FC2ブログ
「最高の離婚」 第1話
まずタイトルで「ん?」と惹きつけられ、予習&出演者の皆さんの顔ぶれを見てからの~初回…
ツカミはOKです!(笑)

いや~、神経質な夫・光生(瑛太さん)がとにかくスゴイ。
動物好きで盆栽が趣味…までは普通だけど、胃薬を青汁で飲んだり、家庭内でも常にガサツな奥さん・結夏(尾野真千子さん)にガミガミ注意してる。
挙句の果てに、歯医者で奥さんの愚痴をベラベラ喋られた日にゃー(笑)
ま~、結夏のガサツ加減もちょっと度を越してますけどね。(^_^;)
旦那さんの留守中に大勢の人を呼んだり、光生の大事な『萩の月』(笑)を惜しげもなく配ったり、ドアはもちろん開けっ放し、玄関に靴は出しっ放し…。
光生じゃなくても、キレるレベルです。(^▽^;)アハハ

常に光生が一方的に怒ってるイメージだったのですが、結夏は人当たりは良い性格のようですね。
祖母・亜以子(八千草薫さん)とは光生そっちのけで気が合うみたいだし、「将来、犯罪者になる」と心配していた光生と結婚してくれたと感謝されてました。(* ̄m ̄) ププッ
光生の実家のクリーニング店で一緒に働く矢萩(宮地雅子さん)とも楽しく働いている様子。
片付け云々は置いといて(笑)、少なくとも客商売には向いてそう…。

そんな日々が続き、二人は離婚問題にまで発展する勢いでしたが、プリンターの調子が悪く、書き損じた離婚届を何度もプリントアウトするうちに、結局タイミングを逃してしまうという(笑)
ていうか、そんな用紙を家で簡単にプリントアウトできる仕組みになっててビックリです!(^_^;)

ある日、営業で借り出された草野球の帰りにギックリ腰になってしまった光生。
やっとのことで辿り着いた病院が無くなっていて途方に暮れていたら、マッサージの文字…。
そこで過去に付き合っていた元カノ・灯里(真木よう子さん)に再会するんですよね~。
結夏へのフラストレーションが溜まっているせいか、灯里に会って光生は有頂天(笑)
どんな風に二人が別れることになったのかは分かりませんが、少なくとも光生の方は嫌いになった訳でも無さそう。
しかも灯里とは昔話に花が咲いて、嫌がらずに食事の誘いにまでのってくれたんですもんね。
まだ自分に気がある…と勘違いされても仕方が無いかも。
いや、男って皆さんそうなんですか?(笑)
何かもう光生の頭の中では結夏と離婚して、灯里と幸せに暮らす様子まで頭に描かれてる気がして怖かった~(^_^;)
食事中に地震があって、灯里が思わず抱きついてしまったり…というハプニングもありましたしね。
・・・と思いながら観てたら、どーーーん!(笑)

数日前、クリーニング店にお客さんとして現れた・諒(綾野剛さん)が、灯里の夫ですって~!
しかも若い女の子とイチャイチャしてる場面まで見てしまってるものだから、お天気の話をするしかないですよ(笑)
灯里は知ってるんでしょうかね。
「結婚すると男は女のあら探しをするけど、女は男を全部許す…」みたいな台詞が前フリだったのかな?
ウチの場合は・・・・ノーコメントで!(笑)

しかしまさか、結夏の方から離婚を切り出されるとは思いもしませんでした。
灯里を食事して家に戻ったら、洗濯物は干しっ放し、テレビはつけっ放し、結夏は先に寝てるし…のいつもの日常だったし、特に変わった様子はなかったはず。
・・・いや、実は大有りだった訳です!
震災をきっかけに結婚した二人…というところがたぶんミソで、一人で心細い思いをして、足を怪我して、それなのに光生は結夏より盆栽の方を心配していた。(^-^;A
一見光生の目にはただの「ガサツな嫁」にしか映っていないけど、陰で苦手な料理を練習したり、矢萩さんに言われてお化粧したり…と、結夏は自分なりに頑張ってたんですもんね。
亜以子からさり気なく赤ちゃんのプレッシャーを受けてるのも重荷だったのかな…。
意外と結夏のようなタイプの女性の方が、繊細な心の持ち主なのかも。

ドラマの雰囲気は「最後から二番目の恋」っぽくて、脚本家・坂元さんらしい台詞の数々で楽しめそうです♪
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最高の離婚 第1話 「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」 『結婚しない』の次は『最高の離婚』ってか・・・ −◆− いきなり木漏れ日が薄く差し込む深い森の中・・・。 ク
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク