FC2ブログ
「最高の離婚」 第5話
冒頭でいきなり光生が肋骨を折ってるところから始まり、それがリレー方式で語られてましたが、もうその一部始終の光景が目に浮かんで大笑い。
4話まで観てきた視聴者は光生キャラが脳にしっかりインプットされているので、効果バツグンでした♪

その後、そんなアホな~!とツッコミながらも、元夫婦と婚姻し損ねたカップルが熱海温泉旅行へ…。
「今から食べたら、晩ご飯が食べられないよ~」と言う灯里の後ろで、すでに鯵のから揚げを頬張る結夏とか、楽しみにしていた「秘宝館」のチラシでニヤニヤする光生が、諒にバッサリ斬られるシーンで大笑いその2(笑)
なのに、その後に諒のプロポーズでしょ。
あれにはさすがにホロリ…だった訳ですよ。
灯里の幸せがヒシヒシと伝わって、「よかった、よかった…」と涙した訳で~。
これでやっと結婚するのか…とホッとしたところで、最後のオチ!

いやー…
何かショックで、暫く立ち直れませんでした。(^_^;)
このドラマ、やっぱり侮れません(笑)

「二番目女」は確かに面倒だったけど、大暴れした後は意外とあっさり別れられそうだったし…と思っていたら、「老舗女」が現れて。
もう、諒ちゃんのことなら何でもお見通しなのよっ!的な雰囲気がプンプン。
あの熱々の紅茶をぶっ掛けたのも、実は作戦だったんじゃ?(^-^;A
彼女の手のひらで上手く転がされてる諒…って感じでしたよね。
いや、たぶんあの時点では本当に灯里が一番好きで、結婚したいと本気で思ってたはずなんですよ。
だからこそ、結婚前に女性関係はきれいに清算しようと動いてたんでしょうしね。
…と思いながらも、心のどこかでやっぱり無理してたのかな。
「自由じゃない」と言ってた台詞もちょっと気になりましたけど。

そして何が一番ビックリしたって、灯里ですよ。
青森から上京した妹の訪問が、引き金になってしまったんでしょうかね。
女性関係が派手な父親のせいで両親は不仲で、母親が感情をむき出しにする姿を見て育った彼女は嫌悪感さえ抱いていたようで、その反面教師人生にもやっぱり無理があったのかな。
今までは「妻」であることで何とか保ってたけど、それが崩れて、本当にこのまま結婚しても大丈夫なのか?って急に不安になったのかも。
諒がまた女性関係を洗いざらい正直に話すもんだから…(^_^;)
所詮、浮気男は一生直りません(笑)
婚姻届の証人を頼まれて、何だかんだと嬉しそうだった光生たちが不憫…。ヾ(*°▽°)ノあはは

最後の最後まで、諒は心を入れ替えてくれたはず…と信じたかったんですけどね~。
「老舗女」からの電話で、指輪をポイッって捨てた綾野さんの冷たい目が頭から離れません(笑)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

書いたのに
過去の投稿と内容が重複しています。
だとさ(^_^;)
温泉旅行♪
アジの唐揚げ、食べ歩きしてみたくなったよ(°▽°)ノ
光生のキャラは、まさか秘宝館にゆらぐとは。。。
ぜってー間違ってる。 それにしても菜那ちゃん可愛いすぎ!
諒くんの女性関係はみ~んなコエー~(||゚Д゚)ヒィィィ!
すみませ~ん…
>パピさん
「過去の投稿と…」の現象は、私も先日blogを書いててそのエラーが出たので、
たぶんFC2ブログさんのバグかな~?と睨んでます。
ご迷惑をおかけして、申し訳ないです。(^_^;)

気を取り直して~♪
> アジの唐揚げ、食べ歩きしてみたくなったよ(°▽°)ノ
鯵を骨ごとバリバリ…は美味しそうでしたね♪
光生は痛そうだったけど(笑)

> 光生のキャラは、まさか秘宝館にゆらぐとは。。。
昔ながらの観光地や、温泉町にありがちな…(* ̄m ̄) ププッ
誰が観に行くのかな~?と思ってたけど、まさかの光生でした(笑)

>それにしても菜那ちゃん可愛いすぎ!
出来るもんなら?(* ̄m ̄) ププッ
パピさんはアニメ声好きだったのか~(笑)( ..)φメモメモ

> 諒くんの女性関係はみ~んなコエー~(||゚Д゚)ヒィィィ!
彼のキャラが引き寄せちゃうんでしょうかね~(^_^;)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最高の離婚 第5話 「出来るもんなら浮気したい!」 なんか、勢いが増してきましたね。 大人向けの知的な会話劇、絶好調です。 −◆− 今回も結夏(尾野真千子)の”一人ラーメン
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク