「Woman」 最終話
まずは、ハッピーエンドな終わり方でホッとしました。
最終回前にナマケモノさんが川に落ちた展開に何事も無くてホッとして、もしや最終回にはもっと大変なことが??…と要らぬ不安が膨らんでしまった自分に反省。(^_^;)
何だ?このネガティブ感!
いや、たぶんずっと重苦しい展開を見せられてきたせいですよ~。笑
意外にも望海ちゃんの日記でふんわり仕上がってて、良かったと思います。

「適合したら、その時だけは妹だと思ってください…」
そんな栞を横で見守る紗千、栞ではなくわざと紗千を介して話し続ける小春。
この辺に小春の葛藤がよく表れてたんだけど、夫があんな形で亡くなった事実を知らさせて、やはりそう簡単には許せるものじゃないですよ。
でも子供たちのために「生」への執念は捨てられない。
それでも生前の信の言葉があったからこそ、のちに事実を知るであろう子供たちには栞を憎んで欲しくない…。

「人生に答えなんかない…。人は、最後のページを読むことはできない。」
最近、ちょっと私事で思い知らされることがあって、この言葉がずっしり重くのしかかりました。
良くも悪くも、たぶん親の人生の最後のページを読み、見届けるのは子供なんですよね。
でも私にはその答えを見つける自信はない。
・・・と、色々とあれこれ考えてしまった信の言葉でした。

そして栞の骨髄が適合したかどうか…
このドラマのお約束でセリフはなく、それぞれの反応を見て察しなければならなかった訳ですが~。
いや~、しかし長かった!笑
ハラハラ度は半端なかったです。
でも決定的だったのは、澤村先生の椅子がひっくり返るほど大きかったリアクション!
あの先生がそれだけのことをする訳だから、「こりゃ、適合した!」…って確信できましたよ。
そこからは安心して見届けることができました。

このドラマは賛否両論あると思いますが、映画的な雰囲気は好きでした。
最初の頃は母である紗千の気持ちが読めなくてモヤモヤしたこともありましたが、「"母性"というのは、男が逃げるために作った言葉だった」という良祐のセリフに凝縮されてたかな。
きっと私たちは"母性"という言葉のせいで、固定観念に囚われていたのかも知れません。
そういう意味では、ドラマのタイトルが「Woman」なのかな~という気がしてきました。
「手分けするんじゃなくて、手を取り合うべきだった…。」
世の中、そう思ってくれる男性が増えますように。笑
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
りんりんさんこんにちはー!
どんな着地点になるかドキドキでもありましたが
物凄く優しくて穏やかなラストでしたね。
ふんわりとした部分に徹底的に拘ってたような。
それでもつい裏をかいてしまったりするけど
それは無粋というものでしょう~、なので忘れます(笑

良祐のセリフは印象的でしたね。
世の中の男性に聞かせてあげたい、メモを取る勢いで!w
でも出来れば過去形ではなく現在形として^^
木曜日の織田パパも痛感しているかもしれないですね(*'m')
こんばんは~♪
>ももさん
> どんな着地点になるかドキドキでもありましたが
> 物凄く優しくて穏やかなラストでしたね。
> ふんわりとした部分に徹底的に拘ってたような。
そうそう、意外にも穏やかなラストでしたね。
でもあれだけ波乱万丈が続いて、最後も悲惨で結局救いもない…
みたいな感じだと、色んな意味で私自身暴れてしまってたかも。笑

> それでもつい裏をかいてしまったりするけど
> それは無粋というものでしょう~、なので忘れます(笑
いやいや、同じくです!
続編とかあったら、絶対…(* ̄m ̄)ププッ

> 良祐のセリフは印象的でしたね。
> 世の中の男性に聞かせてあげたい、メモを取る勢いで!w
> でも出来れば過去形ではなく現在形として^^
> 木曜日の織田パパも痛感しているかもしれないですね(*'m')
良祐の言葉に坂元センセの思いが凝縮されてるのかな~?と感じるような
台詞でしたね。
そうですよ~。もっと声を大にして言いたい!笑
うんうん!他局だけど、織田パパにこっそり聞かせたい!(≧m≦)ぷっ!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Woman」日テレ 水曜 22:00〜最終回を観終えましたので、終了後のレビュー投稿です。あくまでもわたし個人の感想だったり意見だったりまー好き勝手に書いてます。!!内容に触れて
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク