「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」 第8話
やっぱり、葵は生きてましたか~(^▽^;)アハハ
姉の小百合をレイプした男の部屋で、揉みあう内に殺してしまい、逃げる途中で葵自身も崖から落ちてしまって…
とりあえず命は取り留めたものの、事情を知った巌雄が、事故を目撃されていたこと良いことに亡くなったことにした…という訳ですな。
で、レイプ男は司法解剖で病死扱いにしたらしい。
当時からやりたい放題だったのね。(^_^;)
で、8年間そのまま何事もなくやり過ごしていたところを、葵がCT画像を白鳥に送ったことがきっかけで~ということなのかな。
葵はこのままの生活に不安を感じてしまったのかも知れません。

白鳥たちにバレそうになってしまった以上、葵を安全な場所へ…と巌雄は船を出したものの、葵もあんな堂々と乗ってたらバレバレですよ。(;´∀`)
船内へ入るか、せめて姿勢を低くするとか…。
いや、もうこの際バレてもイイと思ったのか??
あの家から出たところで、結局「亡くなったまま」…という状況は変わらないんですもんね。
しかしそのお蔭で、「碧翠院」は安泰ではなくなりそうな…。

これから「碧翠院」の謎が次々明らかになるんでしょうかね。
患者さんの亡くなり方とタイミングがあまりにも不自然で、都合がいいように見えてましたから~。
それを白鳥達がどう証明するか気になるところです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「失恋ショコラティエ」 第7話
「ケジメをつける…」と宣言した爽太は、まるで悟りを開いたかのように表情が穏やかでしたな~。
そこには、これから失恋するなんてことは全く感じさせないほど…。
寧ろチョコの方も絶好調で、ノリにノッテル爽太♪
紗絵子が原動力なのはもちろん、えれなのお蔭も少しはあるのかな~などと、最後の最後まで観ていた訳ですが…
うん…
やっぱり、そうなりますか。笑(^_^;)

今の紗絵子はあまり幸せじゃないですもんね。
唯一の心のよりどころが爽太のチョコだったのに、思わぬ告白で涙…という訳なのかな。
そんな紗絵子を見て、「ケジメ」をつけて悟りを開いていたはずの爽太が!!
これは「妄想」ではなく!笑
確かに好きな気持ちは、そう簡単にキレイさっぱり消せませんもん。

予告では紗絵子が家を出てたような??
えっ?そんな展開に?
旦那さんの逆襲がちょっと怖いような…(^▽^;)
待ってるえれなも、どうなるのか…。

一方、オリヴィエとまつりの方はもう大丈夫でしょうかね。
ちょっと「棒」が気になるけど(笑)、幸せそうで何より…(*'▽')

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「S-最後の警官-」 第7話
前回のバスジャック事件の続き…。
古橋がネゴとして向かったものの、犯人の男には乗客の中の子供が彼の息子だと気づかれていたんですよね。
途中まではイイ感じだったのに…(^_^;)
まぁ、そんな説得で改心して投降するぐらいだったら、あんな大事件は起こさないですけどね。
とにかく『鎌』の刃が怖くて、怖くて~(^▽^;)アハハ
そういえば「ごちそうさん」のお姉さんも『鎌』持ってたな…とか、急に思い出したり。笑
しかし父親への復讐のためにバスジャックされては、乗客の皆さんはたまったもんじゃありません。
あのまま一號や伊織の活躍が無ければ、とんでもない「とばっちり」に完全に巻き込まれてるところですもん。

犯人の命より、一號には危険な目に遭って欲しくない…
どちらかというと被害者の遺族の心情として、ゆづるも伊織と同じような気持ちだったようです。
犯人を確保して、キチンと罪を償わせる…という考え方もあるかも知れないけど、やっぱりなかなか難しい問題かな。
反省する人間ばかりではないですしね。
考えれば考えるほど、堂々巡りでございます…。

そして一號と伊織のナイスコンビ誕生!と思いきや、伊織の方は出向期間の短縮を申し出たらしい。
確かに毎回毎回、あんな一か八かのヒヤヒヤな極限状態に追い込まれてたら身が持ちません。
それに今は任務として遂行しているだけで、『NPS』の犯人確保の方針にはまだまだ納得できていないみたいですしね。
香椎は他にも優秀なスナイパーに目星をつけているような口ぶりだったけど、そこもまだ未定…。
「NPS」VS「SAT」の構図は相変わらずですが、かつてはナイスコンビだったらしい香椎と中丸の過去もちょっと気になります。

今回の事件は全く『M』が絡んでなかった…ってことで、やっぱりもうオダジョー君の出番は無し??
いやーん。残念!(;´∀`)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍4」 KARTE7
一人、また一人…と「チームドラゴン」が引き抜かれていく中、今回はとうとう伊集院まで~。(^_^;)
婚約者のお姉ちゃんに呼び出された伊集院でしたが、やっぱり桜井病院に移ったことは言ってなかったようで…。
泣き作戦に出られたところで、今更戻るつもりもないですよね。
そんなところへ、ガンで余命3か月と宣告されたお姉ちゃんの父親…。
本人はオペどころか治療でさえ拒否しそうな勢いでしたが、伊集院は朝田にオペを相談するも、なぜか断られてしまう。
うーん…。どうも今回のシリーズは朝田らしくないところばかりが目についてしまう。(;´∀`)
初回のワクワク感は何処へやら~。笑

しかし、ここで伊集院君のお人柄が発揮される訳ですね。
治療を拒むお父さんの病室へ毎日様子を伺いに行き、病状の変化や痛みは無いか、さり気なく話し相手にもなっておりました。
そんな中聞き出したのが、実は奥さんもがんで亡くなられていて、娘にはこれ以上負担をかけたくない…という心情から治療を拒んでいたらしい。
そこからまさかの展開が待っていて、ガンの転移だと思っていたモノが「異物性肉芽腫」かも…ということになり、お父さんとしっかり信頼関係を結んでいた伊集院の説得で、無事に手術と相成りました。
結果、ガンの転移ではなく…。
めでたしめでたし。

結局、施設の整っている「L&P」のオペ室を借りられたのも、伊集院が桜井病院を辞めることが条件だったらしい…。
伊集院、やっぱり君もか~(^_^;)
朝田も「俺たちはどこにいても チームだ。」なんて…。
確かにそれはそうなんだけども、何とも腑に落ちないわ~。
伊集院は「L&P」で、研修医を育成する部署を任されるらしい…。
朝田の下で修業を積んできた彼が、ここで腕を発揮するということか。

唯一の望みといえば、野口と岡村の意見がことごとくぶつかってるところでしょうかね。
最終的には岡村の方が一枚上手のように見えてるけど、野口もどんな汚い手を使ってくるのかという予想外の展開もありますしね~。笑
アロワナを育てるのも、たぶんお金がかかってそうだし(違)

さて、あとは桜井の脳オペの方の執刀医探しか~。
もしかしたら岡村が?とも思ったけど、鬼頭が外国の医師を呼び寄せた模様…。
これも何か、医龍らしくない!
何といっても朝田のエアオペシーンがめっきり減ってしまったのが、一番寂しい…。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「僕のいた時間」 第7話
拓人がALSだと知ってしまった以上、恵は心穏やかで過ごせる訳がなく。
でも元さやに戻ったところで、これから先の事は分かってしまってる訳で…。
そんな中、繁之のまた嫌~なところが露見しましたわ。
「俺って、心の広い人間だろ?」とでも言ってるかのように、守の提案をすんなり受けてしまうところが、もう…。
それとも変な自信が彼をそうさせているのか?
どちらにしても、尊敬できるような相手ではないな。

ていうか、いくらヘルパーの女性の仕事ぶりが目に余るからといって、代わりに恵を…と思いつく守もどうかと。
このままでは拓人も恵も傷つけてしまうんじゃないかな…と思ってしまうのは、私だけ?
しかし拓人の病気を知って、恵がそのままモヤモヤし続けるというのも不自然か…。
それなら何らかの形で二人が納得のいくまで側に居させてあげたい…と思うのが、親友の心情としては普通なのかな。
答えは最後まで出ないような気もするけど…。

そして結局、弟の陸人も医者を志さないのなら…と、両親が実家へ帰らせてしまうことに。
いくら仕事があるから残ると言い張ったとしても、あんな状態の拓人を一人残すのは信じられない。
これからどんどん症状は悪化する一方だと分かってる訳だし、今は辛うじて動かせる右手もいつ動かなくなるか、その前に呼吸器系や他の器官もどうなるか…。
ヘルパーさんも泊まり込みじゃないし、もし誰もいない時に何かあったら…
…って、早速ありました!(^_^;)
そこは恵が…という展開にしないと、ドラマにならないか。


恵のしたいことが、拓人も同じ気持ちだった…というのは、ちょっと涙腺緩んだかな。
これからどうなるかってところですね。
それよりどんどんやせ細っていく春馬君が、心配になってきた~(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」 第7話
うん、もうタイトルを「厚労省刑事(デカ)」に変更した方が良いと思う。笑
今まではホントに病気で亡くなったのかな?失踪かな?ぐらいの怪しいレベルだったのが、今回の戸山は解剖の結果、どう見ても他殺ですもんね。
わざわざ睡眠薬を飲んで、海に飛び込まないでしょうし…(^_^;)
しかし刑事さんたちは、「碧翠院」が地元で司法解剖に協力してくれている唯一の病院…という理由で事件に弱腰?
それはアカンやろ~(;´∀`)アハハ
やっぱり「厚労省刑事(デカ)」の出番か…笑

そして…
院長の息子・葵は生きていたらしい。
それでも亡くなったことになっているというのは、きっと事情があるんですよね。
ちょうど同じ時期だったのって、小百合の過去と何か関係があるのか、無いのか…。
この辺も気になるところ。
あのCT画像を撮ったのは葵なのか?
写し方が素人だったらしいけど、だったら何のために??
今まで大人しくしてたのに、なぜ今更?
…と考えれば、考えるほど迷宮に入ってしまいますな。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「失恋ショコラティエ」 第6話
何と!
えれなが一方的に片想い中だった倉科さんには、家族がいたのか…(^_^;)
あの電話の様子から、心をズタズタにされて大失恋…と勝手に思い込んでたけど、めちゃイイ人でしたやん。
予告では爽太が警察官に連れて行かれるシーンが映ってたので、「何で??」の嵐だったけど、そこは勝手な妄想シーンでした。
あー!騙された!悔しいーー!笑
で、えれなは倉科さんが妻子持ちだと知り、すぐに身を引くことにしたらしい。
そんな彼女を見て、やっと爽太も気づいたんですよね。
自分はなぜ、結婚して人妻になった紗絵子を今も思い続けているのか…。

そして「好き」の意味合いが違う爽太と薫子。
爽太は彼女をスタッフとして、人として…。
薫子はドサクサに紛れて告白したものの、全く気づいてもらえてませんでした。(;'∀')
そこは深く掘り下げず、このままの関係でそばに居られる方を選択したということなのかな。
そんな中、オリヴィエとまつりのカップル1号が誕生!
意外な展開だったけど、まだ少し何やかんやはありそうな予感…。

「ちゃんと失恋する」宣言をした爽太は、まるで悟りの境地といった様子でしたね。
新作チョコも次々アイデアが浮かんでいたようだけど、まつりじゃないけと、その後が心配。
『原動力』が他に見つかると良いですが~。
一方の紗絵子は、どんどん寂しそうな表情のシーンが増えている印象。
痛々しい包帯姿からはやっと解放されたけど、店に来た時の「帽子」の意味に爽太は気づいてなかったし、逆にその姿が可愛いと言っていたような。(^_^;)
まさかそんな大怪我をしていたとは知らないから、仕方がないですけども…。
「失恋」してけじめをつけた後は、えれなと…という展開になるのかな。
いや、それじゃあ話が続かないか。笑

しかし相変わらず、六道さんの使い方が勿体ないな~。笑
結構楽しみにしてるのにー!(*≧▽≦)ノシ))

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「S-最後の警官-」 第6話
あら、バスジャック事件は次週へ続くのね…。
時間的に、解決する?間に合う?無理?ん?
…な感じで時計をチラ見しながら観てたので、一気に拍子抜けでした。(;´∀`)
バスの中には「NPS」の隊員・古橋の元奥さんと息子さんが乗っていて…
必要以上に何度も犯人の男を刺激しながらも(こらこら)、まだ無事で良かった。(^_^;)

でも、犯人の男の動機がまだ分からないんですよね。
脅したり凶器には「鎌」を使ってるけど、体にダイナマイトを巻いているところを見ると、最後は人質を巻き添えにして、自分も…と考えているような気もするし…。
あの家族写真に何かヒントが隠されているのか?

バスはタイヤがバーストして、トンネル内で急停車…。
古橋が一人で説得に向かうところで続く。
いつ爆発するかヒヤヒヤしたけど、予告ではまだ大丈夫だったのでホッとした~。
こういう時、先に分かってしまうところが残念ですね。笑←
そして再び「SAT」VS「NPS」も盛り込んでくるようで~(^_^;)
毎度、警察内で揉めてどうする…って感じなんですけども。




さて、白羽ゆりさんといえば~
にっしまさんファンは反応しますよね。(* ̄m ̄)ププッ
いつの間にお母さんに??(違)
一応、貼っときます。笑 →「ワガママ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍4」 KARTE6
今回は若かりし頃の野口と桜井が出てきましたが~。
岸部さんに激似やん!!
…と思いきや、リアル息子さんだったそうで、なるほど~!!(*≧▽≦)ノシ))
そういえば、前にも観たような気がするけど、私の記憶違い?夢?笑
で、もうお一人も実は平さんの息子さんだそうで、こんなところで親子共演だったんですね。
ドラマを2倍楽しめました♪ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

さて、今回は「桜井院長の誤診のせいで、私の人生をめちゃくちゃにされた!」と女性が怒鳴り込んできたお話。
事情を聞いてみれば、大きなプロジェクトを任されていたのに、心臓病だと診断されたせいで降ろされたらしい。
納得できなくて「L&P」で診てもらったら、ただの気管支ぜんそくだった…と。
どう考えても朝田の師匠・桜井院長が誤診をする訳ないし、ドサクサに紛れて(野口の差し金??)やって来た抜き打ちの厚労省の医療監査も入り、しっちゃかめっちゃかな桜井病院。
「高難易度オペの症例数」とやらが、病院の規模にしては多いらしく(ほっといて!)、すなわち保険の点数稼ぎの為では?とか、患者の死亡率が高い、「未収金が多い」→診療報酬を着服…が問題になったらしい。
おまけに院長の医師免許が見つからないらしく、そっちも大騒ぎでした。
その横で、なぜかほくそ笑む野口…。

実は野口は桜井と同じ医大生で、桜井は当時「インターン制度廃止運動」のリーダーだったらしい。
そんなこんなで警官との衝突後に逮捕され、それ以来桜井は行方不明…。
医師免許が無いのは当たり前…みたいな話だったけど、「前の監査にはちゃんと提出してた」と猪原は言ってたし、こっちはそんなにドキドキしなかったです。笑
結局、アメリカへ渡り、ハーバード大を卒業後に向こうの医師免許を取得して、国内でも無事に得ていたらしい。
鬼頭先生!もっと早く言ってくれないと。笑

『疑惑』の方も、お金のない患者さんには本当に「ある時払い」で、厚労省の人間の目の前で元患者の親御さんがわざわざお金を持って来てあっという間に解決。笑
死亡率が高かったのも、他の病院で拒否された患者さんをすべて受け入れていた結果…ということで、すんなり。
野口、ものの見事にぎゃふんです。(^_^;)
朝田の師匠の疑惑が無事に晴れて、結局『誤診』ではなかったし、めでたしめでたし…

が!
桜井院長の病状の方は、かなり悪いようです。
胸部大動脈瘤の他に、脳にも大きな動脈瘤…。
これが最終話の大手術になるんでしょうかね。
伊集院も婚約者のお姉ちゃんから呼び出しのお電話があったりして、次回もハラハラですわ。(;´∀`)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「僕のいた時間」 第6話
あっという間に1年半が経ち…
恵と繁之は順調に愛を育んでいて、結婚…というところまで話が進んでおりました。
どうも繁之だけが盛り上がってるようにしか、見えなかったけど。笑 
しかしここで、「会わなきゃいけない人には、絶対会う…」という拓人の言葉が現実になる訳ですね。
恵が担当になったALSの患者さんが、拓人と知り合いだった…。
拓人は「別れた後に病気が分かった」と話してたけど、今思えばあの時すでに異変があったことに恵は気づいたんでしょうね。
新居の掃除に泣きながら…は、たぶんそういうことだったんだろうな。
繁之にもらった結婚指輪も外してたし。

一方、拓人の弟・陸人は大学へも行かずに殆どひきこもり状態になっておりました。
いくら病院の後継ぎが不本意だったとしても、今の自分は母親のせいだと結びつけるのはアカンでしょ。
とりあえずは兄の拓人には本音で話せるまでになったようだし、恐竜の『恥骨』に興味を持ってるみたいなので、何ならその方面へ進んでも…WW
今まで思ったことをそのまま口にするような性格で、友人も出来なかった…と気づいたかどうかは分からないけど、少なくとももう少し相手の事を考えて発言できるようにはなって欲しいところ。
その辺は、拓人のお蔭で改善されそうな雰囲気でしたけどね。

拓人は今、辛うじて右手だけが自分の意思で動かせるような状態…なのかな。
といっても、マウス操作ぐらいか。
彼の病気を知った恵が、これからどうするのか気になるところ…。



テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」 第6話
「病院」というだけで、人の死を何だか自由自在に扱ってるように見えてしまうのが気になる…。
まぁ、今回に始まったことはでありませんが~(^_^;)
借金で散々家族を苦しめてきた男が、家の立ち退き直前に「碧翠院」で亡くなって、新しい家まで用意していたのは偶然?
その前に小百合の8年前の傷に触れてしまうようなことになってしまってたし、そのせいで…と思うのは勘繰り過ぎかな。
そして最後には放射線技師の戸山まで…。
彼が夜のCT室で目撃したのが、時々映っていた車椅子の人物なんでしょうかね。
それにしても立花といい、戸山といい、すぐに白鳥やグッチーに話してればもっと早く事件が解決したのに…
と思ってしまったのは渡しだけ?(*≧▽≦)ノシ))

8年前といえば、小百合たちの弟・葵も亡くなったのが同時期…。
これは偶然なのか、それとも…?
まさかの「車椅子」の人物が弟という線も出てきたり、出てなかったり。笑
立花の訳がないし…。
どちらにせよ、犯人は後出しジャンケンの色が濃くなってきましたで!(;´∀`)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「失恋ショコラティエ」 第5話
冒頭からいきなり妄想シーン。
もうすっかり「この展開は…」が掴めてきたので、予想が当たると楽しい♪(*≧▽≦)ノシ))
失恋ジャンケンに勝つより。笑

しかしドラマの内容はサブタイトル通り、切ない×3でしたわ…(ノ_・。)
特にえれなの空回りが。
好きな人の前で一生懸命頑張ろうとすればするほど、表情が硬くなっちゃったんだろうな…。
しかも最後にはマネージャー?から、目の前であんな風に激しく叱られたら~(^_^;)
それでも爽太に励まされてやっと気持ちを立て直して告白したのに、あの留守電の様子からするとたぶん振られてしまったっぽい。
ちょうどその日は紗絵子の誕生日で、爽太も渾身のケーキを渡してお祝いするはずだったのに、お店に現れたのは旦那さん。
一瞬で、旦那さんの後ろに見えた紗絵子の結婚生活。
今までは何となく彼女の「結婚」がぼんやり見えてたけど、急にリアルになったことでしょう。
えれなも爽太も同じ日に…というところがミソなんだけど、やっぱりこうして心が弱った時にまた動くんでしょうな。
オリヴィエの言う通り、お互いに「別の人が好き」…さえなければ付き合ってる恋人同士ですもんね。
色々と波長も合うようですし…。
来週が楽しみだ。笑←

紗絵子の旦那さんはDV??
映ってたシーンでは家具に頭を打ち付けた程度だったけど、包帯や怪我の様子からもう少し増えてたような…。
束縛っきーだし、すでに言葉の暴力は散々受けてたし、こりゃ結婚生活も先が見えてるぞ。
大手出版社の副編集長、お金もそれなりにある、専業主婦…それだけを端から見ると幸せそうに見えるけど、実際の事情はそんな簡単なものじゃないんですよね。
お母さんも全然わかってません。(^_^;)

そして薫子の気持ちに全く気づいていない爽太。
まぁ普段の言動からして、まさかとは思いますけどもね。
しかしあんな風にガッツリ否定されたら、この先仕事仲間としてもどう接すれば…ってことですよ。
「セミの抜け殻チョコ」にツッコミ入れた、仕返しでしょうか?笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「S-最後の警官ー」 第5話
すわっ!今度は無差別テロか!?
…と思いきや、「神父様」ことは板橋(滝藤賢一さん)本意ではなかったようで~。
しかし『M』は各方面で嗅ぎつけるのが早いな。(^_^;)
ナイクラッド弾を板橋に渡し、そこから自殺願望者の手に渡る…を想定してたところが恐ろしいというか。
いや、『M』だけでなく、例のあの人も絡んでるんでしょうけども。

結局、自分の行為が不幸の連鎖につながっていたことを知り、板橋は自首。
元医師でガンを患っていて、辿り着いたのが自殺願望者が集まるサイトだった…。
移送のタイミングで訳のワカラン男に刺される…という事件はあったものの、一號の『手』がまたしても救ったという訳ですね。
まぁ、一命を取り留めただけで意識は戻らずだったようですが…。
この『手』をもう少しクローズアップすれば、もう少しドラマとして観ていられるような、いないような。笑
かといって今回は「S」も中途半端で、別に普通の刑事ドラマやん…みたいな展開。(^_^;)
せっかく伊織が出向で加わったというのに、スナイパーの出番なし。

やっと伊織の過去が明らかになりました。
何となく被害者の家族なのかな…という予想はありましたが、お姉さんがそんな目に遭わされていたなら彼の考えた方も頷けるかな…。
一號はどう思ったか…。

そういえば、大量の薬を飲んで病院へ運ばれた女子高生役の飯豊まりえちゃん…。
「太陽の罠」では尾美さんの娘さん役でした。
来週は古橋の元妻役で出演される、白羽ゆりさん…。
何気にテンションが上がります!(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍4」 KARTE5
うぅ…
まさか荒瀬が引き抜かれるとは思わなかった~(^_^;)
朝田のような外科医と組める麻酔科医だからこそ…と思ってたのに、実はその辺の外科医より知識も高かった訳か。
荒瀬がいれば、木原でも朝田になれる…(爆)
なるほど。
そして『院長』という肩書きをちらつかせる。
そっちの方は野口に承諾を得ていなかったみたいだけど、結果オーライで今回は収まったようですね。
まぁ、どうせ全員揃えばインドへ行かせる公算だから、別にいいのか…(;´∀`)
荒瀬はそろそろ髪の毛も染め直さなければいけないほどプリンだったし、院長ならお金も…(違)

しかし元院長のキャラが面白かったのなんの~笑
手術室に入った時から、指がピロピロ動く動く!(*≧▽≦)ノシ))
結局、オペ時間を早く終わらせることにしか興味が無かったなんて、あんな外科医に執刀された患者さんは悲劇ですわ。
あの男の子は元院長に乱暴に扱われたおかげで、心臓が大変なことになってましたしね。(^_^;)
何はともあれ、退散してくれて良かった。

朝田以外に、残るは伊集院か…。
桜井病院に移ったことはたぶんまだ言えて無さそうだし、その辺を突けば…って、アドバイスしてどうする!笑
まぁ、そんな簡単じゃないだろうけど、どんな手を使ってくるのか気になるところ。
ひっくり返って、鬼頭先生が桜井病院に来てくれないかな。(ノ∇≦*)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「僕のいた時間」 第5話
恵に別れを告げた後、乗り越えなければならない山がまだまだたくさんありました。
でももう覚悟を決めた拓人には、迷いは無いように見えたかな。
左腕だけでなく、今度は左足…。
普通に歩くことも自転車に乗ることさえままならない状態。
職場では自身の病気を告白して、「ALS」について理解を得ることに…。
これで病気を隠し続けるストレスは無くなったものの、今度は周りが自分に気を使ってくれることもまた辛いものがあるんですよね。
これがなかなか難しい…。
そんな中、親友の守はいつものように変わらず接してくれて、唯一ホッとできたシーンでした。

このドラマを観て、少し考え方が変わったかも…。
今までの自分だったら、やっぱりあの職場の人たちのように不自然に気を使った気がする。
ちょっとまた別の事なんだけど、どんな風に接すればその人にとってホッとできるか?と考えさせられたり…。
やっぱり何があっても、たぶん今まで通りが一番良いんですよね。
最初のとっかかりはそりゃ大変だけど、久しぶりに顔を見て色んな感情が混じったけど、そこを乗り越えれさえすれば…。
きっと一人の時はまだまだ辛いはず。
それでも一日のうちに、少しでもホッとできる時間を共有できればいいかな…と思う。

そして拓人がもう一つ乗り越えなければならなかったこと…。
今まで少しずつシグナルは出してた気がするけど、全く気づかなかった母親。
病院の跡取りになる予定の弟にしか興味が無くて、それがまた医師としての資質を歪ませていることにも自覚は無かった様子だったけど、病気の告白は皮肉なことに…。
母親が取り乱す姿を見て、病気になってゴメン…という言葉しか出ない拓人を思うと、涙なしには観れなかった。
自分の息子が「ALS」だという事実を受け入れられるには、もう少し時間がかかるのかな。

しかし向井の行動には驚かされましたわ。
拓人の病気を知ってどうするのかな?と思いきや、そこのスタンスは変わらないのか。
それとも自分なら恵を幸せにできる…とでも考えたのか?
拓人や守が「カッコイイ先輩」と口に出して尊敬すればするほど、そこはめちゃくちゃ違和感ww
恵も最後にきちんと気持ちの整理をつけるために、拓人と一緒に埋めた手紙入りの瓶を捜しに海岸へ…。
いくら掘っても出てこなかったのは、先に拓人が掘り出してたからだったらしい。
「砂問題」←は色々とツッコミどころだけど、電話をかけているすぐ傍で相手が姿を隠しての様子を見ている…という演出はベタながら、やっぱり一番わかりやすいですね。

次回は拓人の病状が一気に進んでいたようでした。
そして別の患者さんの介助をしている恵とバッタリ…という展開になるみたいですね。
恵が「ALS」の患者さんの担当になったのは、伏線だったのか~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」 第5話
白鳥は立花の死の真相に結構近づいて、グイグイ追い詰めてるやん…と思いながら観てたけど、まだ5話。笑
…ってことで、院長にはのらりくらりとシラをきられただけでした。(^_^;)
長野の病院での医療ミスを解剖で見抜けなかったことを立花に指摘され、それが明るみになるのを恐れたってことなんでしょうけどね。
でも誰が殺したかまでは分からなかったし、院長が抱える「碧翠院」の大きな秘密はまだまだありそう…。

結局、怪しげに見せていた(←笑)すみれは、「燃え尽き症候群」だったらしい。
終末医療ということは、助からない患者さんがほとんど…。
だから精神を病んでしまうというのも頷けますね。
グッチーより、患者さんのうめの方が先に気づいてましたけどもww
となると、これで「すみれ説」は消えた…のか?
とりあえず、“?”は残しておこう。笑
今の登場人物以外の、「後出しジャンケン」は許しませんよ!(*≧▽≦)ノシ))

大吉に殴られた白鳥の怪我は大したことが無くて良かった…。
記憶喪失も演技でしたしね。
患者さんたちから「ニセ医者!」と呼ばれるたびに、白鳥が何か嬉しそうな表情をしている気がするのは私だけ??笑



テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「失恋ショコラティエ」 第4話
六道キャラがめちゃイイ!笑
「関谷さんに、個人的に興味がある…」と爽太が言った時の六道の顔ったら~(*≧▽≦)ノシ))
爽太の言動に一喜一憂する姿を見てるだけでも、面白い♪
なのにチョコに対する考え方というか、姿勢がブレなくて、爽太じゃなくても尊敬に値する感じ。
片想いなのが可哀想。笑

さて、紗絵子と念願のデートを果たした爽太でしたが…。
小悪魔紗絵子が至近距離で接近すればするほど動揺して、逆に悲しい気分になってしまったらしい。
今までの『ドM』は何処へやら…
彼女の存在のお蔭で、それが仕事への原動力にはなってるようですが~。
で、いつの間にか紗絵子への想いが強すぎて、なぜかえれなへと方向を変える…ということになるのかな?
二人は不思議な関係だけど、そういう時もありますよね。←
相変わらず、長~い妄想シーンにドキドキさせて頂いて、あざーっす!(* ̄m ̄)ププッ

それにしても、オリヴィエとまつり、薫子と関谷…の方は扱いが雑。笑
薫子が爽太のことを好きなのは関谷にバレバレのようですが、せっかくのデートがただの愚痴大会になってしまって、それはそれで可哀想でしたね。(^_^;)
加藤君もイイのに。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「S-最後の警官-」 第4話
メイクだと分かってても、とにかく土屋さんが痛々しかった~(;´∀`)
でもあの訓練は、内部から情報が漏れてたことには間違いないですよね。
一体『M』は何がしたかったのか最後までさっぱり分からなかったけど、もしかしたら「S」を試す為??
だとしたら、霧山辺りが怪しい気がするんだけど…
『M』が一號を名指ししたのは、TVで見かけて行き当たりばったりのようでしたしね。
まぁいつも予想は大外れなので~。笑(^_^;)
…と思ってたら、公式サイトの相関図で「つながり?」の文字がありましたよ♪ヾ(o´∀`o)ノ

で、結局出番はあれだけ?
外国からわざわざやってきた割には、最後はあっさり…。
バスではお年寄りに優しくしてたり、『M』のキャラが読めなくて混乱しましたわ~。

そして相変わらず、銃が当たり前のように使われてましたけども…。
「S」のはずなのに、そんなに凄そうに見えないのが残念。(^▽^;)アハハ
今回も何人か負傷してましたもんね。
関係者各位の方々には大丈夫なのかしら?と、ちょっと心配したりして…(←余計なお世話ww)
最後は「NPS」に伊織が加わってました!
これで一號とタッグを組めば…的な展開になると、もう少し面白くなって来るのかな~。

余計なお世話ついでに。笑
耕三が片時も帽子を脱がないのは、もしかして薄○のせいで?? オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ
ご飯中も脱がないって、相当深刻ですやん。笑 ←違います!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「医龍4」 KARTE4
藤吉先生の次は、加藤先生か…。
相変わらず揺動作戦にまんまと引っかかってしまう…というか、やっぱり「患者さんを救いたい」という強い信念が根っ子にある訳だから、これは仕方がないことなのかな。
私利私欲に走るような“お金”が絡んでるから、ややこしいだけで…(^_^;)
それと一徳さんの悪人顔が怖いから…な。笑

そういえば、チームドラゴンが今回まさかの盲腸手術!
ヒャー!こりゃまた贅沢過ぎるーー!(*≧▽≦)ノシ))
大病院ではなく、桜井病院のようなところだからこその事なんでしょうけどね。
エアーオペができる朝田なら、目を瞑ってでも出来そうww ←

そして今回は人間VSロボットの手術。
虫垂炎のような手術は、今は「ロボット」を使えば木原先生“でも”簡単にできるのか。(;´∀`)
といっても、あの映像を観る限りは相当危なっかしい感じに見えましたけども…ww
もしかして、そういう目線で見てるから??
しかし今回は「ロボット」でもできない難しいオペになった…ということで、鬼頭先生から「秘策」として朝田が呼ばれることに。
いやいや、それは別に彼女の名案でも何でもないですから!(^_^;)
またこれが、嫌~な感じの言い方だったんですよね。
夏木さん、グッジョブです!(*≧▽≦)ノシ))
ま、朝田の事だから普通にサラリとやってのけますよね。
大臣の命を救ったことで、これでまた「L&P」の株が上がる訳で~。
でも朝田が執刀したことは、隠されたまま…。
何処までもイライラさせる野口。

これから、一人、また一人…と「チームドラゴン」の面々は引き抜かれていくのでしょうか?
岡村の過去も気になるところだけど、それより桜井院長が心配。
また急激に痩せていることを、荒瀬が気づくという…。
さすが優秀な麻酔科医なんだけど、それも辛いですね。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「僕のいた時間」 第4話
もう拓人の左腕は殆ど動かせない状態なのか…。
普通にしてても、何となくだらんとしているように見えてました。
そういえば春馬君が、この間「みなさんのおかげでした」の食わず嫌い王に出てましたが、痩せてすっかりガリガリに…。
ドラマの為なんでしょうけどね…。
「もっと食べなさい!」と思いながら、テレビを観てました。(^_^;)

そして病気の進行が確実になり、とうとう受け入れる覚悟をする訳ですね。
大切な人ほど早く話さなければ…思った拓人でしたが、病気のことは言えないから、あんな別れ方を…。
あー、もう事情を知ってるだけに、観ていてただただ辛いだけでした。
このパターンドラマではよくあるけど、何度観ても哀しい展開…。
そこで繁之先輩の存在が。
最初は拓人に嫉妬しているのか、何か横恋慕的な、ちょっと嫌なキャラだと思いながら観てたけど、彼が最初に拓人の病気に気づいてしまったというところがミソなのかな。
さすがにこれ以上、恵にグイグイ近づかない…というか、たぶん支えてくれる存在になってくれそうな。
最初に気づくのは弟君だとばかり思い込んでいたのに、予想は大外れ…(;´∀`)アハハ

拓人の家族は、ちょっとずつイラッとさせられるキャラなんだけど、これからどんなふ風に変わっていくのか気になります。
裏の「明日、ママがいない」も気になるけど。笑 Σ\( ̄ー ̄;)オイオイ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク