「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」 第4話
“退院係”…快方に向っている患者さんから順に、退院や転院をさせていくという仕事を命じられた藍沢。
確かに救急病棟にベッドの空きが3床じゃ、何かあったときに大変そう。
黒田は「患者との会話を勉強するいい機会だ」と言ってましたけど、そんな仕事をさせられたせいで、山Pの出番が何か少なかったですやん(笑) チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )

そして白石は極度の貧血とめまいを訴えてやってきた宮本茂(井田國彦さん)という男を診察。
ところが色んな検査をしても、全く異常が見られない。
腹部には過去にもそんな状況を想像させる、複数の手術跡。
なのに突然激しく吐血し倒れたり、泡をふいて痙攣を起こしたり…するも、結局原因が判らないまま。

そんな時、息子を心配してこっそり上京してきた藤川の母・静子(山本道子さん)。
自分は上司からも厚い信頼を受けている優秀なドクターだと母親には大ボラを吹いていたようですが、そんな時に運悪く、黒田が心停止状態の患者に除細動を施した時に、咄嗟にその手をつかんでしまった藤川は見事に通電ですわ。
黒田たちの処置で無事に心拍は戻ったものの、そのまま入院。(^_^;)
静子まで軽い熱中症で倒れてしまってたので、まさか親子で仲良く同じ病室に?…ということにはならなくて良かった(笑)
藤川の隣は宮本さんでした。(^^ゞ
その後、彼は自分に関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり病気を装ったりする「ミュンヒハウゼン症候群」だということが判ったのですが、「寝ている間に知らずに薬を飲んでしまうこともある」と助け舟を出してくれたりして、今回もまた患者さんの心を開いた…ってことで、やっぱり藤川は患者さんとじっくり向き合うような病棟があってるような気がしますわ。
でも、諦めきれないみたいなんですよね。
自分にあれだけ悪態をつかれていた母親が、女子高生を装って「フライトドクターになった方がいい」とこっそり投書してくれてたことを知り、涙した藤川…やっと“母の心”に気づいてくれたかな。

そして幼い頃に両親が離婚、その後両親とも亡くしていた藍沢の過去も明らかになり、両親から何の期待もされずに育ち、今も折り合いが悪いと言っていた冴島。
そんな二人に、静子は母親の立場で色々とアドバイスしてくれていました。
静子に出会ったことで、二人とも少し「親心」というものを感じてくれたかも知れないですね。

ところで今回、フライト担当になった緋山が担当した21歳の大学生・飯田敏夫(金井勇太さん)。
彼は友人たちと遊びに来ていた川に飛び込み、頭を強打。
意識は取り戻したものの、けい髄損傷で四肢麻痺の後遺症が残り、首から下の機能回復が見込めないらしい。
しかし告知のタイミングって、確かに難しいですよね。
でもそういう現実をきちんと伝えて受け止めてもらうのも、大切なことかも…。
先延ばしにしてるだけでは、残念ながら何の解決にもならないですもんね。
何だか、色々と考えさせられました…。

で、次回の予告では藍沢を育ててくれたおばあちゃんが爆発事故に巻き込まれる?
医療モノのドラマにはよくありがちなんですけど、大怪我をした人たちが次々担ぎこまれるシーン…ちょっと辛いですわ。(^-^;A




ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : コード・ブルー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

今回ははらわたが煮えくり返った
ガッキーのすだれ髪がちょっと少なくなって、後ろ髪をまとめていたけど、いや、まとめるのは前髪じゃっ!と思ったけど、あくまでもアノ前髪はすだれにしたい様ですね。

で、その白石のところに来た患者、大量の吐血をしたのに胃が荒れていないというところでピンときました。白石が急用で診察室から出て行こうとしたら急に泡をふいていたり・・・。
人間って、「ひとり」である事の現実が受け入れられないと、やっいぱり何かにすがってしまう、弱い生き物なんだと思います。(でも、受け入れたらとてつもなく強くなるのです)

で、心臓マッサージで間違って患者に手をふれて卒倒してしまった藤川。バッカだなぁ~。って最初私も思いましたが、「離れて」ってそういう意味だったんだぁ~って、初めてわかりましたよ。
で、ナースにもフェローにも呆れられていて、黒田に引導を渡された藤川ですが、あの愛情たっぷりの母親に育てられた藤川が悪い医者になるわけありません。

そんな母親にほだされて、藤川にオペのやり方を教えていた藍沢にも初めて共感。今までもヘリに乗れないだけで、一番患者と身近にいたのは藤川だと思うし、
医療部長にも「あなたは言葉だけで患者さんを治しました」と言われて、腐った気持ちが持ち直した所に患者からの投書をナースから渡されて、婦長を初めとするナース全員がギャハハハ…と嘲ったところに、藤川は自分が情けなくて泣いたのだろうけど、私は「こんな、見た目出来ない医者をバカにして嘲笑するって何なの?お母さんがその場にいたら泣いちゃうよ。ストレス発散?弱いものイジメをして楽しいの?」って泣いてしまうくらい怒り爆発でした。

こんなに藤川をこきおろすのは、まぁ最後にはナースに見直されるフライトドクターになる伏線でしょうが
「ナースのお仕事」のようなパロディならまだしも・・・こんなナースのいる病院には行きたくない。と思ったし、それでなくても若い層が見ているドラマであからさまなイジメ描写は無いでしょう・・・と、さっそく公式にコメしてきましたが、コードブルーは「良い意見」しか載せないので、当然はじかれました^^;(ドラマによっては「そこはどうなの?」って意見もちゃんと載せるとこ、多いのに。)

りんりんさんは惨劇がダメな方なのですね。
私は反対に惨劇大好きなので、来週面白くなりそうなのでワクワクして見てみます。
ガーン( ゚Д゚)
藤川への手紙ってお母さんからのももだったんですねっっっ^^;
すごい達筆やなぁ・・・って思ったら・・・。
(というか、レビューちゃんと読んでなくてスイマセン)

じゃあ、私はナースの笑いも藤川の涙も全部1人で誤解してプンスカしてたのかぁ~^^;;;;;;;;;
いやぁ、勘違いってこうもドラマを偏向させてしまうのかぁ~
そりゃ公式でもはじかれるわな^^;

ところで、ひとつ疑問なんですけど冒頭で緋山が黒田先生に嘘をついているとかなんとか言ってたような気がするんですが、そんなエピありました?あと、薬を飲んでたけど、あれは何だろう・・・。
すだれ髪…
>茶夢さん
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
確かに気になりますよね~。
「ミュンヒハウゼン症候群」…世の中には、色んな病気があるんですね。
でもどうやって手に入れてたんだろう?と、誰もが疑問に思わなかったのがちょっと不思議。(^^ゞ
>(でも、受け入れたらとてつもなく強くなるのです)
そう願うばかりです…。

藤川ドクターのエピは、勘違いがあった…ということで、無事に伝わってよかったですわ。(^.^)
そうそう!あの投書はお母さんだったのですよね。
女子高生にしては、達筆すぎましたもんね。(’-’*) フフ

(  ° ▽ ° ;) エッ
冒頭でそんなシーンがあったんですか?
薬を飲んでるシーンも覚えてないので、今回ちょっと見逃してしまってるかも…。
この時間帯は、なかなかTV前でじっくり座ってドラマが観れないもので~(^^ゞ
次回はチェックしておきますね。(^.^)
今回はグッと来ました。
約2名のキャスティングに違和感があって、
そこは頑張って見てます(笑)

母息子ものには弱いんですよね~(・・、)
投書の達筆な女子高生がまた良かったですね。
「めがねの先生が嫌い」って投書は反射的にポケットへ隠滅(笑)
その対比に「藤川先生はいいお医者さんです」の持って行き方が上手い!

藤川母のお陰で山Pも少し成長しましたし。
母親との接触を「知らん」とかわしたのもグッと来ました。

井田さんも貫禄が…ちょっとふっくらしてましたね。
『GTO』でのストーカー先生を思い出してしまいます(笑)
>約2名…
>manaさん
やっぱり?ψ(`∇´)ψ ハハハ
頑張りましょう~♪(笑)ヽ( ^ー^)人(^ー^ )丿

>投書の達筆な女子高生…
私も、エピに母親が絡んでくると涙腺が緩みっ放し。(・_・、)
息子にどれだけ悪態をつかれても、それが全部強がりだと解ってるんですもん。
陰でこっそり息子の様子を見に来てた気持ちも解りますわ。
手土産でバレバレでしたけど(笑)
山Pの「知らん」も良かったですね。
何かもっと冷徹なキャラなのかと思ってたけど、どんどん“イイ人”になってます。(’-’*) フフッ

>井田さんも貫禄が…
(゜-゜)(。_。) ウンウン 私もビックリしましたよ~。
病人に見えないようにするのも大変です(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク