FC2ブログ
「四つの嘘」 第1話
初回を観た感想は、思ったよりドロドロが爽やかだった(笑)
でもさすが、大石静さんの原作&脚本…ということでワクワクします♪(^.^)

「四つの嘘」というタイトルだけに4人の女性が出てくるのですが、いずれも同じ高校の同級生で41歳…この辺の年代が主役のドラマは色んな意味で興味津々ですわ(笑)
で、いきなりフェリー事故で亡くなった戸倉美波(羽田美智子さん)ですが、彼女が会っていたのは河野圭史(仲村トオルさん)という男性。
ダンナさんも子供もいるのに、船上で密会?
どうやら圭史は元カレだったみたいだけど、当時高校生なのに“魔性の女”と呼ばれていた詩文にあっという間に盗られて、しかも結婚されちゃったみたいですね。
「ふっふっふっ…」は、仕返しできた喜びってやつでしょうか?(‘ ▽‘)ゞアハハ
でもその原詩文(永作博美さん)は一人娘・冬子(松山愛里さん)がいるといっても、すでに離婚していて、ボクサーで年下の恋人・安城英児(勝地涼さん)がいるという何とも羨ましい設定(笑)
それに永作さんって凄く童顔なので、全然年齢を感じさせませんわ~(^^ゞ
勝地涼さんといえば、「未来講師めぐる」のユーキ役がかなり弾けたキャラだったので、このギャップに暫く悩みそう。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
しかしこの詩文は“魔性”だけでなく相当したたかな性格らしく、圭史が亡くなったと知るや否や実家に赴き、「娘には相続の権利がある」と主張して、口座番号を記したメモまで置いてきちゃってましたよ~(^-^;A
圭史の母親・良子(野際陽子さん)は詩文に会った途端、「あなたとの結婚は間違いだった!」とヒステリックに怒ってて感じ悪いお姑さんやな~と思いながら観てたんですが、彼女のしたたかさ満載の行動を見ると、こう思ってしまうのも仕方が無いかも知れませんわ。
何か自分でもお姑さんの方の味方になるとは、全然思わなかったけど(笑)

そして色んな意味で(笑)フェリー事故に食いついたのが、西尾満希子(寺島しのぶさん)。
カナダは美波の住んでいる場所で、亡くなったと報道されたのが圭史…というとことで、女の感とやらで「ピン!」ときたようですが、もう一人の高校時代の友人・灰谷ネリ(高島礼子さん)に連絡を取るも、あまり相手にされて無さそう~(笑)
病院勤務は忙しいということを口実に、居留守まで使われてましたもんね。(^-^;A
確かに満希子のキャラはかなりウザイ(笑)
もしかして世間一般の主婦のイメージって、こんな感じ?(^▽^;)アハハ

一方、ネリは脳外科医で独身、しかも男性経験が0.5人って…?
もしかしてわざと嘘をついたのかな~?とも思ったけど、数字が妙にリアルっぽいし(笑)
で、娘の冬子が学校で怪我をして、付き添った詩文とバッタリ会ったネリは、二人で久しぶりに食事を…というところで、居留守を使った満希子ともバッタリ会ってしまう訳です。(^^ゞ

昔話に花を咲かせる3人といっても、何だか満希子だけが浮いていて~ヾ(*°▽°)ノあはは
実は一番の友人だと思っていた美波からも、あまりよく思われてなかったみたい。(^-^;A
その流れで掴み合いのケンカにまで発展してしまったのも、しゃーない(笑)
でも途中でバーのTVからニュースが流れてくれて助かりましたわ。
そこで満希子の妄想(笑)だと思っていた美波と圭史が密会していた…と知った3人。
これからどんな「嘘」が待ち受けているのか、楽しみです♪(笑)





ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます~♪(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : 四つの嘘
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

永作ちゃん、大好き!!
永作博美はリボンの頃からファンだったので、なるべくドラマは見るようにしているんです。
あの笑顔、かっわいいですよねっ!永作みたいにアイドルからみごとな女優さんに転向したのは風吹ジュンとか、キャンディーズのランちゃん、スーちゃんくらいでしょうか^^
でも、40歳間近でもすっぴんがキレイな人はそうそういないと思います。

あと、深夜にたまたま直木賞受賞作品の映画『赤目四十八瀧心中未遂』を見て、背中のイレズミが本当に美しくて、妖艶で、そこからファンになった寺島しのぶも出るので絶対見ようと思っていました。

で、ドラマの感想は、寺島しのぶの声がうるさかったな~。が第一印象。
でも、専業主婦ってあんな感じですよねみんな。芸能誌に一喜一憂して、スキャンダラスな事件が身近に起こったら大興奮。
だから、女医のネリや詩文が呆れるのもとってもうなづけました。

詩文は魔性の女として16年前に離婚した夫の家に行って娘の養育費をせびるわけですが、他所では「怖いわねぇ」って感想もある中、私は「当然よ!」って思いながら見ていました。野際さんの姑の言動で「うっわ、マザコン!」と思ったし、きっと詩文との結婚も反対されたんだろうし(上流家庭じゃないだけで)そうとう嫁、姑の確執があったんだろうなぁ。って思いました。私が詩文なら、2回目は弁護士を引き連れて乗り込みますよ(こんな私も魔性の女?笑)
でー、気になったのが、やっぱり魔性の女と言われる娘が全然親に似てない事(笑)・・・まさか父親も実は違う・・だったりするの?
・・・いやいや、これは昼ドラの見すぎ(笑)

それにしても主人公の1人が初回で亡くなるのは斬新な感じ(私たちの教科書もそうだったなぁ・・とふと今。)

これから、それぞれの女の生き様というか、深~いナニカがとっても楽しみです。
リボン・・・
>茶夢さん
懐かしいですね~♪(^.^)
キャンディーズは辛うじて分かるんですけど、風吹ジュンさんもアイドルだったんですか?_¢(0_0ヘ) フムフム
しかし永作ちゃん、まだまだスッピンでもいけますよね~♪(羨)

寺島さんといえば映画で活躍されてるイメージなんですけど、ドラマでは主婦役ばかりでちょっと可哀想ですね。
確か「おとなの夏休み」でも、主婦。
今回もちょっとウザそ~な主婦キャラなので、イメージがすっかり(笑)(^^ゞ

詩文の元夫・圭史のキャラがまだイマイチ掴めないので、良子の怒りと詩文の事務的な感情の意味が解らないのですよ。
これから回想シーンとかで、エピが紹介されるのかな?
確かに娘さんもまだまだ学費にお金がかかるお年頃ですもんね。(^^ゞ

>まさか父親も実は違う・・だったりするの?
・・・いやいや、これは昼ドラの見すぎ(笑)
w(°o°)w おおっ!! その展開はアリかも?
楽しみ~♪(笑)

>主人公の1人が初回で亡くなる… &ナレーション
というのは、海外ドラマ「デスパレードな妻たち」と同じやん~!と知人が申してました。
これも狙ってるんでしょうかね~(’-’*) フフ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原作が大石静さんなのも惹かれました。そしてこのタイトルと4人の女優さん達が気になって。。。実家仏壇店で婿を取り、二人の子供と家族4人で暮らす主婦の西尾満希子(寺島しのぶ)。一日中、ガミガミとうるさいんですよね~。寺島さん、役が合ってるのか合ってないのか…テ
テレビで、河野の事故死を知ったかつての同級生。 詩文は、美波から河野を奪って、結婚したが、すぐに離婚。 ニュースを見て、実家の古書店の経営悪化を解消すべく、元義母のところへ乗り込んだ。 離婚はしたが、娘は死んだ父親の遺産を、相続する権利があるし、養育費を...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク