FC2ブログ
「コウノドリ」 第10話、最終話
最後は出生前診断のお話。
医学の進歩に伴って、出産にもまた新たな苦しい選択が…
「命の選別」という言葉を使ったりもしていましたが、難しい問題もあるけど、本当にご家庭の事情もありますし、産み育てるのは結局そのご家族ですもんね。
サクラも言葉を選びながらも、医師としてではなく自分自身の思いもあって…
ドラマではそれぞれの二家族が描かれていました。
産むと決断したご家族のことは、「オランダへようこそ」という詩を通じて最後の最後まで丁寧に…
妊娠や出産は明るいことだけでなくて、本当に奇跡で、当たり前じゃない。
命とはそういうこと…だとあらためて。

そして最後はペルソナに携わった皆さんの別れや再会、新たな旅立ち。
四宮は亡き父の遺志を継いで故郷の病院へ、白川は更なる修行へ…
今橋先生との別れのシーンには思わず涙しました。
きっとまた一回り大きく、良きパートナーとなって戻って来てくれることでしょう。
下屋も救命でなくてはならない存在になりつつ…
研修医の赤西は産科に決めたようです。
そして驚いたのが、もっと患者さんに寄り添える場所を作りたい…と、ペルソナを離れる決心をした小松さん。
でも新たな出会いもあったみたいだし、彼女ならきっと女性の皆さんの心強い存在になってくれそうですよね。
新井先生や、産休で職場を離れていた助産師の真弓が戻って来てくれたり、ペルソナはまだまだ大丈夫。
サクラが『家族』という言葉を使っていましたが、ホントにそんな雰囲気でした。
それぞれが離れても、また何処かでお互いを認め合い、助け合い、一つになってくれそうな…
そんな最終回でした。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「監獄のお姫さま」 最終話
いや~、もう最後の最後まで目が離せない展開で楽しませて頂きました。
ちゃんとオチのオチまであって…
クドカンさんって、先のまだず~っとその先まで最初から頭の中に出来上がってるのかしら?ってぐらい手が込んでるんですよね。
殺人教唆ではなく、実は吾郎が実行犯だった…なんて夢にも思わず。
どこまで悪いヤツやねん。笑
さて、裁判を振り返りますと…
プリンスには自分を「しのぶ」だと覚えさせて、「しのぶに頼まれて、殺した…」と証言させてww
あらかじめナイフにはプリンスの指紋をわざとつけておいて、指定した時間に現場に間に合わなかった為に自分で背中を傷つけ、ユキを崖から突き落としてました。
その時の鞘は海に捨てた…と、吾郎の思わずポロリが動かぬ証拠となった訳ですね。
のぶりんが気づいたのは姫のヘルメットにつけられていたカメラ。
そこに映ってる映像に何か証拠になるヒントが残ってるはず…が、本当の決定的な証拠は同行した部下が吾郎のヘルメットのカメラに気づいてくれたことがきっかけ。
あの膨大なSDカードの中から、よくぞ見つけてくれましたよ。
社長の乳首…笑 ←
お蔭で姫の爆笑の理由も分かりましたしね。
裁判ではのぶりんが大活躍だったんだけど、所々抜けてるところがあって…がまた可愛くて憎めない。笑
この期に及んでまだ同情の方向へ持ち込もうとした吾郎に、姫が最後に掛けた言葉。
うんうん、この男には6年間の重みをきちんと思い知らせないと…。
そして晴れて姫の無実が認められ、吾郎は無期懲役。

姫がカヨたちに出会えてホント良かった。
カヨたちも勇介君の存在で更に一致団結できたり、こうして無事に成し遂げることが出来たんですもんね。
先生は民間で刑務所に復職、カヨは財テクの専属メイクさん。
のぶりんはまだプロポーズを諦めてません。笑
女優は本当の女優さん、姉御は再び姉御となったその後が少し描かれていました。
みんなが揃って姫を迎えに来た訳ですが、一番泣かせたのはやっぱり勇介君との再会でしょうかね…
6年という月日は残酷だったけど、「お姫さま」からの流れで涙腺が決壊。
うん、これから少しずつ分かってくれて幸せになってくれれば、それで…

最終回も更にスッキリして、ホント面白かった~。
こちらこそ、お世話になりました!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 最終話
最後まで切ない事件…というところはブレず。
おまけに最終回はハラハラドキドキの連続でした。
弓神のゆる~いシーンはもう見られないのかな?と寂しい気持ちになってたら、最後の最後にアレですもんね。
ありがとう。笑←

さて、ヒズミが弓神を指差して「人殺し…」という衝撃的な終わり方だった前回。
その後どうなることかと思いきや、再びヒズミが横島に拉致られるわ、羽生まで捕まる始末。
そして小説の通りに「サンタが空を飛ぶ」を実行しようとする横島。
で、何とか助け出そうとした弓神まで運ばれてくる…
一体これをどう収拾つけるの?って感じでしたが、誰も命を落とすことなく助かって良かった。
結局、ヒズミの父親は横島のゴーストライターで、母親を強姦した末に生まれた子供だったらしい。
その事実を知り、父親が妻と娘を殺そうとした…というのが真相だったようですね。
自分に手をかけようとした父親をヒズミが咄嗟にバットで殴り殺してしまい、現場に駆け付けたのが弓神。
それまでにも夫から暴力をふるわれていたことを相談されていた。
そしてヒズミをかばう為に、横島を犯人にして隠蔽することにして、強姦とゴーストライターをバラされたくなかった横島がそれに乗っかった訳か…。
しかしそんな日陰の生活も長く続けることが辛くなり、今回の強硬手段に出た…。
まぁ、最後はヒズミが自分の娘だったことを知り、横島がそのまま立ち去る…という何ともスッキリしない幕引き。
オダジョーさんの猟奇的なお姿は、なかなか満喫させて頂きましたけども。

一応、ヒズミは当時の年齢から罪に問われることは無く、弓神の偽造も時効が成立。
羽生が苦渋の表情で手錠をかけようとした時間を返して!ww
おまけに弓神は警官として戻ってきてましたもんね。
いや~、もう期待通りに浅野さんのゆるゆるが復活で♪笑
子役だった神木君が刑事役…という月日の流れを感じながら、最後まで楽しませて頂きましたよ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「監獄のお姫さま」 第9話
もう今回はどんなシチュエーションで満島さんのサソリさんが登場するのか、そっちが気になって気になって。笑
結局、姫の「復讐」の為に皆さんを引き合わせてくれたんですよね。
「愛のむきだし」ではサソリさんに助けられた満島さんが、ドラマでは逆の立場になって助ける。
そう思うとちょっとこみ上げるものがあって、感無量…。
きっとクドカンさんのことだから、そこにちゃんと繋がってて、もちろん本家・梶芽衣子さんの女囚サソリにも掛かってる…と思われ。(黒衣装は芽衣子さん寄りでしたもんね)
そして次々回収される今までの伏線…。
色々とスッキリして、最後にリンちゃんが事件の真相の鍵を握るプリンスをタイから連れて来て登場。
相変わらずご挨拶は「メンソール」な訳だ。笑
そういえば姉御が職業を転々とした中に入ってた、フーターズ。
何?それ?
…と思いながら観てたら、ちゃんと女優さんが検索してくれて爆笑でした!
他にもラジカセの再生ボタンを押そうとした財テクに「もうライクアバージンはお腹いっぱい」の絶妙な視聴者目線のツッコミ台詞もあって、本当に大活躍でしたわ。笑

そしてふたばが「復讐」に関わることになった経緯にも、納得でした。
姫を可哀想に思い、勇介君に会わせてあげて欲しい…とコッソリ母親に手紙を出したら、吾郎に見せてたようで。
手紙を読んで面会にやって来た吾郎が、姫を言い包めて、圧を掛けてきた。汗
結果的に憔悴した姫を放っておけなくて、カヨたちを招集しに回った訳か~。
カヨが登録したメルアドが間違ってたことが一番ネックになってたことには、クスッとさせられましたけどね。
そしてふたばによって手直しされた復讐計画から下準備は着々と進み、最初の誘拐へ繋がる訳ですな。
最後、プレ裁判に持って行った流れにもワクワクしました。
晴海も勇介を姫から無理やり引き離した事実を聞かされ、事実を受け止める覚悟をしたようですしね。

しかしこの期に及んで、まだ罪を認めない吾郎。
「証拠がない」と言い張ってたけど、実行犯のプリンスの登場でどうなるか…ってところですな。
のぶりんもヨーグルト姫の動画を観て何かに気づいたらしく、沖縄行きを宣言してました。
予告ではカヨ達が逮捕されていたような雰囲気だったけど、絶対スッキリさせてくれるはず!
最終回が楽しみだけど、同時にドラマが終わってしまう寂しさもあり~のですわ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「コウノドリ」 第9話
今回は不育症…
これもまた原因は殆ど分らないだけに、治療法も解決策も見つからないのが辛いところ。
妊婦さんはどうしても自分を責めてしまいがちだけど、それを一緒に受け止められるような旦那さんだったのが救いかな。
それに最後は少し明るい兆が見えて終わってましたしね。
せめてドラマの中だけは…と思っていたので、少し安心しました。
劇中で繰り返される「出産は奇跡だ…」というサクラの言葉の重みを、毎回ひしひしと感じています。

そして下屋先生も救命で頑張っている様子。
今回は妊婦さんだけでなく、赤ちゃんにも適切な処置で対応出来たことで、救命の先生方からも認められてましたしね。
彼女なら救命で更に広い視野を身に付けて、産科へ戻って来てくれそうな気がします。
白川先生はまだ異動先を決めかねているようですが、今橋先生の助言通り、自分に合った病院を見つけられるように願うところ。
でもそんなに焦らなくても、今のままでも少しずつ経験を積めばやって行けそうな気もするんですけどね~。
四宮先生もお父さんがあんなことになって心境の変化がありそうだし、彼までいなくなるのはかなりの痛手…。
地方の病院もそれはそれで問題は抱えてるし、何もかも上手くいくことは難しいのかな。
とにかく、どこも人材確保なんですよね…。
周りでも産婦人科の病院が次々閉鎖されて減ってきてるし、少子化だから仕方がないのかも知れないけど、それでも未来へ繋げるために頑張って欲しいなとドラマを観ながら願う今日この頃ですよ。

次回もまた、別の難しい問題に直面しそうです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第9話
今回は資産家殺人事件…。
現場に残された走り書きのような恨みが綴られた言葉や、家政婦の証言は全く役に立たなかったけど、現場の状況から「ロイコ事件」の作者・横島が書いた別の小説に酷似してると気づいた菅能から事件の糸口が見つかる。
そこから辿って行くうちに、羽生が目撃した弓神の不審な行動へと繋がって行った訳ですが…。
自殺したとされていた横島が実は生きていて弓神と会っていた。
遺体は資産家の息子で、その家族は弓神も知らない仲ではなく…
最初から羽生に事件を任せたり、タクシーのドライブレコーダーを勝手に改ざんしたり、どうも彼の行動が不可解。
結局、ロイコ事件の報告書も偽造していたようですしね。

一方、ヒズミは「ロイコの部屋」の管理人と接触して、その後意識不明の状態で見つかる。
会っていた男は横島だったようですが、殺そうと思えば出来たはずなのに、それも気になるところ。
それに目を覚ましたヒズミが弓神を見て、「人殺し」だと指を指してましたし…。
益々深まる謎。
ロイコ事件で唯一生き残った女の子を、事件に関わった弓神が面倒を見てるだけだと思ってたけど、実は別の意味があったとか?
しかしそんな簡単な訳がないですよねww
きっと何かちゃんとした理由があるはず。

しかし何でこのタイミングで…ですよね。汗
「いいとも」風の予告も面白かったし、ドラマの方も佳境に入ってきたところなのに。
何があったのかは分かりませんが、そんなところで息子さんの足を引っ張ってる場合じゃないですよ…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「監獄のお姫さま」 第8話
どうやら裏切り…というよりは、ふたばは復讐ではなく別の方法で、吾郎から自白を引き出そうとしてるような気がしてきた。
「もう会いたくない」の予告のセリフは、再犯を犯したカヨに戻ってきて欲しくない…という意味だったみたいですしね。
それに妻の晴海を現場へ連れて行ったことで、「誘拐」もグレーになりそうだし、爆弾も無事に不発ww
そしてその晴海ももし吾郎が罪を犯してたとしても、もう覚悟ができている様子。
となると話は早い!笑
しかし、肝心なのは証拠ですよね~。
・・・と思っていたら、現場にもう一人居ましたよ!長谷川の部下が!
エスパー伊○さんのように体を曲げて潜んでいたらしいww
元体操部で、あだ名はガラケー…(*≧▽≦)ノシ))
吾郎は財テクを騙して逃げようとしていたところをしっかり録音していて、なかなかのお手柄。
おまけに「爆笑ヨーグルト姫」事件の裁判関係書類も揃えてきた。
もう至れり尽くせり。
後は吾郎の自白だけなんだけど、予告で観た姫の振り出しに戻るようなセリフも気になるところ。

また小ネタ満載だった訳ですが、尾美さん演じる「わけーの」が一番笑わせてもらったかな。
組長の哀れな末路も自業自得…。
それよりも何よりも9話のスポット動画が公開されて、その中にチラッと映った満島さんが「愛むき」のサソリさん風だったことで、益々次回が待ち遠し過ぎる~♪
クドカンさん、ありがとう!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「コウノドリ」 第8話
四宮先生は引き抜きでは無くてホッとしたのも束の間、暫く研究の道へ進むかも知れない…という展開。
そんなタイミングで父親の大病も重なって、そっちでペルソナを離れるような流れ?
白川先生も今回のことで、もっと専門を極めたい…と他の病院での修行を希望しているみたいだし、次々人数が減ってきて少し心配になってきましたよ。
一応産婦人科は補充されてるようだけど、一番心配なのは今橋先生…。
新生児科の人員を確保しようと奔走する毎日だけど、患者さんの方のこともあるし、家には相変わらず帰ってそうにないし…で、いつ睡眠をとってるのかな?って感じで。
心なしか顔色も少し悪くなっているような、お疲れの様子…

今回は白川先生が自分の判断を過信して、危うく赤ちゃんの命を…というお話でした。
でも誰もが一度は乗り越えないといけない試練らしく…。
上司の助言にも耳を傾けられず、後輩の意見も受け入れられない。
どうしても慣れてくると思い込んだり物事を見落としがちだし、どんなお仕事でも過信は禁物。
特に医療に携わる方々は命にかかわることに繋がるから、尚の事大変ですよね。
心配になったナースが今橋先生に相談してくれて、危機一髪で助かりましたわ。
無事に白川先生も軌道修正が出来て、本当に良かった。
あの時に流した悔し涙は、この先もいつまでも忘れずに…

そういえば、まだ何もスポットが当たっていないサクラ。
最後の最後に大きな出来事が起こらないように祈るばかりです。
目を細める綾野さんのお顔と、前髪鬱陶しそうなピアノ弾き姿で、何事も無く終わりますように。←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「刑事ゆがみ」 第8話
このドラマって、結構いつも切ない事件が多いような気がしますよね…
今回は仕事人間だった老人の犯行。
小林さん演じる老人がどう見ても人の良さそうなキャラだったから、まさか…でした。
長年勤めた会社を退職して、ただの普通の生活になってしまったら、そのギャップに苦しむ気持ちも分かりますけど、それで人を殺めてしまうのは本末転倒。
そんな時に自分を必要としてくれる人間が、詐欺グループの犯人だった…というタイミングで出会ってしまったのが不幸でしたわ。
あの女性が過去に弓神に絡んでなければ、前科のある窃盗犯が誤ってただの転落事故死にしかならなかったと思うと怖い。
羽生も違法捜査ギリギリのところまで頑張って、最後まで諦めずに調べてくれて良かった。
意外とナイスコンビな二人…
弓神は適当に見えて実は人情味溢れる刑事さんだし、羽生も彼に関わってイイ感じに成長してきてますしね。

そしていよいよ、「ロイコ事件」の真相にも迫るようで…。
ヒズミにもまた試練が待ち構えていそうですが、そこを乗り越えないと…って感じですかね。
オダジョー君がどんな悪い奴なのか、ちょっと楽しみだったり。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「監獄のお姫さま」 第7話
ここにきて、まさかの裏切り者??
もう既に誘拐犯のあだ名が知られてる…
前回、おばさん達の犯行だと臭わすような言動もありましたし、どう考えても先生のように見えたけど、実は違うんでしょうかね。
「古井」という偽名を使って秘書として働いていたようですが、吾郎とは繋がってるような雰囲気もあり…
財テクもハニートラップを掛けようしたつもりが、逆に上手く丸め込まれてしまいそう。
あ~段々分からなくなってきた。笑

今回は女優の罪状が明らかになり…
のめり込んだイケメン剣道ミュージカル俳優さんへのストーカー逮捕から、詐欺まで芋づる式にバレたらしい。
追っ掛ける為にはお金が必要でww
途中まではまたいつもの伊勢谷さんでしたが、出所後のリアルお姿はAMEMIYAさんに…
あんな野郎に浮かれてた訳ね。←笑
刑務所での生活で、やっと目が覚めたようでした。
次回では姉御も出所してたみたいだし、尾美さんの出演も楽しみ♪
そういえば実行犯だった男が今はタイで収監されているらしく、カヨたちと同部屋だったリンがやっと絡んできそうな…?
彼の自白さえあれば無実の姫を救えそうなので、その辺からリンの活躍で何とか糸口を見つけて欲しいところ。

しかしカヨと長谷川のラブラブっぷりが~笑
「のぶりん」やら「あのねのね」やらのネタで私は普通に大笑いしてたけど、会社の後輩ちゃんが何の事やらさっぱりわからずだったらしくww
何かのゆるキャラだと思いながら観てたって。
こういう時、年代を感じますわ。笑
それと社長の「かねもち散歩」はチラッとしか映らず残念…。
前回の吾郎のGUCCIのド派手服で楽しませてもらったので、今度はどんな衣装なのか期待してたのにな。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク