「続・最後から二番目の恋」 最終話
やっと…でしたね~。
最後まで見守り続けた甲斐がありました。(´▽`*)
ホントに和平と千明らしい…というか、お酒の力を借りてお互いに告白合戦。笑
年齢を重ねている分、若い頃とは違って、そりゃ色々ありますもん。
TV前でニヤニヤしながら見届けました。笑
今まで色んな選択をして失ってきたのかも知れないけど、今回の“選択”では失うものはゼロで得たモノは2倍。
“選択”はマイナスもあればプラスもある。
人生はその繰り返しなんですな~。

最終回もまた、『目からウロコ』なことがありました。
現場のことは…
そっか、上司も社長も立場はそれぞれ違えど“現場”なのか~(^_^;)
全部が全部じゃないけど、言われたことを最初から出来ないと否定するだけじゃなくて、もっと柔軟にならないとね。
会議室でも事件は起きている!笑

もう最終回は、皆さんはドラマが終わるのを惜しんで演じているというか、大好きだった長倉家のシーンは最後の最後まで楽しませて頂きました。
たぶんアドリブは満載だったと思われ…笑
万理子が最終日ギリギリに応募する脚本の件で、最後のセリフを書いて封筒に入れた時の貴一さんのツッコミが面白かったのなんの~。(≧m≦)ぷぷ
うん、あれは確かに全部書けてませんね。笑
せっかくのオーディションに受かったのに、今は家族を大事にする時だ…と、あっさり断った広行のKYなところや、一条さんキャラの上手い使い方…
何から何まで期待通り。笑

クランクアップの様子をチラッと観ましたが、本当の家族のような雰囲気が伝わってました。
これ、またSPででも続編をやって欲しいパターンですよね。
和平と千明がどんな風に暮らしているのか知りたい!
って、ドラマだけど…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「極悪がんぼ」 最終話
うんうん、最終回も面白かった~♪
月9っぽくないところも含めて…笑
何だか視聴率は散々だったようですが、たまにはこんなのもぶっこんでみてもイイですよね。
ただ、やはり世間は爽やかな恋愛ドラマ枠…みたいな認識なんでしょうけども。(^▽^;)

瀕死状態の小清水…って、案の定やっぱり嘘か。(^_^;)
あのタヌキ親父が簡単に死んでたまるかってもんです。笑
それもこれも、大事な“データ”を守るため。
薫ちゃんなら金子たちも協力してくれて、上手くやってくれるとわかっていたのでしょう。
逆に言えば、操ってたってことになるんでしょうかね。(;´∀`)
金子と薫がお店で暴れたシーンで、これはお芝居だとすぐに気づきましたわ。
昔から繋がっていた表の銭山と裏の小清水ですが、結局勝ったのは裏の小清水。
薫が自分側の味方になったと思い込んだ銭山が、気が緩んで昔話をつらつらと喋ってしまったことで公安にバレましたとさ。
“パーティー”に集まった支援者の皆さんも、銭山の悪事の一部始終を一緒に観ることに…。
まさに息の根を止めた形ww

最後は一年後という設定になってましたが、皆さん潜伏期間を経て再び結集&再始動という訳ですね~♪
いやー!面白かった!
スペシャルならイケますやん。笑
次クールの「HERO」番宣も抜かりない…。
視聴率にちょっとは貢献したんでしょうか?(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「続・最後から二番目の恋」 第10話
“ご夫婦”の人間ドックシーンが面白かったのなんの。(*≧▽≦)ノシ))
私も今年人生初経験だったので、色々と思い出しながら…。
千明の「どうせなら良い数値出して、勝ちたいでしょ?」に大爆笑。
うん、分かる!笑
終わった後に和平が何だか神妙な顔つきだったので焦ったけど、メタボ予備軍…と言われたぐらいで心配して損した~!(^▽^;)笑
不摂生生活を自覚しながら、健康だった千明は余裕でした。笑

そして、あんな形のままで終わらずに薫子へ気遣う和平にも感動しましたわ。
彼女の気持ちを傷つけず、上手くフォローしてましたもんね。
ちゃんと“友達”関係は続けてくれるようだし、優柔不断どころか、優しいな~と。
そりゃ、市長も惚れるでしょ。笑
こっちの方は少々面倒くさそうだけど…(;´∀`)

そういえば「桜貝」のエピはどうなったのかな~と、この間から何となく思い出してたら、今回ちゃんと完結してましたね。
真平が「ナガクラ」を始める時に、亡き奥さんが何かしてあげたいと思って集めていたらしい。
それをサラッと言っちゃう典子。(* ̄m ̄)ププッ
奥さんが亡くなった後、和平が集め続けてたことには何も感じなかったの?
いや、キャラ的に自分の事で精いっぱいだったのか。(^▽^;)アハハ
典子にはイライラを超えて、逆に羨ましくも感じたり。笑
遺志を知った長倉家の皆さん+千明が一緒になって看板やメニューに桜貝で飾るシーンにジーンとしながら…。
「桜貝」の理由が分かって、和平の気持ちにも一区切りついたのかな~と感じましたけど。

で、ひょんなことから千明の家がドラマのロケで使われることに。
撮影中は近くのホテルか何かで暮らそうかな…と漠然と思っていた千明に、「一緒に暮らしましょう」の和平の言葉。
「えっ?そこで?まさかの??」
…とも思ったけど、今のところご本人にはそんなに深い意味は無さそう。
いや、深い意味は無くても、浅い意味はありそう。笑
同居生活が楽しみだ~♪(≧m≦)ぷぷ
「ハッピーエンドでない恋愛モノを私は認めません。」
という市長のセリフ、伏線だと思いたい!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SMOKING GUN~決定的証拠~」 最終話
うーん…
何の捻りもなかったな~(^_^;)
ドラマの前半では、当日の記憶を失くしている縁がエミリを殺した容疑者っぽく、柏木が付きまとってたきがするんだけど、あれは何だったのでしょう?
途中から全然そんな素振りもなく…笑
寧ろ、仲間的な。(*≧m≦)ププ

結局、研究員だった大島が暴走して教授に自殺を強要したり、反証データを探し出すためにやったということか~。
「俺は殺してない」とか、思わせぶりなセリフや場面の度にCMが何度も挟まれたりして興ざめでしたけどね。(^▽^;)
で、整形までして頑張った大島は、エミリが遺した動画を観て自殺て!
何だそれ…(;´∀`)
もうちょっと描き方を工夫すれば~と思ってしまったのは私だけ?
科捜研メンバーはチームワークも無くバラバラ見えて、ドラマも中盤から冒頭に唐突にナレーションが入ったり、何だか最後まで試行錯誤しているような印象でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「極悪がんぼ」 第10話
サブタイトルが「最終決戦・次期総理を叩き潰す」??
ん?誰?次期総理って!笑
武田鉄矢さん、殆ど出てませんでしたやん。(^_^;)
今週来週の続き…って感じでもなかったですよ。
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...笑

さて、小清水が仇の相手だと宣言した薫でしたが…
それなのに、そんな薫に大仕事を任せるタヌキ親父の真意を知りたいところですな。
絶対裏があるとは思うけど、それは向こうに金子が絡んでると分かってたからなんでしょうかね。
小清水には手の内がすべて悟られてるようなので、とにかく悔しいですわ。(^▽^;)
…といっても、薫も随分成長している様子。
金子の罠にはかからず、上手くかわせることはできてました。
そして小清水の体調が万全でないことを唯一知っているのが薫。
小清水はそろそろ自分の引き際だと感じているのか、それとも最後の最後に皆さんを試しているのか…。

とりあえずは、次期総理との対決を前面に出していただければ…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アリスの棘」 最終話
有馬の亡き後、あともう一人残された人物は誰??
…と思いながらも薄々は感じていたけど、やっぱり一番の黒幕は和史でしたか。(^_^;)
いや、「黒幕」という言い方はちょっと語弊があるか。
実の娘を有馬教授に託したのは和史だけど、不法な移植を強行したのは有馬ですから…。
で、鈴は和史の娘だけど、奥さんが咄嗟に呼んでしまった「ミナミ」という名前は有馬夫妻が火事で亡くした娘だったらしい。
その娘に鈴が瓜二つで、養女として育てることを交換条件に移植も引き受けたみたいだけど…。

しかし手術記録が送られてきた割には、明日美が麻酔医の名前をチェックしていなかった…というのは、少し腑に落ちないかな~。
名前で気づくはずだし、詳しい事情は知らないけど、麻酔医の名前が無かったのなら、尚更怪しいと気づいて欲しかったかも。(^▽^;)
ん?それじゃ、ドラマにならないか。笑
殺めていないとはいえ、明日美に復讐された伊達や千葉は完全にとばっちりですやん。(^_^;)
でもそんなこともひっくるめて、和史が加担していたと知ってもすぐに「復讐」へ繋がることもなく、冷静になれたのかな~という気もしますが。
もちろん長年育ててもらった「情」もあったことは確かですが…。
そして西門もそんな彼女のことをちゃんと分かっていて、きっちり気持ちの整理をつけさせてくれたのだと思う。

最終回はちょっと涙してしまいましたわ。
やっぱり梅雀さん、アカン。笑
あの笑顔は反則です!
色々とツッコミどころはあったけど、終わってみると結構楽しめたドラマでした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「続・最後から二番目の恋」 第9話
どう考えても薫子には共感できないけど、デフォルメされてるとはいえ、こんな女性確かにいます!笑
まぁ、男性からはモテるんですけども…。
でも和平はどうも違ったようで、最初の食いつきは何処へやら、今では彼女からの着信には渋々出てる…ってのがイイ。(* ̄m ̄)ププッ
反対に千明には反応が違いますもんね。
前作から見守っている身としては、やっぱり嬉しい…。笑

しかし子供の頃から知ってる友人が久しぶりに会いに来てくれた…と思いきや、完全に営業だった時の落胆。(^_^;)
それならそれと最初から言ってくれれば良いものの、昔話に散々花を咲かせた後にってのは、やっぱり余計に切ないかな。
独身で気楽で、華やかな世界で働いてるように世間では見られるからこそ、自分を頼って来てるのは明らかな訳で…。
普通の人ならたぶん何も言えずに買ってあげるんでしょうけど、それができないのが千明。
自分もしっかり傷ついてる…。
後日、その友人が泣きながら謝りの電話を入れてきたのも逆に辛いかな~。

…という訳で、和平に話を聞いてもらう千明。
「私は泣きませんよ!」と言っておきながら、やはり心を許している和平には涙を見せてしまう訳ですね。
そしてそんな弱みを自分に見せてくれる千明のことが、嬉しい…と思う和平。
もう大丈夫でしょう。(ノ∇≦*)キャハハッ♪
ただし、「優柔不断」はなかなか手強い…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SMOKING GUN~決定的証拠~」 第10話
今回は一之瀬教授の自殺の真相を調べてましたが、なぜに今頃??(^▽^;)アハハ
あれは、田坂さんのワインかけられ損かと。笑
いやはや、そんな自殺のあった部屋のカーテンがそのままだったり、犯人の皮膚片が残されてるとか、そんなホテルには泊まりたくない!(^_^;)
洗濯ぐらいはしてるでしょうけど…って、そんな問題ではなくww

で、無事に真犯人へと辿り着けたようですが、どうせ整形するなら中山君とかもっとイケメンにすれば良かったのに~!
一瞬、「もしかして丈太朗なの??」
…と思ってしまった自分に反省。笑
まんまと桜子とくるみが拉致されてしまいましたやん。(^▽^;)
しかし大島が真犯人とか、あまりインパクトが無さ過ぎ…。
エミリが殺された真相が、やっと明かされる訳ですね。
犯人が崖で自供告白…は許しませんから!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「極悪がんぼ」 第9話
小清水の『監査』とやらが、異様な雰囲気…(^_^;)
豪華なお弁当を食べながら和気藹々~では全くなく、皆さんがまな板の上の鯉状態でした。笑
金子が裏で動いていること、完全にバレてます。
でも近いうちに東京へ…って言ってたことを思うと、単に看板を下ろさせるだけではなくて、小清水には何か考えがありそう。
とにかく不気味ですわ。((+_+))

さて、本編の方ですが…
今回は借金まみれのお寺の息子。(^_^;)
お寺には重要文化財の硯があって、それを使って彼を利用しようと企んだ薫でしたが、どうにもこうにも…
父親の住職の方がよっぽど普通でしたわ。笑
薫には過去に家族を捨てて出て行った父親がいたらしく、こちらもお金絡み。
残された子供の気持ちが痛いほど分かるだけに何とかしてあげたかったようだけど、あの両親じゃ確かに不幸になるだけですもんね。
まぁ、ちょっと良い話でまとまったかな~(^▽^;)

そしてどうやら、薫が母子で苦労したことも小清水が絡んでいたらしい。
最後は金子と組んで、小清水と戦う形になるんでしょうかね。
あのタヌキ親父!ぎゃふんと言わせて欲しい!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アリスの棘」 第9話
明日美たちの予想通り、やっぱり西門の妹の腎臓は有馬教授の娘の移植に使われてたのか。(^_^;)
不自然な傷痕に両親が病院に何も訴えなかったのは、もしかするとお金を渡されてたから…というのは、考え過ぎ?
そしてまた新たな謎が…。
有馬の娘は「鈴」という名前なのに、奥さんが「ミナミ」と呼んでたのはなぜ??
実の娘じゃないってこと?
となると、色々と辻褄が合わなくなってくる訳ですが、有馬にはどうやらもう一人協力者がいるみたい。
「断れないはずだ」と言っていた電話の相手が気になるところだけど、健太君の腎臓をこっそり抜き取って、それを海外での手術で使うために預かることができるってことは、病院関係者なのかな~。
もう思い浮かばないけど…(^▽^;)

今回、有馬教授の悪事は全て院内で放送されてしまったことでバレてしまったのに、病院を出ていく教授を誰一人止めようとしなかったのも別の謎。笑
お蔭で空港へ追いかけて行った西門に命を狙われる羽目に…(違)
明日美は無事に間に合うんでしょうかね~。

そして盤台のジャケットに残されていたレコーダーから美羽が事情を全てを知り、協力してくれることになったお蔭で、結構進みましたよね。
「DNA」も証明できたし、院内放送まで自由自在。笑
さすが、出来るナースです!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「続・最後から二番目の恋」 第8話
急に真平の体調が悪くなったようなシーンが続いたので、ヒヤヒヤしましたが…
実は双子の万理子の精神的な不安定のせいだったようです。
とりあえず、原因が双子ちゃんの『不思議』で良かった。(^▽^;)アハハ

テレビ局が社運を賭けて撮る映画の脚本に万理子が大抜擢されて、周りは大盛り上がりだったけど、ご本人はプレッシャーというよりは今の状態が一番幸せで、大きい世界へは行きたくないとのこと。
確かに“大きい”も“小さい”も無いですよね。
人それぞれの価値観の問題。
再び部屋に引きこもってしまった万理子に、廊下越しで話す千明の言葉になるほどな~と思いましたわ。
全力で走って達成感を味わう人もいれば、ゆっくりマイペースの中にも幸せがいっぱい詰まってる人もいますもんね。
それをちゃんと理解してくれる人が近くにいてくれるのも、羨ましい。
和平と七輪を囲みながら一杯やってるシーンにも、共感できることがたくさんあって…。
うん、この年だからこそ言えるセリフというか、“まだまだ”って素敵な言葉ですよ。
何か、ちょっと肩の力が抜けて、まだまだ頑張ろうって気持ちになれました。
そりゃ色々ありますもん。笑

さて、広行も無事に見つかりました!(≧m≦)ぷぷ
うたた寝中の寝言がまた、広行らしいというか。笑
あの台詞を、浅野さんが仰るからまた良いんでしょうね~。
で…
そっか、中年は荒野を目指し…ちゃいかんのか~。(ノ∇≦*)キャハッ♪
ここでは男女の考え方の違いがハッキリ現れた気がしますが~。
「自由っていうのは人を犠牲にして手に入れるものじゃないんですよ。 自分を犠牲にして手に入れるものなんですよ。」
千明だからこそ言える言葉。
典子も拍子抜けな程、意外とあっさりでしたね。
お金で解決というか、別に帰ってきてくれさえすればそれで良いけど、『荒野を目指す』を黙って認めるのも癪!ってことかな。
何だかんだいっても夫婦が仲良くしてくれていれば、それはそれで…。

あとは千明と和平か~。
市長は問題外…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「SMOKING GUN~決定的証拠~」 第9話
予告で袴田さんがご馳走をたらふく食べてるシーンがあったので、てっきりお勤めが終わったのかと思いきや…
証言を食べ物で釣ってますやん!(*≧▽≦)ノシ))
まぁ、色々とお話は聞けたので結果オーライ。笑
エミリから預かってるはずという、“モノ”が気になるところだけど、縁は思い出せない…。

そして無事に意識を取り戻した真紀。
意識が戻らないままの状態がどのくらい続いたのかは分からんけど、もう普通に生活できてる…ww
そんなもんなんですか?
ドラマだから?笑
で、くるみの父親は“禁断の果実”を発明した楠神らしい。
その小麦を食べると一種の“中毒性”があって、市場を独占できるってことらしいけど、そんなにピン!と来なかったな~。笑
小麦を主食にしてるお国もあるし多種多様な食べ物に幅広く使われてるから、かなり大儲けできるってことなんでしょうけどね。
そんなことが目に見えない形で操作されてるとか、考えるだけでもちょっと怖いけど。(^_^;)

色んな事が一度に明るみになって、やっと点と線が繋がりそうになった気もしますが、まだピースは断片的にバラバラ…。
早くスッキリしたい~!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「極悪がんぼ」 第8話
サブタイトルの「今夜決着 悪徳銀行に仇討ち!」…の割には、あまりスッキリしなかったような。(^_^;)
会社は守れたものの、銀行にはさほど…ww
直接電話して本真を自殺に追い込んだ下っ端には、冬月に協力してもらって左遷へ追い込めたけど、常務は痛くも痒くもなく…いや、小清水から強引に億単位の融資をさせられたから、そこは少しは痛かったのか。笑
でも結局、裏で手を引いていた小清水には何のダメージも与えてないですもん。
しかしどうして彼には誰も何も言えないのか、未だにわかりません。(^▽^;)アハハ
とりあえず金子から遠回しの「宣戦布告」のような発言があったので、小清水も黙ってられないってところでしょうか。
最後に薫が戦うべき相手は、小清水ってことになるのかな。
小林薫さんの演技が憎たらしいのなんの。笑←

さてさて、竹内力さんはあのキャラで大丈夫なんでしょうか?(≧m≦)ぷぷ


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アリスの棘」 第8話
盤台がラスボスだと思い込んでたけど、本当の諸悪の根源的ラスボスは有馬教授だったのか…(^_^;)
明日美が散々手こずったのに、最後はあっさり。
息子をあんな形で亡くして、西門に過去の悪事をリークしようとしたら息の根を止められたという。ww
有馬は自分の娘の為に、違法な手段で移植の為の臓器を手に入れた…ということだったみたい。
そして病状が悪化して再び…となった訳ですが、適合する臓器がなかなか無いらしく、病院内に入院している患者さんを片っ端から調べて探し出した健太君をターゲットにしてるようですわ。
それは亡くなった悠真が残した記録から分かったようで~。

しかし今回の事で、明日美はさすがに自分の復讐の“重さ”を思い知らされることに…。
やっぱり復讐は復讐を呼ぶんですよね。
それに目的が達成されたところで、亡くなった父親が戻ってきてくれる訳でも、スッキリする訳でもない。
自ら命を絶とうとしたところで、西門が間に合って良かったですわ…。
明日美を襲った伊達はその後自害したらしい。
内容的に重い空気の連鎖が続きますが、いつも明日美を見守ってくれている和史の病状も気になるところ…。
これも何かの伏線なのかな~。

予告では明日美と西門が何やら衝突していた様子。
有馬の娘の過去の移植手術は、やっぱり西門の妹と関係してるのでしょうかね。
明日美を冷静に見守ってきた西門も、さすがに自身の家族の事になると…というところでしょうか。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク