「営業部長 吉良奈津子」 最終話
良くも悪くも、予定調和な最終回…。
丸く収まりましたな。
・・・しか、感想がない。笑
会社の危機を営業開発部が救い、常務も悪キャラだと思わせておいて実は~な感じもそんなに驚かず。
浩太郎の謝罪も、どうせそんなことでしょうよ…でしたしね。
最後まで勿体ないドラマだったな。

今頃になって、ちょっと小耳に挟んだのですが~
当初はもっと過激な内容になる予定だったようなんですよね。(^_^;)
奈津子と高木が…みたいな。
なのに何処かの方面からNGが出たのかは定かではありませんが、こんな普通のドラマに。
途中、高木は奈津子の事を?みたいなくだりはあったけど、結局無難な感じになってしまって…
松田龍平さんのキャスティングも、ホントに勿体ない。

最後まで惰性で観てしまったのが、悔やまれる~。笑 ←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第9話
今回が最終回だと思い込んでた…。
その割には時間が中途半端だな~で、途中でやっと気づいたという。笑

結局、深雪と浩太郎は何もなかった…ということでお咎め無し。
あっという間にお姑さんとも和解してるし、営業部長としての奈津子のエピに集中するためだとはいえ、
あまりにも描き方が適当過ぎて、何だかな~って感じですね。
なのに、わざわざ深雪の謝罪シーンとは要ります?
最後の含み笑いのような深雪の不敵な笑みは、そう見えただけなのか、それとも?
…って一瞬考えてしまったけど、今更この部分を広げる意味も無さそうなので、伊藤さんの癖ということにしておこう。笑

さて、公私共に心労が祟って、とうとう過労で倒れてしまった奈津子。
自分のことを後回しにしてまで高木が戻って来てくれたのに、このまま営業開発部が廃部になる展開じゃスッキリしない。笑
大逆転がどんな風に描かれるのか気になるところ。
一条が改心するぐらいじゃ、全然驚きませんから!←
予告を観る限りでは会社の存続危機みたいなもっと大きな話になってそうだったけど、大手の広告代理店がそんなことってあるのかしら?と思ってしまったことは内緒です。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 最終話
最終回もキッチリ家を売る万智…でしたね。笑
それがたとえ会社の方針に背いたとしても。
うん、シンプルでしたわ~。
そして予告でチラッと見えてた庭野のバックハグは、妄想かーい!オイオイ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノ
で、結局最後はその庭野ではなく、一緒にサンチー不動産を作ったのは屋代?
ここだけは意外な展開でした。

残されたメンバーは足立が仕切り、いつの間にか白洲と宅間がそんなことになってるし、視聴者が置いてけぼりになることはなく、色んな意味でスッキリできた最終回でした。
某ドラマとはエライ違い。笑 ←

北川景子さん、凄くキャラにハマってたし、1話完結のドラマだったので楽しめました。
まぁ、無理矢理感が満載な回もありましたけども。笑
意外と視聴率も良かったみたいだし、続編はあるのかな~?

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 最終話
何だ、このスッキリしないモヤモヤ感は…笑
散々大風呂敷を広げておいて、そのまま広げっ放しとかあり?
まず一番の謎は、斉藤の遺体を持ち去ったことですよ。
伏線張り過ぎてそのまま忘れたんじゃ?って思ってしまいましたわ。
えっ?もしかして私が見逃してるだけ??(;´∀`)
ヘルパーさんの死も、イマイチ理由が分からなかったな…
あんなことぐらいで?感は否めません。

で、前回で真犯人は日下だと分かったものの、殆どが説明感満載の長台詞で残念でした。(^_^;)
周りが協力してくれた理由も端折られてたし、何もかもが中途半端過ぎて…
小山内も結局は自分の私利私欲の為に新一を陥れようとしていただけで、最後は良い人風味になってましたもんね。
挙句の果てに日下、万紀子親子が互いに殺し合ってしまうオチ…
一体、このドラマで何人の方々が亡くなったのやら?

新一に残ったのは早苗と生まれてきた子供…。
本当だったら唯一救われたような感じだけど、それまでの展開があまりにも薄っぺら過ぎて何の感動もなく。
あ、事情を知ってしまった早苗が田嶋に殺されかけたけど、お金目当てにやって来た五木が結果的に助けてくれたような格好に。
その勢いで、新一の横領疑惑は晴れたってことか…。
めでたしめでたし~笑

あんなところにお墓がポツーン。
・・・は、絶対皆さんTV前でツッコミ入れましたよね?笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第8話
結局、深雪とそういう仲にはなってなかったってこと?
紛らわしいわっ!笑
何か散々煽った割には中途半端だし、奈津子はあっという間にお姑さんと和解してるし…
『部長』のエピへ話を集中させるための展開だと分かってても、どうもイライラするな。(;´∀`)

さて、開発営業部存続の為に頭を下げてコンペに参加させてもらうことになった奈津子。
でもどうやらデキレースっぽいですな。
今のところはどんなに頑張っても勝ち目は無さそうだけど、カギを握るのは高木が考えたキャッチコピー?
いや、あれぐらいじゃどうにもならないか~(^_^;)
あとは部下たちの団結力がどんな風に副作用をもたらすか…って感じですかね。
あまり興味ないけど。笑 ←

せっかく久々の松嶋さんなのに、脚本が残念過ぎて何か勿体ないな~。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第9話
今回はよくある嫁姑問題と、外国人の賃貸事情のお話。
しかもまさかの三つ巴。笑
あのお姑さんもお嫁さんも、世間のイメージするキャラそのままで安定はありましたけどね~。
最初に怪しい記者が登場して、万智の周辺を嗅ぎ回っていたのはちょっとハラハラしたけど、結局は二世帯住宅を売りたい人だった…ってことで、普通に終わって拍子抜け。
解き放たれた白洲が相変わらずだったのは、結果予定通りでした。笑

さて、三つ巴はまさかの方向へ~。
あんなことで意見が一致するとか、あっさり丸く収まってしまいましたな。
プラス、お姑さんとお嫁さんは似た者同志だった?(;´∀`)
そんなこんなで万智に言い包められて、あっという間に決まってしまいましたやん。
ドラマとはいえ、簡単に売れ過ぎ。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 最終話
後出しジャンケン的に永久を登場させた割には、そんなに納得のいく最終回では無かったかな~(^▽^;)
ナイフを渡したのが永久だったというのも、どうも説得力に欠けるし。
結局は、育った環境のせい…みたいな理由であっさり片づけられてしまった感じ。
比奈子は母親のお蔭で、思い留まったようですしね。
いや、それはそれで意味はあったのかな。

しかし残虐な殺人事件の数々で、毎週どよ~んな気持ちにさせて頂きましたわ。
最後なんか、永久のコレクション的な物まで…
実際の映像ではさすがに見せられないってことで、フィルムケースのような入れ物の中にご丁寧にラベルまで付けて保管されてたけど、ちゃんと腐敗しないように処理してた?とか、ちょっと自分的に気持ち悪いことまで想像してしまって焦った~笑
都夜はあっという間に殺され、東海林も同じような目に遭うのかと思いきや、無事に厚田たちが間にあって良かった。
倉橋さん、ナイスタックル!(*‘∀‘)
いやいや、その前に三木の華麗なる暗号解読があってからこそ!
お笑い界のまつずんこと、斉藤さんがこんなところで大活躍して下さるとは~。笑

中島先生が絡んでた事件辺りまでは面白かったけど、その後の事件からはちょっと勢いがダウンしたかな。
原作を読んでないから何とも言えないので、ドラマと比較してみたい気もしたかも。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第8話
うわっ!
真犯人は日下だったんですか…
という程の驚きもないんですけど。(^▽^;)アハハ
でも伊能君の「してやったり顔」はドキッとしたかも。笑
結局、新一とは兄弟だったってこと?
いや正式には血は繋がってないけど、母親が自分を捨てて?再婚したことに恨みを持って…ということになるんでしょうかね。
その割には結構大掛かりだこと…(;´∀`)
とりあえず協力者の影がチラつくので、何故賛同してくれたのかは気になるところ。
万紀子も何かしら絡んでいそうですしね。

そして相変わらず尻切れトンボ状態のシーンぶつ切り…
新一に罪を擦り付けた田嶋の横領を知った早苗がどうなったのか?
相変わらず馬場の所在も分からず~

最初はかなり怪しい動きをしていた小山内は、結局違っていたようで~
ちょっと無神経なというか、世間知らずというか、新一の性格も小山内が一番良く分かっている…というくだりもありましたしね。
ずっと備忘録として残してくれていたボイスレコーダーを託してくれて、これは証拠になりそう。
海に落ちても大丈夫だったということは防水?笑 ←

さていよいよ最終回。
伏線ばらまきまくってますけど、最後はスッキリ全部回収してくれるのかな~(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「営業部長 吉良奈津子」 第7話
シッター深雪と浩太郎の展開は予想通り…
「好きになってしまったです」とか奈津子に宣戦布告してたけど、それもまだ本心なのか疑ってますで!
伊藤さんですし。笑
しかし先が読めるのも嫌いじゃないけど、もうちょっと一捻りが欲しいところ。
欲張りさんですな。笑

さて、廃部が決まったらしい営業開発部。
こんな短期間で、「成果を上げろ!」言われても無理というもんですけど、最初から決まってたのなら仕方がない。
寄せ集められたメンバーは一条からがあらためて言われるまでもなく、ご本人たちも自覚があったでしょうに…
でもそんなことには負けずに心機一転、最後まで前向きに頑張ろうとする姿にちょっと救われたかな。
部長、ここは踏ん張りどころですな!
・・・と言いたいところだけど、家庭が只今混乱中で大変そうですね~。
まぁ、どっちも上手くいったらドラマにならないのだけれどもww

廃部に関して何か突破口があるとするならば、丸尾でしょうかね。
一条も彼にはちょっと隙を見せてるような気がするので、そこは上手く利用して欲しいところ。
黒い噂とやらも暴いたところで、結局は自分たちの会社だから自分で自分の首を絞めることになりかねないけど…(;'∀')

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「家売るオンナ」 第8話
屋代の元嫁が現れて、どんな風に引っ掻き回してくれるのかと思いきや…
案外、普通だった。笑
でも相変わらず万智の言葉はいつも的確でスッキリしますわ。
ヨリは戻したくない、家は売りたい…
うん、シンプル。
ぐちゃぐちゃと悩んでしまいがちだけど、こんな風にシンプルにいきたいところ。
実際にはなかなか難しいですけども。笑 ←
女4人でわちゃわちゃ暮らせたら楽しそうだな~と思いつつ、こじれたらこじれたで大変そうですけどね。
ドラマだけど。笑

庭野と足立コンビは段々と面白くなってきました♪
予告で観た屋代への万智の告白は、結局「人間として」ということでOK?笑
庭野のことも「人間として」好きらしいし、彼女に恋愛展開は確かに似合いません。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第8話
相変わらず「詰め込む」事件ばかりですわ~(^▽^;)アハハ
しかも今回は人間の体の一部分。
映像には映ってなくても、言葉を聞いただけで萎える…
いや、さすがに作り物でも動物さんたちをそんな光景にしてしまうのはNGでしょうしね。
タイトルが「異常犯罪」だから仕方がないといえばそれまでなんですけど、毎回ちょっと凹むww

結局、東海林を脅してた情報屋の男・藤川を殺したのは誰なのか謎のまま…。
でも逃走した都夜が彼の携帯を使ってたってことは、全てが繋がるってことでしょうかね。
その割には飛び道具の新キャラが登場して、そっちかーいっ!的な展開になるのはツライ。笑
最終回はスッキリさせて欲しいところだけど、あまり期待できないかな…(^_^;)

「七味」がカギになりそうな、ならなさそうな・・・。
どっちやねん!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「そして、誰もいなくなった」 第7話
車が海にダイブしてトランク内に閉じ込められてた小山内は奇跡的に助かったみたいだけど、結局馬場の所在は分からずじまいでしたよね。(^▽^;)
普通は「運転してた男」として警察も捜すはずなのに、何も触れないから余計に気になる。笑
捜してくれたのは砂央里ぐらいだけど、他の二人は計画が無事に実行されるかどうかの方が心配な感じがして…
当日は馬場のフォローを新一がすることになって、無事にドローンは飛び立って行った訳ですが、成功するかどうかは次回へ続く。
で、砂央里は西条と共に亡くなったってこと?
最初はただの弁護士で、事情を知ったのは途中からなのかな?と思ったりしたけど、何だかんだと絡んで来て結局はこんな終わり方ですか…泣
このドラマ、伏線が多い割には途中で崖から突き落とされた感があって萎えますわ~。

そして小山内と早苗が向かったログハウスの中で見つけたのは、やっぱり斉藤?
ヘルパーさんも見つからないまま。
となると何だかんだと万紀子も関わってるってことですよね?
万紀子だけは毎回物凄く思わせぶりなエピが続きますが、まだ全部尻切れトンボ状態…
車椅子に乗ってはいるけど、実は普通に歩けるのでは?(@_@)

結局、新一に何がしたかったのか…というところに辿り着いてくれたら良いですけどね~。
伏線の大風呂敷を広げた割には、最後はこれだけ?みたいな展開だけにはなりませんように…。
ちょっと公式サイトを覗いてみたら、次回の予告ストーリーで「目を疑うような光景」の文字が並んでて思わず爆笑してしまいましたで。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク