「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 最終話
乃里子の妊娠は、やっぱり嘘でしたか…(^_^;)
しかも最初の方であっさり告白してたので、拍子抜け。笑
で、北野は紗和のところへちゃんと帰ってるし、どないなってるねん?
…と思いきや、4人がかりで連れ戻しにやって来るとは~!(^▽^;)アハハ
ん?4人?この男の人誰??笑 (後に乃里子の父親と判明)
紗和の夫、姑、乃里子…じゃ、ちょっと男手も人手も足りませんもんね。←

結局、紗和は離婚して一人で生きていくことに…。
北野は結婚生活を続ける。
うーん、どちらかといえば北野の方が針の筵状態かな。
あんな激しい奥さんと穏やかに暮らしている姿が想像できない!笑
伊藤さんだし… オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ

で、利佳子の方はまた智也が絡んで来て~
本気で殴り合った加藤が大事な右手を負傷…。
画家の道が完全に経たれたことで、利佳子の為には家へ戻ることが一番…と送り出してくれたらしい。
彼女には娘さんたちもいることですしね。
二人の最後のセリフが、ちょっと粋でしたけど。
しかしあの旦那さんのキャラを思うと、こちらもあまり幸せな様子は感じませんわ~。(^▽^;)
またほとぼりが冷めたら…な予感ww

ビックリしたのは、紗和が火を放ったこと…。
気持ちが分かる…みたいなセリフがあったけど、あの家って団地?マンション?
ボヤで済んだから良かったものの、もし大火事になってたら近隣の方々に大迷惑ですから~(-_-;)
ハムちゃんが出てきてくれた程度で助かりましたよ。
生きてて良かった。(/_;)

北野の演説も何だかな~(^▽^;)アハハ
学校の放送室で語る、語る!笑
紗和の耳にも無事に届いてよかったね…ぐらいの感想しか。

蓋を開けてみれば、まぁこんなもんかな~。
上戸さんの新境地…という程でもなく。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 最終話
えっ…と、あの~…。お…オチは?(^▽^;)
何か普通に終わりましたよ。
家族のお話だったのに、最後はみんなバラバラ…
違う意味で、ちょっと衝撃的な最終回。笑

佐藤家の土地には買い手がつき、取り戻そうにも多香子の兄たちもお金に困ってるらしい。(^_^;)
でも、暁の3000万円がありますやん!!
…と思ったものの、結局お金は無いって~!ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン
無い袖は振れません!穴を掘っても出てきません!

新城は大学病院を辞めて、開業した友人の愛知の病院へ…
まさかの純の「若者たち」熱唱…(;´∀`)
吉岡君、こんなに苦手な人だったっけ?笑
今回の新城キャラのトドメは歌だし、最後まで違和感でしたわ~。

サブタイトル通り、佐藤家の皆さんは散り散りに旅立って行かれました…。
最後まで観続けたけど、うーん…。 
妻夫木君も頑張ってたけど、うーん…。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 最終話
『人として…』
末次さんの言葉、ちょっと心に残りました。
確かに裁判やそんな特別なことじゃなくても、生きていく上で一番大事かも…。
選択に迷った時には「人として…」を考えたら、世の中もっとスムーズに行くのに~。
まぁ、自分がちゃんとそうなれてるかと言えば、また別の話なんですが…(^▽^;)

皆さんの予想通り、何の捻りも無く、やはり残念ながら冤罪だったようですね。
その時は正しいと判断して起訴したことが、後に過ちだと分かった時の国分の苦しみが…。
いや、そんなに苦しんで葛藤してるようにも見えなかったけど。(^_^;)←
病気で亡くなられてるし、このまま自分が墓場まで持って行くつもりでじっと黙っていれば…的な?
最初は弁護士側の証言としてだったけど、最後に心を入れ替えてくれて良かった。
しかし最後まで往生際の悪い南雲…。
何の反省も全く見えなかったのが、一番の心残りですわ。(;´∀`)

あ~、とうとう終わったんですね~。
ちょっと期待してた雨宮や、牛丸次席の娘さんのサプライズ登場もなく…笑
あ!サプライズは通販の人が事件を起こして久利生の担当になったぐらい…。(* ̄m ̄)ププッ
そして麻木は検事を目指すことになり。
雨宮といい、麻木といい、久利生に係わった事務官はみんな影響を受けるってことで。
二人の関係がどうなるのか少し気にはなったけど、そんなドラマでもないか。笑

しかし、このまま映画に続く…?
と思わせておいて、秋ドラマの宣伝て!!(*≧▽≦)ノシ))
思わず食いつきましたがな。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第10話
おっ!やっぱりそうきたかー!笑
もはや夫の心が別の女性へ向いてしまって、どうしようもない時の常套句。
「私、妊娠してるの…。」(^_^;)
あの自信満々の笑みは本物?それとも繋ぎとめるための嘘?
メガネを人質に待っている紗和は、さてどうなるのか…。

しかし北野も思い切りましたな~。
紗和の旦那さんへ、まさかの直談判。
確かに何処から攻めていくか…とどう考えたら、そうなる??
一見すごく誠実なようにも思えるけど、いやいやいや順序ももちろんだけど、根本的なことがまず違いますやん。笑
追い詰められた北野と紗和の最後は、失楽園的な?(観てないけど:笑)
うーん…。それも何かありきたりですよね~(^▽^;)
で、夫・俊介はヤケクソで部下と…は残念ながら失速ww

一方、加藤との距離がどんどん広がっている利佳子ですが…
このタイミングで娘さんが熱か~。
恋に生きる決心をしたところで、やっぱり子供の事は気になるんですよね。
そこが紗和の立場とは違うところ。
戻ってくるのが当たり前のような態度の旦那にはムカついたけど…(^_^;)
こちらは収まるところに収まってしまうのかしら?

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第10話
そっか、あかりちゃんは一山越えたけど、聴覚は…
まだ今のところは、その疑い…という段階だけど、たぶん間違いはないんでしょうね。
梓が自分を責めてしまう気持ちは痛いほど分かるけど、もっと強い女性だと思ってました。
何か、キャラ設定がブレブレ…(^_^;)
で、旭は心が折れた梓に付き添うために、仕事を辞めるんかい?
うん、暁たちに怒りを爆発されるのも当たり前…。
だからといって、またあの社長のところへ行ったのもビックリでしたわ。(;・∀・)
まるで入れ替わりのように、仕事を辞めた西島さん!
名前に反応したのは言うまでもありません。笑
ひかりたちがそれぞれ早速手話の本を買って…という件はちょっとジーンときたけど、それだけ。

香澄の方はどうなるのかと思いきや…
そうやん。多香子がいましたやん。(^_^;)
彼女の方が、もっと壮絶な過去…。
多香子の言葉で、香澄も少しは前向きになれたのかな。
確かに元はといえば、自分でまいた種的なことでもありますしね…。
こちらの方は収拾する気配…。
愛憎劇の方は…もうすっかり大丈夫そうです。笑

何だかんだと最後まで見届けてしまいそう…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第10話
最後の事件で久利生や城西支部の皆さんが戦うのは、大物政治家でもなく、犯人が捕まっていない通り魔事件でもなく、まさかの特捜部…。
キーワードは「冤罪」。

確かに大きな事件を起訴しようとするあまり、そこへ埋めるピースが雑に…ってのは、ちょっと実際にもありそうな。
いや、絶対にあったらアカンけど。(^_^;)笑
お金の受渡しに係わった運転手だったとされた建設会社の男性は、無事にアリバイが証明されて良かった。
結局あの人ではなかったけど、別の人物は必ず存在する訳で…。
そもそも本当にその日に受け渡しがあったのかも怪しくなってくると、また他にも色々とピースが合わなくなるのか。
長い時間を費やして、あの膨大な資料の中から証拠を探している皆さんの労力を思うと、本当に頭が下がりますが、『起訴』ありきで事件を進めると危険かも…。

通り魔事件の方は…
最初に犯人とされた男は既に亡くなってるみたいだし、どっちにしても後味悪いな。(^_^;)
今回逮捕された男は敏腕弁護士の指南?で黙秘を続けてるものの、何か言いたげな様子もあるし…。
当時の検事だった国分(井上順さん)は意味深だし…。
色んなところで伏線が張り巡らされての、最終回ですな。

しかし江上さん(勝村政信さん)の登場はあれだけ?笑
出てきたと思ったら、胃潰瘍で入院て!(^▽^;)
いくら花形と言われても、ストレス溜まりっぱなしの職場のようで…。
アドリブ駄々漏れの「あるよマスター」とのやり取りが面白すぎる~(*≧▽≦)ノシ))
結局、白湯に全部持って行かれました。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~最終話「北別府さん、どうぞ」
脚本/三谷幸喜 演出/土井裕泰

細かい小ネタがあったり、勘違いで結果オーライだったり、三谷さんらしいお話だったな~。
最後はちょっとジーンときましたしね。

前立腺がんで通院中の北別府さん(小林隆さん)が、学校でケガをした息子君に待合室でバッタリ。
その場の勢いで自分が実はお医者さんだった…と嘘をついてしまったことからのドタバタ展開。笑
実はそんなに売れて無さそうな役者さんで、お芝居はお手のモノって感じだったけど、駆け付けた元妻が協力してくれたり、最初は不審に思っていたナースたちや担当医の小日向さんも、途中から事情を聞いて納得してくれたお蔭で無事に乗り切れたようですね。
もうヒヤヒヤしながら、くすくす笑いながら観てました。
カンファレンスの場での大演説なんか、もうドキドキ。笑
一番大笑いしたのは、衣装さんが忘れて行った「白衣」が役所広司さんの物だったってことでしょうかね。
こういう小ネタが、三谷さんクオリティー♪笑

でも結局は、お父さんが役者さんだったって分かったってことですよね?
息子君が大きくなって、小栗旬さんになってました!笑
ルパン絡みかな~?(* ̄m ̄)ププッ
キャスティングも三谷ファミリーの皆さんがちょこちょこ登場されてて、楽しめました。


10人の豪華脚本家さんたちの1話完結モノ…。
どの回も、脚本家さんのイメージ通りで楽しめました♪
時間が短い分、展開もシンプルで良かった。
中にはアレ??ってお話もあったけど、それはまた別のところで。笑
こんな機会はなかなかないと思いますが、また別のテーマで企画して下さると嬉しいです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第9話
どうもこの脚本家さんは、伊藤さん演じる奥さんを悪キャラに仕立て上げたいらしい。笑
いや、もう伊藤さんがキャスティングされた時点で展開は目に見えてるんですけども…(* ̄m ̄)ププッ

しかし二人の密会現場を押さえるだけでなく、夫の勤務先の高校へ出向いたり、紗和のパート先のスーパーへ行ったり、その労力が素晴らしいわ~ww
後々考えてみると、そんな事実を周りの先生方に知られたら高校に居づらくなって辞めるかも知れないし、スーパーにだって買い物に行き難くなるのは想像しなかったんだろうか?
まぁ、もう冷静な状態じゃないからできるんでしょうね…。
とにかく周りの同情の目を自分に向けたい一心。

で、夫にもシュートメにも知られてしまったし、追い込まれた二人は…
うん、そうなるよね~(^▽^;)アハハ
これから先はどうなるのか…ってところだけど、たぶんハッピーエンドじゃないことは確か。笑
ハッピーエンドだったら斬新だけど、これだけ乃里子を悪キャラに描いてるから、もしかしたらもしかして?
一昔前の不倫ドラマとは違って、ドロドロ加減が全然マシですけど、さすがにそれは無いでしょう。

もう紗和の夫には、あの部下の女の子でイイやん。笑
でも借りに紗和と別れて結婚したとして、これが生活になると破綻するのが目に見えてます。(^▽^;)
おちょくってるぐらいが、一番楽しいと思われます。笑

一方、加藤と利佳子ですが…
何か加藤の盗作疑惑が持ち上がって弱みを握られるみたいだし、利佳子は手っ取り早く稼げるお水の世界へ…。
結局家出して好きな人の元へと飛び出したところで、現実はこんなところですよ~と先に言われているような。(^_^;)
案外こちらの方は、すんなり利佳子が家へ戻りそうな予感。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち2014」 第9話
いつも冷静な次男・暁だけど、好きな人の為ならどんな危険も厭わない…という性格のようですね。(^_^;)
詐欺のことも事後は有耶無耶なままに終わってるけど、今度は多香子の為に?
しかし「デビューさせてやる」を交換条件に…の設定が昭和。笑
いや、知らないだけで今でもあるんでしょうかね。(^▽^;)アハハ
どっちでもイイけど(←こらー!)、相手の男が薄っぺらい音楽プロデューサーで良かった。笑
相変わらず、旭と暁のケンカシーンは余計ですけども…(^_^;)
あの怪我を絆創膏で…というドラマによくありがちなシーンもお腹いっぱい。笑
とりあえずぺらっぺらもやっつけたことだし、こちらの二人も少し時間はかかるかも知れないけど上手くいって欲しい。

一方、前回の亘の若気の至り的な暴走ですが…
どちらかといえば陽の「試練」という展開。(^_^;)
劇団員たちが亘のことを知って、劇団を次々と辞めるとかどういうこと??
悪いのは亘で、陽を困らせてどうする!
うーん…。どうも理解できない。(^▽^;)
まぁ、よく分からないけど、陽の本気で香澄も前向きになってくれたのなら、それはそれで…。
正直、このエピにはそんなに…ww

あかりちゃんエピも予想通りの展開といえば展開で、そんなに気にもならないのだけど…
でも本物の赤ちゃんのしっかり握られた『手』には涙腺緩みました。
このシーンだけがリアルなので、それまでのペラペラが全部吹っ飛びますわ。笑 ←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第9話
警察は、ホントにちゃんと捜査やってるの??
…と心配になってくる。笑

大学生のフットサル仲良しメンバーによる暴行致死容疑。
一人一人に聴取するも、致命傷になった凶器は見つかってないし、なぜか供述はバラバラ…。
しかし意外にも事務官の井戸がフットサルを知っていたことで、それが嘘だと分かり、後は芋づる式にズルズル~(^▽^;)
怪しげな食堂でもう一人の男の存在を突き止めるんですが、また店主のはいりさんの怪しいことったら!笑
まめぶもメニュに??オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ
で、結局彼らは仲良しフットサルメンバーではなく、詐欺集団だった訳ですが…
最初は軽いお金儲けのつもりで始めて、その内にやめようとしても主犯格の男・椎名(丸山智己さん)に脅されて辞めるに辞められなかった…らしい。
おっと…。大学生の中の一人、ソラン君じゃないですか! ちなみに→コチラ
実際にもまだ大学生なんですね。知らなかった~。笑

『詐欺』に気づいたのも麻木が被害に遭ったことからの偶然だったし、「何でやねん~!」とツッコミたくなる展開でしたが、テンポが良くて楽しめましたよ。(* ̄m ̄)ププッ
椎名の聴取シーンなんか、各々が証言をリアルタイムで送り合うもんだから、「ピローン♪」の音が煩いのなんの…。
途中からもう「合いの手」みたいに入ってて、音だけで爆笑でしたわ。(*≧▽≦)ノシ))
便利な世の中になりましたね…ってことではなく。笑

最後は城西支部の皆さんでフットサル…。
シュートしたボールがバーに当たって、木村君マジで悔しがってましたやん~(ノ∇≦*)キャハッ♪
スリッパ卓球、また観たいわ。
対決は石黒賢さんでヨロシク!笑

さて、久利生と麻木は東京地検特捜部のサポートで大きな仕事を任されるようですね。
これが最終回への大きな事件ってことになるんでしょうか?
前作で江上役の勝村さんも出てきたことだし、この勢いで松さん出して頂きたいですよね~(´▽`*)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第9話「父さん、母になる!?」
脚本/井上由美子 演出/清弘誠

「俺の見立てとは違うなぁ…」
の台詞は飛び出しませんでしたが(笑)、主夫になって初めて家事の大変さを気づいてもらえたってことですね。
最後の方のシーンは、家族に見せたかった~(^▽^;)アハハ
周りの男性ばかりのご家族は、そこはひたすら無言だった…と聞いて、益々。笑

さて、何の前触れも無く仕事を辞めてきた勝(内野聖陽さん)。
最初は家事なんて簡単だ~と高を括ってたけど、ご近所とのお付き合いや料理に掃除…
手を抜かないと…もとい(笑)、要領良くやらないとホント大変なんですよね~。(^_^;)
そこを気づいてもらえただけでも、奥さんの絵美(夏川結衣さん)は気持ち楽になったんじゃないでしょうかね。
これからは家事も手伝うと言ってくれてたし…。

そこへ長男・達也(神木隆之介さん)の、なかなかうまくいかない就活も上手く絡めてました。
仕事で家庭を顧みない父親に反発しながらも、実は頑張ってる姿に尊敬してたし、誇りにも思っていた。
殴り合いのケンカシーンは正直心配しましたが(演技です!笑)、本音で話せる良い機会になって良かったですわ。
言葉には出さずとも、ちゃんと子供は見てるんですよね。
これぞ「おやじの背中」というお話でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族狩り」 最終話
あらら…
最終回は皆さん「良い人」になってしまって~(^▽^;)アハハ
ていうか、色んなところを端折り過ぎな上に、取って付けたような片づけ方…。
やっつけ感が半端無いですww
ドラマで描かれるのは限られた時間だし、仕方がないといえばそれまでなんですが~
それにしても前半が良かっただけに、勿体ないな~(^_^;)

危うく山賀と大野に「送って差し上げ」られそうになった芳沢家…。
でももう殆ど拷問に近かったですよ。(^_^;)
父親は額を傷つけられるし、母親にも「苦しむ姿を子供に見せなさい!」って、一体何のプレイだかww
游子の体当たりも力尽き、巣藤の自分の感情中心の説得も大野に指摘されたところで、とうとう…という場面で、無事に馬見原たちが間に合ってくれました。
でもいくら犯行を制止するためだからといって、あんな胸に撃ったらアカンやろ。(-_-;)
怪我をしながらも火を放って逃げた山賀と大野は、その後樹海で命尽きたように見せかけて実は生きていた…みたいな終わり方??
結局遺体も見つからなかったし、新たな一家心中事件がニュースで流れてましたしね。
ドラマだから、何でもアリww ←

しかし何が一番モヤモヤしたかって、山賀と大野の口からちゃんとした真意を語られなかったことでしょうかね。
殆ど馬見原と游子の憶測でしたやん。
自分たちの息子の暴力を止めるために殺したことをがきっかけで、その事件の背景や理由らしきものは明かされてたけど、そこが「送って差し上げる」心情へと繋がるプロセスが全く理解できず。(^_^;)
原作ではちゃんと説得力のある描き方がされてるのかな~?と、気になってしょうがなかったです。笑
いつか機会があったら、読もう。

あと、途中から全く登場しなくなった美歩も新しいターゲットを見つけてさっさと婚約したようで~。
振り返った時に一瞬切なそうな表情をしてたけど、そんなに同情も出来ず。笑
綾女とやっと別れた(別れてなかったんかい?)馬見原は、妻の佐和子の元へと向かってたけど、娘さんから全力で拒否。
今まで長年家族を蔑ろにしてきた馬見原が、急に「家族」を言いだしても説得力ゼロでしたわ。(^▽^;)
とりあえず息子君は無事に元気になってて良かった…。
殆ど両親と音信不通状態だった巣藤は、16年ぶりに実家の福井へ帰って少し「開いて」きたらしい。
游子との『約束』が無ければ、それも無かったんでしょうかね。(^_^;)
ラーメンが食べたいが為に…(違)
羽二重餅は美味しい…笑 オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ

端からは幸せそうに見えてても、どんな『家族』にも大なり小なりいろんな問題は抱えてる訳で…。
そこを「閉じる」か「開く」かによって、生き方も変えられるってことかな。
実際にはなかなか難しいですけども…。
出来れば醜い部分は表に出したくないですもんね。
家族の事で悩んでいた游子も巣藤に出会って変われたらしいから、それはそれで…。
たぶん永遠に答えは見つからないと思うけど、心の持ちようでは前向きになれるはずですしね。

最後はちょっとアレだったけど、色んな事を考えるきっかけにはさせてくれたドラマでした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」 第8話
「聞かせてもらいましょうか?」
…の乃里子のセリフ。
もう、絶対北野と紗和を追及する言葉だと思ってましたやん。
予告でも番宣CMでも…
そしたら、笹本夫婦の馴れ初めですって~(ノ´∀`*) アハハ
まんまと騙された~。笑

そして2度目のドキドキは、乃里子は旧姓を名乗ってるのに、なぜ紗和が「北野」の名前を知っていたのか?
「教師は聞いてたよ~」は上手く誤魔化せても、さて名前までは…
はい、こちらは予想通り、生徒の事で紗和に迷惑をかけたということで、こちらも本当の事ですもんね。笑
しかしこのままのらりくらりと乗り切れる…はずもなく。(^▽^;)

やはり頭の良い女性は違いますわ~。
まずは外堀から徐々に埋めていって、証拠を掴む!
よくある携帯チェックはもちろん証拠を残してる訳も無く、次にお財布チェック~(´▽`*)
レシート…残してたらアカンがな。笑
ご丁寧に、買った品物の名前「ごんちゃんだっこ」まで印字されてました。
ネットで検索…はい、完落ち。笑
紗和の夫・俊介も、ごみ箱の中に捨てられた「ごんちゃん」を見つけ出しました。
そんな危ないモノは家じゃなくて、外で捨てないと…(;´∀`)アハハ

物的証拠wwが揃ったところで、今度は紗和と北野が会わなければならない状況を作り出す訳ですな。
この誘導が上手いのなんの…。
図書館で用心深く細心の注意を払ってるつもりが、つい本棚越しに手を絡ませてしまった…ところで、一部始終を見ていた乃里子の登場ですやん。
しかもビンタ&突き飛ばし!
そら、奥さんですもん。当たり前っちゃー当たり前。
でも乃里子を物凄く悪キャラっぽく描いてるから、紗和に同情する心情になってしまっている視聴者。笑
いや、冷静に考えたら絶対おかしいですけども。
で、この後どんな修羅場展開になるのか~?ってところで、つづく。笑
怖い怖い…(^▽^;)アハハ

一方、利佳子を家に帰らせるよう仕向けるために、滝川は加藤を忙しくさせる魂胆ですか?
仕事を奪うのではなく、逆に売れっ子にして距離で離す作戦?
しかも元妻まで送りこんで、目の前に300万円「ポーン!」
今まで貧乏な暮らしをしてきてるだけに、現ナマを前にして揺れない訳がない…。
加藤との暮らしで心は満たされても、このままの生活では続かない…と思い始めてきてるようですしね。
滝川ったら、だてに雑誌に編集帳はやってません。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「若者たち 2014」 第8話
旭たちの子供は脳出血の危機を脱して山越えた…ということで、容態は安定している様子。
ここはもう少し引っ張るのかな~と思いきや、そうでもなく。(^▽^;)
今回は亘の暴走がクローズアップされてました。

リベンジポルノでしたっけ?
香澄の写真を亘がネットに流したらしい。
で、周りの目が怖くて学校どころか家から一歩も出られなくなってしまった香澄…
というのは分かるけど、そもそも最初に亘を騙そうとしたのは架純な訳で。(^_^;)
写真も彼を陥れるために自分で撮ったものだし、自業自得といえばそれまでですわ。
なのに…
訴えられれば犯罪にもなるとは思うけど、亘だけが責められるのはどうにもこうにも違和感。
しかも死ぬの生きるの、かなり大層なことになってますやん。(;・∀・)
亘には過去に一度、自殺未遂事件を起こした過去があるみたいですしね…。

旭と一緒に何度か謝罪の為に足を運び、香澄に許してもらえて良かった~
…と、思いきや、亘曰く『目』が許してなかったようですよ。
あらら、こっちで引っ張るのか…。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「HERO」 第8話
もはや事件の真相を突き止めて真犯人を探すというより、その過程や小ネタ満載な展開に…。
ヤーさん同士の抗争で、身代わり出頭なんて普通ですやん。(^_^;)
久利生でなくても、素人の私でさえ…笑
まぁ、あの顧問弁護士とやらが出てきた時点で、もうバレバレでしたけどね。
出頭して来た男を起訴しないと脅すのも、絶対おかしい~(^▽^;)ハハ
そしてもう事情が分かってるのに、真犯人のヒットマンを捜査さえしない警察。
マキタスポーツさん、ハマってました。笑
もう彼が出てくると、テ○ガしか思い浮かびません… (*≧▽≦)ノシ))

とりあえず反社勢力にも決して屈しない久利生…ってところでしょうね。
そこはブレないキャラ♪
それに比べて、城西支部の皆さんったら~(ノ´∀`*) アハハ
変装しまくりな上に、いや寧ろあんな怪しい集団で居たら目立ちすぎですって…。笑
お国まで変わってました。(* ̄m ̄)ププッ
麻木から久利生に渡された変装グッズは「付髭メガネ」…アカンやろ!
もうお約束のボケだったけど、そんなグッズは何処で売ってるのか、そっちの方が気になりましたわい。笑

そして「あるよマスター」は何処で登場するのかと思いきや、ラーメンの屋台でライターが「あるよ!」だった訳ですね。
今回はオチに使われてました。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

おやじの背中~第8話「駄菓子」
脚本/池端俊策 演出/坪井敏雄

今回は何の捻りも無く、分かりやすい展開…。(^▽^;)アハハ
駄菓子に拘るあまり、仕事も失い、奥さんにも逃げられ~。
で、息子君がしっかり者。
うん、よくある設定。笑

でも「おやじの背中」という感じではなかったですね。
父親に反発して飛び出したまま、結局最後まで分かり合えないまま…。
兄弟仲良く会社を継いで欲しい…という遺志も、真(大泉洋さん))のスナック菓子が認められたことで無くなってたみたいだし。
どちらかというと、息子君の方が活躍してたし。笑
あの時、スナック菓子を向こうの息子さんに渡してなかったら、今頃…(^_^;)

塚本さん、最近は職人さん風キャラが多いな…(´▽`*)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク