより!
黛がまさか、古美門の事務所から出されることになるとは~。
古美門に染まったら、アカンの??
いや、これにもきっと何か意味があるかも知れないですね。
一旦突き放して外の空気を吸わせて、勉強させる…みたいな。
で、黛は独立する訳ではなく、よりにもよって羽生のところへ…。
嫌がらせかっ!笑
まずは予告で観た、新体操のリボンの輪っかの中でクルクル回る古美門が楽しみです!←

そして相変わらずの、貴和さん♪
彼女の悪女っぷりというよりは、人の心を上手く動かせることに長けてる女王様と言った方が?
思わずひれ伏してしまうような、そりゃ看守の皆さんも彼女の言いなりになりますわ。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?」 第5話
えぇーっ!?
やっぱりサプリは死んじゃったのか~•(´;ω;`)
しかもロイドに恋してた風の、最後は自らが体を張ってロイドを助けるとか、切ない結末…。
翼ちゃんのキュートなナース姿が見られなくなるのも、寂しいわ~。

で、やはり感情はインストールされてたって訳ですね。
システムにバグが見つかって、ロイドの本体自体が危ぶまれながらも、初期化は断固として拒否してましたもん。
ということは、これから麻陽に対して何らかの感情が芽生え始めるってこと?
それとも黎士の肉体は滅びても、「想い」はロイドの中に…ってことも考えられるのかな。
「物質の時空間移動はできなくても、情報なら可能」という講義内容も、黎士が伝えたかったことのようですし。
その前に謎の美少女登場で七瀬を引き込もうとしたけど、それで失敗した感じですね。
あの少女は敵なのか?味方なのか?
今のところは特に危害を加えることもないけど、味方…には見えないかな。(^_^;)

一方、ロイドの正体に近づきつつある星。
真実を知ったら抹殺される…ってことで、麻陽はこれ以上詮索しないように留まらせてたけど、今度は葦母に接近してましたよ。
アナログは葦母担当で、何やら凄いハッカーらしい(ホント?笑)星がその他を担当するんでしょうかね。
二人で力を合わせれば、ロイドの謎が解けるぅ~みたいな。
あの部下はいつから敵になったのか、さっぱりわからず。(;´∀`)アハハ

それにしても、瀕死状態だった葦母の回復力が凄すぎます!
またエンケンさんだから、余計にハマり過ぎて~。笑 (* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「クロコーチ」 第5話
やっぱり、公安の高橋(森本レオさん)が怪しそうかな~。
…と思いながら観てたら、黒河内がまんまと呼び出されて撃たれるっていう。(^_^;)
しかし、主役が死ぬ訳ないよね?と思いつつ、ちょっと心配。

で、その高橋ですが、黒河内が何処まで知ってるか探りを入れてましたよね?
「薬師寺さんから、何か預かったりしてませんか?」と聞かれた時、一瞬否定したものの「そういえば…」と切り出して「聞いて欲しいことがあると。ある会のこととか、何とか…」。
黒河内はさすがにそこには食いつかなかったけど、その後に掛かってきた清家の電話の内容も欹てて聞いてたような…。
もう一人、怪しそうなのが牛井(小市慢太郎さん)。
こっちは清家を監視してる風で、こ、怖い…。

今回の事件は、「白骨死体」「ジュラルミンケース」…というキーワードだけが三億円事件と被ってただけで、特に「桜吹雪会」と関わってた訳でもないし、そんなに重要ではなかった?…と思いきや、刑期を終えて出所した高宮が強奪した5000万円が強請屋のジャーナリストへ渡った訳でもなく、彼に泣きついたIT企業社長の早川でもなく、結局地検の越後(板尾創路さん)に賄賂として渡ってた訳ですね。(;´∀`)
そして彼が沢渡を担当している…。
うわ~、そんなところへ繋がってたのか。
黒河内は相変わらず「鼻」が利くな~笑

そして沢渡の口から、とうとう語られた「桜吹雪会」の全貌。
「国民や国家のために未解決でなければならなかった…」
そんな理由で未解決事件になってるとか、腑に落ちないわ…。
ていうかもう、なんじゃそりゃ?ですよ。(^_^;)
今回沢渡が読んでいたのは「帝王学」って、ホストかっ!笑Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
うわー!もしかして黒河内が早川に知恵をつけたり、そこから越後へ行く行動も全てお見通しだったってことかしら?(@_@)
だとしたら、越後にガチで語られてる真相にも、何か理由がありそう。

三億円事件の実行犯という設定の小出君の回想シーンでは警察から自殺を強要されてたけど、あれは死んでないってこと?
それが生きてて、今の高橋だったら、ビックリだけど。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「独身貴族」 episode5
とりあえずは、そっちの展開ですよね。
誕生日にあんなセレブなお祝いをされたら、そりゃコロッと行きますってー!
しかも高級レストラン&ヘリだけでなく、ホテルの一室を借りて一社員の誕生日とは思えないほどの豪華さ。(^_^;)
そして、進とゆきのキスシーンが長かったのなんの。笑
「ヤマタノオローチ」と聞いていた進が、実はそんなガツガツした男じゃなかった…というフェイントのギャップですやん。
「私って、そんなに大事にされてるのね?」
…って、勘違いしますよね。笑ヾ(~∇~;) コレコレ

そして「結婚」には全く無関心…だった守ですが、ゆきと出会ってからはちょっと恋愛モードです。
二人が映画の話をする時の、楽しそうなこと!
でも恋愛経験は少なそうですけどね…(;´∀`)
どうやら東京ではないところまで行って手に入れた「プレゼント」は、ゆきの手へ渡らないまま。
ごみ箱に捨てられたプレゼントに気づいた須美花が、それをどうするか?ってところですね。
まぁ、進のことが好きみたいだから、渡してくれそうな気もしますが…。
で、二人の男の間で揺れ動く春野ゆき?笑
その前に、進は離婚しなくちゃですけども。(^_^;)
おまけに自棄になった守は、玲子と結婚する勢いになりそうな予告でした。

ちょっと気づいたんですが…
守は必ずと言っていいほど、「春野ゆき」ってルネームで呼んでる気がしますけど。
ん?これって、もう皆さんは周知のこと?(*≧▽≦)ノシ))

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「リーガルハイ」 第5話
今回は羽生との対決が多くて少し単調なので、色んなキャラを投入してるんでしょうかね?
最高でした!國村さんの、濃~い黛パパ♪ヾ(o´∀`o)ノワーイ
宇宙の星には帰ってなかった!笑

さて、案件の方は蘭丸が取ってきた著作権の争い。
…といっても、当のご本人はそんなにガツガツされてませんでしたけどね。(^_^;)
小さな文具店を救ったキャラクター「おやじいぬ」が、25億円!?
ヒャー!そんなに儲かるのか。笑 ヾ(~∇~;) コレコレ
どう考えても、ちょっとふっかけ過ぎなんじゃ?と思ったけど、古美門は一歩も譲りません。
小さな矛盾に気が付いたり、裁判のハイテンションな進め方は古美門の真骨頂だったけど、どーも今回は強引さが印象に残ったかな~。(^▽^;)アハハ
まぁ、とっかかりがとっかかりでしたからね。
最後は綺麗なお話にまとめてたけど、それと引き換えに金の亡者となった妻と娘…。
田向(野村将希さん)にとっては、それが良かったのか、悪かったのか。(^_^;)

全然話は逸れますが、ウチの母親が若い頃に野村さんの大ファンだったんですよね。
「一度だけなら~」の歌声の方が最初だったので、今の俳優さんの方がめちゃ違和感!
たぶん、母も同じことを思ってるはず。笑
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...

さて、最近の娘の言動に心配した黛パパは依頼者を装って古美門の事務所に潜入してきた訳ですが~。
ま、最終的には納得できたってことでしょうかね。笑
服部さんのナイスフォローもありましたが…。
もう服部さんの仕事の良さったら!(* ̄m ̄)ププッ
あ!そういえばマツケンさんの出番はもう無いんでしょうか??
結構楽しみにしてたんですけどね~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「海の上の診療所」 第4話
このままフェイドアウトしようかな~とも思いましたが。笑
とりあえず、リタイア宣言ぐらいはしておいた方が…(;´∀`)

特に何かサプライズ的な事件が起こる訳でもなく(そういうドラマだけど)、
何の捻りもなく(分かりやすいとも言う)、どうも惹かれるものがないんですよね。
父・優作さんのようなゆる~いキャラも、あの“毒”みたいな雰囲気があればこそだったし、
翔太君も負けてはないと思うけど、またちょっと違うんですよね。
何より、お医者さんに見えないのが…。
いや、こういう医療モノもアリなんでしょうけどね~。
それなら、もっと他で盛り上がってくれるとか、そういうことでもあれば別なんですけども…。

ん?何だ?この葛藤めいた、行ったり来たりの文章…笑(^_^;)

鼻っ柱の強いお嬢様が過去を引き摺ってて、ある出来事をきっかけに成長…。
よくあるパターンですね。
自分も重篤な急患を処置しつつ、お嬢様へも電話で指導…というのは航太先生が凄腕のお医者さんだと
分かりやすくて良かったですけども。
ま~、それだけかな~(^▽^;)アハハ

ということで、レビューはスッパリとリタイアです。
ごめんなさい!
でも、ドラマは観続けますよ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?」 第4話
感情だけでなく、味覚もインストール出来る訳ですね。
ということは、もう「人間」も簡単に作れるってこと??

今回は見た目は黎士の親友で次元物理学者の桐生(藤本隆宏さん)が登場。
黎士が偽物だと気づかれると大変…と、内心ヒヤヒヤの麻陽でしたが、結局桐生もアンドロイドだったらしい。
しかも実は、ロイドのかつての親友で暗殺者のナビエ。
わざと送り込まれたようだけど、記憶を消されていたのか、それとも自分で消していたのか、色々と切なかったですわ。
過酷な過去を潜り抜けてきた仲間との感動の再会とは、残念ながらすぐにはならずでしたね~(^_^;)
それでも奥の奥の方に微かな記憶が残っていて…という展開に、ちょっと涙しましたよ。
桐生と黎士、ナビエとロイド…。
これも何か繋がってるのかな。
藤本さんといえば、「平清盛で」伊藤忠清役が記憶に新しいので、「頼れる人」のキャライメージはそのまんま。
ちょっと嬉しかったですww

そして何者かに命を狙われた葦母。
殆ど瀕死の状態だったようですが、あれはサプリが救ったってこと?
「探り過ぎた男」は抹殺される運命だった…と推測するに、今回のことで逆らったサプリの身に何か起こるってことなんでしょうかね。
翼ちゃんの小悪魔キュートなキャラに癒されてたので、何とか生き残って欲しいです。(^▽^;)

しかし回を重ねるごとに、黎士があんなに簡単に殺されたのが腑に落ちないんですよね~。
100年先の人物とコンタクトを取っていた訳だし、事前に自分が殺されることが分かっていたからこそ、やっぱり何かあるのかな…と考えるのが自然。
ロイドがどんどん“人間化”していっていることと関係してる?
指輪の件なんか、ちょっとキュン!でしたもん。((ノェ`*)っ))

食べたモノはどうやって処理されてるんだろ~?って考えるのは、野暮ってことで。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「クロコーチ」 第4話
結構カギを握っていそうだった香椎さんが降板…ということで、どんな繋ぎ方になるのか興味津々。笑 ヾ(~∇~;) コレコレ
そしてここのセリフは書き換えられたんだろうな~と勝手に想像しながら、にやにや。笑
でも芦名さんのキャラも、なかなか面白いです!
何か、このまま違和感なく溶け込めそうですね。

一人の政治家秘書が謎の飛び降り自殺。
相変わらず、黒河内が広い意味で絡んでます。(^_^;)
今回はよくある「黒皮の手帳」を巡るお話でしたが、そこに書かれていたはずの「桜吹雪の会」のページがごっそり破られてたらしい。
沢渡の担当になった、あの看守が処分したのかな。
「桜」っていうぐらいだから警察が絡んでるようですが、衆議院議員の伊地知も、沢渡も警察OB。
3億円事件の真相に迫る回想シーンでは、沢渡は警官時代にその証拠となる「500円札」を託されていたようだけど、機密事項は代々受け継がれてるってこと?
沢渡が読んでいた「洗脳と屈服の定理」というタイトルの本が怖すぎるって~(;´∀`)

そして伊地知に近づき過ぎた黒河内は配置転換間させられそうになったものの、自殺に見せかけて殺された秘書の父親を上手く使って復帰。笑
「感じの悪い刑事」としか覚えてなかったお父さんが、伊地知を脅しながら「黒河内を出せ!」って言ってたから、すぐに分かりましたよ。
ピエロも長瀬君が着るとカッコイイのなんの~。笑
やっぱり志賀さんとは違いますな。(≧m≦)ぷぷ

さて、機密事項だった「500円札」は黒河内の手元にいったけど大丈夫?
「桜吹雪の会」のページに気を取られて…ってことじゃないですよね。
これも沢渡の「予定通り」なのかしら? (((((´;ω;)))))

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「独身貴族」 第4話
分かりやすい展開が続くので、キャストの皆さんの演技の見せどころですよ~。
…と、ちょっと煽ってみる。笑

もうシンデレラストーリーの王道ですね。
パーティーに着て行く服が無い→サラッと選んで買ってあげる→ヘアとメイクもサササっ!
ん?プリティーウーマンやん!
北川景子ちゃんなので、どうやっても可愛いに決まってますやんか!笑
その後、ゆきが悪い男にまんまと騙されて部屋について行っちゃって、それをギリギリで助けに行った守とか、そんな二人の姿を見て対抗心を燃やす進とか。
いや、その前に離婚でしょ?と…。(^_^;)
進はあんな風に見えて、兄の守に対してはコンプレックスの塊なんですよね。
さて、ゆきはどちらを選ぶのか?
…って毎回一応思いながら、もう決めつけてますが。笑

相変わらず、空気の読めない玲子…みたいなシーンが続きますが、彼女も本当に守と結婚したいのか?と言われればたぶんそうでもないんでしょうね。(;´∀`)
結局、結婚できれば誰でもいいって感じにしか見えてません。
なので、可哀想に見えません。笑

守の朝食が毎回ホントに美味しそうなので、それも楽しみです。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク