「家族狩り」 第9話
やっぱり無理心中に見せかけた一連の事件は、山賀さんの仕業だったのか。
しかもシロアリ業者の大野も『同志』らしい…。
二人は「送って差し上げる」ことで、崩壊した家族を救ってきたと言ってたけど、これは救いではないよ。(^_^;)
あの折鶴の数=人数だとすると、他にもかなりの数を「送って」きた様子。
何の迷いも無いところが、益々不気味…。

まずは前回、油井を刺した綾女。
椎村を助けるための正当防衛だった…ということで、油井の遺言(ダジャレか!)通りお咎めなし。
でも馬見原と楽しそうにしていた自分の元妻子の様子を見て、「あんな親父が欲しかった…」という台詞は、かなり違和感でしたわ~(^_^;)
今まで自分がやって来たことと、全く辻褄が合わないというか。
これ原作でもそうだったのかな~?
綾女に対しての愛情が変な方向に歪んでたことはまだ許せるとして…。
まぁ最終回の為に端折るしかなかったのかも知れないけど。(^▽^;)アハハ
端折るといえば、馬見原の奥さんと娘さんの影もパタッと無くなりましたけどww
「人は何度でもやり直せる」って、君が言うセリフじゃないぞ~。(;・∀・)

話は戻って、全てを知ってしまった游子は「儀式」を目の当たりにさせられる羽目に…。
有機野菜だの、有精卵?だの、いくら体に良いものを目の前に並べられても食欲ゼロですって~(^_^;)
大野さん、朝ドラではめちゃ人の良い編集長なのに。笑
で、居場所を突き溜めて駆け付けた巣藤でしたが、編集長…じゃなかった、大野にあっという間に捕まってしまってました。
でもとりあえず渓徳も知ってるし、馬見原と椎村も游子の行方を追ってるので何とか間に合って欲しいところ…。

それにしても「儀式」のシーンが長かったのなんの…
何度も変な汗を確認しながら、最後まで観続けて疲れ果ててしまいましたわ。
最終回はどんな結末になるのか予想がつかないけど、何とか「希望」の見える最後にして頂きたいな…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第7話
わっ!まさかこのドラマで胸キュンするとは思わなんだ~笑
最後の何?
もう乃里子にバレバレやん→家にまで押しかけてくる?→やめてー!→冷や汗→動悸息切れ…笑
からの~二人に見えないところで、手を「ギュッ!」ですやん~(*'▽')
あれはアカン!反則です!笑

初めまして~の割には、思わず「北野先生」と言ってしまったり、紗和は焦ってボロを出しまくりですが…
うん、たぶん初めて会ったきっかけが教え子の担任だったってことで、そこを話すだけで大丈夫でしょう。笑
初めましてのフリをしたのは教え子を庇ってのこと…とか何とか、理由をつけられそうですし。
別にその後のことは喋らなくても良し。(*≧▽≦)ノシ))
まぁ、勘の良い乃里子のことだから、そう簡単には信じてもらえないでしょうけどね。
とりあえず、今回の修羅場は避けられるかも。

一方、嫉妬深い夫に浮気がバレ、すっかり自由を奪われた利佳子でしたが…
逆襲シーンはゾクゾクしましたわ~♪
あれだけ言ったら、かなりスッキリできたでしょうね。笑
でも残念ながらお姉ちゃんには気づかれていて、守りたかった娘さんたちを置いて家を出るという選択肢しか思い浮かばなかったようですけど。
離婚届をビリビリに破って悔しがる旦那さんの、いい気味っぷり。(ノ´∀`*) アハハ
しかし加藤との生活は最初は良いにしても、今までのセレブ生活とはまるで違う人生を送れるかって話ですよね。
長続きはしないだろうけど、暫くラブラブ生活を楽しめたらそれはそれで…(* ̄m ̄)ププッ

それにしても、お姑さんが登場すると一気に昼ドラモードになりますね~。笑
「浮気」は男がするもので、まさか利佳子や自分の嫁が…とは思いもよらないでしょう。
どのタイミングでバレるのか、それとも…な、ヒヤヒヤ展開が続くんでしょうかね。
まずは「乃里子」という大きな第一関門を突破しないと!(;´∀`)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第7話
旭と暁は、「光と影」か…。
なるほど~。そういえばそんな意味っぽい名前ですやん。
今回は暁がいてくれたことで、旭も冷静さを取り戻せた…というか、現実に向き合うことができたというか。
全てを見透かしているように本質を突いてくる暁のセリフは、いつもハッとさせられますわ。
旭の暴走も止めてくれるし。笑←

結局早産で生まれて、とりあえずは最初の『72時間』は超えることができたけど、これから何度も危機を乗り越えないといけないと思うとツライかな…。
退院できるまでの道のりはまだ遠いかも…。
旭のことだから、また何度も心折れそうな予感はありますしねww
ここは梓に頑張って頂かないと…

さて、急にストーカーチックな展開になってきた亘のエピ。
香澄と陽が一緒にいるところどころか、それ以上のことまで目撃して警察沙汰になるぐらい前後不覚に陥っております。(^_^;)
陽がまた弟の事を知ってるくせに、そんなことになったか…ってことですよね。
まぁそこは芸術家肌のようだから~で片づけておこうかな。笑

しかし、なかなか慣れない吉岡さんの白衣姿…。(^▽^;)アハハ
コトー先生のキャラはそんなに違和感なかったけど、今回の新城先生はどうにもこうにも。
同じお医者さん役でも、こうも違うものでしょうかね。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第7話
今回は事件の方は特に何の捻りも無く、普通…(^▽^;)
どちらかといえば『小ネタ』と、城西支部の皆さんで楽しむ回だったような。
で、馬場と田村の過去は皆さんに知られることとなり…
まだ登場していない田村の妻@牛丸の娘さんは、ハリセンボンのハルナちゃんだと予想しておりますが~。(* ̄m ̄)ププッ
あと、ツッコミどころといえば熱海の出張で使ったホテルが、えらいリゾートだったことと、久利生のお昼ご飯が何でプールサイドでサンドイッチやねん!というところでしょうか。笑
同行した麻木は夏風邪で殆ど仕事ができず、久利生へ連絡するのは自分の体温報告ばかり。(*≧▽≦)ノシ))
炭酸のようなクシャミは、宇野には可愛いらしい。笑

被害者の女性は、まさに共依存な状態だったようで~。
きっと男はそんなことも分かってるから、あまり反省している様子もなかったのかな…。
いや、言葉では反省してても、行動が伴ってませんでした。(^_^;)
竹財くんといえば「仮面ライダー剣」を思い出すけど、もうすっかり大人。笑
久しぶりに椿隆之さんも気になって、検索してしまいましたがな。(≧m≦)ぷぷ
お父さんになってて、ビックリ!!
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...笑
結局、久利生の説得というかアドバイスというか、告訴は取り下げられず起訴することに収まりました。
うん、こんな男は一度キッチリ反省させておいた方が良いと思われます。

一番何が印象に残ったかといえば、『じゃんじゃん豆』ですけどもね…。笑
相変わらず視聴率がどうのこうので、、毎週騒がれてますけど。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第7話「よろしくな。息子」
脚本/山田太一 演出/清弘誠

ストーリー的には、だから、何?…という展開でしたが。
まぁ、将来的にはリアル息子になるかも…みたいなキャスティングで、話題性はありました。笑
山田太一さんの脚本だから、たぶん会話を楽しむって感じなんでしょうかね。
その昔、「ふぞろいの林檎」もそんなにハマらなかったから…(^▽^;)アハハ

コンビニ強盗への対応を見て、青年の人柄に惚れ込み、ぜひ靴職人の後継者に!
…な展開でしたが、そんなことで選んで大丈夫かと心配になったり。
あの手つき、どう見ても大雑把そう~。(^_^;)
あ、ドラマでした。笑
無事に再婚も決まって、めでたしめでたし~。
もはやどうでもいい←

凄く違和感だったのは、息子が「ママ」と呼ぶところでしょうかね。
帰って来て母親の姿が見えず、部屋まで行くところとか。(^_^;)
息子がいないから、よく分かりませんが…。
あと、100万円以上もする靴!!
どんな方々が購入されるのか、そっちの方が気になったりして…。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第8話
うわっ!
ここにきて、やはり真犯人は山賀疑惑。(^▽^;)
今までの展開は散々游子に誘導されてましたが、今回はシロアリ駆除の大野と山賀の家が明らかになったことで、『密室』の謎が解けつつあります。
床下からなら、とりあえずは怪しまれないですもんね。
警察もシロアリ駆除の痕跡があれば、そんなに深く調べ無さそうだし…。
彼女の次なるターゲットは芳沢家ということでしょうか。(^_^;)
游子が気づいたことで未然に防げるといいですけど、あの家族も相当悲惨ですしね~。
あんな父親だし、母親も壊れてしまって何だか救いようがないというか…。
この一家を色んな意味で救うことが、游子に課されたの使命なのかな。

その前に、游子の家に侵入したものの、まさかの父親に撃退された後に呆気なく亡くなってしまった駒田。
今まで一家心中で片づけられている事件と、遺書の雰囲気が似てますわ。
そしてそれが駒田が書いた文字だとしても、母親が生きているのに不自然な一文。
その違和感に游子が気づいたことで、色んなところから一本の線に繋がりそうです。

馬見原は家族をあんな目に遭わせたことだし、暫くは刑務所で臭い飯でも食ってもらおうかな。笑 (←古い!)
実森家の現場に残されていた、ライターの謎はまだ解けてないですしね。
彼を慕っていた椎村が油井に近づいたことでトバッチリをくらってしまったけど、予告では一命を取り留めていたようなので一安心。
油井は綾女に刺されてましたが、何か最後は「おまえに殺されて、本望!」みたいな表情だったのが切な過ぎますわ。
愛情表現さえ間違えなければ、実は良い男だったのかも知れません。(^_^;)

さて、来週はいよいよドラマも佳境に入るのか?
それともまた足踏み状態で終わるの…か。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第6話
あっちこもっちも修羅場。笑
利佳子の旦那さんが仕掛けてたもう一つの発信機は、カバンの中だった訳ですね。(^_^;)
確かに車を降りたら特定できませんもん。
だてに不倫特集を組むような雑誌の編集長やってません。笑
こちらも外堀からじわじわ~っと攻める…かと思わせておいて、直球!!(ノ´∀`*) アハハ
まぁ、あんなラブラブなお姿を見せられては、黙ってはいられませんわね。
逆に煽ったような形になってたけど、利佳子は娘さんたちを捨ててまでは…と考えててるようです。
しかしこれがまた、余計に加藤を忘れられなくなるのでしょうww

一方、ひょんなことから北野の奥さんが乃利子だと知ってしまった紗和。
そらもう、相手の奥さんを知ってしまったら…
それに伊藤さんだし。笑←
・・・じゃなくて、もし相手が家庭を持たない若い男ならイイのか?って話ですよ。(^▽^;)
お姑さんが離婚後も長年ご主人の浮気で苦しんでる姿を見て、更に決心したみたいだけど。
私、偏屈?笑

で、別れを告げた紗和の提案で、お互いの番号とメルアドを削除したようですが…
そんなことでは、もちろん切れませんよね。(;・∀・)笑
近くに住んでることだし、絶対バッタリ会いますもん。
そして更に勘の鋭い乃利子にバレますやん。笑
うわぁ~、想像しただけで怖い! (ノД`)・゜・。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第6話
観終わった後の第一声は、「長澤まさみちゃん、歌上手い~!」でした。笑
ん?あれって、口パク?? ←

しかし、何故か今クールのドラマは不倫ネタばかり…(^_^;)
おまけに今回は結構な修羅場でしたよ。
奥さん役が伊藤さんじゃなくて、斉藤由貴さんで良かったね…って感じでしたけど。笑
でもじわじわ~っと外堀から攻められてるような、真綿で首を締められるかのような…(^▽^;)
女性の勘は鋭いんですって!
で、一つ気になったんですけど、なぜかそんなに責められていない新城先生。
ひかりだけが悪い訳じゃないと思うんですけど…。(^_^;)
かといって、妹がナースとして頑張ってる姿を見せて理解してもらおうとする旭の無神経さにもイライラしましたけども。
前科者だけど、何だかんだいっても暁の方が常識人だと思ってしまうのは変?笑
多香子とイイ感じになりそうな展開なのも頷けますわ。

さて、香澄と付き合うことになって完全に浮かれポンチな亘。
過去は過去として(笑)、結構仲良さそうだな~と思いながら観てたら、更に親しげな陽との現場を目撃した亘。
次回は一波乱あるのかな~?
あまり興味ないけどww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第6話
合コンで「わぁー!」って盛り上がって、トイレに行ったら人にぶつかってメガネが飛んで、手探りで探してたらたまたま握ったのがナイフで…逮捕て。(^▽^;)アハハ
こんな偶然、ドラマ&八嶋さんだから笑えるけど、実際に遭ったら怖過ぎ。
しかも運悪く、刺されてたのは代議士の秘書で、事情聴取もそこそこに特捜部がドヤドヤ~ですよ。
一生懸命その時の説明をしても、全く聞き入れてもらえない。
これ普通の人なら、早く楽になりたくて自供してたんじゃないですか?(^_^;)

さて、被害者は一命を取り留め、久利生たちがこっそり事情を聞こうをするも、病室の表では特捜部ががっちりガードを固めてて近づけません。
どうやらその代議士には『黒い噂』があって、今回の殺人未遂事件というよりは特捜部は別の事案を追ってる風。
城西支部の皆さんが一致団結して聞き込み捜査をしてましたが、なかなか思い通りにいかない。
で、どうなることかと思いきや~
合コン写真に真犯人の『赤い服の男』がまんまと写ってて、めでたく解決…って~!(^▽^;)アハハ
そんなんでいいのか?笑

皆さん寝ずに心配してたけど、腹ごしらえのピザパーティー(にしか見えない:笑)がタイミング悪く部屋から出てきた遠藤に見つかったり、その後はハンバーガーにチキンバーレル…
どれも楽しそうに食べてるようにしか見えない。(*≧▽≦)ノシ))アハハ
それと、遠藤の無罪を証明する為に城西支部の皆さん総動員で出かけてましたが、他のお仕事は大丈夫だったのかな?と心配になったのは私だけではないはず。(^_^;)笑

まぁ、面白かったから良いんですけど~(≧m≦)ぷぷ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第6話「父の再婚、娘の離婚」
脚本/橋部敦子 演出/竹園元

確かに父娘って、お互いに本音を言い合うことは無いかも…。
どちらかといえば、やっぱりお母さんですもんね。
妻を病気で亡くして数年が経ち、再婚を考える父・典久(國村隼さん)と、父親の反対を押し切って結婚したものの夫婦仲は悪く、離婚を考えている娘・七海(尾野真千子さん)。
自分が弱ってる時に、父親の再婚話とか聞かされても…って感じだけど、勝手に家に来られるのはもっとウザイ。笑
家出中なのがバレてしまいましたしね。(^_^;)
しかも生前に母親が行きたがってた温泉旅館へ、再婚を考えてる相手と一緒に行くつもりだったとか聞かされた日にゃ~。(^▽^;)アハハ
いくらなんでもそれは無いでしょうww
そこは思い留まってくれて、助かりましたわ。
旅館ではお互いに本音で話せることができましたしね。
これもお母さんのお蔭…。
翌朝はスッキリして、父の再婚を心から祝福できる心境になれたし、自分も離婚をする決意が固まった様子。

これからこの父娘は良い関係が築けそうだな~とほんわかした気持ちにはなれたけど、桐谷さんは夢ばかり追いかけてるどうしようもない男キャラのまま。笑
奥さんに三下り半を突きつけられて、これから一人でどうやって生活していくんだろう?と心配になったり。←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第7話
サブタイトルに「真犯人」…とあったけど、ストーリー的にはそんなに進んでいなかったような。(^_^;)
でも游子ではないってことなんでしょうかね。
馬見原が現場で感じた“甘いニオイ”は、彼女が使ってたシャンプーだったようで、巣藤は危うくトバッチリを食らうところでしたが、そこは特に『真犯人』が発覚するところまでは繋がらず。
それと実森家の現場に残されていた特徴のあるライターは馬見原のものだったけど、あれもきっとミスリードでしょうね~笑
何であんな場所に置いてあったのかは謎だけど、考えられるとすれば馬見原のうっかり?Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

游子が現場に駆け付けた時、実森君の母親はまだ生きていたらしい。
慌てて救急車を呼ぼうとしたけど、このまま死なせて欲しいと懇願されて、結局そのまま…。
これで長年の苦しみからは解放されたのだから…と自分に何度も言い聞かせないと、一生引き摺りますよね。
游子は過去にも救えなかった家族がいたようで、そのトラウマ再びって気もしないでもないけど。
たぶん他にも何組も救ってきたとは思うけど、なかなか辛いお仕事ですね。
ツッコミどころといえば遺体を動かしたり、現場を荒らした割には警察から厳重注意程度で済んだこと?(^▽^;)アハハ

そういえば、油井に連れ出された綾女の息子。
最初は父子水入らずで故郷で暮らそう…みたいな話をしてたものの、案の定拒否され、激昂して階段から突き落としたところまでは映してたけど、その後の安否が気になるところ…。

もう一つ分からないのは、シロアリ駆除業者の男。
良い人なんだか、実は…な男なのか、まだよく分からないのが不気味です。
いくら民子の依頼だからって、夜10時にやって来るかな~(^_^;)
「お代は頂きません!」も何か裏があるんじゃ?と勘繰ってしまいますわ。笑
そんな後ろで陰に隠れて、ちょろちょろ動いている駒田…というところでしょうかね。
物語はそんなに進んだ感は無く、伏線が増えた印象でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第5話
紗和と北野が呆気なく一線を超えてしまってビックリ…(^_^;)
窓の外を見ながら、次に通るのは男か女か…と賭けをしてても、結局は火星人が通っても超える気満々でしたやん。笑
これから泥沼まっしぐらな展開になるのかな~。
いや、北野と紗和の温度差が少し気になるけど…。
「ルールを決めよう」と、一応他人のフリをしながらも高校までやって来る紗和の神経がワカラン。
もうバレバレです。笑

一方、智也から軟禁状態になった利佳子でしたが、意外にも加藤がやって来て収めてくれてました。
「俺の女」対決は、加藤に軍配が…笑
しかし利佳子の夫が妻の浮気に感づいたようで、あれやこれやと作戦を練っておりますよ~(^▽^;)アハハ
編集長、全然仕事してませんやん。笑
わざと利佳子を泳がして、車にGPSまで付けてますぜ!
それに彼女は無事気づいたけど、実はもう一つ付いてたとは…(@_@)
あれって、本人に?
カバン?それとも他に…??
それが気になって気になって、ドラマどころじゃなかったですわ。笑

そういえば利佳子の夫に上手く利用された俊介ですが、こちらも部下の女の子と良い雰囲気に…。
最初は困ってる風だったのに、すっかり彼女のペースにハマって、今では積極的になりつつありますよね。
紗和のことは全く気づいてないようだけど、本人はそれどころじゃ無さそう。笑
しかし一番怖いといえば北野の奥さんでしょうかね~。
「殺す!」とか物騒な言葉を冗談めかして言ってたけど、あれ本気やな。笑
伊藤さんがキャスティングされた理由に納得。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第5話
今回、久利生の出番が少ないように感じましたけど、27時間テレビのせい?笑
でも「鬼尻」さん大活躍で、面白かった~♪ヾ(o´∀`o)ノ
視聴率も再び20%を超えたそうですしね。

さて、ひょんなことから川尻が担当することになった「置き引き」事件。
目撃者がことごとく子供…って、どないやねん!(*≧▽≦)ノシ))
久々の緊張感からなのか、子供が苦手だからなのか、話を聞くどころか怖がられてます。笑
ピア美ちゃん(by「明日、ママがいない」)なんか、固まったまま一言も喋ってくれませんでした。
あれこれ手を尽くしてみる訳ですが、2人目、3人目…と段々年齢が低くなって、益々話が聞けない状態。
検事が園児を恫喝した!みたいなことになってて、周りは大爆笑です。笑

で、結局はそのまま男が犯人だった訳ですが、彼女が固まっていた理由は別にあったんですよね。
久利生の「無理させちゃダメでしょ。いつも通りじゃないと…」のアドバイスは、ピア美ちゃんのことではなく、川尻の方でした。
「もっと優しく、柔らかく…」と言われれば言われるほど強張る松重さんの表情が…笑
それでも何とかいつもの調子を取り戻して子供たちの前で熱弁した川尻に心を動かされたのか、最後は勇気を出して、犯人の男からナイフで脅されていたことを話してくれたようです。
検事さんて、大変!
ていうか、検事さんが1800人ほどしかいないことにもビックリ!

さて、川尻にヘルプしてもらっていた久利生は…
吊り橋の構造計算式を覚えるのに四苦八苦。
通販の記憶力がぐんぐん良くなるサプリに手を出そうとしたものの、売切れてたらしく自力で~。笑
専門的な話でのらりくらりと責任逃れを企んでいた社長?の悔しそうな表情でスッキリしましたわん♪
来週は久利生の出番が増えますように。笑

あのお店は「フォー」もあるのか。(ノ∇≦*)キャハハッ♪
にゅうめん温めたやつ…じゃないですからね~。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第5話「ドブコ」
脚本/木皿泉 演出/北川雅一

「永遠」は無いと頭では分かってるけど…。
成長するにつれて、色んな事を切り離して生きてきたんだな~と、ドブコこと三冬(堀北真希さん)と通してあらためて考えさせられたかも。
それは人との別れだったり、生活環境だったり…。
前以て分かってることもあれば、突然やってくることもありますからね~(^_^;)

しかしエンケンさんの、悪役専門の役者さん役のハマってることったら…笑
強面だけど、実は家族思いで超優しいところとか。
いや、知らんけど。笑
もうご本人のイメージそのまんまのキャラやん~とTV前でツッコミ入れながら観てましたよ。(≧m≦)ぷぷ
娘さんとのお風呂のエピとか、視聴者のお父さんたちは大きく頷きながらご覧になられてたのでは?

で、ドブコと勝(溝端淳平さん)は、実は相思相愛だったってことでオケ?
お互いに今の関係を壊したくないというか、友達のままの方が~と思ってしまったというか。
かといって、付き合うというのも何か違うかな…って感じ。笑
結婚式には来ないで欲しいという奥さんの気持ちも分かりましたしね。
堀北さん、可愛いもん。(←違)
ドブコの「果たし状」で決闘する二人のシーンも、ほんわかした気持ちになれましたわ。
勝が結婚してしまうことで終わると思っていた二人の関係ですが、あの様子だとこれからも「親友」で続いてくれるんだろうな~と思わせてくれました。

木皿さんの脚本らしく、ふんわりとした中にもふと考えさせられるところがあって、それが押し付けられてる感覚ではなくて、自然なところがやっぱり好きかな。
お約束の薬師丸さんも出てましたしね~(*'▽')

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第6話
えっ?えぇーーーっ?あれ最後の、何??(゚∇゚ ;)エッ!?
…の衝撃で終わった今回。笑
游子が遺体を動かして…で、やっぱり彼女の犯人説は消えたかな~。
そして追加された、馬見原が執拗に洗面所で手を洗うシーン…
彼も消えたかな~。
ちょっと翻弄されたけど。笑
原作とは変えるらしいので、すでに読み終わってる方々も一緒に楽しめる訳ですね。

さて、美術室で巣藤と一緒に裏DVDを楽しんでいた実森君。
美歩に振り上げた石膏像は、巣藤の言葉で思い留まってくれたようです。
あんな終わり方だったので、すっかり心を閉ざしてしまったのかと思ってたけど、巣藤に対してはまだ一縷の望みがあるように見えていたのに…。
「また明日…」は二度とやって来ませんでした。
どう考えてもあんな状態の家族を一緒に一晩過ごさせるのは、素人目に見てもかなり危険でしたよ。(^_^;)
父親は完全に家族放棄の発言だったし、母親も游子が止めなければ自殺しかねない精神状態でしたしね。
何でだろ?
…ということで、気になる山賀の言動。
何でも包み込む優しいキャラに見えて、一番怖かったりして…。(^_^;)
そして亡くなっていた実森君が穏やかな表情だったのか妙に気になるんですよね。
だから「美しい…」と感じてしまうのかな?

しかしあのシロアリ業者…。
なぜ、わざわざ晩ご飯時にやってくる?
そんなに忙しい訳でも無さそうだし、謎が謎を呼びますわ。
それに駒田に山賀が紹介したのが、ここの仕事だったってことですよね?
この繋がりが偶然なのか、それとも必然なのか…。
考えれば考えるほど、益々謎が深まるばかり…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第4話
あら、加藤ったら結構ドSなのか…笑
利佳子のお誘いにノリノリだったと思ったけど、コトが終わったら冷たいのなんの。(^_^;)
その割には忘れ物のピアスを捨てずに置いてたりして、この男の本心がワカラン。
今まで鈍感だと思ってた利佳子の旦那さんですが、さすがに今回はセンサーが察知したようで、奥さんの高級下着の写真を撮ったり(怖っ!)、後をつけたり…と頑張ってました。笑
結局、ホテルで見失ってしまい、お相手だと思っていた加藤の家に本人が在宅していたことで一安心…。
詰めが甘いな。笑
アトリエに来た理由を誤魔化すために、再契約…って、加藤さん結果的に良かったね。(ノ´∀`*) アハハ

一方、加藤に素っ気なくされて自棄になった利佳子は、再び出会い系に書き込みをしてお相手を漁っております。(^▽^;)
それを偶然見つけた智也は(チェックしとったんかい!笑)、他人になりすまして利佳子の待つ部屋へと行ってたけど…
あの調子だと、ちょっとした修羅場どころか暴力を振るわれるようなことになってそうな予感。
うん、確かに男を甘く見ちゃいかんよ~(^_^;)

そしてひと時の爽やかデート?を楽しんだ紗和と北野…。
次に逢う日を約束したけど、前日の夜に北野の奥さんからのお誘いが。
まぁ、ご夫婦だから当たり前なんだけど、伊藤さんがキャスティングされてることで、何か別のモノを感じてしまうのは気のせい?笑
変な罪悪感からなのか、北野はドタキャンしたようですが、何も知らない紗和は悶々としますわな…。
で、行く予定だった場所へとふらふら~と行ったら、そこへ北野の姿が!
昼ドラだー!(*≧▽≦)ノシ))
お互いに心は通じ合ってたのね~的に盛り上がるベタな展開。笑
北野を隠し撮りしてた生徒は決定的瞬間には遭遇できなかったようだけど、校長へ爽やかデートの現場写真を見せたりして、ちょっと話がややこしくなりそうです。

こんな感じで、ドラマは緩~く見守っておきます。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第5話
梓は大事には至らなかったようだけど、お腹の赤ちゃんは…。
このままだと、もしもの場合早産になって~というお話でしたが、ひかりが担当している赤ちゃんと同じ運命を?
…ってことだったんですよね。
でも、赤ちゃんの命を救おうとしている割には、産む産まないの選択を迫ったり…。(^_^;)
間近でお母さんの苦悩を見ているだけに、身内には…って気持ちも分からなくもないけど…。
まぁ、これもやっぱり人間だからということなのかな~。
確かに普通に子供を育てるだけでも大変なのに、それ以上のことも明らかだから。
しかし旭が迷ってるのは、違和感だったかな~。
そこはブレブレなのかww
人にはどうのこうの説教する割には、自分には優しい…というか、旭キャラは意外とおっちょこちょいだし。(^▽^;)アハハ
「昭和な男」のイメージって、こんな感じ??笑
何事にも一本筋が通ってたら、もっと共感できるんでしょうけどね。
いや、逆に愛すべきキャラなのかな~。
苦手だけど。笑

さて、ひかりは新城の妻に存在を知られてしまったようです。
写真を送りつけてる主は誰だろ?
来週はいよいよ波風がたちそう…(^_^;)
斉藤由貴さん、お久しぶり~って思いながら観てたら、表札に「新城」…。
演出が昭和でした。(≧m≦)ぷぷ

旭は無職で、これからどうするねん~と思いきや、初回のプロレスラーが警備員として雇ってくれるよう口利きしてくれるらしい。
趣味と実益を兼ねて…笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第4話
惚れてまうやろー!笑 (古っ!)
検察へ送られてきた昔の仲間に「裏切り者」呼ばわりされたのも、ちゃんと正論で言い返してくれたし、危うく襲われそうになったところも、あんなにカッコ良く助けてもらったし…ですもん。
携帯忘れてて、良かったね。←そこ?笑
でも麻木のしがみつきっぷりは、一応ツッコミどころですよね。(≧m≦)ぷぷ
木村君、まさに役得でしたな。笑

今回の案件は、マンホールを盗んだ現行犯で逮捕された麻木の元仲間。(^▽^;)
やっぱり麻木は元ヤンだったのかww
…じゃなくて、逮捕されてすぐに提出された嘆願書の不自然な数。
最初はさすがヤンキー仲間は結束力が違うな~とか、思いながら観てましたが、そっちじゃなかったようです。
提出した人たちを辿っていくと、どうも数を集めるために書かされたらしい…。
そこからまた突き止めていくと、マンホールだけでなく公園のすべり台まで?
さすがにこれは一人じゃ無理でしょう~ってことで、複数犯の犯行へと辿り着き、ホームレス殺人事件まで…。
ホント、どこまで凶悪ですのん。(^_^;)
不自然な「嘆願書」さえ出さなければ、久利生もそこまで行きつかなかったかも知れないのに。←

さて、京都地検から詐欺の関連事件でやって来た美鈴さん…。
ヌックンVS小日向さんの戦いも面白かったけど、結局呉服屋の息子さんとご結婚が決まったそうで~。
顔が濃くてデカイ男…阿部ちゃんじゃなかったのね。
いや、前作では二人は不倫の設定でしたっけ?
とにかく、おめでとうございます!(* ̄m ̄)ププッ

しかし毎回毎回、視聴率がどうのこうのマスコミに書かれて可哀想ですわ…(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第4話「母の秘密」
脚本/鎌田敏夫 演出/山室大輔

こちらにも昭和チックなお話が…ww
あの時代は全く知らないだけに、どうしても入りこめないというか~(^_^;)
でもその時代時代には『価値観』というものがあって、そこに生きてた人はそれが当たり前だったんでしょうね。
今は情報社会で多様化されてるけど、昔は違ってたんだろうし…。

正直、渡瀬さんと勘九郎さんの怒鳴りあってるシーンは苦手でしたが、最後の最後…
電車に乗る直前に、息子に向かって深々と頭を下げた渡瀬さんにやられました。(/_;)
今までは親の方が絶対的な存在だったのに、ある時を過ぎると…なんですよね。
「死んでしまったら、話したくても出来ない」
とにかく、この一言に尽きました。
残りの三年間、二人はちゃんと親子になれたのかな~。

毎週毎週、課題を突きつけられてるような気分になってしまう…。(^▽^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 第5話
ここにきて、ちょっと意外な視点と展開。
一家心中に見せかけた殺人の容疑者…として、游子をマークし続けている馬見原に真犯人疑惑?
実は彼は長男が自殺で亡くなって以来仕事が身に入らず、刑事としての勘も全く冴えなかった。
ところがこの事件を親に復讐する子供の犯行だと思いたくないが為に、現場でねつ造しているかも知れない。
捜査方針と違う事件の追い方をする場合は、そいつの自作自演の可能性もある…
外部犯行説は馬見原自身の疑いもあるという、藤崎課長の見立てにビックリ!
いや、馬見原の犯行と決めつけるのは時期尚早だけど、今回の事件が馬見原を動かしたのは確かなんでしょうね。
逆に藤崎課長が真犯人だったら、それはそれでビックリだけど。(^_^;)
とりあえず新たな説に混乱して、翻弄される椎村とワタクシ…笑
そして相変わらず油井に振り回されて、綾女たち親子のことしか頭にない馬見原。
奥さんは、全く気が休まりません。

さて、今回游子と巣藤の名コンビが誕生~♪
…と思いきや、そんなに簡単なものでも無さそうですね。
児童心理司としての自信を失いかけている游子。
その後游子の協力もあって、巣藤が無事に不登校で引きこもりだった実森君を救えた…ように思えたけど、美歩の一言と他の生徒たちのせいでまた一からというか、マイナスからのやり直しになるかも。
それともマイナスどころか、もう取り返しのつかない事態にもなりかねません。
でも今回の事で、実は巣藤にも重い過去があったことが明るみになりました。
彼が美歩との結婚を拒んでいる理由の一つが分かったかも。
その前に美歩の性格ですけどもww

もう一つ、不登校で家族に暴力をふるっている女の子の方も、父親があんな風じゃ、全く救いようが無いな~(^_^;)
最近の事件にちょっとリンクするような怖さもあって、少し不気味ですけども…。

ドアのこっちと向こうで、油井の策略に嵌った佐和子@ハサミVS綾女@包丁。
一歩踏み出した勇気をズタズタにされて、美歩に重い石膏を振り上げている実森君…。
しかし今までのことが今までだけに、そんなに大惨事にはならないと勝手に高を括っておりますよww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第3話
北野ったら、えらい思いっきり紗和を拒否ったもんだな~と感心したけど、傘はちゃんと拾ってくれてたんですね。笑
それをわざわざ届けてくれるってことは、あの場では…だったけど、内心ではアレってこと?
…ということで、二人は再び~になりそうな展開。
北野の妻・乃利子は家事が苦手で、北野が諦めた道をどんどん進んで准教授で更にステップアップ…。
この調子で気持ちが離れていく…のか。
袋の中からお弁当を差し出した時の、北野の表情。(^_^;)
まぁ、もし北野と紗和がそんな展開になったとしてもズバリなシーンはたぶん無いでしょうけどね。
そっちの担当は吉瀬さんと北村さんで…(* ̄m ̄)ププッ

しかしそんな女3人が偶然出会って、いきなり一緒に七夕パーティーな晩ご飯を…なんて展開がドラマ過ぎて~笑
旦那さんも一緒にってことだったけど、さすがにまだ序盤でそんな波風を立ててる場合じゃないですよね。(^▽^;)アハハ
そういうことは、もっと色んな既成事実ができてからじゃないと面白くないじゃないですか!ww
といっても、北野&智也、俊介と徹…という組み合わせも、普通は無いですやろ。笑
ツッコミどころが多過ぎるドラマは、基本好き!(*≧▽≦)ノシ))

口紅はちゃんと返せた?とか、ゲージから逃げたハムちゃんの行方とか、一応ツッコミ入れておきます。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第4話
サブタイトルは「諦めんな」…
うん、なるほど。
演劇シーンがやたらと長いな~と感じたことと、題材が。(^_^;)
これは現代風に替えられなかったのか、それとも“熱”を感じさせるために…ってことだったのかな。
たぶん今の時代には、無理があったかも。
私たち世代でもギリギリっていうか、いや過去のテレビ映像でしか知らない世界ですけどね。笑
そして「諦めんな」を、わざわざ雨の中で殴って説得しなくても。(^▽^;)アハハ
陽のお金を工面してあげるために、頼る人が元社長しかいなかった…というのも切なかったけど。

で、やっと分かった暁の詐欺の理由。
当時付き合ってた彼女?(広末涼子さん)の心臓移植の為に必要だったらしいけど、結局亡くなってしまったようですね。
ということは3000万円は間に合わなかったのか、それとも…
でもそのお金が今も残ってる様子でもないし、使ったにしてもなかなかの金額ですけども。(^_^;)
この辺は謎に包まれたまま…

そして最後に玄関先で倒れていた身重の梓…。
陽の公演には連れて行ってもらってなかったのか。(。´・ω・)?
…じゃなくてww
お腹の赤ちゃんが心配です。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク