「HERO」 第3話
今回は事件の真相を…という感じではなかったけど、違う意味でスッキリ出来たかも。
あの薬物を使ったというCAのお姉さん。
反省の言葉は口にしてても妙にサバサバしてるし、もしかして誰かを庇ってるんじゃ?
と、勘繰ってしまうほどだったけど、久利生の『違和感』はそういうことじゃなかったんですよね。
誰にも迷惑かけてない、自分はすぐに立ち直って、人生前向きに生きる…
一見ポジティブにも見えるけど、薬物を断ち切るのは難しいこと、実はその資金はもっと悪く使われるかも知れない、周りの皆さんに心配をかけてること、これは自分だけの問題じゃない…と気づかないうちは本当の『反省』じゃない。
久利生が彼女に畳みかけるように話した言葉は、今の社会へ向けてだったのかな~と思えたり。
このところ、連日のように報道されてますもんね。(^_^;)

そしてもう一つ…
被疑者死亡で不起訴になった暴力事件。
確かに遺族の方にとっては、事件の真相は究明されず、しかも犯人の一方的な自供だけ…じゃ、納得できないのも分かる。
最初は慣例的に扱っていた田村でしたが、彼も久利生に影響されたんでしょうかね~。
不起訴は不起訴なんだけど、犯人が良心の呵責を感じていたことを聞かせてもらったことは救いでした。
普通はあんな風に直々に会って話してもらうなんてことは、ないでしょうけど…(^▽^;)
フィクションですから~笑
検事さんが現場に行って捜査…なんてことも、普通は無いらしいです。
一人でいくつもの事件を抱えてるのが当たり前で、そんな一つ一つにじっくり時間をかけてたら仕事がこなせない。
…そりゃそうでしょう。(ノ´∀`*)
ドラマでは麻木がトバッチリを受けてますけど。笑
天丼、美味しそうでした。(* ̄m ̄)ププッ

事務官の総入れ替えも、結局は元通りに…。
何だかんだと文句言いながらも、すっかり名コンビになってますもん。笑
次回のゲストは大塚寧々さんですやんか!
さて、小日向さんの恋の行方はいかに~ヾ(O´∀`O)ノ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第3話「なごり雪」
脚本/倉本聰 演出/石橋冠

どこにでもありそうな話なんだけど、それが余計に心にグッとくるというか…
今回は途中からずっと涙腺が緩みっ放しでした。

体に衰えを感じ始め、仕事という社会との繋がりから身を引くこと、同級生の死、遠い昔の記憶と今のギャップ…
どれもじわじわと押し寄せるお年頃な主人公・小泉金次郎(西田敏行さん)。
40周年という節目に社長を息子に譲って自分は会長へ退き、せめて最後のパーティーだけは自分の思うようにささやかに…と思ってたのが、ことごとく否定されるってのもね~(^_^;)
息子さんたちの気持ちも分かるけど、譲れる譲れないの選択肢ぐらいはあって欲しかった。
で、嫌なことは全部金次郎任せ…。
そりゃ、ふらっと姿を消したくなるってもんですよ。
といっても、行く当てもなく結局家の床下だったんですけども…(* ̄m ̄)ププッ

大杉漣さんの飄々とした元TVディレクターも良かったし、何よりウン平こと小林稔侍さん演じる元刑事の大塚ですよね~。
行方不明になった金次郎の居所を、家族に事情を聞いただけで分かるとかスギョイ!(ドラマだけど:笑)
そして誰も傷つけず、ちゃんと金次郎の戻って来やすいように導いてくれたり…。
金次郎は良い友人に恵まれてるな…
年齢的にも両親にちょっと重なる部分があって、色々と考えてしまいました。

最後はお孫ちゃんが全部持ってっちゃいましたが、やっぱり彼女の存在がワンクッションになるのはイイですね。
親子だとついつい言わなくても良いことまで、ダイレクトに言ってしまいますから…(^▽^;)
こういうドラマを観る度反省しきりなんですが、これがまた自分のことになるとww
でも重い腰を上げる時が来てるのかもな~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第4話
うわっ!
前回の終わり、あれどう見ても馬見原の奥さんがお風呂場で自殺…にしか見えませんでしたやん!(^_^;)
手からは、血がぽたってましたやん!
ところが蓋を開けてみたら、贈られたバラの入浴剤で優雅にお風呂タイムでした。
うーん、納得できない。笑
でも油井の企みで綾女と息子さんの存在も知ってしまったようだし、お肉の塊を切るシーンも背筋がゾゾゾーだったし、あの旦那さんと一緒に暮らし続けると神経が休まる気配はない。

そして公園で襲われた巣藤。
結構な火に見えたけど、軽傷の火傷で済んで良かった…。
その時のショックで一時的に記憶を失ってたみたいだけど、唯一覚えてたのは「児童ケアセンターの氷崎游子」だったらしい。
病院から連絡をもらって来てくれた游子や、渓徳も駆けつけてきてくれてズルズルーっと芋づる式に記憶が蘇ったようだけど、美歩のことは全く思い出せないって?
うん、一番忘れたい記憶だったと思われ…笑
結局妊娠も嘘だったようだし、不登校の生徒への対応といい、どうもこの女性は信じられないわ~。(^_^;)
しかも本人は全く悪びれた様子もなく…
公園で巣藤を襲わせたのか?と思ってしまったけど、そっちは勘違いだったのかな~。
で、不登校で家庭内暴力の生徒は男女二人?
游子が関わることで、ドラマの展開上また何か新たな事件が起こりそうな予感がしたり…?
いやいやいや、まだ罠には引っかかりませんで!笑

しかし油井という男の情報網と執拗なやり方ったら…(^▽^;)
居場所を突き止めた上に、綾女を脅かしてどうする。
この男の歪んだ愛情が不気味過ぎて怖いっす。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第2話
利佳子の紗和に対するけしかけっぷり…(^_^;)
紗和も余計に意識するじゃないですか。笑
しかもあんな調子の旦那だし、姑は煩いし…ってことで、どんどん“理由”が正当化されてます。
…ってことで、最後の最後に雨の中で良い雰囲気に~
北野に思いっきり拒否られてますやん。(^▽^;)アハハ
あれじゃ、もうこの先は無いなって思いますよね。
しかしドラマなので、どうやって二人がそうなっていくのかじっくり見せて頂きやしょう。笑

一方、北野も既婚者だった訳ですね。
確かにあんな性格じゃ結婚してなさそうだけど、実はもうすぐ准教授になる予定の奥さんが…
…って、伊藤歩さんですやん!(´▽`*)
葵、生きてた?←違
あのセリフの様子から察するに二人は同じ大学の研究室にいて、北野の方は断念したけど、妻の乃里子はそのまま残って好きな研究を続けてる…って感じでしたよね。
おまけに功績も認められてるっぽい。
というところから、その劣等感が後に…ってことになるのかな~。

で、利佳子の方ですが…
すぐに堕ちなかった加藤を手に入れようと必死。(^_^;)
でも何だかんだと加藤の方も利佳子は気になる存在にありつつあるようだし、旦那には色々と思うところもあるようだし、こちらの方は時間の問題でしょうな。
智也の方はどうせもう振り向いてもらえない利佳子の為にちゃんと就職したり、何か可愛い。笑
しかしこういう男の方が後々怖いことになりそうなんですよね。(^_^;)
くわばらくわばら…(古っ!)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第3話
暁が許していない10年前のこと…
勤務中の事故で亡くなった父親が、実は安全確認を怠った社長が原因だったにもかかわらず、自分のミスとして扱われていたらしい。
ところがそれを訴えない条件で、中卒の旭を正社員として雇ってもらって、ずっと働いてた…ってことだったんですね。
旭は家族を養うために仕方なくだったんだろうけど、とにかく社長は最低。(^_^;)
また岩松さんのキャラがハマってて。
あのちょっと笑ってるように見えるお顔立ちが、善人にも極悪人にも見えるから不思議…笑

それでチャラにしてもらったつもりだったのか?
今度は暁も雇ってやる的な態度で、親代わりとか勘違いも甚だしい訳ですよ…(^_^;)
ありゃ、殴られても仕方がないわ~。
まぁ、そんな男だったので結局解雇という形になってしまいましたけどね。
どこまでも小さい男=社長。(-_-;)
今回の事で旭と暁の間にできていた溝も、少しは埋まったかな~。
まだ3000万の行方は明かされないまま…。

そして、梓の母親に結婚の承諾をもらいに行った旭。
最初はどうも相手にされてないようだったけど、つい本音を話したことがきっかけで認めてくれてました。
とはいえ、無職になってしまったところだし、今結婚しても生活は大変そうですよ。(^▽^;)
でも案ずるより産むが易し…でしょうか。笑

さて、三男四男の方は…
香澄に演劇の才能があったらしく(騙す演技を認められて?笑)、開花した様子。
旦は完全に蚊帳の外状態ですけど、陽とは何かしら有りそうな展開。
で、暁は多香子のところで働くことになったのかな。
色々なところが動き出した模様。
あの熱いガチャガチャしたところさえなければ、もっと良いドラマになりそうなのに~ww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第2話
今回は痴漢で聴取されたものの、最終的にはレイプ未遂だったという事件。
うん、コレ実際にもありそうで怖いっす。(^_^;)
久利生が拘ったのは、不自然な場所にあった犯人の『カバン』と、防犯カメラ。
確かに被害者のお姉ちゃんの蹴りの勢いで、あんなところまでぶっ飛ぶってのは普通は考え難い。
そして「駅から後をつけた」と言ってる割には、その時間に犯人は防犯カメラには映ってない…。
でも素直に犯行を自供されると、つい納得しちゃうんでしょうね。
所轄の警察の皆さんは大変だったでしょうけど、これもちゃんと真実を見つける為の労力。
危うく、肝心のモノを見落とすところでしたよ~(^▽^;)
もう一つの痴漢事件の被害者が、こっちの犯人の事も偶然知ってた…というミラクルのお蔭でもあるんですが。笑

弁護士役だった谷原さん、まだ後々出演があるんでしょうかね。
久利生に影響されて、他の検事さん達も事件に真摯に向き合うようになってきたのかな?
事務官の麻木の“熱さ”も、マイペースな久利生とのコンビネーションで生きてきてますし♪
あ!毎度川尻が怒り爆発して、一旦部屋から出た後に超反省で戻ってくるパターン…嫌いじゃないです!
寧ろ、これからも“お約束”でお願いします。笑

あと、中卒で検事になれるの??
…という疑問も、高校中退→大検→司法試験合格…ということで、スッキリしました。(*´▽`*)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第2話 「ウェディング・マッチ」
脚本/坂元裕二 演出/鶴橋康夫


おおー!(@_@)
ふんわりとした1話とはガラリと変わって、激しいのなんの…笑
元ボクサーで今はトレーナーの父親と、ボクサーの娘の話。
役所広司さんのトレーナー以外ではダメダメ親父っぷりと、父親のせいで青春も何もへったくれもなかった娘を満島ひかりさんが見事にハマってました。
眼球、鋭いですもんね~(≧m≦)ぷぷ

で、そんな人生を全部ボクシングに捧げたような人生を送ってきて、とにかく父親に反発して尖りまくってた誠が、やっと解放されて普通の生活を送ることになったはずなのに…
えっ?!マジで?!(^▽^;)
せっかく彼氏も出来て、翌日には結婚式を控えて~という日に、またボクシング熱に火がついたってこと??
血は争えないってこと?
あれ?使い方違った?笑
何ともビックリなオチに、終わった後は唖然…。(^_^;)

うん、次回でまた取り戻してもらいましょう。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第3話
えぇっ…。やっぱりそんな展開だったんですか。(^_^;)
北海道の施設、結局は詐欺でした。
しかも家を売ったお金を振り込んでしまって、どうなるんだろう?と思いきや、元気だった頃の父親のお蔭で住み続けることができることになったという切ない展開。
お父さん、本当に街の人たちからの人望が厚いんですね…。
今、椅子で殆ど動かないように見えるのは、お薬か何かで半分眠らせている状態?
巣藤から励まされて奮起した游子ですが、母親と共々、まだまだ暗いトンネルを抜けられそうにないかな。

一方、美歩から勝手に結婚話を進められている巣藤。
どうも心に抱えているものがあって、「結婚」という括りには踏み切れない何かがありそう…。
それがきちんと明るみになるまでは、単なる男のワガママにしか見えないけど、確かにあんなにガンガンにやられてしまっては心の準備も出来ないってもんですね。
両親の言葉もカチンとくる感じだったし、家出したくなる気持ちも何となく分かる。
そんな帰り道、炎に包まれているホームレスを助けようとして、自分も被害に遭ってしまってました。
若い男二人に混じって、一瞬女性が映って見えたのは気のせい?
まさか、これが美歩の仕業っていうオチはないですよね…(^_^;)

そして馬見原…。
あの油井という男は何処まで執拗なのかって話ですよ。(-_-;)
綾女とのこともすっかり知られていて、娘がやっている花屋のことももちろんリサーチ済み。
部下にバラの花束を贈るふりをしながら、ずっと隙を伺っている…。
赤ちゃんに手が伸びた時には焦ったけど、娘さんがすぐに気づいてくれて良かった。
油井の存在を知っていたからではなく、たぶん刑事の娘としての長年の感みたいなものがあったのかな。
とにかくお店では何事も無くホッとしたのも束の間、何も知らずに油井に指名されて届けに行った佐和子を見て、綾女は驚愕。
目の前にいるのは馬見原の妻だと、油井が教えてくれてるし…(^_^;)
ということは、もう自分の住んでる場所もとっくに知られてる訳で~。
身の危険を感じた綾女は、馬見原にも告げずにアパートから逃げ出す決意をしたようです。
油井のリサーチ力には脱帽…って、そういうことではなく。(^▽^;)アハハ

そういえば一家心中事件はどうなったのかな~?と、一応気にしてみる。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第1話
内容は昼ドラチックだけど、最初は不倫を繰り返す利佳子(吉瀬美智子さん)を毛嫌いしていた紗和(上戸彩さん)が、ひょんなことから知り合った北野(斉藤工さん)に段々惹かれていく様子は自然に観れたかも…。
まぁ、ざっくり言えば夫婦間の寂しさを埋める為に…と見えなくもないのだけども。(^▽^;)アハハ
とりあえず俊介(鈴木浩介さん)が世間にありがちなwwどうしようもない旦那として描かれているので、そこはちゃんと“理由”が解りやすくて助けられてました。笑
吉瀬さんは安定のハマり役。(* ̄m ̄)ププッ
知らぬは出版社勤務の旦那様ばかりなり…なんだけど、こちらも色々と問題ありそうですわ。
あんなんじゃ、浮気されても仕方がない。笑
だけど可愛い娘さん二人が可哀想なんですよね。
妹はまだ無邪気そうだけど、お姉ちゃんはもしかして薄々感づいてるんじゃ?と心配してしまう。

利佳子は不倫相手の萩原(淵上泰史さん)をあっさり切ったようだけど、彼はなかなか諦められない様子。
しかしまずは本人より、紗和に。笑
それを姑の慶子(高畑淳子さん)に目撃された上に勘違いされるというお約束の伏線もあり~の、何かざわざわ致します。(^_^;)
で、伊藤英明さんはあれだけの登場?
贅沢ですやん~。笑
そして結局、夫の職場関係で知り合った画家の加藤(北村一輝さん)とも不倫関係に陥るんですね。
なかなか濃そう~~!(*≧▽≦)ノシ))
紗和と北野より、こっちの方が興味津々なのは、なぜなんでしょう。笑

上戸さん、脱アイドル路線への第一歩ですね。
工さんも最近は人気急上昇中なので、なかなか敵は多いですぞ!(ノ∇≦*)ハハハッ♪

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第2話
無理してテンション高いシーンや、変な格闘シーン(笑)さえなければ、良いドラマなのにな~と思いながら…。
兄弟がそれぞれ抱えているモノが少しずつ明るみになってきて、やっと面白くなってきました。
にしても、昭和だ!笑

出所して戻ってきた暁、2年で?…と不思議に思っていたら、殺人ではなく詐欺だったようで。
多香子が「母を…」なんて言うものだから、思い込んでしまいましたやん。(^_^;)
しかし横柄な態度と、被害者家族や迷惑をかけた兄弟への反省も謝罪も無く…ってことで、一体どんな人間なんだろう?って心配になりましたよ。
旭の妙な説得wwでお金を騙し撮ったおばさんの49日前には謝罪へ向かった訳ですが~。
まぁ、息子たちの言草が腹の立つこと…(-_-;)
旭は弟の責任を取って少しずつ返済していたみたいだけど、亡くなった母親より、自分たちの相続の事にしか興味が無い。
あの様子じゃ、旭が持ってきた家の権利書もとっとと持ち帰ったんでしょうな。

からの…、暁が撮っていた生前のおばさんの様子。
もう、ホントの親子みたいでした。
おばさんも暁に騙されているのを承知で、3000万円を渡したってことですよね。
で、そのお金は誰かの為に使ったんだろう…ということまで、ちゃんと分かっていた。
未だに暁は全部遊ぶ金に使ったと言ってるけど、絶対何かあるのでしょう。
暁が旭を許さない10年前のこと…と何か関係があるんでしょうか?

で、旭はちゃんと兄弟の事は考えているし、長男としての役割をこれでもか!ってぐらい果たしてるんですよね。
新城と不倫を続けているひかりのことも、否定するだけはでなく…。
かと思えば、自分のことはあんなだし…笑
そこのギャップがアレだけど。(^▽^;)

旦と香澄は予想通りのオチ。笑
意外と陽が冷静で頼りがいもあるキャラなので、気になる存在になりつつあります。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第1話
あれからもう13年とか、ビックリ!笑
あの頃一緒になってわきゃきゃ話してたドラ友さんたちは、どうされてるんだろう?
…と、ふと思ってしまいましたわ。(^▽^;)アハハ

しかしキャストは殆ど変ってしまったとはいえ、あの時の雰囲気そのまんまで面白かった~♪
まずBGMはそのまま。笑
それでも角野さんや小日向さんに八嶋さん、警備員だった正名さんが事務官になってたり…と、前作からの繋がりもちゃんとあったし。
で、雨宮(松たか子さん)は久利生(木村拓哉さん)とその後どうなったのかな~とモヤモヤで終わるのかと思いきや、二人は付き合ったものの、彼女が検事になって多忙になり、いつの間にか疎遠になってしまった…というエピもさり気なく盛り込まれていて。
こりゃ、もしかして最後の方でゲスト出演もありなんじゃ??(*≧▽≦)ノシ))
北川景子ちゃんの元ヤン事務官もハマリ役で、これはこれで良かったですしね。
“目ヂカラ”半端なかったです!笑

そして何といっても、田中要次さん演じる「あるよ」のマスター♪(* ̄m ̄)ププッ
どうせ「くまごろし」という地酒も、「ずくずく」というおつまみも存在しないんだろうけど、とりあえず検索しますわね。笑
相変わらず、外国人通販番組も健在で、これもお約束…。

事件の方は二転三転。
森山直太朗さんは時効間近の宝石強盗ではない…と思わせておいて、結局居酒屋の店員を怪我させた事件と繋がってたんですもんね。
おいおい、二人とも犯人か!(ノ∇≦*)キャハハハッ♪
検事の久利生が現場に出向いて捜査したり、検証したり…という方法は前作のまま。
居酒屋で焼き鳥の串刺しまでやっちゃいますよ。笑

最後は小日向さん演じる末次事務官は走りが遅い…という前フリからの、時効ギリギリに裁判所まで起訴状を走って持って行かせるシーンには大笑い。
何で??他に適任者がいくらでもおりますやん。笑
あ~、まんまと笑ってしまいましたわ~。(ノ´∀`*)
そんなこんなで、あっという間の1時間半でした!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第1話 「圭さんと瞳子さん」
脚本/岡田惠和 演出/山室大輔


田村正和さんと松たか子さんといえば「じんべえ」ですよね~。
あのドラマ、好きだったな…

まるで年の離れた夫婦…って感じに見えたけど、今回も親子の設定。
でも瞳子さんは子供の頃に母親を亡くした事故でパニック障害になっていて、圭さんは過剰に気遣ってる。
そんな雰囲気。
お年頃になっても、全くその気は無さそうだし…と思っていたところに、圭さんが食中毒で入院することになるんだけど~。
あの様子から、もっと深刻な病気を想像してしまいましたが、そっちはそんなに大したことなく、問題は瞳子さんの病状の方だったんですよね。
夜中に病院を抜け出して家に帰ってみたら、案の定…。
しかしこのことがきっかけで、お互いがこのままではいけないと思い始めた様子。

で、「好きな人が出来た…」って、同じ発想が親子やね~。笑
まぁ、そこは親子といえども踏み込めない領域だから…というのもよく解ります。
結局嘘はすぐにバレたけど、これもお互いを思っての事。
瞳子さんが「奥住さんの実家へ行く」と言った時は、また気遣いの嘘なのかな~と思ったけど、どうやら本当だったらしい。
ちゃんと克服して、幸せになれそう…って感じで、ふんわり終わったところは良かったな。
でも瞳子さんが振り向いてくれたはずのバカリズムさんは絡みが殆ど無くて、ちょっと可哀想でした。笑

少ない台詞の中でも、田村さんと松さんの表情や雰囲気でちゃんと感じることができて、一時間楽しませて頂きました。
ツカミはOKですね。
次回は濃そう!(*≧▽≦)ノシ))

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第2話
“現場”シーンは減って、ちょっとホッとしたのも束の間…。
今回は馬見原が抱えている家族の問題が明るみに。(^_^;)
長男を事故で亡くし、心を病んで入院中だった奥さんに、父に反発して非行に走っていたらしい娘。
今は結婚して更生してるようだけど、父親とは今も平行線のままみたい。
奥さんは退院したものの、明るく振る舞っていながら、家庭を顧みなかった夫への憎悪が見え隠れしてるし、お肉を切る様子が怖かったのなんのww
その馬見原は、DV夫・油井(谷田歩さん)の事件で知り合った綾女(水野美紀さん)とは、ただ面倒を見ているだけの間柄だけじゃ無さそう。
子供に「お父さん」と呼ばせたりして、一緒に旅行にも行ってましたもんね。
それを奥さんが薄々知っているような…。
綾女の元夫も出所したようで、こちらもざわざわしております。(^▽^;)

さて、認知症の父親を抱え、仕事中にも介護中の母親から電話が入ったりしてストレスMAXな游子。
介護疲れからか、民子は今の家を売って夫を老人ホームへ入所させようとしているようだけど…
何だか、あの対応した職員の態度が気になるんですよね。(^_^;)
北海道は遠いし、家族の目が届かない分、何をされても分からない…かもww
そんな家族の様子に何となく気づいているのか、巣藤たちの前で正気に戻る清太郎。
「自分たちの良いように生きろ…」という言葉は、切ないシーンでした。
最後、椅子に座ってたところはもしかして亡くなってる?かとも思ったけど、どうなんでしょう?
「羽」が少し舞ってたのが気になる。
無理心中した事件の息子の部屋でも、確かたくさんの「羽」が舞ってましたもんね。

そして「これでもか!」ってほど、游子が“家族狩り”の犯人であるかのような展開が続き…。
心中事件の3つの家族に、全て彼女が絡んでいた?
仕事柄なのかな~と思うことにして、まだまだ頑張ります!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第1話
タイトルからして、大体の予想はついていましたが…
うん、めちゃ昭和やね。笑
リメイク版といっても前作は観ていないけど、設定は現代風にしているそうな。
今を時めく俳優・女優陣をこれだけ揃えて?…という皆さんのがっかりレビューを数々お見かけしましたが、逆にエンターテイメントとしてのドラマならこれもアリかな~と思いますわ。
但し、年齢層のターゲットは不明。笑
今の『若者』と呼ばれる人たちには、たぶんこの熱量はきっと共感できないだろうな。(^▽^;)

とにかく「暑い」(敢えてこっち:笑)ツマブッキーさんの長男・旭が、デキ婚について散々語った後に、自分がまんまと当事者になるというお約束の展開。
キャバクラで働いてることを隠していた彼女・梓(蒼井優さん)といっても、次男・暁(瑛太さん)の所在も知らせて無さそうだし、どっちもどっちということですよね。
しかしこんな状況で結婚して、どうにもこうにも普通に幸せになれそうにないと感じてしまうのは私だけ??(^_^;)
梓の家の方の借金も大変みたいなのに…。

あとは医師・新城(吉岡秀隆さん)と不倫中の、看護師で長女のひかり(満島ひかりさん)。
吉岡さん、オイシイ。笑
大学を留年してまで演劇にのめり込む陽(柄本佑さん)も、兄弟の恋愛に首を突っ込む厄介者。笑
で、香澄(橋本愛さん)にまんまとハメられたっぽい旦(野村周平さん)。
あんな証拠写真、めちゃくちゃ怪しいやん。笑
何か先の展開が分かるから、すでに不憫です。(^▽^;)

そしてどうやら過去に殺人を犯し、刑期を終えて出所してきたらしい暁。
塀の外で待っていた多香子(長澤まさみさん)は迎えに来た彼女かな~と思いながら観てたら、殺されたのは彼女の母親?
暁が帰ってきたことで、また佐藤家に新たな波風が立つ展開になりそうですね。
とにかく『問題』が盛りだくさんの家族物語。
プロレスシーンがやたらと長いな~と感じたけど、初回のツカミかな。笑
「一つ屋根の下」も最初は江口さんのあんちゃんキャラになかなか馴染めなかったけど、観てるうちに段々と…って感じだったので、今のブッキーさんの無理してる感もそのうち慣れてくるのでしょう。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「管理人勝手に期待度~14’夏クールドラマ編」 その2
後で確認したら、火曜日の10時にドラマ枠が増えてるのすっかり忘れてましたやん!(^▽^;)
春クールの「なるようになるさ。」は全く視聴してなかったので。笑
なので、予習追加です…(^_^;)

・火10「東京スカーレット~警視庁NS係」 期待度:★★
水川さんの刑事役は「オルトロスの犬」以来の5年ぶりだそうで~。
そういえば、そんなドラマもあった…(遠い目)
東京オリンピックに向けて、舞台は東京一話完結の刑事ドラマ。
気軽に観れるのかな~?
いや、またたぶん視聴さえ忘れてると思われ…笑 ヾ(~∇~;) コレコレ

・木10「昼顔~平日午後3時の恋人たち」 期待度:★★
新婚の上戸彩ちゃんがいきなりの不倫妻役とか、ビックリですよ…(^▽^;)アハハ
金八先生の頃から見守ってきたのに~笑
こういうことを目の当たりにすると、月日が流れるのは早いな~としみじみしますよ。
ヤンキーママさんの方がピッタリだと思ってたけど(笑)、「半沢…」では意外と良い奥さんっぷりもハマってましたしね。
しっとり…ではなかったのが、良かったのかも知れないけどww
さて、今回はどんな新境地を見せて下さるのか楽しみです。

・木深夜「獣医さん、事件ですよ」 期待度:★★
基本、平日の深夜枠はドラマをリアルタイムではなかなか観れないので、今回もたぶん…(^▽^;)
春クールはエンディング曲だけ楽しみにしてましたけども。笑
陣内さんの連ドラもお久しぶりのような…。
タイトルからして、獣医さんが事件を解決する展開なんでしょうか?
昔は「子供」「動物」で視聴率が取れるとか言われてましたけど、今はどうなのかな…と、ドラマに全然関係なくふと思ってしまいました。笑

・金10「家族狩り」 期待度:★★
初回を視聴しましたが…
これは自分が弱ってる時にはちょっと観れないな…という印象。(って、どないやねん)
松雪さんのストイックな演技に惹きこまれ、いつものエンケンさんで安定して、チビノリダーで息抜き…みたいな。笑
たぶん色んな伏線が張り巡らされてるような気がするので、ながら観はできないですね。
…と、同時に「家族」について考えさせられる。
ドラマや映画で描かれる最近の「家族像」とは、真逆の…。
最後に真犯人が分かった時に、色々と気づかされるのかな~。
原作が天童荒太さんということで、見ごたえ十分の予感。

・土9「金田一少年の事件簿N(neo)」 期待度:★★
金田一少年が山田君になってからは、殆ど観てませんが…笑
今回もたぶん視聴予定はなしです。
ゴメンナサイ!

・土11「水球ヤンキース」 期待度:★★
うん、夏ですしね~。笑
フジさんだし、「ウォーターボーイズ」の水球版なイメージ。
キャスティングも今時の若手俳優さん達がわんさか出演されてるようなので、女子は視聴されるんでしょうね。
このドラマ枠が爽やか路線になるのって、初めて?
いつも視聴を忘れがちなので、今回も怪しいです。(^▽^;)

・日9「おやじの背中」 期待度:★★
10人の脚本家さんが、それぞれ1話完結で作られるそうで、なかなか新しい試みですね。
池端俊策さん、井上由美子さん、岡田恵和さん、鎌田敏夫さん、木皿泉さん、倉本聰さん、坂元裕二さん、橋部敦子さん、三谷幸喜さん、山田太一さん…
脚本家さんの名前を挙げただけでも、興味津々。
1話ずつだからこそ、出来た企画なのかな~。
もちろん出演される俳優さんも女優さんも錚々たるメンバー。
どの回も見逃せません。



今回の予習も、ギリギリセーフ…かな。(* ̄m ̄)ププッ

 

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「管理人勝手に期待度~14’夏クールドラマ編」 その1
ドラマの予習が後回しになってしまいましたわ~(^▽^;)
夏ドラマはすぐに始まるから大変!笑
さてさて、今回もザザザーっと駆け足で行きますよ~。


・月9「HERO」 期待度:★★★
まさかの連ドラ復活!
木村君のドラマは基本的に続編は無い印象だったので、ビックリですやん。
しかも夏クール…で二度ビックリ!
それだけフジさんが困ってるってことなんでしょうかね。(^_^;)
松さんのポジションがSPでは綾瀬はるかちゃんだったのが、今回は北川景子さん。
どんな元ヤン事務官になるのか、ちょっと楽しみ。笑
夏だから、九利生はさすがにあのトレードマークの皮ダウンは着ないかな。(≧m≦)ぷぷ

・火9「あすなろ三三七拍子」 期待度:★★
設定が何となく重松さんの本っぽいな~と思ってたら、ホントに重松さんの原作でビックリ!笑
ギバちゃんと反町さんの共演というのも珍しいですな。
あとはほんこんさんのドラマ出演も…。
やっぱり関西弁なんでしょうか??
あと、「太陽の罠」で尾美さんの娘さん役だった飯豊まりえちゃんが、今度はギバちゃんの娘さん役…。
事務所の一押しなんでしょうかね。(≧m≦)
羽ばたいて欲しい!ww
夏に熱い応援団モノで、さらに熱さは倍増しそうです。笑

・火10「GTO」 期待度:★★
こちらもまたAKIRAさん版の続編ですね。
意外と視聴率良かったのかな。
前作を殆ど観てないので、今回もたぶんスルーしてしまいそう…(^▽^;)

・水10「ST 赤と白の捜査ファイル」 期待度:★★
藤原竜也さんの連ドラは珍しい…。
そして“オレ様”分析官役で、心の拠り所が人形のガッキー君?
うわっ!興味津々…笑
岡田将生さんが気弱なエリート警部役というのもハマりそうですな。
志田未来ちゃんもすっかり大人になってましたし…
レビューは一日1つの予定なので、こちらは録画で視聴しますです。

・水10「若者たち2014」 期待度:★★
ひゃー!“ザ・昭和”なタイトル…(*≧▽≦)ノシ))
過去に同じタイトルのドラマがあったそうで、今回はその現代版らしいですね。
ブッキーに瑛太くん、満島ひかりちゃん、柄本佑さん、蒼井優ちゃん…と今をときめく俳優・女優さん目白押しなので楽しみです♪
こんな美男美女ばかり兄弟もなかなかおらんやろっ!
…とか、ツッコミながら観よう。(大嘘)

・木8「信長のシェフ」 期待度:★★
おおー!これも続編なんですね!
夏クールは意外と続編が…。
前作は深夜(関西)だったので飛び飛びにしか視聴してませんでしたが、なかなか面白かったので楽しみ♪
タイムスリップモノはイイですよね~。
ミッチーの信長様も板について来てたし…と、公式HPを覗いてたら高嶋弟の武田信玄のインパクトがっ!笑
いや~、これはまた楽しみが増えましたがな。
テレ朝さんの医療・刑事モノじゃないのはお久しぶりかも。笑

・木9「同窓生~人は、三度、恋をする」 期待度:★★
何かまた、このバブリーな響きが…。(* ̄m ̄)ププッ
原作が柴門さんと聞いて納得です。
きっと視聴者の皆さんは、登場人物に自分を当てはめてのめり込んじゃうんでしょうね~。
井浦さんと稲森さんが元恋人か~。φ(..)メモメモ
TOKIOの松岡君の連ドラ出演も、なかなかお久しぶりな気が…。



今日はここまで~ヾ(o´∀`o)ノ


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第1話
夏ドラマの予習も出来ていないまま、始まってしまいましたわ…(^▽^;)笑
会社に天童荒太さんの原作を読まれた人がいて、概要は伺っておりましたが~
うん、覚悟はしていたけど初回から重い…。
でもチビノリダーのシーンがあって、少しだけ救われたような。
じゃないと、下手したら呼吸するのさえ忘れてしまったかも…。(^_^;)

物語は児童心理司の游子(松雪泰子さん)、刑事の馬見原(遠藤憲一さん)、美術教師の巣藤(伊藤淳史さん)を中心に展開されるんでしょうかね。
游子がそれぞれに少し絡んでいる…ということは、やっぱりそういうことなんでしょうか。
馬見原が感じたように、あれは一家心中に見せかけて~ってこと?
伏線は散りばめられているけど、誘導はされないように気をつけないと。笑
血の海になっている殺人現場のニオイ…が、映像から臭ってくるような錯覚に陥ってしまいそうになりましたわ。
それとは別の「甘いニオイ」が気になるところだけど、香水やコロン系?
…となると、やっぱり女性?
それとも二つの事件に何か共通する何かの「ニオイ」なんでしょうかね。
これはたぶん後々…。

昔は町中の方々から尊敬されるほど立派なお父さんだったのに、今は認知症で目が離せない状態。
母親は介護の心労から、現実逃避でパチンコにのめり込んでいる。
そして苦しさのあまり、更に苦しい仕事をする游子…。
彼女の仕事に対する熱意の根っこには、そんな背景が隠されているのは観ていて辛いかな。
このドラマで、松雪さんの笑顔は見られるんでしょうか。
「生きること」は良いことばかりではないんですよね…。

実は馬見原も家族のことで問題を抱えているようだし、この辺はまた後に描かれることになりそうな予感。
そもそも「家族」って?
…と、つい考え込んでしまうような展開になるのかな。
原作を読んでみたいけど5部作は自信が無いし、会社の人にあらすじを聞いて読んだ気になっておこう…と企み中。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク