FC2ブログ
「半沢直樹」 第1話
まずはタイトルが主人公の名前って!…で、ツッコミを入れておかないと。笑
でもそれだけインパクトのある初回で、2時間があっという間した。
視聴率も19%を超えたとかで、今のところ大注目されてるってところですね。

堺さんの大学生姿にはビックリだったので、あっという間に時間が流れてよかった。笑
無事に希望通りの銀行に入行できた半沢直樹(堺雅人さん)。
同期の渡真利(及川光博さん)や、近藤(滝藤賢一さん)は心強い存在。
時代はバブリー末期で、そろそろ世間の皆さんが目を覚まし始めた時期。
あの頃はなぜか、銀行がどんどん融資を勧めてきて、借りないと損!みたいな時代でしたもんね。
『景気』に“気”の字が使われてるのも、たぶん意味があるはず。

そんな時、出世欲の強い支店長・浅野(石丸幹二さん)の強引な融資話に巻き込まれた直樹。
5億円という大金なのに、殆ど経験のない中西(中島裕翔さん)を担当に指名したり、何かおかしいな~と思っていたら3ヵ月後に倒産って案の定ですやん。(^_^;)
あんな殆ど半日やそこいらで、何の知識も調査もしないままじゃ粉飾決算は見抜けないし、もう稟議書も殆ど中身チェックもないまま通ってましたもん。
で、何が腹立たしいかって、「私が全て責任を持つ」と言っていた支店長が、手のひらを返したように全て直樹に責任を擦りつけようとしてるところ。
あ~、何か良くありがち…っていうか、あまりにも分かり易過ぎて逆に爆笑してしまいましたよ。笑
裏でこそこそ本部に行って大和田常務(香川照之さん)たちに根回ししてるし、そういうところだけ妙に悪知恵が働くというかズル賢いというか…。
これってフィクションとはいえ、モデルになった銀行さんは大丈夫なの?って素人が心配してしまうレベルww
まあ、こんな上司は銀行に限らず、何処の会社にも居そうですけどね。(^_^;)

さて、そのタイミングで訪れた国税局査察部。
もうラブリンこと、愛之助さんの黒崎キャラが最高です!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
彼らの真意を探るために、コピー機に機器を仕掛けた作戦が成功して、西大阪スチールの脱税が発覚。
どうやら東田社長(宇梶剛士さん)は赤字倒産に見せかけて、巨額のお金を隠し持っている様子。
また愛人役の壇蜜さんがハマり過ぎなんだけど、彼女も過去にお金で苦労していた雰囲気を醸し出してましたよね。
経理課長(ラサール石井さん)はすぐに尻尾を掴んだけど、東田社長の方は一筋縄ではいかない男のようですよ。
この話は1話で完結するのかと思いきや、まだまだ続くようなので楽しみです。

あとは社宅のお付き合いも大変やな~とか、上戸彩ちゃんがどうもヤンキー奥さんに見えて仕方ないのだけど笑、そのうち慣れてくるのかな~?ヾ(*°▽°)ノあはは
子供さんがいるはずなのに、なぜか今回は登場せず。
そして周りの誰もが栄転だと信じていた近藤が、まさかの左遷出向って…。
「過去」はどう頑張って名誉挽回しようが、全く無意味ってのが辛過ぎますわ。

で、「やられたら倍返し!」が決め台詞の直樹。
堺様、カッコイイ~♪(〃∇〃) ←
銀行に見捨てられて自殺した父親…。
あとで工場を助けてくれた別の銀行ではなく、見捨てた銀行に入行したってことは復讐するってことなんでしょうか?
それとも、もっと出世して銀行の体質をオレが変えてやるぅ!的な?
半沢直樹から、目が離せません!

関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

半沢直樹 第1話 無理筋で理不尽にも責任を被せられる様は会津藩も半沢直樹も似たようなものだけど、どうしてか『八重の桜』は淡白で、『半沢直樹』は濃いわぁ。 《部下の手柄は
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク