FC2ブログ
「アンナチュラル」 第9話 最終話
私事の諸事情により、感想は2話をまとめて…

オーラス前に、「連続殺人犯は近くにいた!」
なんてサブタイトルがついてるから、真犯人は宍戸か?って思ってしまいますやん。
でもそれじゃぁ、あんまりですもんねww
それでも「ピンク色のカバ」の原画を持っていたということは、きっと関わってはいるはず。
…と睨んでいたら、案の定。
北村さんのどこまでも「性根の腐りきった男」演技に、惚れ惚れしましたわ。笑
最後の最後まで本当に嫌~な男だったので、ちゃんと逮捕されてスッキリ!
毛利刑事の見せ場までちゃんと作って下さって、ありがとう~♪

しかしホルマリンを使うなんて、連続殺人犯もなかなかの知能犯。
法医解剖には欠かせないものだから、結局どのタイミングで使われていたのか立証することは難しい。
運悪く、六郎が宍戸に「ボツリヌス菌」を口走ってしまっていたから、それが犯人にも伝わって悪用されてしまうことに…。
後に六郎の出版社への情報漏えいが明るみになり、彼はUDIを去ることになってしまうのですが、最後には無事に戻って来れて良かった。
それも自然の流れで迎え入れてくれて、UDIの皆さんはホント良いチームだったな~とあらためて。
東海林さんが、これがまた良いキャラ♪

一方、犯人の方は死体損壊と遺棄は認めたものの、殺人は否認。
不動産の内見に来たお客さんが、次々突然死なんてことはあり得ないけど、それでも死因を特定できないから立件できない。
これが大きな壁になってしまうとは…
鑑定書の記述を改ざんさえすれば…という悪魔のささやきも聞こえてきましたが、そこはミコトの信念として絶対に曲げられない。
「ずっと悲しむ代わりに怒ってた気がする。 不条理な死に負けるってことは、私を道連れに死のうとした母に負けることだから・・・」弱音を吐く彼女に、優しく声を掛ける夏代さんのお言葉に涙腺決壊でした。
うんうん、一人で全部背負おうとしなくても大丈夫。
生きてる限り、負けません!
初回から幾度となく登場する、ミコトが食べ物をお口いっぱいに頬張って食べてるシーン。
「食べる=生きる」
シンプルだけど、いつも見ていて元気をもらっていました。
小さいお子さんとか、好きな人がモグモグ食べてるところ…ずっと見ていられます。(ちょっと脱線:笑)
そして改ざんをきっぱり断ってくれた神倉所長。
「責任転嫁しないで下さい!」
彼のような上司が身近に居てくれたら、どんなに心強いことか…

見応えあったのは、最終話の中堂と宍戸の対決シーン。
宍戸が犯人に関わっていると確信した彼が、決死の覚悟で乗り込んだ訳ですが、もう私もTV前で心の中ではかなり汚い言葉で罵ってしまってましたよww
そうそう!自分で自ら飲んだんですやん~!
一緒にトドメを刺す勢い!←
証拠になるはずだった魚ボールがあんなことになって意気消沈したものの、「土葬」で夕希子さんのご遺体が残っていたお蔭で、更に詳しい鑑定が出来て立件できる証拠も揃った。
差出人不明だった中堂への怪文書も、実は彼を犯人だと思い込んだ夕希子さんの父親からの物だったこともわかり…。
色んな伏線も回収。
犯行の動機には幼少期の母親からの虐待から繋がっていたことで、ミコトの鑑定での証言を超えたあの発言。
犯人の心理を上手く利用して、全部自供させたんですもんね。
もう、何もかもスッキリですよ。

いや~
ホントに最後の最後まで面白かった。
ドラマをもう一度最初から見返してみたら、また新たな発見も出来そうですね。
六郎も戻って来てくれたことだし、続編を期待してますよ!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「anone」 第9話
花房に手を掛けるのは、さすがに思い留まってくれたようで…
これで殺人事件までいったら、ドラマに絶望するところでした。汗

しかし中世古がATMで使った偽札は、事件になってしまい…
ニュースで防犯カメラ映像を観た奥さん、警察へ通報したんですね。
ということは、前回はそこまで気づいてなかったということか~。
そして、なかなかの拒否感。
確かに子供さんの将来の事もあるし、犯罪者の家族…なんて想像しただけで明るい未来は無さそうですしね。

警察の捜査から逃れる為、まずは偽札作りの痕跡を全て消す。
それでもいくつか、元になるものは持ち出して埋めてるし。汗
またほとぼりが冷めたら再開するつもり?
過去の栄光の呪縛からは、やはりなかなか抜けられないか。
世捨て人のように身を隠して生きる決心をしてたけど、どこまで逃げ切れるのやら…
舵も一緒に行くことを懇願したものの、そこはるい子の存在があって救われたかも。
病気の事も知られてしまったし、あとは二人で穏やかな余生を過ごして欲しいな。

そしてまた、今回も切なさ満載だったハリカと彦星君のシーン…。
やっとお互いの想いが通じて、とうとう仮想を越えてリアルに逢える…というタイミングで、あのお嬢様が彦星君の治療拒否を知らせてしまうですもん。
そりゃ自分の事より、嘘をつき通してまでも生きて欲しいと願う選択をしますって。
あれはボロボロに泣きましたわ。
可哀想なパン…違 (←コラッ!)
病室の前で座り込んで号泣するハリカの姿を見た男の子…伏線であって欲しいと願うばかりです。

で、とうとう刑事が亜乃音のところへ…
何とか上手くかわして、このまますんなり帰ってくれると安堵したのも束の間。
偽札の切れ端が見つかってしまい、連行されてしまう。
きっと彼女の事だから、自分で全部罪を被ってしまうんだろうな~と想像してしまいます。

いよいよ最終話。
それぞれが幸せになって欲しいけど、さすがにハッピーエンドは無理かな…。
何とか、少しでも救いのある終わり方でお願いします。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「99.9~刑事専門弁護士 seasonⅡ」 第7話
今回の案件は、失踪した社長から違法なお金を受け取っていた佐田…からの、殺人事件が発覚。
今まで家族から無碍に扱われていた佐田が、疑いが晴れて本当の気持ちを知ることが出来て良かった。
うん、そうなんですよ。笑
普段はシッシッ!って感じなんだけど、本当は頼りにしてるし大切に思ってるんですよね。
(…って、誰に向けて言ってるのやら?笑)

何故か恋人関係を隠していた笹野…。
というところで、彼女が犯人かのような展開で進んでいましたが、最初から専務の大河原と経理担当の中村さんの方が怪しかったのなんのww
キャスティングで犯人が判る…みたいな。笑
鍵になったのは二つのメガネと、もう一つの携帯電話。
深山がカマをかけたら簡単に引っかかって、死体遺棄現場まで連れて行ってくれて、無事に解決。
最後まで残念な犯人さん達でした。←
ヒャダインさんのドラマ出演って、珍しいな~くらいの印象。(コラコラ)

そういえば、「いとこんち」で本物の松本零士さんがご出演されててビックリ!
あれだけの為に??
小ネタもここまで行くと、凄すぎます。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「anone」 第8話
うわっ!
偽札作りに気づかれて、中世古が花房の首に手をかけてる!
…というところで、続く。
他の皆さんが必死で止めてたから、何とか思い留まって欲しい。
予告を観る限りでは殺人にまで至ってないような感じだったので、ちょっとホッとしていますが…

さて、前回中世古の奥さんに偽札作りの秘密部屋を知られて、どうなることやら?と思いきや、こちらは特に大事には至らず。
確かに奥さんにしてみれば、まだ子供も小さいし、事を荒立てて夫婦仲がどうこうなるよりは…みたいな感じでしょうかね。
しかし別のところで、花房の"違和感"が少しずつ確証へと進んでいました。
うたた寝してるようでしたが、亜乃音が財布の中身をこそこそしてたところはしっかり見てたようで…
自動販売機の前で亜乃音たちが祝杯を上げているところも、しっかり見られてるしww
さすが弁護士先生。
亜乃音が落とした小さなキラキラも、お札に使われている物に酷似してると気づいてましたしね。
最終的には工場の中で偽札を見つけて、自分が身の危険に晒されてしまう羽目に…汗

そういえば怜も、実は一方的に中世古を想っていただけの様でした。
やはり彼は偽札作りの為に、彼女に近づいていた。
中世古にはその気がないことも気づきながら、それでも…だった訳で。
亜乃音が二人の仲を知ったことで、もしかしたら応援してもらえるかも…と、雪解けを期待したけど、そちらも叶わず。
いや、本当の母親だったとしても亜乃音と同じ反応だったと思いますよ。
結局は自分都合の、勝手な"母親像"を押し付けてるだけ。
シングルマザーとして苦労もたくさんあるとは思うけど、そこは自分の選んだ道として受け止めて欲しいかも。
ちょっと厳し過ぎます?ww

そんな着々と偽札作りが進んでいる中…
ハリカと彦星君との初めての電話の会話シーンに、ドキドキしましたわ。
あんな頃もあったな~と、色々と昔を思い出したり。笑
結局、茉歩は彦星君にとってはただの同級生で、彼女の一方的な片想いだったことが判って嬉しかったけど、治療の為には多額の費用がかかる…という事実は変わらずなんですよね。
それをハリカがどう受け止めるか。
考えるだけで切ない気持ちに…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アンナチュラル」 第8話
次々と運ばれてくる焼死体…
解剖シーンは音声のみで助かりました。汗
それでもいくつかのセリフで、脳内はイメージ画像だらけでしたけどねww
殆どが身元不明だったものの、歯の治療痕が一番確実だということを知り…。
今回も的確にテキパキと解剖するUDIの皆さんの姿を、頭が下がる思いで見守りました。

そんな中、なかなか身元が分からなかった『9番』さん。
手掛かりは内視鏡の痕だった訳ですが、実は見分けが難しい銃痕でした。
後頭部には殴られたような痕跡…。
状況的に見て、両親はもちろんのこと誰もがマイナスのイメージしか無かった訳ですが、そこを一歩踏み込んだところはさすが。
独特の縄の縛り方、辛うじて助かった人…そこから見えてきたもの。
真相が分かった時にはボロボロ泣きましたよ。
不仲状態だった両親とも、こんな形だったのは残念だけど、本当の気持ちを知ってもらえましたしね。
親子エピは特に弱い…
ゴミ屋敷の屋敷さんの元へも、無事に奥さんのお骨が戻ることになって良かった。
所々入れてくる人情エピソードにも弱い…

そこから絡めてきた六郎の話。
こちらも和解の方向へと進むと思いきや、残念ながら…
法医学とお医者さんは真逆のように見えるけど、このドラマを観ていると、この二つが融合すればもっと最強になりそうなのにな~と思えてくる。
そして六郎の父親の、医者にならない息子は敷居を跨ぐな発言に涙してしまいました。
そこを乗り越える為に決断したのは、出版社との決別。
でも何やら水面下で動いていたらしく、UDIに対して良くない記事が出てしまいそうな…泣

そしてとうとう中堂の彼女の遺体の方にも、核心に迫りそうですね。
もしかして宍戸も関係してる??
気になる、気になる!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「anone」 第7話
物語は偽札作りの話がドンドンと進みつつあり…
あんな手作業でいつか本物そっくりに辿り着いたとしても、量産とか無理じゃない?
と、思ってしまったのは私だけ?
大金を手にするまでの道のりは、どう考えても遠そうな気がするww
最後、あの自販機は何故かお金だと認識してくれたものの、勢いでお茶のボタンを押してしまった舵。
変な雰囲気になって祝杯のようなものを上げてたけど、あれで結果良かったのかも。
手元に残しても、ロクなことにならない…
中世古の奥さんにも偽札作りの秘密の部屋のことがバレてしまってたし、このままフェイドアウトして欲しいけど。
…って、それじゃドラマが成り立たないかww

亜乃音の最後の砦のような願いも虚しく、結局ハリカも偽札作りに関わってしまうことに…。
どれだけ寝る間も惜しんで働いたところで、彦星君の命を救えるだけの金額には届かないことは彼女も最初からわかっていたけど、それでも頑張ってたのに。
お金持ちそうなお嬢様が治療の話を進めているようですが、彦星君のトンデモ両親がどう思っているかも全く見えず、少々不気味になってきているところww
亜乃音がハリカを本当の娘のように思う気持ちは、怜に結局届かなかった思いを重ねてしまっているように見えてたけど、今はもうその次元を超えた気がしました。
あのシーンは涙腺決壊…
冷静に考えれば現実的には難しいかも知れないけど、せめてドラマの中だけでも…かな。

そういえば亜乃音がこっそり財布のお札を入れ替える不審な行動を花房に見られていたし、アチコチの伏線からこの先どんな展開になるのか気になるところです。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アンナチュラル」 第7話
ネットを通じて、殺人の告白をしてきた高校生。
実はミコトの弟の予備校で、法医学に興味ある…と聞かされていた生徒でした。
しかも最初は死体に見せかけてるだけ…と思いきや、結局本物。
そしてその死因を特定する様、指名されたミコト。
ライブ配信された映像、あれだけの情報から的確に判断する様子はさすがでした。
中堂も何だかんだと、すっかり巻き込まれてますよ。
あんな形でUDIを辞めていった坂本にまで、渋々頭を下げてましたしね。
飯尾さんの出番はもう無いと思ってたので、私的に意外と嬉しかったり。笑

さて、お腹に不自然に残されていた3つの皮下出血。
背中の三カ所の傷口から辿り着いたのは…イジメを苦にしての自殺でした。
うん、結局は何の復讐にもならないのでしょう。
当人たちが罪の意識が無く自覚をしない限り、全く意味のないことですもん。
ミコトの説得に思い留まってくれて、良かった…
中堂たちも無事に間に合いましたしね。
友達の死を止められなかったことは悔いが残るけど、その思いを持ち続けて強く生きて欲しいな…と思いながら。
ドラマの中でのお話だけど、ミコトや中堂の言葉はリアルな現実にも届いて欲しいと願うところです。

最後の最後…
坂本たちが司法解剖に立ち会ったご遺体に、『赤い金魚』。
何も知らなければ、きっとこんな風にスルーされてしまうんだろうな…と思うと背筋がぞぞぞーっと。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「99.9~刑事専門弁護士 seasonⅡ」 第6話
今まで回想シーンで少し挟んでいた、舞子の弟の話。
何かの事件で捕まっていた…ということは、何となく分かってたけど、ここで1話のエピと繋がってくる訳ですね。
まさか弟にまで同じことをしていたとは…。
確かに状況証拠は揃ってた(ように見えてた)けど、そこは家族として信じてあげて欲しかった。
罪を軽くしてあげたい…ではなく。
結局、嘘の証言で陥れられてた訳ですもんね。
今回もまた危うく陥れられるところでしたよ。
最初から竜さんが犯人だというのはバレバレだったけども。笑
深山がいてくれて良かった…と、今回ばかりはつくづく思いました。
たとえ寒いダジャレネタや、しつこいタバコ屋さんのセンサー音が続いたとしてもww
暫く耳に残ったのなんのって~汗
こういう繰り返しネタは、好きな人は好きなんでしょうけどね。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク