「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 最終話
あ~、このドラマのレビューを書くのも最後だと思うと妙に寂しい。笑
ツッコミどころは多々あったけど、とりあえずそれぞれが色んな形でハッピーエンドだったのは良かったかな。
とはいえ、朝陽のお別れシーンには涙腺が緩みっ放しでしたけどね…
「僕を選んだらダメだ」
お母さんの手紙を読んで、自分が音のつっかえ棒になってはいけない…と思ってしまったことが切な過ぎましたわ。
一時、音への想いが強過ぎて暴走してしまったことは心配したけど、彼女の幸せを願う方向へ軌道修正出来たのは、かつての自分の言葉。
この付き合ってた2年間は一体何だったのかな~と、朝陽目線でドラマを観てた方はがっかりだったけどww
「いつの間にか始まってるものでしょ」
恋する気持ちとは、そういうもんだよね~と、納得させられた朝陽のセリフでもありました。
もう遠い昔だけど。笑←
朝陽が音の涙を指で拭おうとして、自分も涙を堪えながら、その手をハンカチに持ち替えたところは本当に秀逸の演技でしたわ。
あのシーンは何度観てもアカン…。
御曹司の「ご飯食べに行こう?」を聞くのは3度目ですが、同じセリフでも今回が一番切なくて優しい言葉でした。
最終的に朝陽は音との別れを選んでしまった訳ですが、父親にちゃんと意見を言える関係になれそうな様子も伺えたし、お兄ちゃんともまた仲直りできそうだったので、彼なりのハッピーエンドだった気がします。
お兄ちゃんの奥さんが旅館の娘さんだったのには、ビックリしましたけどね。笑

さて、散々御曹司への感想を語りましたが…笑
結局音と練は遠距離恋愛の道を選んだってことですよね。
あの桃缶を笑顔で食べ切った音は、練への想いをキッパリ断ち切って北海道へ帰る決心をしたのに、またわざわざ逢いに来てくれたんですもん。
しかもファミレスの奇跡!
いや、店員さん実は覚えてたんじゃ?と思ってしまう程のGJで微笑ましかった。笑
最初は練を突き放そうとしてたように見えてた音に少しずつ心が解れていって、トマトソースきっかけでさらに深まって、最終的に彼の気持ちを受け入れるところ…
実はこの二人のシーンを途中まで少し冷めた目で観てしまってましたが、音の「井吹さんが… 優しい人やったから 東京へは帰られへん。」という台詞で、一気に号泣してしまいまして…
この言葉に私も救われました。(←何様?)
別に東京に拘らなくても、練は北海道で引越し屋さんになったらイイやん!と思ったことは内緒です。笑

道があって 約束があって ちょっとの運があったら また逢えます。
この言葉を胸に、私もまた頑張りますよ。
3か月間、皆さん本当にお疲れ様でした!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「わたしを離さないで」 最終話
頼みの綱だった猶予は、結局存在せず…
荒れる友にただただ戸惑う恭子だったけど、彼の気持ちを思うと仕方のないこと。
3度目の提供は、もう殆ど死を迎えるようなものですもんね。
このままドラマは救いのない状態で終わってしまうのか…
と不安になったけど、龍子先生に会えたことで提供された側の方たちの心情も知れたし、「思い出は誰にも奪えない」という恵美子先生の言葉にも少し救われたかな。
『提供』に異議を唱える人達も増えていそうでしたしね。
生まれてきたからには、誰にも死は訪れるし、それを先に知っているか知らないか…だけのこと。
普通に生活しているとあまり意識しないけど、何だか色々と考えさせられるドラマだった。

最後、一人になってしまった虚しさから、自ら死を選ぼうとした恭子の足元にサッカーボール。
あれはきっと、友が止めてくれたんだな~と。
夢が叶ってた…と笑顔で言ってくれた言葉を、もう一度思い出して欲しい。
そんな余韻の残る最後でした。

しかし真冬の海に素足…
綾瀬さんの足が真っ赤になってて、そっちが心配でしたよ。
本当にお疲れ様でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族ノカタチ」 最終話
いきなりやって来て、風のように去って行ってしまった陽三…。
最初は迷惑ばかりかけるし、やりたい放題で???の嵐だったけど、自分の寿命が長くないと知ったからこその行動だった訳で。
ほんの短い間だったけど、陽三さんの周りにはいつもたくさんの人が集まってきて、関わった皆さんは大好きになる。
西田さん、ピッタリのキャラでした。
そんな陽三のお葬式は~
って、大介ったらまさかのプロポーズですか!
あの流れでそうくるとは思いませんでしたわww
でも大介と葉菜子の距離が少しずつ縮まっていく姿をずっと見守ってきたので、凄く嬉しかった。
これもきっと向こうへ行く前の陽三が無理やり仕向けたんじゃ?と思ってしまいましたよ。笑
「おめでとう」の言葉が飛び交うお葬式なんて、なかなか見られるものじゃありません。
ふふ…

で、結局二人は一つ屋根の下に住むのでは無く、それぞれのマンションはそのままに、行ったり来たり自由に暮らす訳ですね。
誰も寂しい思いをすることなく、かといって一人になりたい時は自由に・・・
観てて羨ましかった。笑
これぞ『家族ノカタチ』という終わり方で、ほのぼのしたことは言うまでもありません。(*‘∀‘)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 最終話
新薬の開発には膨大なお金がかかる上に、治験や、それが認証されるまでには長い年月も必要…。
だからといって、副作用を隠蔽したりするのは許されませんよね。
今回の薬だけでなく、他にもやってたとか…汗
意地悪顔だった(←しつこい:笑)火箱も、ちゃんと良心があって良かった。
ていうか、彼女は新薬の効果を信じて治験を進めていた訳だから罪は無いかww
ごめんね。
一番悪いのは、高島兄でした。笑
ザッキー先生の幼馴染だった患者さんは結果的に亡くなってしまったけど、火箱の新薬に対する熱意にも応えようとしてたことは頭が下がる思い。
治験を受ける患者さんのお蔭で新しい薬が認められて、それで救われる人もたくさんいる訳ですもんね…。
そして岸の演説でまさかの暴露をされて、高島兄はぎゃふん…。
火箱もお疲れ様でした。

さて、一旦病理を離れていた森井も戻ってきてめでたしめでたし♪
うん、お医者さんの他にも縁の下の力持ち的なお仕事も絶対大切。
見事な連係が重大な役目を果たすことも多々ありますもん。

桜の花も綺麗だった~。
エンディングの歌詞に重ねてくるところも憎い♪
何か久しぶりにスッキリしたドラマを観たような。笑
登場人物それぞれのキャラもピッタリハマってたので、スペシャルでも観てみたい気がします。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 第9話
ありがとう「榮太樓總本鋪の名代金鍔」!
今まで、こんなに「きんつば」が愛おしいと思ったことは無かったよ~。
御曹司は音との大切な思い出を忘れてた訳じゃなかったんですよね…( ノД`)うぅ
ちゃんと覚えてた。
それにジャーナリスト時代に知り合った弁護士さんに再会したことで、心を取り戻したというか。
今の自分の姿にももちろん葛藤があって、もう音が誰が好きでも構わないから…と、あらためて話してくれたこと。
このシーンだけで、既に涙腺決壊ですやん。
朝陽目線だから。笑 ←
予告で楽しみにしてたセリフが、たとえすっ飛ばされていても…(^_^;)
このドラマって、ミスリードを誘う予告で毎回すっかり騙されてますけど、今回のはヒドイww
なので最終回の予告を観て、あれこれ予想するのは止めておきます。笑

さて前回の終わり、練の告白で音の反応は…というところで、御曹司の乱入があった訳ですが~
とりあえず修羅場にならなくて良かった。
その場の緊張感は半端無かったですけどね。汗
「ただいま~」から始まって、音と自分しか知らない「下田さん」の話。
練の似顔絵を見つけて動揺した朝陽が、ハンガーを落としてしまったところ。
御曹司の言動を一つ一つを緊張しながら見守ってました。
その後、殆ど追いかけてきたような時間差で練のところへ来た朝陽から、まさかの和解金の話が出たけど、冷静によ~く考えてみたら、今付き合ってるのは朝陽で、そこに無理やり告白した訳だから、残念ながら練には共感できませんでしたわ。
5年前にも音の気持ちを知りながら、木穂子と付き合ってた過去もあるし…
タイミングといえばそれまでなんだろうけど、又聞きしてた小夏が逆切れする意味も分からないし…
まぁ、良いんですけどね。
私は朝陽がカバンを道に叩きつけたシーンが堪能出来て、その時のモヤモヤは帳消しにされましたので。笑

で、朝陽パパは音の経歴詐称については特に言及することも無く、逆に結婚を急かす発言もあってビックリ…。
やっぱりやり手社長は違いますわ~。笑
朝陽はいつ本当のことを話そうかタイミングを見計らっていたものの、もうすっかりバレてたことを知ってホッとしたのかも。
社長室から出た後に壁に崩れ落ちてたシーンをもう一度録画で観直すと、安堵している表情にも見えました。
そこから音とすれ違っていた本当の理由に気づけたというか。
その流れから、音への告白に繋がったのかと思うと自然かな。
父親に認められたい一心で自分を見失っていたけど、すっかり優しい御曹司に戻っていて安心しましたよ。
二人が過ごした5年間が描かれていないから想像するしかありませんが、音も付き合うことになった初心を思い出したのかな~と。

いよいよ最終回ですね。
今度は音の階段落ちから病院に運ばれて、それぞれの皆さんがどうなるのか…
音が練を選ぶのはたぶん間違いないでしょうけど、それがどんな形になるのか…
彼女が施設のゴミ捨て場で拾った便箋がお母さんの手紙と似てた流れから、自分もお母さんに宛てて手紙を書いていたようなので、その内容も気になるところです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族ノカタチ」 第9話
陽三の告白から、なかなか現実が受け入れられない大介。
いつもの日常のように装っていても、作り笑顔は痛々しかったな。
それを見抜いたいたのは葉菜子。
仕事中も大介の事が心配で、すっかり上の空でしたもん。
そんな姿を見て、和弥は彼女の気持ちが自分に向いていない事を悟ってしまった訳ですね。
今までのストーカーチックな展開は何処へやら。笑

一方、一日でも長く生きて欲しいと陽三に懇願する恵。
これからやっと家族で一緒に幸せに暮らせるようになるとばかり信じていたから、相当なショックだったようで…。
意外にもちゃんと愛情はあったんだ~と、つい思ってしまったww
でももうあらゆる治療は施した後だったみたいで、陽三は自分の寿命だと言うばかり。
何だかもう気持ちの整理がついていて、後は天命を待つのみ…という雰囲気が余計に辛い。

葉菜子は自分の時に大介が寄り添ってくれたように、優しい言葉をかけてくれてました。
今までは何かと反発し合ってきた二人だけど、やっと素直になれた感じでしたね。
ベタだけど、やっぱり納得の展開。
『鎧』を外した大介は、陽三を最期まで見届ける決心をしたようです。
最後まで外せなかった自分に反省しながら、ボロボロ泣いて視聴してしまいました…

家族写真も日曜劇場らしくて、良かったな~。
西田さん、反則です! ( ;∀;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「わたしを離さないで」 第9話
『猶予』に一縷の望みを託して、恵美子先生の居場所を探す恭子と友…。
介護人の仕事をしつつ、時間を割いて居場所を探すのは相当苦労したようで、友が薬も飲まずにいたことにイライラ~。
それもこれも二人の猶予の為なのに、これじゃ友が自分の体を大事にしてるようにも思えませんもんね。(^_^;)
美和から貰った住所は既に引き払っていて振り出しに戻った訳ですが、恭子が陽光時代に描いた絵が出版されている本の表紙に使われていたことから辿り着くことができました。

・・・がっ!
『猶予』なんてものは、残念ながら存在せず。
しかも恵美子先生からは、自身はクローンの第一号だという驚愕の告白まで…。
びっ、ビックリですよ。
思わずまた、TV前で声出ましたもんww
なぜ陽光では子供たちにあんなに一生懸命絵を描かせたのか、まだ詳細は謎ですが…
想像するに、使い捨てのように扱われる「提供者」にも心はある…ということを証明したかったのでしょうかね。
で、その結果、真美たちのような人格を育ててしまったことで陽光は閉鎖へ追い込まれたとか?
あとは龍子先生が遠回しに書いた手紙の内容が気になるところです。
あ、マダムの謎も謎のまま。
全然年を取って無さそうだったのは、他にも何か理由があるのかと勘繰ってしまってますけど。笑

このドラマがどんな結末を迎えるのか、せめて少しでも救いのある終わり方を希望しますわ…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第9話
そっか、火箱は新薬の治験に漕ぎつけたかったのか(今更)。
ちょっとながら観になっているせいか、新薬を使ってもらうことに躍起になってるとばかり。←
で、彼女が手段を択ばずな理由も、亡くなったお姉さんのことが絡んでいるようで、ちょっと見えてきましたよね。
意地悪顔だけじゃなかった。オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ
高島兄は副作用を完全に隠蔽しようと目論んでいるようですけど、どう頑張ってもすぐにバレるのは明らか。
確かにガン細胞自体には効果があるのかも知れないけど、健康なものまで攻撃してしまう…というのは、今の課題。
それが完全に解決されている夢の新薬への道のりはまだ長いのか、それとも?
実際、患者さんにとっては藁をも縋るような気持ちですもんね。
それが自分の身近な人となると、ザッキーも冷静にはいられない訳で…

しかし岸があっさり承諾したことにはビックリでしたわ。
火箱から渡された資料をちゃんと熟読してからとばかり思ってたけど、矛盾に後で気づくって…汗
あの最後の表情はそういうことですよね?
主治医さんの存在がすっかり無視されてることにも驚きですけどww

森井の抜けた穴も大きく、病理医室はてんてこ舞い。
今まで一人でもちゃんと回っていたのは、彼のお蔭だったんですよね。
新しい臨床検査技師のお兄ちゃんは何も悪くない!
このままだと存続も危うくなってきそうな展開で、あっちもこっちも気になるところ…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 第8話
今回は更に溝が深まる音と御曹司…というお話でした。
その流れから最後の練の告白へと繋がる訳ですな。
あの時の『桃缶』を見つけた日にゃ、やっぱりこのまま黙って気持ちを抑えてる訳にはいかない訳で・・・
で、このままふんわりイイ雰囲気に終わるのかと思いきや、最後に御曹司の乱入でぶつ切りて!
予告を観たら切ない御曹司満載で、「愛むき」からファンになった私的にはそれはそれで嬉しかったり。笑←
いや、きっと泣いてしまいますよ…。( ノД`)うぅ

しかし音ちゃんはブレてないな。
尊敬から朝陽と付き合ったこともたぶん自然の流れだっただろうし、自分の人生に迷いなし。
なのに、朝陽パパにあんな風に紹介されたりしたら、一番大事なところを否定された気持ちになりますやん。
すぐに嘘を見抜いた征二郎にはきちんと話せたから良かったものの…
意外にも音のことを認めたのには驚いたけど、このままで終わりそうにない含みもまだ残っているかな。
で、音があの場から無言で去ってしまったのは、後で朝陽と言い争いになるのが怖かったのかな~と。
朝陽の言葉を「説得」と感じたり、大切にしてきた施設の利用者さんとの思い出をすっかり忘れられていたり…と、心が離れる理由は徐々に積み重なってましたもんね。
朝陽がすっかり忘れていたのは驚いたけど、今は毎日気を張って仕事をしているせいで、たぶんそれどころじゃないのでしょう。
父親からの愛情を感じることが、こんな形になってしまっていることが哀しいですわ。

さて、あっという間に戻ってきた練。
引越し屋さんの達の手荒い歓迎ぶりもさることながら、練の誕生日を覚えてるとか、佐引さんまですっかりイイ人に…ww
5年という月日は、何もかも変えてしまう訳ですね。←
音がプロポーズをされていることを知り、その場ではおめでとうを伝えたものの、どうも幸せの絶頂には見えない事やら、後日朝陽が必死に捜し回ってたことを目の当たりにして、全てを悟ってしまった訳ですな。
最初は心配の気持ちからだったかも知れないけど、音に対して自分の気持ちを抑えることができなくなってしまったのも自然の流れ。
5年間、ずっとじいちゃんへの葛藤を抱えてきたものを、前回のレシートのくだりで音が別の視点に気づかせてくれたり、何度か会う度に彼女を好きになったのはこういうところだった…とあらためて実感したのかも。
そして音とうまくいってないことを練のせいにしたい気持ちは分かるけど、「言いがかり」という言葉を使ってたから、朝陽にもちゃんと自覚はある。
ひゃー!次回も益々目が離せませんな。
音が別れを告げるのは、あの関西弁から察するに朝陽の方でしょうかね…泣

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家族ノカタチ」 第8話
予告でわかっていたけど、やっぱり聞いてしまうと辛かったな…。
陽三さんはもう長くないらしい。
浩太の母親も無事に合格したし、これで晴れて独身生活を謳歌できると喜んでた大介が、これからどうするかってところですね。
大体の想像はできますけど、ちゃんと素直になって悔いの無いようにだけお願いします…。

そして大介に背中を押されて、葉菜子も母親に離婚の理由を話すことに。
さすがに律子は取り乱すようなことは無かったけど、黙って聞いてる様子が余計に辛かったかな。
それと悲しむ顔が見たくなくて、葉菜子が今まで何も話さないでいた気持ちにも…。
母娘だからこそというか。
実際にはなかなか難しいですけどね~。
理由が理由だけに、私もやっぱり話せないかも…と思いながら観てしまったけど。(^▽^;)

で、大介に思いっきり振られてしまった利奈ですが~
彼女ならきっと大丈夫でしょう。
仕事に対する成長も見られましたしね。
希子ちゃん、いつもこんなキャラが多いけど何か憎めない。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「わたしを離さないで」 第8話
今回の感想はあまりにも難し過ぎる…
あんなに自分勝手だった美和も、最後は成長といっては失礼だけど、自分がやってきた事に対してちゃんと向き合って謝罪することができたというか。
恭子は憧れの存在で、その反動であんな行動を…
人の気持ちは複雑ですね。
「提供」のために作られたクローンも、ちゃんと「気持ち」はある。
もしかすると陽光が閉鎖された理由は、そんな「気持ち」を育ててしまったことだったんでしょうかね。
今の施設の子供たちは必要最低限の生活をしてるだけ、そして何の感情さえも許されないように見えて…。
恭子にそっくりな女の子が居たということは、同じ細胞から何人もの「恭子」がつくられてきたのかな~と想像するけど。

恵美子先生の言った「天使」の意味。
美和が最後に運ばれるときに、思わず恭子が口にしたことで、やっと理解できた気がしました。
もっと深い意味も感じるけど、そうでも思わないと自分たちの境遇を思うとやりきれない。
最後の砦というか、救いだったのかも。

遺された美和の最後の作品には、恭子と友の握られた手。
彼女の遺志を汲んで、これから二人は「猶予」の為に動き出すようですが…
うーん…
原作通りになるのか、それとも?

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「フラジャイル」 第8話
もう8話ですか~。
早いな…。
今回は病理の診断ミスかと思わせておいて、結局は検体ラベルの貼り間違いという初歩的なミス。
人間がすることだから少々の失敗は仕方がない…なんて言われても、患者さんにとってはたまったもんじゃありません。
絶対許せないとは言わないけど、出来れば無いに越したことはありませんよね。
病理の存在を否定する副院長がいて、謝罪会見の場でさえ薄気味悪い笑みを浮かべてたから、てっきりわざとやらせてたのかと思ってしまったのは不覚でした。笑
中丸さん、いつも悪キャラでご苦労様です。(^_^;)
それとアミノ製薬の火箱役の松井玲奈ちゃんが、どう見ても意地悪顔で苦手。笑
森井のミスを疑われるようなタイミングで登場したり、色々とそそのかしたり…?
病理のチームワークを乱すように持って行ったみたいな結果になって、益々苦手になりましたわ。
結局は自社の開発した新薬を売り出したいだけですやん。
北大路さんは騙されないで!笑

焼きそばパンにそろそろ飽きてきたな~と思っていたら、今回はフェイントでオムソバ。(*≧▽≦)ノシ))
岸は焼きそばが好きなのね。
なるほど~ww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 第7話
かつて好きだった人に会って、揺れる女心…ってやつなんだろうけど、ドラマは御曹司目線で観てるもんだから、やっぱりどう考えてもアカンよね。笑
プロポーズもすぐに返事出来ずだし、指輪も咄嗟に弾くって…(;´∀`)
(かなりお高そうなダイヤの指輪だったな~ww)
朝陽も練に会いに行くことは言葉では許してる風だったけど、帰り際の玄関の鏡越しのあの表情にドキッとするぐらい嫉妬を感じた訳ですよ。
確かに知らぬが仏の言葉通り、知らなければ良かったことで、かといって裏でこそこそ会われるのも~って感じで、内心複雑ですわね。
仕事の方も、やっと自分の方に向いてくれた父親の期待に応えようと、たとえそれがどんなことでも必死に頑張らなければ…ってことで今が踏ん張りどころですし。
お兄ちゃんとの関係も悪化する一方…。
音の存在で何とか心の安定を保ちたいところだけど、このままだとどんどん追い詰められていきそうな…。
花瓶の件もそうだったけど、これから二人が益々すれ違っていくだろう展開が予想できますな。
仕事に誇りを持って頑張ってる人に「あんな仕事…」と言ってしまったり、別に彼女の生き方を否定しているつもりはないとはいえ、そこはお互いに生きてきた環境からの価値観みたいなものが違うから仕方がないのかも。
2年間も付き合ってきた割には、5年前とあまり変わって無さそうな…。
どう見てもまだ御曹司の片想いにしか見えないww
来週は父親に会わせるみたいだけど、もう予告には騙されませんで。笑
コヒさんがニコニコしながら、音に手切れ金を渡しそうにしか思えません。
結局練ともすったもんだありつつ、最終的には朝陽が自分から身を引くのでしょうかね…泣

さて、すっかり変わってしまっていた練ですが~
あっという間に戻りました。(◎_◎;)
元々性根はそのままだからなのか、ブラックな仕事には何の未練もなく…
ただ小夏の面倒を見るために仕事を選ばずだったような。
で、小夏はPTSDで引きこもり状態だと思ってたけど、専門学校を渡り歩くぐらいの元気はありますやんww
ということは、今の状態も練を繋ぎ止めるための演技なのかと勘繰ってしまいますわ。
こちらの方は塩…じゃなかった、晴太に任せられそうなので大丈夫そう。笑

練は髪形も元に戻り←、敷居が高かった静恵さんの家へも帰ってきた事だし…
心残りはやんちゃだったサスケ役のワンちゃんが交代してしまったことでしょうかね~。
前に御曹司に抱っこされて嫌がってる様子に思わずクスクスしながら、素のにっしまさんを見せてくれてありがとう~とほのぼのしてた頃が懐かしいです。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク