FC2ブログ
「とんび」 第2話
旭が成長してしまったので子役ちゃんは交代でしたが、それでも違和感無くて良かったわ~。(・_・、)
最近の子役ちゃんたちは侮れません(笑)

美佐子が亡くなって2年。
保育園に通う旭は、母親がいない自分…に、色んな場面で実感させられる訳ですね。
みんなには当たり前のようにお母さんが迎えに来るのに、自分にはお父さんだったり、幸恵だったり、たえ子おばちゃんだったり…。
お風呂屋さんの帰り道で両親に手を繋がれてる子供なんて、そんなに見かけなかったですけど、そんなことはどうでもいい?(^▽^;)アハハ
片方の手が冷たくて、そっとポケットに仕舞う旭の姿を見ながら、すでに号泣ですがな(笑)

そういえば自分たちの子供の頃って、普通に家族の絵とか描かせられたような気がするけど、今はあまり聞かないですね。
今は“家族”の形も色々と変わってきているし、デリケートな部分でもあるような、そんな過剰反応するからやん…とかも思うけど、子供たちはまだそこまでは考えないですもん。
子供レベルの些細なケンカがあったりは、想定内…。
旭はまだまだ母親が恋しいお年頃ですからね~。
先生はちょっと痛かったけど(笑)、相手の子の母親は普通に常識的な人で良かった…。
精神的な部分の関係性は解らないけど、情緒不安定な旭は再びおねしょが始まってしまったらしい。
「叱っちゃダメよ。おねしょは子供の涙なんだから…」
たえ子の言葉には、いつもハッとさせられます。

とはいえ、毎晩おねしょが続くと大人は大変。(^_^;)
夜中にシーツやパジャマを洗ったり、睡眠が妨げられるせいで、安男は仕事や生活にも支障が出てしまう始末。
断り続けていたお風呂屋のおばちゃんのお見合い話にも、ふらふら~と行ってしまうのも仕方が無いですよ。
ま、それは海雲に諭されてしまいましたけどね。
確かに家事や子育ての為の再婚なんて、相手の女性に失礼。
お見合い相手は旦那さんを病気で失くした女性で、穏やかで優しそうな人だったのに残念でした(笑)
奥貫薫さんって、こういう役がハマりますわ♪

しかし安男の周りの人たちがどこまでも“昭和”な良い人たちばかりの中、海雲の存在は大きいですね。
ゲンコツで「ゴツン!」とか…(’-’*) フフ
安男にとっては優しくもあり、厳しくもある父親のような?
柄本さん、すっかり味のある俳優さんになられたな~と、しみじみ…。

現在の旭は由美の子供を保育園に迎えに行って、今回のエピを回想する…上手い作りです!(^.^)
「子供好きの…」
わ~、何だろ??
由美の呟きの続きが気になりますわ~(笑)

健君、思いっきり転んでたけど大丈夫だった??ヾ(*°▽°)ノあはは
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「とんび」第2回〜最愛の決断− これが香取慎吾と山Pのヘンテコなドラマ『MONSTERS』と同じ時間帯のドラマだとは思えない・・・。 でも『JIN-仁-』の時間帯でもあるし・・・。 不思...
 美佐子(常盤貴子)が亡くなって2年、ヤス(内野聖陽)はご近所のみんさんの協力で旭(荒川槙)と二人暮らしを続けていた。 保育所のお迎えは、たえ子(麻生祐未)が行ってく ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク