「営業部長 吉良奈津子」 第6話
ホントに次から次へとトラブルが発生するわな~と思ってたけど、今回は最初から仕組まれていた訳で…(^_^;)
クライアントもCMの出演交渉しろ!って、かなりしつこく迫ってた割には、彼女の不倫が発覚したら手のひらを返したように営業のせいにしてましたしね。
イメージキャラクターは彼女しかいない!なんて言っておきながら、あの態度はないわ~。
しかしそんな逆境にも負けず、真実を引き出した奈津子は流石でした。
全て隠すことなく真摯に話したことで、世間も味方にできましたしね。
まぁドラマなので、実際のところはどうなってたかどうかは怪しいけど。笑

さて、仕事が順調になると今度は家庭の方が…
浩太郎は深雪と、とうとうそんなことに?
先週は良い旦那さんやん~って、ちょっと株が上がってたのに残念…。(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第7話
今回は白洲美加がメインだったせいか、あまり…(以下自粛)
でも家に執着するあまり、変に意固地になったり、身動きが取れなかったり…というのは共感できるかな。
何の感情移入もせずに、家を売ることだけに集中する万智の気持ちも分かりましたしね。
上手く解放すれば、また新たな道が開くってもんですよ。
白洲の両親は離婚して、逆に仲良くなってたみたいですしね。
火曜日には犯人役だったモロさんが、水曜日には軽~いキャラの良いお父さんになってて一瞬戸惑いましたけど。笑

そして庭野のお見合いも唐突だったけど、ホントあのお嬢さんが何を仰ってるのか全く聞こえず。笑
でも終始ニコニコしながら、ちゃんと相手を見極めてるっていう。
庭野が相手から断られた理由、本人も納得でしたもんね。
いや、緊張したらあれは仕方がないですよ。
最初から何もかもスマートに出来る人の方が信じられない。笑

で、そんな万智を慕う庭野でしたが、予告では彼女が課長に告白??
またあんな無表情に~!(ノ∇≦*)キャハッ♪
どんな展開になるのか、めちゃくちゃ楽しみ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第7話
東海林の情報屋を殺したのはまだ謎のまま…。
何か怪しいと思ってたモロさんが、今回の犯人でした。
過去に子供が自殺者に巻き込まれ、その後に奥さんが自殺されたとかなんとか…。
それが変な方向へ向いたらしく、自殺ほう助をするだけでなく、思い留まった人間にまでトドメを刺すとは…(-_-;)
「AID」と接触したことで住所は知られてる訳だから、考えてみると怖いですね。
ところで、お笑い界のま○ずんこと、斉藤さんが演じる三木は無事に助かりましたん?←

今回も中島のプロファイリングが大活躍。
でも事件の捜査どうのこうのというよりは、比奈子の方に重点を置いてる感じ。
ナイフの件もどうやら彼女の意志ではなく、誰かから渡された後付けのようだし…。
となると、また違ってきますよね。
それと彼女の事で東海林に電話をかけてきた人物も誰なのか?って話ですよ。
二人がせっかくフレンドリーな良い雰囲気になりかけてたのに、また逆戻り。

予告では捕まったはずの都夜が再び登場していたような?
まさかのまさかでございます。(@_@)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第6話
あっという間に1ヶ月が経ち・・・
その間、4人で仲良く暮らしましたとさ…みたいな?笑
いや新一が何かプログラムを作ってたっぽいから、たぶんその辺のリアルさのためなのかな。
その成果は来週…
五木は新一が作ったプログラムのプロテクトが外せなかったようですけどね。
彼、プライド高そうだし、焦って何をしでかすか色々と心配ですわ~(^▽^;)

一方、なぜかヘルパーさんが行方不明らしく、早苗が万紀子の身の回りの世話をしてるらしい。
でも新一が失踪したこともあって、ちょいちょい万紀子の行動を探ってたりして、彼女にとっては実は一石二鳥なのかも。
で、早苗が見つけたボイスチェンジャーは?
まさか万紀子が?とも思ったけど、日下と繋がってたようなのでその辺はまだグレーですな。
相変わらず、ずっと万紀子が怪しく描かれてるけど、指令を出してるのが誰なのか気になるところ。

そして新一を捜し回っていた小山内が拉致されて、車が馬場と共に海の中へ~
ってことでしたが、次回の予告では生きてるみたいで良かった。笑
今回は消えた斉藤の遺体のことについては何も触れられてなかったけど、まさかあの予告でチラッと映ってた「見てはいけないもの」じゃないですよね?
夏場の1か月以上…想像しただけで萎えますで。(;'∀')

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第5話
思ったより浩太郎は良い旦那さんですやん。笑
シッターの深雪とは陰でこそこそ会って、このまま流されてしまう展開になるのかと思いきや、ちゃんと一線を引いて、さすがに理由は告げて無かったけど、遠ざけようと努力してましたしね。
でも自分の母親、奈津子からだとお姑さんに任せる提案は、ちょっと…(^_^;)
理解してくれているならまだしも、母親が働くことには大反対みたいだし、明らかに仕事中の時間と分かってて電話までかけてくるし。
これじゃぁ、無理があるってもんですよ。
で、浩太郎の提案を受け入れたにもかかわらず、結局また深雪に頼んでしまう…。
何だかこちらの展開は振り出しに戻ってしまいましたで。(;´∀`)

仕事の方は、せっかく大きな仕事が取れたというのに…
やっとのことで口説き落としたキャスターがまさかの不倫か~(^_^;)
しかもその情報をリークしたのが一条?
ていうか、この仕事を引き受けた時から分かってたってことですよね?
表向きは奈津子と女性キャスターがかつての知り合いだったから…ということにしておいて、常務の斉藤と組んで最初から陥れるつもりで…。
まだこの話は次回へ続くようなので、こっちだけでも何か良い方向へ流れて欲しいものですわ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第6話
事故物件…怖過ぎる。
壁も床も替えてるみたいだったけど、ドアノブは?(;´∀`)
でも事件現場を無表情に一々説明する万智を見てたら、ちょっと面白くなってきました。笑
あの家が1000万円なら、確かに心はちょっと揺れますな。←

さて、以前仕事で関わったご家族のゴタゴタに巻き込まれた足立。
幸せそうなお姿を見ているだけに、愛人の家を探すとか、さすがに気が引けますよね。
しかも全然悪びれた様子もなく、堂々と依頼してきた旦那さんと自信満々の愛人…。
そんなタイミングで保険会社からの引き抜きのお話。
うん、千葉君のルックスならバンバン契約が取れそうな。笑

しかし仕事に私情を挟むことなく、シンプルに家を売る、あくまで『不動産屋』として全うすること…
万智の言葉を聞いてたら、今回は妙に納得してしまいましたわ。
事情を知った奥さんが乗り込んできたけど、ビシッと言う万智のカッコ良いことったら~♪
奥さんの立場からいったら同情するけど、仕事は仕事…。
そう考えたら、ウジウジ悩んでる暇なんてありません。
結局、奥さんにバレたことで愛人とは別れ、手切れ金としてマンションを買うことになったらしい。
最初は意地を張っていたいた愛人も、足立の言葉で気が晴れたようで~
うんうん、この際もらえるものはもらっておいて、また次の恋が始まったら売ればイイやん。笑
何か、スッキリしましたわ。

白州は相変わらずだけど(笑)、庭野も少しずつ成長してきたようだし、このドラマじわじわと面白くなってきました。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第6話
また詰め込まれるのか…(;´∀`)
アメが終わったとおもったら、今回は100円玉。
しかも口の中だけでなく胃にまで達してて、重みで裂けてた…とか想像しただけでww
で、厚田と比奈子が唐突に知り合った感じにしか見えなかった(笑)、シェアハウスのご年配の方々が犯人だった訳ですが。
動機は自分たちを騙した人間を次々と…
しかし100円玉を流しこむ道具が作られたからとはいえ、仕返しが何とも残酷でしたな。

結局、前回身柄を確保された中島先生は事件が立証されなかったことで、国の施設でに監視されることになったらしい。
でも使命を受けてプロファイリングは続けるそうで、これからも比奈子とは連絡を取り合うことができそうですね。
これには厚田が比奈子を心配して、切望したそうで~
あんな風に飄々としたキャラに見えて、実は…みたいな。
渡部さんにピッタリやな。笑
今回の「リッチマン殺人事件」は猟奇的殺人に見せかけた事件…という中島先生のプロファイルがお見事でした。

で、実は情報屋に脅されていたらしい東海林。
どうも情報屋というより、別の人間が裏で手を回しているようにも見えたけど…
もしかするとモロさん?(←安易)
最後は何者かの手によって情報屋は絶命させられてましたが、まるで東海林がやったようなアングル。
誰にでも殺人犯になる要素はあるとはいえ、たぶん東海林ではないでしょう。
ナイフ繋がりで、比奈子が何故そんなものを持つようになったか?ということでしたが、いつか父親を殺めるため…とは、何とも辛過ぎますわ。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第5話
はるかが亡くなり、斉藤も…
という流れから、新一の周りからどんどん人が居なくなっていく展開になるのかと思いきや、最後にはパーソナルナンバーを持たない3人の仲間が出来てビックリ。
日下は自分のパーソナルナンバーをお金の為に売ったらしいけど、他の二人が気になるところ。
でも日下は新一の味方に思わせてるだけで、実は…なんでしょうね。
部屋の窓に催眠ガスが投げ入れられたのも自作自演のように見えたし、藤堂を変な部屋に連れて行って暗号みたいなものを次々解かせていったのも、最後何者かに傷めつけられてたのも声だけってのが怪しい。
そう思うと、どうも被害者を装ってるようにしか見えなかった。笑
たまたまバーの常連客だった新一をターゲットにしたのか、それとも誰かに依頼されてるのかはまだ謎だけど、この先日下の動きは要チェックのような気がしますわ。
その前に部屋に色々と細工を施して、準備をしてた姿を想像したらちょっと笑えたけど、それはドラマなので。笑
小山内の「ショータイム!」は謎のまま…。

しかし斉藤の遺体が消えたのは謎ですな。
後ろ姿だけしか映ってなかったけど、あの男が持ちだしたのか?それとも…?
何かに利用するためなのか、利用といっても遺体じゃな~(^_^;)

それと一つだけ救いなのは、新一が斉藤を殺したのはではないと公安の鬼塚が分析してくれてること。
警視庁の方は『真犯人』として捜し出すことに躍起になってる様子だったけど、彼の機転で指名手配にはならなかったですしね。
ナイフの出所とか、もっと冷静に調べれば…って感じだけど、警視庁はとにかく捕まえることが先決なのでしょう。

あと、ヘルパーの弥生が偽新一の父親と偶然知り合ったのは、万紀子がわざと?
この辺から偽新一のボロが出てきて…みたいな展開になるとしたら、万紀子は敵ではないのかも知れませんが、まだまだ油断はできません。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第4話
奈津子は脇が甘いな~(;´∀`)アハハ
単純といえば単純なんだろうけど、あまり共感できないキャラというのが一番の難点なのかも。
慣れない営業に四苦八苦しながらも頑張ってるのは分かるけど、どうも家庭が適当なのが気になる。笑
だからベビーシッターにつけ込まれますねん。
また深雪も頭が良いというか、何というか…
男性のツボを上手く押さえるというか、ホントにまんまとハマってしまう浩太郎。
まだちょっと予防線を張ってるような言動はあるけど、もう時間の問題のようなww

さて、ドラマの方は何処かで聞いたような親子のお家騒動…。
全然頭に入って来ないのは何故だ?笑

もうすっかり、ながら観になってしまってるので、レビューはこの辺で~

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第5話
今回は一つの部屋を二人に売ることになってしまったお話…・
しかも二人は知り合い同士って、世間は狭いな。
ドラマだけど。笑
ともさかさん演じる高慢なフリージャーナリストと、校閲がお仕事の地味なOLさんは何処かで見たことのある女優さん…
と思って調べてみたら、山田真歩さんて「花子とアン」に出てたのか!
あ、宇田川先生やん。
うんうん!思い出した!笑

お互い譲らずって感じだったけど、どう考えても庭野君が後出し的にしか思えなかったから、何だかな~でしたけど。(;´∀`)
無理やり同じマンションの別の売り物件を探し出して、上手く取り入って売ろうとしてましたしね。
一時は二人とも買わないと言い出して、あらら~な展開だったのを、万智の頑張りで…
ま、結果的には功を奏して両方売れたってことでめでたしめでたし。
「アリとキリギリス」の話が良かったのか?←笑

そして少しずつ明らかになる万智の過去。
結構、過酷な子供時代を過ごしてきたようで…
でも彼女を見ていると、ご親戚もそんな優しそうな方々は居ないのも想像できますけども。(^_^;)
5000万円、よく返済できましたな。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第5話
今回、謎の連続自殺の全容が明らかになった訳ですが~。
あの脳の腫瘍が、まさかそんな簡単な腕時計の装置で?
ていう衝撃の方が大きかったかな。笑
まぁ、フィクションだから何とでもなりますわな~。(^_^;)
結局それには早坂と中島が関わっていて…
でも中島の方は、5年前の殺人事件の第一発見者だったことがきっかけだったようだし、ちょっと巻き込まれた感はありますな。
飴ちゃんがあんな使い方されて、何だかな~って感じだったけど、猟奇殺人のインパクトは大でしたww

そして『神の裁き』を世間にアピールするために早坂が再び殺人を引き起こさせるという暴挙に出たことを知り、中島は彼を止めるため、自分もこれを機に全てをを終わらせる…と考えたようですが。
中島が比奈子に対して「その手はまだ汚れていない」と言ってた言葉は、こんなところに繋がってた訳か…。
看守の男も中島に賛同していたみたいだけど、

東海林がギリギリ間に合って、中島の自殺は阻止できた。
てことは、まだ比奈子とは違う意味で関わり続けるってことなのかな。
最後の七味コーヒーのシーンで、東海林も比奈子に対する考えも少し変わったような気もするし…
一応、今回で一区切り終わり?
最終回まで引っ張ると思ってたけど、新たな展開もまだまだ期待できそう。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第4話
結局、行き場を失くした新一は日下に頼ることに…。
伊野尾君、ただのバーテンダーのお兄ちゃん役だと思ってたら、意外と重要なキャラでビックリ。笑←
あまり知らなかったけど、朝の番組にも出てるし、きっと今事務所でイチオシ君なんでしょうね~。
最後にパーソナルナンバーを持ってないとか言ってたけど、彼も色々と事情を抱えてそうですやん。
一瞬、BLかと疑ってゴメンね…(;´∀`)

さて、偽新一が釈放されマスコミにも登場。
もうこれが何か下手なショーっぽくて、世間の皆さんの同情をかってるのかは謎ww
西条と手を組んでやりたい放題ですよ。
どうやら大金が動いているらしく、西条の計らいで偽新一と話せる機会を持った新一ですが、彼に紹介された場所へ行ってみると待っていたのはバーの客。
どうやら「GAKINOTUKAI」の正体だったようですが、彼も本当のところは聞かされて無さそう?
そして次に連れられて行った場所には、なぜか五木がいました。
次々繋がってはいるけど、どうもブツ切れ感がするんですよね~。

小山田が新一を陥れようとしていることは明らかなんだけど、結局は万紀子とはグルじゃなかったってこと?
どれもこれもまだ伏線ばかりで、イライラする~。笑
新一を待ち伏せしていた斉藤とはナイフですったもんだするうちに誤って刺してしまって、あっという間に亡くなってしまいましたやん。
途中から現場に居合わせた早苗にも、もうさすがに味方にはなってもらえないのかな。
事故だったようだと一応公安へは説明してくれてたけど、心の底からは信じて無かったみたいですしね。
もうお腹の子の父親が誰かまで、怪しくなってきましたで。

どんどん追い詰められて救いようのないまま、来週は更なる試練が…
日曜の夜ドラマにしては、内容が結構重いな~(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第3話
ドラマのタイトルに「営業部長」がついてるだけあって、どちらかといえばそっちがメインなんでしょうかね。
家庭も両立させて、頑張ってるようには全く見えないww
3年ぶりに仕事復帰して、それがまた今までの経験してきた仕事とは畑違いの…というのは理解できるけど、あの怪しいベビーシッターさんにつけ込まれても仕方がないよ~と思いながら観てしまってますわ。(;´∀`)
もう浩太郎は益々深雪の策略にハマリ、一線を超えそうな勢い。
泰造さん、役得ですな~って言ってる場合じゃない。笑

さて、営業話の方は至ってシンプル。
「枕営業」がどうのこうの、間一髪のところで高木が助けに来てくれた訳ですな。
30億に目が眩まくて良かった。
いや、あの場に高木が間に合ってなかったら、どうなってたか?ぐらいの勢いの話ですよね。
危ない危ない…(^_^;)
そんなことで業績を上げてクリエイティブに復帰したところで、ずっと後悔が付き纏うにきまってますやん。
今回の事でまた一つ開発営業部解散への道を辿る一因になってしまった訳ですが、部内の結束力は強くなったようで~
仕事でのテンションがちょっと上向きになると、今度は家庭が…というパターンかな。
いやどっちも総崩れの予感もあるけど、あまり奈津子が可哀想には思えないかもww

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第4話
私の周りでは意外と評判の良いドラマ。
北川景子さんのキャラがウケてるみたいで、キャスティングは大事だな~と思ってるところです。笑

さて、今回はただの公園をうろついているホームレス風のおっちゃんだと思っていた渡辺哲さんが、実は大企業の社長さんだった…というオチ。
しかも一番人気の家電商品=炊飯器には実は全然納得してなくて、昔ながらの『かまど』が備え付けられていた、カリスマ料理研究家のお家を気に入って、どどーん!と3億円で買ってくれたらしい。
うーん・・・(゜-゜)
何だか相変わらず内容が無い。笑

万智が住んでる事故物件の豪邸エピとか、まだまだ謎だらけの彼女のその辺の話は後程…って感じなんでしょうかね。
北川さんの「GOーーー!」が毎回のお約束ですが、そろそろ別のセリフも聞きたいところ。
いや、お約束だからやっぱり無理なのか。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第4話
3話からの続き・・・
しかしあっという間に事件が解決して、そんなにドキドキしませんでした。(;´∀`)
もうちょっと都夜と対峙してどうのこうの引っ張るのかと思いきや、もう東海林たちが駆けつけてるしww
まぁ、ちょっと迫力には欠けたものの、思ったより佐々木希さんの凄んだ演技は良かったな~と思った程度。←
で、比奈子が手にしていたナイフは、余計なことに及ばないように中島が預かってた訳ですな。
・・・と、この辺までは彼女の良き理解者として、これからも関わってくれるものだと思っていたのですが~
どうやら一連の犯罪者たちの自殺騒動は、「ハヤサカメンタルクリニック」の早坂と中島がって?
飴を口いっぱいに詰め込まれた映像がフラッシュバックして、気味が悪かった…。

え~?!
何それ~って感じで、何だかどこまでも救いようのないドラマのような気がしてきた・・・
でもどうやって脳に『腫瘍』のようなものを埋め込んだのか?
そっちはちょっと気になるかも・・・

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第3話
え、えぇっーー?!
まさか、はるかが亡くなってしまうとは…
しかも想いが届かないまま、一連のトラブルを新一に疑われたからって、自殺?
こりゃ、ちょっと誤算でしたわ。
サブタイトルの「おまえが犯人だったのか?」は、どうせ違うんでしょうーに…とは思ってたけど。
何だか、モヤモヤが残った終わり方でしたわ~。(;´∀`)
斉藤のワナワナ顔は全然迫力なかったけど(笑)、また新たな「敵」を作ってしまう新一。

さて、公安に拘束されてしまった新一でしたが、何とか他人の力を借りて脱走。
向かった先は西条弁護士だったけど、彼も何もかも知ってるって訳でもなかったようですな。
新一を見張ってるような女性の存在と、それがはるかだと思い込ませるまでが彼の仕事?
何となく小山内が首謀者のような気もするけど、彼に賛同する人たちがウヨウヨいるってことですよね。
いや、首謀者というのはまた意味合いが違ってくるかな。
万紀子も実の母親ではなかったということで、何かありそうだし…。
とにかく新一は「自分本位」で、周りの人間がどうのこうのとは全く気づかない男。
またこれが全然自覚がないから、余計にややこしい…

早苗も五木から今の新一の状況を聞かされたようだし、これからどんな行動に出るのか気になるところ…。
何より、偽新一が釈放されたことで、また新たな試練が待ち受けていそう。
といっても、みんなが偽新一の方を「新一」だと認識していることの方が問題ですよね。
いくらシステムで証明されてるからといって、今までのことが全て白紙に戻るぐらい気薄な人間関係だったのか?
そっちの方が問題ですわ。(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク